CoCoSiA(ココシア)

啓蒙と啓発はどう違うの?正しい使い方をしないと馬鹿にしてると思われる!


私たちが使用している日本語は複雑な意味を持っている漢字が様々存在しています。

私たちは生まれてから今現在に至るまで日本語をメインで使ってる方が大半を占めていると思いますが、日本語をメインで使っている私たちでさえ場合によっては正しい漢字の意味がわからないという状況が存在します。

なぜ日本語をメインで使っている私たちが漢字の意味を理解できていないのかと考えると、理由としては漢字の数がたくさんありすぎて勉強する時間がないという事が大きな理由であるといえます。

一般的に考えて漢字の意味を勉強したりする機会に恵まれているのは学生として活動する中で、国語の授業を受けたりしている場面のみである可能性が高いです。

しかし、国語の時間全てを漢字の意味の勉強に費やせるかといえばそうではなく、それ意外の国語の勉強なども行わなければいけない為、結果的に考えると漢字全てを勉強することは不可能なのです。

なので、難しい漢字に関しては特に意味がわからないようなものが存在したままになってしまい、それを勉強することなく大人になってしまった場合は感じる意味がわからないという現象が起きてしまうのです。

普段から読書などを行っているような方に関しては、ある程度難しい言葉の意味などを理解しているかもしれませんが、読書などの習慣がない方は難しい感じなどは勉強したり、知ったりする機会は少なくなってくるでしょう。

個人差はありますが、一般的には国語について専門的に勉強している人以外は大抵知らない感じや漢字の意味などは存在しますが、大人になった状態で一般的に知っている漢字などを知らなった場合は恥ずかしい経験をしてしまうので注意が必要です。

そこで、今回は難しい漢字だと言われている啓蒙と啓発をテーマにして、啓蒙と啓発の違いの意味をご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

似ているようで異なる言葉

啓蒙と啓発という言葉はとても似ている言葉として知られています。

そもそも漢字自体を確認してみても、かなり似ているような漢字であるという事はよくわかるはずです。

しかしながら、なかなか国語の授業で習ったりすることも少ない漢字になりますし、大人になると日本語について勉強したりするような機会は激減してしまいますので、人によっては意味の違いが全くわからないと感じてるような方もたくさんいらっしゃると思います。

わからない漢字があるのは、誰しもが同じことなのでそこは悪いことではないのですが、この言葉については日常生活で使ったりする可能性が高くはないですが十分考えられる感じになります。

なので、少しでも日常生活で使用される可能性がある言葉なのであれば、わからないまま放置をしておくのは悪いことです。

きちんとわからないのであれば分かるように調べてそれを自分の知識としてインプットして身につけるようにしなければ、いつか必ず漢字がわからなくて困った状況を招いてしまいかねません。

めんどくさいかもしれませんが一つ一つ分からない事を分かるように努力をしていくことも人生において大切な事であり、行わなければいけない事です。

なので、もしも啓蒙と啓発という言葉の違いがわかっていないのであれば、この機会にこの二つの言葉の明確な違いやそれぞれの持っている意味について正しく理解することができるようなきっかけとして役立ててください。

間違って使うと恥ずかしい

日本語の中には、意味が似ていたり、漢字自体が似ていたりしてどちらの漢字がどのような状況で使えばいいのかわからないような言葉というのはたくさん存在しています。

しかしながら、そのようなことを放置したままにしてしまうと間違って使ったりしてしまったりして恥ずかしい気持ちになります。

立場がある人間の場合に関しては、相手から大したことない人間だと思われてしまったりする可能性もありますので、ビジネスの場面においてはとても重要な要素であると判断することができます。

少しでも分からないことがあるのであれば早い段階で勉強して正しい知識を身につけておくことで、間違った言葉を使う可能性を極端に下げることもできますので、自分自身を成長させるという意味でもわからない言葉を新しく知る習慣を身につけるようにしてみましょう。

啓蒙と啓発の違い、知ってますか?

啓蒙と啓発という言葉の違いを明確にご存知の方は特に問題ないかもしれませんが、この二つの言葉の違いがよくわかっていない方は危険です。

まだ社会人としての経験が無い方であったり、社会人経験がまだまだ乏しいような方に関してはわからないでも無理はありませんが、ある程度社会人としての経験を持っている方で、言葉の意味が分かっていない場合は理解しておくようにしましょう。

逆のことを想定するのであれば、この二つの言葉の違いを明確に理解しておくようにすれば、周りの人間からできる人間だと思われたり、難しい言葉を理解している博識な人間だと思われたりするようなきっかけになります。

そうなることによって、場合によってはビジネスの関係上で良い効果を相手に与えることができる場合もありますし、自分にとってとてつもなく大きなメリットにつながる可能性もあります。

なので自分の成長に繋がるという結果になりますので、分からない言葉を前にしてネガティブな感情を抱くのではなく、ポジティブな感情を抱くように考え方をシフトして取り組むようにしてみましょう。

どちらも”教え”に関する言葉


啓蒙と啓発という言葉がなぜ似ているような意味を持っているのかということを少し考えてみましょう。

この二つの言葉がなぜ似ている意味を持っているのかと考えた時に、考えられる理由としてはこの二つの言葉のそれぞれのコンセプトがかなり似ているということが理由の一つになります。

どういうことかと言いますと、啓蒙と啓発という言葉に関しては二つとも教えに関する言葉であるという事がわかります。

なので、基本的なコンセプトが似ているために実際にその言葉を使う状況になった時にどちらの言葉を使えば良いのか分からなくなり、意味が混同してしまいやすくなるのです。

同じようなシチュエーションでも使われるような言葉でもある為、なおさら意味がわかりづらいのです。

しかしながら、厄介なのがこの二つの言葉を間違って使ってしまうと、時には、相手に対して失礼な言い方になってしまう可能性もあります。

そうなってしまいますと、ただ単に漢字を知らないというだけではなく、礼儀すら持っていない人物であると判断されてしまうのです。

それはビジネスの場面でもプライベートの場面でも、どちらにしても自分にとって大きな損につながってしまいます。

人間関係を形成する場面において、デメリットになりかねませんので、それを無くすためにも正しい意味を理解しておきましょう。

啓蒙と啓発のそれぞれの意味

啓蒙と啓発という言葉の意味を理解し、それぞれの言葉の違いを比較するためにはまずはそれぞれの意味を正しく理解するところから始めなければいけません。

それぞれの意味を正しく理解して、比較する事により両社の細かい違いなどがわかるようになるため、簡単に両者の言葉の意味を理解してみましょう。

啓蒙と啓発、それぞれの意味からご紹介していきますので、意味を理解する参考にしてください。

「啓蒙」の意味

まずは啓蒙という言葉がどのような意味を持っているのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

啓蒙という言葉は「無知の人に教えて、正しい知識に導くこと」という意味を持っている言葉です。

つまり、何も知らない人に対して正しい知恵を与えることによって、正解に導いてあげるようにする事を意味している言葉であると判断することが出来ます。

なので、どちらかといえば自分が相手に対ししてあげるというようなことを意味していると捉えることが出来ます。

何も知らない相手に対して知恵を授ける、優しい行いであると判断することが出来ます。