CoCoSiA(ココシア)

よく目が合う異性の心理は?学校や職場で目が合うだけの関係の人がいるなら参考に


ふとしたときに異性と目が合うことはそう珍しいことではありませんが、それが何度も続くと「もしかして脈アリなのかも・・?」と思ってしまうことってありますよね。

とくに同じ相手とばかり目が合うと、嫌でも意識してしまうものです。

この記事では、目が合う時の脈アリ度はどれくらいなのかを、男女それぞれの心理でご紹介していきます。

うっかり勘違いしてしまわないように確認しておきましょう!

結構目が合う・・・これって?!

学校や職場で、ふとしたときに結構目が合う人っていませんか?

同性ならばよくあることですし、そう気になることでもありませんが、目が合う相手が異性となると、誰でも少なからず意識してしまうものです。

また、自分がそこまで親しくない相手やまったく見知らぬ異性の場合、気まずさを覚えてしまうこともあります。

こちらが人目を引くような大声を出したり、言動をしたりしたわけでもないのに、何故か目が合ってしまう。

それも、目が合う回数が一度や二度ではないと、どうしても相手の存在を意識してしまうものです。

それが毎日続くといやでも相手のことを覚えてしまい、また時々相手がいないことがあると、「今日はどうしたのだろう」なんていつの間にか自分の方が相手のことを気にしていることもあります。

そうなって初めて、自分が相手の異性に対して特別な感情を抱いていることに気付く人もいますし、そうでない人もいます。

その感情が「恋」に変わる人もいれば、「気持ち悪い」という嫌悪の感情に変わる人もいるでしょう。

もし目が合う異性に対する印象が悪いものでなければ・・・もしかしたら、この先に思わぬ展開が待っているのかもしれません。

目が合う時の男女別の心理


恋愛に対して積極的な考え方の人は、頻繁に目が合うことを「脈アリ」だと捉える傾向にあります。

一度や二度であれば、その日だけたまたま目が合ったと解釈することが出来ますが、何度も目が合うと、少なからず相手との間に何かあるのではないか、とつい思えてしまいますよね。

目が合うということは、自分も相手を見ていることになりますが、それでも相手がこちらを見ているからこそ目が合う関係が成立します。

ということは、相手はこちらに対して、何か思うところがあるのかもしれません。

そして相手が素敵な異性であるほど、うっかりそれを相手の脈アリサインだと思い込んでしまう人がいますが、早合点は禁物です。

目が合うことが、恋愛関係へ直結しているとは限りません。

もしかしたら、べつのことで自分に聞きたいことがあって視線を送っているだけなのかもしれません。

一人で思い込んで舞い上がることのないように、目が合うことがどの程度脈アリのサインなのか、男女別に心理を見ていきましょう。

男性

男性は女性に比べると、さまざまな心理状態から女性を見つめることがあります。

ちらっと通り過ぎざまに見ることもあれば、相手が気付くまでじっと見つめ続けることもあります。

「目は口程に物を言う」ということわざの通りに、もし男性が見つめる先の女性のことが好きであれば、きっと目だけではなく、表情にもそれが表れていることでしょう。

そして見つめる先の女性がふとこちらを振り向き目が合えば、嬉しさから思わず口元が緩んだり、反対にきゅっと引き締まったりして、一瞬挙動がおかしくなることも少なくはありません。

しかし、それらはあくまでも相手の女性に対して好意がある場合のみであり、それ以外の理由で見ているときにはまた違った表情をしています。

では、男性が女性を見つめることには、どのような理由が考えられるのでしょうか?

興味がある

好意とまではいかなくても、興味の対象である女性の場合には、つい言動を目で追ってしまうことがあります。

例えば、日頃から落ち着きのない言動が多い女性や、ユニークな性格をしている女性、周りの同性が噂をしている女性など、何となく自分が興味のある異性に対しては、そばにいれば無意識に視界に入れてしまうことがあります。

男性がその女性に対する関心を失うまでの間は、目につくところにいればつい目で追ってしまいます。

その結果、相手の女性と目が合う回数が多くなってしまうことがあります。

目が合えば見ていたということが女性に知られてしまうため、慌てて目を逸らしたり、不自然な動作になってしまったりすることはあります。

その動きを女性が「脈アリかも?」と勘違いをしてしまうこともあるかもしれません。

ですが、男性にとってはあくまでもただ興味があって見ていたというだけですので、それ以上の関係に発展することはあまりありません。

男性が女性を見ている内に段々と好意を抱くことはありますが、慌てて目を逸らしたことで勘違いした女性がアプローチを仕掛けてきても、そんな気はなく困惑してしまうだけでしょう。

気になることがある

男性は気になるものに対して、つい目で追ってしまうくせがあります。

もちろん女性にも同じような癖がありますが、男性の場合は女性よりもあまり隠さずに視線を向けます。

無意識であれば余計にじっと見つめてしまうことでしょう。

気になる内容は人それぞれですが、例えば前を歩く女性のスーツの裾からシャツがはみ出していたときや、エレベーターで乗り合わせた女性の寝癖が気になったときなど、見ないようにしていても、どうしても気になってちらちらと視線を向けてしまうことがあります。

その結果目が合ってしまうのです。

また、男性の場合は気になることがあっても、直接それを女性に指摘したり、尋ねたりすることがしにくいため、見つめるしか方法がないときもあります。

例えば女性のスカートがめくれているのを見つけたときに、それを教えた方がいいことは分かっていても、下手に指摘して「セクハラだ」などと騒がれたらたまったものではないでしょう。

それを恐れて何も言うことは出来ないけれども、気になってつい見てしまう、といったケースもあります。

自分に気づいてほしいと思う


自己主張の激しい男性や、どんな女性からもモテたいと考えている男性の場合、わざと相手が気付くまで見つめ続けることがあります。