年下の男の子にウケが良いポーズ
年下男子が好きな女子や、年下男子に片思いをしている女子、さらに年下男子に片思いをしている女子は必見です!

今回は、年下の男の子をてなづけるための方法をいくつかご紹介していきます。

年上の女性だからこそ、年下男子をうまくてなづけなくてはなりません。

さらに、年下男子を甘くて名付けることで、年上女性の大人のテクニックを見せつけてあげましょう。

今回は、そんな年下の子に恋をしてしまった女性は、ぜひこちらの記事を参考に年下男子を可愛がっていきましょう。

さらに、年下の男の子をてなづけることで年上女性の魅力もアピールしていけるといいですね。

気になる彼は年下の男の子…!

気になる彼ができたけど、年下男子を好きになってしまった。

また年下男子を初めて好きになった女性の場合も、年下男子の魅力に魅了されている事でしょう。

また、年下男子が可愛く甘えてくる姿にメロメロになってしまっている場合、年下男子を甘やかせてしまうことであなたの恋愛がうまくいかなくなってしまうことも考えられます。

このように、気になる彼が年下男子だった場合、年上女性としてどのように振る舞うべきなのか。

また、年上女性の魅力をどのようにすれば伝えられることができるのかを考えていきましょう。

年下の男の子へのアプローチ

まずは、年下男子にあなたの気持ちをアピールしていきましょう。

さらに、アプローチを重ねることで、年下男子もあなたの気持ちに気づいてくるようになるでしょう。

さらに、アピールしすぎるのではなくさりげなくアピールすることで年下男子の心をつかむことができそうです。

基本的に甘えたい年下男子ですが、自由も欲しい年下らしいなります。

わがままな面が目立つ年下男子でもありますが、そのわがままな面が母性本能をくすぐるかわいい、いとおしいと思えるようになるかもしれません。

しかし、年下男子を甘やかしすぎることで恋愛がうまくいかず、逆に年下男子に遊ばれているようではいけません。

きちんと年上女性の魅力をアピールすることと、年下男子に飲まれてしまわないように気をつけていきましょう。

年上女性の魅力を感じさせる

年上女性の魅力を感じさせることで、年上女性に憧れを抱かせましょう。

しかし、憧れで終わってしまわないように年下男子と近い距離を保てるように心がけていきましょう。

しかし、年下男子から距離が近すぎると感じられることで、甘く見られることもあります。

さらに、年上女性に頼るのが甘い年下男子もいますので、見極めが必要です。

このように、年上女性の魅力を感じさせることで、年下男子も年上女性に恋をするようになるのかもしれません。

このように、年が女性の魅力を感じさせることが成功することで、年下男子も年上女性と恋をしたい気持ちになるのかもしれませんね。

年下の男の子を手懐ける19個の方法

それではここからは、具体的に年下の男の子をてなづける方法をお伝えしていきます。

女性と同い年の男の子の場合、精神年齢はマイナス3歳と言われています。

しかし、年下の男の子はさらに年下の年齢+3歳低いと考えなくてはなりません。

そのため、不器用の面や、おっちょこちょいの面などあなたのやり方や、行動を押し付けないように気をつけましょう。

さらに、年下の男の子は気まぐれで、少年のような男の子もたくさんいます。

そのため、てなづけるのに年上女性が手を焼いたり母親のような存在になってしまうことも考えられます。

しかし、そうしてしまうことで年下の男の子を甘やかしてしまうことにつながります。

そうなると、年下の男の子もあなたのことを母親のようにしか見れなくなることが考えられます。

この境や境界線に充分に気をつけながら年下の男の子うまくてなづけていきましょう。

優しく教えてあげる

何でも優しく教えてあげましょう。

自分が通ってきた道を思い出しながら、優しく教えてあげることで、年下の男の子もあなたの優しさに心がぐらぐらと揺れ動くかもしれません。

さらに、わからないことを優しく教えてあげることで、年上女性の魅力を伝えることができそうです。

また、甘やかすのではなくきちんと教えた通りにできるようなやり方を教えてあげることで、年下の男の子が達成感を感じたり、教えてもらったことに関して、分かりやすかったと思う気持ちがあれば、成功なのかもしれません。

このように、何事も優しく教えてあげることで年下の男の子は、あなたにドキドキしたり胸がキュンキュンするようになるのかもしれません。

さりげなくサポートする

さりげなくサポートしてあげることで、年下の男の子を手懐けましょう。

わかりやすくサポートしてしまうことで、年下の男の子もがんばりを見せたかった場面で、なかなか頑張りを見せることができなくなる可能性があります。

年下男子の良いところを潰すのではなく、さりげなくサポートすることで年下の男の子が成功できるようなやり方をさせてあげましょう。

これは、ある意味男性を立てることのできる技にもなります。

そのため、さりげなくうまくサポートすることのできる女性は、非常に男性から好かれる女性になることでしょう。

このように、さりげなくサポートすることができることで、年下の男の子から頼りになる年上女子と思われることでしょう。

励まして元気付ける

年下の男の子にポッキーを上げるよの図
年下の男の子が落ち込んでいる場合、励まして元気付けてあげることが大切です。

まだまだ幼い年下の男の子は、時々すねたり気持ちや感情が表に出てしまうことがあります。

そのため、励まして元気付けてもらうことで自分の自信になり、また頑張る原動力になるかもしれません。

このように、年上の女性に励まされることで、頑張りたい気持ちが湧いてくるだけでなく、優しくサポートされることにより、さらに力をつけることができそうです。

ここでの注意点は、励ますのに、説教してはいけません。

「こんなこともできないの?」「もっと頑張りなよ!」なんて言葉は禁物です。

こんなこともできないの?と言われることで、簡単なことができない人になってしまい、もっと頑張りなよと言われることで、全然頑張っていないと思われていると感じますので、あなたは励ますつもりで言った言葉でも相手からすれば傷つく言葉になることも考えられます。

きちんと励ます内容の言葉を選ぶように心がけていきましょう。

頼れる存在になる

年下の男の子の頼りになるお姉さん
年下の男の子に頼られる存在になることが大切です。

また、頼れる存在になることで、あなたといることが心強くなり、また頼りになることであなたに甘えたい気持ちが生まれてくるかもしれません。

このように、年下の男の子から頼れる存在になることで、求められる女性になるのかもしれません。

さらに、頼られることであなた自身も嬉しくなりついつい、相手からの頼まれ事を聞き入れがちですが、効きすぎてしまうとかえって母親のような役割になってしまいますのであなた自身もある程度、頼られる存在になってきたらいちど線引きをしておくといいかもしれません。

このように、相手にとって頼られる存在または頼れる存在になることで、2人の距離がぐっと縮まることが考えられるのです。

心配して声をかける

相手が落ち込んだり、強がっている時など以外にもできるだけ相手の表情や細かなところまで見ることで、ちょっとした変化に築けることがあります。

さらに、声かけをしていくことであなたの存在をアピールしていくことと、年下の男の子心配してあげるようにしましょう。

しかし、こちらも注意が必要でやりすぎてしまうことにより母親のような存在になってしまうことが考えられます。

そのため、心配して声をかけることも良いのですが声をかきすぎてしまうことで年下の男の子から「母親みたい」「うざい」などと思われないように注意が必要です。

これらのことを気をつけながら、心配して声をかけてあげると、年下男子も非常に居心地が良く感じるようになりそうです。

包容力を持つ

もし、あなたのキャパが狭いようであればもっと包容力を持つよう心がけていきましょう。

包容力のある女性は、余裕のある姿に見えます。

毎日せかせかしていたり、遅刻を繰り返す、常識的なことがなっていないなどあらゆるところできちんとできていない女性は、やはり頼りになりません。

さらに、余裕がないことでイライラしたり人に当たってしまうことも考えられます。

このように、包容力がないことで年下の男の子からも嫌われてしまうことが考えられます。

やはり、包容力のある余裕の姿の女性はどの年代からも人気のある女性になることでしょう。

さらに、包容力を持つことであなたといることが安心感につながり、あなたともっと一緒にいたいと感じるようになるのかもしれません。

【包容力を持ちたいなら、こちらの記事もチェック!】

叱るときは叱る

優しい面が多いのですが、叱るときはきちんと叱る事が大切です。

叱るときにきちんと叱らなければ、このあとの2人の付き合いもなーなーになってしまうことが考えられます。

叱る時は叱る、それもきちんと愛情を持って叱ってあげることが大切です。

その場の感情やその時だけの怒りで怒るようにはしないであげてください。

相手もあなたの気分やその時だけの感情で叱られても、反発したい気持ちが強まるだけです。

さらに、年上女性に気分や、その時だけの感情で叱られたことによりあなたのことを心の狭い女性と感じてしまうこともあります。

このように、叱るときにはきちんと愛情もって叱ってあげることで、年下の男の子もあなたの愛に気づき、自分がきちんとしなくてはと考え直すようになりそうです。

甘えさせすぎない

甘えさせすぎないことが非常に大切です。

年下の男の子は「年上」と聞くと、ついつい甘えてしまう癖が出てしまいます。

また、年が離れれば離れるほど年上女性のことを「母親」的な存在に見てしまうところがありますので、甘えさせすぎないことが大切です。

また、甘えさせすぎてしまうことであなたが母親の役割になってしまい、身の回りのことをしてあげることが当たり前になってしまうことも考えられます。

このように甘えさせすぎてしまうことで相手の成長を妨げ、またあなたも年下の男の子のことで苦労してしまうようになりそうです。

このような関係になることでお互いに何の得もありません。

必ず相手を甘えさせすぎないように、年上であるあなたがきちんと相手にも教えてあげなければなりません。

子供扱いはしない

年下だからと言って、子供扱いは絶対にしないでおきましょう。

子供扱いしてしまうことで、相手もあなたの言動に傷つくことが考えられます。

さらに、子供扱いされることであなたから恋愛対象に見られないと感じてしまうこともありそうです。

さらに子供扱いされることであなたが頼れる女性ではなく、甘えられる母親的な存在になってしまうことも考えられるのです。

このような状況からも、年下の男の子を子供扱いしてしまう事は良いとは言えません。

さらに、子供扱いしてしまうことで、自分のできてしまうことまであなたに任せてくることも考えられます。

このように、子供扱いをしない、立派な男性として扱う面があることで、相手の年下の男の子も自信につながることも考えられるのです。

仕事に熱心に取り組む

年下の男の子のことが気になり、なかなか頭から離れない状況が続くかもしれません。

しかし、恋愛は恋愛、仕事は仕事で熱心に取り組むようにしましょう。

恋愛のことでぼーっとしてしまったり、仕事が手につかなくなるようであれば、あなたはその年下の男の子に完全に振り回されていることになります。

やはり、年上の女性であれば、年下の男の子に振り回されることがなく、手のひらで転がすつもりで年下の男の子かわいいがらなくてはなりません。

あなたが年下の男の子に振り回されているようでは、まだまだ恋愛には程遠いかもしれません。

このように、仕事に熱心に取り組む姿勢があり、また恋愛は恋愛で頑張れることにより、頼れる年上女性になっていけるのかもしれません。

自立をする

あなた自身がきちんと自立をしなければなりません。

まずは、自立をしていないもしくは自立できていない場合、きちんと自立した女性になりましょう。

ご両親がいくらあなたのことを心配していても、自立ができない娘になってしまっては、年下の男の子と交際が始まっても頼りになりません。

きちんと自立をしておくことで、あなたが軸となり、また年下の男の子をしっかりとサポートしなければなりません。

このように、自立ができていない女性が誰かを自立させることが難しく、また年上であっても年下の男の子に頼らなければならない状況があるかもしれません。

そのようなことがないためにもきちんと自立をし、頼れる年上女性を目指していきましょう。

たまにかわいいギャップを見せる

いくら年上女性でも、かわいらしさがなければ年下の男の子もあなたに飽きてしまうことでしょう。

たまにかわいいギャップを見せることで、年下の男の子もあなたにキュンキュンすることでしょう。

さらに、気になる年下の男子だけにあなたのかわいいギャップを見せることで、相手はうれしく感じるかもしれません。

普段は仕事でバリバリ働くキャリアウーマンの姿を見せて、2人きりになったときに弱い姿や、かわいい女性らしい姿を見せることで、そのかわいいギャップに心打たれる男の子も多いのではないでしょうか?

このように、たまに見せるかわいいギャップが年下の男の子のハートをつかむきっかけになることも考えられます。

【ギャップについては、こちらの記事もチェック!】

人生論や経験談を語る

年上女性であれば、人生論や経験論を語ってあげることも大切です。

さらに、自分がつまずいたことや失敗談、さらにどのような人の助けや助言があって救われたかなど、年下の男の子に話をしてあげると良いですね。

近しい、人生論や経験談を語るときはあくまでも年下の男の子から質問があった時だけにしましょうね。

あなたから人生論や経験談を語る事はやや重たい話に聞こえてしまい、年下の男の子もつまらないと感じてしまうことがあります。

例えば、年下の男の子から仕事のことで相談があった場合や、人間関係の事などでの相談があった場合、人生論や経験談を語る良いきっかけになりそうです。

しつこくしたりウザいのはNG

いくら年下の男の子から相談や質問があったとは言え、しつこく人生論や経験談を語るのはよくありません。

さらに、お酒の席で人生論や経験談を語りすぎてしまうことで、「うざい先輩」「重い話」などと思われてしまうことも考えられますので、しつこくしたり、ウザクなってしまうような行動だけは避けるようにしておきたいところです。

これらのことを注意し、年下の男の子があなたに対して話を聞きたいと感じたときにだけ、あなたのこれまでためになった人世論や経験談を語ってあげるようにしてあげてくださいね。

弱っている姿を見せる

たまに見せるギャップをかわいいと男性は思うようです。

そのために、あなたのちょっぴり弱っている姿を見せることで、年下の男の子もそんなあなたの姿にキュンキュンしてしまうことでしょう。

また、風邪で弱っている場合や、仕事でうまくいかず悩んでいる姿などを見せることもいいかもしれません。

このように、年下の男の子にあなたのちょっぴり弱っている姿を見せることで、年下の男の子は頼られた気持ちになり、また弱ってる姿を見れたことが、嬉しく感じあなたを助けたいと思うようになるかもしれません。

このように、あなたの弱った姿を見せることで、年下の男の子もあなたに対して「自分に気を許してくれている。」と感じるようになるのかもしれませんね。

相談に乗ってもらう

人生論や経験談を語ることも良いのですが、たまに相談に乗ってもらうようにしましょう。

恋愛の相談はやめておきましょう。

しかし、仕事や人間関係、あなたの趣味の相談など何かを相談しておくことで、やはり年下の男の子は「頼られた」と嬉しく感じるのかもしれません。

このように、あなたから相談を持ちかけることで、2人だけの時間を作るだけでなく、相手を照り煮する姿勢を見せることで、お互いに良い関係を築いていけるのかもしれません。

さらに、年下の男の子を頼ることで甘えさせすぎず、自立を促す行動にもつながるかもしれません。

このように、年下の男の子に相談することで、お互いフェアなところも作っておくといいですね。

いつも明るく愛想を良くする

いつも明るく愛想良くすることで、感じの良い年上の女性に見られることでしょう。

さらに、気になる年下の男の子だけにいつも明るく愛想良くするのではなく、みんなに同じように接するようにしていきましょう。

たとえ年下の男の子があなたのそのような姿を見て嬉しく感じたとしても、他の人に対して冷たいような印象になれば、それこそ人を選んでいると思われることでしょう。

このように、いつも明るく愛想よく振る舞う姿に、多くの人が癒されるようになるかもしれません。

さらに、いつも明るく愛想が良いことで多くの人に親しまれ人気者になることも考えられるのです。

普段から人にどのように見られているかを感じながら行動していく事は非常に大切なことだと言えるのです。

オシャレを手抜きしない

おしゃれに手抜きをしてしまうことで、普段の生活のあなたが垣間見えてしまうことがあります。

髪の毛が乱れていたり、すっぴんやノーメイクで会社に出勤していたりしてしまっていては、女性らしさに欠けてしまうと言えるでしょう。

このように、おしゃれに手抜きをしてしまうことで、あなたのがさつな一面や男っぽい一面を見せてしまうことになります。

そのため、おしゃれに息抜きをしているように見せてしまったり、普段のあなたの私生活や服装などをダサイと思われてしまうことが考えられるのです。

このように、おしゃれに手抜きをしてしまうことで相手の印象も悪くなってしまうことが考えられるのです。

十分に注意をしながらおしゃれを楽しんでいけるといいですね。

落ち着いた対応をする

年上の女性は、年上の女性らしく落ち着きある行動を心がけていきましょう。

さらに、年上女性なのに、落ち着きのない行動してしまうことで頼りにならない年上女性に見えてしまったり、幼い印象の年上女性に見えてしまうことが考えられます。

このように、落ち着いた対応のできない年上女性は、年下の男の子からも魅力的な姿には映りません。

きちんと落ち着きのある行動と、余裕のある態度で年下の男の子あなたの優しさが包容力で包んであげるようにしていきましょう。

さらに、落ち着いた対応を心がけていくことで、あなた自身が落ち着きのある素敵な女性になっていくことも考えられるのです。

このように、少しずつ良いところを増やしていくことで、素敵な女性になっていけることでしょう。

サバサバ系女子になる

女性特有の女々しい感じや、くよくよした女性になることで、恋愛運を逃しやすくなることと、男性からも「めんどくさい女」なんて思われてしまうことも…。

ここは、サバサバしたさっぱり女子になることをおすすめします。

サバサバしたさっぱり女子になることで、ボーイッシュな雰囲気と姉御肌の雰囲気になります。

そうなることで、年下の男の子からだけでなく様々な男性から頼りになる存在になることでしょう。

このようにサバサバ系女子になることで、あなた自身がさっぱりした女性に見えるだけでなく、かっこいい雰囲気や男勝りな部分が却って女性としての魅力ある雰囲気になるのかもしれません。

このように、サバサバ系女子になることでくよくよすることもなくなり、さっぱりした女性になっていけることでしょう。

年下の男の子からモテるためには母性がカギ

さらにここからは年下の男の子からモテるためには母性がポイントになる行動をお伝えしていきます。

さらに、年下の男の子は年上女性のどのようなところを見ているのかをリサーチしていきます。

あなたが、年下の男の子の気になる気持ちを知るためにも、ぜひ年下の男の子の気持ちを知り、母性を生かした年上女性を演じてみましょう。

さらに、年下の男の子の気持ちを知ることで、アプローチの仕方がわかるようになるかもしれません。

では、年下の男の子のどのようなポイントを押さえればいいのか徹底リサーチしていきましょう。

年上好きは甘えたがり

基本的に、年下の男の子は年上に甘え上手なところがあります。

そのため、自分が甘えたいタイプの女性に、年下の男の子は似合いません。

さらに、甘えてくる姿が可愛い年下の男の子と感じる場合、あなたの母性をくすぐる存在になります。

上手く甘えさせてあげる事と、年下の男の子の成長には手を出さないように心がけていきましょう。

さらに、年上好きな年下の男の子はとくに甘えたがりの甘え上手になります。

また、甘えられる事で可愛いと感じキュンっとしてしまう事でしょう。

そんな年下の男の子に、甘えさせてあげられる余裕と、やはり成長に繋がることには手を出さずに見守ってあげられる余裕も必要になってきます。

母親のような存在になる

母親の存在になる事で、甘えられることはもちろんのこと、身の回りのことを全てしてしまったり、成長を妨げてしまわないように気をつけなければ、恋愛対象に見られなくなる可能性があります。

このように、年下の男の子が可愛いからといって、母親のような存在になってしまう事により、頼れる年上女性になれる事はもちろん、母親のようになり過ぎて、恋愛対象に見ることができなくなってしまわないように、母親のようになり過ぎてしまう事はなく、ちゃんと彼女としても、年下の男の子の心を掴んでおかなければなりません。

年下の男の子の心を掴んでおくためには、程よく甘やかしてあげられる心の余裕と、女性らしさを欠かさないよう、心掛けておきましょう。

でも何でもしてあげるのはダメ

最大のポイントは、ここにあります。

全てをしてしまう事で、年下の男の子の成長を妨げてしまうだけでなく、何でもしてくれると感じる事で、あなたが年下の男の子に上手く使われてしまう事も考えられます。

あなたといることが楽に感じられる事はとても良いことですが、癒すことと何でもしてもらう事は全く別のことになってしまいます。

ここにも注意しながら何でもしてあげる事は避けるようにしてあげましょう。

さらに、何でもしてもらえると感じることで、あなたのことを利用したいと思うこともあるかもしれません。

このように、何でもしてあげることでかえって彼の成長を妨げてしまうことにつながり、またお互いが恋愛感情としてのつながりもなくなってしまうことでしょう。

飴とムチをうまく使い分ける

飴とムチをうまく使い分けることで、年下の男の子の成長を妨げることが無いように気をつけていきましょう。

また、甘えて良い所と自分できちんとやらなければならないことを使い分けられるようになることで、あなたが利用されたり、都合のいい女になってしまうことを避けることもできるのです。

このように、飴とムチをうまく使い分けることで、母親のような存在になりすぎないことと女性や彼女としてきちんと見てもらえる部分を作っておくことで、まるっきりあなたに甘えてくることもなく、自立させながら、年下の男の子の成長を見守るように、またここぞという時にはちゃんと彼のお尻をたたいてあげる事がポイントになります。

このように、飴とムチを上手く使い分ける事を心掛けて行きましょうね。

成長を妨げてしまう事はしない

成長を妨げてしまう事で、年下の男の子をダメにしてしまいます。

成長を妨げてしまうほど、手を出してしまう事で完全にあなたが彼女ではなく母親の役割になってしまいます。

このように、年下の男の子の成長を妨げてしまう事で、彼のためにはならず彼を甘やかしてしまうだけの存在になってしまいます。

彼ができる事は、全て彼にさせてあげましょう。

さらに、彼があなたに助けを求めて来た時だけ、手を貸してあげるようにしてあげましょうね。

また、頼ってくる頻度が高い場合も、様子を見た方がいいでしょう。

とにかく、彼自身の成長を妨げてしまう事で、あなたが彼の成長を止めてしまう事になるので、気をつけましょうね。

年下の男の子はこれでもうあなたのもの

いかがでしたか?

あなたにぴったりな年下の男の子の手懐け方を見つけることができましたか?

年下の男の子は、案外単純なところもあり、またそんなところが可愛いと感じたり愛おしく感じるようになるのかもしれません。

可愛い年下の男の子ですが、ちょっぴり扱いを間違えてしまう事で、母親と息子のようになってしまいますので、注意が必要です。

上手い扱い方を身につけて、あなたが年下の男の子の手綱を握りましょう。

あなたが、しっかりと彼の手綱を握り、しっかりと捕まえておきましょう。