CoCoSiA(ココシア)

LINEで「退出しました」となった時の、退出された11個の理由


今は昔と違って相手と連絡を取ったりするときに、LINEを使用するのが一般的になっているかと思います。

なぜLINEを使用するのが当たり前になっているのかと考えると、LINEを使用した方が相手と連絡が取りやすいからということが一つの理由になります。

例えば、以前まではメールを使って連絡のやりとりを行っているのが一般的だったのですが、メールに関しては相手と連絡を取ったりするときに、いちいちメールアドレスを聞いたり、返信するまでの時間が長くかかったり、これまでのメッセージのやり取りなどが一望できなかったなどの不便な理由がいくつか存在していました。

しかし、LINEが登場してからはそれらの悩みがすべてなくなったのが、現在LINEが主に使われている理由になるのです。

相手の連絡先を聞いたりする時にはバーコードで読み取るだけで良いですし、相手との個別のトークが保存されているので、これまでのやりとりが一望できますし、なおかつ返信をするまでにメールの時よりも手間が全くかからなくなっているからです。

そんなとてつもなく便利なLINEですが、LINEを使用する際、一度くらいは目に触れた事があるのが「相手が退出した」という表記です。

LINEはとても便利な連絡ツールである反面、トラブルを生みやすい可能性も秘めています。

そこで、今回はLINEをテーマにして、LINEにおいて相手が「退出しました」となった時の、退出された理由についてご紹介していきたいと思います。

トラブルに限るわけではないのですが、使い方を謝るとトラブルの元や、紛らわしい事になる可能性がありますので、LINEの仕組みなどがよく理解できていない人は今回ご紹介する内容を参考にしてください。

LINEで「退出しました」となった時どうする?

これまでにLINEを使用してきた時に目に触れた事があると思いますが、「退出しました」と表示されている場合、あなたはどうしていますか?

特に気にしないと考える人もいれば、何かしら心配に思ったりするような人もいると思います。

様々な事情が存在するため、一概に必要以上に気にする心配はないと言えるのですが、場合によっては自分自身の行動が原因になっている可能性というのも自分考えられることです。

なので、このような状況に立たされてしまった場合、必要以上に気にする心配はありませんが、ある程度はなぜこのような状況になってしまったのか推測したり、想像してみる事は大事です。

そうする事で初めて気がつけるようなこともあったりしますし、そこから自分自身の改善点が見つかる可能性もあります。

なので、LINEで「退出しました」という表示が出た場合には少し自分の行いを改めて考える必要性があると言えます。

LINEで「退出しました」となった時の状態

もしも、相手とLINEをしている際にLINEで「退出しました」となった時には、複雑な気持ちになると思います。

普段からLINEなどを使用している人からすれば、わざわざ考えなくてもわかると思います。

しかし、普段からあまりLINEを使用していない人からしてみれば、もしかするとこのような状況になったときの展開などがよくわかっていない可能性も考えらるかもしれませんね。

そこで、LINEで「退出しました」となった時の心理状態についていくつかご紹介していきたいと思います。

自分がもしもそうなってしまった時の事を想像しながら、自分の心理状態と照らし合わせてみてください。

なんだか気まずい

LINEで「退出しました」となった時の心理状態として「なんだか気まずい」気持ちになる場合があると思います。

なぜ、LINEで「退出しました」となった時の心理状態が気まずい気持ちになるのかと考えた時に、考えられる理由としては相手がLINEを退出した理由がもしかすると自分のせいなのかもしれないと考えてしまうからです。

例えば、特に相手と何のアクションを取っていないような場合であれば、何も思わないかもしれませんが、相手がつい先ほどまで会話をしていたのに、突然退出しましたと表示された場合は、自分が相手に対して何らかの嫌な気持ちになる発言をしてしまった可能性があると考えてしまうからです。

何気ない会話をしているだけなのであれば、特に問題ないと思いますが、相手とシビアな内容をしていた場合は、可能性のひとつとしては考えられますよね。

なので、相手がLINEで「退出しました」と表示された場合は、時によっては気まずい気持ちになってしまうと考えられるのです。

特に、最近ではLINEの機能の一つにグループチャットなどが存在しています。

グループチャットとは、自分の友達同士でLINEの枠組みを作り、グループ内全員で会話内容共有しながらLINEを楽しむことが出来るという機能なのですが、そのグループチャットが原因で退出しましたと表示される事もあります。

なんらかのボタンの掛け違いなどが発生している可能性もあるので、心当たりがある場合はどうしても気まずい気持ちになるのは不可避だと考えられます。

トークしづらい


LINEで「退出しました」となった時の心理状態として「トークしづらい」と感じる事もあると思います。

なぜトークしづらいと感じるのかと考えた時に、もし何かしらの心当たりがあった場合は、相手が怒っている可能性を考えると関わりづらいと感じてしまうからです。

何も相手に対してアクションをしていない状態であり、なおかつ問題要素が見当たらない場合であれば特に問題はないと思いますが、心当たりがある場合は相手の機嫌を損ねさせてしまったと捉えるべきなのです。

どんな状況でも相手を怒らせてしまった可能性がある場合は相手の話をする時に緊張したりしますよね。

その状況と全く同じであると考えることができます。

LINEは確かにとても便利な連絡ツールになっているかもしれませんが、気をつけないと対面で話しているわけではありませんので自分の感情などがより細かく伝わりづらいというデメリットも持っています。

特に、文字だけでしか会話をすることができませんので、相手と時にはすれ違いが発生する可能性などもあります。

それを考慮して考えてみると、あまり行き過ぎた内容などはLNEでは話をしない方が良いと考えられます。

本当に大事な話などに関しては相手と直接会った時に話をした方がすれ違いなどはなくなると思いますので、その点を十分注意した上で相手とコミュニケーションを取るように心がけるようにしてください。

相手に何かあったんだと心配する

LINEで「退出しました」となった時の心理状態の一つには「相手に何かあったんだと心配する」気持ちも存在しています。

なぜ相手の事を心配する気持ちになるのかと考えた時に、もし相手の機嫌を損ねさせたり、相手が怒るようなことを言っていない場合に関しては、普通に考えて相手がLINEを退出する理由がないのです。

なのにも関わらず、LINEを退出したとなると、何かしら相手の身に起こっている可能性がある可能性があると捉えることが出来るからです。

なかなか現実的には起こりうる可能性は低いのですが、相手が危険な状態になっていたり、もしくは何らかの犯罪に巻き込まれてしまっていたりする可能性もゼロではないと言い切れません。

なので、それはの可能性を考慮して考えてみると、相手に何かあった可能性も考えられますので心配な気持ちになると考えることができるのです。

なので、相手を怒らせたわけでもないのにLINEが退出されていた場合は念のため相手の身に何か起こっていないかどうか電話してあげたり、すぐにコミュニケーションを取るようにした方が懸命だと言えます。

そこで必ず理由がわかりますし、連絡が付かないようであれば、周りの人と連携を取ってさらに相手の事を心配してあげるように心がけてください。