CoCoSiA(ココシア)

ひとりになりたい時にしたいこと8選。誰にも邪魔されず疲れを癒そう


あなたは普段、ひとりの時間をきちんと設けていますか?

友達や恋人と過ごす時間もとても楽しくてかけがえのないものですが、たまにはひとりになって自分だけの時間を持つのもとても大切なことです。

「ひとりになりたいな」と思ったら誘いをすべて断って自分のために時間を使ってみるのも良いかもしれません。

そこで今回は、ひとりになりたい時にしたいこと8選をご紹介します。

人は、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されています。

「普段は絶対に誰かと一緒にいるからひとりで何をしたらいいか分からない」という方も、記事を見ながら自分だけの時間を過ごして癒されてくださいね。

ひとりになりたい時ありますよね

あなたはこれまでの人生経験の中で、少しの間でいいから今はひとりになりたい、もしくは少しの間でいいからそっとしておいてほしいと思った経験はありませんか?

おそらく誰しもが一度くらいはこのような気持ちになったことがあると感じるはずです。

なぜならば、私たち人間は様々な複雑な環境の中で生活をしており、様々な物事を経験しているからこそ、そのような心理に変化してしまう状況を経験したりすることは十分考えられるからです。

そのような時には無理に人に関わったりすることはせずに、自分の心が落ち着いたり、冷静に物事を受け止められるようになるまではなるべく自分自身の時間を作るようにして、ゆっくりと自分の気持ちを整理することができるように努めることが大切なのです。

そのような状況の時に無理に人とコミュニケーションを取ったりしても、良いコミュニケーションを築くことは当然難しいですし、場合によってはあまり良くない人間関係を形成してしまいやすくなりますので、十分気を付けなければいけません。

どんな時にひとりになりたいと思う?


一人で過ごしたい、誰にも関わりたくないと思ってしまうようなことは誰しもが経験してきたことだと思うのですが、なぜこのような気分に自分の気持ちが変化してしまうのか、その理由をあなたは正確に把握していますか?

これは個人差があると思いますので、別れると思うのですが、その原因について正しく把握できている方もいれば、残念ながらそれを理解できていない方がいるのが事実なはずです。

本来であれば、人間は自分の本心としてたくさんの人と関わったり、たくさんの人と関わって楽しい時間を過ごしたりしたいと思っている事が当たり前です。

しかし、そういう気持ちにならないのは何かしらの原因があって気持ちがそこに向かずに、一人で過ごしたいという気持ちに変化してしまっていると捉えることができます。

それを阻害する根本的な原因を正しく理解しておかないと、自分自身の奥底に存在する根本的な悩みを解決できずに、いつまでも定期的に悩みを抱えてしまう恐れがあります。

それが長く続けば自分の自信の無さに繋がってしまい、精神的な病気に繋がる可能性もありますので、放置してしまうのは危険です。

なので、どのような時に一人になりたいと思うのか、という根本的な理由を私たちは自分自身できちんと把握しておかなければいけません。

なぜなら、それが結果的に自分を救うヒントとして活用することが出来るようになるからです。

精神的に悩んだり、うだうだ考えたくないという方は問題解決できるように、どんな時に自分が一人になりたいと思うのか原因を考えていきましょう。

1.疲れが溜まってしまった時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「疲れが溜まってしまった時」が挙げられます。

なぜ疲れが溜まってしまった時は一人になりたいと感じてしまうのか考えた時に、考えられる理由としては疲れが溜まれば溜まるほど、他のことに対して気を使うことができなくなってしまうからです。

具体的にどういうことかと言いますと、人は少なからず他人と接したりする時には何かしら気を使ったりすることが多いと思います。

相手が傷つかないように会話を選びながら喋ったり、相手が不快な気持ちにならないように様々なことに気を使いながらコミュニケーションを重ねていくと思います。

それを踏まえて考えてみると、疲れが溜まってしまってる時は自分のことで精一杯な状況なので、他人について気を使ったりしなければいけないのは自分にとって大きな負担がかかってしまいやすくなります。

疲れている時は自分に負担がかかることは本能的に避けたくなりますので、大きな負担がかかる他人との交流は嫌だと感じるようになります。

なので、疲れて周りに気を使えなくなってしまっている場合は一人になりたいと思う心理が働くため、結果として疲れが溜まってしまった時はひとりになりたい時であると判断することができるのです。

あなたがこれまでの人生で一人になりたいと思った時を思い返してみてください。

おそらく疲れが溜まってしまって頭が回らない状況になっているからこそ、他人との関わりを避けようと判断した事があるはずです。

このような時には無理に交流を重ねる必要性はありませんので、まずはゆっくりと休息を取るようにしてください。

2.忙し過ぎる時


一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「忙し過ぎる時」が挙げられます。

なぜ忙し過ぎる時は一人になりたいのかと考えた場合に、様々なことが積み重なって忙しいと感じている場合は、人間誰しもが余裕がなくなってしまいがちになります。

余裕がなくなることによって、人間はそれ以上面倒なことを抱えたくないと思ってしまいがちになりますので、少しでも自分にとって負担がかかるようなことを避ける傾向にあります。

それを踏まえて考えてみると、忙しすぎる時は一人になる事により、面倒な事をシャットダウンすることが出来るため、結果的に一人になりたいと考えるようになるのです。

忙しすぎる時には他人に構っている余裕は当然ありませんので、人と関わるのが面倒だと感じたり、嫌気が差して拒絶してしまったりした経験を持っている方は多いはずです。

忙しい時は自分の事に手一杯なので、気を遣った発言や行動などもできません。

集中して目の前の問題を解決しなければいけない状況にもなりますので、忙しすぎる時はひとりになりたいと思うのが当たり前なのです。

これまでの人生経験を思い返してみれば、忙しくて自分が切羽詰まってしまってる時は周りと質の高いコミュニケーションはできなくなっていたはずです。

なので、忙すぎる時には一人になりたいと判断することが出来るのです。

3.人間不信になった時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「人間不信になった時」が挙げられます。

なぜ人間不信になった時は一人になりたいのかと考えた場合に、人間不信になってしまった場合は他人のことを信用することができませんので、他人と関わったりすることに対して強いストレスを感じてしまいやすくなるからです。

他人と関わることに対してストレスを感じるのであれば、他人と関わりたいと思うことは当然無くなりますし、一人でいる方が何十倍も楽だと感じるようになるため、結論として人間不信になったときは一人になりたいと思うようになるのです。

しかしながらこのような状況になってしまいますと精神的に病んでしまう可能性がとても高くなります。

元々なぜ人間不信になってしまうのかということを考えた場合に、一般的に考えられるのは過去に起きたトラウマが原因になってしまっている可能性が高いです。