今は昔と違って相手と連絡を取ったりするときに、LINEを使用するのが一般的になっているかと思います。

なぜLINEを使用するのが当たり前になっているのかと考えると、LINEを使用した方が相手と連絡が取りやすいからということが一つの理由になります。

例えば、以前まではメールを使って連絡のやりとりを行っているのが一般的だったのですが、メールに関しては相手と連絡を取ったりするときに、いちいちメールアドレスを聞いたり、返信するまでの時間が長くかかったり、これまでのメッセージのやり取りなどが一望できなかったなどの不便な理由がいくつか存在していました。

しかし、LINEが登場してからはそれらの悩みがすべてなくなったのが、現在LINEが主に使われている理由になるのです。

相手の連絡先を聞いたりする時にはバーコードで読み取るだけで良いですし、相手との個別のトークが保存されているので、これまでのやりとりが一望できますし、なおかつ返信をするまでにメールの時よりも手間が全くかからなくなっているからです。

そんなとてつもなく便利なLINEですが、LINEを使用する際、一度くらいは目に触れた事があるのが「相手が退出した」という表記です。

LINEはとても便利な連絡ツールである反面、トラブルを生みやすい可能性も秘めています。

そこで、今回はLINEをテーマにして、LINEにおいて相手が「退出しました」となった時の、退出された理由についてご紹介していきたいと思います。

トラブルに限るわけではないのですが、使い方を謝るとトラブルの元や、紛らわしい事になる可能性がありますので、LINEの仕組みなどがよく理解できていない人は今回ご紹介する内容を参考にしてください。

LINEで「退出しました」となった時どうする?

これまでにLINEを使用してきた時に目に触れた事があると思いますが、「退出しました」と表示されている場合、あなたはどうしていますか?

特に気にしないと考える人もいれば、何かしら心配に思ったりするような人もいると思います。

様々な事情が存在するため、一概に必要以上に気にする心配はないと言えるのですが、場合によっては自分自身の行動が原因になっている可能性というのも自分考えられることです。

なので、このような状況に立たされてしまった場合、必要以上に気にする心配はありませんが、ある程度はなぜこのような状況になってしまったのか推測したり、想像してみる事は大事です。

そうする事で初めて気がつけるようなこともあったりしますし、そこから自分自身の改善点が見つかる可能性もあります。

なので、LINEで「退出しました」という表示が出た場合には少し自分の行いを改めて考える必要性があると言えます。

LINEで「退出しました」となった時の状態

もしも、相手とLINEをしている際にLINEで「退出しました」となった時には、複雑な気持ちになると思います。

普段からLINEなどを使用している人からすれば、わざわざ考えなくてもわかると思います。

しかし、普段からあまりLINEを使用していない人からしてみれば、もしかするとこのような状況になったときの展開などがよくわかっていない可能性も考えらるかもしれませんね。

そこで、LINEで「退出しました」となった時の心理状態についていくつかご紹介していきたいと思います。

自分がもしもそうなってしまった時の事を想像しながら、自分の心理状態と照らし合わせてみてください。

なんだか気まずい

LINEで「退出しました」となった時の心理状態として「なんだか気まずい」気持ちになる場合があると思います。

なぜ、LINEで「退出しました」となった時の心理状態が気まずい気持ちになるのかと考えた時に、考えられる理由としては相手がLINEを退出した理由がもしかすると自分のせいなのかもしれないと考えてしまうからです。

例えば、特に相手と何のアクションを取っていないような場合であれば、何も思わないかもしれませんが、相手がつい先ほどまで会話をしていたのに、突然退出しましたと表示された場合は、自分が相手に対して何らかの嫌な気持ちになる発言をしてしまった可能性があると考えてしまうからです。

何気ない会話をしているだけなのであれば、特に問題ないと思いますが、相手とシビアな内容をしていた場合は、可能性のひとつとしては考えられますよね。

なので、相手がLINEで「退出しました」と表示された場合は、時によっては気まずい気持ちになってしまうと考えられるのです。

特に、最近ではLINEの機能の一つにグループチャットなどが存在しています。

グループチャットとは、自分の友達同士でLINEの枠組みを作り、グループ内全員で会話内容共有しながらLINEを楽しむことが出来るという機能なのですが、そのグループチャットが原因で退出しましたと表示される事もあります。

なんらかのボタンの掛け違いなどが発生している可能性もあるので、心当たりがある場合はどうしても気まずい気持ちになるのは不可避だと考えられます。

トークしづらい


LINEで「退出しました」となった時の心理状態として「トークしづらい」と感じる事もあると思います。

なぜトークしづらいと感じるのかと考えた時に、もし何かしらの心当たりがあった場合は、相手が怒っている可能性を考えると関わりづらいと感じてしまうからです。

何も相手に対してアクションをしていない状態であり、なおかつ問題要素が見当たらない場合であれば特に問題はないと思いますが、心当たりがある場合は相手の機嫌を損ねさせてしまったと捉えるべきなのです。

どんな状況でも相手を怒らせてしまった可能性がある場合は相手の話をする時に緊張したりしますよね。

その状況と全く同じであると考えることができます。

LINEは確かにとても便利な連絡ツールになっているかもしれませんが、気をつけないと対面で話しているわけではありませんので自分の感情などがより細かく伝わりづらいというデメリットも持っています。

特に、文字だけでしか会話をすることができませんので、相手と時にはすれ違いが発生する可能性などもあります。

それを考慮して考えてみると、あまり行き過ぎた内容などはLNEでは話をしない方が良いと考えられます。

本当に大事な話などに関しては相手と直接会った時に話をした方がすれ違いなどはなくなると思いますので、その点を十分注意した上で相手とコミュニケーションを取るように心がけるようにしてください。

相手に何かあったんだと心配する

LINEで「退出しました」となった時の心理状態の一つには「相手に何かあったんだと心配する」気持ちも存在しています。

なぜ相手の事を心配する気持ちになるのかと考えた時に、もし相手の機嫌を損ねさせたり、相手が怒るようなことを言っていない場合に関しては、普通に考えて相手がLINEを退出する理由がないのです。

なのにも関わらず、LINEを退出したとなると、何かしら相手の身に起こっている可能性がある可能性があると捉えることが出来るからです。

なかなか現実的には起こりうる可能性は低いのですが、相手が危険な状態になっていたり、もしくは何らかの犯罪に巻き込まれてしまっていたりする可能性もゼロではないと言い切れません。

なので、それはの可能性を考慮して考えてみると、相手に何かあった可能性も考えられますので心配な気持ちになると考えることができるのです。

なので、相手を怒らせたわけでもないのにLINEが退出されていた場合は念のため相手の身に何か起こっていないかどうか電話してあげたり、すぐにコミュニケーションを取るようにした方が懸命だと言えます。

そこで必ず理由がわかりますし、連絡が付かないようであれば、周りの人と連携を取ってさらに相手の事を心配してあげるように心がけてください。

LINEで「退出しました」となった時の、退出された11個の理由

なかなか普通に生活していれば、そこまでLINEで「退出しました」と表示されるような事はないのですが、時と場合によってはこのような問題に直面する事は0ではありません。

特に、友達がかなり多い人に関しては、気づかないうちに友達がLINEを退出していたということは起こりうる可能性は高くなります。

しかしながら、実際に経験した事がない人の割合が大きいのも事実なので、LINEで「退出しました」ち表示された時の理由などがよくわからないで困惑する人もいるかもしれませんん。

そこで、LINEで「退出しました」と表示された時の考えられる理由についていくつかご紹介していきたいと思います。

なぜ相手がLINEで退出したのか、この理由を知っておく事によって相手とのコミュニケーションの取り方や、その後のフォローなどが行いやすくなりますので、実際に対処方法を想像することができないと考えている人ほどこの理由を知っておくようにしてください。

今ではほぼ相手との連絡がLINEに変わりつつありますので、必ずこの理由については知っておいて損になるようなことがありません。

これからも相手と良い関係性を築いていきたいと思うのであれば、必ず目を通しておくようにしてください。

アプリを再インストールした


LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「アプリを再インストールした」可能性が考えられます。

これはどういう事かといいますと、LINEのアプリを再インストールした場合に以前登録していたアカウントなどを消した状態で新しく作り直している可能性があるということです。

LINEを利用する際には必ずアカウントが必要になります。

このアカウントがなければLINEを利用することはできないのです。

なので、以前までは登録したアカウントをずっと続けていたとしても、何かしらの理由で、一度LINEのアプリを消して、再インストールを行い、新しいアカウントを作った可能性があると考えられるのです。

なので、古いアカウントがなくなってしまい、古いアカウントで入っていたトークグループであったり、古いアカウントのLINEアカウント事態が消えてしまう事により、LINEで「退出しました」と表示されている可能性があるという結論に至ります。

アプリを再インストールする可能性としては、例えば使っているスマートフォンなどを新しく変更した可能性なども考えられます。

しかしながら、最近はLINEの引継ぎなども可能になっており、引き継ぐことによって以前のトークルームをそのまま残した状態でLINEを使用する事もできます。

なので、あえてそうしなかった理由なども気になる所ではありますが、疎い人や一新したいと考えている人は新しいアカウントなどを作ったりする場合もありますので、可能性の一つとして捉えるようにしてください。

トークを整理して誤って出てしまった

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「トークを整理して誤って出てしまった」可能性があると考えられます。

これはどういうことかと言いますと、例えばたくさんの交友関係がある人間に該当しがちになるのですが、たくさんの交友関係を持っている人間は自然とたくさんの人間とLINEのやりとりを行ったりすることが考えられますので、トークルームがたくさん存在する可能性があるのです。

さらにはグループチャットなどにもたくさん招かれている可能性もありますので、たくさんの人間とやり取りをしているとだんだんとトークがごちゃごちゃになってきてスムーズに連絡を取りづらくなる可能性があります。

それ以外にも、たくさんのトーク履歴を残したままにしておくとLINE自体が重たくなってしまい、スムーズにアプリを起動できなくなってしまう可能性なども考えられます。

それを踏まえて考えてみると、たくさんの連絡先を残している場合に連絡を取らなくなった人間であったり、あまり使用することがないようなグループチャットに関しては特に残しておく必要がないと判断することができます。

なので、結果としてはLINEで「退出しました」となった時の理由としてトークを整理して誤って出てしまった可能性が考えられるという事になります。

相手と特に会話もしていないし、相手に対して嫌な気になるような発言をしたわけでもないと考えるのであれば、この可能性は十分考えられますので、今後の相手との関係を持ちたいと思っているのであればこちらからコミュニケーションを取るように心がけてみると良いでしょう。

通知が多すぎるから消した

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「通知が多すぎるから消した」という事も該当します。

これはどういうことかと言いますと、大抵の場合がグループチャットをしている場合に限ると思うのですが、グループチャットをしている場合はデメリットの一つとしてたくさんの人間がグループに入ってしまうと、自分以外の人間が連絡をしている場合もLINEに溜まったり、通知が来たりするようになるのです。

ある程度グループの中心になって会話をしている人間であれば、わざわざ通知が来たところでそこまで不快に思ったりすることはないかもしれませんが、人によってはグループチャットでそこまで発言をしないのに毎回通知が来てしまう場合はストレスに感じることもあると思います。

特に、夜中にゆっくりと休みたいと思っているのに通知が来たりして何となく気持ちが落ち着かないということもあると思います。

LINEの通知に関してはオフにする事もできますので、必要以上に気にしなければ問題はないのですが、それでも気になる人からしてみれば不快な気持ちになる可能性が十分考えられます。

また、グループでなくても、個人間の連絡でも起こり得る問題でもあり、相手に対して必要以上に過度に連絡を行ったり、相手が嫌がっているのに連絡をしたりするのも該当します。

なので、これらの理由から通知が嫌だからLINEを退出する可能性があると結論づけることができるのです。

事情があってIDを消した

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「事情があってIDを消した」という事も該当する可能性があります。

これはどういうことかと言いますと、LINEに関してはIDを消すという事はアカウントを消すという事になります。

なので、事情があってIDを消したいと思った場合は、自分のアカウントを消すということになりますので、自分と友達関係にある人間に関してはデータが削除されてしまうということにつながるのです。

つまり、相手がLINEを退出した場合、特にこちらが何もアクションをしていなかったり、不快に思うような発言をしていない場合であれば、何かしらの事情があると考えることができるのです。

その事業に関しては様々な事情になりますので、一概に決定付けることは難しいのですが、例えば連絡を取りたくないような人が存在していた場合であったり、単純に連絡先を絞りたい、整理したいという事なども考えられます。

いずれにしても、相手と特に関係性が悪くなっていないのにこのようなことが起こっているとするならば、事情があってIDを消したという事は十分考えられると判断できます。

ブロックされている可能性も

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「ブロックされている可能性も」あると判断することが出来ます。

なぜなのかと考えると、LINEの機能の中には、ブロック機能というものがあり、相手と連絡を取りたくない場合には相手をブロックする事ができるようになっているのです。

ブロック機能はどのような機能なのかと考えると、ブロック機能を使って連絡を取りたくない相手を指定すれば、相手とトークメッセージや通話をすることができなくなり、完全に相手をシャットダウンすることができるようになるのです。

なので、この人間と連絡を取りたくないと思う場合はブロック機能を使うことによって相手を遮断することができますので、いちいちそのためだけにアカウントを作り直したりしなくても良いのです。

それらを踏まえて考えてみると、相手がいきなりLINEで「退出しました」と表示された場合は、裏でブロックをされている可能性もあると考えられます。

しかし、この場合に関しては、単純に相手に対して不快な行為や言動をした場合が大前提となりますので、その心辺りが特にないのであれば該当する可能性は低いと捉えることができます。

また、単純に退出せずにブロックだけをしている場合であれば、「退出しました」という表示自体はありませんので、その点は区別して考えるようにしてください。

【ブロックについては、こちらの記事もチェック!】

スマホを機種変した

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「スマホを機種変した」事も考えられます。

これがLINEで「退出しました」となった時の冒頭の理由でもご紹介した通りですが、スマホを機種変することによって、アプリを再インストールした可能性があると捉えることが出来ます。

スマートフォンの機種変更することによって、スマートフォンが新品の状態になり、様々なアプリなどを一からインストールしなければいけない状況になってしまった場合であれば十分考えられるのです。

先ほども触れたように、最近では引き継ぎなども可能になっていますので、まだまだ再インストールする必要性は絶対的に存在はしていないのですが、スマートフォンの操作に疎い方であったり、引き継ぎの作業がめんどくさく感じたり、連絡先を一新したいと考えてるような人であればあえて行わない可能性も十分考えられます。

なので、LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つにスマホを機種変した可能性があると考えることが出来るのです。

会話が楽しくなくて、時間の無駄だと感じた

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「会話が楽しくなくて、時間の無駄だと感じた」という事も考えられます。

これは大体の場合がグループチャットに限ると思うのですが、何をするにしても自分が主体的になって何かをしたいと思わなければその行動に関してもつまらないと感じたりすることが多いと思います。

それを踏まえて考えてみると、グループチャットに誘われて、たくさんの人間と会話をしていても、人によっては主体的に連絡しないために、会話が楽しくないと感じたりすることもあると思います。

楽しくないと感じているのにわざわざ付き合う必要性はありませんし、わざわざ付き合ったところで時間の無駄だと判断した場合は、そもそもグループチャットに属していること自体が不要だと判断する可能性もあります。

このようなことは一度気になったら、どうしても継続して気になるようなものです。

グループチャットに存在している人間同士が連絡をしている通知が来たり、それを目にしたりするたびにストレスがどんどん溜まっていくようになると思いません。

ですので、最終的にグループチャット退出するという可能性が生まれるのです。

だからLINEで「退出しました」となった時の退出された理由として会話が楽しくなくて、時間の無駄だと感じた可能性が十分考えられるのです。

もしもこのようなことを少しでもなくしたいと思うのであれば、グループチャットなどであまり積極的に開放していないような人間がいるのであれば、その人間の名前を出して呼びかけたりするようにすれば楽しくコミュニケーションを取ることができる可能性が上がりますよ。

やり取りがしつこい

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「やり取りがしつこい」事も挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、LINEで相手とやり取りをしている際に、相手が望んでいないのに執拗に連絡をしたり、うざいと捉えられるほど連絡をしている場合に該当します。

誰だって、必要以上に連絡が来たり、連絡をすることを強制されたりするような状況を作らされるのはストレスがかかりますよね。

いくらLINEでの連絡が簡単だからといって、四六時中LINEをしたり、スマートフォンを使えるような状況でもないはずです。

それにもかかわらず、必要以上に連絡を行ってきたりすると、連絡を受ける側としてはうんざりしてしまいます。

たまに程度なら問題ないかもしれませんが、これが数日続くと考えると相当なストレスになります。

なので、やり取りがしつこいくらいに相手に連絡をしていると相手からLINEを退出される可能性があると判断することが出来るのです。

いくら相手が好きだったり、相手といつまでも繋がっていたいと思ったとしても、それを相手が願っているとは限りません。

完全に自分のエゴになっている可能性もありますので、それは自己中心的な考えでより相手のことを思っていない行為であるということをよく考えるように注意してください。

強引に誘われたり、商品を勧められた

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「強引に誘われたり、商品を勧められた」可能性があると考えることが出来ます。

これはどういうことかと言いますと、まず強引に誘われるケースとしてはグループチャットなどが該当する可能性が高いです。

大体の場合がグループチャットなどを積極的に勧誘するような人間はグループチャットの中でも積極的に発言をしたりすることが多いです。

しかし、グループチャットに強引に誘われたりするような人間に関してはグループチャットの中でも必要以上に発言をしたりしない可能性が高いです。

それを踏まえて考えてみると、自分が望んでもいないのになんとなく付き合いでグループチャットに加入した人間は、特に発言もしないのに通知が何度も来たり、次第にそれが煩わしく感じてしまう可能性がとても高いのです。

なので、強引に誘われた場合はグループチャットを退出する可能性がとても高いと判断することが出来ます。

そして、商品を勧められたというケースですが、これはLINEを通じて何かしらのネットワークビジネスに勧誘された可能性があるということです。

ネットワークビジネスとは連鎖販売取引という販売携帯のことを意味している言葉なのですが、別の言葉で表現するとマルチ商法という言葉って呼ばれています。

これはどのようなビジネスなのかと考えると、とにかく自分の知り合いに対して物を売ったりすることによって、物を売った人間にいくらかのコミッションが入るようになるということです。

そして、売られた自分が他人に売ったりする事でさらにお金が入るわけですが、紹介された知り合いが大元になるので、自分よりもその人にお金が入る…というような流れになります。

このようなことをしている人間は、相手と信頼関係が成り立っていない段階で物を売ったりするような発言をしたりするのでとにかく人間から嫌われます。

信頼関係が築き上げられている人間だとしても嫌な気持ちになるのに、信頼関係が浅い人間からこのようなことをされると不快感しかないですよね。

なので、このことを踏まえて考えてみると望んでいない商品を勧められたり、不快な言動された場合はLINEを退出する可能性があると捉えることが出来ます。

上から目線の態度

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「上から目線の態度」が存在すると考えることが出来ます。

これはどういうことかと言いますと、相手と会話をしている際に、相手が上から目線の態度を取ってきたり、上から目線の発言をしてきた場合という状況が考えられます。

相手とどんなに信頼関係があったり、親しい関係にあったとしても相手がいきなり上から目線の態度を取ってきた場合は不快な気持ちになりますよね。

上から目線の態度を取られた場合、そんな態度を取られた人間としては自分のことをバカにしてきたように感じます。

自分の事をバカにしてくるような発言をする人間とこれからも付き合っていきたいとは到底思えるはずがありませんので、あまりにも度が過ぎたような態度をとられた場合はブロックの対象になったり、相手と連絡を取らないように遮断される可能性が十分考えられます。

その結果として、LINEを退出される可能性が十分考えられますので、上から目線の態度は理由の一つに該当すると考えることができます。

相手との信頼関係が築いているからといっても、親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、むやみやたらに相手を見下すような発言は絶対にしないように注意してください。

スタンプばっかり送っていたから

LINEで「退出しました」となった時の退出された理由の一つに「スタンプばっかり送っていたから」という事も考えられます。

LINEの便利な機能の中にはスタンプ機能が存在しているのですが、スタンプ機能が使いやすいからといってスタンプをたくさん送ったりするような場合や、スタンプのみで会話をしようとしている人がいますが、これは注意が必要です。

なぜならば、スタンプだけを送られたり、大量のスタンプを送ってきたりすることが日常的に行われると、相手の意思疎通ができない状況が生まれてしまい、だんだんと相手に対してイライラしてしまう可能性が高くなります。

度が過ぎると自分の事をバカにしていると考える可能性も生まれ、結果的に相手がLINEを退出する可能性も考えられます。

なので、スタンプばっかり送っていることも相手がLINEを退出する理由になり得ると考える事が出来ます。

退出された理由を今一度考えてみよう(まとめ)

相手がLINEを退出する理由などは様々な理由が考えられますが、一番大切なのは退出したという行為ではなく、相手がなぜ大切をしたのかという理由を考えることが最も重要なことなのです。

相手が退出した理由がもしも自分に原因があると考えられるのであれば、自分のコミュニケーションの取り方がまずかった可能性が十分考えられますよね。

それは人間と信頼関係を築いていく上で大きな自分の欠点になり得ると考えることができますので、後のちに続く自分の大きな弱点になってしまいます、
だからこそ、早い段階で自分の弱点を矯正しておかなければいけません。

これまでに友達をしてきた間柄なのであれば、こちらから歩み寄り悪かったのであれば悪かったと伝えれば関係性は改善される可能性もありますので、まずはなぜ相手が退出をしたのかというわけ今一度考えるように癖付けておいてください。

そうすることによって自分自信を成長させることに繋がりますよ。