CoCoSiA(ココシア)

ルーティンワークの意味は?メリットとデメリットも紹介します


ルーティンワークという言葉を聞いたことがありますか?

ルーティーンは某スポーツ選手の活躍によってよく耳にしていたと思います。

今回はこのルーティンワークについて詳しくご紹介していきます。

さらにルーティンワークを行うことによって生じるメリットとデメリットもご紹介していきます。

ルーティンワークを上手に使えるようになれば今までうまくいかなかったことも嘘のように上手くいくようになりますよ。

この記事の目次

ルーティンワークの意味

ルーティンワークとよく耳にして聞きなれた言葉となっていますが、その意味まではなんとなくでしか知らない人が多いです。

例えばルーティーンのしぐさのことをルーティンワークと勘違いしている人…いませんか?
何かをする前に手を合わせて…っていう方法がルーティーンと思っている人も多いです。

某スポーツ選手のキックの前に行うルーティーンはあの手を合わせてという方法なのですが、他の皆さんも同じ方法をしなければルーティーンにならないのかというとそうではありません。

ルーティーンというのは人それぞれ違った動作なのです。

ルーティーンとは毎回同じ動作や決まった動きなどを定期的にすることを意味しています。

ということはルーティンワークというのがどういう事か分かりますね。

ルーティンワークとは毎日決まったお仕事を決まった方法、手順でこなしていくお仕事のことなのです。

また、ルーティンワークはお仕事の内容そのものをさす場合もありますが、お仕事をするための通勤方法や通勤時間が毎回同じお仕事の場合もルーティンワークと言う場合もあります。

毎日同じ時間、同じ場所を通って同じ時間に会社についてお仕事をする…ルーティーンとなっていますね。

これまでの日本のお仕事のほとんどはこのルーティンワークに当てはまってしまいます。

最近ではお仕事内容は同じでも働く場所を会社でなければならないという規定がなくなっている会社もあります。

自宅や任意の場所でお仕事をする(できる)人や会社もあります。

このように最近ではルーティンワーク以外のお仕事も増えてきています。

お仕事を変えられない人でもルーティンワークから抜け出す方法もたくさんあり現在ではルーティンワークの良いところだけを取り入れてデメリットとなるルーティーンをなくすことも可能です。

それでは、ルーティンワークについてもう少し具体的に説明をしていきます。

手順等が決まっている作業


ルーティンワークの仕事内容に分類されるお仕事はお仕事をする手順が基本的に決められているお仕事となります。

こういったお仕事では規定のマニュアルなどがあり明確にどのようにしたらお仕事が効率化できるのかが分かるお仕事です。

その為自分ではあまり考えなくて与えられたマニュアルに沿ってお仕事をこなすという作業がメーンのお仕事です。

このようなお仕事はマニュアルさえ理解することができれば誰でも同じクオリティーでお仕事をすることが可能な内容のお仕事となります。

特別な才能やスキルは必要とされない場合がほとんどです。

誰でもお仕事を淡々とこなすことができますね。

会社側もマニュアルに沿った内容で同じことを繰り返しているため毎回同程度のクオリティーが保たれ品質管理が保たれます。

また、製造業の場合には納期や数量などの把握も容易にできるため大幅なロスも少なく様々な予想も立てやすいことが魅力的です。

ルーティンワークとして手順が決まっていることで誰でも同程度のクオリティーが保てさらには時間配分など様々な管理もしやすい魅力があるお仕事です。

創意工夫が必要ない仕事

ルーティンワークがお仕事の内容となっているお仕事では個人であれこれ考える事は必要ありません。

個別での創意工夫などは必要としないため与えられたお仕事を決められた方法でこなすだけで大丈夫です。

自分自身で考えながらお仕事をする必要がないため与えられたお仕事を淡々とこなすだけで何も考える必要はありません。

誰でもマニュアルが理解できて手順や方法をこなすことができればお仕事をすることが可能なのです。

特別なスキルや発想など何にも必要がないためその時間などを他に使うことができますので効率が良いお仕事とも言えます。

企業側からしたら個人的な考えによる余計なトラブルも防げて生産性も保てますので経営戦略なども立てやすいメリットがあります。

ルーティンワークな仕事


お仕事そのものがルーティンワークとなっているお仕事やお仕事の中でルーティンワークが存在するのも、他にもルーティンワークとしてもルーティーン化しなくてもどちらでも出来るお仕事など様々なお仕事形態があります。

ルーティンワークになることで沢山のメリットがあるからこそルーティンワークなお仕事として成り立っています。

その中からルーティンワークに属するお仕事内容にはどのようなお仕事があるのか具体的にいくつかご紹介していきます。

自分が働いているお仕事または働こうと思っているお仕事とはルーティンワークなお仕事なのかチェックしてみて下さい。

受付

様々な場所での受付はだれが来てもすべてマニュアル通りにご案内するだけのお仕事です。

中には個別対応のレセプションもありますが基本的にはどの受付で受付しても同じ対応となるようにマニュアル化されています。

特に受付が大きく窓口がたくさんある場合にはマニュアル化してルーティンワークになっていないとどうなると思いますか?
対応の良い人気の受け付け窓口ができてしまい多くの人がその受付に殺到してしまい並んでしまうことになります。