泣きたいのに泣けない…そんな悩みを抱えている人は意外と多いのかもしれません。

そこで今回は、泣きたいのに泣けない理由と誰でも泣けるようになる方法をご紹介していきます。

ぜひ、あなたに合った実践方法を見つけましょう。

この記事の目次

泣きたい時に泣けない・・・?なぜ?

体や心ではわかってもいても泣けない。

など、どうして泣けないのかわからないまま、泣けずに終わってしまった経験はあるはずです。

泣く、泣かないは、その人の心の持ちようや、経験などが影響するのかもしれません。

子どもの時に悔しくて泣いた経験が多い人は、実は、感動などで涙を流すことが少ないそうです。

これは涙を流す、泣くと言う行為を悔しい時にする行動だと体や心が覚えてしまっていると考えられます。

経験上、悔しくて泣くことは多いと思いますが、同時に感動での泣く行為を経験していないと、そのような場面で泣くことができないと言われています。

つまり、泣きたい時という場面を頭ではわかっていても、体や心がわかっていないと涙を流せない場合があるのです。

泣きたい時ってどんな時?


では、泣きたい時とはどんな時なのでしょうか?

仮にあなたがこの質問を受けた際はどんな場面を答えますか?

ここではまず、ほとんどの方が思い当たるであろう泣きたい時の場面を説明します。

もしかしたら、今あなたがぶち当たっている場面かもしれません。

失恋した時

学生でも社会人になっても、年齢問わず失恋した時は悲しくて泣いてしまう人は多いはずです。

想いを寄せている相手から振られてしまったり、恋人と別れた時など悲しくて仕方ないでしょう。

この場合、相手の前では泣かずに家で一人で泣くこともあれば、ふと思い出してしまい泣くこともあるでしょう。

失恋を経験すると、この世の終わりだと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

そのように捉えると、心が落ち込み悔しさを吐き出すために泣くといった行動になってしまうのです。

しかし、経験していくと免疫がつき、徐々にですが失恋しても動揺しなくなって泣くこと少なくなるかもしれません。

身体的に傷ついた時

体のどの部分であれ、傷を負うと痛いと感じるので、その痛みによって泣くことがあります。

ある意味、泣くことで神経を痛みではなく、泣く方へ傾けようとして、痛みを軽減させようとする防衛反応に近いのかもしれません。

この場合、大人になるにつれて子供よりは痛みに強くなることもあり、泣くことも少なくなるのではないでしょうか。

ストレスがたまってどうしようもできない時

ストレスはメンタルを低下させるだけでなく、病気の原因にもなることもありとれも厄介です。

ストレスが溜まると感情が抑えきれなくなり、また、そのストレスが溜まる原因を思い出すなどして、涙を流して泣いてしまうこともあります。

誰にも言えずに吐き出すことができないと、このように泣いて吐き出すしかなくなってしまうのです。

泣いてすっきりする人もいるかもしれません。

しかし、この場合は、泣いた後もなんとも言えない寂しい感じがして余計にストレスを溜めてしまう可能性もあります。

故にストレスを溜めすぎないようにしましょう。

仕事で失敗した時

社会人になって、仕事を失敗すると上司や同僚からそのことに指摘され、嫌になって泣きたくなってしまうことがあります。

これは、完璧を求められる業界においてよくあることで、完璧を求めるあまりに要求が強くそのプレッシャーにやられてしまうのです。

失敗したらクビだ、始末書だ、減給だなどのネガティブなことを考えてしまい、泣きたくなる人もいれば、自分はできないダメな奴だと思って泣いてしまう人もいるでしょう。

しかし、弱みに付け込む人もいるので、こういった状況では上司の目の前で泣かない方が良いかもしれません。

余計に追い込んでくる可能性もあるので、泣くなら人がいないところで泣きましょう。

また、仕事で失敗しても落ち込む必要はありません。

完璧な人間などいないのですから。

寂しい時・悲しい時

寂しい時や悲しい時には自然と涙が出てくるかもしれません。

ちょっとした寂しいことや悲しいことが起きて、真摯に受け止めすぎると、過去にあった悲しいことなども思い出してしまいます。

そして、余計に寂しさや悲しさが増幅されて泣いてしまうのです。

今起きていることよりも、過去の経験が影響するケースもあるのかもしれません。

生きている限り寂しいことや悲しいことは絶対にあります。

しかし、その分、嬉しいことや楽しいこともあります。

ネガティブな部分だけに注目するのはやめましょう。

泣きたい時に泣けない7つの理由は?

ほとんどが悔しいや悲しい、寂しいなどのネガティブな感情が原因で泣くケースが多いですが、それでも泣けない人もいますよね。

主な理由としては、7つあります。

泣かないでいるとストレスが溜まってしまって、情緒不安定になってしまうこともあります。

泣いて良い時は、思い切り泣きましょう。

1.強がりな性格なため

自分を強く見せようとする強がりな性格の人は、泣くことを弱い行動だと思っている可能性があります。

そのため、泣きたい時でもどこかでストッパーがかかってしまい、思うように泣けないのかもしれません。

無意識のうちに泣くことを抑えようとしているのでしょう。

このような人は、泣いては行けない場面で泣くことを防ぐことはできますが、逆に泣きたい時に自分から泣くことができません。

また、強がりなので、泣くことを抑えることで、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

泣くこと以外にストレスを発散させる手段や方法を持っていないと、心身共に不安定になってしまうかもしれません。

もしくは周囲に見られたくないと思っているのであれば、誰も見ていない場所で泣いてみましょう。

もし泣けないのであれば、感動する映画を見て涙を流すことは悪いことではないのだと、自分の心に思い込ませるのが良いかもしれません。

2.「泣いていけない」という思い込み

強がりの性格に似ている部分ではありますが、泣くことをかっこ悪い、情けない、良くないことだと言うことが刷り込まれている可能性が高いです。

泣くこと=ネガティブなことと思い込んでいるのでしょう。

そのため、泣きたい時でも泣かないように心や体が反応してしまっているのです。

一種の防衛反応と言っていいかもしれませんね。

これは過去の経験が影響している可能性もあります。

3.素直になれる環境ではない

今いる環境が、自分にとって素直になれる環境ではないのかもしれません。

自分をさらけ出すことができないために、人前で泣くことができないし、周りの人に泣いているところを見られたくないのでしょう。

この場合、環境を変えることも大切ですが、自分が素直になることが一番の解決策と言えるでしょう。

4.泣いて解決しないことがわかっている

泣いても問題が解決しないとわかっているので、泣くことに価値がないと思っている場合もあります。

これは自分の置かれた状況を客観視できている証拠でもあります。

泣いたところで時間がもったいないと思っているのです。

このタイプの人は、感情に流されることなくいつも冷静でいられる人です。

一見冷めた人にも見えますが、しっかり先を見ている人でもあります。

泣いて解決することは少ないですが、溜めこみすぎても良くありません。

泣くこと以外でのストレスの発散方法があるのならこれでも構いません。

しかし、ない場合はストレスが溜まってしまう可能性があるので、泣くこと以外でのストレス発散方法を見つけましょう。

5.自分の感情がコントロールできなくなっている

自分の感情がコントロールできず、どうしたらいいかわからないでいる人は、泣きたい時でも上手く泣けないのかもしれません。

この場合、周囲の声も届かず、無感情、無気力になってしまっているの可能性があるので大変です。

あまり外部の声を気にしないようにして、自分の考えをしっかり持ちましょう。

要はいろいろなことがありすぎて自分を見失っているだけなのです。

他人に影響を受けやすい人が陥りやすい状態かもしれませんね。

何があってもしっかり自分の考えを持つようにしましょう。

泣く以外にもなんの感情もないなと思ったら要注意です。

6.家庭環境の影響

小さい頃に親から「泣くな」と教わったり、泣くことで怒られた経験がある人は、例え感動であっても泣くことを嫌がります。

過去のそういった経験から泣くことがトラウマになっているのでグッと堪えようとするのでしょう。

泣きそうになると恐怖心に支配されるので、それで泣くのを防ごうとするのです。

これは心身ともにかなりの負担になるでしょう。

トラウマなどはなかなか払しょくできない部分ではあります。

しかし、いつまでもそれに固執していては先へ進めません。

泣いていい場面といけない場面を理解することが大事です。

7.泣きたい範囲まで達していない

感情的になるだけで泣くまではいかず、それで終わってしまうこともあります。

本当は泣くべきかもしれませんが、心や体が泣くと言った行動までに反応していないのかもしれません。

泣くことは個性にも近いので、人によって差があります。

人によって泣きたいという範囲が違うので、周囲にいる人たちにとって泣きたいと思う範囲でも自分では違う感じることはあります。

そのため、無理に泣く必要はないのかもしれません。

泣きたい時に泣く8つの方法

泣くことも泣かないことも決して悪いことではありません。

我慢しすぎるとストレスになってしまうことは理解できたと思います。

泣きたい時は思いっきり泣いた方がストレスを溜めずに済みますよ。

では、ここからは泣きたい時に泣く方法をご紹介したいと思います。

1.泣ける映画を観る

泣きたい時に泣く方法で一番おすすめなのは、泣ける映画を観ることです。

泣ける映画はたくさんあります。

感動する物語や悲しい結末を迎える物語、ドキュメンタリー映画なんかもおすすめです。

泣ける映画を観て、涙を流すことは悪いことではないのだと自分に思い込ませましょう。

だんだん泣くことに慣れてくると、普段から自然と涙を流すことができるようになるかもしれません。

2.泣ける本を読む

映画よりも本が好きだという人は、泣ける話の本を読むのもおすすめです。

本は苦手だという人は、漫画でも良いでしょう。

この場合、ただ読んでも感情が湧きたつことはありません。

思いっきり感情を移入して読むことが大切です。

ご自身が物語の中に入ったと思うくらいに読むことで、物語の主人公になった気持ちになって物語の出来事が自分ごとのように感じることができます。

誰にも邪魔されることなく、集中して読める環境で読みましょう。

3.泣けることを考えてみる

自分は今までどんな時に泣いてきたか、もしくは友人などが泣いた時はどんな時だったか聞いてみて、その場面について考えてみましょう。

この時に悔しいことを思い出すと落ち込んでしまう可能性がありますので注意しましょう。

泣けることは人それぞれで違いがありますので、友人の体験を考えても泣けない可能性はあります。

もしくはドラマなどの物語での泣けるシーンを自分のことのように考えると効果があるかもしれませんよ。

4.たくさんの経験をする

泣けないと言うことは一種に経験不足や知識不足があるかもしれません。

いろいろなものに触れてみて、自分がどんな感情を抱くか試してみても良いかもしれません。

いろいろな経験をしていくと、感情も豊かになり、自分の感情を出すことが自然とできるようになるでしょう。

5.心を開いて話をする

心を開くことで素直な気持ちになれるので、泣くことにも抵抗がなくなるかもしれません。

これは素直になれない人や強がりな人におすすめしたい実践方法です。

心を開くことは自分をさらけ出すこととほぼ同じです。

どこかで泣くことを我慢している人は、身近な人に心を開いて自分が素直に泣ける環境を作っていきましょう。

6.自然に触れてみる

鳥のせせらぎや木々の揺れる音など、自然が奏でる音は癒しの効果があります。

同時に雄大な自然と人間の小ささも教えてもらえます。

それによって心が豊かになるので感情表現も安定します。

自然に触れることは心地よくなるだけでなく、自分の心にも変化を与えることもできるのです。

近くの自然に触れることも良いですが、たまには大自然に触れてみて自然の雄大さを感じて心を豊かにしてみましょう。

7.リラックスできる環境を作る

心身ともにダメージを受けている場合は、思いっきりリフレッシュする必要があります。

自分にとってのリラックスできる方法、もしくはリラックスできる環境を見つけておきましょう。

常にリラックスできるようにしておけば心身ともにダメージを受けても引きずったりしません。

アロマをたく

部屋の空気や香りなどはその人に強く影響します。

感情表現が豊かな人の部屋はいい雰囲気が漂っているはずです。

少しでもいい雰囲気を出すために効果があるのがアロマです。

アロマをたくことで雰囲気を良くするだけでなく、心身ともにリラックスさせる効果があります。

あなたが求める効果が加わっているアロマを選んでたいてみてもいいと思います。

8.生活習慣の改善

生活習慣が乱れていると体に悪影響を及ぼします。

肥満になったり、無気力になったりするので、心にも影響します。

もし生活習慣が乱れているという人は、メリハリのある生活をすることで、生活習慣を改善していきましょう。

泣く時のポイント

ここからは、泣く時のポイント、泣いた後はどうしたら良いかなどの事柄をお伝えしていきます。

1.ひとりで泣く

泣くことがかっこ悪い、情けないと感じてしまう人は、ひとりで泣いてみましょう。

誰にも見られないトイレやお風呂、自分の部屋などがおすすめです。

誰も見ていないので、安心して泣くことができますよ。

2.泣いたらすぐに切り替える

泣いたら泣いたまま引きずるのではなく、すっきりさせてすぐに切り替えるようにしましょう。

泣いて引きずっていると余計に重くなってしまい、泣いた効果もなく暗い気持ちになってしまいます。

嫌な感情を引きずっては意味がありません。

スッキリするまで泣いたら先を見て進みましょう。

終わったことはもういいのです。

過去を見ていても何も起きません。

3.泣くのを悪いと思わない

何度も言うように泣くことは悪いことではありません。

その思いさえなくせば泣くことに抵抗を感じることもありませんよね。

結局、思いっきり泣けないのはこの抵抗感があるからではないでしょうか。

泣くことは悪いことではありません。

涙を流すのは自然なことで、誰にでも泣きたい時はあるのです。

泣いている自分を責めないようにしましょう。

泣きたい時に泣ける環境を作っておこう!(まとめ)

泣くことを抑える方が体や心に悪いので、泣きたい時に泣けるようにしましょう。

そのためにも心を豊かにすることが大切なので、リラックスできる環境を作っていきましょう。

また、泣ける時に、周囲を気にするのであれば一人で泣ける環境を見つけておきましょう。

対策がしっかり整えばなんの問題もありませんよ。