クールな人とはどのような感じの人のことでしょうか。

クールというからには、チャラケたお笑い芸人のような人間のことではないようです。

クールな人は、普段の生活ではもの静かで落ち着いた感じなのです。

ほとんど話をしないでジッとしている人もクールだと思われますが、根暗な人とは区別がつくのでしょうか。

女性としては、クールな感じの男性が好みということをよく聞きますが、本当にクールか根暗かを見分けることができるのでしょうか。

クールな人も根暗な人も、どちらもちょっと近寄り難い雰囲気があるので、イメージ的には似ていると思います。

でも、女性の方は似ているけれどもしっかりと区別できているようです。

クールな人だと思って付き合い始めたら、実は暗い性格の人だったのですぐに別れたという女性もいました。

ということは、パッと見た時のクールと根暗との境界線は、実際に話してみないと分からないのです。

言葉を交わすと、すぐに区別できるそうです。

クールな人は、若い人よりも人生経験を積んだ中年の人に多いように思われます。

お笑い芸人よりは実力派の俳優に多いように思われます。

俳優で言うと、竹野内豊、向井理、渡部篤郎、西島秀俊、阿部寛など、まだまだいます。

クールで渋い演技をするので、映画やドラマのストーリーを引き締める役をしているのです。

見た目だけでなく、演技の中身も心もクールな男性とも言えます。

若い女性に特に人気のクールな男性としては、福山雅治、綾野剛、斉藤工あたりが思いつきます。

こうやって人気俳優の名前を並べると、映画やドラマだけでなくCMにも引っ張りだこで、好感度も高いように思われます。

クールな人というのは、やはりお茶の間でも人気なのです。

そこで、大人の女性から若い女性まで、彼女達の心を引き付ける理由は何なのかを考えてみたいと思います。

すると、クールな男性の本質が見えてくるのです。

クールな人ってなんだかかっこいい♡

映画の主人公でクールな人の代表は、スパイアクション映画「007」のジェームズ・ボンドではないでしょうか。

どんなに苦境に陥っても、あのクールな態度で一発逆転できる冷静さを持っているのです。

しかも、スタイルやセンスも良くて女性の扱いにも慣れている、クールで理知的な性格の持ち主なのです。

今どきの人にはちょっと古い映画の主人公ですが、わたしのクールな男性のイメージなので紹介しました。

クールな人を表すキーワードとしては、沈着冷静、頭が切れる、控え目、頼れる、などです。

普段はあまり目立たないのですが、いざという時になぜか格好良く登場して仲間を引っ張って行くという、頼もしい存在なのです。

昔のことわざに「能ある鷹は爪を隠す」というのがあります。

鋭い爪を持つ鷹は、普段はその爪を隠しています。

しかし、エサを見つけて狩りをする時は、その自慢の爪で相手をしっかりと掴んで捉えるのです。

油断をさせておいてクールに見せかけていて、いざという時に実力を発揮するのです。

クールな人というのも同じです。

何事にもすぐに首を突っ込んできて話には割り込みますが、問題が起こるとすぐに逃げてしまうようなお調子者ではありません。

みんなが困り果てて悩んでいる時に、そっと手を差し伸べてくれるのです。

しかも、難敵や難問も打ち砕くか回避して、しっかりと問題解決ができる人なのです。

そんな人が恋人であったら、ふたりに降りかかるトラブルも、しっかりと解決してくれることでしょう。

クールな人ってなんだかかっこいいのです。

見た目も頭が良さそうなのですが、実際にも切れ味鋭いのが特徴です。

クールな人に共通する18個のこと

では、クールな人はどのような特徴を持っているのか調べてみました。

大人の雰囲気を持つ


クールという言葉から連想するのは、冷たいというイメージです。

見た目が冷たい人間だと思われるのです。

冷たい人間とは、人情の無い冷淡な人間のことで、どちらかというと世間の嫌われ者なのです。

しかし、現代では少しイメージが違っています。

何事にも冷静で、落ち着いているイメージです。

何かトラブルが発生して、周りの人達がみんな大慌てしている時に、沈着冷静に状況を観察しているタイプです。

そして、そのトラブルの解決策をジッと探しながら、まずは何から対応すれば良いかを判断するのです。

そして、ここだと思うポイントに冷静に対応して治めるのです。

このように、いざという時に頼りになる能力も備えているのです。

普段の生活では、そんな能力を見せびらかしませんが、みんなが困り果てた時には使うことができるのです。

日頃からチャラチャラと粗末な能力や力を誇示しているような子供でなく、いざという時に役に立つ力を隠しておける大人の雰囲気を持っているのです。

セクシーな低い声

クールな人というのは、性格もクールですが声にも特徴があって以外に低い声の持ち主です。

明石家さんまのように、高音で次から次へと言葉を投げかけるような話し方はしません。

聞いている方は落ち着きません。

クールな男はあなたの心を突くような、低い声で話しかけます。

実は、女性というのは低い声の男性に惹かれるようです。

大人の男女の会話では、「君が好きだ」と向かい合って声を賭けるよりも、彼女の耳元で「君が好きだ」と低い声で囁かれるとたまらないそうです。

すぐに心も身体も許してしまいそうになるのです。

低い声の男性が、耳元で囁くのは色っぽくて素敵なのです。

女性同士で会話をしている時の声とはまったく異次元なのです。

もう少し科学的に説明しますと、男性の声が低ければ低いほど「テストステロン」という男性ホルモンを多く分泌するのです。

彼女の耳元で低い声で囁くと、この強烈な男性ホルモンである「テストステロン」が発散し、このホルモンの匂いそのものが女性を本能的に引き付けてモテるのです。

この「テストステロン」は、最強の男性ホルモンで、別名「モテフェロモン」とも呼ばれているのです。

若い男性でなくても、たとえ中年の男性であっても、この男性ホルモンをたくさん分泌することができれば、女性にモテるようになるのです。

また、この声が低い男性は性格も顔つきも男っぽいので、ここにも女性が引き付けられるようです。

ともかく、声が低いとセクシーに感じてモテやすいようです。

ファッションがシンプル

クールな人の雰囲気は、動作やファッションにも現れています。

その人独特のファッションセンスを持っているのです。

若い人達は、少しでも格好良くなりたいと願っているのですが、クールな人のファッションを見ると羨ましく思うのです。

特にイケメンばかりでもないのに、なぜか気になるような雰囲気を持っているのです。

同じ服を着ていても着こなしが違うし、重ね着の色の組み合わせや髪型、表情や言葉遣いなど、全体的に違う雰囲気をかもし出しているのです。

クールな人を見た時に一番目立つのは、服装と髪型の組み合わせです。

第一印象でクールさをアピールするには、さりげなく目を引く服装と髪型に重点をおくことです。

これがうまくマッチすると、出会った時にクールで素敵な人だな、と印象付けられるのです。

服装もあまり奇抜な格好をしないで、ごくシンプルな服装で良いのです。

どちらかというと、爽やか系のファッションを目指して、髪型もシンプルで統一すれば良いと思います。

もちろん、ジーンズや靴にも気を配ります。

椅子に座って脚を組んだりした時には、ジーンズと靴が目立つのです。

全体のバランス感覚も、クールな人には大切なことです。

メンズファッション雑誌や、街で出会うクールな人のファッションも常にチェックして、季節の移り変わりのファッションの変化や流行にも、感心を持つことも重要です。

ある意味では、他人のファッションを覚えておいて、自分なりに真似をして工夫することもお勧めです。

第一印象で、クールさをアピールできれば最高です。

飾らないかっこよさ


シンプルなファッションが目標ですが、シンプルさだけではもの足りない時があります。

ふたりでどこかのお店に入ってお茶を飲みながら話し込む時など、上着を脱いで対面する時があります。

シンプルな服装だと、それだけではつまらない格好になってしまいます。

そんな時には、最低限のアクセサリーも必要です。

一般的なのは、ネックレスとかブレスレットです。

それも、キラキラ光るような派手なものではなくて、どこかに旅行に出かけて買ってきなものとか何かの記念に購入したものなど、思い出の品が良いのです。

普段は目立たないのですが、上着を脱いだらさりげなく目立つような、小粋な雰囲気のアクセサリーが良いのです。

そして、相手がそれに気付くと、実はこれは・・・と購入したいきさつを楽しく語れば、思い出を大切にするクールな人だと印象付けられるのです。

高価なものやアクセサリーをジャラジャラとたくさん飾り過ぎるのもいけません。

クールな人は、見せびらかすように飾らないところにかっこよさが見えるのです。

清潔感がある

クールな人は、実は見えないところで随分努力しているのです。

良いスタイルを保つために、隠れてトレーニングしていたり、食事にも気を配っています。

食事で摂取するカロリーと運動での消費カロリーを絶えずチェックしています。

クールな人にとって、肥満体系は絶対NGだからです。

隠れてジムに通ったり、水泳で筋肉と体力・精神力を鍛えているのです。

それと大事なことは、見た目の清潔感です。

ファッションセンスが良くても、肩にフケが落ちていたり、襟元が汚れたままでは、期待は一挙に萎んでしまいます。

この人はクールで格好いいなあと思って近づいたら、実は不潔な人だったではどうにもなりません。

一挙に熱が冷めるどころではなくて、人間不信にも陥ります。

指の爪もそうです。

伸びたままでしかも爪垢が黒く溜まっていると、知らず知らずのうちに周りの人に不潔な印象を与えているのです。

そんな人を見かけても、爪にゴミが溜まっていますよ!などと声をかけることなどしないと思います。

しかし、心の中では「この人は不潔で衛生観念がない人だ」と烙印を押されてしまいます。

格好を見てファッションを見て、クールで素敵な人だと思っていて、手を繋いだら爪が伸び放題だったらガッカリします。

以外にも、衛生観念が強い人は、しっかりと見ているものです。

姿勢がいい

クールに見せるためには、姿勢も重要です。

立ち姿、歩く姿、そして座る姿です。

クールな女性の理想の立ち姿を言い表す言葉として、凛とした姿というのがあります。

街ですれ違った女性が、妙に気になってしまって振り返って見てしまうような魅力的な立ち姿があります。

歩いていても、ピンと背筋を伸ばして堂々と歩くのです。

そしてファッションセンスも良ければ、モデルさんのように感じてしまいます。

男性でも同じです。

背を丸めて立っていると、クールどころか年寄りくさく感じてしまいます。

活発な活動ができないようなひ弱な印象を与えてしまうのです。

これでは、女性達にモテることはないのです。

誰にでも平等に接する

クールな人は、社交的でもあります。

みんなの輪の中に入っても、平然としているのです。

話題も豊富だしいろんな経験を積んでいるので、どんな人とも会話ができるのです。

初めて出かけた会合でも、誰とでも平等に接して上手く溶け込むことも得意なのです。

難しそうな人やおとなしそうな人まで、どんなタイプの人とも公平に付き合うことができるのが特徴です。

この場では、どのように振る舞えばよいのか、すぐに判断が出来て実行するからです。

ただし、誰にでもと言っても、揉み手をしてヘイコラする訳でもありません。

クールな人は、無駄な会話もしないで、その場の雰囲気を観察することは怠りません。

余裕があるから誰にでも平等に接することができるのです。

お金は二の次

クールな人は、お金のことにはこだわりません。

しかし、いわゆるケチな性格でもありません。

必要な時には、しっかりと対応できるのです。

それよりも、いろんな人との交流を大事にするのです。

いろんな人と出会うことによって、様々な情報に接したリ経験したりすることが楽しいのです。

人脈を作ることも得意ですが、クールな人に惹かれる人達もたくさんいるのです。

クールな人は男も女も謎めいたところもあるので、魅力的でもあります。

そんな感覚なので、お金は二の次で人との交流を大事にするのです。

クールな人には、お金も引き寄せられて来るようです。

お金に余裕のある人というのは、クールな人を好むからです。

自分の考えを重視している

クールな人というのは、自分が今何を考えていてどのような感情を持っているのかを、顔に出さないのです。

自分の感情を相手に読み取られるのが嫌なのです。

相手の言うことに興味を抱いても、決して顔や態度に表さないのです。

参考にはしますが、真似はしません。

自分のことに自信を持っているので、どんな時でも自分の考えを重視して行動するのです。

決して他人の意見や行動に左右されないという信念を持っているのです。

ある意味では、頑固な性格でもあるのがクールな人なのです。

周囲に流されない

クールな人というのは、自分だけで独立して暮らしていても平気です。

自分の世界を持っているので、自分なりに楽しむこともでき自立心が旺盛なのです。

自立心が強いということは、自分に自信を持っていて信念が強いこと、周りの意見に流されないのです。

周りがどんな環境にあってどのように動いていようが、自分のやりたいことは変わらないのです。

すぐに周りの人に同調してしまい、自分を忘れるようなことはしないのがクールな人間です。

また、クールな人というのは、独特の美学を持っています。

独自のファッションセンスを持っていて、独特のコーディネイトを着こなすのです。

単に、海外ブランドを好む人とは違うのです。

そこには、彼の感覚を見せたいという美学のようなものを持っているのです。

この美学の裏側には、誰にも負けたくないという強い意志が隠れているのです。

決して周囲に流されないのです。

仕事もプライベートも充実!

男でも女でも、クールな人は陰では努力家なのです。

みんなに分からないように、少しの時間でもできれば、決まったメニューのエクササイズを行うのです。

身体を鍛えたり、勉強をしたりと努力を怠りません。

だから、仕事においてもキチット計画を達成してしまいます。

実は、仕事の大事なところは、会社を離れてもキッチリと勉強して対応しているのです。

もともと頭が良いということではありません。

コツコツと見えないところで努力しているからです。

クールな人は、決してそんな努力を表には出さないのです。

仕事がしっかりとできるので、会社の評価も高いのです。

このような、仕事が出来てクールな人は、男でも女でも誰も見逃しません。

会社の中でも信頼できるリーダー的な存在になって、みんなを引っ張っていく存在になってしまいます。

グループ内の人間とのコミュニケーションも上手く進み、いつしか仲が良い相手に巡り会うのです。

クールな人は、異性を追っかけ回すようなみっともない行動は嫌いです。

自然に出会いが生まれて、交流が始まるのです。

決して、相手に合わすようなことはしませんが、仕事もプライベートも充実しているのです。

静かな闘志がある

クールな人は、好奇心を人一倍持っているのです。

軽々しく口を挟みませんが、いつも好奇心旺盛で周りの出来事を観察しています。

人に負けることが大嫌いなので、いろんな知識や情報を先取りしておきたいのです。

先取りしている時に、見えないところで新しいことにチャレンジをしているのです。

失敗しても目立たないところで、チャレンジしてみるのです。

この点は、非常にチャレンジ精神があって前向きな性格なのです。

こんな経験を積み重ねておいて、いざという時に活用するのです。

最初は自信がなかったことでも、前向きに努力することで、自信が出来てくるのです。

だから、みんなの前でも前向きな行動を取ってかっこいいことができるのです。

常に、静かな闘志を秘めているのです。

服装・見た目にこだわる

クールな人というのは、おしゃれにも気配りする性格なのです。

好きなお相手が見つかってデートの約束を取り付けると、デートの時の服装についてもこだわるのです。

そして、交際が始まって相手のことを意識しだすと、つまり相手を本命と判断すると、その気持ちをさりげなく伝えるためにも、本命用の服装にこだわるようになります。

クールな男性の服装の基本は、シンプルであること、すらっと細身に見えること、ブランドを決めることなどです。

しかし、奇抜なものやド派手なものは避けて、ごく普通のノーマルな服をありのままに着ることなのです。

ノーマルな服ではインパクトが少ないのではと思いますが、洗練された印象を与えるので好感度が上がるのです。

シルエットもなるべくスマートに見えるように、パンツにも色や生地、コーディネイトこさりげなくこだわるのです。

色やブランドを統一することもあるようです。

さらに、いろんな人が多く集まるような会合では、ビシッとスーツ姿で決めることもあるのです。

いつもはラフなスタイルが特徴なのですが、ここという時にはスーツにネクタイ姿も様になるので印象も変わります。

ただし、身体にフィットしていることやシャツ・ネクタイとのコーディネイトもクールな男性の特技でもあるのです。

あなたのスーツ姿を見慣れていない時には、新鮮に感じて好感度も上がること間違いありません。

このように、普段は飾らないさりげないカッコよさが特徴です。

クールな女性の服装では、自分の最高のお気に入りのファッションにこだわり、大人のセクシーさもチラつかせることです。

あまりチャラチャラした飾りは省いて、白系のワンピースや落ち着いたスカートで、やはりシンプルな装いが基本です。

媚びない

媚びるという意味は、主に女性が男性の気を引くために、なまめかしい態度を取ったり、気に入られるように振る舞うことです。

そんな素振りを見せない人は、媚びない人と言われます。

男性でも、会社の組織の中で上司や社長に気に入ってもらおうと、自分のプライドを捨てて一生懸命尽くす人、つまり媚びる人も多いのです。

ある意味で、上司や社長などの実力者には、逆らうことなく彼らの言うとおりに動くことができる人達です。

同僚達に何と言われようと、何と思われようと平気で従い続けるのです。

しかし、クールな人はそんな風に自分を捨てることはしません。

自分の考え通りに動くので、媚びることはありません。

なぜそのように行動できるのかというと、自分に自信があるからです。

芯がしっかりとしているので、表裏もありません。

1人になってもへこたれないという信念を持っているのです。

この堂々とした雰囲気が、クールな人の大きな特徴なのです。

知的

クールな人は大人っぽくてしっかりしている印象を受けます。

子供っぽい性格の人には見られない雰囲気なのです。

何事もよく理解しているように思われて、とても知的な感じに見えるのです。

とても楽しいことが起こっても、子供のようにはしゃぎまわることもなく、あくまでも冷静に見守っていて、何か不都合が起こらないかと注意を払うような冷静さがあるのです。

クールな人がいると、万一の時にも素早く察知してくれるという安心感もあるのです。

切り替えが上手い

クールな人というのは、気持ちの切り替えがとても早く、しかもスムーズに行うことができるのです。

これはマズいかもと判断すると、とっさに行く方向を定めて気持ちを切り替えるのです。

いつまでもクヨクヨと悩まないし引きずらない性格なのです。

失敗をしてもすぐに割り切って、沈んだ気持ちも前向きにポジティブに考えることができるのが特徴です。

後ろ向きに考え込んでも、良い結果が得られないことをよく知っているからです。

1人行動が好き

クールな人というのは、自分に自信を持っているということを書きました。

周りの人が、自分の行動やセンスを理解してくれなくても、少しも驚きませんし怖くもないのです。

これまでの経験上、孤独になることも多いので慣れているのです。

だから、誰も賛同してくれなくても、批判の嵐になっても1人行動が平気で好きなのです。

絶対に、自分の意見が正しい、きっと理解してくれる時が来ると思っているからです。

自信があるのです。

ふと見せる笑顔が素敵

クールな人は、自分の信念に基づいて行動しているので、孤独と戦うことが平気と言いました。

誰も見方になってくれることを、期待はしていないのです。

常に自分の気持ちを簡単に表に出しません。

常にポーカーフェイスで通しています。

自分の気持ちを簡単に読み取られることは、相手に負けてしまうことに繋がるからです。

勝負師がポーカーフェイスなのは知られています。

失敗したリ困ってしまっても、平気な顔を押し通すのです。

しかし、そんな感情を見越して、理解してくれる人が現れることがあります。

クールな人の心を読み解いてしまうのです。

そんな時には、クールな人もふと笑顔を見せることがあるのです。

ふと見せる笑顔も素敵で心を奪われてしまうのです。

同性に人気がある

同性になぜ人気があるかというと、自分がやりたいことを堂々とやっているためです。

自分もみんなと違う意見を持っていても、つい流されてしまうことが多いからです。

勇気をもって意見を言うことができないからです。

そんな時に、クールに自分の意見を押し通す人のことが好きになるのです。

そんなクールな同性に憧れてしまうのです。

心の中では、応援していることになります。

そんな同性を応援するのです。

クールな人の隠れた心理

クールな人は、人のご機嫌を伺ったり媚びることがないことは書きました。

いつも自分というものをしっかりと持っているからです。

何かが起こると、この場合にはこうするという信念を持っているのです。

このように、強い心を持っているのですが、本当はこんなに強い自分だけを持っている訳ではありません。

人並みに弱いところや弱点も、もちろん持っているのです。

誰にも言えない悲しみを持っている

みんなから、あの人はクールな人だからと一目置かれていることが多いようです。

きっと自分の意見をしっかりと持っているから、何とかしてくれると期待もされます。

こういった期待に応えられるように、いつも気を張りつめているのです。

しかし、実際はみんなと同じように心が折れる時もあるのですが、表に出さないように強がっているだけなのです。

いっぱい失敗もしてきた経験もあるのです。

だから、誰にも言えない悲しみを持っているのです。

その場では、かっこよく見せているだけなのです。

感受性が鋭い

周りの状況をいち早く察知するため、敏感で感性は鋭いのです。

いろんなことを受け取ることができるように、感受性がとても鋭いのが特徴です。

【感受性については、こちらの記事もチェック!】

本当はオープンでいたい

できれば、自分の心の中をオープンにして楽になりたい気もあります。

しかし、周りの人からクールな人と認識されてしまうと、簡単には普通の人にはもどれないのです。

内心は、気さくに暮らしたい時もあるのです。

意外と寂しがりや

クールな人と巡り会うことは少ないのです。

自分と同じ感覚を持つ仲間がいれば、気軽に話もできるのですが、なかなか巡り会いません。

どうしても、孤独になってしまうので、実は意外と寂しがり屋なのです。

クールな人になるためには?

クールな人のイメージは、どんなことが起こっても、沈着冷静でいられる冷静さです。

みんなが慌てふためいても、冷静に状況を分析して何をすればよいかをすぐに判断できる洞察力が必要です。

そして、自分の判断で決心して行動できることです。

初めはとっつきにくい感じの人で距離を開けているのですが、一旦付き合ってみると真剣に取り組んでくれる頼もしい人なのです。

憧れの人になるのです。

そんな人になるには、どうすれば良いのでしょうか。

自分をしっかりもつこと

クールな人の条件としては、いつも冷静であって他人の意見や情報に左右されない自信を持つことです。

冷静でないと、正しい判断はできません。

感情よりも真理を追及するのです。

何が正しくて何が間違っているかを判断する能力が必要です。

そして、人に振り回されない自分の時間をしっかりと確保することです。

他人に甘え過ぎたり頼り過ぎたりしてはいけません。

自分の意見がスルーされて、孤立する場面も出てきます。

孤立することもしばしばです。

でも、クールな人は1人になっても信念は揺るがない芯の強さがあるのです。

そのためにも、自分をしっかり持つこと、自信を持つことが大切です。

かっこつけようとしない

クールな人とは、ファッションのセンスも良くて、シンプルであまり飾らない服装だと言いました。

第一印象も重要で、服装にも気を配る必要性にも触れてきました。

でも、それはあくまでも表面上の印象であって、クールな人の基本は沈着冷静に自分の考え方と信念を貫くことです。

自分が正しいのだという自信なのです。

クールな人でも間違うことはあります。

そんな時には素直に負けを認めて、別の道に舵を切るのです。

かっこつけようとしないで開き直りも必要なのです。

相手と比較しないこと

誰かと比較されることは合っても、自分から相手と比較することはしません。

自分は自分なのです。

冷静に自分の方向を決めて独自に進んで行くのが特徴なのです。

恋愛もファッションも趣味も、全て自分流を貫くのです。

クールな男性・女性はとってもモテる!(まとめ)

情熱的で過激な性格の男性もモテます。

いわゆる熱い男性というのも、自分だけでなく周りの人を鼓舞して元気をつけるので、職場でも仲間でもこんな人がいると活性化します。

恋愛の場面では、熱い人に攻め込まれて引き付けられる女性も多いことです。

一時的な感情に支配されるからです。

これに反して、クールな男性というとそれほど目立つ存在ではありません。

しかし、クールな人というのは第一印象で相手の脳に記憶としてインプットされるようです。

何か気になる存在なのです。

眠る前にその人のことを思い出してみると、不思議に頭から離れなくなるのです。

それは何故かというと、クールな人は感情に訴えるのではなくて理性に影響を与えるからです。

その人の容姿・動作・言葉遣い・考え方に共鳴することが多いからです。

他に人とは決定的に違っているからなのです。

だから、クールな男性もモテるのです。

クールな女性もモテます。

クールな女性というのは、気品があって凛とした美しさが魅力的な女性のことです。

派手なファッションでアクセサリーで飾ったような、見てくれだけの美人ではありません。

一般的には、黒髪で洗練された美しさを備えた、清潔感のある女性なのです。

背筋がピシッとまっすぐに伸びていて、落ち着いた受け答えができるのです。

服装もシンプルなものが好きなところは、男性と似ています。

そして男性と同じように、慌てることもなく冷静な判断と行動ができる性格なのです。

仕事と私生活をしっかりと区別できて、感情に流されない雰囲気があるのです。

軽い女性と比べると、やはり初めはとっつき憎いタイプと言えます。

しかし、クールな女性も男性にモテるのです。

男性から見ると、可愛い系というよりも端正な美人系と見えます。

ともかく、クールな男性も女性も、どちらも魅力的でモテるのです。