少年漫画の主人公などは信じる力が強い人物像が多いですよね。

その姿に憧れる読者が多いということですが、つまりそれだけ現実世界で信じる力を身に着けることは大変ということでもあります。

信じる力を持っている人にはどのような特徴があるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

信じる人ってほんとうに素敵♡

まずは疑わずに相手を受け入れ、信じて任せることができる上司などにあたると本当に快適に仕事をすることができますし、プライベートでも信じてくれる人とは一緒にいて居心地が良いです。

そういった気持ちを含めて、他人を信じて行動ができる人はほんとうに素敵に感じられます。

そのため、こういった人の周りには自然と人が集まってきます。

それによってチームでの成果を上げやすくなったり、良質な交友関係が広がるなど、人を信じることはメリットがあり、人間関係を円滑にする上でも大切になってきます。

人を信じる心が大切な理由5つ


メリットに軽く触れましたが、人を信じるのは何故大切なことなのでしょうか。

信じる力がもたらす様々な効果を読み解いてみると、その理由が見えてきます。

代表的なものを5つご紹介しますので確認していきましょう。

自分自身を信じるということ

自分自身を信じていないと、たとえ「この人なら信じられる」と一度は思っても、自分の考えを自分で信用していないので、その内何かちょっとしたことがあるたびに判断がグラつき、「本当に信じていて大丈夫かな」と思い始めます。

それがよく見られるのは仕事場で、後輩に仕事を任せたのに結局あれこれと口を出して巻き取ってしまう人がいます。

こういう人は、後輩に仕事を任せようとした自分の決断を信じていないのでこのような行動に出てしまうのです。

つまり、人を信じるということは、信じると決めた自分自身を信用しているということです。

そして信じてもらった相手はその信頼に応えたいと思うため一層頑張ってくれるようになります。

自分自身を信じている人は言動も堂々としているため、初対面の人や上司からの信頼も得やすくなり自分の思うように事を進めることができたりもします。

人付き合いに自信を持つことができる

そもそも疑ってかからないので誰とでも良好な人間関係を築くことができます。

また、なんの疑いもなく最初から自分のことを信じてくれる人に対して不義理をはたらこうという気は普通の人なら出てきません。

出来るだけその信頼を裏切りたくないと行動する方が多いでしょう。

またそれらの循環から周りの評判も良くなるため、より良い人たちが集まってきてくれます。

人から信頼されるにはまず自分が相手を信頼すること、とわかっているからこそ、このようなつながりを持っていくことができ自信にもつながってきます。

期待に縛られない


期待をしていない相手からはそもそも裏切られたと思うことがないので、最初から期待しないことが人を信じるには大切なことです。

これだけ聞くと信頼していないってことじゃないか、と思うかもしれませんがそうではないのです。

裏切られたと思うからには、「この人なら上手くやってくれる」とか「この人に任せたら安心」などと期待しているからで、その根底は「上手にやってくれ」という自分の欲望があるにすぎません。

たとえば後輩に仕事を任せたとしても、その後輩に上手くやるように期待する方がひどい話で、先輩として経過を見たりさりげなくフォローしたりしながら最後までその後輩にやり遂げさせるのが望ましく、期待したのに裏切られたなんて思っては後輩が可哀想です。

その前に自分の指導力不足を反省する方が建設的です。

あるいは、大人としてこうあるべき、男なら女ならこうあるべき、といった狭い了見での期待もしていません。

それは自分にとっての価値基準であって、大人なら合理的に考えるであろうといったような期待が無い分、「この人はこういう人なんだな」と誰とでもフラットに接することができるようになります。

どんな状況でもいい方向に転機させることができる

周囲の人を信じているからこそ、緊急事態や不測のトラブルが起きても乗り切れると信じることができます。

絶望や失望をするより先に、「このメンバーなら乗り切れることは確実だが、どうやってやろうか」とポジティブに考えることができるのです。

また、「信じれば叶う」と言われるように、信じて行動することで、その姿勢を周囲の人に見せるという点でとても良い効果をもたらします。

見ている人は安心しますし、できる気がしてくるのでネガティブな面に目がいかなくなりやってみようと思えるわけです。

そのように人を巻き込んでいければ改善策も様々な観点から増えてくるので結果として成功に向かいます。

他人も自分も幸せ

自分としては信じている人ばかりが周りにいれば当然幸せですし、周囲の人も、誰かから信用・信頼されていると感じれば嬉しくなるのでそこにいる皆が幸せです。

そんな幸せな輪の中には、自分が信じられない人は呼べないのでまた幸せをもたらすような人々が集まって来て、良い部分でのつながりが拡大していきます。

信頼するもの同士で集まれば助け合うことも自然とできます。

それがゆくゆくは仕事の成功につながったり、良縁との巡り合いを引き寄せたり、プライベートでのピンチに役立ったりするものなのです。

信じる人の10個の特徴

さて、それでは人を信じられる人の素敵な特徴を10個ご紹介します。

中にはそれが過剰すぎると少々トラブルになるケースもありますが、基本的には人間関係を円滑にする上で大切なことばかりです。

特徴を理解しながら近くに居る人が何故人を信じられるのかを知ったり、自分に取り入れられる考え方はないかを探してみましょう。

人を疑わない

人を信じられる人なわけですから疑いはしません。

たとえば初対面で、こちらの言うことを何も疑わずに熱心に聞いてくれて明るく接してくれる人がいたらどんな印象を持つでしょうか。

それが心からそうであると思えたら好印象に間違いはないですよね。

また、人を疑わないので、自分の考えや思いも躊躇なく話してくれます。

信用できない人かもしれない、言いふらされるかな、嫌われるかな、という疑念がないためです。

そんな風に心を開いてくれる人には、こちらも本音で話さなければという気になってくるものです。

プライベートでも仕事でも余計な駆け引きをせず正直な付き合いができる人とは長続きします。

あまりにお人好しすぎて詐欺師まで信じるようになっては困りものですが、その時もおそらく信頼できる仲間たちが懇切丁寧に説得してくれることでしょう。

また、人を疑わないというのは恋愛においてもとても重要なことです。

たとえば恋人からの連絡がいつもと比べて少なかったとき、疑う気持ちが強いと「浮気してるんじゃないか」と考えてしまいますが、信じる気持ちが強ければ「体調が悪いのかな、大丈夫かな」と心配するようになります。

そう思ってくれる恋人を手放したいと思う人はいないでしょう。

言われたことをやる

たとえ雑用であっても、「押し付けられたのかな」と疑わずに素早く片付けてしまいます。

必要のあることだと信じて疑わないので、どうせ押し付けられた雑用だからとダラダラやることもありません。

そして雑用を押し付けた側も、なんでも素直に取り組む姿勢を見せつけられると、最初こそ悪意があってもだんだん申し訳ない気持ちになってきます。

また、そのようになんでも素直で熱心に取り組んでいる姿勢は周囲の目にも映るので、悪いことをしてやろうと考えても周囲が許さなくなります。

反論はしない

「この人はこう考えるんだ」とまず相手の考えを受け入れるので反論はしません。

もし相手が間違ったことを言っていると明らかにでわかる状況であっても「このように考えたのですがどうでしょうか」と尋ねてみます。

それでも受け入れられなければ、自分とは考え方が違うのだからしかたがない、と諦めてその人を悪く思うことはありません。

とはいえ、信じる力が強すぎると明らかに間違っている理論でも合っている気がしてきたりもするので、バランスのとれた周囲の人との会話で軌道修正することはあります。

聞き上手

他人を信じているので自分のことも結構打ち明けてくれます。

そうなると相手は自分のことも知ってもらいたいなと思うのでついつい何でも話してしまいます。

その際にも相手をの考えを否定したり、それに対して反論したりせずに、まずは受け入れてくれるので話している方は当然気分が良くなります。

もちろん途中で口を挟んだりもしないので話はスムーズに進みます。

つまり、人を信じられる人は聞き出し上手で聞き上手でもあるわけです。

【聞き上手な人については、こちらの記事もチェック!】

素直に受け入れる

批判や悪口も素直に受け入れ自分の改善課題とします。

年下や部下の意見も立場の差など考えずに聞き入れ、褒め言葉も皮肉や打算とは捉えないので素直に喜びます。

逆に言えば、こういった人に皮肉を言ったところで全く通じないので相手は率直な意見を言うようになります。

結果として、人を信じる人との会話はかなりスマートなものになってくることは間違いありません。

また、現状を受け入れるということも得意です。

自分のいる状況に真正面から向き合うので非現実的な打開策を打ち出したり、理想を追い求めすぎて信用を失うということもありません。

常に現状を受け入れながら対処していく傾向がみられます。

他人との距離の縮め方が上手

「あなたのことを信じているよ」という態度で最初から他人に向き合うので相手も心を開きやすく距離が縮まるスピードは他者と比べて速くなります。

聞き上手なこともあって、また次も会いたいと思わせ、パフォーマンス的に無理している聞き上手ではないので会うたびに信頼度が増していくのもポイントです。

時にはあけっぴろげすぎて相手が驚いたり、率直な意見に閉口したりもしますが、こちらを信じて素直な言葉を言っているのだとわかれば嫌な気持ちにはなりません。

これはプライベートでの人間関係を良好にする他、仕事においてもクライアントとの密な関係を構築するのに役立つので社内外からの評価を得ることにつながります。

またクライアントから新たな取引先を紹介してもらうことにも繋がり、より大きなビジネスチャンスを掴むこともあります。

表情に出やすい

嫌なものは嫌、好きなものは好きと表情に出やすいので見ているとわかりやすく、騙されているかもなんて疑う必要がなくなります。

どこか子供っぽい一面ですが、この人に嘘はないなと信頼しやすくなるわけです。

本人としては、信頼している周囲の人に素直な感情を見せて嫌われるとは思っていないので表情も言動も素直に振舞えるようにできています。

間違いや失敗をすぐに受け止める

間違いや失敗を指摘されれば、それを隠そうとしたり反論でごまかそうとしたりせず、ちゃんと受け止めて謝ることも改善することができます。

信頼している人から言われたんだからその通りなんだろうと思うので、不快には思わず、時にはアドバイスを求めながら前に進もうとするのです。

大人になってプライドを持つとこれが一番難しいかもしれません。

しかし、難しいからこそ、実行出来れば優れた特徴として人々の印象に残ります。

逆になんでも部下や後輩のせいにして口先ばかりの上司は嫌われて成果が上げられなくなりますし優秀な人材を手放すことになるでしょう。

間違いや失敗を認められない姿勢は恋愛においては露骨に嫌われ、そんな人と一緒にいてもストレスがたまるばかりです。

結果として恋人がいても長続きせず、ダメな人と周囲にバレるので次の縁も遠のいていきます。

自分の気持に正直

相手も正直に言ってくれる、付き合ってくれると思うからこそ自分の気持ちも正直に表現します。

無理して頑張ったり、見せかけの虚栄心を振りかざしたりはしません。

そこまでしなければ人間関係を構築できないという考えがないためです。

また、気持ちを正直に表した上で離れていってしまう人がいても、それは仕方のないことなんだと受け止めることもできます。

もちろん正直な気持ちを理由に失礼なことをするのではありません。

根底的な考え方が異なるが故に離れていく人がいるというのを理解しているだけです。

感謝の気持ちでいっぱい

他人に対して素直に「ありがとう」と言うことができます。

人にいらぬ期待をしていないからこそ、少しでも上手くやってくれたり嬉しいことをしてもらったりすると感謝の気持ちでいっぱいになるからです。

そして「自分の周りには本当に素敵な人ばかりだ!」と幸せな気持ちになれます。

ちょっとしたことでも感謝の思いを持てるので、やってくれて当然なんて考えることはなく、謙虚に明るく振舞う姿が誰から見ても好印象です。

占いを信じる人は?

そもそも占いというのは、古くからの統計データから生み出されているものが多く、その人個人に全てが合うことはありません。

タロットなど確率論で出るものについては占い師側と占われる側のコミュニケ―ションの中でカードが持つ意味のどれを、どのように構成して言葉にするかを占い師側が考える心理戦みたいなものです。

だからこそ、同じ「信じる」でも人を信じている人と占いを信じている人では全く人間性が異なります。

楽しむ程度で占いを見ている人なら全然良いのですが、行動原理を占いの結果に合わせている人はネガティブな特徴が多くあります。

具体的に見てみましょう。

自分に軸がない

朝起きてから何を着るか、何を食べるか、どこに行って何をしようかなど、日々の生活では様々な選択肢があります。

多くの人は自分の欲求や、TPOなどから選びますが、これらを占いに頼る人は自分の価値基準、つまり軸を持っていません。

自分では赤色の服を着ようかなと思っているのに占いで「今日は青がラッキーカラー」と言われれば青を着ます。

自分の軸がないため、占いで自分の思いとは違うことを言われたら不安になる方が勝ってしまい、赤を着たいと思っていた自分の感情など隅っこに追いやられてしまうのです。

自信や信念を持ってない

自分を信じている人は自分の決断を信じているのでそれを優先し占いは楽しみ程度にしますが、占い結果を判断基準にしている人は自分の決断に自信や信念を持っているはずがありません。

もし持っているなら占いの結果によって自分の選択を左右させることなどしないからです。

自信や信念がないと日常生活は選択の連続なのでとても大変です。

それを補うために占いという手っ取り早く価値基準をもたらしてくれるものに縋っている状況といえます。

それが何度か上手くいくとますます占いに頼るようになっていきます。

占い師からすればとても良いお客さんです。

また自信がないため他人のことも信じることはできません。

占いを信じられるのは人の力ではない何か神秘的なものだと思っているからなのです。

自分の人生を運転しようとしてない

結婚や転職、引っ越しなど人生の大きな選択すらも占いに頼る人がいます。

たとえば、ギャンブル癖に浪費癖があってこのまま結婚したら壮絶な家庭になりそうな恋人がいたとして、でもまだ恋心があるから別れるのはどうかなと思っているとします。

そこで占いに行き「あなたは今年が婚期みたいよ」と言われたらそれを信じて結婚してしまうのです。

それで本当に幸せな生活になるかどうかは考えません。

神秘的な力のお導きなので幸せになれるに違いないと思ってしまうのです。

結果全然幸せにならなくても、「きっとこの人と結婚していなかったらもっと辛い人生だったに違いない」と変にポジティブです。

こういった人は占いによって得られた結果こそが運命によって導かれた絶対的なものであって自分に他の選択肢があったなどとは考えません。

あるいは他の選択肢を選んでいたら不幸になっていたと信じて疑わないのです。

不幸や不満を人のせいにする

これは自分を守るために占いを利用しているパターンです。

自分の不幸や不満は運命によって決まっているので自分のせいではないと考えます。

たとえば自分のミスで仕事が失敗したらその日自分が不幸な目に合う占いを探してそれを理由にすげかえるのです。

ともかく自分のせいで起きたことでも運命のせいに転嫁できればいいので血液型占いでも星座占いでも自分が納得できる結果が書いてあるものを選び出します。

あるいはチームでしている仕事が失敗したり、恋人といる時に嫌な目に合ったりすると相手の運勢が悪いせいだと理由づけて自分のせいではないと安心しようとします。

純粋

明らかに寝不足が続いていて目の下のクマがバッチリな人を見れば誰だって「体調に気を付けた方が良いよ」と言えるのですが、純粋な人は占い師にそう言われただけで「すごい!言い当ててる!実は最近寝れてなくて…」と自ら占い師にパスを出してしまいます。

手相占いなど大体の占い師は心理学を駆使してその人の悩みや言って欲しい言葉を言っているだけにすぎないのですが、純粋な人はそれを真に受けてしまうので占いを信じやすくなります。

その上受け入れやすい言葉のオンパレードなので尚更です。

純粋なだけなら可愛いのですが、あまりに純粋すぎて「この壺を買わないと運気が上がらないね」と言われて購入してしまう人もいるので考えものです。

自己顕示にかかりやすい

占いは自己暗示によってその結果を招くということがあります。

たとえば朝のニュース番組の最後に流れる星座占いを見て「今日のアンラッキーは○○座のアナタ!」と言われると一日中気分が落ち込んでしまいます。

そして、普段なら目にとまらないような些細な出来事に過剰反応してアンラッキーな日だったと思い込むのです。

人を疑わない人になるためには?

まずは自分を信じることです。

自分を信じていないのに他人を信じてしまっては、それは占いを信じる人と変わらず、自分の軸がないただのYESマンで依存的です。

そうすると自分の中に判断基準がないので良からぬ考えの持ち主を引き寄せて良いように使われてしまうので気を付けたいところです。

自分を信じるには、自分が自分のことを裏切らないようにすることが大切です。

自分でやると決めたことはちゃんと最後までやる、自分の考えを肯定する、自分へのご褒美もちゃんとあげる、これらを行って自分を信じることができたら他人を信じることも考えていきます。

他人を信じる上で大切なことをご紹介しますので、自分のことは信じているという人は読み進めてみましょう。

許す心をもつ

寛大であるより無関心である方がやりやすいので意識としては無関心がおすすめです。

もちろん良い意味での無関心です。

そもそも「許す」ということ自体が上から目線なんです。

恩を仇で返された、裏切られたという心境は「こんなにしてやったのに」という自己満足の裏返しで、相手からすればそんなこと全然ありがたくもなかったということが多くあります。

にも関わらず、恩を返すべきなのに返さない、と損を被ったような気でいるから、許す許さないの感情になってくるのです。

自分が良かれと思ってやったことを相手が受け入れなくても「相手にとっては嬉しいことではなかったんだな」と素直に受け止めたり、相手が失敗や失礼をしても単なる事実として受け流せばいいのです。

あるいは、相手に良くしてあげることが自己満足だと理解していて恩を売ったと思っていなくても、相手がそれを恩に感じてくれていて返してくれたらより一層嬉しく感じられるでしょう。

もちろん悪意を持って徹底的にやり込めてくるようなおかしな人はバッサリ切り捨ててしまいましょう。

許すも許さないも、そんな人は必要ありません。

罰してやろうとすることすら時間の無駄です。

そんな人は知らないところで滅びていってくれればいいのです。

相手のする行為に対して無関心でいながら、良いことをしてくれた時だけ感謝するようになれば気持ちがだいぶ楽になります。

要は、人の悪いところに目くじらをたてずに、良いところだけに目を向けていれば自然と許すことができていたり、寛大な心も持ってるように見えるということです。

嘘をつかない

嘘はいつかどこかで絶対にバレます。

だからこそ言われた相手を確実に傷つける未来が待っています。

たとえその場しのぎで嘘が良い方向に行ったとしても、いつか関係にヒビをいれることになるのです。

そして、嘘をつく上で一番騙しているのは自分自身です。

嘘をついた瞬間に自分は傷ついています。

できない約束をして破ったり、虚栄心から嘘をついたりすると、相手が被る迷惑以上に自分のことを傷つけ裏切っているのだと理解しましょう。

そうしてどんどん自分が信じられなくなってくると、自分すら信じられないのにもっとわからない他人のことなんて当然信じられなくなってしまいます。

嘘をつく行為は認知的不協和によるものである場合があります。

認知的不協和は、自身の中で矛盾することを抱えること、それによって覚える不快感を表す言葉です。

有名なのはイソップ物語の『すっぱい葡萄』のお話しです。

キツネがおいしそうな葡萄を見つけて食べようとするも、どんなに飛び上がっても手が届かないので、どうせすっぱい葡萄だからまずいだろう、と諦めるという内容です。

これは、葡萄を食べたいという自己と、手が届かないという現実がマッチしないので、葡萄はすっぱくてまずい、という嘘の情報を作り上げて「食べる気がない」に持ち込み不協和な状態を除去しようとしています。

現実の世界でいうと、恋人が欲しいのに恋人がいない、という矛盾に対し「異性に興味がない」という嘘を言ったり、仕事が全然できないのにデキる人に見られたいがために、嘘の仕事自慢をしなりするなどです。

これらの嘘をつくよりも、「恋人がほしいけど全然できないんだよね。どうすればいいかな。」「仕事ができないんだけどアドバイスくれないかな」と矛盾を生まないように正直に言った方がよっぽど気が楽になります。

そして、正直に言ってくれる方が相手もその人を信じられるようになります。

小さいことからはじめてみる

人の意見を素直に聞き入れたり、疑ってかからないことは口で言うほど簡単なことではありません。

今までの経験から信じすぎて痛い目にあったということも当然あるでしょう。

とくに精神的に幼い学校時代などは裏切られたことへの傷が多く、今思い出してもその傷がぶり返すことがあります。

しかし、信じる力が様々なメリットをもたらすことは記載した通りで、大人になるとそういう人物が少なくなってくるからこそ、強みになる部分です。

まずは小さなことから始めてみて、ちょっとずつ自分を解放していくと身も心も楽になっていくので挑戦してみましょう。

具体的には、初対面の人の話を何の疑念も持たずに楽しく聞いてみたり、褒め言葉に対して素直に喜んでみることがおすすめです。

素直に捉えることの楽しさがわかれば自然と受け入れ態勢が整ってきます。

あるいは、相手に潜在的に期待してしまっていることがないかを冷静に考えてみることも良いです。

「大人だから」「上司だから」「良い大学を出ているから」などその人の持つものにどんな期待をしてしまっているかを掘り下げてみるのです。

それがわかれば、自分が裏切られた気持ちになったときに期待をしていたからだと気付けます。

人を信じる人と一緒にいる

周囲に人を信じる人がいる場合は一緒に行動してみましょう。

一緒にいることで、どのような考え方をしているか、どんな言動が多いのかがよくわかります。

それらの姿勢や態度が相手にどんな印象をもたらすか、相手がどんな反応をするか見ることは、自分の振る舞いの中に取り入れるために役立ちます。

そして、そういった人たちの周りにどんな人が集まってくるのかも見えてきます。

中には「なんでこの人のことを疑わないんだろう」と思える人すらいるかもしれません。

しかし一緒に付き合いを続けていれば見た目や言葉遣いからはわからないその人の良いところがわかるはずです。

人の良いところに目が向くように変わってくれば一緒にいることに意味があります。

人を信じることで人生が変わるかも!(まとめ)

同じ環境にいながら幸せに過ごせている人は物の考え方が違うのです。

周囲の人を信じることができれば自分を取り巻く環境は変わらなくても、捉え方が変わるので自然と明るくなってきます。

最初は人を信じることによって裏切られたと感じることもあるでしょうが、相手に期待をしないことが身についてくれば、相手の良い行いに目が向くようになります。

それは周囲への感謝の心につながり、その姿勢が周囲の意識や接し方も徐々に変えていきます。

一朝一夕で成せることではありませんが、自分の人生を気楽にやるために気長に取り組みましょう。