コミュニケーションのツールがパソコンメールから携帯、スマホメール、そしてLINEへと移り変わってきました。

LINEというのは既読未読がわかるのでありがたいやら困るやらですね。

LINEの出現で未読無視される悩みに悩む人が増えているようです。

今回はそんなかたのために未読無視されたらやりたい対策をまとめてみました。

未読無視のダメージ

読むことさえしていない未読無視と、見てはいるが返信がない既読無視では未読無視のほうがこちら側のダメージが大きいのではないかといわれています。

一見同じ無視状態のように見えますが、する側の心理には大きな違いがあります。

未読無視のダメージとして考えられるのは、既読無視は「読みましたよ」というメッセージは相手に送っています。

送ろうという意思があるというメッセージですが、未読無視は読んでもいないことに加えて、「読んでいませんよ」「読みたくありませんよ」というメッセージとも受け取れるからです。

メッセージを受け取ることさえしていない、してもらえないダメージはかなりなものです。

未読無視される理由

未読無視される理由とは一体何なのでしょうか?

する側にとっては単純なものだけではないようですよ。

1. 完全に交流を断ちたいと思われている

まず最初に考えられるのが完全に交流を断ちたいというときです。

男女の間柄であろうが同性であろうが交流を続ける気持ちがないのであれば、へたに返事をしてずるずる人間関係が続くよりは、読む気がありませんという無言のメッセージを送ることを選択したほうが楽だと考えたということがあります。

既読無視をされる前には、こちら側にも何か思い当たるフシがあるはずです。

もし何もないというのであれば自分はよほどKY(空気読めない)か相手の人格を疑う必要があるかもしれませんね。

心当たりがあるうえの人間関係において、既読無視をされたとしたら相手がこちらと心底交流を断ちたいと思っていることが理由かもしれません。

既読無視の理由で多いのは見て返事をしたつもりになっていたのが実際は返事ができていなかったというものです。

おおっちょこちょいの人はよくやるようです。

頻繁にやりとりをする間柄であればどのメッセージに対する返事だったのか自分でもわけがわからなくなるという人もいます。

2. 非常に忙しい日々を過ごしている

非常に忙しいのかもしれません。

私も経験がありますが、電話の一本くらい、ラインやメールくらいできるだろうと他人は思うかもしれませんが、できないときはできないのです。

「何時頃帰る」などの単純な連絡であればできるかもしれませんが(それさえも億劫)、どうしても出来ないという時もあるものだと実感したことがあります。

電車に乗っている移動時間や家に帰ってホッとしたときに連絡できるのでは?と思おう気持ちはわかりますが、忙しくてあまりに疲れきっているときには移動時間中くらいはじっと目をつぶっていたいと思うものです。

家に帰ってホッとする時間といっても家族がいる場合、食事の準備をしなければいけなかったり、帰ってすぐお風呂に入ることを催促されたりしてバタバタする人もいますし、バタンキューと眠ってしまうこともあるものです。

仕事、通勤、会議、食事、お風呂、など日常にはやらなければいけないことが山ほどあります。

それに加え、通院や家族の用事など突発的なことも発生するということも理解しないといけません。

そして忙しいときにメッセージを受信したけれどそのときは返事を返せないため、忘れないためにあえて未読にしておくという人もいます。

3. 単純に気付いていない

単純に気付いていないことも考えられます。

私はパソコンメールで以前はよくメールに気付かないという失敗をしでかしていました。

あまりに続いたので、メールをよく受け取る人や重要メールのアドレスを登録しておいて、受信したときには別なフォルダーへ振り分けされるようにしました。

ラインやスマホメールではさすがになくなりましたが。

面倒くさがりの人はそういったちょっとした工夫や手間などかけずに見過ごすということもありそうです。

私は知人と連絡を取り合っているとき、どうも話が食い違うなとは感じていたのですが、まさかこちらからの直近のメッセージに気付いていないとは思わなかったということがあります。

ずいぶんたってから私からの情報を知らないということが明らかになったのです。

そのときは本当に困りました。

未読無視や既読無視について悩んでいる方とはすこし状況がちがいますが、そういう場合もあります。

メールやLINEの確認が苦手だという人もいます。

確認をしろと攻め立てられているような気持ちになるという人もいました。

自分でメッセージを送るのも苦手であれば(ほとんどこちらもあてはまるようですが)、メッセージに気付かないことをあえて選んでいるともいえなくはないですが。

4. 病気や体調の急変

病気や体調の急変、怪我をしたということも考えられます。

この場合は仕方ないですね。

これまで未読無視などしたことがない人で未読無視される原因がどうしても思い当たらないならとても心配になると思います。

そしてもし思い当たるフシがあったとしても、そもそも未読無視などはする気がなかったにもかかわらず病気や体調の急変が原因でということもありえます。

イライラしたり相手に怒りの感情をぶつけようとしたとき、もしくはぶつけてしまった後で未読無視の理由が病気や体調の急変だったとしたらどうでしょうか?とても後悔することだと思います。

そんなことにならないためにも焦りは禁物です。

5.スマホやLINEなど上手く使いこなせていない

スマホやLINEを上手く使いこなせていないという人もいます。

かくいう私はパソコンの調子が悪く、というか新しいパソコンに買い換えた際、メールアカウントが上手くいかず受信出来ていない期間が2週間も続いたことがありました。

仕事相手からのメールでしたので携帯やスマホメールは知らせていませんでしたので、相手さんとしてはさぞかし不安になったと思います。

その後その人はまた同じようなことがあっては困ると思われたのか、先にメールでパソコンに連絡事項を入れたからとメッセージをくれるようになりました。

共通の知り合いから連絡がありやっと連絡を取り合うことがことができたのでよかった!ということにはなりました。

間違ってアプリを削除してしまったとかバージョンアップなどの後のダウンロードなどで混乱してしまっているということも考えられます。

既読無視よりもマシ?

そういったあらゆるトラブルの可能性があるという点では既読無視よりもマシ?とも考えたくなります。

もちろん既読無視の場合でも、一度読むには読んだけれどその後のトラブルで返信出来なくなっているということも考えられなくはないです。

ただ、その場合電話や他の連絡方法を普通であればとるのではないでしょうか?

既読無視と未読無視されるとしたらどちらが嫌ですか?

それはそのときのお互いの状況や心理状況に依るような気がします。

私はまったく思い当たるフシがなくて自分にも非がないと考えるなら未読無視されると、相手になにかあったのかどうか心配になります。

少し思い当たるフシがあってもやはり未読無視が嫌ですね。

既読無視の方が嫌だというときはどんなときだろうと考えてみました。

相手との関係を諦めて気持ちの整理がついた後に連絡をとるようなシチュエーションになった場合はいっそ未読無視のほうが諦め切れるかなと思います。

【既読無視については、こちらの記事もチェック!】

未読無視されたらやりたい12個の対策

未読無視されたときのための対策があります。

1. 何度もメッセージを送り続けてはいけない

未読無視されたからといって何度も何度もメッセージを送りつけるのはやめましょう。

未読無視には来たメッセージには必ず返事をしなければいけないという責任感に耐えかねている心理、返事をしなければいけないけれどどう返事をしていいかわからないという気持ちがあるということから、そこへ追い打ちをかけるように問い詰める行為はNGです。

逆効果になったり、返事は来たけれどイヤイヤ、ビクビクしながらの返信という可能性があるので人間関係によりダメージが与えられるかもしれません。

自分がされたときにどう思うかを考えてみるとわかると思います。

未読無視の理由が故意であっても故意でなかったとしても何度もメッセージを送り続けられるとなんともうっとうしいことです。

2. メッセージではなく電話をしてみよう

メッセージではなく電話をしてみましょう。

今はなんでもメールやLINEで済んでしまいます。

簡単なようでかえっていろいろと難しくしてしまっているということもあります。

声を聞けばお互いの気持ちも通じやすくなります。

いいたいことがいえないと心配ですか?

メールやLINEならいいたいことがいえますか?

文字のメッセージはどうしても言葉が固くなる可能性があります。

電話だと笑い声や相槌などが入り気持ちも和んだり、冗談で済ませられるところでも文字だと用件重視になってしまうことが多いです。

仕事が忙しい男性の中には用はなくてもLINEで近況を伝えるようなメッセージを送られてもなんて返事をしていいのかわからないという人もいます。

そういう人とは電話で話をするほうがいいですね。

3. 自分に非があるなら誠心誠意謝罪の気持ちを伝えよう

未読無視をされる理由として自分に非があると思えるのなら誠心誠意謝罪の気持ちをつたえることが大切です。

誠心誠意気持ちを込められるかどうかだと思います。

電話や会って話すことができればいいですね。

人間関係では素直さが大切です。

でも素直さとは相手の言いなりになることではないですよ。

相手の言いなりになるということは自分に対して不誠実です。

まず自分に素直になって自分に非があると認めること、もし自分に非はどう考えてもないように思えるのであれば未読無視されることに関する気持ちの持ちようも違ってくるのではないでしょうか?

4. 落ち着いて原因を思い返そう

そのためには落ち着いて原因をよく思い返すことが必要ですね。

自分が悪いのかどうかと考える前にまずこの未読無視の原因は何なのだろうかということです。

それから、自分に非があるのかどうかと考えなければいけません。

たとえば、男女間であれば、これまで異性と付き合ったときには許されていたことでも今の相手にとっては許しがたいことを言ったりしてしまったりしているかもしれません。

自分のこれまでの人間関係においてあたりまえのことが、常識だとは限らないです。

仕事中にメールや電話、LINEをすることが嫌いだというある男性は何度言っても彼女が仕事中に連絡をしてくるのでイライラし出したのですが、彼女の方はそんなことで怒ることが考えられないようでした。

5. 怒ったりイライラしてはいけない

考えるときには怒ったりイライラしないようにしましょう。

怒っているときには正しい判断が難しくなります。

イライラや怒りの感情は相手にも伝わります。

たとえメールやLINEであっても不思議とわかるものなのです。

怒りの感情をもとに行動してもろくなことはありません。

何か言ったり行動したりする前にはかならず冷静な気持ちになっているかどうか確認しましょう。

相手と連絡が取れたときもし怒るようなことはなかったとわかったら気まずいですよね。

イライラしてもなにもいいことはないと思って気長に他のことをするほうがいいです。

6. 共通の知人から情報を得よう

共通の知り合いがいるのであれば何らかの情報を得ることを考えてみてはどうでしょうか?
近況はどうなのか忙しいのかなど共通の知人なら何か知っているかもしれません。

連絡が出来ない理由を何か知っているかもしれません。

付き合って間もない人間関係であれば相手の性格や好き嫌いもまだあまりよくわかっていないことも多いかと思います。

未読無視をするような人なのか、悪気があって未読無視する人ではなくても、どういう状況だと連絡しづらいのかなど知っているかもしれません。

ちょっと悲しい話ですが、未読無視をされていっこうに連絡がないと悩んでいたある人が諦めかけたとき共通の知人と話す機会があり聞いてみると、その人は引っ越しをしてしまっていたということです。

今はLINEやメールなどどこに住もうと連絡には困らない時代ですが引っ越しをする機会に書付き合いをやめようと思ったのでしょう。

その前にはそうなるだけの理由が2人には合ったことだと思いますが、なんとも悲しいというか大人げない人だなと思いました。

7. こちらもしばらく少しおとなしくしてみる

未読無視の理由は何だかわからないことも多いものです。

もともとメッセージの確認をしない体質の人もいます。

焦りは禁物です。

こちらも他のことをして気を紛らわし気長に構えるほうが良い結果が得られやすいものです。

故意の未読無視であれば返事をしないというのはとても大きなアクションなのでこちらはしばらく少しおとなしくしてみたほうがいい場合が多いように思います。

追えば逃げる逃げれば追うというのは人間関係の常ともいえます。

8. 直筆の手紙を送ってみる

手紙を書く機会がとても少なくなりました。

未読無視の理由がどうしても知りたい、自分の気持ちを伝えたいと思うのであれば直筆の手紙を送ってみるのもいいのかもしれません。

私は以前ある人に連絡と取らなければならなくなったとき連絡先がどうしてもわかりませんでした。

恋愛関係などではありませんでした。

その人の親族の方に連絡がとれたのですが残念なことに私が連絡を取りたかった人は亡くなっていました。

なにか事情があるらしく詳しいことが聞けなかったのですがあちらから連絡をいただくことになっていたのですが、いつまで待っても来ませんでした。

直筆の手紙を送ってたいと思いましたが連絡がないことが返事だと認識したのでそのままにして今にいたっています。

9. 諦めも大切

連絡がないということ自体が重大な意思表示だと思った場合は諦めも大切です。

未読無視になった人とは縁がなかった、縁があったけれど終わったと諦めなければいけないときがあります。

ここに書いてあるすべてのことをするか、自分の状況を見て、おとなしくしてみてもいいし、共通の知人に聞いてみるなり電話をしてみるなりしてどうしてもダメだなと思えば諦めたほうがいいかもしれません。

未読無視をする人なんて嫌いだ!という短気だけは禁物ですが。

10. その人の性格の新たな一面が知れたと思うようにする

諦めるにあたってその人の性格の新たな一面が知れたと思うようにすると気持ちもすっきりするかもしれません。

未読無視するにあたっての心理を理解することで案外気が小さい人だったんだな、とか大人げないところがあるだとか。

相手の生活態度や生活テンポを理解して自分との違いがわかり今後イライラする必要がないということがわかるきっかけになるかもしれません。

返事をするにしたりもらったりするのが当たり前の人と3日くらい放置するのも珍しくない人とでは最初は食い違うかもしれませんがお互いの違いを知って歩み寄る機会になるかも知れません。

11. 最初の30文字を読みたくなる内容にする

ある女性が交際している男性とケンカが続き、別れ話が出ました。

LINEを未読無視されるようになり、ほとほと困ってしまったそうです。

ちょうど相手の男性が大きな仕事が決まったということでお祝いのプレゼントを買っていた女性は、プレゼントを渡すことを口実としてなんとか男性と会いたいと思い、メッセージを送ったところ返事があったそうです。

最初の30文字に彼が前々から欲しがっていた物のことを書いたそうです。

なかなか賢いですね。

ちょっと考えると、物で釣られる男性ってどうなの?とも思いましたが、男性としても仲直りのきっかけ、会う口実が欲しかったのかもしれないですね。

大きな仕事が決まったその男性は経済的にもかなり豊かな人だったので人からのプレゼントに頼らなくても欲しいものは自分で買えたはずです。

プライドが高い男性だったのでしょうやはり口実が欲しかったのでしょう。

12. ブロックされていないかチェックしよう

未読無視だと思ったときにはブロックされていないかチェックしましょう。

無視をする心理を分析

無視をするということも立派な行動のひとつです。

行動である以上、その行動へと導く心理が奥には必ずあることでしょう。

どういった心理があるのかまとめてみました。

通知で内容を把握している

メッセージを受信したとき最初の文面がわかることがありますよね。

それをチラッと見て書かれている内容になんと返事を返したらいいのか困ってしまい、未読のままにしているということも考えられます。

メッセージに対する未読無視というアピールではなくチラッと見た内容の返事をスルーしたいほど忙しい、もしかしたら、この忙しいときにくだらない内容だと無視したとも考えられます。

返事が面倒くさい

相手からのメッセージに想像がつく場合、とくにその内容が自分にとってくだらないなと思っているときなど単純に返事をするのが面倒くさいということも考えられます。

愚痴をきかされていたり喧嘩の様相になっているときには面倒くさいと思ってしまいます。

忙しくて暇と気力がない

時間に追われる仕事をしている人にとっては、たかが5分か10分といわれても物理的心理的に相当な負担になることがあります。

実際にメッセージを読んだり打ったりする時間はわずか5分でも、頭や心が今やっていることから離れるということになりますので、また元のペースに戻すためには同じくらいの時間がかかるときがあるなと感じます。

たかがラインたかがメールですが気力がないときには出来ないという人もいるようですよ。

億劫だから

つまり億劫になってしまうのです。

物理的な時間があるなしだけでなく、スマホやパソコンにアクセスする気力がなくなっているということもあり得ます。

筆不精という言葉があります。

近頃では手紙を書く習慣が少なくなっていますが、スマホやパソコンに対しても不精な人、ときによっては不精になってしまうという人もいます。

目が悪い人はスマホを見るだけでうっとうしくなるなんていっているひとがいます。

スマホ依存症の人にとっては考えられないかもしれませんがうっとうしい、億劫だと考える人はとくに男の人には多いようです。

私の友人の女性にもスマホを見るのがとっても苦手だという人がいます。

関わりを持ちたくないから

未読無視も既読無視もされる側にとって、思いすごし、悩む必要なし、という場合もありますが、はっきりとした意思表示の場合ももちろんあります。

未読無視は「見るのもいや」「見る意思がありません」という強烈なメッセージにもなります。

関わりを持ちたくないということをあえて前面に出しているとも考えられますので、その場合はいつまでもぐずぐずつきまとったり返事を待つのは悲しいことです。

メッセージのやりとりが苦手だから

今一番利用されているメッセージアプリはLINEですね。

便利には違いないのですが、未読既読や返事をしなければいけないということに関して、脅迫観念を持つ人もいるようですね。

私もLINEは苦手です。

とくに男性はメッセージのやり取りが苦手な人が多い傾向にあります。

相手のことが嫌いではないけれど返事を強要されているようだと感じたとたん相手との関係そのものがうっとうしくなる人もいます。

責任感が強すぎて返事出来ない

完全に交流を断ち切りたいというほどではない、受信したときに見えた相手からのメッセージの内容がくだらないと思ったということの他に、返事をどう書いたらいいのか、自分の考えや気持ちに整理がつかないでいるということも考えられます。

このばあいはむしろ責任感の強い誠実さが裏目に出た未読無視ともいえなくはないです。

メールやLINEが来たということをある意味真面目に、もしくは重くとらえていて返信しなくてはいけないという責任感に堪えかねているとも考えられます。

なんと返事をしていいのかわからない、答えづらい質問メッセージをあたなが送ってしまっているとも考えられませんか?

未読無視される側の心理

未読無視される側は気になり、ショックを受けてしまうこともあると思います。

どういう心理に陥ってしまうのでしょうか?

拒否されたという怒り

未読無視されると悲しいものです。

そして拒否されたとなると怒りが出てくることだと思います。

怒りの感情が出て来る奥には気持ちの落ち込みや心が傷ついているということが考えられますが、そういった感情を感じないようにするためにも怒りが前面に出て来ることが考えられます。

とにかくショックを受けることに違いはないです。

中には「未読無視?!」「あっそう!じゃあバイバイ」となんともドライに割り切れる人もいるかもしれませんが。

自己否定や自己嫌悪に陥る

「どうして読んでくれないのだろう、返事をくれないのだろう?」と不安と不信感でいっぱいになってしまった挙句自分の存在そのものを否定されたようになってしまう人がいます。

そうなると自己嫌悪に陥ってしまうことでしょう。

本当は未読されること、そして返事がないことと自分自身の価値にはなんの関係もないものなのです。

もし恋愛関係において相手が自分のことが嫌いになった末に未読無視をしようとも、それは縁がなかった、あなたとは続けられないと相手が思っただけなのです。

ただ、そうはいっても未読無視された側の人間がされたときにはそんなことはいっていられない、自分の魅力や存在そのものを否定されたと思うのは仕方のないことなのですが、のちのち冷静になったときにはわかることだと思います。

心配よりも疑念が勝る

そして心配より疑念が勝ってくるようになるかもしれませんが疑念をいつまでも持つようでは精神衛生上よくないですし、時間の無駄というものです。

人間ですから生きていれば悩むこともあり、疑念を持つことだってあるのが普通ですが、その時間をいかに短くするかということが大切だと思います。

同じところをグルグル堂々巡りするのではなく、疑念を持ったときそこからどうするか、どう自分の思いや考えを健全な方向へ持って行けるかが大切です。

疑念を持ち続けなければいけない相手と続けることは難しいものです。

持った疑念が正しいものなのか自分の性格上の癖なのか見極めるチャンスかもしれません。

心を強く保つことが一番大切

つまり心を強く保つことが一番大切ですね。

強いということは剛ではなく柔を内包したものです。

柔とは頭も心も行動も柔軟性を備えたことだといえます。

未読無視の原因は何なのか、自分に非はないのか、自分に非があれば自分をどう改めていけばいいのか、自分に非がないとすればどうしたらいいのかなどきちんと見極めたうえでそのときそのとき適切に行動できれば心配や疑念を持つ時間は短縮されるはずです。

きちんと言葉をくれない人は大人らしくありません

きちんと言葉をくれない人は大人らしくないとおもいませんか?

いわなくてもわかっているだろう、という考えは現実的ではありません。

どんなに以心伝心の関係であっても言葉にしてこそです。

たとえ以心伝心ができたとしても言葉がない以上以心伝心も無いも同然なのです。

そう考えれば未読無視をされたとしてもそう腹はたたないのではないでしょうか?

そして未読無視をするのは大人らしくないとあなたが考えるのであれば、未読無視をするのは大人らしくありませんと相手にいえるようになってこそこちらも文句がいえるというものです。

大人らしくない相手を恨むのであれば相手と同じことをあなたもしているということに他ならないのですから。

言葉を厳選して思いを伝えよう

「はじめにことばありき」キリストさまもいっています。

言葉はとても大切です。

相手を恨む前に自分は同じようなことを過去に一度もしたことがないといえますか?

人は似たようなことを自分もしているのにも関わらず人にされると腹が立ち、自分がしていた分、余計に他人を攻め立てたりするのです。

自分もしていたからこそその心理がわかり、腹が立つのかもしれませんね。

ここは冷静に言葉を厳選して相手に自分の気持ちを感情に振り回されずに伝えることです。

未読無視された、した、という関係でも山あり谷ありで上手く続いている人たちはいくらでもいます。

未読無視することは大人げないということを言葉でわかってもらえることはむずかしいです。

そういうことを伝えることは相手の非を攻め立てることに他ならないからです。

相手を責めるのではなく、自分はどう感じたかという自分の気持ちを冷静に伝えるのが一番いいようです。

でもしつこくいうのはNGですが。

相手の未読無視が単なるこちら側の誤解ということもあります。

【LINEが未読のままの時は、こちらの記事もチェック!】