街を歩いていると様々なカップルに出会います。

美男美女のカップルよりは、正直どっちもどっちと思ってしまうようなカップルが多いかも知れませんが、何気に多いのが美女と野獣のカップルです。

何故、あの男性を美女が好きになったのだろう?と不思議に感じることは多い。

人間は性格が良いことが一番ですが、しかし第一印象で「あの男性、性格が良い」なんて分からないはずです。

相手の性格を知るには、少なくても友人関係など相手と近づかないと分からない。

その近づく関係になることが男女は難しいのです。

美女と野獣のカップルを見るかぎり、何の共通点もなさそうに見えます。

男性にとって美女と野獣のカップルは、まさしく希望の星です。

美人は尖っていてモデルのようなイケメンとしか付き合わないイメージがあるのです。

美女が野獣と付き合うなんてことは、男性にとっては夢のような話です。

野獣まではいかないにしても、一般男性でも充分に美女と付き合うことが可能になるのです。

とは言っても、美女が惚れる野獣とは?

野獣の魅力を知らないと美女とは付き合えません。

美女と野獣カップルとは

美女と野獣カップルのイメージは、スレンダーで美しい外見の美女と微笑ヒゲを生やして冴えない大きな男の印象が強いです。

簡単に言えば、外見の良い女と外見の悪い男のカップルです。

性格うんぬんと言うよりも、他人から見れば野獣の性格を知るわけがないので、街で見かけるカップルが美女と野獣であれば、「なんで、あんなブ男と美人が付き合えるの?」と思ってしまいますよね。

美女は美男と付き合い、ブサイクはブサイク同士で付き合うのがカップルと思うイメージ。

たしかに美男美女と憧れるような芸能人カップルも多いですが、世間一般的に見たら美男美女のカップルなんて、あまり見ません。

それよりも美女と野獣のカップルを見る割合の方が高い。

野獣イコール外見が悪いイメージがありますが、野獣は必ずしも外見だけではないのです。

見た目が野獣でカッコ悪くても内面がカッコイイ男性はいます。

外見が悪いから魅力がない思うことは、あまりにも簡単すぎることで本当の愛と言えない。

美女が野獣に惚れる魅力、それは野獣だからこそ輝く魅力なのです。

元ネタは『美女と野獣』

美女と野獣のカップルと聞くと、アニメや映画をイメージする方が多いでしょう。

映画で言えば、ベルエマ・ワトソンとダン・スティーヴンスが演じた「美女と野獣」ですよね、もしくはディズニーの長編アニメーション映画「美女と野獣」でしょうか。

美女と野獣は、2017年に制作されたアメリカ合衆国の映画。

フランスの民話「美女と野獣」に基づき1991年にディズニーがアニメ映画を製作しました。

その感動的な話は、実写版となり洋画やニュージカルとして多くの役者さん達が演じてきています。

ストーリーを簡単にまとめると、フランスの森の中の城に住む一人の王子が魔女の手によって魔法をかけ、王子を醜い見た目である野獣にしてしまったのです。

魔女がかけた魔法により王子の存在を周囲の人間は忘れるようになった。

王子の元には、魔女が持ち込んだ一輪のバラが残されていて、最後の花びらが散る前に真実の愛を獲得しないと魔法は解けないまま、王子は野獣のままになるのです。

そこに美女と出会い、様々なことを乗り越えて真実の愛を知ります。

最終的には魔法は解け幸せに2人は暮らす・・・という話です。

見た目は野獣のような男性だと最初は「えっ・・」と躊躇してしまうかもしれないけれど、野獣も心は王子様で素敵な魅力がある。

美女は野獣の心を知るからこそ、二人の中には真実の愛が芽生えるのです。

男女の仲は外見だけじゃない!ということを教えてくれる話です。

美しい女性と美しくない男性

美しい女性は、ちょっと冷たいイメージがありますよね。

芸能人で言えば、菜々緒さんや柴崎コウさん、北川景子は間違いなく美女です。

この3人の共通点と言えば、透明感のあるクールビューティーなところですね。

現に北川景子さんが選んだ男性はDAIGOさんでイケメンの家柄が良い男性です。

やっぱし美人はカッコイイ男しか興味ないのでは?と思ってしまいそうですが、実は美しい女性は心も優しい人が多いのです。

どちらかと言えば、外見が良くないブスな女性の方が性格はひねくれています。

チヤホヤされると人間は優しくなるもので、冷たくされると卑屈になっていくからです。

美しくない男性と言えば、お笑い芸人が多いでしょうか?最近は結構なイケメンも多いですが、やはりお笑いは見た目が美しくない方が笑いをとるセンスも高い気がします。

美しくない男性は、女性のように卑屈になるよりも身の程を知っているタイプが多く、変に高飛車になったりしません。

女性のワガママを包み込む、器の大きさがあり、温かみを感じることができます。

美しい女性が求めていることに合致するのが、野獣である美しくない男性なのです。

内面が野獣かどうかではない

野獣的な男という言葉がありますが、美女と野獣は内面のことではありません。

見た目が美しくない男性を野獣に例えています。

内面が野獣な男性は、見た目が普通もしくはカッコ良いわりに野蛮な性格のことです。

肉食系の獣を思わせるような内面、オラオラ系の男性です。

美女と野獣に例える野獣は、むしろ野蛮とは逆な内面と言えるでしょう。

「自分は見た目が美しくないから、自信が持てない」上から目線にならない謙虚さを兼ね備えています。

見た目は、すごくゴリラのようにゴツイ男性が実は優しくて穏やかだとすれば、そのギャップが魅力に変わり輝くのです。

人間はギャップに弱いものです。

見た目が普通で内面が野獣だとしても差ほど驚かないはず。

人間のほとんどは、見た目で相手を判断します。

見た目が美しくない野獣は、少し優しいだけでも相手に与える印象が良くなるのです。

なぜ野獣の男性を選ぶのか


何故、野獣の男性を選ぶのか?それは野獣だからこそ相手を惹きつける魅力があるのです。

見た目は野獣だけど、実は内面はすごく穏やかで優しいことです。

外見のハードルが高い男性と付き合うと女性もハードルも上げないといけません。

外見が美しい男性はイメージ的に性格まで完璧に思われてしまうのです。

何もかもを全てスマートにやりこなして当然と思ってしまいます。

芸能人で言えば、木村拓也さんや向井理さんなど顔が美しい男性はアンチも多いもの。

ちょっとでも悪いところがあれば、その悪い部分だけが極端に目立ち「えー、そんな男性だと思わなかった」とイメージダウンになり、回復するには時間がかかる。

だけどそれは、イケメンに対する人にハードルを勝手に高くしているからです。

野獣と思わせるような外見が美しくない男性は、もともとハードルも低いから、ちょっと悪い部分が見つかっても気にならない、むしろ良いところが目立つのです。

野獣はチョット良いところが最大の魅力なり、相手を惹き付けます。

結果的に「やっぱり、この人がいい」という存在に変わるのです。

美しさは内面に宿るもの

本当に美しさは内面に宿るものです。

外見の美しさというものは、極端な話で言えば誰でも美しくなれるのです。

女性であれば化粧やエステ、美容整形のチカラを借りれば100%美しくなれます。

男性も同じようにメンズエステや美容整形、ファッションでイケメンになれます。

ですが、内面は簡単に変えることができません。

外見の美しさは、一時的な魔法のようなもので化粧は顔を洗えば落ちてしまいますし、エステや美容整形はメンテナンスをしなければ崩れてしまいます。

外見を美しくするよりも内面を美しくすることの方が遥かに難しいことです。

美しい内面を持っていることは最大の魅力です。

その美しい内面に気づくことができる人は、更に美しい内面をもっている人と言えるでしょう。

外見に惑わされることなく、相手の本質を見抜くことができるから、本当の愛を手に入れることができるのです。

見た目のいい男性は中身が良くない

見た目がいい男性も中身が良いことが一番理想的ですが、見た目のいい男性は残念ながら中身が良くないことが多いものです。

女性と男性の違いはプライドの高さです。

男性は女性よりも比較的に競争心が強く、プライドも高い方が多い。

もちろん女性も男性同様に競争心やプライドが高い方もいますが、女性には母性という感情があり、差ほどプライドは男性ほど高くないものです。

自分の見た目が良いことを自覚している男性は、モテることも自覚しています。

自分の周りに常に女子がいる状態であれば、あえて見た目の悪い女性と付き合う必要性もないのです。

また、外見だけで寄り付いてくる女性は中身が薄っぺらい。

相手の性格関係なく「イケメンと付き合ったら自慢できる」程度に考えています。

中身がない女性と付き合っていると真実の愛を知ることもできずに男性自信も薄い人間になってしまいます。

結果的に見た目がいい男性は、女性を外見で選ぶようになり、イヤになれば別れたらいい程度に考える人間になってしまいます。

一緒にいて


野獣の最大の魅力は、一緒にいて疲れないところでしょう。

美人は三日いれば飽きるという言葉があるように、外見の良い人といて楽しいのは最初の三日間です。

三日と言わないまでも一ヶ月も一緒にいれば飽きてしまうでしょう。

やっぱり一緒にいて疲れない相手が最終的に結婚相手や恋人として長続きするのです。

ドキドキやトキメキというものは、一時的なこと。

野獣と付き合いはじめは、正直ワクワクやトキメキはないかもしれません。

ですが、付き合い続けていると自然体で接することができることに気づきます。

一緒にいて疲れない相手は、ずっと一緒にいることができるのです。

野獣の人は、外見にこだわりません。

カッコイイ服など外見に磨きをかけすぎないから一緒にいても疲れないのです。

中身を磨いた美しい男性=野獣を選ぶことが最も素晴らしいこと

結局、本気で付き合うなら、大事なことは中身を磨いた美しい男性を選ぶことです。

女性から人気も高く外見の良い男性をゲットして付き合っても安心は出来ない。

女性の扱いが上手であれば、他の女性に対しても扱いが上手いのです。

少しでも電話が通じない、相手から連絡が切れたら浮気しているのでは?と考えてしまうことも増えると思います。

外見の良い男性と付き合うことは、常にギスギスとした毎日を過ごさないといけないこと。

野獣を選べば、女性の影を気にすることはありません。

野獣を選んだ貴方自身を野獣は愛してくれるからです。

野獣からすれば「中身で選んでくれた彼女」を心から大切にすることでしょう。

中身を磨いた美しい男性は、相手のことも中身で選びます。

相手が尽してくれれば、その倍、尽してくれるのです。

愛するよりも愛される幸せを野獣は教えてくれます。

中身を磨いていない男性は、相手のことをアクセサリー感覚で付き合います。

どんなに愛したとしても、相手の心を見るわけではないので飽きたら終りです。

見た目の悪い男性が全て中身がいいわけではない

野獣のような男性は、全て中身がいいように思えますが、残念ながら全ての野獣が中身がいいわけでもありません。

幼い頃から「ブサイク」と外見をネタに虐められ、社会に出て外見で良い思い出がヒトツもないとすれば、心は荒んでいきます。

育ってきた環境によっては、野獣のような見た目でも心が狭くひねくれた考えを持つ人はいるのです。

野獣イコール中身はいいと思い込んでいる方は要注意です。

見た目も悪く中身も悪い男を、どう見極めれば良いのか?それは一目瞭然で分ります。

見た目が悪い男の周囲には、同性の友達もいない。

まだ見た目がカッコ良く中身がよくない男なら、見た目を利用とする同レベルの仲間が集まっています。

見た目がカッコ良い男についていると、自然と女性もついてくるので同姓の仲間にとっては都合が良い存在です。

見た目が悪いと女子もよりつかない、同性の友達も利用する価値もなく、ただ面倒な存在にしかならない。

なぜ美女が野獣男性を選びやすいのか

美女と野獣のカップルが存在するのは、どうしてでしょうか?それは美女だからこその理由があるのです。

美女は、当然ですが男性にもチヤホヤされてモテます。

合コンに行ってもアノ手コノ手と男性達は声をかけてくると思います。

たくさんの男性を見てきた中で見る目も高くなります。

外見だけで相手を判断する女性は、男性経験が少なく本当の恋をしらないからです。

多くの男性と出会えば、付き合わなくても会話は増え、コミニュケーション能力も高くなります。

相手の本性を見抜けるようになるのです。

人間は外見だけでは語ることができない。

女性の美しさは努力の証

美女って、もともと顔が美形なんでしょ?と思う方が多いですよね。

たしかに、もともと美形の女性もいます。

しかし自分自身が「私は美人」と思ってしまったら、誰もが認める美女にはなれない。

女性は日々磨くからこそ、美しさを保つことができます。

もともと美形だからシミができないこともない、シワが増えないこともない、歳は平等にとるのです。

必要以上に食べてしまえば、年齢と共にボディラインは崩れてしまいます。

ファッションに興味をもたなければ、センスのない女になってしまいます。

女性が美しさをキープする為には、日々の努力が大事です。

体型維持の為に食生活や運動を取り入れています。

日焼けをしないように心がけて、美しい肌を保っているのです。

美しい顔、美しいボディをキープできれば、引き立つファッションをしたくなるものです。

努力をするから美女は誕生します。

内面の美しい女性は、大抵外見も美しい

内面の美しい女性は、大抵外見も美しいものです。

人間の第一印象は大抵が外見で判断されることがほとんどです。

可愛い子やキレイな子に対しては、周囲は優しく接してくれます。

美しい女性は様々な場面で得をすることが多く、屈辱的なことを経験することもあまりありません。

例えば、新しいバイト先でも友人もすぐにできたり、上司に可愛がられたり、御客さんに人気があったりと順調に働いていけることが多いのです。

もちろん美人だからこそ、妬む人はいるかもしれませんが圧倒的に男性に好かれる割合が多いので、男性が守ってくれます。

ひねくれる要素がない状況で育ってきた人間は、心に余裕がうまれるものです。

相手を憎む気持ちや嫉妬心もないので、誰に対しても構えることがないのです。

内面の美しい女性は育った環境が良いからこそ、ストレートな気持ちで生きて行くことができます。

多くの男に言い寄られると、見た目だけの男性は中身が良くないことに気付きやすい

美女は、よっぽどツンケンしている女性じゃないかぎり男性にもてます。

合コンでも職場の飲み会でも美女と付き合いたいと思っている男性は多いはずです。

男性から声をかけてもらえる割合が多いと、本格的に付き合わなくても男性と遊びに行く機会は多いはず。

男性と出かける機会が多いことで様々な男性の行動を見ることができるのです。

特にデート中の男性は美女に好かれようと一生懸命な行動になります。

おしゃれな店をセレクトすることもあるでしょう。

しかし、肝心なことはグレードの高い店を選ぶことではなく、スタッフに対する態度を見ているのです。

注文時は相手の本性が見える部分です。

いくら美女に優しく接しても、それはネコを被っていることにすぎない。

何気ない言動や態度は、男性馴れをしている美女だからこそ気づくことができるのです。

一緒にいて面白い人や楽しませてくれる人に惹かれる

美女が求めていることはオシャレなレストランでもなく、ブランドのプレゼントでもないのです。

美女が本当に求めているのは、一緒にいて面白い人や楽しませてくれる人です。

カッコつけるデートは、いつかはボロが出るもの。

オシャレなデートをセレクトする男性は、腐るほどいるのです。

雑誌やネットを見れば、おすすめデートスポットなんて山ほど出てきますし、それをマネすれば、誰だって素敵なデートができるのです。

ですが一緒にいて面白いことを言い、楽しませることは誰でも出来ることではありません。

結局、心が休まる人は一緒にいて疲れない人です。

面白いことを言い、その場を楽しませてくれるような人と一緒に過ごせれば幸せなこと。

相手が笑うから、自分も笑うことができる。

美女イコール高級でプレゼントをしないと喜ばない、それは世間が作ったイメージです。

美女だって本音で笑って楽しみたいのです。

すでに自分の遺伝子が美しいので、特に外見の良い遺伝子を求めていない

美女は、すでに自分の遺伝子が美しいので、特に外見の良い遺伝子を求めません。

彼氏がカッコイイとか、そんなことに興味がないのです。

美女は自分自身を磨くことや美に対して興味はありますが、それを相手に求めません。

自分が美しいのだから、彼氏もカッコ良くなきゃダメなんて思うのは、遺伝子が美しい美女ではなく、一時的に作り上げた美女です。

本物の美女は小さいことに気にしません。

外見よりも大事なものを本物の美女は知っています。

一緒にいて楽しいか、安心できるか、それが大事なのです。

恋人をアクセサリー感覚で考えていない

恋人をアクセサリー感覚と思っている男女は案外多いです。

それは友達や親友に自慢したいという願望があるからです。

街を歩いていて、他の女性からも「うらやましい」と思われたい願望があるのです。

例えば、友人に「お前の彼女の仕事は何?」と聞かれたときに「国際線のCAしている」や「モデルしている」と少しドヤ顔で言ってみたい。

女性であれば「私の彼、年収数億の社長なの」と言ってみたいのです。

周りから「すごい」と思われたいのです。

相手がモデルであっても、社長であっても、それは相手が努力して築いてきたもの。

付き合っている彼氏や彼女には関係がありません。

ですが尊敬するような相手と付き合っている自分はデキた人間と自己満足しているのです。

付き合う相手のことをアクセサリー感覚に思っている証拠です。

その相手の会社が潰れ、バイト生活になったとすれば彼氏とはさよならするでしょう。

その彼女がCAをやめて、外見が太ったりすれば別れるでしょう。

外見ばかり気にして、中身を全くみてないから簡単に別れを選ぶことができるのです。

仕事やスタイル、年収で付き合うことしかできない人間は、相手をアクセサリー感覚に思っている人です。

美男×美女

世の中には、溜息が出てしまうほどの美男美女のカップルがいます。

美男美女のカップルを見ると類は友を呼ぶではないけれど、やっぱり見た目が良い男は、見た目が良い女を選ぶものですね。

美男美女のカップルは世間一般的に、あまり好かれない。

それは嫉妬心的なものがあるのです。

芸能人のカップルでも多いですが、カッコイイ俳優は女優さんと付き合うことが圧倒的に多いです。

向井理さん、福山雅治さんあたりも奥さんが女優さんです。

美しい女性が美しい男性を選ぶというよりは、美しい男性は美しい女性じゃなきゃイヤなのでしょう。

一般人としては、「やっぱり美男美女」と認めつつも、「なんだ、やっぱり顔か」と妬む心があるもの。

あまり「おめでとう」と心から、お祝いしたくない悔しい気持ちになるのです。

人は自分に似た顔の人を好きになる傾向がある

美男に多いことですが、美男は美女を選ぶことが圧倒的に多いです。

人は自分に似た顔の人を好きになる傾向があります。

「自分には、この美女じゃないと釣り合わない」と思っています。

美女も「私と醜男じゃ、友達に笑われてしまうわ」と思っています。

双方が自分の外見に自信があり、自分達は美男や美女と思っているからこそ、恋人の条件を同じレベルにしようと考えてしまうのです。

その考えは、美女よりも美男の方が多いかもしれません。

わざわざ外見が良く生まれてきたのに、あえてブサイクを選ぶ必要性もない。

類は友を呼ぶという言葉がありますが、美女には美女が集まり、美男には美男の友達で集まっています。

ですから、美男が合コンを開催すれば、自然とある程度の美女達が集まってくるのです。

月とスッポンのような合コンにはならないのです。

お互いナルシスト

美男美女は基本的に自分が美男美女と自覚しています。

少なくても自分自身の容姿を見て「自分はブサイク」とは思っていないはず。

美男だからこそ、得をすることがありますし、美女だからこそ男性に不自由しません。

外見で悔しい思いをしたことがない美男美女。

外見のことで悩むこともないから、自分の好きなファッションをすることができる。

好きな服を試着したときに、その服が似合ってしまう。

おしゃれをすれば、自分の望み通りの結果になるので自然とナルシストになるのです。

世間一般からも「美男美女ね」という言葉を聞くことも多い、「あ、自分達は美男美女
なんだ」と更に自覚します。

「やっぱり彼はカッコイイ」「やっぱり彼女は美しい」と互いにナルシストになっていくのです。

女性が男の内面のスカスカさに気付いた時に冷めて破局しやすい

美男美女のカップルにありがちなことが、女性が男の内面のスカスカさに気付いた時に冷めてしまうことです。

女性馴れしている美男の第一印象はスマートでカッコ良いものです。

美男が一番素敵に見える瞬間は第一印象から付き合って3ヶ月までかもしれません。

おしゃれなレストランを予約して、彼女を喜ばせたりするデートプランを熟知している美男と、付き合い当初はラブラブな関係な為、相手の本質に気づくことができない美女。

付き合いが長くなるほど、美男は化けの皮が剥がれやすくなります。

常に外見ばかり気にしているところや、年収や外見、家柄で相手を比べることも多くなる。

基本ナルシストな性格が多い美男は、いかに自分自身が優れているのか自画自賛するのです。

おしゃれなレストランやデートプランに感動する魔法は最初だけです。

魔法は、いつか解けるものです。

女性が男の内面のスカスカさに気付いた時に冷めて破局してしまいます。

恋人をアクセサリーとしか見ていない悲しい関係?!

どちらとも見せかけだけの作られた美男美女の場合は、恋人をアクセサリーとしか見ていないことがあります。

だからこそ、相手を外見で選んでしまうのです。

とにかく友達や職場の仲間に自慢したいと思う気持ちが強いから、性格が合わないとしても見た目だけで付き合ってしまいます。

内面を見ていない同士は、ちょっとしたケンカや擦れ違いでも乗り越えることができない。

「もう、無理」という気持ちが強く別れを簡単に選んでしまいます。

別れても、すぐに彼氏や彼女ができるから寂しいと思わないのです。

アクセサリーもブームがありますよね、飽きたら新しいアクセサリーを購入するもの。

見せかけで作られた美男美女も同じです。

アクセサリー感覚で付き合っているから、関係性が壊れたら終りです。

アクセサリー感覚で付き合い、簡単に別れて簡単に付き合うので、同じタイプとしか出会えない悲しい結果になります。

美男×醜女

「なんでカッコイイ男性なのに、彼女がブスなの?」と思うカップルもいますよね。

芸能界では少ない組み合わせですが、一般的には案外多い組み合わせです。

実は美男と醜女のカップルは案外、幸せな二人と言ってもいいほど真実の愛があります。

外見が良い男性ですが、付き合う相手を外見では選ばない内面に惹かれて付き合うことで男性は醜女から最高の愛を受け取ることができるのです。

外見は醜女でも内面は美男を惹きつけることができるほど、優れた魅力を持っています。

美男自信も外見で相手を判断しない、ピュアな気持ちを持っていることで、どちらもストレスなく付き合うことができる組み合わせです。

美男と醜女のカップルは結婚まで結びつくケースも多いです。

男性は一緒にいて楽しかったり、落ち着けるところに惹かれる

外見重視で選ぶ安っぽい男性が多い中で、美男でありながらも内面で相手を判断して好きになる男性もいます。

醜女でも一緒にいて楽しいと思えることや落ち着けることで惹かれるのです。

男性は母性本能が強い女性に惹かれる傾向があります。

どことなく母親に似ている女性を選んだり、安らぎを求めることが多いです。

男性は社会に出ると日々ストレスと戦い続けているもの。

学生時代に外見の良い女性と付き合っていたけれど、結局は最終的に求めることは癒しです。

外見が良くても「料理が作れない」「高級な物をねだる」「わがままを言う」面倒な女性と付き合うことは限界がくるのです。

そんなときに外見はイマイチでも一緒に飲んでいて楽しい女性や、落ち着ける女性に惹かれて行きます。

若いときに遊んだ男性ほど、最終的に選ぶ女性は内面だと気づきます。

外見は3日もすれば飽きるもの、長く付き合うなら外見ではなく内面です。

もしかしたら女性の身体にしか興味がないのかも

顔が正直ブサイクだけれど、身体の相性が良いことで離れることができない男性もいます。

これは男性の悲しい性というものでしょう。

醜女は男性にもてない為、運よく美男と付き合えれば美男に尽くします。

相手が喜んでくれる為に相手の望むことを何でもしてくれる都合の良い女になるのです。

その為、本気で愛してくれていないと分かっていても美男と別れる勇気がない。

美男が都合良いときに泊まりにきたり、肉体関係だけの繋がりだとしても切ることができないのです。

この関係性は売れっ子ホストと冴えないOLに多い。

職場でも男性から好かれることもない、彼氏もできない、外見も残念な感じの女性がホストに行くことでチヤホヤされる。

美男も美女を相手にするよりも醜女の方が惚れすぎないで丁度良いのです。

適当に遊んで別れることができるからです。

美男と醜女のカップルでも、愛がない関係性もあります。

遊びや一夜限りでも珍しいこと

美男と醜女が遊びや一夜限りの男女の関係になることは珍しいことです。

もともと醜女を遊びで付き合う女と思っていないからです。

遊びで付き合う女であれば、尻が軽く派手な女の方が良いはずです。

もし醜女と一夜限りの遊びで付き合ったらとしたら、醜女は遊びでは済ませません。

本気になる確率の方が高く、遊びで付き合う相手とすればリスクがあります。

醜女は男性にもてる経験が少ない、イコール男性経験も少ない方が多いです。

その為、男女の関係になったら付き合っている関係と認識します。

たった一夜限りでも男女の関係になったら「好きだから関係もった」と醜女は思うのです。

醜女にとって男女の関係を結んだ以上、「冗談でした」は通用しません。

男女の友情が成立する可能性はある

よくありがちな関係性が美男と醜女の男女の友情です。

醜女と言えど、話していると楽しく心地良い、思わず恋愛の悩みを打ち明ける美男も多いです。

醜女はモテないわりには、男女のアドバイスについて案外的確なことを言います。

付き合えば最高の女性だろう・・・と思えるのが醜女の魅力です。

美男に恋愛相談をされて内心ハートブレイクな醜女ですが、やっぱり美男と友達関係でも繋がっていることは嬉しいものです。

実は醜女は美男が好きでも、あえて男女の友情が成立して見せることもあります。

美男にしてみれば男女の友情、醜女にとっては片思い。

結局、男女の友情を演じて、そのまま美男は他の女性と付き合い、男女の友情が本当に成立してしまう可能性が多いです。

醜男×醜女

醜男と醜女のカップルが一般的には多く見ます。

必ずと言っていいほど、醜男と醜女のカップルは人前でイチャイチャします。

これは醜男と醜女だからこその行動です。

醜男と醜女は共にモテない人生を歩んできました。

だから付き合うとなると、相手しか見えないのです。

もてなかった月日を取り返すように無駄にイチャイチャして周囲にアピールします。

自分達をイケてる二人と勘違いしているからです。

醜男は醜女を「可愛いよ、大好きだよ」と毎日のように褒めまくり、醜女は醜男を「すごくカッコイイ、幸せ」と褒めまくります。

お互いキズの舐め合いをすることで、心地良い関係を作るのです。

しかし、醜男と醜女ほど周囲に嫌われているカップルもいない。

努力をせず中身を磨いてない男性はここで妥協するしかない

醜男と醜女は、本来望んで醜男は醜女を選んでいるわけではない。

もちろん醜女も醜男を選んでいません。

本来であれば、誰よりも醜男は美女と付き合いたいし、醜女は美男と付き合いたいと望んでいるのです。

ですが、そう簡単に美女や美男と付き合うことは出来ない。

彼女がいないことは学校や職場でも浮いた存在になることも多いです。

クリスマスなどイベントデーになるほど悔しい思いをします。

もう、相手が醜女でも彼女がいないよりはマシと思うようになります。

今更、中身を磨いても意味がない、妥協して女性と付き合うことを選びます。

醜女は差ほどハードルが高くなく落とすことができるからです。

醜女も彼氏がいないことで早く彼氏を作りたいと思っていれば妥協します。

醜女は「可愛いね」という甘い言葉に弱いのです。

努力をせず中身を磨いてない男性の終着点が妥協です。

お互い自分の外見をわきまえている

醜男と醜女は、高望みをしていません。

高望みをしたところでアイドルのような女性や男性と付き合うことができないからです。

お互い自分の外見をわきまえているから、相手にも外見を求めることはしません。

「自分には、この女性が丁度いい」と思うようになります。

結局、美男や美女と付き合っても周囲から「釣り合わない」と言われることや、相手が浮気するのでは?と終始気にしないといけない。

だったら、お互い自分の外見に合うタイプと付き合った方が楽と思うのです。

夢を最初から見ない、現実派カップルです。

冷めたような感じでも、付き合えば平凡ながら幸せと感じます。

二人とも視力が悪いパターン

お互いが醜男と醜女とは思っていないこともあります。

それは二人とも視力が悪く相手の顔の欠点がよくわからないからです。

鼻が上を向いていることや、小さな目、切れ長すぎる一重も気にならない。

太っていても、なんとなくポッチャリ程度に見えていることも。

相手の欠点が気にならなければ、お互い醜男と醜女とは思わないのです。

いい具合にボンヤリとして悪いところが見えないことは幸せなことです。

コンタクトやメガネで矯正すれば、そこそこ見えるけれど恋人のことをマジマジと眺めることなんてありません。

視力の悪い二人は外見で一目惚れをしたわけでもありません。

もともとが内面で好きになったもの同士ですから、外見は後付けのこと。

ネット世界で生きる二人のパターン

醜男と醜女に多いパターンがネットの世界で生きていることです。

ネットの世界では、そこそこ人気者の人っていますよね。

現実では発言が思うようにできない、相手にされなくてもネットの中では遠慮なく発言することができるし、大胆でなりたい自分になれる。

ネットアイドルと言われる女性も、現実ではアイドルとは言えない外見。

YouTubeでは人気者でも、現実では特技を披露できる場所はない。

ヤフコメ住民と言われて活躍する人の多くは、現実ではニートと言われるようなタイプ。

現実で活躍できない人ほどネットの世界では活躍できるのです。

ネットのオンラインゲームやブログ繋がりで意気投合すると恋に発展。

はじめて出会ってみたものの、醜男と醜女だとしてもネットという強いつながりがあるので関係ないのです。

一番幸せなのは美女と野獣の組み合わせ!

醜女と醜男、美男と醜女、美女と美男とカップルには様々なタイプがあります。

カップルの中でも一番幸せと言えるのは、美女と野獣の組み合わせかもしれません。

片方が美男や美女だと釣り合いがとれていないように見えて、実は心の繋がりが強いことが多いのです。

ですが、美男と醜女だと商売関係上で付き合うことや、ヒモなど「お金」が絡むことが多いのも事実です。

逆に美女と野獣は「お金」関係で付き合うことは少ないです。

美女と呼ばれる人が何故、野獣と言われる相手を好きになるのか?それは野獣の大きな器に惹かれることが多いからです。

美女と野獣は芸能界にも多いパターンですし、一般的にも多いです。

わかってる美女は野獣を選ぶ

見せかけだけの美女は美男を選びますが、わかってる美女は野獣を選びます。

色々な男性と付き合ってきた美女は、結果的に外見じゃないということを知っています。

包容力がある男性こそ付き合っていて幸せと実感します。

包容力のある男性は野獣に多いタイプです。

見た目はイマイチでも、美女を大事にしてくれます。

いざという時に女性を守る男らしさを持っているのです。

愛するよりも愛されることの幸せを知っているのも美女です。

数多い男性からチヤホヤされているからこそ、男性を見る目が養われる。

それが本当の美女です。

選ぶことができる立場=幸せを掴みやすい

相手に主導権を握られていると幸せになることは出来ません。

10代の頃は、愛されるよりも愛する恋愛を求めているものですが、恋愛経験を重ねる度に愛される方が幸せだということに気づきます。

相手を愛すると相手の行動を全て把握していないと心配になります。

浮気しているのでは?私のこと嫌いになったのでは?と不安が二人の関係を壊してしまうのです。

相手に愛されることで無駄な心配をすることがありません。

愛されることは心地良いことです。

いつまでも愛されることで恋愛ストレスを感じることがないからです。

結果、結婚しても大切にしてもらえるのです。

男性は中身を磨くことと、美女の中身を見極める能力が必要

美女は男性の中身を見ていることが多いのです。

もし美女と付き合いたいと思っている男性がいるなら中身を磨くことが大事です。

美女だったら誰でも良いと思っていると、なんちゃって美女と出会い痛い目を見ます。

美女の中身を見極める能力を育てましょう。

本物の美女は自分から何かを求めることはしません。

ですから、美女とデートするからと言ってカッコつけることは必要ないのです。

ありのままの素を見せて、「無理」と思う関係なら、長く付き合うことはできません。

美女と付き合いたいと思うなら、ありのままの素を見せましょう。

そこで美女の中身を見極めてください。

芸能人の美女と野獣カップルといえば?

芸能界には美女と野獣のカップルが案外多いです。

とくに多いのは、女優と芸人の組み合わせかもしれませんね。

芸人の最大の魅力は頭の回転です。

そして、ここぞと言う時の笑いに変えるユーモア性です。

一緒にいて、辛いということよりも楽しいと思える時間の方が多いはず。

芸人さんの魅力に惹かれる美女は女優さんに多い。

女優さんはキレイな人が多いですし、当然ですがモテます。

その女優さんが芸人さんである野獣に決めるのは、相手の中身に惚れたからです。

芸能界で見る美女と野獣のコンビは、おしどり夫婦と言えるほど仲良しです。

美女と野獣のカップルには真実の愛があるからです。

フジモン×ユッキーナ

美女と野獣と言えば、フジモンとユッキーナでしょう。

フジモンは野獣という言葉がピッタリな外見ですが、何よりも心が優しそうです。

そして包容力がハンパなくあることが分かります。

天真爛漫なユッキーナとケンカしても、ちゃんと自分から折れるフジモン。

フジモンが折れてくれることをユッキーナも実は自覚しているのです。

派手なケンカが多く、たまにフジモンが可哀想になるときもありますが、でもそれは演技であり、フジモンとユッキーナの関係は世間で心配するほど悪くないはず。

プライベートではユッキーナがフジモンをきっとサポートしているのです。

ユッキーナはフジモンと結婚してから、印象が非常に良くなりましたよね。

母であり、トゲトゲしい雰囲気がなくなりました。

それはフジモンとの関係性が良いからこそだと思います。

爆笑問題田中×山口もえ

爆笑問題田中さんと山口もえさんも美女と野獣のカップルです。

野獣というイメージには、少し小さすぎる感じもしますが、ふんわりとしたキュートな山口もえさんは紛れも無く美女です。

爆笑問題の田中さんはテレビでも見て分るように、とても優しく包容力があります。

山口もえさんも爆笑問題の田中さんも共にバツ1同士です。

そして山口もえさんは前の旦那様のときに授かった子供さんが2人います。

なかなか結婚に踏み切れなかった山口もえさんでしたが、田中さんの優しさと包容力に惹かれ、山口もえさんだけじゃなく、お子さんまで田中さんを大好きになりました。

結婚してからも、二人のラブラブ度は増すばかりでオノロケも多いですよね。

見ている誰もが幸せな気持ちになる夫婦関係です。

多くの女性は爆笑問題の田中さんのことを理想的な旦那さんと思ったのでは?

共に最初の結婚には失敗したけれど、最終的に最高な幸せを手に入れることができた美女と野獣です。