CoCoSiA(ココシア)

美女と野獣カップルが成立する理由を...(続き7)

本気になる確率の方が高く、遊びで付き合う相手とすればリスクがあります。

醜女は男性にもてる経験が少ない、イコール男性経験も少ない方が多いです。

その為、男女の関係になったら付き合っている関係と認識します。

たった一夜限りでも男女の関係になったら「好きだから関係もった」と醜女は思うのです。

醜女にとって男女の関係を結んだ以上、「冗談でした」は通用しません。

男女の友情が成立する可能性はある

よくありがちな関係性が美男と醜女の男女の友情です。

醜女と言えど、話していると楽しく心地良い、思わず恋愛の悩みを打ち明ける美男も多いです。

醜女はモテないわりには、男女のアドバイスについて案外的確なことを言います。

付き合えば最高の女性だろう・・・と思えるのが醜女の魅力です。

美男に恋愛相談をされて内心ハートブレイクな醜女ですが、やっぱり美男と友達関係でも繋がっていることは嬉しいものです。

実は醜女は美男が好きでも、あえて男女の友情が成立して見せることもあります。

美男にしてみれば男女の友情、醜女にとっては片思い。

結局、男女の友情を演じて、そのまま美男は他の女性と付き合い、男女の友情が本当に成立してしまう可能性が多いです。

醜男×醜女

醜男と醜女のカップルが一般的には多く見ます。

必ずと言っていいほど、醜男と醜女のカップルは人前でイチャイチャします。

これは醜男と醜女だからこその行動です。

醜男と醜女は共にモテない人生を歩んできました。

だから付き合うとなると、相手しか見えないのです。

もてなかった月日を取り返すように無駄にイチャイチャして周囲にアピールします。

自分達をイケてる二人と勘違いしているからです。

醜男は醜女を「可愛いよ、大好きだよ」と毎日のように褒めまくり、醜女は醜男を「すごくカッコイイ、幸せ」と褒めまくります。

お互いキズの舐め合いをすることで、心地良い関係を作るのです。

しかし、醜男と醜女ほど周囲に嫌われているカップルもいない。

努力をせず中身を磨いてない男性はここで妥協するしかない

醜男と醜女は、本来望んで醜男は醜女を選んでいるわけではない。

もちろん醜女も醜男を選んでいません。

本来であれば、誰よりも醜男は美女と付き合いたいし、醜女は美男と付き合いたいと望んでいるのです。

ですが、そう簡単に美女や美男と付き合うことは出来ない。

彼女がいないことは学校や職場でも浮いた存在になることも多いです。

クリスマスなどイベントデーになるほど悔しい思いをします。

もう、相手が醜女でも彼女がいないよりはマシと思うようになります。

今更、中身を磨いても意味がない、妥協して女性と付き合うことを選びます。

醜女は差ほどハードルが高くなく落とすことができるからです。

醜女も彼氏がいないことで早く彼氏を作りたいと思っていれば妥協します。

醜女は「可愛いね」という甘い言葉に弱いのです。

努力をせず中身を磨いてない男性の終着点が妥協です。

お互い自分の外見をわきまえている

醜男と醜女は、高望みをしていません。

高望みをしたところでアイドルのような女性や男性と付き合うことができないからです。

お互い自分の外見をわきまえているから、相手にも外見を求めることはしません。

「自分には、この女性が丁度いい」と思うようになります。

結局、美男や美女と付き合っても周囲から「釣り合わない」と言われることや、相手が浮気するのでは?と終始気にしないといけない。

だったら、お互い自分の外見に合うタイプと付き合った方が楽と思うのです。

夢を最初から見ない、現実派カップルです。

冷めたような感じでも、付き合えば平凡ながら幸せと感じます。

二人とも視力が悪いパターン

お互いが醜男と醜女とは思っていないこともあります。

それは二人とも視力が悪く相手の顔の欠点がよくわからないからです。