あなたにとって幸せだと感じるような瞬間はどのような時がありますか?

友達と遊んでる時であったり、大切な人と貴重な時間を過ごしている時であったり、趣味を楽しんでいる時など、様々な場合を想像することができると思います。

どのような時間が自分にとって楽しい時間なのかと考えた場合に、おそらく個人差がとてもあると思うのですが、大抵の場合は誰かと何かをしている時である場合が多いと思います。

なぜならば、一人で何かをするよりも、周りの人と何かした方がより楽しい気分を味わうことが出来るケースの方が多いからです。

しかしながら、私たちは不思議な生き物で、時には誰かと関わりたくないような気持ちになったりするような場合もあります。

決してそれが永遠に続いて欲しいと思うわけではないにしても、少しだけの間は人と関わりたくないとい思ってしまう事は十分考えられ、そんな時には人と関わらないようにしながら、楽しい事をしたいと思う事もあります。

そこで今回はひとりになりたい時をテーマにして、一人になりたい時にできるストレス解消になるような事をご紹介していきたいと思います。

ひとりになりたい時って、ありますよね

あなたはこれまでの人生経験の中で、少しの間でいいから今はひとりになりたい、もしくは少しの間でいいからそっとしておいてほしいと思った経験はありませんか?

おそらく誰しもが一度くらいはこのような気持ちになったことがあると感じるはずです。

なぜならば、私たち人間は様々な複雑な環境の中で生活をしており、様々な物事を経験しているからこそ、そのような心理に変化してしまう状況を経験したりすることは十分考えられるからです。

そのような時には無理に人に関わったりすることはせずに、自分の心が落ち着いたり、冷静に物事を受け止められるようになるまではなるべく自分自身の時間を作るようにして、ゆっくりと自分の気持ちを整理することができるように努めることが大切なのです。

そのような状況の時に無理に人とコミュニケーションを取ったりしても、良いコミュニケーションを築くことは当然難しいですし、場合によってはあまり良くない人間関係を形成してしまいやすくなりますので、十分気を付けなければいけません。

どんな時にひとりになりたいと思う?


一人で過ごしたい、誰にも関わりたくないと思ってしまうようなことは誰しもが経験してきたことだと思うのですが、なぜこのような気分に自分の気持ちが変化してしまうのか、その理由をあなたは正確に把握していますか?

これは個人差があると思いますので、別れると思うのですが、その原因について正しく把握できている方もいれば、残念ながらそれを理解できていない方がいるのが事実なはずです。

本来であれば、人間は自分の本心としてたくさんの人と関わったり、たくさんの人と関わって楽しい時間を過ごしたりしたいと思っている事が当たり前です。

しかし、そういう気持ちにならないのは何かしらの原因があって気持ちがそこに向かずに、一人で過ごしたいという気持ちに変化してしまっていると捉えることができます。

それを阻害する根本的な原因を正しく理解しておかないと、自分自身の奥底に存在する根本的な悩みを解決できずに、いつまでも定期的に悩みを抱えてしまう恐れがあります。

それが長く続けば自分の自信の無さに繋がってしまい、精神的な病気に繋がる可能性もありますので、放置してしまうのは危険です。

なので、どのような時に一人になりたいと思うのか、という根本的な理由を私たちは自分自身できちんと把握しておかなければいけません。

なぜなら、それが結果的に自分を救うヒントとして活用することが出来るようになるからです。

精神的に悩んだり、うだうだ考えたくないという方は問題解決できるように、どんな時に自分が一人になりたいと思うのか原因を考えていきましょう。

1.疲れが溜まってしまった時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「疲れが溜まってしまった時」が挙げられます。

なぜ疲れが溜まってしまった時は一人になりたいと感じてしまうのか考えた時に、考えられる理由としては疲れが溜まれば溜まるほど、他のことに対して気を使うことができなくなってしまうからです。

具体的にどういうことかと言いますと、人は少なからず他人と接したりする時には何かしら気を使ったりすることが多いと思います。

相手が傷つかないように会話を選びながら喋ったり、相手が不快な気持ちにならないように様々なことに気を使いながらコミュニケーションを重ねていくと思います。

それを踏まえて考えてみると、疲れが溜まってしまってる時は自分のことで精一杯な状況なので、他人について気を使ったりしなければいけないのは自分にとって大きな負担がかかってしまいやすくなります。

疲れている時は自分に負担がかかることは本能的に避けたくなりますので、大きな負担がかかる他人との交流は嫌だと感じるようになります。

なので、疲れて周りに気を使えなくなってしまっている場合は一人になりたいと思う心理が働くため、結果として疲れが溜まってしまった時はひとりになりたい時であると判断することができるのです。

あなたがこれまでの人生で一人になりたいと思った時を思い返してみてください。

おそらく疲れが溜まってしまって頭が回らない状況になっているからこそ、他人との関わりを避けようと判断した事があるはずです。

このような時には無理に交流を重ねる必要性はありませんので、まずはゆっくりと休息を取るようにしてください。

2.忙し過ぎる時


一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「忙し過ぎる時」が挙げられます。

なぜ忙し過ぎる時は一人になりたいのかと考えた場合に、様々なことが積み重なって忙しいと感じている場合は、人間誰しもが余裕がなくなってしまいがちになります。

余裕がなくなることによって、人間はそれ以上面倒なことを抱えたくないと思ってしまいがちになりますので、少しでも自分にとって負担がかかるようなことを避ける傾向にあります。

それを踏まえて考えてみると、忙しすぎる時は一人になる事により、面倒な事をシャットダウンすることが出来るため、結果的に一人になりたいと考えるようになるのです。

忙しすぎる時には他人に構っている余裕は当然ありませんので、人と関わるのが面倒だと感じたり、嫌気が差して拒絶してしまったりした経験を持っている方は多いはずです。

忙しい時は自分の事に手一杯なので、気を遣った発言や行動などもできません。

集中して目の前の問題を解決しなければいけない状況にもなりますので、忙しすぎる時はひとりになりたいと思うのが当たり前なのです。

これまでの人生経験を思い返してみれば、忙しくて自分が切羽詰まってしまってる時は周りと質の高いコミュニケーションはできなくなっていたはずです。

なので、忙すぎる時には一人になりたいと判断することが出来るのです。

3.人間不信になった時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「人間不信になった時」が挙げられます。

なぜ人間不信になった時は一人になりたいのかと考えた場合に、人間不信になってしまった場合は他人のことを信用することができませんので、他人と関わったりすることに対して強いストレスを感じてしまいやすくなるからです。

他人と関わることに対してストレスを感じるのであれば、他人と関わりたいと思うことは当然無くなりますし、一人でいる方が何十倍も楽だと感じるようになるため、結論として人間不信になったときは一人になりたいと思うようになるのです。

しかしながらこのような状況になってしまいますと精神的に病んでしまう可能性がとても高くなります。

元々なぜ人間不信になってしまうのかということを考えた場合に、一般的に考えられるのは過去に起きたトラウマが原因になってしまっている可能性が高いです。

しかしながら、一見すると他人が理由のように感じるかもしれませんが、実際は自分自身に対して自信を持つことができなくなっていることが大きな原因につながっています。

結局どんな嫌なことを経験したとしても自分に対して自信を持ち続けている人間は、へこたれたりするような事が無いのです。

しかしながら、自分に対して自信を持つことができないような人間はそこから精神的な問題が発生しやすくなるので、人間不信などを招いてしまいやすくなるのです。

今もしも人間不信に悩んでいるのであれば、トラウマを克服するために自分自身の心の強さを身につける必要性があるといえます。

4.人ごみに疲れた時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「人ごみに疲れた時」が挙げられます。

なぜ人ごみに疲れた時は一人になりたいのかと考えた場合に、それは人ごみという自分自身の置かれている環境などが原因で思っている可能性が高いです。

そもそも人間は人ごみに巻き込まれてしまったりする事で強いストレスを受けるようになります。

進みたいと思った方向に自由に進むことができませんし、自分が信頼していないような人間が必要以上に近い距離に接近することに対して少なからずストレスを受けるようになります。

そのような環境に長時間身を置くことになった場合、必ずその反動として自由を求めて静かな場所に行きたいと思ったり、一人になりたいと思ったりするはずなのです。

なので、人ごみという環境がそのような考え方に変化させているのであり、人ごみに疲れた時には一人になりたいと思う理由だと判断することが出来るのです。

5.ストレスがマックスになった時

一人になりたいと思ってしまう時には、どのような場合が存在するのかと考えた時に、該当する場合としては「ストレスがマックスになった時」が挙げられます。

なぜストレスがマックスになった時は一人になりたいのかと考えた場合に、私たちの脳はストレスを感じた場合は休憩を取ろうとしますので、必然的に一人になりたいと感じるようになるのです。

ストレスがたくさん自分自身に溜まってしまうという事は、自分自身の体に対して悪影響が及んでいると考えることが出来ます。

その状態を放置することは自分の体にとってとても悪いことでありますので、必ず自分自身の体はストレスを排除しようと考えるようになります。

その結果、一人になる事で余計な気を遣わなくて済むようになりますし、ストレスもかからないようにする事ができるため、一人になって休息を取るように行動するのです。

なので考えてみれば自分の脳が自分の体を守るために行っている行動とも言えます。

なので、ストレスがマックスになった時は一人になりたいと思う場合だと判断することが出来ます。

ひとりになりたい時にしたい8個のこと

どのような時に一人になりたいのかということをある程度ご紹介していきましたが、基本的には全てに該当する事として自分自身が極度のストレスを感じた時であるということが分かりいただけたと思います。

ストレスを受けるということは自分の体にダメージを受けるということになりますので、きちんと蓄積されたストレスは解消しなければいけません。

蓄積したストレスを定期的に解消してあげなければ、自分の体の中にストレスがたくさん溜まっていくことになり、次第にそれが自分の精神的なバランスを崩してしまい、精神的な病気を引き起こしてしまったりする可能性も十分考えられます。

病気になってしまってから遅いですし、ストレスを回避することというのはとても難しいことなので、一番大切なのは定期的にストレスを発散する行動を取り続けるという事です。

しかしながら、人によってはどのようなことをすればストレスを解消することができるのかよくわからないと感じてる人がいるのも事実です。

そこで、ここからは一人になりたい時に行っていただきたいことをいくつかご紹介していきたいと思いますので、ストレス解消の行動などがよくわからないと感じている方はこれからご紹介する項目を確認した上で、日常的に実践していただきたいと思います。

少しでもストレスから解放されるような行動を取り入れて、精神的な健康を手に入れられるように自分なりに工夫してみてください。

1.大好きな音楽をゆっくりじっくり聞く

まずはじめにご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「大好きな音楽をゆっくりじっくり聞く」という事が挙げられます。

なぜ大好きな音楽をゆっくりじっくり聞く事がおすすめなのかと考えた時に、理由としては音楽を聴くことによってリラックス効果を得ることができるようになるからです。

自分の好きな音楽を聴くだけでも一定レベルのリラックス効果を得ることができ、自分が心に溜まったストレスを解消することができます。

それ以外にも、音楽療法という言葉があるように、自閉症であったりうつ病などの治療に音楽が使われている事実も存在していますので、音楽を聴くことによって自分の心に溜まった疲労を回復させてくれる効果も見込むことができるようになるのです。

詳しくお伝えするのであれば、音楽を聴くことによって自分の心拍、血圧、血流の酸素量などの身体的な機能面が回復するような効果を持っていたり、音楽を聴く事でエンドルフィンが出て、それが自分の精神に良い影響を与えてくれるという事が判明しています。

もちろん自分の好きな音楽を聴いたりするのも良いのですが、効果が高いと言われている、癒される音楽として有名なのはモーツァルトの音楽だと言われています。

実際にアメリカの研究としてモーツァルトの音楽を聴くことによってリラックス効果や緊張度低下、そして心拍数の低下などが影響として見られることが判明しています。

なので、自分の好きな音楽か、もしくはモーツァルトの音楽などを聞いたりするとよりリラックス効果を得られるようになるはずですよ。

2.ゆっくりお風呂に入る

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「ゆっくりお風呂に入る」という事が挙げられます。

なぜゆっくりお風呂に入る事がひとりになりたい時におすすめなのかと考えた時に、お風呂に入ることで精神的に良い効果を与えてくれるからだと言えます。

具体的にどのような良い効果を得ることができるのかと考えた時に、まずお風呂に入ることによって自律神経を整えてくれる効果を見込むことができます。

私たちはストレスを受けることによって自分自身の自律神経が乱れてしまう可能性が存在しており、自律神経が乱れてしまうことによって精神のバランスが不安定になり精神的な病を引き起こしてしまう可能性があります。

なので、お風呂に入って自律神経を整える効果を得ることで自分の精神のバランスを健全に保つことができるようになるため、ストレスを受けた状態ではとても良い効果を見込むことができるのです。

それ以外にもストレスを受けることによって自分の体の筋肉が固まってしまいやすくなり、血行不良などで身体的にも悪い影響が出てしまいますが、お風呂に入る事で筋肉の緊張をほぐしてくれるため、身体的な健康面でも良い効果を与えてくれます。

そうする事によって、大きなストレスから身を守ってくれるので、ゆっくりお風呂に入る事は一人になりたい時におすすめの事だと言えます。

ぬるめのお湯に長時間

一人になりたい時にオススメなこととしてお風呂に入ることをご紹介しましたが、具体的にどのような入浴方法でお風呂に入ることがおすすめなのかと考えた時に、気をつけていただきたい点が複数点存在しています。

どのような点に気を付けなければいけないのかと考えた時に、まず気をつけていただきたいのはお湯の温度で、おすすめは38度~42度程度です。

そして入浴の時間ですが、なるべくゆっくりと浸かる事が良いと言われていますので、時間にして30分程度は見込んでください。

そして、かならず湯船にゆっくりと浸かるように心がけ、湯冷めなどには十分注意するようにしてください。

そうする事により、自分の自律神経の副交感神経を高めることができ、しっかりとリラックスをすることができます。

副交感神経を高める事により、リラックス効果と同時に、お風呂から上がった時に体温の関係で眠りに落ちやすいようになるので、深い睡眠効果も得やすくなり、疲れやストレスがなどが緩和されやすくなります。

なので、一人になりたい時にお風呂に入ってストレスを解消する場合は、これらの注意点を意識した上で必ず実践するようにしてください。

3.本を読む

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「本を読む」という事が挙げられます。

なぜ本を読む事が一人になりたい時におすすめなのかと考えた場合に、結論としては本を読むことによって自分の心の中に抱えているストレスを解放することができるようになるからです。

なぜ本を読むことによって自分の心の中に抱えているストレスを解放することができるのかと考える時に、ストレスを解放するためには何かしらの事に没頭する事がお勧めだと言われています。

なぜならば、何かしらのことに没頭することによってそこに意識を注視することができるようになりますので、その分他のことに意識を向けることがなくなり、余計なストレスを感じさせなくするようにできるのです。

なので比較的手軽に自分の意識を没頭することができる手段としては、本を読むことが簡単に誰でも行える方法になりますので、嫌なことがあった時にいつもそのことばかりを考えてしまってパンクしてしまうという方は本を読む癖を身につけると、嫌なことばかりを考えるようなループを断ち切ることができるはずです。

また、本を読むことによって得られるメリットはもう一つ存在しており、本を読むことによってだんだんと睡眠を導入してくれるような効果もあり、自然と眠くなり、しっかりとした睡眠を得ることが出来るようになります。

そうする事によって、睡眠によるリラックス効果も得られますので、一人になりたいくらいにストレスを感じている場合は本を読むようにしてください。

4.自然に触れる

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「自然に触れる」という事が挙げられます。

なぜ自然に触れる事が一人になりたい時におすすめなのかと考えた場合に、自然に触れることによってたくさんのリラックス効果を得ることができるようになるからです。

時には具体的には、自然が溢れる環境に身を置くことによって自然の音を聞くことができるようになります。

先ほどご紹介したように、音楽にはリラックス効果を得ることができます。

特に自然の音に関しては特にリラックス効果が高いと言われており、自分の自律神経を整えたり、ストレスを緩和してくれる効果を見込むことができるため、一人になりたい時に行ってほしい事なのです。

それ以外にも、人で賑わっているような騒がしい場所ではなく、自然あふれる静かな場所に身を置くことによって自分の心を整えてくれる効果も得ることができますので、ゆっくりと物事を考えたりするのに適している場所になります。

つまり、自分の何かしらの悩みなどを思考を凝らして考えられる場所にもなりますので、悩みなどを解決に結び付けられるような魅力も秘めています。

なので、一人になりたいほどストレスを抱えている状態の場合、自然に触れる事はとても良い事だといえるのです。

5.部屋で映画を観る

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「部屋で映画を観る」という事が挙げられます。

なぜ部屋で映画を観る事が一人になりたい時におすすめなのかと考えた場合に、部屋で映画を観る事によって誰にも邪魔されない楽しい空間を作り上げることができるようになるからです。

先ほどご紹介した読書の項目にも触れた通り、何かに対して没頭している時間を作ることによって自分の悩みをうじうじ考えたりするような環境を吹き飛ばすことができます。

映画に集中することによって同様の効果を得ることができますし、自分の趣味の時間を作ることによって、自分にとって癒しの時間を得る事に繋がり、ストレス解消効果を見込むことが出来ます。

また、感動的な映画を観る場合は涙を流すことによって様々なリラックス効果を得ることができるようになりますので、映画を観るということはとてもリラックス効果を見込むことができる良い方法になるのです。

なので、ストレスが溜まって一人になりたいと思った時には部屋で映画を観ることがとても良い方法だと判断することが出来ます。

6.ひとりドライブ

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「ひとりドライブ」をするという事が挙げられます。

なぜひとりドライブをする事が一人になりたい時にしたいことになるのかと考えた場合、ドライブをすることによってストレス解消効果を得ることができるからです。

なぜならば、運転をする時にちょっとしたひと工夫をすることによって快適な空間を演出することができるからです。

例えば、自分の好きな音楽をかけながらゆったりとドライブに興じたりするのも面白いと思いますし、ゆっくりとあてのない旅を行ったりするのも時間に縛られずにリラックスした気持ちで休日を楽しむことができます。

それ以外にも、気持ちの良い季節であれば窓を開けて自然の風を感じることによって、今までに感じたことがないリラックス効果を得ることができるはずです。

今の時代は車を持っていない人でもレンタカーを利用すればすぐに車を手に入れることができますので、この方法は誰でも気軽に行うことができる方法です。

しかしながら、注意していただきたいのはあくまであてのない旅をしたりするのがおすすめであり、何かしらの目的をもってきちんと行動したりすると渋滞にはまってしまったりした時に、余計にイライラが募ってしまったりする場合がありますので、当てのない旅をしたり、空いている道をゆるくドライブしたりする事を大切にしてください。

7.ひとりでホテルに泊まる

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「ひとりでホテルに泊まる」という事が挙げられます。

なぜひとりでホテルに泊まる事が一人になりたい時に行いたい事なのかと考えた場合、ホテルに泊まることによって普段の日常から離れた空間でリラックス効果を得ることができるようになるからです。

まずそもそも一人でホテルに泊まるということは一人旅をするということになりますので、周りの人に気を使わずに自分の行きたい場所を満喫することができる旅を行うことができるので、その時点で多少なりリラックス効果を得ることができます。

そして、あえて一人でホテルに泊まることによって、普段なかなか満喫できないホテルという楽しみを味わうことが出来、非現実的な空間を経験することで、解放された気分を味わう事ができるようになります。

それが結果的にはリラックス効果に繋がり、ストレス解消になります。

一人旅をすることで行動的で健全な精神力も手に入れられるようになりますし、自分自身で様々なプランを立てて、いつでも好きな時に趣味を満喫することができるようになる為、結果的にストレスが溜まって一人になりたい時にはとてもおすすめな事だと言えるのです。

8.布団にくるまる

次にご紹介する一人になりたい時にしたい事としては「布団にくるまる」という事が挙げられます。

なぜ布団にくるまる事が一人になりたい時に行いたい事なのかと考えた場合、布団にくるまることによってゆっくりと休むことができるからです。

なぜならば、布団にくるまることによってしっかりと普段取ることができないような休息をとることができるようになります。

現代人に関しては夜遅い時間まで起きて、人によってはスマートフォンを暗い部屋でいじったりして寝不足になってしまっている可能性がとても高いです。

また、精神的なストレスを抱えている人はそれが原因でゆっくりと眠りにつくことができなくなってしまったり、眠りが浅くなってしまったりして疲れが解消できなくなっている場合があります。

そのような慢性的に疲労が残ってしまいやすい状況の方は、しっかりと布団にくるまって休息をとることによって、日常的に抱えている疲労を無くすことが出来ます。

また、寝るという事は単純かつ一番自分自身にとってリラックス効果が高い行為です。

嫌なことがあって泣き疲れて眠くなって、寝たらすっきりしたという経験をした事がある方もいると思いますが、それこそまさに睡眠の恩恵による大きな効果が表れている証拠です。

もしも日常的に深く眠ることができなくなってしまっていたり、慢性的な疲れに悩まされている方に関してはしっかりと時には自分の体をケアしてあげるために、ゆっくりと布団にくるまりながら時間を過ごしてみるのもおすすめです。

ひとりの時間を大切に

私たち人間は生きていれば必ずストレスを受けるようになります。

ストレスを受けるのが嫌だと感じている方は沢山の方がいると思いますが、だからといってストレスを受けることを回避する手段は存在していません。

どんなに自分が気をつけたところで、周りの人間からストレスを受けてしまうのであれば気を付けようがないからです。

なので、ストレスを回避する手段を見つけるよりも、ストレスを解消する手段を見つけることがとてつもなく大切なのです。

なので、普段から日常的にストレスを感じやすい環境にいるのであれば、自分なりにストレスを解消する手段を今回ご紹介して中から見つけて実践してみてください。

一人の時間を有意義に過ごす事によって、あなたの生活は大きく変化するようになるはずです。

【ストレス解消法は、こちらの記事もチェック!】