顔が小さい、いわゆる小顔は男女問わず憧れた経験があるのではないでしょうか?

例えば、身近な友人に小顔の人がいたり、芸能人で小顔の人を見ると、つい自分と比べてしまって劣等感を持ってしまうこともあるでしょう。

あるいは、憧れの小顔に少しでも近づこうとして、あれこれ思いつく限りの方法を実践するなどの努力を費やす人もいるかと思います。

持って生まれたものとは言え、工夫次第などによっては小顔に見える効果をもたらすことも可能なので、誰でも小顔の気分を体感することができます。

一言で小顔と言っても、そこには基準や条件が存在しているようです。

小顔の基準や条件を知ることによって、より小顔に対する意識や目標が変わるきっかけになれば幸いです。

今回は、「顔が小さい人の基準と条件!日本人の平均は?」と題しまして、小さい顔の基準などを順にご紹介します。

これを攻略すれば、あなたも小顔のスペシャリスト!?になれるかもしれません!

それでは、順に見ていきましょう!

️モデルさんのような小さい顔って憧れる!

小さい顔の代名詞と言えば、モデルさんですよね。

モデルさんは、日々自分のスタイルを維持し、それを更に向上させるべく努力をし続けています。

その努力は並大抵のものではないでしょうし、真似をすると言うほど簡単なものではないので、生半可な気持ちで取り組んでも決して続かないでしょう。

だからこそ、本気で小顔を目指すのであれば、モデルさんのストイックさを見習うと同時に、自分にできることから始めていきましょう。

モデルさん以外にも、アイドルやアナウンサー、スポーツ選手などなど、小顔の人たちが存在するジャンルは多岐にわたります。

顔の小ささが、スタイルの良さを一層引き立てるパーツになっていると言えます。

小さな顔、8頭身はもちろんのこと、そこに手足が細く長い、くびれがあるなど、非の打ち所がないパーツが加わることで、一層その容姿に憧れを持つことになるでしょう。

顔が小さいからこそ、どんな服も着こなし、スタイルさえも凌駕(りょうが)していけるのでしょう。

「自分もあんな風になりたい!」と思わせるほど、魅力的で目標の指針にも成り得ます。

人は目標となる指針があれば、さらにやる気になれるものです。

先述したように、工夫次第で自分も小顔に見える方法があるのであれば、今すぐにでも真似してみたいと思うでしょう。

どんなことも、本人がその気になって初めてスタートラインに立つことができます。

憧れの気持ちもその1つです。

1度憧れたからには、それを実行に移すことから、全てが始まります。

「美は一日にしてならず」と言う言葉にもあるように、そう簡単にできることでないからこそ、価値が高く、やりがいも感じられるのではないでしょうか?

そうやって努力した先に手に入れた小顔を、今度は自分のポイントとして励みとし、それを原点に様々なことに挑戦していってほしいと思います。

では、小顔と呼ばれる人の所以(ゆえん)や小さい顔の目安について、順に見ていきましょう。

ただし、これはあくまでも「1つの目安」であり、これが全てではないということを念頭に置いておくことをお勧めします。

いわゆる小顔と呼ばれる人

先にも書きましたが、顔が小さい人と言うのは、いわゆる小顔と呼ばれる人のことを指します。

身近な人であれば、直接見るのでわかりやすいかもしれません。

芸能人でも、雑誌やテレビに出演しているのを見た時、「顔が小さいっ!」と思うこともあるでしょう。

先にも書きましたが、小顔の人と言えば、モデルやスタイルの均衡が取れている人などが挙げられます。

顔が小さいと言うことは、すなわち頭も小さく、すっぽりおさまりそうなイメージが浮かびます。

それは、周りの人たちと比較するまでもないほどに、見分けやすい特徴なのかもしれません。

顔の骨格はもとより、工夫や努力によっては小顔に見えることもあるので、それは本人の類まれなる努力の賜物と言えますね。

例えば、髪型1つを工夫することで小顔に見せる効果もあります。

首回りをスッキリさせることで、小顔を引き立てることもできます。

このように、自分がその気になってちょっと工夫をすることで、小顔に見せることは十分可能だと言えますね。

小さい顔の目安ってどれくらい?


とは言え、これだけ小顔と言っていても、実際に目安があることを知っている人は多くないのではないでしょうか?

身長や体重などにもあるように、数字で表されるものには基準があります。

そこには、顔の大きさも含まれます。

とは言え、単に顔の大きさは〇㎝と言っても、自分自身で比較はできても、相手に説明をしようとすると難しいものです。

その時一緒に調べていたのであれば別ですが、自分ではわかったつもりで説明していても、相手にとってはそうでない場合もあるでしょう。

なので、自分にとっても、相手にとってもわかりやすい表現が必要です。

それは、以下で順に紹介していきたいと思います。

では、小さい顔の基準や条件を細かいところまで見ていきましょう。

️顔が小さい人の基準と条件

では、顔が小さい人の基準と条件をご紹介します。

顔が小さい人の基準は、ティッシュボックスよりも小さいことです。

ティッシュボックスを縦に持ってみてください。

その時、縦の長さは約24.5㎝、横の長さは約11.5㎝がほとんどです。

ティッシュボックスを自分の顔に重ねて見た時、自分の顔がすっぽり隠れていれば、小顔の基準をクリアしたことになります。

顔が小さい人の条件は、上記の基準を満たしているだけでなく、全体的に見てバランスが取れていることです。

身長や体型、顔のパーツなどのバランスが取れている人こそ、小顔の殿堂入りを果たすことができると言えますね。

また、ティッシュボックス以外では、A5サイズのノートがピッタリです。

A5サイズのノートの大きさは、縦21㎝・横14.8㎝です。

なので、ティッシュボックスと同様に、顔に重ねてすっぽり隠れたら、小顔と言う判断基準もあります。

形的には、A5サイズのノートの方が、人の顔の形に近いかもしれませんね。

ティッシュボックスにしても、A5サイズのノートにしても、どちらも身近にあるものなので、すぐに実践できることはメリットと言えますね。

鏡の前で、早速試してみてはいかがでしょうか?

️日本人の顔の大きさの平均


小さい顔の基準と条件は、だいたい上記に書いたとおりです。

ただ単に、痩せていれば良い、小柄であれば小顔、などと言うことではないと言うことですね。

では、日本人の顔の大きさの平均とは、どれくらいなのでしょうか?

おそらく、大半の人が初めて知る数値ではないでしょうか?

男性と女性、それぞれの平均を見ていきましょう。

あくまで数多くの人たちから割り出した「平均値」なので、平均よりも多少数値が越えていても、気にしすぎることはありません。

それでは、順に見ていきましょう。

男性の顔の大きさの平均

では、男性の顔の大きさの平均を紹介します。

男性は、全体的に女性よりも数値が高いですね。

これは、どの身長においてもほぼ同じことが言えますね。

ほんの1㎝前後の差ではありますが、数字で見る以上に、見た目の印象は大きいと言えそうですね。

先に挙げたティッシュボックスの大きさから考えると、縦幅はギリギリ隠れる大きさですね。

小顔に憧れるのは、何も女性だけではないはずです。

男性も自分のスタイルや身だしなみを気にするように、小顔の数値も気になる人もいるのではないでしょうか?

それは決して恥ずかしいことではありません。

自分のことを知るのに、それがたとえ顔の大小であっても、それは自分の自由であり、男女の境界線はありません。

男性の方も、チラッと参考までにご覧いただければ幸いです。

顔の縦幅

男性の顔の縦幅は、約23.1㎝前後と言われています。

ティッシュボックスの縦幅よりも小さく、A5サイズのノートの縦幅よりも大きいですね。

ちょうど中間くらいの大きさと言えますね。

靴のサイズで比較してみると、標準的な大きさとも言えますね。

顔の横幅

男性の顔の横幅は、約16㎝前後と言われています。

ティッシュボックスとA5サイズのノート、どちらの横幅よりも大きいですね。

だからと言って、落ち込むことはありません。

平均値や目安は、あくまで1つの見方にしか過ぎないからです。

目先の数字に一喜一憂することのないようにしたいですね。

顔の周囲

男性の顔の周囲は、約56㎝前後と言われています。

例えて言うなら、ハンドボールと同じくらいの周囲と考えていただければわかりやすいかもしれません。

「ハンドボールの経験がないから、わからない!」と言う方もいるかもしれません。

ここで今言えることは、バスケットボールやドッジボール、サッカーボールよりも小さいと言うことです。

女性の顔の大きさの平均

では、女性の顔の大きさの平均を紹介します。

女性は、逆に男性よりも数値が低いですね。

女性の場合、A5サイズのノートで比較した方がわかりやすいかもしれません。

もう一度書きますが、A5サイズのノートは、縦21㎝・横14.8㎝です。

なので、ちょうどノートと平均値が一番近いと言えますね。

男性のところでも書きましたが、小顔に憧れることに男女の境界線はありません。

女性だからこそ、尚更、小顔に限らず、スタイル全般に渡って気になることは、年代問わず永遠のテーマと言っても過言ではありません。

ここで数値を知ることで、自分の顔の大きさを知ると同時に、目標にする前向きなスタートにしていただければ幸いです。

顔の縦幅

女性の顔の縦幅は、約21.8㎝前後と言われています。

ティッシュボックスの縦幅よりも小さく、A5サイズのノートの縦幅よりもほんのちょっとだけ大きいですね。

が、1㎜にも満たない差はほとんど大差はないと考えても良いと思います。

顔の横幅

女性の顔の横幅は、約15.3㎝前後と言われています。

ティッシュボックスの横幅よりも大きく、A5サイズのノートの横幅よりもほんのちょっと大きいですね。

つまり、縦幅の時とほぼ同じで、これまた大差はないと考えても問題ないでしょう。

男性の顔の横幅の時にも書きましたが、平均値を超えているからと言って気にし過ぎることはありません。

顔の周囲

女性の顔の周囲は、約54㎝前後と言われています。

男性と同様に、ハンドボールと同じくらいの大きさと言えますね。

男性の時と同様に、ハンドボールの大きさは他のボールよりも小さいものと思っていただければと思います。

と、男性と女性別にそれぞれの大きさの数値をそれぞれ紹介してきました。

が、ティッシュボックスやA5サイズのノートと言った四角の形と、ハンドボールの球体と比較することは見た目的にも違ってきます。

あくまで、前者は顔の長さを比較するのに適したもの、後者は立体的に見ることで比較しやすいもの、と捉えていただければ良いと思います。

ややこしいと思われるかもしれませんが、ティッシュボックスもA5サイズのノートもハンドボールも「見本」と考えてみてください。

もちろん、顔の大きさには個人差がありますので、一概には言い切れません。

上記に挙げた「見本」以外にも、自分の顔に近い大きさの「見本」を自分で見つけることができるかもしれません。

どんなことも、自分がわかりやすいように捉えて理解することから始まります。

なので、ここで挙げた「見本」だけが全てではありませんので、自分に合った「見本」を見つけることも楽しんでみてはいかがでしょうか?

同じ数値であっても、顔の形によっても見た目は違ってきます。

なので、数値はあくまで数値、その1点だけで小顔を決定づけるものではないと言うことがわかっていれば、それは皆同じ条件に置かれていると言えますね。

️顔の大きさの測り方

おおよその数値は、お分かりいただけたでしょうか?

では、次は顔の大きさの測り方を見ていきましょう。

とは言っても、特別に難しい方法ではありません。

ただ、測る位置などが違うだけです。

必要な道具も、ティッシュボックスやメジャー、あるいは定規など身近にあるものばかりなので、思い立ったらすぐに測定することができますね。

顔の縦幅の測り方

顔の縦幅の測り方は、頭頂部から顎の先までを測ります。

この長さを、全頭高(ぜんとうこう)と言います。

身長を測るように、頭頂部と顎の先をそれぞれ線を引くなどして印をつけておきます。

壁に印をつけたくない場合は、先に壁にルーズリーフや大き目の無地の紙などを貼ってから測定すると良いでしょう。

そうすれば、さっと印をつけても、壁を汚してしまう心配はなくなりますよ。

あるいは、人の手を借りて、ティッシュボックスを2つ使って測ってみるのも良いでしょう。

自分が苦にならない、確実な方法を自分で模索したうえで、測ってみてはいかがでしょうか?

顔の横幅の測り方

顔の横幅の測り方は、机に額をつけ、顔の左右それぞれにティッシュボックスを置き、ティッシュボックスがずれないように顔を抜き、ティッシュボックスの距離を測定します。

あるいは、顔の左右のどちらかを壁に当てて、そのままメジャーを横に引いて測ってみるのも良いかもしれません。

メジャーでなくても、30㎝定規などでも良いでしょう。

小学生の時に30㎝定規を使ったことがありますよね?

その時の定規をまだ持っている人はそれでも良いですし、もう処分してしまった場合でも、100均などでも売っているでしょうから、この機会に手に入れてみても良いかもしれませんね。

30㎝もあれば、余裕を持って測定することは十分可能です。

これは、顔の縦幅を測定する時にもできない方法ではないとは思います。

顔の周囲の測り方

顔の周囲の測り方は、眉毛の上部を基準に、額の横の出っ張っている骨に向かって、1周メジャーを回すと測定できます。

自分でもできないことはないですが、確実に測りたいのであれば、誰かに測ってもらうのも1つの方法ですね。

これはさすがに定規では測れないので、メジャーは必須ですね。

小学生の時の裁縫セットの中に、必ず入っているものなので、手元にない場合に一度探してみてはいかがでしょうか?

ここまで、それぞれの測り方をご紹介してきました。

メジャー1つさえあれば、どの大きさも測ることができるので、ティッシュボックスや定規にこだわる必要はありません。

自分の測りやすい方法で測ってみてください。

例えば、友人同士で測ってみるのも良いかもしれませんね。

そうすれば、お互いに相手を測ることもできますし、自分ではやりにくいところをお互いに補てんすることができます。

そうやってお互いに切磋琢磨でき、ライバルとまでは言いませんが、意識する相手がいることで、小顔に対する努力の姿勢も変わってくるかもしれません。

️で、小顔ってどれくらいなの?

では、肝心の小顔の数値はどれくらいなのでしょうか?

身長や体型によっても変わってくるので、一概には言い切れません。

顔の形にも、いろいろな物があるからです。

卵型、四角型、丸型、面長など、様々です。

先にも書きましたが、同じ数値でも、顔の形によって見た目は違ってきます。

つまり、数値以外にも形によっても、小顔の印象が左右されると言うことですね。

おおよその目安として参考にしていただければと思います。

それでは、順番に見ていきましょう。

小顔の人の顔の縦幅

小顔の人の顔の縦幅は、約21㎝前後と言われています。

A5サイズのノートの縦幅とピッタリですね。

つまり、この数値よりも下回っていれば、小顔であることが確定となります。

小顔の人の顔の横幅

小顔の人の顔の横幅は、約15㎝前後と言われています。

これもまた、A5サイズのノートとほぼ一致します。

横幅もまた、この数値より下回っていれば、小顔であると言えますね。

小顔の人の顔の周囲

小顔の人の顔の周囲は、約54㎝前後と言われています。

これは、女性の顔の周囲とほぼ一致します。

この場合、この数値に満たない数値であれば、小顔と判断されます。

つまり、これらの数値を下回る数値に当てはまるのであれば、顔の形の如何(いかん)を問わず、小顔であることが決定的と言えますね。

自分の顔の形を今一度確認する良い機会です。

顔の長さや顎(あご)の形状、額の長さによって、顔の形は違ってきます。

これらの特徴を理解することで、自分の顔の形にあった髪型やメイクをすることができ、小顔に見せる工夫のヒントを得ることができるでしょう。

️顔が小さくみえる人の特徴

具体的な数字や測り方、小顔の基準や条件はこれで一通りとなります。

とは言え、いまいちピンと来ないと言う意見も聞こえてきそうですね。

わざわざ自分で測定しなければわからない、これは手間と言えば手間ですし、正直面倒だからそこまでして知る必要はないと言ってしまえばそれまでです。

まして、測定してみたものの、自分の顔は数値よりも上回っていたとしたら、目を背けたくなることも無理もないことかと思います。

こうして紹介している私自身でさえも、自分の顔を測定してみようと言う気持ちはあっても、それを実行に移していない状態です。

なぜなのか、理由を挙げるとするなら、それは2つあります。

1つ目は、測るまでもなく、自分の顔が小顔とは言えない大きさであることを自覚しているからです。

例えば、プライベートなどの集合写真で皆で撮った写真を見てみても、他の人より自分の顔が大きく見えるからです。

それは、身長の差や髪型の違いなどもあるからと言うのもあるでしょうが、これこそまさに一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。

そして、2つ目がもっともな理由、測ることで数字を知り、自分の顔の大きさを自覚することが怖いからです。

「知らぬが仏」とあるように、知らなければ幸せなことはあると思います。

それまで知らなくても特に不自由しなかったことを、知ってしまったことで不自由に感じることへの恐怖があるからです。

とまぁ、2つの理由を挙げてみましたが、結局は面倒なのと目を背けたいと言う言い訳だとわかりました。

皆さんの中には、私と同じ理由で自分の顔の大きさを測ることをためらっている人がいるかもしれません。

が、どんなことも参加することに意義があります。

物は試しと言う感覚で測定してみるのも、決して無駄なことではないと思います。

なので、私も測ってみます。

では、もう少し大まかな表現をしてみましょう。

以下に挙げる7つの条件に当てはまれば、あなたも小顔と言えますね。

それでは、見ていきましょう。

頭身が7頭身以上

1つ目は、「頭身が7頭身以上」です。

7頭身や8頭身は、モデルやスタイルが良い人の代名詞とも言えます。

身長÷顔の縦幅=〇頭身が算出されます。

顔の縦幅が大きくても、身長が高ければ7頭身以上になります。

逆に、身長が低くても、顔の縦幅が小さければ7頭身以上になると言う計算になりますね。

首が細長い

2つ目は、「首が細長い」です。

首が細いと、痩せて見えることから、スタイルの良さを引き立てることにつながります。

そこに長さも加われば、より一層もたらす印象が顕著になるでしょう。

首の回りは、筋肉や脂肪の付き具合で見た目が変わってきます。

首回りの長さを男女別で見ていきます。

男性の首回りの平均は約35~37㎝、女性の首回りの平均は約30~32㎝と言われています。

つまり、この数値より下回っていれば、首が細いと言う基準に当てはまると言うことになります。

自分の数値はともかく、相手の数値なんてわからないから、いまいちピンと来ないかもしれません。

肩幅が広い

3つ目は、「肩幅が広い」です。

肩幅が広いと、顔の比率が小さく見えます。

肩幅と身長は比例します。

つまり、身長が高くなるにつれて、肩幅も広くなっていきます。

男女別に見ていきましょう。

男性は、身長160~180㎝であれば、肩幅の平均値は約36~40㎝と言われています。

女性は、身長150~170㎝であれば、肩幅の平均値は約35~39㎝と言われています。

いずれも、身長の約25パーセント以下の数値であると言えますね。

肩幅の測定方法は、首の付け根の中心から肩の出っ張った骨までの長さを測り、それを左右それぞれ行います。

そこで出た数字を足すと、肩幅の長さとなります。

肩幅もまた、なで肩などの見た目によって変わってくるものなので、これもまた目安の1つとして捉えていただければ幸いです。

物を持ったとき大きく見える

4つ目は、「物を持ったとき大きく見える」です。

物を持ったとき、その物が大きく見えるということは、顔が小さいと言うことになります。

例えば、大きな物を持った時、自分の顔と重ねて、いかにその物が大きいかどうかを見せることがありますよね?

人は何かと比較する生きものです。

そうして得る差によって、見た目の良し悪しや大小などの比較をすることも、判断材料の1つと言えるからです。

数値よりもまず、そうした目の前にある比較によって小顔の特徴を得ることも正しいと言えますね。

シャープな輪郭

5つ目は、「シャープな輪郭」です。

輪郭が引き締まっていると、それだけ小顔に見えます。

シュッとした顔は、小顔をより印象づけてくれるからです。

顎のたるみや顔が丸っこくなっていると、小顔の印象が薄れてしまいます。

日頃から運動を習慣づけたり、食生活も整えるなど生活習慣を全体的に見直しておき、それを毎日続けることで、顔だけではなく全身が引き締めることができるでしょう。

上記の方法では、基礎を築き上げるのに長い時間を要してしまいます。

最近では、100均などで顔のたるみなどを改善させる道具も販売されているので、手が空いている時などに使ってみてはいかがでしょうか?

それを習慣づけることで、顔の余分なたるみが改善され、小顔により近づくことができるでしょう。

顔のパーツが大きい

6つ目は、「顔のパーツが大きい」です。

目・鼻・口、それぞれのパーツが大きければ、7つ目の「顔の余白が少ない」にもつながります。

これもまた、バランスが大きく関係してきますね。

顔のパーツが全体的に均等に配置されていれば、それだけでも小顔に近づく段階にはあるのです。

が、それぞれのパーツが大きく、顔の余白が少なければ、顔がスッキリしているように見えるのです。

男性は、コンタクトレンズをするなどすれば、目を大きく見せることができ、小顔の効果を狙えそうですね。

女性の場合は、男性と同様にコンタクトレンズをする、メイクをするなどして小顔に見せることが可能になるので、試してみる価値は十分にあるかと思います。

顔の余白が少ない

7つ目は、「顔の余白が少ない」です。

6つ目の「顔のパーツが大きい」と特徴が似てきます。

先述したように、顔の余白が少なければ少ないほど、小顔であることは間違いありません。

また、前髪をおろしたり、耳を隠すだけでも小顔に見せることができます。

このように、メイクや道具だけでなく、髪型の工夫次第によっても顔の余白を減らすことができるので、イメージチェンジや気分転換にももってこいですね。

️あなたの顔は小顔?それとも?

以上が、顔が小さい人の基準や条件、顔の大きさの平均値、日本人の顔の大きさの平均値、小顔の平均値、小顔に見える特徴の紹介となります。

小顔と一言で言っても、初めて知ることがあったのではないでしょうか?

私自身も、顔の大きさの平均値や測り方、小顔の数値を初めて知る良い機会にもなりました。

思わず、自分の顔を測定したほどです。

「で、どうだったの?」とは聞かないでいただければ幸いです。

皆様もぜひ、気が向いた時にでも良いので、自分の顔の大きさと平均値や小顔の大きさを比較してみてはいかがでしょうか?

数字は大まかなものですが、はっきりと表すものでもあります。

これほどにわかりやすく、実感しやすいのは、数字で表されるものならではではないでしょうか?

ここで挙げた基準や条件に、1つでも当てはまれば、あなたも堂々と小顔の一員と言っても良いでしょう。

さらに、全て当てはまる!と言う稀少な方も中にはいるかもしれませんね。

その人はぜひ、その小顔をいつまでも活かしていって、自分のチャームポイントとして大切にしていっていただければ幸いです。

どんなことも、その気になった時が一番いいタイミングを得られます。

本気で小顔を目指すのであれば、まずは自分の顔について知り、小顔の仕組みを知り、小顔に少しでも近づけるように様々な工夫や努力をする、それを長い目で見て続けることが大切だと言えますね。

何度も書きましたが、数値だけが小顔を左右するものではありません。

目安や目標にする分には良いですが、それだけで優劣を決め、一喜一憂することのないようにしましょう。

どんなことも短所の中にもプラスのことは必ずあります。

物事の1点だけで判断することは絶対にやめましょう。