あなたは欲しいものがあるとき、すぐに決断できるタイプですか?

それとも、じっくり検討してから購入を決めるタイプですか?

スパッと決断できる人もいれば、なかなか踏み切れない人もいるでしょう。

購入を悩む一番の理由はやっぱりお金!金額の小さな買い物なら良いですが、金額が大きくなればなるだけ、購入するかどうかという悩みも大きくなります。

「本当にこれでいいのか?」
「買うことに価値があるのか?」

色々と悩んだ末、きっと多くの人がこう思うはず…

「誰かがプレゼントしてくれないかなぁ〜!」

️どうしても欲しいものがある…!

欲しいものを見つけた時、どうしても諦められないものってありますよね。

これは正に運命だ!とでも言うような衝撃的な出会いをすると、そのアイテムのことが頭から離れなくなってしまうことも。

何をしていても頭の中に欲しいものが思い浮かんで、「やっぱり買うべきだったかなぁ」「やっぱり欲しいなぁ」なんて購入欲求がドンドン湧いてきます。

あなたならどうしますか?

どうしても欲しい!という欲求に駆られた時、あなたはどんな風に対処しますか?「やっぱり我慢しよう」と自分に厳しくなれるでしょうか。

それとも「ローンで買おう」と未来の自分に託すでしょうか。

選択肢は沢山ありますが、どこからか「どうにかして手に入れたい!」という欲も顔を覗かせます。

そんな時、頭に思い浮かぶ自分以外の“誰か”を頼るとするならば、候補となる人は割と限られるはずです。

彼氏におねだりしちゃおう!


彼氏がいる女性は、欲しいものができた時「彼氏が買ってくれないかなぁ」と少なからず思う人がいるでしょう。

自分の特別な相手である彼氏。

彼氏にとっても自分は特別な存在な筈です。

自分を好いてくれる相手の好意につけ込むようで、ちょ〜っとばかし気が引けますが、他の誰でもない彼氏ですから、おねだりしてみるのもワンチャンあります!

なにも、毎回毎回欲しいものをおねだりしているわけじゃないのであれば大丈夫。

ごく稀に使うテクニックとして、嫌らしさを感じないおねだりの方法は覚えておいて損はありませんよ。

おねだりのコツを教えます

「おねだりってどうやったらいいの?」
「ぶりっ子みたいにならないかな?」
「金目当ての女だと思われたくない!」

いざ、おねだりをしてみようと思っても、色々と気がかりなことが多いですよね。

確かに、いっつもいつも相手に何かを買わせようとするような女は良くないかもしれません。

ですが、女性が思っている程、男性に対する“おねだり”は悪いものではありません。

自分の欲しいモノをアピールしておくというのは、何も「今すぐ絶対買ってもらう!」という強制的なものではなく、自分の好みを覚えてもらうための手段でもあります。

それに、彼氏としても、彼女になにかプレゼントをしたりしていい所を見せたいと思う時だってあるはず!

そんな時「そういえば、アレが欲しいって言っていたな」なんてピンとくるアイテムがあれば、彼氏としても選びやすいですよ。

️彼氏に欲しいものをおねだりする4個の言い方


では、彼氏に欲しいものをおねだりする時、どんな風に言葉にすればいいのか、おすすめの言い方をいくつか紹介していきたいと思います。

相手との関係性や、あなたの性格などによって言葉との相性があると思うので、自分がその言葉を言う姿を想像しながら考えてみてください。

誕生日や記念日などを利用する

欲しいものを買ってもらえるタイミングとしては、やはり誕生日と記念日でしょう!このタイミングを上手く使えば、欲しいものが手に入る確率もグンとアップします。

誕生日や記念日は、彼氏側としてもプレゼント選びに迷う時期なので、彼女が欲しいものをリサーチしようとしています。

とはいえ男性は意外と鈍いので、何気なく欲しいものをアピールしてみても、思うように伝わらない…なんてこともあり得ます。

「この機会に!」と思い切って、彼氏に欲しいものを伝えてみましょう。

誕生日に欲しいな〜♡

彼氏と一緒に買い物に出かけたり、家で通販サイトを見ていたりする時に、欲しいものを直接相手に伝えてしまうのが最も手っ取り早い方法です!

ちょっと直球すぎるかな~と思う人も居るかもしれませんが、普通に「誕生日には〇〇が欲しいな~」と言えば、回りくどく言うよりも嫌らしさがありません。

欲しいものがコレ!と決まっているときは、一緒に現物を見に行ったり、商品名などを具体的に伝えておいてもいいですが、特にこだわりがない場合は買うジャンルやカテゴリーは指定しておいて商品は彼氏のセンスに任せるというのも良いでしょう。

この方がサプライズ感がありますし、相手に買うことをゆだねた形になります。

しかし、本当に理想のプレゼントが手に入るかどうかは彼氏のセンス次第です(笑)

誕生日はこれでよろしく!

欲しいものを見つけた時、その場でズバッと「誕生日はこれがいい!」と伝えておくのも非常にサッパリとしていて伝えやすい言い方です。

言い方によっては何気ない会話の一部として、もしかしたら流されてしまうかもしれませんが、あなたのこと大切に思う彼氏ならば、きっと覚えていてくれるはず。

「今年の誕生日は〇〇でよろしく!」というようなニュアンスならば、冗談交じりで言ってしまえるので、あまり気にせずサラッと言ってしまいましょう。

誕生日に買ってもらおっと!

欲しいものを買うか買わないか迷っている時、あたかもたった今、名案を思いついたのかのように「誕生日に買ってもらおうっと!」と可愛らしく彼氏に言ってみるのもおすすめの言い方です。

ちょっとお茶目で恋人に甘える様な雰囲気になるので、冗談めいた雰囲気で伝えられます。

相手としても嫌な顔はせず「え~?」というように、笑って流せる程度のラフなおねだり方法だと言えるでしょう。

欲しい思いの強さでアピール

欲しいものを買ってもらいたい人は、いかにあなたが欲しいものに対してどれだけ強い思いを持っているかをアピールするべきです。

彼氏が「そんなに欲しいなら買ってあげようかな」「買ってあげたら凄く喜ぶだろうな」と思うようなイメージを作り出すことが大切になりますよ!

ずっと買うか迷ってるの

買って欲しいことを直接的に伝えるのではなく、凄く欲しいのだけど、買おうかどうか悩んでいる…という態度を見せるアピール方法も嫌らしさがないので、おすすめです。

「どうしようかなぁ〜!これずっと買うか迷ってるの…」というように、自分自身で購入する意思があるのだと見せることで、相手としても露骨に「買って欲しい」とせがまれているようには感じないはず。

優柔不断で購入を迷っている、値段的に踏み切れないなどなど、何かしら理由をつけて迷っているように見せるとより効果的でしょう。

洋服などアパレル関係であれば「可愛いから凄く欲しいけど、似合うかなぁ…」、家具であれば「どうしようかな~これがあったら〇〇君と一緒の時も使えるよね」など健気な一面をチラッと出すのもお忘れなく!

(お店で見かけるたびに)あーこれ〜!

お店で欲しいアイテムを見かけた時に「あーこれ~!」と興味を示すのも、欲しいものに対する気持ちの大きさを見せることに繋がります。

そのアイテムを見ただけでテンションが上がるほどに、強い関心があるものだということを態度に出すために、できるだけオーバー気味にリアクションしてみてくださいね。

彼氏に「これ知ってる?」「これどう思う?」と意見を聞いて、彼氏にも関心を持ってもらうことができれば、共有財産として購入してもらえる可能性が上がるかもしれません。

洋服やバッグなどの場合は難しいかもしれませんが、それこそ家で使うようなクッションや布団、ソファなど、恋人の時間をより充実させるために一役買いそうなアイテムの場合は、相手にも“欲しい”と思わせることができるとGOODです!

よりアイテムの印象を強めるために一度ならず二度三度と見かけるたびに「見て!」「これもいいね!」「やっぱり人気なんだね~」などなど話題に持ち出すようにすると良いでしょう。

反応のかわいさでアピール

欲しいものをおねだりするときは、実は欲しがっているアイテムよりも“自分自身”に興味を向けるよう仕向けることが重要だったりします。

「彼女が〇〇を欲しがっている」という印象にするのではなく「何かを欲しがる彼女が可愛い」と思ってもらえたら、彼氏としても気分よくプレゼントしたくなるはずです。

やっぱり可愛い彼女の言うことは聞いてあげたい、喜ばせてあげたい、いい所を見せたい、と思うのが彼氏というものですから!彼女としても彼氏におねだりをするならば、彼氏の心をくすぐるような可愛い仕草や反応でアピールをするべきです。

すっごいかわいいー!

彼女が喜ぶ姿は彼氏にとってとても嬉しいものです。

笑顔満開で「かわいいー!」とはしゃぐ彼女を見て微笑ましく思う男性も多いでしょう。

こうした男性の心理をちょっとばかり逆手にとって、おねだりの時にもテクニックとして応用してみてください。

男性は可愛いものをみて「かわいい!」という女性をとても可愛いと思うので、何が可愛いかという問題より可愛い彼女に注意が向いていることが多いと思いますが、彼女はそこであざとく“かわいい私&かわいい〇〇”をアピール!

彼氏としては、可愛い彼女が喜ぶ可愛いアイテムが合わさったら、より愛らしく感じられて、ついつい「買ってあげるよ」って言いたくなっちゃうみたいです。

欲しいアイテムを手に取って自分の姿と合わせてみたり、顔の近くに持っていって彼氏に見せながら「可愛くない?」「似合うかな?」と質問してみると効果はテキメンでしょう。

いいなあいいなあ

欲しいものを買ってもらうチャンスは、なにも買い物をしている最中だけではありません。

街中やテレビなどで欲しいものを持っている人を見かけた時「いいなあ!」と興味を向けて、自分も欲しがっているアイテムであることを知ってもらうのもポイントとなります。

相手に向けて言うのではなく、ひとり言のように「いいなあ〜」と呟くだけでも話が広がるキッカケになるかもしれません。

彼氏が「なんのこと?」と興味を示してくれたら「実は…」と欲しいものについて熱弁しましょう!

(困り眉で)うーん今はやめとく…

欲しいものを目の前にして自分で買うか買わないか迷っている時、彼に「買わないの?」と聞かれることがあると思います。

そんな時は困り顔で「うーん…今はやめとく…」と悔しそうなリアクションを取るのもおすすめ!欲しいけど、買うか買わないか踏み切れずにいる彼女を見たら、何かしてあげたいと思う彼氏もいるはず。

そんなに大きい金額の商品でなければ「欲しいなら買ってあげようか?」となることも多いでしょう。

この時、いかにも悩んでいますというイメージになるよう、眉を寄せてみたり首を傾げてみたり、可愛いモーションを加えると尚のこと彼氏のハートに刺さると思います。

目をキラキラさせて笑顔で

彼氏に何かを買って欲しい時、買ってもらいたいという気持ちや、おねだりしようとしてることがミエミエだとあまり印象がよくありません。

「これは遠回しに買えってこと?」「買ってもらって当然だと思っているな…」なんて思われてしまうと、ガメつい女だと思われてしまうので要注意。

あくまで自分で買う意志を見せながら“あわよくば”位の意識でいるのが良いでしょう。

その“あわよくば”の気持ちを全面に出さないためにも、やはり女性ならではの武器である可愛らしさや笑顔を駆使して彼氏が自ら「買ってあげたい」と思うようにしたいですね。

物を買って欲しい時だけ、それらしく振る舞うのでは下心がバレバレです。

そうならないように、いつもニコニコと楽しい笑顔で接しておきましょう。

欲しい物の話をする時は特に、嬉しそうな顔でキラキラした笑顔を振りまきましょうね。

フランクに直球で!

嫌らしさと言うのは、どこか計算めいていて相手を自分の都合のいいように動かしたい!…というような気持ちから生まれます。

こうした部分を上手に誤魔化せる人もいますが、素直で嘘がつけない人は、変に芝居をうってもスグにバレてしまいます。

駆け引きが苦手な人は、ストレートに勝負することをおすすめします!

これ買って♡

欲しい物がある時は、いっそのことドストレートに「これ買って♡」とおねだりしてみましょう。

彼氏としても遠回しに言われると「買ってあげるべきか…どうするべきか…」と悩むと思いますが、直球で「欲しい!」と言われたら「いいよ!」または「だめ!」だとスッパリ答えられるので互いにモヤモヤしません。

さり気なく伝えようとしても伝わらず、なんで気づいてくれないの!?とヤキモキする必要もないのがいいですね。

「今度な」「誕生日にね」と誤魔化されることもあるかもしれませんが、おねだりする側としても、フランクに冗談交じりで言うくらいのスタンスであるべきです。

もし本当に買ってもらったらラッキーだな〜位の雰囲気で言えば、もし断られても気まづくならず「え〜(笑)残念!」みたいな感じで流せますよ!

◯◯君がくれたらいいのに

欲しい物に対して「〇〇君がくれたら嬉しいな〜」「こういうのってプレゼントでもらうと嬉しいよね!」と言うようなニュアンスで、欲しいことをアピールするという手もあります。

「彼氏からこういうもの買ってもらうの憧れる!」「〇〇君と一緒に使いたいな〜」というように、彼氏から貰いたい物なのだと伝えることで、恋人として買ってあげるべきかもしれない、と考えるかもしれません。

欲しい物、ではなく、あくまでプレゼントして欲しい物なのだと知ってもらうことで相手の感じるう印象も違いますよ。

️欲しいものを相手に気づかせる行動

欲しいものをアピールするのは、何も直接言葉にしたり相手に伝えたりすることだけじゃありません。

普段の何気ない日常の中で、欲しいものを何気なく知ってもらうこともできます。

特に誕生日や記念日前など、何かプレゼントが買ってもらえるかもしれない、というタイミングの前に自分の欲しいものを気づかせる行動をするのは効果的です!

カタログに◯や折り目をつけて置いておく

商品のカタログやファッション雑誌など、欲しいものが載っている冊子を見つけ、欲しいものが載っている部分に折り目や目印を付けておくのがおすすめ!

あえて、そういう状態にした冊子を、彼氏が見る可能性のある場所に置いておくなどすることで、あなたの欲しいものを何気なくアピールするのです。

とは言え普段やらない行動を突然やるとふ自然に思われる可能性があるため、常日頃からスケジュール張や本の栞がわりに付箋を使っている人におすすめの方法です。

しかし、あからさまな付箋でなくても、何気なくページに折り目をつけ開いたまままにしておいたり、近場にある紙やシールを挟んでおくだけでもOKです。

向こうから「これ欲しいの?」と聞いてくれたら話を広げましょう。

聞かれなくても、あえて近くにいる時にアイテムのチェックをしていたりマークを付けていたりしたら気になって見てくれますよ。

Amazonのほしいものリストに入れる

彼と同じパソコンを使ったりする人は、Amazonの『ほしい物リスト』を活用してみてください。

Amazonには、自分が後で買おうかな、と考えている商品をリストに入れて保存することができます。

ですので、共通のパソコンのAmazonページのほしい物リストに、自分が買いたい(買って欲しい)商品を入れておくことで彼に気付いてもらうチャンスが巡ってくるかも。

彼がよくAmazonなどネットショップを利用するタイプの人だと、気づいてもらいやすいですね。

共通のパソコンじゃない人でも、彼の家でパソコンを借りていいか聞いてみてAmazonで欲しいものを検索した履歴などを残しておくと見てもらえる機会が増えるでしょう。

ツイッターでつぶやく

彼とTwitterなどのSNSで繋がっている場合は、Twitter上で欲しいものについて呟くことで相手に知ってもらうという手段も使えます。

最近は、通販サイトの殆どにSNSに拡散する用のリンクボタンがついているので、投稿自体はとっても簡単です。

欲しい商品について呟いたあとに「これめちゃくちゃ可愛い!」「買おうか迷い中…」など、まだ購入には至っていない悩んでいる状態なのだということをアピールするといいでしょう。

直接、彼氏宛に言っているわけではなく、あくまで自分自身の独り言としての呟きなので嫌らしくは感じないでしょう。

アイテムの画像・URLつきで投稿

欲しいもののリンクや画像を張り付けて呟いている人は珍しくありません。

リンクだけ呟くと商品の画像が表示されないことがあるので、リンクを呟くのと合わせて欲しい商品の画像をアップしてタイムラインに表示されるよう工夫するのがコツです。

商品を発売している企業の公式TwitterのPRツイートをRTするという方法もあります。

アイテムについてのツイートをいいねする

企業の公式Twitterがアップしているツイートを“いいね”するだけでもOKです。

最近ではフォロワーがいいねをしたツイートがタイムラインに表示されるので、あなたがいいねを押した商品が彼のタイムラインにたまたま表示されるかもしれません。

とはいえ、この方法は「気付いてくれたら運とタイミングがいい」というレベルの方法です。

買って欲しい!というより気付いてくれたら儲けものだ!という感覚なので気軽にドンドンやってみましょう。

デートで毎回アイテムがあるお店に立ち寄る

デートの時に、欲しいアイテムがあるお店に行ったり、好きなブランドのお店に立ち寄ることであなたの好きなものの傾向が彼に伝わります。

しかし買ってもらう目的のデートばかりでは嫌らしさが出てしまうので、あくまで「ウィンドズショッピングがしたい!」というような気軽な気持ちで相手を誘いましょう。

「ちょっと見てもいい?」「このお店好きなんだ!」というように、自分の趣味や好みを何気なく相手に熟知させていくことで、彼からのプレゼントが理想に近づくでしょう。

欲しいものを相談してみる

買ってもらうという感覚ではなく、相談ベースで彼に欲しいものを知ってもらうのは、女性としても気を遣わず楽に言える方法です。

「〇〇を買おうと思ってるんだよね」と自分で購入する意思があることを伝えたうえで「コレとコレならどれがいいかな?」「でもちょっと高いかな~」と言ったように相談して一緒に欲しいものを選んでもらうと彼的にも、おねだりされているとは思わず、気楽に発言しやすいでしょう。

その上で「でも給料日前だから我慢だな」「ボーナスでたら買おうかな」と言って、今すぐに自分では買わないのだということも伝えておけば、彼のプレゼント候補に入るはず!

️欲しいものは思い切っておねだりしちゃおう!

自分の欲しいものをおねだりできる相手なんて、恋人以外にそうそういるものではありません。

「彼氏だからちょっとは甘えてもいいよね!」と、言葉巧みにプレゼントをおねだりしている女性も多いものです。

それに、誕生日や記念日に折角貰うプレゼントが、自分好みじゃなかったり、的外れだったりすると、ちょっとガッカリしちゃいますよね…(笑)もちろん気持ちは嬉しいですが、貰うのであれば自分が「欲しい!」と思っているものを貰った方が断然嬉しい!

彼の気持ちを考えても、使われないプレゼント、喜ばれないプレゼントを選ばせるより女性の好みを知ってもらって、より良いものを渡したほうがいいはずです。

彼の状況も考えながら負担になりすぎないように

いくら欲しいものがあるからと言って、彼の状況を考えずにおねだりするのは彼女としてNGです!

誕生日や記念日であれば少々高価なおねだりをしても許されるかもしれませんが、むやみやたらに高価なものばかりおねだりしては女性としての品が疑われます…。

それこそ、日常的にサクッと購入できる1000円以内~2000円レベルのちょっとした食べ物やアイテムなら、彼の負担になりずらいかもしれませんが、5000円以上~数万円するようなものをおねだりするのは控えましょう。

彼が普段からあなたに何かをプレゼントする質の人ならばいいですが、世の中そううまくいきませんよね。

せめて、誕生日や記念日にくらい、欲しいものを選んで買って欲しいな~という程度の欲に抑えてかなければ、彼氏ではなくパトロンになってしまいますよ!

もしおねだり攻撃を試すのであれば彼の給料日後やボーナス後など、ちょっと懐が潤っていそうだな!というタイミングで、「たまにはなんかプレゼントして♡」というように冗談めいた感じで言ってみるといいですね。

もらったときの喜びは最上級に表現!

あなたの作戦が成功して、彼に欲しいものをプレゼントしてもらった時は、思いっきり喜びを表現しましょう。

それはもう大袈裟なくらい喜びましょう!相手が自分の行動や発言から察して欲しいものをわざわざ購入してくれたのですから、それはもう愛でしょう。

その愛にきちんと報いるよう、「ありがとう!」「嬉しい!」と言うのはモチロン、直接欲しいと言わずに買ってきてくれた場合は「欲しいの気付いていてくれたの?」「私のことよく見ててくれるんだね!」と彼の洞察力を目一杯褒めてください。

人は褒められて伸びる生き物ですから、褒められて悪い気はしないでしょう。

あなたの喜ぶ姿が可愛く愛おしく感じてくれる彼氏なら、「また何かプレゼントしたいな」と思うはずです。

たまには彼氏にもプレゼントしよう!

今回は“彼氏に欲しいものを買ってもらう”というテーマでコツを紹介してきましたが、男性にプレゼントを貰うことばかり考えていてはいけません。

彼氏と彼女はお互いに喜びや楽しさを共有しあうべき存在です。

時には彼女からプレゼントする優しさも大切になります。

何気なく彼が欲しがっているものをチェックしてみたり、持っているアイテムで傷んでいるものがあったら新しいものを買ってあげるなど、女性ならではのさりげない心遣いと目配りができると彼はとっても喜びますよ!

特別なんでもないタイミングにサプライズとしてちょっとしたプレゼントを贈ってもらえたらもの凄く嬉しいですよね。

それは彼も同じことです。

「〇〇食べたいな~」「あれ買い換えようかな」など彼のちょっとした発言を拾って先回りしたプレゼントができると最高ですね!

消耗品を補充しておく

彼の家で使う生活用品や食品なお消耗品の類を、何気なく補充しておくのもできる女の行動です。

特別高価でなくても「そういえばアレ少なくなっていたな」と思っていたものが買い置きされていたりしたら、なんてできる彼女なんだろう…と喜ぶはず!歯磨きや歯磨き粉、洗剤や醤油などちょっとしたものでOK!

わざわざ買ってきたアピールをせず、なんでもないことのようにしておくのがコツですね。

仕事で必要なものをプレゼント

仕事で使うボールペンやハンカチなどをプレゼントするのもおすすめ!「これ似合うと思って買ってきちゃった!」「〇〇くんに使って欲しくて選んできた!」「なくなったって言ってたよね!」というように、彼を思って選んだアイテムであればなんでも喜んでくれます。

仕事で使うものならば、使う時にあなたのことを思い出してくれるので、愛情も深まっていくはずです。

季節ごとに何か一つプレゼント

季節の変わり目はプレゼントのタイミングにはもってこいです!必要になるアイテムを選んで贈ってあげると喜ばれますよ。

冬であればマフラーや手袋、ホッカイロやあたたかい飲み物のインスタントなんかでもいいでしょう。

夏ならタオルや冷えピタ、冷たい飲み物など、気持ち程度でもプレゼントを贈ると彼的には「愛されているな~」って感じるはず!

【彼氏のプレゼントを選ぶ時は、こちらの記事もチェック!】

ちょっとしたプレゼントを贈り合うことが2人の習慣に

これは、プレゼントに限ったことではありませんが、彼に「こうして欲しい!」と求めることがあるのであれば、まず自分から行動に移すべきです。

あなたが普段から彼氏をよく見ているのだという所を伝えて、時々プレゼントを贈るだけで相手も同じようにお返しをしたいな、と思ってくれると思いますよ。

それに男性は見栄っ張りなので、きっと女性がプレゼントしたものよりちょっといいものを選んで返してくれたりします(笑)

もちろん損得を考えず互いに相手を思って贈り物を選ぶ、ということができれば買い物の最中にお互いのことを思い出すことが当たり前となっていくので愛情も深まっていくでしょう。

欲しいものを彼におねだりする分、その想いに応えてくれた彼にはとびっきりの愛情を持って接しましょうね!