CoCoSiA(ココシア)

余裕があるように見える人の16個の特徴


みなさんの周りにも、忙しい生活をして多くの案件や責任を抱えているのに、それらを確実にこなし、自分の心の安定を崩さずに、さらに周りにも気配りができるような、”余裕のある”人がいませんか?

そういう人は周りからの信頼も厚く、尊敬されている人物ではないでしょうか?

なぜなら同じような状況になれば、多くの人は気持ちが焦ったり、それゆえにイライラしたり、「忙しい」が口癖のようになってしまうからです。

自分のことで精一杯になってしまうので、人に親切にできなくなってしまうでしょう。

本当は余裕を持った生活をしたいし、気持ちに余裕があればいい仕事もできるし、周りにも優しくできることはわかっているはずです。

でも、どうしてもいっぱいいっぱいになってしまう、ということもあるでしょう。

では、そんな状況で心に余裕を持てる人と、余裕がなくなってしまう人がいるのはなぜでしょうか?

きっと、みなさんもできるなら前者のように、いつでも心に余裕を持てる人になりたいと思いますよね。

そこで今回は「この人、余裕があるな」と思える人の特徴を16個をご紹介します。

さらにどうしたら心の余裕を持つことができるのかそのヒントを見つけたいと思います♪

余裕があるように見える人の16個の特徴


では、心に余裕を持っている人は具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

心に余裕を持っている人がしていること、またはしないことをご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

1.「しなくてもいいこと」と「するべきこと」を見極めている

毎日の中には、やりたいことややらなくてはならないことがたくさんありますよね。

そのため、いつも時間に追われているような気がして、余裕がなくなりイライラしてしまうのです。

しかし、心に余裕がある人というのは、自分の「しなくてもいいこと」と「するべきこと」を見極めることができています。

それが整理できていれば、「あれもこれもやらなくては」と頭が混乱してしまうことも避けられます。

仕事でもそうですが、やれたら一番いいけど、しなくても大丈夫なことってありますよね?

それらを全部自分の中でやらなくてはいけないことと分類して、やらなくても大丈夫なことまで全部していると、時間はいくらあっても足りません。

そして、いつまでたっても終わらないし、片付かないから焦るし、イライラするのです。

なので、目の前にあることの中で、しなくてもいい事を見極める力も大事なのです。

余裕のある人は、今は何をしなくてはいけないのか、何はしなくてもいいのか、ということをちゃんと理解しているのです。

自分の前にあるたくさんの”やりたいこと”や、”やるといいこと”の中から、本当に”やるべきこと”、”最低限やらなくてはいけないこと”を見極めているのです。

2.万が一を備えている


物事には何らかのアクシデントやトラブルなどが起きることがあります。

全て予想通りに順調にいけばいいのですが、そうもいかないものです。

そのことをちゃんと予想して、万が一に備えていることも大切です。

時間の点でも、万が一が起きた時のためにそれに対処できるための時間の余裕をつくっておくということができます。

さらに、気持ち的な備えをするために「もしかしたら○○が起きるかもしれない」とリスクを予想をしておくことも必要でしょう。

そうすれば、そのリスクを最小限に抑える努力をするとともに、それが起きた場合にどうするかということもあらかじめ考えておくことができます。

冷静に対処できますし、その時になってバタバタと焦ったり、パニックにならずに済むでしょう。

3.一貫した考え、計画性がある

忙しいと行き当たりばったりになったり、その時にパッと考えて行動してしまうということも多くなるかもしれません。

でも、そうなると物事の対応がその場しのぎになってしまうことがあり、結果効率の悪い行動が増えていきます。

そのため、計画性と一貫した考えというものを持つ必要があるでしょう。

実際、心に余裕を持っている人は、自分のやるべきことについて一貫した考えに基づいて、計画を立てています。

そのため、効率よく無駄なく取り組むことができるのです。

4.優先順位がつけられるか

余裕を持っているように見える人たちは、物事の優先順位を知っています。

つまり、今は何を優先すべきときなのか、今は何を第一にして考えるべきなのか、ということがしっかりと理解できているのです。

これは、忙しくなればなるほど重要なスキルの一つと言えます。

たくさんの物事こなさなくてはいけない時に、物事の重要性やタイミングとして優先すべきこと、後回しにできることがあることを、ちゃんと見極められていないと判断を誤ってしまいます。

判断を誤ると、あとでまたそのミスに対応していかなくてはいけないし、二度手間になってしまい仕事が増えるのです。

かなり効率が悪いですよね。

そして、優先順位がつけられないと、「あれもこれもしなきゃ!」とすべての物事にいっきに取り組もうとするので、全てにおいて中途半端になってしまうこともあります。

5.やるべきことに集中できるか

今やるべきことに集中できているか?という点も違いになります。

とにかく気持ちが焦っている人や、精神的にいっぱいいっぱいで余裕がない人は、やらなくてはいけないことがハッキリと整理できていないのかもしれません。