CoCoSiA(ココシア)

美女と野獣カップルが成立する理由を6個のポイントで解説!芸能人ではこんなカップルもいますよね!

美女と野獣カップルが成立する理由を6個のポイントで解説!芸能人ではこんなカップルもいますよね!のイメージ写真
街を歩いていると様々なカップルに出会います。

美男美女のカップルよりは、正直どっちもどっちと思ってしまうようなカップルが多いかも知れませんが、何気に多いのが美女と野獣のカップルです。

何故、あの男性を美女が好きになったのだろう?と不思議に感じることは多い。

人間は性格が良いことが一番ですが、しかし第一印象で「あの男性、性格が良い」なんて分からないはずです。

相手の性格を知るには、少なくても友人関係など相手と近づかないと分からない。

その近づく関係になることが男女は難しいのです。

美女と野獣のカップルを見るかぎり、何の共通点もなさそうに見えます。

男性にとって美女と野獣のカップルは、まさしく希望の星です。

美人は尖っていてモデルのようなイケメンとしか付き合わないイメージがあるのです。

美女が野獣と付き合うなんてことは、男性にとっては夢のような話です。

野獣まではいかないにしても、一般男性でも充分に美女と付き合うことが可能になるのです。

とは言っても、美女が惚れる野獣とは?

野獣の魅力を知らないと美女とは付き合えません。

美女と野獣カップルとは

美女と野獣カップルのイメージは、スレンダーで美しい外見の美女と微笑ヒゲを生やして冴えない大きな男の印象が強いです。

簡単に言えば、外見の良い女と外見の悪い男のカップルです。

性格うんぬんと言うよりも、他人から見れば野獣の性格を知るわけがないので、街で見かけるカップルが美女と野獣であれば、「なんで、あんなブ男と美人が付き合えるの?」と思ってしまいますよね。

美女は美男と付き合い、ブサイクはブサイク同士で付き合うのがカップルと思うイメージ。

たしかに美男美女と憧れるような芸能人カップルも多いですが、世間一般的に見たら美男美女のカップルなんて、あまり見ません。

それよりも美女と野獣のカップルを見る割合の方が高い。

野獣イコール外見が悪いイメージがありますが、野獣は必ずしも外見だけではないのです。

見た目が野獣でカッコ悪くても内面がカッコイイ男性はいます。

外見が悪いから魅力がない思うことは、あまりにも簡単すぎることで本当の愛と言えない。

美女が野獣に惚れる魅力、それは野獣だからこそ輝く魅力なのです。

元ネタは『美女と野獣』

美女と野獣のカップルと聞くと、アニメや映画をイメージする方が多いでしょう。

映画で言えば、ベルエマ・ワトソンとダン・スティーヴンスが演じた「美女と野獣」ですよね、もしくはディズニーの長編アニメーション映画「美女と野獣」でしょうか。

美女と野獣は、2017年に制作されたアメリカ合衆国の映画。

フランスの民話「美女と野獣」に基づき1991年にディズニーがアニメ映画を製作しました。

その感動的な話は、実写版となり洋画やニュージカルとして多くの役者さん達が演じてきています。

ストーリーを簡単にまとめると、フランスの森の中の城に住む一人の王子が魔女の手によって魔法をかけ、王子を醜い見た目である野獣にしてしまったのです。

魔女がかけた魔法により王子の存在を周囲の人間は忘れるようになった。

王子の元には、魔女が持ち込んだ一輪のバラが残されていて、最後の花びらが散る前に真実の愛を獲得しないと魔法は解けないまま、王子は野獣のままになるのです。

そこに美女と出会い、様々なことを乗り越えて真実の愛を知ります。

最終的には魔法は解け幸せに2人は暮らす・・・という話です。

見た目は野獣のような男性だと最初は「えっ・・」と躊躇してしまうかもしれないけれど、野獣も心は王子様で素敵な魅力がある。

美女は野獣の心を知るからこそ、二人の中には真実の愛が芽生えるのです。

男女の仲は外見だけじゃない!ということを教えてくれる話です。

美しい女性と美しくない男性

美しい女性は、ちょっと冷たいイメージがありますよね。

芸能人で言えば、菜々緒さんや柴崎コウさん、北川景子は間違いなく美女です。

この3人の共通点と言えば、透明感のあるクールビューティーなところですね。

現に北川景子さんが選んだ男性はDAIGOさんでイケメンの家柄が良い男性です。

やっぱし美人はカッコイイ男しか興味ないのでは?と思ってしまいそうですが、実は美しい女性は心も優しい人が多いのです。

どちらかと言えば、外見が良くないブスな女性の方が性格はひねくれています。

チヤホヤされると人間は優しくなるもので、冷たくされると卑屈になっていくからです。

美しくない男性と言えば、お笑い芸人が多いでしょうか?最近は結構なイケメンも多いですが、やはりお笑いは見た目が美しくない方が笑いをとるセンスも高い気がします。

美しくない男性は、女性のように卑屈になるよりも身の程を知っているタイプが多く、変に高飛車になったりしません。

女性のワガママを包み込む、器の大きさがあり、温かみを感じることができます。