CoCoSiA(ココシア)

既読をつけない男性の本音と理由。既読にならないときの対処法やNG行動もご紹介!


「大好きな男性に勇気を出してLINEを送ったのに既読にならない…」と悩んだことはありませんか?

メールとは違い 相手が自分のメッセージを読んだかどうか分かる LINEだからこそ、既読にならないとやきもきしてしまうことってありますよね。

平日なら仕事をしているだろうし既読をつけるのも難しいかもしれないけど、こんなに長い時間既読にならない理由は何なのか気になりますよね。

そこで今回は、既読をつけない男性の9つの理由についてご紹介します。

既読にしてもらいやすくするためのポイントや絶対しちゃダメなNG行動もまとめているので、現在恋をしている女性は併せてチェックしてくださいね。

試してみたらすぐに既読がつくかも?

既読をつけない「未読スルー」とは?


あなたは、知り合いからラインがきたときにすぐに目を通しますか?

人によっては通知オフにしているために連絡が来ていることさえ気づかずに既読をつけることができなかった、という経験をしている人もいることでしょう。

しかし、ラインアプリを使用している男性の中には、通知をオンにしているにもかかわらず返事をしないどころか、その人のライン画面を開くことをしない“未読スルー”する人が多いのです。

ラインアプリが登場するまでは、メールやチャット、ショットメールなどで連絡を取り合っていたものです。

しかし、ラインはそのような機能よりもより “リアルタイム”に相手との連絡を取ることができるツール になりますね。

それなのに返事をしない、それどころか画面を開かない…そのように男性にされてしまうと、「私のことが嫌いなのかな」なんて心配になる人もいれば、なかには「生きているのかな」なんて生存を心配することもありますよね。

また、ブロックされていたりすると一向に相手にあなたが送ったメッセージは到着しないことになるので、 ブロックされたのではないか!? と不安になることも…。

未読スルーの定義

ここでは、“未読スルー”の定義を確認しておきましょう。

ずばり、未読スルーとは、 “ラインを開かずに既読さえもつけることなく、スルーすること” になります。

つまり、送られてきたメッセージのライン画面を開かずに、メッセージがきていることはわかっているものの、その詳しい情報などを得ることもせずにそのまま放置してしまうことをさしています。

既読をつけない男性9個の理由と本音


あなたは、今まさに彼氏だったり、意中の相手だったり、仲の良い男友達などから未読スルーをされてしまっているのでしょう。

未読スルーをされてしまうと、いろいろと 悪い方向に考えてしまいがち です。

もしかしたら、あなたが想像しているその理由があてはまっているのかもしれないですし、なかには勘違いで終わるなんて言うこともよくあるものです。

では、世の中の男性たちはいったいどうして“未読スルー”をしてしまうのでしょうか?

ここでは、既読さえもつけない未読スルーをする男性の本音を9つに分けてお伝えしています。

女性であれば、男性の理解できない考え方に触れることになるかもしれません。

そこで「こんなのおかしい!」と否定するのではなく、「ああ、こういう考え方もあるのだな」と寛容な心で受け入れるようにしましょう。

では、いったい既読をつけない男性にはどのような心理があるのかを確認していきましょう。

1.忙しい

あなたは、未読スルーをするすべての男性が意図的にそのようなことをしているのではないかと感じていませんか?

たしかにこの世の中には、意図的に未読スルーする人もいれば、そうではなく 仕方のない理由や事情によって 未読スルーを行ってしまうこともあります。

では、そのどうしようもない仕方のないことというのは、社会人であれば仕事で忙しいとか学生であれば試験が近くて勉強に忙しいなど理由は様々です。

あなただって、「スマホを触ることができないくらいに忙しい」とか「スマホを触ることができても調べものしかできないくらいに忙しい」なんていうことがあるのではありませんか?

2.返事をする内容じゃない


ラインってその時の感情をスタンプで表すこともできますよね。

それに加えてあまり重要ではないことでも、気軽に相手に送ることができます。

そして、相手はそのメッセージを読んだかどうかまでもわかるので、どうでもいいようなくだらない内容を送っていませんか?

女性同士のやり取りであればそのことに関してすぐに返事をするかもしれません。

しかし、男性というのはそのように あまり意味のないことには時間をさきたくはない と考えている人も多いのです。

3.後で読もうと思って忘れている

なかには、ずぼらな性格をしているため、本当はそのラインを読もうとしていたのに 忘れてしまっている人もいる でしょう。

そのようなことをいうと「ラインのトークページを開けば、新しいラインが上のほうに表示されるじゃない!」なんて主張する女性も出てきそうですね。