ルーティンワークという言葉を聞いたことがありますか?

ルーティーンは某スポーツ選手の活躍によってよく耳にしていたと思います。

今回はこのルーティンワークについて詳しくご紹介していきます。

さらにルーティンワークを行うことによって生じるメリットとデメリットもご紹介していきます。

ルーティンワークを上手に使えるようになれば今までうまくいかなかったことも嘘のように上手くいくようになりますよ。

ルーティンワークの意味

ルーティンワークとよく耳にして聞きなれた言葉となっていますが、その意味まではなんとなくでしか知らない人が多いです。

例えばルーティーンのしぐさのことをルーティンワークと勘違いしている人…いませんか?
何かをする前に手を合わせて…っていう方法がルーティーンと思っている人も多いです。

某スポーツ選手のキックの前に行うルーティーンはあの手を合わせてという方法なのですが、他の皆さんも同じ方法をしなければルーティーンにならないのかというとそうではありません。

ルーティーンというのは人それぞれ違った動作なのです。

ルーティーンとは毎回同じ動作や決まった動きなどを定期的にすることを意味しています。

ということはルーティンワークというのがどういう事か分かりますね。

ルーティンワークとは毎日決まったお仕事を決まった方法、手順でこなしていくお仕事のことなのです。

また、ルーティンワークはお仕事の内容そのものをさす場合もありますが、お仕事をするための通勤方法や通勤時間が毎回同じお仕事の場合もルーティンワークと言う場合もあります。

毎日同じ時間、同じ場所を通って同じ時間に会社についてお仕事をする…ルーティーンとなっていますね。

これまでの日本のお仕事のほとんどはこのルーティンワークに当てはまってしまいます。

最近ではお仕事内容は同じでも働く場所を会社でなければならないという規定がなくなっている会社もあります。

自宅や任意の場所でお仕事をする(できる)人や会社もあります。

このように最近ではルーティンワーク以外のお仕事も増えてきています。

お仕事を変えられない人でもルーティンワークから抜け出す方法もたくさんあり現在ではルーティンワークの良いところだけを取り入れてデメリットとなるルーティーンをなくすことも可能です。

それでは、ルーティンワークについてもう少し具体的に説明をしていきます。

手順等が決まっている作業


ルーティンワークの仕事内容に分類されるお仕事はお仕事をする手順が基本的に決められているお仕事となります。

こういったお仕事では規定のマニュアルなどがあり明確にどのようにしたらお仕事が効率化できるのかが分かるお仕事です。

その為自分ではあまり考えなくて与えられたマニュアルに沿ってお仕事をこなすという作業がメーンのお仕事です。

このようなお仕事はマニュアルさえ理解することができれば誰でも同じクオリティーでお仕事をすることが可能な内容のお仕事となります。

特別な才能やスキルは必要とされない場合がほとんどです。

誰でもお仕事を淡々とこなすことができますね。

会社側もマニュアルに沿った内容で同じことを繰り返しているため毎回同程度のクオリティーが保たれ品質管理が保たれます。

また、製造業の場合には納期や数量などの把握も容易にできるため大幅なロスも少なく様々な予想も立てやすいことが魅力的です。

ルーティンワークとして手順が決まっていることで誰でも同程度のクオリティーが保てさらには時間配分など様々な管理もしやすい魅力があるお仕事です。

創意工夫が必要ない仕事

ルーティンワークがお仕事の内容となっているお仕事では個人であれこれ考える事は必要ありません。

個別での創意工夫などは必要としないため与えられたお仕事を決められた方法でこなすだけで大丈夫です。

自分自身で考えながらお仕事をする必要がないため与えられたお仕事を淡々とこなすだけで何も考える必要はありません。

誰でもマニュアルが理解できて手順や方法をこなすことができればお仕事をすることが可能なのです。

特別なスキルや発想など何にも必要がないためその時間などを他に使うことができますので効率が良いお仕事とも言えます。

企業側からしたら個人的な考えによる余計なトラブルも防げて生産性も保てますので経営戦略なども立てやすいメリットがあります。

ルーティンワークな仕事


お仕事そのものがルーティンワークとなっているお仕事やお仕事の中でルーティンワークが存在するのも、他にもルーティンワークとしてもルーティーン化しなくてもどちらでも出来るお仕事など様々なお仕事形態があります。

ルーティンワークになることで沢山のメリットがあるからこそルーティンワークなお仕事として成り立っています。

その中からルーティンワークに属するお仕事内容にはどのようなお仕事があるのか具体的にいくつかご紹介していきます。

自分が働いているお仕事または働こうと思っているお仕事とはルーティンワークなお仕事なのかチェックしてみて下さい。

受付

様々な場所での受付はだれが来てもすべてマニュアル通りにご案内するだけのお仕事です。

中には個別対応のレセプションもありますが基本的にはどの受付で受付しても同じ対応となるようにマニュアル化されています。

特に受付が大きく窓口がたくさんある場合にはマニュアル化してルーティンワークになっていないとどうなると思いますか?
対応の良い人気の受け付け窓口ができてしまい多くの人がその受付に殺到してしまい並んでしまうことになります。

他に空いている受付があったとしても対応が良いほうを選んで並んでいるのです。

マニュアルがなくルーティーン化されていないことで、とても効率の悪いレセプションとなってしまうのです。

このようなことが起きると企業側からしたらデメリットでしかありません。

通常ならば数分で終わることも待たなくてもよい待ち時間ができてしまい時間効率など非常に悪くなってしまいます。

受付をしている人にもいつも待たされる時間のかかるところだと思われてしまい双方デメリットでしかありません。

また、受付をしている人も多く並んでしまっている人はなんで私だけこんなに忙しいの?

他空いているのに他の人もしっかり仕事してよって思ってイライラしてしまいます。

逆に誰も並んでいない受付の人はなんであの人のところばかり行くの?

こちらも空いてますけど~ってイライラしてしまいます。

そうです、ルーティンワークができるお仕事はルーティーン化したほうが様々なメリットが生まれるのです。

受付をマニュアル化して全て同じ内容で同じ対応ならどこでしても変わらないため並ぶことなく効率的にお仕事ができます。

何かトラブルのあった際にもマニュアルを作成してルーティーン化してあれば対処に困ることなく淡々とお仕事をすることができます。

企業側、受付、来店者など様々なところでWinWinWinの関係性を作ることができます。

しかしこのルーティーン化するのは個別対応の場合にはうまくいかない場合があります。

あくまでも不特定多数を相手にする場合に大きなメリットがあると考えてください。

工場のレール作業

工場などの生産業ではレール作業(ライン作業)を行っている工場も多くあります。

このレール作業はそれぞれが担当する箇所を分けて一つの製品を作る作業のお仕事となります。

その為同じ製品で同じクオリティーのものを正しく生産しなければいけません。

レール作業中に自分勝手にこのネジ太いのを使ってみよう、長いのを使ってみよう、ここにもう一個つけてみようなどと個人的な考えで生産していたら…同じ商品はできませんね。

できた商品(製品)がどれも個性的ですべて違うとなってしまうと1点物の商品となり同じ製品を同じクオリティーで大量に作るためのレール作業の意味がなくなってしまいます。

個人的な考えなどはレール作業においては迷惑でしかありませんね。

レール作業のように大量の商品を同じクオリティーで決まった時間内に仕上げるためには決まった手順で淡々と同じことを繰り返すルーティーン化が必要となります。

このルーティーン化するためのマニュアルさえあればだれでも同じことができて生産性を維持することができます。

大量に同じ製品を作るなど決まったものを決まっただけ同じクオリティーでといったお仕事内容はルーティンワークとしてのメリットが非常に高いお仕事となります。

基本的にルーティンワークは沢山のものや人を扱う際に活用すると大きなメリットを生む方法です。

個別に対応するような一点物の清算などにはルーティンワークは向きませんね。

既存顧客への営業

既存の顧客への営業はルーティンワークに分類されます。

すでに顧客となっている人に対しての営業は決められた内容を同時に多くの人にするいわば作業に分類されます。

作業となるお仕事はルーティーン化することで生産性が上がり効率よくお仕事をすることができます。

ルーティーン化する場合には既存顧客に対してのみとしてください。

新規顧客に対してはルーティーン化しない方が良いです。

新規の人に対してはまずは自分の顧客にするために個別に対応して信頼を得ることが優先とされます。

新規のお客様に対してもルーティーン化してしまいますとせっかくのお客様を顧客にする機会を逃してしまう可能性があります。

ルーティーン化するのには多くの人を対象とするのか個別対応なのかで考えることで効率的に活用することができます。

書類制作等の事務作業

書類制作等の事務作業もルーティンワークに分類されるお仕事です。

書類を作る作業などは決められた手順で資料を集めて編成して校閲してと決められた工程を得て作業する事務作業となります。

こういったお仕事はルーティーン化してマニュアル化することで毎回同じクオリティーで制作が可能となります。

マニュアル化することで単純なミスも防げて効率よくお仕事が可能となります。

書類制作ではルーティーン化することは大きなメリットとなりますが、書類を作るための制作前段階の作業はルーティーン化することはデメリットが大きくなります。

題材を決めたりその為の作業は個別で考える必要があります。

ルーティンワークとしてメリットのあるのは個別の作業以外の場合が大きいです。

ルーティンワークのメリット

ルーティンワークを行うことで様々なメリットがあります。

企業側が得をするメリットから働く人たちがメリットが存在しています。

数あるメリットの中からどのようなメリットがあるのか具体的にいくつかご紹介していきます。

集中力をアップさせる

ルーティンワークとしてお仕事をすることで与えられた決められたことを淡々とこなすだけの単純作業となるため余計なことを考えることなく集中してお仕事をすることができます。

毎回毎回作業ごとに何か考えてお仕事をしているよりも集中力が増して作業効率が良くなります。

ルーティーン化ができるお仕事はルーティーン化することで集中力を上げて効率よくお仕事をすることができます。

仕事へのモチベーションもアップする

ルーティンワークとなることで自分に決められたお仕事を割り当てられ自分がやらなければいけないお仕事が明確になります。

自分がこなす明確な仕事が与えられることで仕事に対するモチベーションがアップします。

自分で考えて今やらなければいけない仕事を見つけ出す労力が必要なくなり決まっているお仕事をするだけです。

お仕事が決められていないと何をしたらよいのかわからずただ、ボーっと立っているだけでお仕事の時間を過ごしてしまう人もいます。

ルーティーン化することでこういった非効率的な時間を減らすことができます。

さらにやらなければいけない仕事が決まっていますとそれをこなすことに夢中になれて、お仕事に対してのモチベーションもアップします。

仕事の効率が良くなる

ルーティンワークとして決められたお仕事にすることでお仕事の効率を上げることができます。

お仕事の段取りがすべてルーティーン化されていることで次に何をしたら良いのか考えることなく淡々とお仕事をこなすことができます。

単純化できるお仕事や自分のやることが決まっているレール作業などのお仕事の場合にはルーティンワークとすることでモチベーションだけでなく仕事効率も良くすることができます。

スケジュールが立て易くなる

ルーティンワークにすることでお仕事の様々なスケジュールが立てやすくなります。

ルーティンワークになると決められたお仕事を決められた時間でおこなうようになります。

決められた時間で決められた作業をすることで何時間でどれだけのことができるのかが明確に分かるようになります。

これによりお仕事の時間や納期などのスケジュール管理を簡単に立てることができます。

事前にお休みをする人が把握できたらその穴埋めもしやすくなります。

ルーティンワークにすることで様々なスケジュールが立て易くなりますね。

苦痛だった事が苦痛でなくなる

ルーティンワークになることで今まで苦痛だと思っていた事が苦痛ではなくありますよ。

お仕事が苦痛と思う原因として多いはお仕事のことを考える時間があるということです。

お仕事のことを考える時間があるというのはお仕事の大変なところや嫌なところの愚痴なども出てしまいます。

そんなことを考えてしまうとお仕事が苦痛でしかなくなってしまいます。

ルーティンワークにしてしまえばお仕事の内容など全て決まった作業となるためs業をこなすことに集中することができます。

お仕事のことをあれこれ考える時間なんて無くなり苦痛と思うこともなくなってしまいますね。

お仕事が苦痛だなと感じている人は作業化してルーティンワークとする事で苦痛と感じる暇なくお仕事の作業をこなすことができます。

向上心が芽生える

ルーティンワークとなる事で苦痛と思う事がなくなるだけではなく向上心も芽生えます。

自分自身がしなければいけないお仕事が明確に決められて作業時間や作業内容も決まります。

このお仕事を時間内に決められた数をこなそうと考えて作業をします。

自分が与えられた作業ですので目的も明確になります。

ということは自分のお仕事に責任感が生まれてもっと効率的に作業できないのかな?もっとクオリティーを上げることはできないかなと苦痛と思っていたお仕事にやりがいがうまれます。

向上心が出てお仕事で自分に与えられた作業を責任もってすることができるようになります。

ルーティンワークのデメリット

ルーティンワークにすることで様々なメリットがあることが分かったと思いますが、実はメリットの大きいルーティンワークにもデメリットは存在しているのです。

メリット過疎が最大のデメリットとなってしまう場合もありますよね。

逆も同じですが例えば長所と思っていた所が実は短所であり短所と思っていたことが長所だったなんてことも…

ルーティンワークでも同じ事でルーティンワークにしたら生じてしまうデメリットについてご紹介していきます。

誰でも出来る仕事

ルーティンワークのメリットとして作業化ができて誰でもマニュアルさえ理解したら同じクオリティーの作業ができる事がありましたが、実はこのメリットはデメリットになってしまう場合もあります。

ルーティンワークのメリットでもある誰にでも作業ができるということは誰でも出来る、仕事ということで、誰でも良い仕事になってしまいます。

自分だけしかできない特別な仕事ではないのです。

自分が辞めても何の支障もなくお仕事は進んでいけるのです。

そう考えてしまうと少しやるせなさが出てしまいますね…
メリットである誰でも何のスキルもなくてもできることは逆の意味にもなってしまう事があるということです。

給料も高くない

ルーティンワークにできる仕事はある意味特別なお仕事ではなく誰にでもできる作業となります。

その為給料も特別な給料は出なくて、決まった金額を決まった期間に支払われます。

その為クリエーターのようなお仕事と比べると給料はそこまで高くない傾向にあります。

ただ、この給料が高くないことはデメリットでもありメリットでもあります。

給料が高くはありませんが決まった給料を決まった期間でもらうことができます。

安定した収入を得ることができるため様々な計画が立てやすくなります。

クリエーターのお仕事などは高額な給料をもらえる半面自分の努力次第で多くも少なくもなってしまいます。

給料自体は決して多くはありませんが安定した給料を得るということを考えるとルーティンワークのお仕事には魅力を感じることができます。

給料が低いことはデメリットでもありますがメリットでもありますね。

どちらが今の自分に合っているのかよく考えてお仕事を選択してください。

ルーティンワークだけだと飽きてくる

ルーティンワークのお仕事はその作業内容が常に決まっています。

この決まった作業はお仕事のことを考えなくてよいメリットなのですが時にはデメリットとなる場合もあります。

ルーティンワークになるということは決まった作業になるということですので毎回同じで飽きてくる可能性があります。

また、同じ作業をしなければいけないと思ってしまうのです。

単純作業になればなるほど飽きてきてしまいます。

そんな時にはこの作業がどれだけ重要なことなのかお話してみると良いかもしれませんね。

お仕事に対するモチベーションが上がります。

他には違う作業に交代できる場合は交代することも良いです。

作業自体はルーティーン作業でしたらどの作業でもマニュアルを理解することができれば誰でもこなすことができます。

飽きがこないように定期的に交代をするのも効率の良い方法となりますね。

この交代作業自体もルーティーン化もできてしまいます。

やる気が出ない

同じ作業だけを毎日毎日続けているとどうしても飽きが来てしまいお仕事に対してやる気も出なくなってしまいます。

ルーティンワークで効率化を求めるがあまりできてしまう弊害でもあります。

しかしこの飽きが来てしまってやる気が出なくなる前に作業場所の交代などをしたらまた新しい作業をする事になるため仕事に対して飽きが来ません。

お仕事に対してやる気を失うことなく自分に与えられた決められたお仕事に対して責任感があるまま作業をすることができます。

効率化を求めるがあまりこういった細かいことに気づかないでいると逆に効率が悪くなってしまう場合もあるのです。

効率化のために行ったルーティーン化も方法を間違えてしまうとやる気がなくなって場合によっては取り返しがつかなくなってしまいます。

【やる気スイッチを入れる方法は、こちらの記事もチェック!】

「なぜこんな仕事しているんだろう」と疑問を抱える

ルーティーン化して作業を単純化したことによる弊害でなんでこんなんことをしているんだろうと考える時間を与えてしまう可能性があります。

単純な作業にすればするほど作業効率は上がりますが数が増えることによってなんでこんなことをしているんだろうと思うことが多くなってしまうのです。

そのような考える時間を与えることのない適度な難易度の作業に変えることでなんでこんな仕事をしているんだろうと考えることなく目の前のお仕事をすることができます。

効率化を求めすぎるのも良くないのです。

単純な作業に少しだけ考えるお仕事の内容がベストですね。

働くこと自体が嫌になる

なんでこんな仕事をしているんだろうと思ってしまうと働くこと自体が嫌になってしまう可能性があります。

そうなる前に対策をすることが必要ですね。

会社側の対策としては今の作業から違う作業に交代をするサイクルもルーティーン化することです。

自分自身の対策としては単純作業の中に自分なりの効率を考えてみたり仕事に対しての楽しさを見つけることで楽しく作業をすることができます。

他にも自分なりにルールを決めて作業することで楽しくすることは可能です。

お仕事と思うから楽しくなくなっていやになってしまうのです。

自分なりの楽しさを作り出しましょう。

大事に扱われない

ルーティンワークは誰にでもできるように作業化されたお仕事となるため会社としては一個人よりもルーティンワークをする人全体で捉えています。

このため一個人として大事に扱われない場合も多いです。

会社側からしたら誰にでもできるお仕事の作業をしてくれる人ですので個人個人として扱うことは難しいですね。

ルーティンワークは人の入れ替わりも激しいため個人個人として扱っていると年間で莫大な人とのお付き合いとなります。

ルーティンワークのお仕事をする場合には個人として大事に扱われようとはしないで会社側同様にルーティンワークをしに来ているだけの作業員ですと割り切って作業すると気が楽ですね。

会社側に遠慮する事も無くなります。

大事に扱ってくれない会社なら自分も大事に扱わなければ良いんですよ。

大事に扱ってくれる会社なら自分の会社のことを思ってはじめてお仕事が出来るのです。

会社の為と思ってルーティンワークをするのではなく自分の為と思ってお仕事をして下さい。

会社の為と思っていたら腹の立つことでも自分の為と思うことで何にも感じなくなりますよ。

余分なことで腹を立ててしまったりイライラしてしまってはもったいないです。

自分の為と割り切ってお仕事をする事がベストです。

もちろん大事に扱ってくれる会社であれば楷書のことを思って自分と会社と両方のことを考えてお仕事が自然と出来ますね。

ルーティンワークに飽きてしまった

ルーティンワークの作業に飽きてしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか?
そのまま辞めてしまう…のはもったいないです。

飽きたらかといっても辞める必要なんてありません。

飽きのこないようにしたら良いだけですね。

ルーティンワークなお仕事を嫌だなと思ってしまった際の対象方法をご紹介していきます。

飽きない方法を見つける

ルーティンワークのお仕事もそうなのですが、どんなお仕事でも飽きてしまう場合があります。

そんな飽きてしまった場合には飽きてしまわない方法を見つけることで解決することができます。

疑問を探す

お仕事に飽きてしまった場合には疑問点を探すことがおすすめな方法です。

疑問点といってもよくわからない人もいるかと思います。

例えば、今やっているお仕事は何のためになるのだろう?

何になるものなんだろう?

などお仕事に対しての疑問を考えることでお仕事を違う角度から見ることができます。

今まで思っていたのとは違う新しい発見などがあってお仕事が楽しくなります。

実はいつも使っていたあの部品だったなんてことがるかもしれませんよ。

他にはお仕事が飽きてしまった原因を探すことも良い方法です。

飽きてしまった原因が分かれば解決することもできますね。

仕事の必要性を理解する

仕事に対しての必要性が理解できたら自分のお仕事の重要性が分かってやりがいがうまれます。

仕事にやりがいが出来たら楽しくお仕事をすることができますね。

また、自分自身にとってもお仕事をする事はとても重要性が高いですね。

お仕事をしなければお金を稼ぐことは非常に難しいです。

なかには不労所得などがありますが稀なケースですよね。

お仕事をすることではじめてお金を稼ぐことが出来るのです。

稼いだお金で自分に合った本当のお仕事を見つけることもできます。

今嫌だなと思う気持ちもいずれこういう時もあったなとお話しすることもできます。

今のこの仕事があるからこそできる事、出来ていることが必ずあります。

今のお仕事の必要性が明確になります。

必要性が明確に分かることでお仕事に対する気持ちの変化も出てきます。

今の自分にとって必要性のある事だという認識を改めて確認すると良いです。

仕事の価値を理解する

お仕事の価値を理解することでお仕事に対する魅力を感じることができます。

自分のしているお仕事はいったい何なのか最終的にどうなるのかが分かるとお仕事の具体性が出来て価値あるお仕事をしている実感がうまれます。

工夫を加える

お仕事をするのに飽きてしまった人は自分で出来る工夫を加える事で楽しくお仕事をすることができます。

例えば同僚と競争をしてみるのも良い方法です。

どちらが早く出来るのか、どちらがキレイに出来るのかなど競争方法も様々です。

自分ルールを作ることも良い方法ですね。

自分だけのルールを決めてこれができたら今日の帰りにケーキを買ってもよしなど自分独自に決めたルールで楽しくお仕事が出来ますよ。

ルーティンワークを楽しむには上昇思考で取り組む

ルーティンワークにはとても効率よくお仕事ができるメリットがある反面単調な作業になりがちでお仕事そのものに飽きがきてしまうデメリットがあることが分かったかと思います。

企業側で飽きさせないようにして効率化させるには定期的に交代をさせることが重要です。

多くの企業で転勤や部署替えなどの配置換え措置はこの仕事に対する意欲を無くさせないための方法の一つだったんです。

せっかく今のお仕事に慣れたのになんで?と思っていた人もこれで理解できたかと思います。

交代など違う作業のお仕事がない場合には自分で飽きがこないように対処しなければいけません。

自分ルールや工夫をして楽しくお仕事ができる環境を作りましょう。

ルーティンワークは使い方次第でとても優れた働き方の一つですよ。