社交的な人が周囲にいらっしゃるでしょうか。

明るくフレンドリーで誰とでも分け隔てなく接する人はすごいなぁと思うこともありますよね。

社交的な人は良いところばかりのようですが、ただうるさいだけの“自称”社交的な人、というのがいるのもまた事実。

本当に社交的な人の特徴と、そうなるための方法を見ていきましょう。

誰でも明るい人と一緒にいると楽しいですよね!

会話が途切れず常に笑顔で接してくれる相手は誰から見ても好印象。

自然とこちらも笑顔でいられるようになりますよね。

その人と過ごす時間が楽しかったという経験が増えるたびに、楽しいイベントや複数の人と会う場などに誘いたくもなります。

こうして社交的な人は明るい場を通して人脈を増やしていくので、より経験が増え会話も上手になっていきます。

このような楽しさを与える社交性は、なんとなく醸し出している雰囲気のためなのか、それとも何かテクニックがあるのでしょうか。

社交的な人の特徴14個


それでは、社交的な人の特徴を14個ご紹介します。

こちらでは、本当に社交的な人の特徴を取り上げるので、憧れの存在や理想像などと共通点がないか確認してみてください。

隠れたテクニックなども含まれているので、社交的な人を見ながら「何故あんなにも分け隔てなく誰とでも仲良くなれるのか」という疑問の答えが見えてくるかもしれません。

友達作りが上手い

社交的な人は自ら話しかけることを躊躇しません。

そのため、初対面の人とも会話が始めやすく、さらに相手の良いところを見つけて話題を広げていきます。

社交的な中でも極めてコミュニケーション能力に長けた人は、ある程度話題を振って相手が心を開いたら、素早く聞き役に回ることができます。

そうすることで相手が話しやすくなり、一層好感を持ってもらえることをよく理解しているのです。

そのため食事や飲みに行く程度の相手には困りません。

社交的な人は出会う全員と広く浅く付き合うのではなく、広げた人脈の中から友達になれそうな人をピックアップする力にも長けています。

誰とでも良好な関係を保ちながら、自分が落ち着ける場所は確保しているのです。

そうすることで自信がつき、さらに人脈を広げるエネルギーにします。

継続した人間関係を築ける

害をなさない人間関係であればできる限り良好な関係を持続させるための努力を欠かしません。

一回一回の場を大切にしており、何度も会っている相手でも礼儀や言動に気を配ります。

付き合いが長くなれば多少相手の悪い部分も見えてきますが、社交的な人はそこに目を向けません。

その部分とは付き合わなければいいと考えるためです。

たとえば、いつもは話が上手で楽しく過ごせる相手の酒癖が悪いとすれば、お酒の席には付き合わないのです。

酒癖が悪い人からしても、最初は寂しく感じられるでしょうが、唯一の汚点である酒癖の悪さを知られないため、負い目に感じることがなく酒を介さない食事やイベントなどには誘いやすくなります。

このように下手に深入りせず付き合う場所を分けることで結果的に関係が長続きするのです。

また、自分で友達だと思っている人の悪口を聞いても「この人はそう思うんだな」と受け流すだけで同意も反論も告げ口もしたりしません。

どんな悪口を聞いたとしても、自分の目で見ていない以上は、ただ自分はこの人と友達でいたいという感情があるだけです。

こういった態度は安心感を与えてくれるので長続きします。

多趣味


趣味は共感を生みやすく、コミュニケーションが円滑にはこびます。

趣味の世界は性別も年代も越えられる良い場所です。

そのため、社交的な人は趣味を楽しむだけでなく人脈を広げるツールとしても利用しています。

また、一見仕事とは関係のない趣味の世界の人でも、仕事にも共通するポイントを見つければ自然とビジネスにつなげます。

何故どこでその人と知り合えたかわからないような強力なパイプを持ってくることもあります。

社交的な人が顔が広いと言われるのはこういう理由があるもので、多趣味ゆえの利点を存分に生かしていることがよくわかると思います。

また、多趣味を続行するには何か一つに時間やお金を投資しすぎることができません。

それがむしろ生活パターンを柔軟にし、急な予定が入っても時間を作ることが上手になっていきます。

こまめに連絡を取ってくれる

良好な関係を保つにはこまめな連絡が欠かせません。

ビジネスおいてこのマメさは重要です。

遠くの親戚より近くの他人というように、常日頃から連絡をくれる人は頼りにしたくなるものです。

連絡される側も最初こそ返答をしないことはありますが、それが続くとだんだん無視を決め込むのも申し訳ない気持ちになるので打ち合わせや面会を承諾しがちです。

つまり、ビジネスチャンスを掴みやすくなります。

プライベートにおいても同様で、会った回数自体は少ない相手にも、こまめに連絡して、いつも一緒にいるような感覚を相手に与えます。

こまめに連絡をくれる相手ならちょっとした食事の誘いなどにも声をかけやすく、他の友人を紹介してみようかという気にもなりますよね。

社交的な人は連絡の回数や時間は節度を持ち、相手が負担に思わないようにバランスをとるのが上手です。

華やかな言動に目がいきがちですが、こうした地道な努力こそ大きな花を開かせることにつながっていると理解しましょう。

ノリがいい

ただチャラチャラしているノリの良さとは違い、TPOをわきまえたノリの良さで相手の気持ちを盛り上げます。

あえて無礼講をはたらくかと思えば瞬時に敬語でフォローするなど、言葉選びも巧みに使い分け相手の懐に入り込むのが上手です。

このバランスの良さは一朝一夕で備わるものではありません。

日々様々な人を相手にしているからこそ、ある程度相手のタイプ別でどのように振舞えばいいかというデータが頭に入っており、無意識のうちに言葉として出てくる訓練ができているのです。

食事やイベントなどにも誘えば快く駆けつけます。

かなり親密になれば都合によっては断ることもありますが、ほとんどの場合はなんとか都合をつけるようにしてくれるので、誘う側としても喜ばしい相手となります。

アクティブ

物事に取り組むにあたってあまりネガティブな躊躇いを持ちません。

興味を持った瞬間には行動に移します。

たとえば、テレビでイベントの特集を見て興味を持てば、たとえ家から二時間かかる距離でも面倒くさがらずに即座に出かけて行きます。

その際にもそのイベントに興味がありそうな知り合いをすぐに選び出して誘い、たとえ一人でもその場にいる人との会話を楽しむことができるので不安がありません。

誘われた場合でも同じように、とても楽しそうに参加します。

生活習慣なども気を付けているので休日にぐったり眠るだけ、ということもあまりなく、身支度でドタバタしたりもせずに思い立ったら家を出れるほどフットワークが軽いです。

【アクティブなの特徴は、こちらの記事もチェック!】

アウトドアを好む

社交的な人は普段から無意識に気を遣っているので人知れずストレスも溜まっています。

屋外はそれだけで開放的な気分にしてくれるため癒しの時間となります。

とくに、キャンプやハイキングなど気心の知れた仲間と自然の中でゆったりする時間を好む傾向があります。

やることが派手

地道な努力もしている反面、ここぞという時には派手なこともやってのけます。

パフォーマンス力に長けていて、場を盛り上げるために先陣を切れる度量が備わっているからです。

サプライズもお手のもの。

押し付けがましくなく皆が楽しめるような心配りができます。

実はすごく寂しがりや

誰かと一緒いることが好きで、孤独を嫌うために社交性を磨いたというタイプの人です。

後述しますがこの手のタイプは“自称”社交的だったりもするので一概に良いとは言えません。

しかし、それを乗り越えて自然と社交的に振舞えている人は人の寂しさも知っているため、より一層キメ細かな気遣いができたりもします。

たくさんの話題を持っている

多趣味なのも影響して知識の幅が広いです。

そのため、様々な人との間に共通の話題を見出せる確率が高く、誰とでも会話を楽しむことができます。

また話題が豊富だとたまたま目の前にあった物などを取り上げて場の空気を繋げたりもできるので様々な場面の進行役、盛り上げ役としても重宝されます。

誰とでも平等に接する

性別や年齢、立場などによって態度を変えたりはせず、平等に接します。

その分け隔てない姿勢が好感度につながることも知っています。

ただ、何も気にせず全て同じ接し方というわけではなく、カテゴライズはせずに“その人にとって”ベストな距離感と言葉づかいは心がけ、お互い気持ちよくコミュニケーションができるようにしています。

平等にしている部分は、まずは相手の考えを受け入れることだったり、優しく接するなどの根底的なことです。

マイナスポイントを隠さない

自分についてはあけっぴろげな方が信頼を得やすいということを良く理解しているため、ときにはわざとマイナスポイントを見せることすらあります。

これはビジネスにおけるテクニックの1つでもあり、信頼した相手でなければ話さないだろうと思う部分を見せることで、相手は特別な関係になれたと思うようになります。

そして、自分のマイナスポイントも隠さなくていいんだ、と安心できるようになるのです。

ずっと笑顔

第一印象を大事に考えているため極力笑顔でいることを心がけています。

笑顔を崩すのは親友や恋人、家族などの身内だけ。

身内であれば笑顔でいられないときには真摯にアドバイスをくれたり、黙って傍にいてくれたりするからです。

それ以外の人たちにはネガティブな印象をもたれても気遣わせてしまうだけなので申し訳ないと考えています。

金銭的な余裕を持っている

社交的だと数多くのお誘いに対応できなければなりませんから金銭的な余裕は影響してきます。

カツカツだと断らなければならないことも増えるので誰との約束は行ったのにこっちには来ないのか、と悪い印象を与えることになりかねません。

それを考えると、それら全てに対応できる資金力はフットワークの軽さにもつながるからです。

また、お金の余裕は心の余裕にも繋がるので表情などにも表れてきます。

社交的な人は時に嫌われることも?!

今までご紹介してきた特徴は本当に社交的な人のことでしたが、ここで嫌われる恐れのある「自称」社交的な人のことを見てみましょう。

自称、の人は社交的というのが何なのかを勘違いしているため、間違った方向に全力で振り切っているのがみられます。

自分のコミュニケーションスタイルを崩さない

誰とでも平等に接することを履き違えているタイプです。

本来は人によってコミュニケーションスタイルは変えるべきなのですが、それはせずにひたすら明るくポジティブなことを言いまくったり、多少無礼な態度でも明るければOKみたいな考え方の人です。

イメージとしては、街中で女性から無視されているキャッチのお兄さんみたいな感じです。

誰にでも声を掛ける度胸はあるけれど人によって話し方を変えていないために無視されているのですが本人は気づいていません。

それどころか、自分のテンションについてこれない周囲の人は社交的ではないとすら考えています。

このタイプは意識高い系と言われる人にありがちで、自分の目的が崇高であり他とは違うのだという自己顕示欲が強めです。

そのため、自分基準で物事を考える癖がついてしまっているために誤った判断にも自信をもっています。

一方的に喋る

本当に社交的な人は話題を切り出しはしますが、会話に入ったらすぐに聞き手に回ります。

それこそが相手に好印象を与える会話の術だと知っているからです。

しかし、一方的に喋る人は自分本位に考えており、沈黙に耐えられない自分を守るために時間を言葉で埋め尽くします。

相手が言葉を挟む余地を与えません。

本質的には社交性とは真逆で、臆病な小心者、コミュ障といえます。

あるいは、社交的なことがイコールおしゃべりであると勘違いしている人もいます。

自分ではユーモアを交えた軽快なトークを繰り広げているつもりですが、周囲の雰囲気を察することができるほどコミュニケーション能力を訓練していないので距離が開いていっても気づくことはありません。

よく周囲の人から「あははーほんと面白いよねー。あ、時間だ。またねー」と作り笑顔をされているようであれば話し方を変える必要があります。

すぐに人を紹介しようとする

業界の名刺交換会など、多くの人と知り合うことが会の目的である場合は、そもそもビジネスにつながりやすい前提で集まった人たちなので、知り合いを結び付けることが双方の利益になります。

だからこそ初対面同士の引き合わせは大歓迎ですが、そういった場でもないのに、とにかく自分の周りはみんな友達というラッパーみたいなテンションで人を紹介するのは嫌われます。

なぜなら、紹介された人と大して共通点もなければ苦笑いをするしかありませんし、離席でもされたら沈黙が続いて気まずいからです。

しかも、こうした自称社交的なタイプの人はマッチしない人を無理矢理くっつけようとした自分が悪いにもかかわらず、盛り上がらない場に対して「テンション低いなー」とか「いつもは面白い奴なんですけどね」とか言ったりします。

社交的な人は名刺交換会などのオフィシャルではない場で知り合った人とは、まず自分と相手との会話の中で話題を引き出して、何度か会を重ねます。

その上で自分と相手との関係が構築できれば、マッチしそうな人を脳内検索し、お互いがメリットになるかどうかまで考慮して紹介します。

せっかく相手の時間を割いていただくわけですから、良い気持ちになってもらいたいというサービス精神からくるのです。

また、そのように周囲がwinwinの良好な関係で輪になってくれれば、プライベートもビジネスにおいても自分にメリットがあると総合的な目で理解しているので変な引き合わせはしません。

悪い意味で人脈作りを意識する

facebookの友達の数で競っているような人のことです。

質より量を優先し、何のメリットもないどころか害すらある交友関係まで何から何まで網羅しようとします。

その上依存型で、こまめな連絡というよりしつこい連絡が多く、そうして離れて行く人が増えるたびに同量かそれ以上の知り合いを増やして補充しようと躍起になります。

マウンティング癖も併発している場合があります。

友達が多い自分はスゴイみたいな勘違いのプライドを振りかざして、少数でも濃密な交友関係を持っている人のことすらバカにします。

どちらが本来人脈と呼べるのかは言うまでもありません。

社交的な人になるためには?

嫌われるタイプがわかったら、本当の意味で社交的な人になる方法を見てみましょう。

この方法を知っておけば、何も社交的な人と周囲から認定されるまでいかなくてもコミュニケーションの場で役にたちます。

覚えておくとメリットになるものです。

相手を肯定する

まずは肯定から入りましょう。

他人は自分にはないものをたくさん持っています。

どんなことを考えているのか、着眼点がどこか、得意なものは何かなど相手を知ることから始めれば自然と否定はしなくなります。

否定から入ってしまう人は、相手から拒絶される前にこちらから拒否することで身を守っている節があり、小心者に見えてしまいます。

社交的な人を目指すのなら、受け入れ体制から入ることが肝心です。

その上で、あまりに無礼な人や考え方が極端すぎてお付き合いを続けてもプラスになりそうもない相手だと分かればスパッと関係を切ってしまえばいいのです。

その際にもとくに相手を否定する言葉を並べ立てるのではなく、お誘いを断ったり連絡をこちらからはとらなければ、相手も合わなかったんだなと思う程度で済むため周囲に悪評をバラまかれたりもしません。

笑顔を絶やさない

最初は表情筋も固くなっているので努力が必要ですが、笑顔でいることを心がけてみましょう。

にっこりと笑うよりも微笑みをたたえている方が結構大変です。

微笑みの起源は進化論の過程から考察するとニホンザルに見られるといいます。

強いサルに対して歯をむき出して微笑みのような表情を見せることは、自分が劣位であることを伝えて警戒心をとき、攻撃されないようにするためというものです。

人間においても微笑みは同じ効果を持ちます。

劣位と伝えるというよりは警戒を解くという意味で効果を発揮しているのです。

社交的に振舞うためには周りの警戒心や攻撃性を素早く解かなければできません。

常に微笑んでいることは自然とできるものではありませんが、意識することで可能です。

そうして日頃から表情筋を鍛えておけばそれがデフォルトの表情になってくるので努力をしましょう。

自分のことを好きになる

自分のことを好きになれば自信が持てるようになります。

人間誰しも少なからずコンプレックスを持っているものですが、そこに目を向けていると表情も暗くなったりフットワークも重くなったりします。

自分のことを好きになるためにはダメなところも客観的に捉えて受け入れることが大切です。

そこを隠そうとすることではありません。

社交的な人の特徴で『マイナスポイントを隠さない』ということを記載した通り、ダメな部分を知っておくことはテクニックとして使うことができます。

普段は良いところを強調して振る舞いつつ、ここぞというときにコンプレックスすらも利益になるように使えばいいのです。

それを繰り返している内に、自己理解と自己開示が進むため信頼できる人物だと周囲が認知し始めます。

それが自信を持たせることにも繋がるので他者へ目を向けるばかりでなく自分の心にも丁寧に接しましょう。

財政力を持つ

お金の余裕は心の余裕に繋がると述べた通り、財政力を持つことは社交的な人になるにあたって無視できないことです。

様々な人との約束をこなすには当然お金が必要です。

飲み会、イベントへの参加費やTPOに合わせた服装などの身だしなみへの投資、幹事をすることが多くなれば下調べで向かうお店への飲食代など様々です。

また、財政力というのは単に高給を稼ぐということだけでなく、生活にかかるお金や物欲などとのバランスを取って管理することも含まれています。

そのように自己管理ができるようになると、自分の中での優先順位なども整理でき、今の自分は何に投資するべきなのかを冷静に判断できるようになります。

人に好かれるファションを心がける

ファッションにおいて人に好かれるために大切なのは、おしゃれなセンスよりも圧倒的に清潔感です。

そこに加えてTPOに応じたファッションを心がけましょう。

TPOはその場にいる人の服装に合わせておけば概ね問題ありません。

初めての場であればお店の雰囲気やランクなどを考慮しておきます。

高級レストランにTシャツ、ジーパン、スニーカーでは合いませんし、ちょっとした飲み会にドレスやタキシードで行く人はいませんよね。

清潔感を出すためには日頃から肌の手入れをしたり、男性ならヒゲを整えておくことも必要です。

かっちり目な服が好まれる傾向にあるので、男女問わず、フォーマルからカジュアルまで使い勝手の良いジャケットやスーツなどを用意しておくといいでしょう。

先ほど財政力が大事だとお伝えしましたが、自らを華美に着飾って財政力を見せつけるのは野暮です。

貴金属が目立つようなファッションをしていると、自分より低いレベルの人がお金目的で集まってくることになってしまいます。

また、おしゃれが身についてきたら、自分の体形なども含めて似合うファッションや髪形を探してみるのもおすすめです。

まずは幅広く受けるものを選びながら、ゆくゆくは個性も出していきましょう。

積極的に行動する

飲み会やイベント、友達の紹介の人などに出会える場に積極的に参加してみましょう。

正直に言えば、いくら社交的な人でも内心は結構面倒くさかったりもします。

それでも「来てやったんだぞ」みたいな顔は絶対にしません。

どんなに面倒くさくても、「招いてくれてありがとう」という気持ちで臨みます。

イベントなどで大勢が集まるのなら待ちの姿勢ではなく自ら積極的に会話を切り開いてみます。

最初こそ失敗も多いですが、その中で反省点を見つけて改善していけばいいのです。

社交的になりたいと思ってチャレンジしている間は、最初から相手に「こういう場は初めてで緊張してしまうのですが、とても楽しい雰囲気ですね」など知ったかぶりをせずに伝えて相手の胸を借りてみましょう。

あるいは、その相手も初めてかもしれないのでホッとして会話がはずむこともあるでしょう。

そのように初対面の人と出会えた後は、数週間から一か月後ぐらいに食事に誘ってみます。

一か月くらいというのがミソで、記憶を呼び起こすのに無理がない期間です。

それ以前だとグイグイした印象を与えますが、それ以上だと忘れがちです。

その後は2ヶ月に一回くらい会えるようになれば、お互いにとってメリットになりそうな知り合いを紹介し合うこともいいでしょう。

認識が進んでもう十分お付き合いが定着したら半年に一回くらい会うだけでも関係を続けることができます。

ご無沙汰している人がいないように、定期的に連絡を入れるというのも大切です。

丁度忘れそうな頃にフッと連絡が来ると、いつも気にかけてくれていると思い嬉しくなります。

その時話した話題などを覚えてくれていれば尚更です。

素直になる

大人の素直さは、純粋無垢とは意味合いが異なります。

感謝や謝罪を言葉にすることへの抵抗がない、というものです。

へたなプライドや見栄は捨てて素直な自分でいるようにしましょう。

ダメなところをひた隠しにしたりプライドや見栄を振りかざして非を認めないようだと切羽詰った印象を与えます。

褒め言葉は裏を読まずに言葉通りに受けっ取って喜び、批判されても応戦せずに自分の言動を顧みたりします。

たとえ褒め言葉が皮肉であったり、批判が理不尽なものであろうとも、そのように疑ったり反論したりしない相手をさらに攻撃しようという気は起きません。

それどころか、攻撃してやろうなどと考えていた自分の浅ましさに気付かされ、恥ずかしいのでその場を去るか、態度を温和に変えざるをえなくなります。

こちらが素直な姿勢でいると相手からも信頼されやすく、パフォーマンスとして開示したマイナスポイントや悩みもパフォーマンスだとはバレることなく、心を開いてくれているのだと受け取ってもらえます。

そして、素直な印象は思わぬところで効果を発揮してくれることがあります。

「温和な人ほどキレると怖い」といわれますが、それはつまり、温和な人がキレるようなことをその人がしたのだということです。

周囲にいる人たちから見ると、あんなにも素直で温和な人が怒るんだから相当なことをされたに違いないと思えるため、味方になってくれます。

また、会いたくもない人に無理して会うことは社交的なこととは別です。

何のメリットにもならない交友関係は素直な気持ちでバッサリ切る、体調が優れないなら無理して出かけずにお断りをする勇気が必要です。

無理をしているのは相手にも伝わってしまうからです。

いろんな人と付き合う

学生時代までのような心の友には誰とでもなれるわけではありませんが、お互いの利益や発展のために協力し合える人たちはたくさんいます。

また、自分にはないものを持っている人たちの考え方を知ることは知見を広げてくれるでしょう。

職業や年齢、性別などの肩書上のカテゴリに関わらず、いろいろな人と交友関係をもつことがおすすめです。

一見何の関わりもなさそうな人でも、ふとした機会で密な関係になれることがあります。

たとえばシステムエンジニアと八百屋さんという出会いも、八百屋さんが地域活性のために商店街のサイトを立ち上げたいと相談してくれたら、職場のwebデザイナーを紹介できます。

一見何の関わりもなかったような関係が、ひとたびクライアントと請負側に変わるのです。

あるいは、なんとなく面白い人だなと思ってよくお話しをしていた年配の人が、実は自分がいる業界の大物と同級生でコネクションができるなど、ドラマのようなことも実際にあります。

何が大きな繋がりになるかなんてわかりません。

選り好みせず、期待もせず、交友関係を楽しむことを大切にしましょう。

社交的な人は人に好かれる!(まとめ)

社交的な人の特徴について、いかがだったでしょうか。

本当に社交的な人は人から好かれる要素をたくさん持っていますよね。

そして、華やかなイメージだけではない細かな努力こそが重要だとお分かりいただけたかと思います。

これらの努力は並大抵のものではなく、持続させていくことは心身ともにハードです。

一時は成功できたとしても、あまり社交的すぎると忙しくなりますし、そういった生活には向き不向きもあります。

素直になる、ということを前提として、自分はどこまで無理なく出来るかどうかを冷静に考えてみます。

そして、取り入れられるところは上手に取り入れながら、周囲とより良好な関係を築いていきましょう。