CoCoSiA(ココシア)

クールな人の18個の特徴


クールな人とはどのような感じの人のことでしょうか。

クールというからには、チャラケたお笑い芸人のような人間のことではないようです。

クールな人は、普段の生活ではもの静かで落ち着いた感じなのです。

ほとんど話をしないでジッとしている人もクールだと思われますが、根暗な人とは区別がつくのでしょうか。

女性としては、クールな感じの男性が好みということをよく聞きますが、本当にクールか根暗かを見分けることができるのでしょうか。

クールな人も根暗な人も、どちらもちょっと近寄り難い雰囲気があるので、イメージ的には似ていると思います。

でも、女性の方は似ているけれどもしっかりと区別できているようです。

クールな人だと思って付き合い始めたら、実は暗い性格の人だったのですぐに別れたという女性もいました。

ということは、パッと見た時のクールと根暗との境界線は、実際に話してみないと分からないのです。

言葉を交わすと、すぐに区別できるそうです。

クールな人は、若い人よりも人生経験を積んだ中年の人に多いように思われます。

お笑い芸人よりは実力派の俳優に多いように思われます。

俳優で言うと、竹野内豊、向井理、渡部篤郎、西島秀俊、阿部寛など、まだまだいます。

クールで渋い演技をするので、映画やドラマのストーリーを引き締める役をしているのです。

見た目だけでなく、演技の中身も心もクールな男性とも言えます。

若い女性に特に人気のクールな男性としては、福山雅治、綾野剛、斉藤工あたりが思いつきます。

こうやって人気俳優の名前を並べると、映画やドラマだけでなくCMにも引っ張りだこで、好感度も高いように思われます。

クールな人というのは、やはりお茶の間でも人気なのです。

そこで、大人の女性から若い女性まで、彼女達の心を引き付ける理由は何なのかを考えてみたいと思います。

すると、クールな男性の本質が見えてくるのです。

クールな人ってなんだかかっこいい♡

映画の主人公でクールな人の代表は、スパイアクション映画「007」のジェームズ・ボンドではないでしょうか。

どんなに苦境に陥っても、あのクールな態度で一発逆転できる冷静さを持っているのです。

しかも、スタイルやセンスも良くて女性の扱いにも慣れている、クールで理知的な性格の持ち主なのです。

今どきの人にはちょっと古い映画の主人公ですが、わたしのクールな男性のイメージなので紹介しました。

クールな人を表すキーワードとしては、沈着冷静、頭が切れる、控え目、頼れる、などです。

普段はあまり目立たないのですが、いざという時になぜか格好良く登場して仲間を引っ張って行くという、頼もしい存在なのです。

昔のことわざに「能ある鷹は爪を隠す」というのがあります。

鋭い爪を持つ鷹は、普段はその爪を隠しています。

しかし、エサを見つけて狩りをする時は、その自慢の爪で相手をしっかりと掴んで捉えるのです。

油断をさせておいてクールに見せかけていて、いざという時に実力を発揮するのです。

クールな人というのも同じです。

何事にもすぐに首を突っ込んできて話には割り込みますが、問題が起こるとすぐに逃げてしまうようなお調子者ではありません。

みんなが困り果てて悩んでいる時に、そっと手を差し伸べてくれるのです。

しかも、難敵や難問も打ち砕くか回避して、しっかりと問題解決ができる人なのです。

そんな人が恋人であったら、ふたりに降りかかるトラブルも、しっかりと解決してくれることでしょう。

クールな人ってなんだかかっこいいのです。

見た目も頭が良さそうなのですが、実際にも切れ味鋭いのが特徴です。

クールな人に共通する18個のこと

では、クールな人はどのような特徴を持っているのか調べてみました。

大人の雰囲気を持つ


クールという言葉から連想するのは、冷たいというイメージです。

見た目が冷たい人間だと思われるのです。

冷たい人間とは、人情の無い冷淡な人間のことで、どちらかというと世間の嫌われ者なのです。

しかし、現代では少しイメージが違っています。

何事にも冷静で、落ち着いているイメージです。

何かトラブルが発生して、周りの人達がみんな大慌てしている時に、沈着冷静に状況を観察しているタイプです。

そして、そのトラブルの解決策をジッと探しながら、まずは何から対応すれば良いかを判断するのです。

そして、ここだと思うポイントに冷静に対応して治めるのです。