CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

欲しいものを彼氏におねだりするための4個の嫌らしくない言い方


欲しいものがある時に彼氏におねだりするという人もいるのではないでしょうか?

でも、お金目当てだと思われたりするのも嫌ですよね。

この記事では、欲しいものを彼氏におねだりするための4個の嫌らしくない言い方をご紹介します。

彼氏が買ってあげたくなるような言い方を学んでいきましょう。

️どうしても欲しいものがある…!

欲しいものを見つけた時、どうしても諦められないものってありますよね。

これは正に運命だ!とでも言うような衝撃的な出会いをすると、そのアイテムのことが頭から離れなくなってしまうことも。

何をしていても頭の中に欲しいものが思い浮かんで、「やっぱり買うべきだったかなぁ」「やっぱり欲しいなぁ」なんて購入欲求がドンドン湧いてきます。

あなたならどうしますか?

どうしても欲しい!という欲求に駆られた時、あなたはどんな風に対処しますか?「やっぱり我慢しよう」と自分に厳しくなれるでしょうか。

それとも「ローンで買おう」と未来の自分に託すでしょうか。

選択肢は沢山ありますが、どこからか「どうにかして手に入れたい!」という欲も顔を覗かせます。

そんな時、頭に思い浮かぶ自分以外の“誰か”を頼るとするならば、候補となる人は割と限られるはずです。

彼氏におねだりしちゃおう!


彼氏がいる女性は、欲しいものができた時「彼氏が買ってくれないかなぁ」と少なからず思う人がいるでしょう。

自分の特別な相手である彼氏。

彼氏にとっても自分は特別な存在な筈です。

自分を好いてくれる相手の好意につけ込むようで、ちょ〜っとばかし気が引けますが、他の誰でもない彼氏ですから、おねだりしてみるのもワンチャンあります!

なにも、毎回毎回欲しいものをおねだりしているわけじゃないのであれば大丈夫。

ごく稀に使うテクニックとして、嫌らしさを感じないおねだりの方法は覚えておいて損はありませんよ。

おねだりのコツを教えます

「おねだりってどうやったらいいの?」
「ぶりっ子みたいにならないかな?」
「金目当ての女だと思われたくない!」

いざ、おねだりをしてみようと思っても、色々と気がかりなことが多いですよね。

確かに、いっつもいつも相手に何かを買わせようとするような女は良くないかもしれません。

ですが、女性が思っている程、男性に対する“おねだり”は悪いものではありません。

自分の欲しいモノをアピールしておくというのは、何も「今すぐ絶対買ってもらう!」という強制的なものではなく、自分の好みを覚えてもらうための手段でもあります。

それに、彼氏としても、彼女になにかプレゼントをしたりしていい所を見せたいと思う時だってあるはず!

そんな時「そういえば、アレが欲しいって言っていたな」なんてピンとくるアイテムがあれば、彼氏としても選びやすいですよ。

️彼氏に欲しいものをおねだりする4個の言い方


では、彼氏に欲しいものをおねだりする時、どんな風に言葉にすればいいのか、おすすめの言い方をいくつか紹介していきたいと思います。

相手との関係性や、あなたの性格などによって言葉との相性があると思うので、自分がその言葉を言う姿を想像しながら考えてみてください。

1.誕生日や記念日などを利用する

欲しいものを買ってもらえるタイミングとしては、やはり誕生日と記念日でしょう!このタイミングを上手く使えば、欲しいものが手に入る確率もグンとアップします。

誕生日や記念日は、彼氏側としてもプレゼント選びに迷う時期なので、彼女が欲しいものをリサーチしようとしています。

とはいえ男性は意外と鈍いので、何気なく欲しいものをアピールしてみても、思うように伝わらない…なんてこともあり得ます。

「この機会に!」と思い切って、彼氏に欲しいものを伝えてみましょう。

誕生日に欲しいな〜♡

彼氏と一緒に買い物に出かけたり、家で通販サイトを見ていたりする時に、欲しいものを直接相手に伝えてしまうのが最も手っ取り早い方法です!

ちょっと直球すぎるかな~と思う人も居るかもしれませんが、普通に「誕生日には〇〇が欲しいな~」と言えば、回りくどく言うよりも嫌らしさがありません。

欲しいものがコレ!と決まっているときは、一緒に現物を見に行ったり、商品名などを具体的に伝えておいてもいいですが、特にこだわりがない場合は買うジャンルやカテゴリーは指定しておいて商品は彼氏のセンスに任せるというのも良いでしょう。

この方がサプライズ感がありますし、相手に買うことをゆだねた形になります。

しかし、本当に理想のプレゼントが手に入るかどうかは彼氏のセンス次第です(笑)

誕生日はこれでよろしく!

欲しいものを見つけた時、その場でズバッと「誕生日はこれがいい!」と伝えておくのも非常にサッパリとしていて伝えやすい言い方です。

言い方によっては何気ない会話の一部として、もしかしたら流されてしまうかもしれませんが、あなたのこと大切に思う彼氏ならば、きっと覚えていてくれるはず。

「今年の誕生日は〇〇でよろしく!」というようなニュアンスならば、冗談交じりで言ってしまえるので、あまり気にせずサラッと言ってしまいましょう。

誕生日に買ってもらおっと!

ページトップ