CoCoSiA(ココシア)

彼女を怒らせたらすぐに行うべき対処法

カップルにはつきものの喧嘩や言い争い。

できることならずっと仲良く過ごしていたいですが、時にはぶつかり合うこともありますよね。

特に、彼女を怒らせてしまった時はその対応によってその後の付き合いに大きな影響を及ぼしてしまいます。

今回は男性がしてしまいがちな彼女を怒らせる言動や、彼女を怒らせたときの対処法などを詳しくご紹介します。

彼女が怒っている時、以下の内容を参考になるべく事を荒立てないで解決できるようにしましょう。

彼女を怒らせてしまった!どうしよう!

男と女の間には、お互いが理解することができない性質の違いが存在します。

どんなに仲良くしているカップル同士でも時には相手を怒らせてしまうこともあるでしょう。

もし自分の言動で彼女を怒らせてしまったら、貴方はどうしますか?

今まで仲良く過ごしていたのに突然彼女が怒りだし、その理由も分からなかった焦ってしまいますよね。

しかし、女性も何も考えず気分だけで不機嫌になっているわけではありません。

彼女には彼女なりに怒る理由があり、それを貴方に伝えるために怒りという感情を表に出しているのです。

彼女が怒ってしまったからといって、困ってあたふたしたり一緒に不機嫌になったりしてはいけません。

どうして怒っているのか、怒りを鎮めるためにはどうしたらいいのかを冷静に探るようにしましょう。

その結果、怒りの理由が理不尽なこともあるかもしれません。

しかし彼女と同じ立ち位置で怒ってしまうと2人の関係は悪化するばかり。

彼女が怒っているときは、男性側が一つ大人になって、まずは関係改善の手を差し伸べてみてはいかがでしょうか。

彼女が怒ってしまう言動とは?

多くの場合、女性が怒りを感じるポイントは男性にとって「え、そんなことで?」と思うものです。

効率的に物事を運ぼうとする男性の言動は、女性にとってデリカシーのない行為ととられる場合があります。

また、男性の本能に従った行動も女性にとっては不快に感じる場合も…。

もし彼女が怒りだしてしまって、どんなに考えてもその理由が分からない場合は以下のような言動をしていないか振り返ってみてください。

案外、自分が何も考えず行っていた行為に彼女の怒りを刺激する琴線があるのかもしれませんよ。

他の女性に色目を使った

分かり切っていることですが、付き合っている相手が他の異性に好意を示せばいい気分にならないものです。

ましてや、彼氏がほかの女性に性的アプローチをしたなんてことが分かれば、彼女は悲しく思い、それ以上に怒りを感じるでしょう。

たとえ浮気ではなくちょっとした火遊びであっても女性にとっては何の違いもありません。

心配性な女性は軽いスキンシップや二人きりのメールだけでも不快に思い、それ以上のことを想像してしまいます。

とはいっても、社会で生活していれば異性との接触は避けられないものです。

会社や学校にいる女性と一言も口を聞かないなんてことはできませんが、それ以上の交流を行うと彼女を怒らせてしまうかも…。

特に2人きりでどこかに出かける、頻繁に電話で連絡を取っている、相手のことを彼女の前で女性として褒める。

こんな行動は他の女性に色目を使ったと思われてしまう可能性大の危ない行動です。

たとえ魅力的な女性を見かけたり知り合ったりしても、彼女の前ではそんな態度を見せないように気を付けましょう。

昔の彼女の話

彼女に対して、元カノの思い出話をする男性は意外に多く存在します。

本人からしてみれば、もう終わった過去の話をしているだけという認識かもしれません。

けれど、元カノの話はそれが悪口でも、思い出話でも、彼女を怒らせてしまう可能性大のNGテーマ。

もし貴方が元カノの悪かった部分を愚痴れば、彼女は「いつか自分も別れたら同じように悪口を言われるのでは?」と不安になるでしょう。

反対に、楽しかったことや、一緒に行った場所などの話をしてしまうと、元カノの存在やその親密度に嫉妬し、彼女が不機嫌になってしまう恐れがあります。

どのような内容であったとしても、貴方が何も深い意味を持たずに話していることだとしても、元カノの話をしているというだけで女性にとってはとても傷つく内容なのです。

デリカシーのない、失礼なことをされていると感じ怒ってしまうのは当然ですよね。

今、貴方の傍にいて一緒に過ごしているのは、付き合っている彼女なのです。

もういない元カノの話で彼女の機嫌を損なわせるなんて、意味の無い事はやめておきましょう。

体重などの話を振った

男女問わず、コンプレックスを刺激される発言には気分を害するものです。

とても仲のいいカップルだったとしても、その間には礼儀というものが存在します。

特に女性は、体重や体形、相貌などの話題にデリケートなもの。

外見に対する発言は、例えからかい半分でも彼女の心を強く傷つけてしまう恐れがあります。