CoCoSiA(ココシア)

打算で生きてはいけない12個の理由と直す方法とは?


打算的な人ってまわりに必ずいますよね。

そんな打算で生きている人は本当のところ損なのか得なのか今回は詳しくご説明していきます。

実は打算的な人にはこんな落とし穴があったんですよ。

打算的な人は後悔するって本当!?

打算的な人は後悔することがあるのは本当です。

通常打算的というと何かを洗濯しなければいけない場合に自分に得があるのかどうなのかで物事を判断する人のことですよね。

これだけを考えると自分にとって良い方を選んでいますので後悔なんてあるはずは無いと思いますよね。

では実際にはどうなのでしょうか?

具体的に打算的なことによって生じることについてご説明させて頂きます。

打算的とは?


打算的とはものごとを考える時に損得を第一に考えているということです。

何をするにでもどちらが得をするのかで決めて行動をすることです。

簡単に言ってしまえば自分に利がない場合には何もしません。

自分に得がある場合には我先にと率先して行動します。

この計算高さが周りの人に分かってしまうと…

意味

まずは打算についての本来の意味をご紹介します。

もうお分かりかとは思いますが、辞書的な意味では打算とは、勘定することや利害や損得を見積もることという意味となります。

使い方

あの人は常に自分の損得だけを考えて行動している打算的な人。

打算計算しつつあの人との距離を縮めるなどですね。

類義語・対義語

打算の類義語対義語としては、計算高いや純粋などがそれにあたります。

打算的な生き方はNG!その理由とは?


打算的な生き方をしていると思いもよらないところでとても大きな損をしている事になっているかもしれません。

目先の損得だけで計算していてはNGですよ。

目先の打算だけでなく大きな視野でものごとを考えましょう。

様々な損の中からいくつかNGな理由をご紹介します。

嫉妬心が強くなる

打算的になっていると他人や物に対してや様々な嫉妬心が大きくなってしまうのです。

目先の損得での計算で行動している為目の前の自分に得をする事に対して激しい嫉妬心を抱きます。

私よりもあの人の方が得をしていると思ったらその自分よりも得をした相手に対して非常に大きな嫉妬心を抱いてしまうのです。

自分もその人ほどではないにしても確実に得をしているにもかかわらず打算的に考えてしまうことで実際には得をしているにもかかわらずあの人よりも損をしていると考えてしまうのです。

これは視野が狭い打算故に怒る嫉妬心なのです。

目先の物事の実で打算的に考えている為その藻のごtが終わった際に新たな打算を計算し嫉妬心がうまれてしまいます。

もっと大きな視野で考えることで今実質損をしてもその後に今得をするよりも大きな得を得ることが出来ると計算が出来る人が本当の意味での打算ができる人なのです。

こういった広い視野で考えることの出来る打算はとても有効な事です。

打算といっても目先の事だけでの打算なのか広い視野で大きく考えた打算なのかで非常に大きな違いが出てしまいます。

打算的な生き方をしては駄目な理由はこの視野の違いなのです。

出来るだけ広い視野でものごとを考えられるようにしましょう。

八方ふさがりだと思うことでも少し視野を広げたら四方八方はダメでも上があったなんてこともありますよ。

共感性が乏しい

打算的な人は共感性が乏しい為打算的な人のまわりには人が集まり難いです。

目先の打算で損得を考えて行動している為、まわりの皆が一緒の意見で一致しているにもかかわらず自分汚損得だけで考えて自分の意見を通そうとします。

そうすることで周りからは自分の事しか考えていない自分勝手な人と見られてしまい信頼してくれなくなり周りから人が離れていってしまいます。

人がいなくても得しているなら大丈夫なのでは?とも思い割れる人がいますが、実は人とのつながりによって得する情報やあなたの為に自分が損をしてでも助けてくれたりもするのです。

今損をすることでいずれあなたには今損をした倍以上の得が返ってくる場合もあります。

その得を全て逃してしまっているのです。

周りの人と一緒に楽しむ事や共感する事も無くなってしまうのです。