CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

謙虚とはどういう意味?謙虚に振る舞える方法やメリット、使い方・例文・類語・対義語・英語表現を紹介


謙虚な人はどんな人かと聞かれた場合に、あなたならどう答えますか?

「人当たりの良い人」「前に出すぎない人」「相手を尊重する人」などいろいろな例があると思います。

でも実は、明確に表すような概念が存在しないのです。

そこで今回は「謙虚」とはどういう意味なのか、また謙虚に振る舞える方法やメリット、使い方や例文、類語、対義語、英語表現を紹介していきます。

この記事の目次

️「謙虚であれ」とはよく聞く言葉

小さい頃から親や学校の先生から「謙虚であれ」とよく言われたという人は多いと思います。

謙虚であることが良い人であると言う認識が強いためにそう言っていたのでしょう。

また、近所付き合いなどで「おたくのお子様謙虚ですね」などと言われると、親も嬉しくなるので、無理矢理でも謙虚にさせようという働きがあったのかもしれません。

しかし、いざ謙虚を目指そうにも謙虚の意味がわかってなければ、謙虚を目指そうにも目指せませんよね。

言ってる側も明確に示していない可能性が高いので、なかなか謙虚な人になれなかった人も多いはずです。

そのため、謙虚になるにはまず謙虚という言葉の意味を理解しなければいけません。

「謙虚」の意味とは?

謙虚とは「つつましく、控えめなこと。」「へりくだって、素直に相手の意見などを受け入れること。」などという意味があります。

態度や人の性格を指す言葉として使われます。

つつましく控えめなこと

つつましく控えめなことを謙虚と言います。

つまり、でしゃばらず、いつも後方で支えている人のことを謙虚な人と言うのです。

謙虚な人はすぐに前に出ようとせず、後方でじっくり待機をしてみんなの意見を拾って考えを出します。

控えめではありますがしっかり自分の意見を持っていて、なおかつ相手の考えや意見を拾って口にするので、誰もが納得してしまうのです。

へりくだって、素直に相手の意見などを受け入れること

へりくだって、素直に相手の意見などを受け入れることができることを謙虚と言います。

謙虚な人は、どんな人でも雑に扱うことはありません。

どんな人の意見も素直に受け入れて、考えてお互いに納得のいく意見を出すようにします。

要は柔軟な姿勢を持っていることからできることなのです。

相手のどんな意見も一旦は聞き入れて素直に話を聞いてくれるので、どんな人からも相談をされやすく、頼りがいのある人でもあります。

流されやすいのではないかと思ってしまいますが、そんなことはなく、確固たる自分の考えを持っているので、人に左右されることがありません。

自分の軸がしっかりしているので、相手のどんな意見を聞き入れてもぶれることなく納得のいく答えを出そうとします。

そのため説得力もあるので、意見をまとめるのが上手い人が多いです。

素直に学ぶ気持ちがあること

謙虚な人に多いのが素直な性格です。

何かで目標を達成したり、成長するために最も必要なのが実は素直さなのです。

成功している人からのアドバイスを素直に受け取って実践すれば、成功する確率は大きいです。

ただ、何でもかんでも上の人の言うことを聞くや、言われた通りするというのは素直ではありません。

素直に動くと言うのは取り入れて考えることを言います。

謙虚な人は素直に学ぶ気持ちがあるため、どんな人の意見でもまずは受け入れることができるのでしょう。

相手を敬っている態度

相手を敬っている態度も謙虚と言えます。

相手を尊重することこそが人間関係が上手くいくコツでもあります。

そのため、謙虚な人は人間関係に悩むことがあまりないのかもしれません。

自分を偉いと思わないこと

自分を偉いと思わないことも謙虚と言うことができるでしょう。

謙虚な人は、自分を偉いと思っていないので、接しやすく相談もしやすい人です。

このような人は人望も厚く、誰からも好かれやすいように見えます。

誰に対しても差別なく、部下などの自分よりも立場の低い人にも上から目線で接することはありません。

️謙虚に振る舞えるようになる10個の方法

それでは、謙虚な人になるための方法をご紹介します。

大きく分けて10個の方法がありますので、今、あなたができる一番の方法を見つけて実践していきましょう。

1.人の話をしっかり聞く

謙虚に振る舞うためには、まず人の話をしっかり聞くことです。

人の話をしっかり聞けない人は謙虚な姿勢になるのは難しいでしょう。

相手の話を聞かないという時点で相手を尊重していないことになりますよね。

話なんか聞いても…と思うかもしれませんが、その人と自分では生き方も違えば、見てきたものも違うので、話しを聞くことでいろいろと情報をゲットできるかもしれないのです。

誰かの話を聞くということは、ありがたいものなのです。

まずは相手を尊重し、話しを聞くようにしましょう。

人の意見を受け入れる

人の話を聞けるようになったら、次に話しの内容や言いたいこと、意見などをしっかり受け入れるようにしましょう。

受け入れてそっちに染まったらどうするの?と不安に思うかもしれませんが、価値のある意見なら染まっても問題ないのではないでしょうか。

もしくは受け入れて判断する時間を持つようにして、判断してから「YES」か「NO」を決めても良いと思います。

要は、自分の意見や考えをしっかり持っていれば、相手の意見を受け入れても考えることができると言うことです。

自分の意見と相手の意見がミックスしてより良い物になれば最高ではありませんか?

2.自分より人を優先する

謙虚な人は、自分よりも相手を優先して考えます。

意見交換の場では、相手に言わせる前に言ってしまえという感じで前に出る人がいますが、これは自信のなさの表れです。

自信がある人は、相手に先に言わせて意見を拾って参考にします。

相手を優先することでいろいろと考えることができるのです。

相手を優先にすることが実は自分が優位に立つ手段なのかもしれません。

謙虚な人は、そんなことを考えて行動しているわけではありませんが、自分より人を優先することを自然とできてしまう人なのです。

3.感謝の気持ちを持つ

感謝をすることは相手を認めることにもなります。

特に「ありがとう」という感謝の言葉には力があります。

これを口にする人ほど、世で言う成功している人が多く、また、謙虚な人も多いです。

もともと「ありがとう」は「有り難し」から来ている言葉で、意味は「あり得ないことが起こる」という意味に近いのです。

つまり、あり得ないことが起きて感謝の気持ちを伝えてると言うことです。

現代では親切にされることがさも当たり前なことのように見られますが、実はそんなことはありません。

親切にされることはとても貴重なことなのです。

誰かに親切にされたら感謝をし、同時に自分も親切な行動をするようにしましょう。

コンビニで買い物をした際に店員さんは必ず「ありがとうございます」と言って感謝しますよね。

これは買ってくれたことに感謝をしていますが、同時にまたきてくださいと言った気持ちでもあります。

感謝は大切です。

当然と思うのではなく、貴重で価値のあるものだと思いましょう。

4.しっかり謝罪をする

大人になるにつれて、何か役職につくにあたり、だんだん謝罪しなくなってくる人はたくさんいます。

これは謝罪することがカッコ悪いことだと認識している人が多いからです。

謝ることで非を認めた、謝ることで相手より下になってしまう、そのようなことがプライド的に許されないのでしょうね。

しかし、謝罪しない人は間違いなく嫌われます。

非を認められないので、相手も関わりたくないと思ってしまうのです。

よく家庭円満な夫婦は必ず夫から謝罪すると言われています。

女性が悪いと言っているのではなく、亭主関白ではもはや通じない時代になっているのです。

謝罪することは素直さの表れでもありますので、謙虚に振る舞うためにも自ら謝罪をするように心がけましょう。

5.人の良いところを見る

謙虚に振る舞うためには人の良いところを見るようにしましょう。

あの人はこうだからダメ!あの人はここの部分が苦手!など、相手の悪いとこばかりに目がいってしてしまう人は多いです。

これは考え方や捉え方の癖のようなものなので、今日から心がけていけば相手の良いところを見ることができるようになるはずです。

必ず人には良い部分があります。

それを見つけることができれば、誰とでも良い関係を築けるようになるでしょう。

6.控えめな発言や行動を意識する

発言や行動は控えめにすることを強く意識しましょう。

謙虚な人は、控えめで自分の意見ばかりを主張したりしません。

控えめな発言や行動をしていても、周りから一目置かれる存在なのです。

なぜなら誰に対しても上から目線でものを言うこともないですし、誰の意見でも素直に聞き入れることができるため、周りから信頼されているのです。

もし自分の意見を否定されたとしても、怒ったり突然キレたりと感情的になることもありません。

謙虚でありながら自分の意見はこうだという芯の通った人が多いため、絶対的な信頼があるのです。

7.自分について多くを語らない

謙虚な人ほど自分を語ろうとはしません。

自分についてはのアピールは行動でするものなので、わざわざ声に出して語る必要もないのです。

声に出して語らないといけないのであれば、それは自分の自信のなさの表れなのかもしれません。

できる人は行動で示しますが、できない人は声に出して言うことで相手に認識させようとします。

これはただのアピールであり、実際にそうかどうかは行動でわかります。

また、自分のことを多く語ることは同時に相手に興味がないと言っているようなものなので、相手を尊重しているとは言えません。

相手を尊重するためには自分を多く語るのではなく、相手のことを尊重するようにしましょう。

特に自慢話は控える

自慢話をして、自分の凄さをアピールする人は多いです。

謙虚な人は自慢はせずに行動や姿でその凄さをアピールしますし、別に相手にわかってもらおうと思って動いてはいません。

相手にどう思われるかよりも相手を優先させることを考えています。

8.自分の非を認める

何か間違ったことをした時や、ミスをした時は即座に謝罪をするのが謙虚な人です。

大人になるにつれて謝ることが苦手になったり、恥だと思ったりして、なかなか謝罪しない人が増えていますが、これでは周囲の人もついてきません。

たいてい謝らない人は、失敗やミスを相手のせいにしてしまい、自分は責任から逃れるようにします。

悪いことをしたら素直に謝るのが人間の適切な行動です。

これができるようになると誰でも許せるようになって、相手を優先的に考えてられるようになるはずです。

9.人の気持ちを考える

相手の気持ちを理解するのは不可能です。

ではどうしたら相手の気持ちを考えることができるでしょうか。

それは相手の立場になって考えるのです。

気持ちは一致しなくても、自分もその立場の時にそんなことがあったからもしかしたらこんなふうな気持ちでいるかもしれない。

など相手の立場になって考えることで、相手の気持ちを考えることができます。

例え一致しなくてもあなたのその思いが相手に伝わればOKです。

10.見返りを求めない

「これだけ貢献したのだからこれぐらいもらっても当然だ」などの見返りを求めてはいけません。

このような考えを持つと見返りがないと動かない人になってしまいます。

そうなってしまっては誰もあなたのことを頼りにはしないし、信頼もしないでしょう。

求めるのは見返りではなく、相手の笑顔です。

相手に楽しいと思ってもらえれば最高ではないでしょうか。

️謙虚であることのメリット

ここからは謙虚であることのメリットをご紹介します。

メリットを知ることでより謙虚な人を目指そうと思えるようになるかもしれませんね。

視野が広くなる

謙虚ということで多くの人の意見を拾ったり、行動を見たりするので、視野を広く持つことができるでしょう。

謙虚な人は素直に受け入れることができるため、相手を決めつけたりすることがありません。

そのため、人や物事をいろいろな角度から見ることができるのです。

視野を広げることで、見えるものだけでなく、考えも深く持てるようになります。

成長できる

いろいろな人の考えや意見を一旦手のうちに握ることができて、考えなども広がるので、自分が成長することができます。

謙虚でない人は自分よがりの考えを主張してばかりいて、相手の意見を無視してしまう傾向があり、同じような失敗やミスを何度も繰り返します。

謙虚な人は相手の意見も拾って、自分の考えの中に取り入れて納得のいく考えを主張するので賛同を得やすいです。

また、失敗やミスをしても自分で分析するので、同じようなことを繰り返すことはありません。

謙虚になることで自分を成長させることができますよ。

人から好かれる

謙虚な人は柔軟な姿勢であり、相手を持ち上げることもできるので、人から好かれる人が多いでしょう。

そのため相談を受けたりなどの頼りにされたりもします。

また、人から好かれることによって交流が増えるので、いろいろな情報をゲットできるチャンスがあります。

相手なんてどうでもいいという考えも間違いではありませんが、どうせなら好かれた方がいろいろとメリットも多いので良いとは思いませんか?

謙虚になって人に好かれましょう。

素直になれる

謙虚な人は素直な人が多いです。

これは成長したり目標を達成するには、素直な性格が最も大事だということをわかっているからです。

素直になることで相手の意見も受け入れられる、上司や成功者からのアドバイスを素直に受け入れることができる。

また、素直さゆえにいろいろな人から相談を受けるなど、相手との交流が増えるきっかけにもなります。

素直な人は人に好かれやすいので好感度が高いです。

なかなか素直になれないと言う人も、素直な人と一緒にいる時間を増やして素直な人の習慣を真似してみましょう。

自分を確立できる

謙虚な人は控えめなので、自分の考えを持っていないように見えますが、その逆でしっかりと自分の考えを持っている人が多いです。

これは自分の考えや軸をしっかり確立しているので、控えることができるのです。

何も考えずただ自分の考えを主張しているのは余裕のなさの表れです。

相手の意見に流されやすいので、さっさと前に出て行って喋らないと気が済まないと思っているのでしょう。

控えめなのは何も言えないからではなく、しっかりと自分を持っていて、みんなの意見を拾って参考にして、自分の意見を言うために待っているのです。

例え順番が最後でも余裕を持って話せるので、凄く説得力がありますよ。

️「謙虚」の使い方・例文

謙虚は、人の性格や態度、対応などに対して使いましょう。

物や事象などに使うことはありません。

また「謙虚な人」、「謙虚な態度」、「謙虚になりたい」、「謙虚さ」名詞や形容動詞で使われます。

️「どれだけ偉くなっても謙虚さを忘れてはいけない」

「どれだけ偉くなっても自分の立場に驕ることなく、相手を敬う気持ちを忘れてはいけない」という意味として使うことができます。

人は自分の立場が上にいくにつれて、偉そうになったり、思い上がって傲慢な態度を取ってしまいがちです。

そうなれば周りからは距離を置かれ、部下とも決して良い関係を築くことはできないでしょう。

例え自分がどれだけ偉い立場になったとしても、周りの意見を素直に受け入れ、相手を尊敬する気持ちを忘れないようにしなければなりませんね。

️「彼女の謙虚な態度に好感を持った」

この例文は「彼女の控えめでつつましい態度に好感を持った」という意味として使われます。

謙虚な態度というのは、誰にでもできるものではありません。

自分のことを偉いと思わずに、素直に人の意見を受け入れられる姿勢はとても好印象でしょう。

️「謙虚」の類語

謙虚の類語には「謙遜」「遠慮」「へりくだる」「控えめ」「低姿勢」「素直」などがあります。

謙遜=「へりくだること。控え目なつつましい態度でふるまうこと。」

遠慮=「他人に対して、言葉や行動をひかえめにすること。」

へりくだる=「他人をうやまって自分については控えめな態度をとる。」

控えめ=「でしゃばらないこと。」

低姿勢=「相手に対してへりくだった態度をとること。」

素直=「ひがんだ所がなく、人に逆らわないこと。心が純真さを失っていないこと。」

という意味があります。

どれも謙虚とニュアンスが似ている言葉です。

️「謙虚」の対義語・反対語

謙虚の対義語・反対語には「傲慢」「高慢」「不遜」「尊大」「横柄」などがあります。

傲慢=「おごり高ぶって人を見下す態度」

高慢=「うぬぼれが強く、高ぶっていること」

不遜=「思い上がった態度」

尊大=「ひどく偉そうに人を見下した態度」

横柄=「いばって、人を無視した態度をとること」

という意味があります。

謙虚とは反対の意味を持つ言葉ですね。

️「謙虚」の英語表現

謙虚を英語で表すと「modest」「humble」「humility」となります。

️謙虚に振る舞うことで新しい世界が見えてくる

謙虚に振る舞うことで視野が広がり、人脈も広がって人望も厚くなります。

今まで以上に世界が広くなるので、より一層幅広い考えを持つことができるでしょう。

そうなると柔軟な姿勢にもなれるので、相手の意見を拾うこともできてコミュニケーションがスムーズにいきます。

謙虚な人は、実は余裕がある人、自信がある人のことを言うのです。

ページトップ