私たちが使用している日本語は複雑な意味を持っている漢字が様々存在しています。

私たちは生まれてから今現在に至るまで日本語をメインで使ってる方が大半を占めていると思いますが、日本語をメインで使っている私たちでさえ場合によっては正しい漢字の意味がわからないという状況が存在します。

なぜ日本語をメインで使っている私たちが漢字の意味を理解できていないのかと考えると、理由としては漢字の数がたくさんありすぎて勉強する時間がないという事が大きな理由であるといえます。

一般的に考えて漢字の意味を勉強したりする機会に恵まれているのは学生として活動する中で、国語の授業を受けたりしている場面のみである可能性が高いです。

しかし、国語の時間全てを漢字の意味の勉強に費やせるかといえばそうではなく、それ意外の国語の勉強なども行わなければいけない為、結果的に考えると漢字全てを勉強することは不可能なのです。

なので、難しい漢字に関しては特に意味がわからないようなものが存在したままになってしまい、それを勉強することなく大人になってしまった場合は感じる意味がわからないという現象が起きてしまうのです。

普段から読書などを行っているような方に関しては、ある程度難しい言葉の意味などを理解しているかもしれませんが、読書などの習慣がない方は難しい感じなどは勉強したり、知ったりする機会は少なくなってくるでしょう。

個人差はありますが、一般的には国語について専門的に勉強している人以外は大抵知らない感じや漢字の意味などは存在しますが、大人になった状態で一般的に知っている漢字などを知らなった場合は恥ずかしい経験をしてしまうので注意が必要です。

そこで、今回は難しい漢字だと言われている啓蒙と啓発をテーマにして、啓蒙と啓発の違いの意味をご紹介していきたいと思います。

似ているようで異なる言葉

啓蒙と啓発という言葉はとても似ている言葉として知られています。

そもそも漢字自体を確認してみても、かなり似ているような漢字であるという事はよくわかるはずです。

しかしながら、なかなか国語の授業で習ったりすることも少ない漢字になりますし、大人になると日本語について勉強したりするような機会は激減してしまいますので、人によっては意味の違いが全くわからないと感じてるような方もたくさんいらっしゃると思います。

わからない漢字があるのは、誰しもが同じことなのでそこは悪いことではないのですが、この言葉については日常生活で使ったりする可能性が高くはないですが十分考えられる感じになります。

なので、少しでも日常生活で使用される可能性がある言葉なのであれば、わからないまま放置をしておくのは悪いことです。

きちんとわからないのであれば分かるように調べてそれを自分の知識としてインプットして身につけるようにしなければ、いつか必ず漢字がわからなくて困った状況を招いてしまいかねません。

めんどくさいかもしれませんが一つ一つ分からない事を分かるように努力をしていくことも人生において大切な事であり、行わなければいけない事です。

なので、もしも啓蒙と啓発という言葉の違いがわかっていないのであれば、この機会にこの二つの言葉の明確な違いやそれぞれの持っている意味について正しく理解することができるようなきっかけとして役立ててください。

間違って使うと恥ずかしい

日本語の中には、意味が似ていたり、漢字自体が似ていたりしてどちらの漢字がどのような状況で使えばいいのかわからないような言葉というのはたくさん存在しています。

しかしながら、そのようなことを放置したままにしてしまうと間違って使ったりしてしまったりして恥ずかしい気持ちになります。

立場がある人間の場合に関しては、相手から大したことない人間だと思われてしまったりする可能性もありますので、ビジネスの場面においてはとても重要な要素であると判断することができます。

少しでも分からないことがあるのであれば早い段階で勉強して正しい知識を身につけておくことで、間違った言葉を使う可能性を極端に下げることもできますので、自分自身を成長させるという意味でもわからない言葉を新しく知る習慣を身につけるようにしてみましょう。

啓蒙と啓発の違い、知ってますか?

啓蒙と啓発という言葉の違いを明確にご存知の方は特に問題ないかもしれませんが、この二つの言葉の違いがよくわかっていない方は危険です。

まだ社会人としての経験が無い方であったり、社会人経験がまだまだ乏しいような方に関してはわからないでも無理はありませんが、ある程度社会人としての経験を持っている方で、言葉の意味が分かっていない場合は理解しておくようにしましょう。

逆のことを想定するのであれば、この二つの言葉の違いを明確に理解しておくようにすれば、周りの人間からできる人間だと思われたり、難しい言葉を理解している博識な人間だと思われたりするようなきっかけになります。

そうなることによって、場合によってはビジネスの関係上で良い効果を相手に与えることができる場合もありますし、自分にとってとてつもなく大きなメリットにつながる可能性もあります。

なので自分の成長に繋がるという結果になりますので、分からない言葉を前にしてネガティブな感情を抱くのではなく、ポジティブな感情を抱くように考え方をシフトして取り組むようにしてみましょう。

どちらも”教え”に関する言葉


啓蒙と啓発という言葉がなぜ似ているような意味を持っているのかということを少し考えてみましょう。

この二つの言葉がなぜ似ている意味を持っているのかと考えた時に、考えられる理由としてはこの二つの言葉のそれぞれのコンセプトがかなり似ているということが理由の一つになります。

どういうことかと言いますと、啓蒙と啓発という言葉に関しては二つとも教えに関する言葉であるという事がわかります。

なので、基本的なコンセプトが似ているために実際にその言葉を使う状況になった時にどちらの言葉を使えば良いのか分からなくなり、意味が混同してしまいやすくなるのです。

同じようなシチュエーションでも使われるような言葉でもある為、なおさら意味がわかりづらいのです。

しかしながら、厄介なのがこの二つの言葉を間違って使ってしまうと、時には、相手に対して失礼な言い方になってしまう可能性もあります。

そうなってしまいますと、ただ単に漢字を知らないというだけではなく、礼儀すら持っていない人物であると判断されてしまうのです。

それはビジネスの場面でもプライベートの場面でも、どちらにしても自分にとって大きな損につながってしまいます。

人間関係を形成する場面において、デメリットになりかねませんので、それを無くすためにも正しい意味を理解しておきましょう。

啓蒙と啓発のそれぞれの意味

啓蒙と啓発という言葉の意味を理解し、それぞれの言葉の違いを比較するためにはまずはそれぞれの意味を正しく理解するところから始めなければいけません。

それぞれの意味を正しく理解して、比較する事により両社の細かい違いなどがわかるようになるため、簡単に両者の言葉の意味を理解してみましょう。

啓蒙と啓発、それぞれの意味からご紹介していきますので、意味を理解する参考にしてください。

「啓蒙」の意味

まずは啓蒙という言葉がどのような意味を持っているのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

啓蒙という言葉は「無知の人に教えて、正しい知識に導くこと」という意味を持っている言葉です。

つまり、何も知らない人に対して正しい知恵を与えることによって、正解に導いてあげるようにする事を意味している言葉であると判断することが出来ます。

なので、どちらかといえば自分が相手に対ししてあげるというようなことを意味していると捉えることが出来ます。

何も知らない相手に対して知恵を授ける、優しい行いであると判断することが出来ます。

「啓発」の意味

では、啓発という言葉はどのような意味を持っているのかということを簡単に考えてみると、啓発という言葉は「無知の人を教え導き、物事を明らかにさせること」という意味を持っている言葉です。

つまり、何も知らない人を導いてあげて物事をはっきりさせるという意味になります。

人が気づいてない部分を教えてあげることによって、その人がより高い認識をすることや、より高い理解をすることに導いてあげる事なのです。

こうして考えてみると、とても二つの言葉は似ていることがなんとなく理解できると思います。

2つの意味を比較すると…


啓蒙と啓発という二つの言葉の意味を考えてみたところで、この二つの言葉の意味を比較して考えてみるとどのような印象をお持ちになったでしょうか。

おそらく、二つの言葉の意味がとてつもなく似ているということが理解いただけたと思います。

先ほど触れた通り啓蒙という言葉と啓発という言葉はどちらも教育に関してのコンセプトを持っている言葉であり、どちらも知恵に結びついているような意味を持っていると捉えることができます。

では、具体的に二つの言葉がどのように違いのかという事を簡単にご紹介していきましょう。

啓蒙は知識を教えること

この二つの言葉の意味の違いを考える時に必ず考えていただきたいのがまず啓蒙という言葉については、何も知らない人に対して正しい知恵を与えてあげることという意味を持っていますので、啓蒙は知恵を教える事だと理解してください。

この部分が決定的に啓発という言葉と違うようになるのです。

つまり、啓蒙に関しては相手に対して直接知識を教えてあげることによってすぐにその間違いについて正してあげたりすることが出来るという事です。

啓発は気づかせること

そして、啓発という言葉に関しては啓蒙という言葉と決定的に違うのが、啓発は相手に対して気づかせてあげることであるということを理解してください。

ちょっと解釈が難しいかもしれませんが、厳密に考えると相手に対して知識を与えることと相手に対して気づかせてあげることって言うのはまるで意味が違うのです。

例えば知識を与えることについては直接的に相手に何かを教えてあげたりすることが知識を与えることになるのですが、相手に気づかせてあげるということは相手に対して知識をそのまま伝えたりするのではなく、相手に対して自分自身で考えて気づいてもらう必要性があるということです。

なので簡単に言えば答えを教えるのかそれとも答えを考えるためのヒントを与えるのかというような違いであると解釈してもらえれば分かりやすいと思います。

どちらかといえば、啓蒙という言葉に関しては相手に対して何かしらの答えを教えてあげる方法であり、啓発に関しては相手に答えを考えるためのヒントを授けてあげるということになると解釈してもらえれば明確に二つの言葉が違いを持っている言葉だと理解することができると思います。

ちょっとした言葉のニュアンスが違うだけで最終的な意味というのはまったく違ってくるようになります。

これを理解した上で言葉を使うのと使わない言葉全く受け取り手の意味が違ってきますので、必ず間違わないように注意をしなければいけません。

間違って使っていると恥ずかしい状況になってしまったり、相手からしてみれば言葉の意味も理解していない人間だと見下されてしまう可能性もあるので注意してください。

意味を比較しても分かりづらい…

啓蒙と啓発という言葉の二つの意味をそれぞれ理解した状態で、二つの言葉の意味の違いを考えていきましたが、この時点で納得をできる人間と納得できていない人間に別れると思います。

納得することができた人間からしてみれば簡単な問題だったかもしれませんが、手によってはさらに意味が混同してしまってよくわからなくなってしまったと感じるような人もいるかもしれませんね。

確かにちょっとしたニュアンスの違いが存在しているだけで、大元の言葉の意味についてはかなり似ている言葉になりますので、意味が混同してしまうような認識を持ったとしてもそれはしょうがないことです。

しかしながらこのようなちょっとしたニュアンスの違いで受け取りでの印象が大きく変わってしまう言葉というのは想像以上にたくさん世の中には存在しています。

そのような言葉をある程度気をつけながら言葉にして吐き出していかないと、言葉の意味を正しく理解している人間からしてみれば意味がごちゃごちゃになった意味のわからない言葉を使ってしまう事になってしまいます。

そうなってしまうと自分に大きなデメリットが出てくるようになりますので、必ずわかりづらいかもしれませんがこの機会にきちんと理解をするようにしてみてください。

そのためにもこれから再び啓蒙と啓発という言葉の細かい違いについてより詳しくご紹介していきたいと思います。

より詳しい啓蒙と啓発の違い

啓蒙と啓発という言葉の基本的な意味を理解してみくらべてみましたが、分からないと感じる方もいると思いますのでここからは再び啓蒙と啓発の具体的な細い違いについてご紹介していきたいと思います。

今まで理解することができなかった方もこれからご紹介する内容を踏まえて考えてみればしっかりと意味が理解できるようになる可能性がとても高いです。

難しいことを難しいと感じたままで放置してしまうのではなく、きちんとその場で対処することによって正しい知識をその時点ですぐに身に付けることができるようになります。

これは普段から癖付けておくことによって様々な日常生活における問題点などを改善することができるマインドを手に入れることができるようになりますので、自分自身の大きな成長に繋がる大切な要因の一つになります。

これは普段から身につけていただきたいと思いますので、これからご紹介する啓蒙と啓発の違いについても今日必ず違いを理解できるようにチャレンジしてみましょう。

例1.対象の違い

啓蒙と啓発という言葉をより詳しく考えていく上で、発見することができる細かい違いとしては「対象の違い」が存在すると考えることが出来ます。

これは一体どういうことなのかと言いますと、先ほどご紹介した啓蒙と啓発という言葉ですが、この言葉に関して決定的に違う部分としてそれぞれの言葉が持っている対象の違いが存在していると考えることができます。

本来であれば私たちが使っている言葉というのはもともと対象となる存在がいるはずなのです。

どういうことかと言いますと、例えば一般的な言葉として食べるという言葉を想像してみてください。

食べるという言葉の対象はどのような人間なのかと考えてみると、おそらく不特定多数の人に使うことを想像することができる言葉だと思います。

なぜならば、自分が何か物を食べている時もあれば、他人が何か物を食べているような時もありますし、第三者が何かを食べているような場合も食べるという言葉を一言使うだけで表すことが出来ますよね。

なので食べるという言葉は不特定多数の人間に対して使用できる対象の言葉であると判断することが出来ます。

このように形で考えてみると、啓蒙と啓発という言葉に関しては対象が異なるような言葉であるということがわかっており、大きな一つの違いという事になるのです。

この部分を正しく把握しておくことによって啓蒙と啓発ということをより細かく区別して考えることができるようになりますので一つの基準点として受け入れるようにしてみてください。

啓蒙は不特定多数の人に使うことが多い

「対象の違い」に注意して、啓蒙という言葉と啓発という言葉を見比べて考えてみると、まず啓蒙についてですが、啓蒙という言葉はどちらかといえば不特定多数の人間に対して使うことが多い言葉として知られています。

なぜならば、まず今一度啓蒙という言葉の意味について考えていきたいのですが、啓蒙という言葉の意味は「無知の人に教えて、正しい知識に導くこと」という意味が存在すると考えることが出来ると先ほど触れました。

この意味を想像してみると、無知の人間に対して正しい知識を授けて導くことを意味していますので、無知の人間を想像してみるとそれは自分の身の回りに存在している人間や自分自身であると考えることができますよね。

つまり、自分の知り合いであったり他人であったり第三者など様々な人間に対して用いることができる言葉であると考えることができますので、啓蒙という言葉は不特定多数の人間に対して使うことが多い言葉であると判断することができるのです。

ちなみに、使用する場合は低いですが、自分に対してもしもこの言葉を使うという事は十分可能であり、その場合は、知り合いや第三者から知識を授けてもらったという内容になりますので、意味合い的には何もおかしくはならないのです。

なので自分自身や他人、そして第三者、誰に対しても使う事が出来る言葉であると判断することが出来るのです。

実際に啓蒙の例文といくつか考えてみると「大衆に対して啓蒙するべきか否か」「無知な人々を啓蒙する」「彼らの啓蒙活動をしている」「神の啓蒙にしたがう」「その事実は私にとってとても啓蒙的だった」などなど、このように啓蒙という言葉を使って自分、相手、他人など不特定多数の人間に対して対象とすることができるのは明白です。

この事から、啓蒙という言葉の対象は不特定多数という事を理解した上で、今度は啓発がどのような人を対象にしているのか確認してみてください。

啓発は自分自身に使うことが多い

啓蒙の対象が不特定多数である場合が多いということをご紹介していきましたが、それでは逆に「対象の違い」に着目して啓発という言葉を考えて行きたいと思いますが、啓発という言葉に関しては基本的に自分自身に対して使うことが多い言葉であるということを知ってください。

今一度啓発という言葉の基本的な意味について考えていきたいと思いますが、啓発は「無知の人を教え導き、物事を明らかにさせること」という意味を持っています。

ここまでの意味だけを考えてみるとまるで他人に対して使うような言葉であると解釈をしてしまいそうになるのですが、実際は啓発という言葉は自分に対して使う事の方が圧倒的に多い言葉なのです。

その証拠に、啓発という言葉はこのようなレニ文で使われます。

「この人が執筆した本を読んでみて感じたことは、この本には大いに啓発されるような部分が存在していると感じた」

「自分が知らない専門分野のことを知っている専門家の先生と話をした時に専門家の先生の意見を聞いて大きな啓発を受けた」

「今日は知り合いと一緒に自己啓発のセミナーに参加して様々なことを勉強しようと思う」

「たくさんの人々と出会い、たくさんの人間と交流をすることによって様々なことに啓発されて有意義な時間を過ごすことができた」

というような例文が存在します。

これらの例文をすべて想像してみると自分を対象にしている言葉であるという事は一目瞭然だと思います。

なので、啓発という言葉はどちらかといえば自分に対して使う言葉の場合が多いので、一般的にはあまり相手に対して使うような言葉ではないのです。

これを理解しておけば、啓蒙と啓発という二つをとても似ている厄介な言葉の具体的な意味の違いや線引きができるようになると思います。

この違いを知る前と知った後では確実にこの二つの言葉の違いが顕著にわかるようになったと思いますので、日常生活の中で啓蒙や啓発という言葉を使う際には、きちんとこれを念頭に置いた上で区別して使用してみてください。

自己啓発本など

啓発という言葉を考えてみると一般的に有名な言葉として自己啓発という言葉が存在していると思います。

自分を成長させることを常に考えている方からしてみれば自己啓発本などはかなり身近な存在にあるアイテムであると考えることができますね。

よく本屋なのに足を運んだ時に様々なジャンルの本が区別されて並んでいると思うのですが、そのひとつのジャンルとして自己啓発というジャンルが存在しているのです。

自己啓発とはその名前の通り、自分気づかせることができるジャンルの本であると判断することができます。

つまり具体的には、本を読んでいく中で様々なことに気づきを与えてくれるようなジャンルの本であり、その本を読むことによって自分の中でダメな部分を気づかせてくれたり、より高みにチャレンジすることが出来るようにレベルを上げてくれる本であるという事です。

高い向上意欲を持っている人間ほどこのような自己啓発本などは進んで購入して読み漁っているような人が多かったりするので、向上心が高い人間ほど身近な存在であると考えることができます。

そして、肝心なこととして自己啓発という言葉に関しては、啓発という言葉は自分に向けられて使用されている代表例の言葉です。

啓蒙と啓発という言葉の二つがどちらを対象にしている言葉なのかわからなくなってしまった場合は、自己啓発という言葉思い出してみればすぐに啓発という言葉が自分に対して中心的に使っている言葉ということが気づくことができますので、区別するために必要な言葉だとインプットしてみてください。

【自己啓発については、こちらの記事もチェック!】

例2.使用する人の違い

啓蒙と啓発という言葉の対象の違いについてご紹介していきましたが、啓蒙と啓発に関した決定的に違う要因はまだ存在しています。

ここまでご紹介してきた内容を踏まえても明らかに二つの言葉は違うということがお分かりいただけたと思うのですが、さらに違いを顕著に理解していただくために、ここからは啓蒙と啓発という言葉の「使用する人の違い」についてご紹介していきたいと思います。

使用する人の違いとは具体的にどのような違いが存在しているのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

啓蒙:自分より知識のある人から教えられる

「使用する人の違い」について啓蒙という言葉から考えていきたいと思いますが、まず啓蒙という言葉の決定的な違いとしては、自分より知識のある人間から教えられること事を前提とした言葉であると解釈してください。

啓蒙という言葉の意味は「無知の人に教えて、正しい知識に導くこと」という意味なので、当然知識がある人間が無知な人間に対して何かを教えて導くのですから、啓蒙をする人間は知識がある人間なのが当然です。

逆に考えて無知な人間が知識がある人間に対して何かを教えたりするような事は意味がまるっきり違いますよね?

なので、啓蒙という言葉に関しては:自分より知識のある人から教えられるという状況が成り立つのです。

それを踏まえて考えると余談ですが、啓蒙という言葉と啓発という言葉を間違って使ってしまった場合、場合によっては相手が自分よりも身分や知識が下であるという事を明白にした使い方になってしまう為、多いに相手に対して不快な気持ちにさせてしまう言葉の使い方になってしまうのです。

なので、啓蒙と啓発という言葉に関してはきちんと知識を身に付けた状態で使わなければいけないという事に繋がるのです。

上から下へと使うもの

啓蒙という言葉は基本的には上から下へと使う言葉として知られています。

なぜなら身分が下の者に対して何かを教えてあげるという行為が成り立つからです。

自分よりも身分が上の者に対して何かを教えてあげるという行為は、一般的に考えて言葉としては使えませんよね。

なぜならば、身分が上の者に対して何かを教えてあげるというのは上から目線の行為であり、相手からしてみれば憤慨してしまうような内容と捉えられてしまうからです。

なので一般的に使われる場合としては身分が上の者が身分が下の者に対して使ったりする言葉であるという事を理解してください。

これを理解しておけば、啓蒙と啓発という言葉の違いなどがすぐに理解できるようになるはずです。

啓発:特に使用者を選ばない

啓蒙という言葉の「使用する人の違い」についてご紹介していきましたが、それでは啓発という言葉はどのような人間に対して使う言葉なのかと考えてみると、啓発という言葉は警報という言葉と違って特に使用者を選ばないという特徴を持っています。

これはどういうことなのかと言いますと、啓発という言葉に関しては先ほどもご紹介した通り自分自身を指し示して使うような言葉であるとお伝えしました。

なので、一般的に考えてみると特に使用者を選ぶ言葉ではないような言葉になるのです。

なぜならば、どのような立場の人間も自分自身を対象にして言葉を使う可能性は自分考えられますので使用者を選ぶ必要性がないのです。

これを踏まえて考えてみると、啓蒙という言葉は上から下へと使う言葉であり、啓発という言葉は特に使用者を選ぶことがない言葉となりますので、具体的な線引きをすることが可能になるはずです。

ちょっと難しい言葉だったかもしれませんが、突き詰めて考えてみるとここまで決定的な違いにも目を通せるようになります。

きちんとこの機会にこの二つの言葉の違いを理解して、正しい使用用途で言葉を使えるようにしておきましょう。

啓蒙と啓発の違い、理解できましたか?

これまでご紹介してきた内容を考えてみれば啓蒙と啓発の違いがよくおわかりいただけたと思います。

今回ご紹介した内容を知るまでは啓蒙と啓発の違いがよくわからなかった方でも、考えてみると全く別の意味を持った言葉だったことが理解できたと思います。

啓蒙と啓発という言葉だけではなくそれ以外にも存在する日本語でよくわからないような言葉があるのであれば、きちんと千疋をすることができるようになるまで知識を蓄えているように癖付けてみてください。

そうすることによって自分自身の知識のレベルを高くすることができますので、必ずどこかで役に立つ時が来るはずです。