人間の太古の生活スタイルは、日の出とともに目覚め、日没とともに就寝するというスタイルでした。

それが、人本来の生活スタイルでしたが、火を使用する事を覚えたため、日没になっても起きていることができ、文明が発達していきました。

現代は、24時間なんでもできる時代になり、昼と夜の区別ができなくなるくらいになっています。

昼夜逆転したりする生活で、いつが昼なのかという体内時計のようなものが狂ってきているのかもしれません。

そのような時に、体内時計や生活スタイルを正す方法の一つに、昼に行動するということがあります。

太古の頃から比べると、かなりの進歩をした現代で暮らす我々は、ストレスなどに悩み24時間いつでもなんでもできるという便利さを利用している生活で、メンタル面がいつの間にか弱くなってきているということもあります。

そんな時の気分転換を昼にやるということで、ストレスなどが緩和され、モチベーションなどが上がるきっかけになり、気分爽快になれば、今という時代を上手に生きていけるようになるのかもしれません。

今回は、昼にやると気分爽快になることについて一緒に考えてみましょう。

昼の過ごし方で人生が変わる!?

先にも述べましたが、人は昼に行動するサイクルと言いますか、そのようなものが自然とあります。

昼夜が逆転している仕事や生活をしている方もいらっしゃると思いますが、その人のプライベートな生活でも昼間に行動することがいろいろ多いはずです。

世の中のほとんどは、昼に集中しているからです。

ですので、昼にどう過ごすかということが、あなたの人生を左右すると言っても過言ではありません。

昼に天気が良い悪いに関わらず、昼にいろんなことをやっておいて、夜はゆっくりする。

この当たり前の生活が、どれだけ良いことなのかというのが、私の場合は年齢を重ねてきてからよ~くわかるようになってきました。

それまでは、昼夜逆転の仕事をしていたせいで、昼に行動することが難しかったのですが、今思うと、若い時だからこそ出来たことであって、今はもう、昼夜逆転する生活には戻りたくありません。

「では、どうしたらいいのか?」という問いに私が出した答えは、当たり前の生活をするようにするということでした。

休みの日でも、仕事の日と同じように起き、やりたいことや、やらなければいけないことをやる。

その当たり前の生活が、今は心地よく感じています。

昼にやると爽快なこと14選


昼にやると良いということの絶対条件は、「やりたいことをやる」ということと、「やっておくことをやる」という2つに絞られると思います。

家事などは、昼にやっておく方が良いと感じるものです。

掃除や洗濯はなどは、昼にやっておいた方が絶対いいと感じます。

部屋の掃除や模様替えなども昼間の間にやっておいた方が良いですね。

夕方や夜よりは、やる気がみなぎるはずですし、掃除や模様替えは集合住宅にお住いの方であれば、音が大きいものですので、昼のうちに済ませておいて、損はありません。

集合住宅の場合は、他の家の音というのは気になるものですし、もし自分が夜に掃除の音やガタガタ音をたてられては迷惑と感じますよね。

自分が不快に感じたりすることをしないようにするのも、大人の嗜みと言いますか、人として当然のことだと思います。

他にも昼にやっておいた方が良いと思うものは、自分がやりたいと思っていたことです。

平日でも休日でも、やっておこうと思ったことや、やりたいことをやることで、良い気分転換になりますし、ストレスの発散にもなり、やることが終わってからは、気分爽快になっていることだと思います。

休みの日などにやるのであれば、仕事の日と同じくらいの時間に起きたり、少しだけ遅く起きるようにしても、お昼前には起きてやる方が、その日の充実どが違います。

昼にやると爽快になるには、「やりたかったことをやる」というキーワードで考えてみてください。

また、他のことであってもなんでも良いんです。

やることで、その日一日が爽快になり、次の日に繋がります。

自分の中でやりたいことがたくさんあっても、優先順位などを考えてみて、やりやすいことなどからやっていくと、夕方や夜になって、「一日でこれだけできた」ということにもなりますので、充実した一日になりますよ。

体を鍛える

学生の方や仕事がオフィス作業の方々は、座っていることが多いですよね。

そういう方々の昼の間にやると爽快なことと言えば、「体を鍛えること」ではないでしょうか。

年齢が若い方であれば、そこまで感じないかもしれませんが、年齢を重ねてきている方は、体のいろんな変化を感じ取っていると思います。

運動など体を鍛えないと、当然、体力や筋力が衰えていきます。

年齢を感じるほど、それが感じるようになってきますので、休みの日に時間があれば、少しでも体を鍛えたりして、体力などをつけるようにしておいた方が後々年齢を重ねると違いが出てきます。

健康診断を受けた結果をみて、運動や鍛えるということをしなきゃいけないと感じ、やり始めるというのも良いのですが、普段からやるようにしておくと、急に運動などを始めるよりは体にも優しいです。

また、運動や鍛えるというのではなくても、ストレッチなどをしておくと良いです。

学生の方や仕事がオフィスワークの方々は、座っていてばかりだと思うので、座っている姿勢も猫背になってしまっていたりします。

また、脚の筋肉や腰回りの筋肉が落ちていますし、硬くなっていますので、ストレッチなどをして筋肉をほぐしたりすることをオススメします。

ストレッチを自分でしても良いですし、マッサージを受けに行ったりしても良いでしょう。

整体や接骨院でも、カイロプラクティックでも構いません。

それらをやるということは、体のメンテナンスだと思って、今のうちにやっておくと良いです。

車やバイクなど、機械にメンテナンスが必要なように、人もメンテナンスが必要なのです。

若い時は、疲れも取れやすく、お酒も抜けやすいのは、誰でもそうです。

でも、年齢を重ねていくと、それらが段々と衰えていきます。

体を鍛えている方であっても、スポーツが趣味という方であっても差はありますが、誰でもそうなるものです。

体のメンテナンスという意味と、体力や体型の維持などを目的として、運動や鍛えることやストレッチなどを昼の間にやるようにしてみてください。

体にも違いが出てきますし、気分もスッキリします。

もちろん、休ませるということも必要ですので、昼の間にそれらのことをやっておけば、残りの一日で体を酷使することをしなければ、休ませることにもなります。

昼のうちに、そういうことをやるというのを習慣にしてみてはどうでしょうか。

きっと、気分爽快になり、一日が気持ちよく過ごせると思いますよ。

昼寝


休みの日などは特にだと思いますが、昼寝は贅沢な時間の過ごし方の一つだと思います。

仕事の日に、職場で昼寝はできない環境が多いと思いますし、できたとしても昼寝はしづらいですよね。

昼寝は、日頃の疲れなどを取るにはぴったりです。

天気の良い日であれば、気持ちよく眠りに落ち、1〜2時間くらい寝るとスッキリしますよね。

普段の睡眠不足を補うという意味合いでも、なんでも良いですが、いつの間にか眠ってしまっている時って、気持ちいいですよね。

たとえば、休みの日に仕事の日のように早めに起床し、掃除や洗濯などを済ませて、ふぅ~と一息ついて、昼食、窓からの日差しが心地よい中、少しゆっくりとテレビをみたり、読書をしたり好きなことをしている間に、いつの間にか眠ってしまっている。

なんて状態は、理想ですよね。

気をつけなくてはいけないことは、寝過ぎないということです。

もし、寝てしまった時の為に、2~3時間後にアラームでもセットしておいて、寝てしまった時の為に起きられるようにしておくといいのかもしれません。

「昼寝するぞ!」と気合いを入れすぎると逆効果で寝れなくなるかもしれませんので、自然と眠りに落ちるのがいいのかもしれません。

昼寝をしたあとは、気分が爽快になっているはずですので、その日の昼寝後でも次の日にも良い状態で過ごすことができるようになると思いますよ。

プチ観光

近所でも、少し離れたところでも、散歩がてらなどでも構わないので、プチ観光的なことをしてみるのもいいですよね。

気になっていたスポットなど、一緒に行く相手がいないとしても、一人で行ってみると良い気分転換にもなりますし、新しい発見にもなりますので、オススメです。

自分の仕事(副業など)

これからの将来を考えると、不安なことが多いですよね。

ニュースなどで、老後が心配になるような話題が流れたりしますが、副業が解禁されつつあるような話題も上がっています。

自分の仕事を昼の間に終わらせるようにするのもそうですが、副業をするという選択肢も考えみてもいいのかもしれません。

本業に支障が無いような仕事であれば、全く問題無いのでは無いでしょうか。

ちょっとだけアルバイトをしてもいいですし、好きなことでお金になるにはどうしたらいいのかと考えて調べてみると新しい発見があるかもしれません。

いずれは、本業よりも稼げるようになる可能性もありますから、調べてみても損は無いと思います。

どうなるにしても、今の本業に影響が無い範囲でやることが大切です。

または、本業の仕事をたくさん抱えているのであれば、優先順位を決めて、昼のうちに一つでも仕上げるという心構えが、後に良い結果を招きます。

実際に、一つでも仕上げることができれば、気分も爽快になることでしょう。

昼のうちに仕上げることができれば、残業をしなくても済むかもしれませんし、帰宅途中には充実感を味わうことができるはずです。

瞑想する

もしかしたら、日本人にはあまり馴染みがないのかもしれませんが、海外では瞑想はかなりポピュラーみたいです。

海外の超有名人は瞑想をしているという記事を読んだりすることが多く、日本人がやっているというのをあまり聞かないので、勝手な思い込みなのかもしれません。

簡単に説明すると、瞑想とは、「心を静める」や「何かに心を集中させる」こと「無心」になることなどですが、昼の時間にやると、気分爽快になれるものの一つです。

もちろん、この瞑想は、いつでも出来ることなので、やってみようと思われた方はまずは、休日の昼間にでもやってみてください。

天気が良い日、窓から差し込む日差しが優しい部屋で、瞑想をする。

いやでも心が落ち着き、静まり、無心になれそうですよね。

メンタル面にも効果があったり、ストレスの解消や迷いや悩みがそうではなくなったりする効果が期待できます。

心にゆとりが出てきたり、気持ちが整うので、やってみても損はないと思います。

忙しい毎日で心にゆとりがなくなってきていると感じているなら、やってみてはどうでしょうか。

勉強する

学生の方であっても、かつて学生だった方でも、「勉強」という単語を出されてしまうと尻込みしてしまうかもしれませんよね。

私の場合ですが、今は、「勉強がしたい」と思っていることが多いです。

ロクに勉強をしてこなかった学生時代に戻りたいとすら思う時があります。

もう社会人の方であれば、「仕事のプラスアルファの為に」とか、「仕事の為に必要な」などの勉強があると思いますし、学生の方であれば、なぜ「勉強」が必要なのかということを、「勉強」する前にじっくり考えてみてはどうでしょうか。

「なぜ学校に行き、勉強しなくてはならないのか?」

「なぜ大学で勉強をしているのか?」

その答えは、学生のあなたしか出すことはできません。

社会人の方は、「なぜ今になって勉強する必要があるのか?」など考えてみてもいいと思います。

勉強をして知識をえたりするということは、私はとても贅沢だと思います。

そして、無知なことは恥であるとも思います。

世の中、知らないことが山ほどあり、その中で暮らしています。

「知らないことで損をしていたりすることがある」と今の年代になった私は思います。

「損」というのは、いろんな意味を含んでいます。

お金だけではありません。

人生の中で、全てで感じる「損」ということです。

ですから、勉強をすると言うよりは、「知りたいことを調べて、理解する」と言うのが本当の意味のような気がします。

学生であっても、ただ覚えるという勉強ではないはずですよね。

理解しなければ、頭に残っていませんよね。

知識や知恵、生活する中で必要なことなど、様々なことは「勉強する」ことで得られていくものです。

「勉強」は個人個人の解釈の仕方でいいと思うので、勉強をすると言うことをもう一度考えてみてください。

そして、昼の間に勉強をする環境作りをするようにして勉強をしてみてください。

夜の方が勉強しやすいなど人それぞれあると多いますが、夜は活動や行動が自然と抑えられるので、勉強など頭を使うことがしやすいというのがあるのかもしれませんが、活動や行動プラス頭を使う勉強をすれば、夜はぐっすり休むことができることでしょう。