ピンキーリングをしている女性をよく見かけますよね。

ピンキーリングにも意味があるみたいです。

この記事では、ピンキーリングの意味について紹介していきます。

️指輪には意味があるって知ってた?

昔から、装飾品の一つとして人気の「指輪」。

指輪には色々な意味があるのをご存じですか?

エンゲージリングや、マリッジリングなど有名な意味のある指輪はもちろんのこと、あまり知られていない「意味のある指輪」もあるのです。

「インデックスリング」「サムリング」「ピンキーリング」などなど…さらに言えば、指輪はどの手のどの指にするかで意味が変わります。

そこで、今回はまず、さまざまな指輪の意味についてご紹介します。

女性の憧れの指輪


女性のあこがれの指輪といえば、やはり「エンゲージリング」と「マリッジリング」ではないでしょうか?
特に「エンゲージリング」は女性のあこがれの指輪ナンバーワンと言っても良い指輪です。

昔から、「給料の3ヶ月分」などと言われているほど高価なイメージが高いエンゲージリングですが、最近では、男性が用意した指輪よりも女性が自分で選びたいという思いや、エンゲージリングとマリッジリングをセットで揃えたいという希望から、そこまで高価でないものを一緒に選ぶことも増えているようです。

とはいえ、大きなダイヤの付いた美しい指輪を受け取る瞬間を夢見ている女性は今も多いのではないでしょうか?

そもそも、どうしてエンゲージリングとマリッジリングは左手の薬指にされるようになったのでしょうか?

それは、まずマリッジリングは古くはローマ帝国の時代から始まったと言われており、エンゲージリングは古代ギリシャがルーツだと言われています。

さらに言うと、日本ではエンゲージリングも左手にすることが多いですが、国によってはエンゲージリングは右手にする場合もあるようです。

そして、左手の薬指にする指輪の意味としては、「左手は心臓につながっており、愛のパワーが流れている」と言われていた為、永遠の愛を誓う為に、夫婦や恋人同士で左手の薬指に指輪をする風習ができたようです。

指輪にはそれぞれ意味がある

上にも少し書きましたが、指輪には着ける指や手によって意味が変わってきます。

親指の場合は「サムリング」といわれ、「願いが叶う指」とされ、親指に指輪をしていると願いが叶うとされています。

強い願い事があるときは、親指に指輪をすると良いようですね。

人差し指の場合は「インデックスリング」と言われ、付けると自立心や活力がアップすると言われています。

そして、この指は右と左の手ではやや意味が異なり、右手は「集中力や行動力を高める」とされ、左手は「積極性を高める」と言われています。

中指の場合は「ミドルフィンガーリング」と呼ばれ、「直感」や「ひらめき」を高めるとされ、仕事運を上げたいときなどにオススメな指です。

そして、この指も右と左での手ではやや意味が異なります。

右手は「邪気を払う」とされ、左は「協調性を高める」とも言われています。

薬指の場合は「アニバーサリーリング」とも言われ、上に書いたようにマリッジリングエンゲージリングなどの特別な指輪をつけるゆびだとされています。

ただ、左手は上に書いたようなマリッジリングやエンゲージリングの意味がありますが、右手には中指と同じように直感を高めるパワーがあると言われています。

小指の場合は、「ピンキーリング」と言われ、この指に指輪をしているとチャンスに恵まれるとされ、サムリングと同様に「願いが叶う指」だといわれています。

特に小指は、様々な意味があり、その場所的な付けやすさも相まって色々な形でピンキーリングを付ける人が多いようです。

そこで、次からはピンキーリングのみに焦点をあてて、詳しくご紹介していきます。

️ここで紹介するのはピンキーリング


ここからは、指輪の中でも特に女性に人気なピンキーリングについて色々とご紹介していきましょう。

ピンキーリングは、小さくて可愛いので自分で購入して身につけることが多い指輪です。

そして、指の端ということで他の指に指輪をしていても付けやすいことも魅力のひとつですね。

可愛くてオシャレなうえに、着けているだけで願い事も叶う。

そんなアクセサリーだからこそ、ピンキーリングは多くの女性に愛されているのでしょう。

さらには、付ける指で意味が変わりますが、他にも付ける石などでも意味がかわってきます。

ピンキーリングの詳しい意味から、何故ピンキーリングが良いのかなど、様々な意味をご説明していきます。

ピンキーリングとは

まず、ピンキーリングとは、小指に付ける為に作られた細い特別な指輪です。

実は、エンゲージリングやマリッジリングを除いて、指輪の多くは付ける指を限定していません。

しかし、ピンキーリングはそのサイズや用途からやや特別で、多くの場合小指に付ける為だけに作られています。

とはいえ、必ず小指にしなくてはならないという訳ではないので、気に入ったデザインだけれどもどうしても小指のサイズが無い場合などは、他の指にしても大丈夫です。

しかし、上に書いたように、付けると効果が有ると言われる意味は指によってやや異なります。

そのことだけは気をつけておきましょう。

小指につけるリング

小指に付ける指輪。

その意味は、ひとそれぞれ、様々だと思います。

多くの人はその小振りで他の装飾品の邪魔をしない控えめなたたずまいから、ピンキーリングを好んで着けるのではないでしょうか?

しかし、ピンキーリングにはお守りのような側面もあります。

なので、「単純に、ファッションの一部として付けていたい」という人もいれば、「幸運を招く指輪だときいたから付けていたい」という人も居る。

そして、他にも「その指しか入らなかった」という人も居るかもしれません。

そのひとの付ける意味は、人それぞれで問題ないと思います。

pinkyは小指のこと

そもそも、ピンキーとは「小指」のことを指します。

「小指の指輪」で「ピンキーリング」となるので、単純な直訳ですね。

しかし、もともともピンキーリングには、上にも少し書いた様に、様々な願いを込めて付ける場合が多いです。

「願いを叶える指」とも言われる小指なので、「願いを叶えたい」「幸せになりたい」そんな希望からピンキーリングを付ける女性や男性も居るのは確かです。

さらにいえば、「赤い糸の象徴」でもあることも意味があるようです。

ピンキーリングの意味とは?

では、さきほどから書いている「ピンキーリングの意味」とはなんなのでしょうか?

もともと指輪を筆頭に装飾品には、「身に付ける意味」があります。

エンゲージリングの様に指輪をしていることで、「既婚者です」というサインを送るといった意思表示の意味があることもありますが、ピンキーリングの場合は昔から御守りに様な意味合いで着けられる事が多かったのが様です。

そして、つける手、使う素材、使う宝石などから、その意味は色々と変わってゆきます。

それだけ御守りの様な意味合いが特に強いのが、ピンキーリングなのです。

では、何故ピンキーリングがそんなにも意味が深い指輪なのでしょうか?
次の章からは、その当たりを詳しくご紹介していきます。

️ピンキーリングに込められた意味

ピンキーリングには、今までのところでも書いた様に、様々な意味が込められて居ます。

古くから伝わる意味、御守りの様な意味、そして、つける人の願いを込めると言う場合もあります。

小指は、昔から「秘密」や「チャンス」の象徴ともいわれてきました。

そして、「赤い糸」の象徴でもあります。

なので、ピンキーリングは特に恋愛成就を願う女性に人気の指輪のひとつなのです。

そして、どれにも共通して言える事は、「ピンキーリングはつける人の心を前向きにする指輪」だと言う事です。

ここからは、そんなピンキーリングんに込められた意味の数々を一つずつご紹介していきます。

お守りとしてのピンキーリング

先ほどから何度も書いていますが、ピンキーリングには御守りとしての意味がとても強いです。

それは、古くから小指は幸せを招く指、チャンスを掴む指とされている為、小指につけるピンキーリングは幸せの御守りとされています。

「右手の小指は幸せを招く指」「左手の小指は幸せを留める指」という話もとても有名な話です。

さらに、最近では日本での「運命の赤い糸は小指に繋がっている」という言い伝えから、特に恋愛成就の御守りとして使われて居る様です。

古くから伝わる意味

古くから伝わる意味としては、両方の手をまとめて言えば「チャンス」や「秘密」の象徴と言われています。

そして、左右の小指でも少しずつ意味が異なります。

右手は『権力』『表現力』『相手へ想い』とされており、自分の能力を引き出したり、表現力を向上させたい、仕事面で頑張りたいという、自分自身のスキルアップをしたい人におすすめな指です。

更に言えば、出会いが欲しいひとも右手にピンキーリングをすることがすすめられています。

左手は『信頼』『理念』『自分への願い』とされており、やや右手と逆の意味合いが強いです。

信頼関係を結びたい、人間関係を改善させたいと言う人には、こちら指がおすすめ。

そして、今の恋を維持したい、今のパートナーといつまでも仲良くしていたいという人には、左手にピンキーリングをつけることがおすすめです。

つけていると幸せになれる

さらに、小指には「幸せを呼ぶ」という意味もあります。

細かく解説をすると、右手の小指は「幸運を呼び込む指」とされており、今から幸せになりたい人は右手の小指がおすすめだと言われています。

そして、左手の小指は「幸運を留める指」とされており、幸せを掴んだあとは左手にする事をおすすめしています。

もちろん、ただ着けているだけでいきなり幸せが訪れたり、すべてが上手くいくなどということは無いでしょう。

しかし、人は気に入ったモノや美しいモノを身につけていると気持ちが明るくなる傾向が高いです。

そうして、気持ちが明るくなると、良い運気も呼び込みやすくなる傾向があります。

つけていると願いが叶う

この場合、「願いが叶う」と「幸せになれる」は、実はほぼ同じ意味合いです。

もちろん願いを込めて指輪をする人もいるでしょう。

しかし、もともと意味としては「幸せを呼び込む事です願いを叶える」という意味が強いです。

特に小指には、「チャンスを招く」という意味合いもありますからね。

それが、徐々に変化していき「願いが叶う指輪」とされたのかもしれないですね。

右手のピンキーリング

上にもチラリと書きましたが、ピンキーリングは右と左では大きく意味が変わって来ます。

そこで、ここからが右手と左手の細かな意味についてご紹介していこうと思います。

右手のピンキーリングには「自分を高める力」があると言われています。

そして、「魔よけ」の効果もあるとされています。

まずは右手小指につけるピンキーリングの意味について、細かく解説していきます。

自己表現が上手になる

右手の小指は自己表現が上手くなるとされています。

どうして、そのような効果があるのかまでは解明されていませんが、人と話しをするときに、自分をアピールする事が苦手だという人は、まずは試しに右手にピンキーリングをしてみてはいかがでしょうか?

気の持ち様だと言う人もいるかもしれませんが、それでも少しは効果があるかもしれませんよ。

とはいえ、これだけではまだ不安だという人は、ピンキーリングの石もすこし気にして選んでみてはいかがでしょうか?宝石にも石言葉というお守りのような効果がある場合が多いです。

サファイヤなどには「心の成長」といった石言葉があるので、さらに自己表現力のアップが期待出来ると思います。

表現力が豊かになる

さらに、右手の小指は表現力を向上させる効果があるとされています。

理由は色々ある様ですが、多くの人は右利きで、右手に指輪をしていると自然と視界に入りやすくなるため、指輪の装飾などを見て気持ちが向上することも大きな理由なのでは?と思います。

気に入っている綺麗な指輪は見ているだけで気持ちが明るくなりませんか?それが自分の指についているとなると殊更嬉しくなる人は多いと思います。

そう言った気持ちの変化が、自分をさらに豊かにしてくれるのでは無いでしょうか?
そして、さらに表現力を上げるならば付ける石はターコイズがおすすめです。

石言葉は「繁栄」「成功」「解放」です。

自分の魅力もっとアピールしたいときに

ここまでの意味をふまえ、もともとのピンキーリングの意味プラス指輪自体の素敵さによる気持ちの変化から、ピンキーリングをつけることであなたは、自分に自信が持てる様になると思います。

なので、自分の魅力をアピールしたい時も、この右手のピンキーリングと言うのは効果抜群なのです。

もちろん、指輪の力だけに頼っていては成果は得られないです。

しかし、明るく自信のある人間は周り人からもとても眩しく見える事が多いです。

是非、ピンキーリングを上手く利用してさらに魅力的な人間になりましょう。

そして、さらに表現力を上げるならば付ける石はエメラルドがおすすめです。

石言葉は「幸運」「安定」「明晰」です。

左手のピンキーリング

左手のピンキーリングは、上にも少し書いた様に、「他者との関係を良くする」効果が全体的に高いとされています。

恋愛に問わず、仕事、友人関係などにおいても「ワンランクステップアップしたい」「もっとチャンスが欲しい」などと、既に向上心が高く現状に満足出来ていない事が悩みな場合は、特におすすめなのが左手のピンキーリングです。

変化を呼び込んでくれる

左手のピンキーリングの特徴の一つが、「変化を呼び込む」と言う効果です。

なので、ひとによっては「幸運を呼び込む」とも言いますね。

右手の効果が主に自分に向けてだったことに対し、左手の効果は主に自分の外に効果が高いです。

場面によってピンキーリングを付ける手を変える人もいるようですよ。

そして、さらに変化を良いものとして呼び込みたい場合は、ピンキーリングに付ける石にも注目しましょう。

オパールなどは「希望」「幸運」などが石言葉として入っているので、特におすすめです。

不満や課題を解決してくれる

「不満や課題」というのは、自分の力だけでどうにかなる事もありますが、多くは自分の力だけではどうにもならない場での場合が多いです。

そんな状態が続くと、どうしてもイライラや焦りが出てしまい、なおさら問題が解決しなくなったり…と悪循環が場合が多いですよね。

そういった時にも、左手のピンキーリングはおすすめです。

さらに、ペリドットなど石が入っている指輪を選ぶと、より効果が得られるかも知れませんよ。

ペリドットの石言葉は「輝かしい未来」です。

チャンスを掴みたいときに

左手のピンキーリングの代表的な効果は「変化を呼び込む=チャンスを掴む」ともとられています。

チャンスや幸運は、自分だけの力ではなかなか呼び込むことが難しいですよね。

このように、ピンキーリングをお守り代わりに身につけることで、気の流れが代わりチャンスが訪れるようになる事が多いようです。

さらに、ピンキーリングに付ける石については、サファイヤやペリドットがおすすめです。

ペリドットには上に書いたような意味があり、サファイヤには「賢明」「高潔」「徳望」などの石言葉もあるのです。

恋人との関係を維持できる

左手のピンキーリングには、恋人との関係を維持させる効果があると言われています。

これは、左手のピンキーリングの特徴の一つである「幸せを留めておく力」が強く出るからでは?とも言われています。

現状に満足しており、今の状態を維持したい場合も左手のピンキーリングは有効です。

そういった場合に特にオススメな宝石は、やはり「ダイヤモンド」です。

石言葉は「永遠の愛」ですから。

リラックス効果もアリ

特に左手のピンキーリングには、リラックス効果があります。

理由は様々ありますが、一番効果がある理由として考えられるのは、「願いが叶う指輪をつけているから大丈夫」つまり「お守りを身につけているから大丈夫」と言う、無意識の感覚から肩の力が抜けてリラックス出来ている場合が多いからではないかと思います。

そして、実際にそうした肩の力が抜けている人は気持ちに余裕ある人だと見られ、様々なチャンスが訪れやすくなります。

結果として、良い循環が出来るのですね。

️ピンキーリングの意味をまとめると…

さて、ここまでのところで色々なピンキーリングの意味を紹介してきましたが、いかがでしたか?
思いの外ピンキーリングには様々な理由がある事がわかったのではないでしょうか?
そして、上手く使えばオシャレを楽しみつつ運気もアップできることも判ってきたかと思います。

とはいえ、色々ありすぎてわからなくなったところもあるかもしれません。

そこで最後に、ピンキーリングの様々な意味についてまとめていきたいと思います。

片思い中の人は右手がおすすめ

恋愛に関しては片思い中の人には右手がおすすめです。

理由は、右手のピンキーリングには何度も書いているように「自分に自信を持たせる力」と、「幸運を呼び込む力」があるからです。

表現力やアピール力が増すことで、片思いの人は自分の魅力を今まで以上に発揮出来るようになり、運気も呼び込めるのですから、片思いの人は、まずは右手にピンキーリングを!とすすめます。

そして、さらに運気をアップさせたい人は、ピンキーリングの宝石にも注目をしてみましょう。

宝石には石言葉というものがあり、そういった石の意味も合わせリングを選ぶと、より効果的となります。

特に右手のピンキーリングの場合は、アクアマリンやエメラルド、トパーズ、アレキサンドライトなどがおすすめです。

アクアマリンの石言葉は、「幸運・沈着・勇敢・聡明・永遠の若さ」。

エメラルドの石言葉は、「幸運・幸福・安定・明晰・満足」。

トパーズの石言葉は、「誠実・友情・潔白・希望・幸運」です。

アレキサンドライトの石言葉は、「愛の予感」です。

お相手がいる人は左手がおすすめ

逆に、既に恋人が居て今の幸せを維持したい人には、左手のピンキーリングがおすすめです。

理由は、ズバリ「恋人との関係を維持できる力」があると言われているから。

他にも、「幸運を留める力」と「チャンスを呼び込む力」もあるので、特に今の恋人と結婚したい等の希望がある人には、特におすすめです。

上の右手の時にも書いた様に宝石には石言葉というものがありら石の意味も合わせリングを選ぶと、より効果的です。

左手のピンキーリングの場合は、石言葉に「永遠の愛」が含まれるダイヤモンドや、「勝負の石」と言われるルビー、「成功」という意味があるトルコ石がおすすめです。

そして、結婚をしている人や、結婚を望んでいる人には、ペリドットやラピスラズリもオススメです。

ペリドットの石言葉は「夫婦の幸福・和合・信じる心」。

ラピスラズリは「永遠の誓い・健康・愛・高貴・崇高・成功の保証」です。

️ピンキーリングをつけるときの注意点

じつは、ピンキーリングの注意点は特にはありません。

ただ、ひとによっては「幸運を呼び込みたい人は、両手にはあまり付けない方が良い」とされています。

もちろん、単純にファッションとして着ける場合は問題ありません。

しかし、願いを叶える為に付けている場合は、出来るだけその願いに合わせた手の方のみにする様にしましょう。

幸運を呼びこみたい人の場合は、右手だけでなく左手にも指輪をしてしまうと、幸運が入れなくなってしまい幸運が来るチャンスを逃してしまう場合があるそうです。

もう一つ、意外と知られていないのは、「二個付け」などの、複数のピンキーリングを同時に着けることです。

これは、あまり良くないのでは?と思われがちですが、意外と問題ないようですよ。

ピンキーリングは、そのつける場所柄どうしても装飾が派手な指輪でもこじんまりとしてしまいがちです。

もう少し、オシャレにピンキーリングを着けたい!という人や、華やかさが欲しい!という人は、是非ピンキーリングの重ね付けにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

少し派手なピンキーリングとシンプルなピンキーリングを重ねて着けてみたりしても、華やかさが増し、オシャレな印象にもなりますよ。

ピンキーリングの重ね付けのコツは、他の指の指輪の重ね付けと同じように、似た色が入っている指輪同士の方が、違和感なくオシャレに見える傾向が高いようです。

重ね付けをすれば、宝石も二種類使えるので、お守りの効果としても嬉しいですね。

毎日ずっとつけていると効果が強くなる

次に、気になるのはやはり毎日着けた方が良いのか、はたまた願いがある時だけの方が良いのか、たまにの方が良いのか。

いつ、どのくらい着けるべきか悩みますよね。

結論から言いますと、毎日着けた方が効果は高くなるみたいです。

毎日欠かさず付けていると、その思いが徐々にピンキーリングに入り込み、より一層願いがつよくなるからのようです。

本気で叶えたい願いがある人は、出来るだけ毎日ピンキーリングを付けて、そのパワーを貯めましょう。

上にも書いたように、重ね付けは問題ありません。

もし、普段着けているピンキーリング以外のものも着けたくなった時は、重ね付けで使用するというのも、ひとつの方法ですね。

️ピンキーリング、あなたはどっちにはめる?

ここまで、ピンキーリングの事を色々説明してきましたが、いかがでしたか?

貴方が今身につけたいのはどちらの指かは分かったでしょうか?

最後に、ピンキーリングはあなたの望みを少しだけ手助けしてくるアイテムです。

ピンキーリングを正しく着けたら、必ず願いが叶うという訳ではありません。

しかし、ピンキーリングを着ける事で、気持ちが明るくなったり、なんとなく自信が持てたりという事が起こる事は良くあります。

そうして明るく前向きな人の前には、多くの幸運が舞い込みやすくなるのは本当なのです。

まずは、ちょっと気持ちを切り替えるくらいの軽い気持ちで指輪を付けてみるのも良いのではないでしょうか?

そして、途中から少し触れていた「石言葉」と「宝石」についても、もしよろしければ少し気にしてみて下さい。

指輪と同様に、石には様々なパワーがあります。

宝石を願いに合わせて選ぶことで、よりお守りとしての効果も高くなり、運気も上昇することが多いでしょう。

特に、恋愛においては「ダイヤモンド」「ムーンストーン」「ルビー」「エメラルド」などが、有効だとされています。

ダイヤモンドの石言葉は、「永遠の絆・純潔・清浄無垢・永久不変・不屈」。

ムーンストーンの石言葉は、「幸福・健康・長寿・富・愛の予感」。

ルビーの石言葉は、「熱情・仁愛 純愛・威厳・優雅・勇気・仁徳」。

エメラルドの石言葉は上にも書きましたが、「幸運・幸福・安定・明晰・満足」です。

さらに、使う金属などの素材によっても、ピンキーリングは印象が変わってきます。

素材では願いの叶い方が変わるといったことは無いようですが、ゴールド、シルバー、プラチナ等と素材によって、好みや似合う似合わない、そして手入れの方法も変わってきます。

ゴールドやプラチナの手入れはあまり頻繁に行う必要はありませんが、その代わりに高価です。

そして、シルバーはやや安価ではありますが手入れの頻度が多い傾向が高いです。

多くの日本の女性には、ゴールドやピンクゴールドが似合う傾向が強いですが、是非自分の好みの指輪や着けたい石が付いている指輪を見つけたら、実際に試着して、似合うピンキーリングを納得して購入できたら良いですね。

自分の好みの石や、自分が今得たいパワーをもつ石を上手く選んで、さらに輝く自分を手に入れてくださいね。