私たちは年齢を重ねながら様々な経験をして、一人の人間として成長していくようになりますよね。

これは考えてみれば当たり前の事なのですが、私たちを取り巻く環境というのは常に変化し続けています。

変わらないでいることも良いことではありますが、環境が変化することによってその環境に適応するために自分自身を成長させることができると捉えることもできます。

なので、環境はどんどん変化させ続けた方が自分にとっても良い経験であると判断できます。

そんな環境の変化というものは私たちが幼い頃から経験しています。

例えば、ある程度の年齢になると家ではなく、学校に活動の場を移したり、中学校や高校、大学、職場と、人それぞれが様々な環境で様々な役割を経験しながら成長していくと考えることが出来ますので、幼い頃から実は環境の変化はたくさん経験しているのです。

そのような環境の変化をたくさん経験しながら、生きる上で必要な力を身につけていると考えることができます。

そして、それは大人になっても必要な事であり、大人になってからも、より今の自分を魅力的に成長させるために挑戦し続けて環境を変化させようとチャレンジしている人はたくさん存在しています。

そんな方の中には、何かにチャレンジするために遠く離れた場所に行かなければいけないことがあったりするような場合もあると思います。

そこで、今回はそのような方達に対して開催されている会である、壮行会をテーマにして、もしも壮行会をやる時に注意したい点や準備についてご紹介していきたいと思います。

️壮行会の幹事を任された!

社会人としてある程度長い年月を活躍し続けている方に関しては、これまで壮行会を経験したことがあるという方をたくさんいると思います。

もちろん、社会人として活躍している方だけが壮行会を経験しているわけではなく、学生の方などを壮行会を経験している方はたくさんいると思います。

そんな方たちの中にはこれまでに壮行会の幹事を任されたという経験がある方もいると思います。

壮行会などの催しなどは基本的には若い方が幹事を行ったりすることが一般的とされています。

例えば、社会人になって行われるとすれば社会人一年目の新人に幹事を任すような場合が多かったりするのです。

同様に学生であれば一番年数が低い学年の人が行ったりするのが通例となっています。

しかしながら、人によっては任されるのがとてつもなくプレッシャーに感じるような人も多くいると思います。

なぜならば、幹事はお店を決めなければいけませんし、当然お店によって必要な金額なども変わったりしますので、あまりにも高い金額のお店であれば周りからブーイングされたりするようなことも当然ありますし、お店の提出などが先輩たちの好きなテイストでなければ文句を言われてしまうことも覚悟しておかなければいけないからです。

誰でも失敗をするのは嫌ですし、必要以上に責任をとったりするのは嫌なものですが、そういう嫌な立場こそ若い人間が率先して行わなければいけないので、人生を生き抜く一つの勉強と思って受け入れる必要性があります。

壮行会を成功で終わらせるために


壮行会の幹事を任されたのであれば、内心は嫌だったとしても、引き受けないと印象も悪くなってしまいますし、社会人として行わなければいけない一つの役割でもありますので、快く引き受けましょう。

とは言っても、壮行会の幹事をするのであれば、当然様々なことに気を付けなければいけませんし、それなりに責任が伴うポジションであるという事を忘れないようにしてください。

なぜならば、壮行会で失敗してしまった場合は自分の責任になってしまうからです。

しかし、出来る限りポジティブに物事を捉えていただきたいと思います。

というのは、壮行会の幹事を引き受けて、大成功すればそれなりに力を認めてもらったり、上司からは使える人間だと思われやすいのです。

そうなる事により、普段から幹事などをお願いされやすくはなってしまうかもしれませんが、仕事においても何かと気にかけてもらったり、快く対応されたりと自分の評価に良い影響が出る可能性は高いのです。

それを踏まえて考えてみれば、一つの仕事だと思ってきっちり行う方がはるかに自分にメリットがありますし、アピールするチャンスでもありますので、前向きに物事をとらえるようにしましょう。

しかし、先ほどもお伝えしたように気を付けないといけない注意点などがあるのは事実なので、まずは何を気を付けなければいけないのかを知る前に、壮行会について知らない方は壮行会がどういうものなのかを知って頂く必要性がありますので、壮行会の基本的な知識について、まずはご紹介していきたいと思います。

️壮行会とは

年齢的に幼い方であったり、まだ壮行会を経験した事がない方からしてみれば、壮行会というものがどういう意味を持っている会なのか知らないというのも当然だと思います。

早くに経験している方からしてみれば、学生の時に経験している方もいますし、社会人としてある程度活躍しだしてから初めて経験したという方もいると思います。

自分自身の環境によって左右されていますので、こればかりは経験したことがあるないというのは個人差があって当然なのです。

しかしながら、社会人としてある程度の年齢になっているのであればこれぐらいの知識は持っておかなければ恥ずかしいので、もしも壮行会について知らないという方がいれば、正しい知識をこれをきっかけに身に付けるようにしてください。

壮行会の意味

壮行会とはどういう意味の会なのかと考えた時に、壮行会の意味は「試合に出場したり、新しい任務に向かう人を激励するための会」という意味を持っています。

つまり、学生の方であれば部活動で何らかの大会に出場したりするというような場合に、壮行会が開かれたりするのが一般的ですし、ビジネスにおいては、会社の命令で転勤が行われたり、異動などがあったりするときに行われるような会という事になるのです。

なので、これを経験している人は個人の環境などによって左右されますので、個人差があって当然なのです。

基本的にはおめでたい会であり、これから頑張ろうと思っている人に対して送り出すような会であるという事を知っておくと、そもそもの意味を正しく把握することが出来ると思います。

壮行の意味

壮行会とは、その名前の通り壮行というキーワードがついていますので、壮行を行う会だと理解する事が出来るのですが、人によっては壮行という言葉の意味をよく理解していない方もいらっしゃると思います。

壮行とはどういう意味なのかと考えた時に、壮行とは「遠くへ行く人の出発などに当たり、前途を祝い、励まして送ること」という意味を持っています。

なので、その人たちに対して励ましを送ったり、若しくはこれまでお疲れ様でしたというような感謝の気持ちを持ったりするような会であると理解する事ができるのです。

これを理解しておかないと、そもそも会のコンセプト自体を勘違いしてしまうような事になりかねませんので、必ず理解しておくようにしましょう。

ただの会社の飲み会というのとでは、ちょっと意味が違いますので、あくまで主役が存在するという事を念頭に置いておきましょう。

オリンピックなどのスポーツ選手の壮行会は有名


どちらかというと壮行会に関しては他に存在する会などとは違い、開催頻度が少ない傾向にあったりしますので、経験した事がないという方も多かったりしますし、どんな会になるのか少し見通しが立たないという方もいるかもしれません。

なので、壮行会において有名な状況を想定していただくとすれば、オリンピックなどのスポーツ選手の壮行会などを想像していただくと分かりやすいと思います。

オリンピックのスポーツ選手の壮行会などはテレビなどでも取り上げられたりして、実際に見たことがあるような人もよくいると思います。

スポーツ選手として活躍をするためには、知ってる方をたくさんいると思いますがスポンサー企業などをお願いする必要性があり、スポンサー企業はその選手のために様々なサポートを行ったりというのが一般的に知られています。

その関係性を考慮して考えてみると、一般的には壮行会などを開く場合は、企業の関係者などが募って壮行会を開いたりするのが主になります。

なので、感覚的にはオリンピック選手の壮行会を想像してもらえればすぐに理解できるようになるはずです。

️壮行会をやるべき人

壮行会の基本的なコンセプトなどがお分かりいただけたと思いますが、具体的に壮行会を行い際に、どのような人に対して行うのかということがいまいちしっくりきていない人がいるかもしれませんね。

先ほどもお伝えした通り、壮行会の意味は「試合に出場したり、新しい任務に向かう人を激励するための会」という意味になりますので、当然それに該当するような人に対して行われるのですが、一般企業で考えた時に、疑問を感じるような人もいるかもしれませんので、ここからはどのような人を対象にして壮行会が行われるものなのかという事をご紹介していきたいと思います。

これを理解しておけば、壮行会の全容などが一通り理解できるようになると思いますので、参考にしてください。

異動で離れる人

一般的に考えて壮行会をやるべき人としては「異動で離れる人」が該当すると考えることが出来ます。

これはどういうことかと言いますと、会社員としてある程度経験がある方はすぐにわかると思いますが、私たちが一般的に所属している会社というものには様々な部署が存在していることが分かりいただけると思います。

例えば、会社において一番重要である売上を上げるために営業部が存在していたり、会社の主力の商品を開発するための商品開発部、会社の様々なことに対して対応する総務部、場合によっては会社の金銭的な面を管理する経理部など、様々ま部署に分かれて人間が専門の仕事を行っています。

これらの事から考えて、会社には様々な部署が存在し、役割分担を行っているという事が理解できると思いますが、場合によっては適材適所で部署が移動になるような事もあったりします。

その場合は会社内の異動などが行なわれるという事になりますので、壮行会を開く対象になるのです。

それ以外にも、会社がたくさんの支社が存在するのであれば、それぞれの支社で活躍してもらうために、地方の支社に転勤になるような事なども十分考えられますよね。

そのような場合でも、等しく人事異動として扱われますので、壮行会の対象になるという事です。

一般的には総合職として採用された場合はこのような人事異動についてある程度了承した上で雇用契約を結んでいる場合が多かったりするので、必然的に総合職で雇用してもらっている方は経験する頻度が高くなると考えることが出来ます。

なので、様々な理由があると思いますが、異動によって離れる人は壮行会に対象になるという事を理解しておいてください。

出張で遠くへ行く人

一般的に考えて壮行会をやるべき人としては「出張で遠くへ行く人」が該当すると考えることが出来ます。

これに関しては先ほどご紹介した通りなのですが、場合によっては短期間だけ出張という形で地方の支社に出向くような事にある場合が考えられます。

一般的には、本社勤務の人間が地方の売り上げが悪い地域や、出来が悪い場所などを再建するために派遣されるような形になる事が多かったりすると思いますが、それだけではありません。

例えば、総合商社などに関しては、世界で取引をしたり、活躍している企業などがたくさん存在していますので、その場合などには海外などに派遣されるような事も十分考えられるのです。

なので、海外で数年間働かないといけないというような事などもありますので、その場合も壮行会が開かれる対象になり得ると考えることが出来るのです。

しかしながら、結局は会社の都合でどこかに長期間出張しないといけなくなった場合と共通しますので、そこまで難しく考えなくても、単純に長期の出張があるならば行うべきだと理解しておけば良いでしょう。

産休をとる人

一般的に考えて壮行会をやるべき人としては「産休をとる人」が該当すると考えることが出来ます。

人によっては、まず産休という言葉がどのような意味を持っているのかよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

産休とは「産前産後休業という言葉の略称言葉であり、一般的には働く女性が出産前と出産後に取得することができる労働基準法で定められた休業期間のこと」を意味している言葉です。

女性は自分のおなかの中に子供の命を宿らせていますので、当然出産時期になると仕事を行えるような状況にはなりません。

特に場合によっては命の危機に面する場合も考えられるため、この時期に仕事を行うという事は一般的に考えて不可能です。

しかしながら、だからといってそれを理由に会社を退職するのは女性にとってはあまりにも不利な環境ですよね。

なのでこのような産休という制度が存在しているのです。

産休を利用する事により、一定期間のみ職場を離れて、ある程度環境が落ち着いてきたら戻ってくるというような制度利用が可能になっているのです。

それを考えてみると、先ほどご紹介した出張で遠くに行くような人と環境などはかなり似ているという事は分かるはずで。

なので産休を取って一定時期だけ仕事から離脱する人も壮行会の対象に入ると考えることが出来るのです。

ちなみに、今話題になっているイクメン等に関してはあくまで「育児休暇」という制度になるため、別物であるという事を理解しておいてください。

️壮行会開催に向けた7個の注意点・ポイント

ここまでは、壮行会のそもそもの意味や、壮行会を開く際に対象になる方などをご紹介していきました。

ここまでのご紹介した内容を踏まえて考えてみれば、ある程度壮行会についての知識は身に付けて頂けたと思いますが、一番大事なのは壮行会を開催する上での注意点です。

これを理解しておかないと、壮行会が失敗になってしまいやすいですので、壮行会の幹事に選ばれた方は必ず注意しておかなければいけない点です。

初めて壮行会の幹事を行うという方は、必ず意識した上で幹事としての役割を全うするようにしてください。

早い段階でこのスキルを身に付けておけば、会社に所属している期間は必ず役に立つスキルいでもありますんで、身に付けておきましょう。

みんなが参加しやすい日時を選ぶ

まず初めにご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「みんなが参加しやすい日時を選ぶ」ということです。

なぜ壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしてみんなが参加しやすい日時を選ばなければいけないのかと考えた時に、やはり壮行会ですから、たくさんの人に来てもらわないとそもそも会が盛り上がらないからという事が一番の理由になります。

一般的に考えて、人数がたくさんいた方が必ずその会も盛り上がるようになりますよね。

もしも、人数が少ししかいないような会になってしまうと場の空気は盛り下がってしまいます。

もしも自分が逆の立場になったと考えて、自分が壮行会を開いてもらう立場で周りの人があまり来てくれなかったとなると悲しい気持ちになりませんか?
せっかく頑張ってきたのに、このような形だったら頑張る気持ちにもなれないと感じると思います。

なので、幹事として責任を果たすのであれば、たくさんの人に参加してもらうという事を第一に考えなければいけないのです。

そのためには、たくさんの人が参加しやすいような日時を選ぶ必要性があるのです。

面倒かもしれませんが、会社の人間が一番参加できる日にちを把握するためにアンケートを取ったり、根回しをしたりするのが求められる仕事になります。

このような細かい仕事などを行って初めて幹事としての仕事を100%行えるようなるのです。

ただ飲み会の日にちと参加人数を確認するというだけでは幹事としての仕事としては不十分です。

ちゃんと相手の気持ちも考慮した上で壮行会の幹事を行えば、周りに人からは感謝されますし、頑張りも認められて高評価をもらえるようになると思いますよ。

適切な予算を打ち出す

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「適切な予算を打ち出す」ということです。

なぜ適切な予算を打ち出す事が壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、お金の事に関してはきちんとシビアに考えなければいけないからです。

例えば、もしもあなたが壮行会に呼ばれる立場だったとして、せっかくだから足を運んだとして、想像以上に高い金額の料金を取られたらどう思いますか?
人によっては仕方ないと思えるかもしれませんが、高い金額を払うのは厳しい人や、半ば強制で来て高額の支払いは納得いかないと考える人もいるかもしれません。

場合によっては、高い金額を払うのが嫌だからという理由で参加してもらえない可能性もあるかもしれません。

そうなってしまうと、そもそもたくさんの方が楽しく参加してもらうことができなくなりまし、参加人数が減ることによって主役の人も悲しい気持ちになったり、気を使ったりしてしまわなければいけなくなりますよね。

そうなってしまうとせっかくの壮行会が空気が悪くなって台無しになってしまうのです。

なので、お金の事に関してはきちんとシビアに考えて、それなりの金額で抑えられるような会にしなければいけないのです。

お金の不満はかなり印象が悪いので、絶対に防がないといけません。

しかしながら、初めて幹事をするという方はどれぐらいの金銭的な負担を考慮しておけば良いのか分からない方も多いと思います。

そのような場合であれば、身の回りの先輩なのにいつもどれぐらいの金額で行われているのかということなどを聞いておけば問題になるような事はありませんので、かならずこれくらいの情報収集は行うようにしましょう。

主役の好みを考えたお店選び

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「主役の好みを考えたお店選び」ということです。

なぜ主役の好みを考えたお店選びが壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、幹事として会をセッティングするのであれば、大切なのは主役の人間にきちんと喜んでもらえるかどうかということです。

確かにその飲み会に参加する大多数の人が満足をするのが一番良いとは思うのですが、あくまで今回開かれる会の主役が楽しめるかどうかが一番の大切なポイントなのです。

たくさんの方が満足しても主役の方が満足できていなかったらその壮行会は成功だとは言えないのです。

なので、主役の方が少しでも喜んでもらえるような気遣いを行うという事は幹事として当たり前の求められる責任なのです。

それを踏まえて考えてみれば、主役の人間がどのようなお店が好きで、どのような料理が好きなのかということなのをある程度リサーチしておくのが大切なのです。

人によっては綺麗でお洒落な場所が好きだという方もいますし、魚料理が嫌いな方などもいると思います。

それを踏まえて考えると、清潔感があって今風のおしゃれなお店に連れて行ってあげた方が喜んでもらえる可能性は高いですし、魚が食べられない人なのであればお肉がメインのお店をコンセプトにすると喜んでもらえる確率が高くなります。

たった少しのリサーチをするだけで主役の好みを考えたお店選びができるようになりますので、面倒かもしれませんが必ずリサーチはおこなっておくようにしてください。

これを無意識で行えるようになれば、恋愛面においても必ず役に立ちますし、人間関係においての気遣いも出来る人間になれるようになりますよ。

メッセージを考えておく

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「メッセージを考えておく」ということです。

メッセージを考えておく事がなぜ壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、これをしっかりと行うことができるかどうかで周りの人の評価が大きく変わる可能性があるからです。

メッセージというのは最初の挨拶の事であり、幹事を行った場合は壮行会が開催される際に周りを代表して挨拶をすることが多いです。

この時のメッセージについてある程度しっかりとしたメッセージを話すことができると、周りの人間から優秀な人間だと思われたり、意外と頼りになるという印象を植え付けることが可能になるのです。

逆に、このメッセージが上手にできていないと頼りない印象を与えたり、仕事ができないような印象を与えてしまいがちになってしまいます。

しかしながら、幹事としての経験が乏しい方は何をしゃべればいいのか全く分からないような人も多いと思います。

なので、いくつかの注意点を守っていただくようにするだけで全く違うと思いますので、気を付けるようにしてください。

注意点としては、だらだらと長く喋りすぎるのはお勧めできませんので、出来れば1分以内に終わるように心がけて、後はセッティングした飲み会の料理のコースや飲み放題なのかどうかなどの基本的な情報、後は事前に立場が上の方に飲み会の乾杯の音頭のお願いを伝えておき、メッセージの時にうまく降るようにすればOKです。

要点を抑えればそこまで難しい事ではありませんので、しっかりと事前に注意点を把握してメッセージを送るようにしましょう。

相手を考えた贈り物をチョイス

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「相手を考えた贈り物をチョイス」ということです。

なぜ相手を考えた贈り物をチョイスする事が壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、この贈り物を何も考えずに贈ってしまった場合、場合によってはシケた雰囲気になってしまうからです。

なぜなのかと考えた時に、例えば壮行会などを開く際には、会社の方から主役に方に向けて予算内で何かプレゼントを贈るような事をしたりする場合があると思います。

基本はどんなものでも嬉しいものですが、あまりにも変な贈り物だった場合は喜んでもらえない場合もありますので、空気が微妙になってしまいがちですし、相手にとっても失礼になってしまったり、幹事としての責任が問われてしまう自体になってしまいます。

例えば、産休を取る人には当然、子どもが出来た時に役立てるようなプレゼントなどが望ましいと思いますが、それなのに子どもとは無縁なプレゼントなどをもらったりする場合は、ん?と思ってしまいますよね。

なので、必ずもしも壮行会でプレゼントなどを相手に送る予定があるのであれば、相手にちなんだものなどを送るようにして挙げてください。

そうすることによって相手が喜んでくれる可能性も高くなりまし、周りの雰囲気が盛り上がったりしますので、結果的に幹事としての評価も高まるはずです。

案内状を正しく作成する

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「案内状を正しく作成する」ということです。

なぜ案内状を正しく作成する事が壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、もしも案内所を正しく作成することができるに間違った案内状を作成してしまった場合は、何かしらのミスが起きてしまったり、自分の評価が下がる原因になってしまう可能性があるからです。

例えば、案内状に記載をする開催場所や時間などが間違っていた場合、どうなるでしょうか。

考えなくてもわかると思いますが、お店にも迷惑がかかりますし、招待されて参加する人間に関しても大きな迷惑がかかってしまいますよね。

場合によっては会の時間が短くなってしまって、予定よりも大幅にずれてしまう可能性も生まれます。

そうなってしまうと、幹事としての責任能力がないと判断されてしまいますし、仕事も出来ない人間だと烙印を押されてしまいます。

そうなってしまっても自分にも大きな損になってしまいますので、必ず案内状などに記載する内容が間違っていないかどうかチェックするようにしてください。

言葉遣いなども間違った言葉遣いを用いないようにチェックをしておきましょう。

盛り上げイベントを考える

次にご紹介する壮行会開催に向けた注意点・ポイントとしては「盛り上げイベントを考える」ということです。

なぜ盛り上げイベントを考える事が壮行会開催に向けた注意点・ポイントになるのかと考えた時に、盛り上げイベントを事前に考えておくことによってその会がより楽しい会に変化しますし、満足のいく会になると実力を評価してもらえる可能性が生まれるからです。

例えば、一般的にはビンゴ大会などを開催したり、会社の中の人間でコントをしたりなど、何かしらの催しものを用意しておく事がおすすめなのです。

ちょっと手間はかかるかもしれませんが、現在であればビンゴの用意などもそこまで金銭的に負担がかかるようなものでもありませんので、おすすめですよ。

️壮行会で主役をしっかりと送り出そう!

幹事として壮行会を開く場合は、それなりに気遣わないといけない事などはたくさんありますが、面倒な事だからこそ積極的に引き受ける事で、会社の人間から良い評価をもらったりするような事などもあります。

自分を魅力的にアピールするチャンスだと思い、積極的になる事でより自分を成長させるチャンスを生かす事もできますので、壮行会があるのであれば、進んで幹事を経験してみる事をおすすめします。

完璧な幹事を行って、しっかりと主役を送り出してあげてみてください。