CoCoSiA(ココシア)

つまらない男の20個の特徴と改善方法


つまらない男と聞いて、どのような男想像しますか?つまらない男とは、相手を楽しくさせることができない男のことです。

当然接する女性は、つまらない男といてイライラしたり、つまらない男と言うことで時間が無駄になったと感じてしまうことでしょう。

このように、あなたが「つまらない男」になっていないか以下の項目をチェックしながら、そのつまらない男の特徴と改善方法を身に付けていきましょう。

毎日少しずつでも特徴と改善方法を理解していくことで、さらに実践しつまらない男から卒業してみてはいかがでしょう?

つまらない男から卒業できることで、モテる男になるかもしれません。

【悲報】つまらない男は嫌われます

「つまらない男」は一緒にいるだけで相手をイライラさせたり一緒にいることで無駄な時間を過ごしたと思われてしまいそうです。

また、つまらない男は嫌われる男の1人になります。

このように、つまらない男になってしまうことで、モテなくなるだけでなく嫌われ、めんどくさいと思われるようです。

このように、つまらない男は一緒にいるだけで相手の人を嫌な気持ちにさせたり早くつまらない男と離れたいと感じているのです。

さらに、つまらない男と一緒にいるところを、他の誰かに見られたりすることも嫌がります。

このように、つまらない男は一緒にいても嫌われるため、同じ空間や時間を共有したくないと思われがちになります。

つまらない男の20個の特徴


さて、具体的にここからはつまらない男の特徴についてお伝えしていきます。

つまらない男の特徴は、特徴的な人からなんとなく一緒にいるのがつまらない人、さらにみんなから思われるつまらない人の特徴など様々なつまらない男の特徴を上げていきます。

あなた自身が、つまらない男になってしまっていないかを確認することと、万が一つまらない男になっている場合その特徴をよく知ることで、つまらない男にならないためにはどのようにすれば良いのかを考えていきましょう。

また、つまらない男にならないためのアドバイスをいくつかあげていきますのでそちらも合わせて読むようにして下さいね。

1.自慢話が多い

男も女もそうですが自己アピールの強い人や自分の自慢話する人は嫌われる傾向にあり、話を聞いている人もうんざりしてくることでしょう。

さらに、自慢話が多いことで聞いているほうも「またか…。」と言う気持ちになり、やはり自慢話を聞くことが苦痛になってくることも考えられます。

逆の立場になって考えるとよくわかることですが、自慢話をしてくる友人をどう感じますか?

確かにはじめのうちは「すごいね。」と聞いていた話も自慢話がしつこくなるにつれ、「またか。」と言う気持ちになることでしょう。

さらに、どうでもいい自慢話から、本気の自慢話まで数が多いのも特徴です。

自慢話をして嫌な顔されることにより相手に嫉妬されている、相手は自分がうらやましいなと感じるのは勘違いです。

自慢話をたまにする位なら全然構いませんが、やたら自慢話をしてくる場合かなりうざいと思われるでしょう。

2.優柔不断


優柔不断でつまらない男は、気持ちがフラフラしているため気移りも早いことでしょう。

そのため優柔不断な行動をとり周りに迷惑をかけてしまうこともあります。

さらに、優柔不断なことで、どっちつかずの意見を言う事も…。

はっきりとしない意見に周りはイライラしてしまいそうです。

また、迷いやすい性格のため決断したことをころっと変えてしまうこともあります。

このように、つまらない男は優柔不断なだけでなく気持ちが揺らぎやすい面が優柔不断とみられる場合もあります。

さらに周りの意見を聞きすぎて良い答えを出そうとするあまり判断を間違ってしまい、後になって答えよ覆してしまうことも考えられます。

このように、いちど決意したことを覆してしまうことも優柔不断な行動に見られがちです。

3.ネガティブ発言が多い

つまらない男は、自分に自信がないためネガティブな発言が多いことが特徴です。

また、ネガティブ発言をすることで相手を嫌な気持ちにさせていることも気づかず、ネガティブ発言を続けてしまうこともあります。

それに、ネガティブ発言が多いことで周りを嫌な気持ちにさせるだけでなく一緒にいることが苦痛に感じさせてしまうことにも気づいていません。

また、人の悪口や愚痴が多いため、ついついポジティブな思考回路やポジティブな発言ができず、マイナス思考で人の良いところを見ることが苦手なところもあり、ネガティブ発言が多くなることが特徴です。

4.自分の話しかしない

自分の話しかしないので、一緒に会話をしている人は「つまらない男」と感じることでしょう。

さらに、自分の話しかしないことで相手の話を聞く事はありません。

また、相手が話をしていてもきちんと話を聞くことができなかったり、自分のことをアピールしたいため自分の話ばかりを優先してしまいます。

さらに、自慢話やネガティブ発言も多いため聞いてるほうはうんざりする気持ちになるでしょう。

さらに、自分の話しかしないことで、相手の事にはあまり興味がなく自分のことにばかり興味があるように感じられてしまいます。

自分の話ばかりをしていることに、優越感を感じていたり、自分は偉いんだと言うことを周りにアピールしたいのかもしれません。

5.何でも相手任せ

なんでも相手任せにすることで、自力で何かできることもほとんどありません。

そのため、できない事は人を頼りまた何でも人に任せるため、できないことが多いかもしれません。