CoCoSiA(ココシア)

年下の男の子を手懐けるための19個の方法。これこそ年上女性の大人テク!


年下男子が好きな女子や、年下男子に片思いをしている女子、さらに年下男子に片思いをしている女子は必見です!

今回は、年下の男の子をてなづけるための方法をいくつかご紹介していきます。

年上の女性だからこそ、年下男子をうまくてなづけなくてはなりません。

さらに、年下男子を甘くて名付けることで、年上女性の大人のテクニックを見せつけてあげましょう。

今回は、そんな年下の子に恋をしてしまった女性は、ぜひこちらの記事を参考に年下男子を可愛がっていきましょう。

さらに、年下の男の子をてなづけることで年上女性の魅力もアピールしていけるといいですね。

気になる彼は年下の男の子!

気になる彼ができたけど、年下男子を好きになってしまった。

また年下男子を初めて好きになった女性の場合も、年下男子の魅力に魅了されている事でしょう。

また、年下男子が可愛く甘えてくる姿にメロメロになってしまっている場合、年下男子を甘やかせてしまうことであなたの恋愛がうまくいかなくなってしまうことも考えられます。

このように、気になる彼が年下男子だった場合、年上女性としてどのように振る舞うべきなのか。

また、年上女性の魅力をどのようにすれば伝えられることができるのかを考えていきましょう。

年下の男の子へのアプローチ

まずは、年下男子にあなたの気持ちをアピールしていきましょう。

さらに、アプローチを重ねることで、年下男子もあなたの気持ちに気づいてくるようになるでしょう。

さらに、アピールしすぎるのではなくさりげなくアピールすることで年下男子の心をつかむことができそうです。

基本的に甘えたい年下男子ですが、自由も欲しい年下らしいなります。

わがままな面が目立つ年下男子でもありますが、そのわがままな面が母性本能をくすぐるかわいい、いとおしいと思えるようになるかもしれません。

しかし、年下男子を甘やかしすぎることで恋愛がうまくいかず、逆に年下男子に遊ばれているようではいけません。

きちんと年上女性の魅力をアピールすることと、年下男子に飲まれてしまわないように気をつけていきましょう。

年上女性の魅力を感じさせる

年上女性の魅力を感じさせることで、年上女性に憧れを抱かせましょう。

しかし、憧れで終わってしまわないように年下男子と近い距離を保てるように心がけていきましょう。

しかし、年下男子から距離が近すぎると感じられることで、甘く見られることもあります。

さらに、年上女性に頼るのが甘い年下男子もいますので、見極めが必要です。

このように、年上女性の魅力を感じさせることで、年下男子も年上女性に恋をするようになるのかもしれません。

このように、年が女性の魅力を感じさせることが成功することで、年下男子も年上女性と恋をしたい気持ちになるのかもしれませんね。

年下の男の子を手懐ける19個の方法

それではここからは、具体的に年下の男の子をてなづける方法をお伝えしていきます。

女性と同い年の男の子の場合、精神年齢はマイナス3歳と言われています。

しかし、年下の男の子はさらに年下の年齢+3歳低いと考えなくてはなりません。

そのため、不器用の面や、おっちょこちょいの面などあなたのやり方や、行動を押し付けないように気をつけましょう。

さらに、年下の男の子は気まぐれで、少年のような男の子もたくさんいます。

そのため、てなづけるのに年上女性が手を焼いたり母親のような存在になってしまうことも考えられます。

しかし、そうしてしまうことで年下の男の子を甘やかしてしまうことにつながります。

そうなると、年下の男の子もあなたのことを母親のようにしか見れなくなることが考えられます。

この境や境界線に充分に気をつけながら年下の男の子うまくてなづけていきましょう。

優しく教えてあげる

何でも優しく教えてあげましょう。

自分が通ってきた道を思い出しながら、優しく教えてあげることで、年下の男の子もあなたの優しさに心がぐらぐらと揺れ動くかもしれません。

さらに、わからないことを優しく教えてあげることで、年上女性の魅力を伝えることができそうです。

また、甘やかすのではなくきちんと教えた通りにできるようなやり方を教えてあげることで、年下の男の子が達成感を感じたり、教えてもらったことに関して、分かりやすかったと思う気持ちがあれば、成功なのかもしれません。

このように、何事も優しく教えてあげることで年下の男の子は、あなたにドキドキしたり胸がキュンキュンするようになるのかもしれません。

さりげなくサポートする

さりげなくサポートしてあげることで、年下の男の子を手懐けましょう。

わかりやすくサポートしてしまうことで、年下の男の子もがんばりを見せたかった場面で、なかなか頑張りを見せることができなくなる可能性があります。

年下男子の良いところを潰すのではなく、さりげなくサポートすることで年下の男の子が成功できるようなやり方をさせてあげましょう。

これは、ある意味男性を立てることのできる技にもなります。

そのため、さりげなくうまくサポートすることのできる女性は、非常に男性から好かれる女性になることでしょう。