CoCoSiA(ココシア)

美女と野獣カップルが成立する理由を...(続き8)

鼻が上を向いていることや、小さな目、切れ長すぎる一重も気にならない。

太っていても、なんとなくポッチャリ程度に見えていることも。

相手の欠点が気にならなければ、お互い醜男と醜女とは思わないのです。

いい具合にボンヤリとして悪いところが見えないことは幸せなことです。

コンタクトやメガネで矯正すれば、そこそこ見えるけれど恋人のことをマジマジと眺めることなんてありません。

視力の悪い二人は外見で一目惚れをしたわけでもありません。

もともとが内面で好きになったもの同士ですから、外見は後付けのこと。

ネット世界で生きる二人のパターン

醜男と醜女に多いパターンがネットの世界で生きていることです。

ネットの世界では、そこそこ人気者の人っていますよね。

現実では発言が思うようにできない、相手にされなくてもネットの中では遠慮なく発言することができるし、大胆でなりたい自分になれる。

ネットアイドルと言われる女性も、現実ではアイドルとは言えない外見。

YouTubeでは人気者でも、現実では特技を披露できる場所はない。

ヤフコメ住民と言われて活躍する人の多くは、現実ではニートと言われるようなタイプ。

現実で活躍できない人ほどネットの世界では活躍できるのです。

ネットのオンラインゲームやブログ繋がりで意気投合すると恋に発展。

はじめて出会ってみたものの、醜男と醜女だとしてもネットという強いつながりがあるので関係ないのです。

一番幸せなのは美女と野獣の組み合わせ!

醜女と醜男、美男と醜女、美女と美男とカップルには様々なタイプがあります。

カップルの中でも一番幸せと言えるのは、美女と野獣の組み合わせかもしれません。

片方が美男や美女だと釣り合いがとれていないように見えて、実は心の繋がりが強いことが多いのです。

ですが、美男と醜女だと商売関係上で付き合うことや、ヒモなど「お金」が絡むことが多いのも事実です。

逆に美女と野獣は「お金」関係で付き合うことは少ないです。

美女と呼ばれる人が何故、野獣と言われる相手を好きになるのか?それは野獣の大きな器に惹かれることが多いからです。

美女と野獣は芸能界にも多いパターンですし、一般的にも多いです。

わかってる美女は野獣を選ぶ

見せかけだけの美女は美男を選びますが、わかってる美女は野獣を選びます。

色々な男性と付き合ってきた美女は、結果的に外見じゃないということを知っています。

包容力がある男性こそ付き合っていて幸せと実感します。

包容力のある男性は野獣に多いタイプです。

見た目はイマイチでも、美女を大事にしてくれます。

いざという時に女性を守る男らしさを持っているのです。

愛するよりも愛されることの幸せを知っているのも美女です。

数多い男性からチヤホヤされているからこそ、男性を見る目が養われる。

それが本当の美女です。

選ぶことができる立場=幸せを掴みやすい

相手に主導権を握られていると幸せになることは出来ません。

10代の頃は、愛されるよりも愛する恋愛を求めているものですが、恋愛経験を重ねる度に愛される方が幸せだということに気づきます。

相手を愛すると相手の行動を全て把握していないと心配になります。

浮気しているのでは?私のこと嫌いになったのでは?と不安が二人の関係を壊してしまうのです。

相手に愛されることで無駄な心配をすることがありません。

愛されることは心地良いことです。

いつまでも愛されることで恋愛ストレスを感じることがないからです。

結果、結婚しても大切にしてもらえるのです。

男性は中身を磨くことと、美女の中身を見極める能力が必要

美女は男性の中身を見ていることが多いのです。

もし美女と付き合いたいと思っている男性がいるなら中身を磨くことが大事です。

美女だったら誰でも良いと思っていると、なんちゃって美女と出会い痛い目を見ます。

美女の中身を見極める能力を育てましょう。

本物の美女は自分から何かを求めることはしません。