CoCoSiA(ココシア)

壮行会をやる時の7個の注意点や準備とは?


私たちは年齢を重ねながら様々な経験をして、一人の人間として成長していくようになりますよね。

これは考えてみれば当たり前の事なのですが、私たちを取り巻く環境というのは常に変化し続けています。

変わらないでいることも良いことではありますが、環境が変化することによってその環境に適応するために自分自身を成長させることができると捉えることもできます。

なので、環境はどんどん変化させ続けた方が自分にとっても良い経験であると判断できます。

そんな環境の変化というものは私たちが幼い頃から経験しています。

例えば、ある程度の年齢になると家ではなく、学校に活動の場を移したり、中学校や高校、大学、職場と、人それぞれが様々な環境で様々な役割を経験しながら成長していくと考えることが出来ますので、幼い頃から実は環境の変化はたくさん経験しているのです。

そのような環境の変化をたくさん経験しながら、生きる上で必要な力を身につけていると考えることができます。

そして、それは大人になっても必要な事であり、大人になってからも、より今の自分を魅力的に成長させるために挑戦し続けて環境を変化させようとチャレンジしている人はたくさん存在しています。

そんな方の中には、何かにチャレンジするために遠く離れた場所に行かなければいけないことがあったりするような場合もあると思います。

そこで、今回はそのような方達に対して開催されている会である、壮行会をテーマにして、もしも壮行会をやる時に注意したい点や準備についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

️壮行会の幹事を任された!

社会人としてある程度長い年月を活躍し続けている方に関しては、これまで壮行会を経験したことがあるという方をたくさんいると思います。

もちろん、社会人として活躍している方だけが壮行会を経験しているわけではなく、学生の方などを壮行会を経験している方はたくさんいると思います。

そんな方たちの中にはこれまでに壮行会の幹事を任されたという経験がある方もいると思います。

壮行会などの催しなどは基本的には若い方が幹事を行ったりすることが一般的とされています。

例えば、社会人になって行われるとすれば社会人一年目の新人に幹事を任すような場合が多かったりするのです。

同様に学生であれば一番年数が低い学年の人が行ったりするのが通例となっています。

しかしながら、人によっては任されるのがとてつもなくプレッシャーに感じるような人も多くいると思います。

なぜならば、幹事はお店を決めなければいけませんし、当然お店によって必要な金額なども変わったりしますので、あまりにも高い金額のお店であれば周りからブーイングされたりするようなことも当然ありますし、お店の提出などが先輩たちの好きなテイストでなければ文句を言われてしまうことも覚悟しておかなければいけないからです。

誰でも失敗をするのは嫌ですし、必要以上に責任をとったりするのは嫌なものですが、そういう嫌な立場こそ若い人間が率先して行わなければいけないので、人生を生き抜く一つの勉強と思って受け入れる必要性があります。

壮行会を成功で終わらせるために


壮行会の幹事を任されたのであれば、内心は嫌だったとしても、引き受けないと印象も悪くなってしまいますし、社会人として行わなければいけない一つの役割でもありますので、快く引き受けましょう。

とは言っても、壮行会の幹事をするのであれば、当然様々なことに気を付けなければいけませんし、それなりに責任が伴うポジションであるという事を忘れないようにしてください。

なぜならば、壮行会で失敗してしまった場合は自分の責任になってしまうからです。

しかし、出来る限りポジティブに物事を捉えていただきたいと思います。

というのは、壮行会の幹事を引き受けて、大成功すればそれなりに力を認めてもらったり、上司からは使える人間だと思われやすいのです。

そうなる事により、普段から幹事などをお願いされやすくはなってしまうかもしれませんが、仕事においても何かと気にかけてもらったり、快く対応されたりと自分の評価に良い影響が出る可能性は高いのです。

それを踏まえて考えてみれば、一つの仕事だと思ってきっちり行う方がはるかに自分にメリットがありますし、アピールするチャンスでもありますので、前向きに物事をとらえるようにしましょう。

しかし、先ほどもお伝えしたように気を付けないといけない注意点などがあるのは事実なので、まずは何を気を付けなければいけないのかを知る前に、壮行会について知らない方は壮行会がどういうものなのかを知って頂く必要性がありますので、壮行会の基本的な知識について、まずはご紹介していきたいと思います。

️壮行会とは

年齢的に幼い方であったり、まだ壮行会を経験した事がない方からしてみれば、壮行会というものがどういう意味を持っている会なのか知らないというのも当然だと思います。

早くに経験している方からしてみれば、学生の時に経験している方もいますし、社会人としてある程度活躍しだしてから初めて経験したという方もいると思います。

自分自身の環境によって左右されていますので、こればかりは経験したことがあるないというのは個人差があって当然なのです。

しかしながら、社会人としてある程度の年齢になっているのであればこれぐらいの知識は持っておかなければ恥ずかしいので、もしも壮行会について知らないという方がいれば、正しい知識をこれをきっかけに身に付けるようにしてください。

壮行会の意味

壮行会とはどういう意味の会なのかと考えた時に、壮行会の意味は「試合に出場したり、新しい任務に向かう人を激励するための会」という意味を持っています。

つまり、学生の方であれば部活動で何らかの大会に出場したりするというような場合に、壮行会が開かれたりするのが一般的ですし、ビジネスにおいては、会社の命令で転勤が行われたり、異動などがあったりするときに行われるような会という事になるのです。

なので、これを経験している人は個人の環境などによって左右されますので、個人差があって当然なのです。

基本的にはおめでたい会であり、これから頑張ろうと思っている人に対して送り出すような会であるという事を知っておくと、そもそもの意味を正しく把握することが出来ると思います。

壮行の意味

壮行会とは、その名前の通り壮行というキーワードがついていますので、壮行を行う会だと理解する事が出来るのですが、人によっては壮行という言葉の意味をよく理解していない方もいらっしゃると思います。

壮行とはどういう意味なのかと考えた時に、壮行とは「遠くへ行く人の出発などに当たり、前途を祝い、励まして送ること」という意味を持っています。

なので、その人たちに対して励ましを送ったり、若しくはこれまでお疲れ様でしたというような感謝の気持ちを持ったりするような会であると理解する事ができるのです。

これを理解しておかないと、そもそも会のコンセプト自体を勘違いしてしまうような事になりかねませんので、必ず理解しておくようにしましょう。

ただの会社の飲み会というのとでは、ちょっと意味が違いますので、あくまで主役が存在するという事を念頭に置いておきましょう。

オリンピックなどのスポーツ選手の壮行会は有名


どちらかというと壮行会に関しては他に存在する会などとは違い、開催頻度が少ない傾向にあったりしますので、経験した事がないという方も多かったりしますし、どんな会になるのか少し見通しが立たないという方もいるかもしれません。

なので、壮行会において有名な状況を想定していただくとすれば、オリンピックなどのスポーツ選手の壮行会などを想像していただくと分かりやすいと思います。

オリンピックのスポーツ選手の壮行会などはテレビなどでも取り上げられたりして、実際に見たことがあるような人もよくいると思います。