社交性の高い人とは、どのような人かなと考えました。

すると、ある女性のことが頭に浮かびました。

大学生時代に部活でダンスを熱心にしていた女性ですが、卒業後に就職をしないで好きなダンスを活かして子供のダンス教室を開いたのです。

最初は市の広報誌に案内を出して、会費を取らずにダンスが好きな子供達を集めました。

3歳から10歳くらいまでの子供が10名ほど集まって、週一でレッスンしていたのです。

市民が低額で借りられる公民館の一室で始まったのです。

自分のラジカセを持ってきて、音楽をかけながらダンスを教えたのです。

最初は戸惑っていた子供達も、リズムに合わせて笑顔で踊る先生のことが好きになって行き、友達にも声をかけて人数も2倍に増えました。

そんな活動を見ていた市の職員が、市が主催する夏祭りに、出演を依頼してきたのです。

父兄と相談するとぜひ出演させたいという熱い要望があって、グループ名と衣装も決めて準備したのです。

そのころから、会費を集めるようになって、会費制のダンス教室になったのです。

夏祭りに出演してステージで踊ったジャズダンスは喝采を浴びて、ますます入会希望者が増えてきたのです。

今では、市内に3ヵ所の会場を借りて、その指導に走り回っているのです。

その先生が、大学を卒業後にダンス教室を開いてから現在まで、社交的に振る舞った姿を知っていますので、彼女こそ社交性の高い人だと思うからです。

️人間関係を築くうえで必要な社交性

会社の行事や町内会のイベントなど、みんなが集う機会は多いようです。

こんなイベントの案内をもらった時に、喜んで参加する人とまたかと憂鬱になる人がいます。

このようなイベントには絶対に参加する義務はないのですが、無条件に参加拒否をすると、あの人は社交性がない人だと後ろ指を差される時があるのです。

何を置いても参加しないと、上手く人間関係を構築できないのでしょうか?

人間関係を築くうえで必要だと言われている社交性とは、どんなものでしょう。

いろんなイベントに参加さえすれば良いのでしょうか?共働きの夫婦が、せっかくの休日にもかかわらず町内会のイベントに朝早くから駆り出されて、疲れた顔で手伝っている姿をよく見ます。

子供も参加するイベントとは言え、休日は少しでもゆっくりと休養したいのにという不満が顔に出ています。

人間関係を円滑にするために、出席することだけが社交的ではないと思います。

個人によりいろいろと事情もあるので、一概に出欠だけで判断するのはどうかと思います。

このような人間関係を築くための行動だけが、社交性とは言わないと思います。

社交性とは


では、社交性について考えて見ます。

社交性という言葉から連想されることは、「少し派手目で目立つ」「話すのが得意」「聞くのも上手い」「初めての人でもすぐに打ち解ける」「どんな場所でも堂々としている」「褒め上手」「人脈が豊富」などが思い浮かびます。

このことを冷静に考えると、どれも付き合い上手というか、コミュニケーションが上手い人ということです。

しかし、これらの連想した中にかけていることがあるのです。

それは、自分の考えていることを主張して認めてもらうことです。

自分の意見をみんなに押し通すことが上手いことです。

例えば、町内会で何かを決める時に、自分の主張を上手く話してみんなに賛同してもらい、自分の意見を上手く通す力が強いことを社交性が高いというのです。

しかも、自分の主張を通すことにより、誰かが大きな痛手を被ることがないように、細かな配慮もできる人なのです。

人とうまく付き合う性質

あの人とだけは付き合いたくないと言われる人がいます。

以前は、そのような人をKYと称して噂をしていたものです。

その場の空気を読めなくて、無神経な言葉を発したリ行動を取る人のことです。

そのような無神経な人に共通していることは、自分がしたことや話した言葉が相手を傷つけるということを自覚できないことです。

いわゆる無神経な人は、感覚が鈍いか感じ方が遅いかで、何をしてはいけないのかが分かっていないのです。

また、分かっていながら敢えて嫌がることをする時もあります。

これも無神経と言います。

このように、無神経なことをしないような常識があると、人との付き合いもそうは難しくないはずです。

逆に、神経質な人もいます。

非常に真面目で完璧主義なのです。

何か異常なことが起こると必死にその原因を探して、すぐに改善しないと気がすまないのです。

誰かと会うことになっても、時間や場所を念入りに調べて確認し、その日の天気や気温、風もTVやネットで確認しないと落ち着かない性格です。

ましてや、着て行く服装にも気を配り、気温や気候を考えて用意するのです。

会って話をしていても、何かにつけて心配性で気を使い、何か不都合があると自分のせいかしらと責任感も強いのです。

このように、無神経な人や神経質な人まで、いろんな性格の人がいる訳ですが、これらの人と上手く付き合うことができて、しかも自分の主張を認めさせることができる性質が社交性なのです。

言い換えると、社交性のある人とは、どんな人に対しても上手く交渉ができる性格の人なのです。

人との付き合いを好む性質


独りでいるよりも、みんなの中で過ごしたい人もいます。

引きこもりの人とは逆で、友達がいなくても雑踏の街の中にいることで安心する性格なのです。

好んで賑やかな場所に出かけるのです。

人さまざまです。

そのような性格の人で他人と平気で話ができる人は、接客が必要なサービス業や営業職に転身すれば鬼に金棒です。

そんな性格の人で穏やかな人なら、たちまちのうちにお客さんを獲得してしまいます。

他人を言葉で傷つけたり嫌な気分にさせることがければ、社交性に優れた人だということになります。

社交性が高い人というのは、相手を不愉快にさせたりプライドに傷をつけたりしないという絶対の自信を持っているので、誰とでもすぐに打ち解けて付き合いができるのです。

どこまで踏み込んで話をしたらよいのかも、すぐに判断できる能力や経験があるのです。

だから、人との付き合いを好む性質があって、新しい人脈を作りたいという気持ちも強いのです。

個人同士が社会的に交流すること

社交性の「社交」とは、仕事で交流するということでなく、単なる人と人との付き合いを意味した言葉です。

ご近所のおばさんたちが、スーパーでたまたま出会っておしゃべりに花が咲くことも「社交」なのです。

世間一般のお付き合いも「社交」で、社長さん同士や自治会の仲間との付き合いもみんな「社交」なのです。

たまに仕事が非常に上手く進むと、上司が「君にはすごい能力があるんだ」と褒めてくれますが、これは今後の付き合いを円滑に進みやすいように気を利かせた言葉で、社交辞令と呼ばれるものです。

部下が同じことを先輩にいった時には、この場合はお世辞になります。

どちらも、これからの交流を円滑に勧めたいという気持ちの表れです。

社交性の「社交」とはこのような意味ですが、社交性が高いとは個人同士が社会的に交流する性質に優れていることを表しているのです。

社交性の意味をまとめると…

社交性とは、人と人との付き合いが好きで上手な性質のことです。

付き合い上手な性格は、持っておいた方が良いのでしょうか?

付き合い下手な人は、付き合いが上手くなるように努力する必要があるのでしょうか?

日頃から口数が少ない人や、話をすることが苦手な人にとっては、社交性の議論は辛いものです。

このような人は、真面目な人に多いようで、歯の浮くようなお世辞をいうことを嫌うのです。

では、お世辞を言えなくては社交性が低くて、出世もできないし仲間外れにされてしまうのでしょうか?でも心配しなくても、そんなことはありません。

口が下手でお世辞も言えなくても、みんなとのコミュニケーションは十分とれます。

自分の役割をキチンとこなして、必要なことを連絡できる会話ができればそれで充分なのです。

相手を傷つけたり嫌な気持ちにさせたりすることが無ければ、社交性は高いと言えます。

ただ、グループの中で先頭になって、みんなを引っ張っていく立場の人間になるには、笑顔を絶やさず友達を作るのが上手いこと、すぐに行動ができるようにフットワークが軽いこと、趣味が多くて話題も豊富でいろんな知識も持っていること、そして好きな人や苦手な人などを区別せずに誰とでも平等に接することができることなどを兼ね備えていることも必要です。

このような人は、社交的な人だとも呼ばれます。

️社交性は高い方がいい?

社交性に関して興味ある情報がありました。

それは、社交性が高い人は認知症になりにくいという情報です。

社交性が高いという意味を、周りの人と活発に付き合いをしている人と、あまりしていない人とに分けて比較したものです。

すると70歳の人の脳年齢は、活発に付き合いをしている人の方がしていない人よりも、10歳以上も若いという結果です。

また平均寿命についても、女性の方が男性よりも約6年長く行きますが、これも男女で脳の使い方が違っている、つまり女性の方があらゆる場面で男性よりもコミュニケーションの機会が多いためと結論付けているのです。

そう言われれば、仕事の内容によって異なるとは思いますが、男性の方が仕事場でも黙々と仕事をしていたり、農作業などでも黙々と作業をしている場面を想像してしまいます。

家に帰っても、男性は子供とあまりコミュニケーションを取らずに、必要なことだけを話してから自分の好きなことをして寝るというサイクルかも知れません。

もちろん男性でもコミュニケーションが好きで、町内会の世話をしたり、趣味のサークルでリーダーをしたり、活発な付き合いをする人もいますが、休日は家でゆっくりとテレビを見たり読書という男性も多いはずです。

この間も、女性や主婦は、いろんな人とコミュニケーションを取ったり、井戸端会議で1時間以上喋りまくったりという光景も目にします。

こう考えると、男女の比較では、女性の方がコミュニケーションの時間が多くて脳が活性化されて、認知症も少なく健康で長生きするのでしょうか。

この答えは、アルツハイマー病は女性の方が男性の約1.4倍ですが、それ以外の脳血管生涯による認知症は男性の方が女性の約1.5倍となっています。

コミュニケーションの大小とは関係はないようです。

しかし、女性の方が会話の時には左右の脳を同時に活発に使うことができるそうですので、社交性が高い人、つまりコミュニケーションが得意な人は、脳の活性化も起こっていることは間違いがないようです。

脳を活性化するには、社交性を高めることも一つの方法です。

脳の活性化以外には、社交性が高いと得なことがあります。

それは就活の面接の時です。

企業にとっては、個人の能力は高い方が良いのですが、それと合わせてコミュニケーション力も求めているのです。

能力があって社交性に優れた人は、企業にとっては最高の人材なのです。

会社の中だけでなく社会に出ても、社交性が高いと友達も増えて、すてきな異性と巡り会うこともできるので、充実した生活を送ることができるというメリットもあります。

人付き合いが下手な人にとっては羨ましいスキル

生まれながらに無口で恥ずかしがり屋で、人との付き合いが苦手な人も多いと思います。

小さい時に親と一緒に出かけた時に、道で親の知人と出会っても恥ずかしくて挨拶もできないのです。

挨拶ぐらいしなさいと叱られても、できないものはできないのです。

大人になってからも同じで、学生の時からいろんな人と交流する場面はあるのですが、自己紹介の時には社交性が高い人のように上手く話すことができずに、悔しい思いをするのです。

社交性に高い人は、やさしい笑顔で初めての人にも平気で話しかけて、愉快に談笑できるのです。

人付き合いが下手な人にとっては羨ましいスキルなのです。

自分も頑張ろうと思い切って話しかけるのですが、顔もこわばってしまって二言三言だけで会話が途切れるのです。

そうなると、自信もなくなってますます孤立してしまうのです。

️社交性が高い人の20個の特徴

では、社交性が高い人はどのような特徴をもっているか調べてみました。

コミュニケーションが苦手な人は、日頃からぜひ改善してみることをお薦めします。

友達が多い

社交性が高い人は、小さい時から遊び友達が多いようです。

社交性が高いから友達が多かったのか、友達が多いから社交性が高くなったのかは分かりません。

しかし、小さい時から友達が多いということは、いつでもどこでも一緒に遊ぶという、積極的な行動を取ることができた性格だったと思います。

社交性が高い人は、誰とでも友達になりやすく、人によって差別しないという性格も持っています。

気が合わない人は、その過程でふるいにかけてだんだんと声をかけなくなるのです。

それでも、新しい友達を次々に作って行ける能力があるのです。

それと、社交性の高い人は、周りの友達のこともよく知っています。

その友達はどんな性格なのか、どんなことに興味を持っているのかなどを、きちっと把握しているのです。

そして、その人が興味を持っていることを前面に押し出して誘い出し、上手く取り込むのです。

小さい時も大きくなってからも、相手や状況を素早く理解する能力は高いのです。

この場面で、これだけはしてはいけないとか言ってはいけないと、認識して行動しているのです。

だから、居心地がいいので友達も集まってくるのです。

面接が得意

社交性が高い人は、会話が得意です。

会話の時に相手、つまりは面接官の目を見て、笑顔を絶やさずにしっかりと意見が言えるのです。

意見は質問に対して要領よく簡潔に答えるのです。

ダラダラと得意なことや関係ないことを話してはいけないのです。

そして、話しながらも面接官の顔色をうかがい、相手の反応を確かめています。

相手の心までも見通してやろうという気持ちを持っているのです。

面接官の顔色が変わると、これは続けると不利になると判断して、即座に違う方向に話をそらすのです。

結構、高度なテクニックを持っているのです。

あまり大きなジェスチャーはできませんが、顔の表情を変えたり声の強弱を使いこなして、心情的に訴えることにも長けているのです。

話し方などのテクニックは別として、面接官が知りたいことも、しっかりと伝えます。

つまり、自分が採用されたときに、どのように会社に貢献できるかということです。

自分の長所や短所を認識しているのか、それをどのように克服して会社に貢献できるか、会社でうまくコミュニケーションができるかなどです。

それ以外にも、この会社に応募した動機やこれからの仕事に対する熱意などを、熱く伝える能力も高いのです。

このような総合力に優れた人は、社交性が高い人と言えるのです。

人脈が広い

社交性がある人は、明るい性格の上に考え方がポジティブなのです。

何かの相談を受けても、前向きに考えるのです。

決して後ろ向きな発言はしないで、どうすれば納得するような答えが得られるか、円満に解決できるかを考えるているのです。

相談した人も、そんな前向きの雰囲気を感じると頼もしく思い、これからも引き続けて交流を深めたいと感じるのです。

しかも、忙しい時にもフットワークが軽いので、心やすく相談もできるし話もできる相手なのです。

また、社交性が高い人は趣味が多くて、いろんな経験もしています。

知識が豊富で話題にも事欠かないので、多様な人とも議論もできるのです。

多様な人の中には、芸術家、アスリート、政治家、医師、教師などがいて、その人達の知人など次々と交友関係が広がっていくのです。

そしていつの間にか、広い人脈を持つようになるのです。

視野が広い

人脈が広がると、いろんな情報も手に入ります。

その情報の中には、最新の情報やグローバルな情報も含まれていて、知らず知らずのうちに広い視野で物事を判断する習慣ができます。

今までは、現在置かれた立場でしか考えられなかったものが、もっと広い客観的な立場で観察することもできるので、物事の本質を見抜く力も増えてきます。

社交性が高いと、視野が広がるのです。

人から好かれやすい

視野も広くなるし、それにつれて人脈や知識、情報もグローバルに展開するようになります。

いつしか、情報通とも言われるようになります。

何でも知っていて、的確な助言ももらえるとなると、みんなは放っては置きません。

みんなが集まってくるのです。

多くの人から、好かれやすくなるのです。

人生が楽しそう

社交性の高い人には、多くの友達ができて、社交性が高い人も集まってきます。

つまり、集まってくる人の質も高くなって来るのです。

お互いを尊重してお互いが助け合う集団が出来上がります。

近所付き合いや一般的な趣味の集まりだけでなく、事業を展開したリ起業したりする、前向きな考えの人も集まってきます。

人生につまずいた人も再婚を考えている人も、人生一度失敗して悩んでいる人になども、社交性がある人には集まって来るのです。

人生をやり直したい気持ちで参加するのです。

こんな人達と一緒に、明るくポジティブな話題で意見交換をしていると、どんどん新しいことにもチャレンジする気持ちが湧いてくるのです。

社交性の高い人は、そんな事も手助けできることもあって、人生は楽しいのです。

ノリが良い

社交性にある人は、とにかく顔色が良くて明るくノリが良いのです。

何かのパーティーで、社交性の高い人が会場に入ってくる時には、明るい笑顔で周りの人に軽く会釈をしながらやってきます。

お気に入りのシャレた洋服を着て歩き方もどこか軽快なのです。

足を引きずって歩くなんて絶対ないのです。

それから、顔見知りの人を見つけると近寄って行って、まずは簡単な挨拶から始まります。

顔見知りの人の最新情報を掴んでいるので、何か嬉しいことがあったようなら、その話題を取り出して、周りの人に聞こえるように褒めるのです。

その後は、満面の笑みで良かったですね!と伝えながら、別の人を探すのです。

このように、周りの中で知っている人を見つけては、次から次に挨拶に回るのです。

社交性が高い人は、ノリが良いのです。

盛り上げ上手

明るい性格なので、会場の空気を変えることができます。

あまり会話が弾んでいないようなら、敢えて誰かをつかまえて大きな声で元気よく何気ない会話をするのです。

そして、楽しい話題になったところで、笑顔いっぱいに笑うのです。

周りの人にも、面白いだろうと催促して笑わせるのです。

ここから、さらにジョークなどを織り交ぜて、ひとしきり話を続けるのです。

もちろん話題が豊富でなければ話は続きません。

社交性が高い人は、話題も情報も豊富なのが取り得ですから、その場を盛り上げるのは上手なのです。

連絡がマメ

社交性が高い人は、本当に何でもマメなのです。

忙しくても何か用事があっても、会合にはマメに出るのです。

出て顔を広めるのです。

相談を受けてもすぐに対応できるのです。

行動も素早いのです。

必要な時には、すぐにその場で連絡を取るのです。

ともかく、連絡をマメに行うのです。

人脈が広がれば、当然連絡もマメにしないと対応できなくなってしまいます。

昔と違って、携帯を各自保有しているので、LINEやメールで連絡も容易になっています。

これも大きな要因です。

趣味がたくさんある

自分がもともと好きでやっている趣味と、友達から勧められて見ているだけの趣味も合わせると、非常にたくさん持っています。

趣味を持つことは、友達を作る最高の道具だと知っているからです。

初めての人でも、趣味が同じならいくらでも話が続いて途切れません。

人脈作りには趣味は欠かせないのです。

趣味の中には、以外にもマニアックなものもあるようです。

例えば、鉄道マニアの撮り鉄といわれるものです。

全国の鉄道スポットに出向いて撮ることは、話題がいっぱいあって話が弾むのです。

社交性が高い人は、趣味も広いのです。

体力がある

社交性の高い人は、ポジティブでかつアクティブなのです。

あちこちの仲間と交流をしているために、飛び回ることもあります。

場合によっては、損得を考えずに行動することもあります。

誰かの要請に合わせて、走り回ることもあるのです。

そして、いつも笑顔で対応することは、ストレスも増えるし体力も消耗します。

その体力や精神力を維持する気力があるのです。

社交性の高い人は、体力が必要なのです。

表情豊か

いろんな場面でいろんな人と、平等に対応するのです。

深刻な問題が起こってしまって、その解決に困っている所に出くわしたリ、よく知っているカップルが婚約したことを聞いたり、自分の仲間が行ったことにたいする批判を受けていかったりと、いろんな状況に遭遇します。

でも、社交性の高い人は、どんなことにも動揺することもなく、平常心で対応するのです。

ただ、喜怒哀楽の感情は持っているので、表情豊かな顔をするのです。

リアクションが大きい

自分の感情を素直に表現するには、大きなジェスチャーをすることもあります。

自分の気持ちをリアクションで伝えたいからです。

大事なことや、ぜひこれだけは知っておいてほしいとか、自分の主張を伝えたいという強い気持ちがある時には、自然にリアクションも大きくなるのです。

顔つきと声の大きさ、そしてリアクションと、相手にしっかりと理解してもらえるように表現するのです。

声が大きい

基本的には、社交性が高い人は声がよく通ります。

大きな部屋であろうと屋がいであろうと、独特の声を持っているのです。

部屋の外にいても、漏れ聞こえる声ですぐにあの人だと分かるのです。

声が大きいと、自信を持って話していると思えるので、小さな声でぼそぼそと話す人よりも信頼があるのです。

積極的に行動する

社交性が高い人の特徴です。

自分が気になる会合や趣味の会には、たとえ遠方だろうともすぐに出かけるのです。

忙しい時でも、疲れていても、継続して参加するのです。

参加するだけでなく、積極的に意見を交わし積極的に行動するのです。

ゆっくりと休んで停滞している時がないのです。

豊富な話題を持つ

いろんな人との交流の機会を持っているので、様々なジャンルの情報も仕入れています。

また、気になったテーマについては、積極的にその道の専門家に情報や意見を聞いて集めるのです。

そんな最新のテーマの会合や講演会があれば、熱心に出席してメモを取る性格なのです。

社交性が高い人は豊富な話題を持っているのです。

人当たりが良い

誰とでも平等に対話するには、堅ぐるしい顔つきでは相手が逃げてしまいます。

穏やかで笑顔を絶やさずに、人当たりが良いのです。

まずは、笑顔で挨拶してから、世間話に移るもよし、TVや新聞で話題のテーマについて語るもよし、その場の雰囲気に合わせて話ができるのです。

社交性が高い人は人当たりが良いのです。

人懐っこい

みんなから好かれることも必要です。

あの人が来るのなら出席しようという程、人気者になることも必要です。

皆さんは、きっと日頃の仕事でストレスも溜まっていることですから、あの人とおしゃべりして気持ちを切り替えようと思っている人もいるはずです。

それは、社交性が高い人は人懐っこい性格で、ふところが広いからです。

ある意味、会うことで癒されるのです。

自分に自信がある

社交的でない人は、自分の欠点に気を取られてしまい、上手く話ができないとか失敗してしまうのではないかと不安になるのです。

考え方がいつの間にかネガティブになっているのです。

逆に、社交性が高い人は何事も前向きに考えて、ポジティブで明るいのです。

ポジティブに考えることができるのは、自分に自信があるからです。

いろんな人から教えてもらった、情報や知識が溜まっているのです。

自信があるからこそ堂々と話すことができるのです。

世渡り上手

社交性が高い人は、様々な人との交流ができる人と言いました。

そして、継続的に交流を続けていくには、持っている多くの情報や知識を活用していくことができるからです。

相手に合わせて意見交換もできるのです。

相手の気持ちを汲み取って、きっちりとその場の空気も読めるのです。

相手への思いやりも、十分にできるのです。

すると、いろんな人から有益な情報も貰うことも増えてきて、今必要なことは何か、現在のトレンドは何なのかを掴むこともできるのです。

すると、それらの情報の中で自分に都合が良いものを選んで、実行することも可能なのです。

また、いろいろと有益な情報も手に入ります。

どのお店でいつ頃にバーゲンがあるとか、あのお店で電気製品を購入すると3倍ポイントがつくとか、主婦目線で有益な情報も得られるのです。

社交性が高い人は世渡り上手なのです。

️社交性が高いのは素敵な長所

社交性が高いのが良いのか低いのが良いのかという議論をすると、多くの人は社交性が高い方が良いと答えるでしょう。

その答えの理由は、やはり誰とでもすぐに打ち解けて話せることは、友達をたくさん作ることができるからです。

大きくなっても、ひとりでポツンと過ごすのは辛いからです。

女性が携帯で、誰かと長々と話している姿をよく見かけますが、これは誰かといつも繋がっていたいという気持ちからです。

誰かと話をすれば、自分の不満も話すこともできてストレスも減っていきます。

自分と同じ考え方を持っていることが分かれば、なぜか安心するのです。

日頃から疑問に思っていたことも、容易に聞くこともできます。

年頃の人にとっては、社交性が高いと異性とめぐり会う機会も高いのです。

就活中の人達にとっては、社交性が高い人の方が面接の時には有利なように思えます。

面接官との会話でも、たやすく笑顔を作れるし明るくポジティブな会話も得意だからです。

もちろん、面接時の会話の内容が重要ですが、面接までの心構えに余裕ができるのです。

社会に出ても、いろんな人とも容易に触れあうことができると、多様な知識や情報も手に入りやすくなります。

見識も広くなって、仕事や付き合いにも役に立つのです。

人脈ができると新しい人も紹介してもらえるし、人脈も広がっていきます。

社交性が高いことを有効に活用すれば、素敵な長所になるはずです。