CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

結婚しない男の14個の理由とは?できないんじゃなくて、しないんです?


何となく過ごしているうちに、30歳になり、あれっと思ったら40歳の大台に乗っていた、なんて男性も多いはずです。

50歳で23%という未婚率に押し上げた日本男性たちには、面倒を避けていたら、独身のままだった、という思いが強いのではないでしょうか。

でも自分は「結婚できないんじゃなくて、しないだけなんです!」という人も、案外多いのかもしれませんね。

今回はそんな結婚しない男の理由や、結婚したくない男の特徴、結婚したくない男を好きにならない方がいい理由についてご紹介していきます。

結婚しない、ではなく結婚できない男!

この23%の中には、強い意志で独身を貫いた人もいるでしょう。

その人たちの比率とは、実際には何パーセントくらいなのでしょうか。

誰も本当のことを申告などしないでしょうから、想像するしかありません。

それは10%前後ではないかと思います。

その理由は、昭和の昔には、ほぼ90%の人が結婚する、と言われていたからです。

結婚して男女が役割分担を担わなければ、生きていくのが難しかった時代でも、結婚しなかった連中の割合といってよいでしょう。

これがコアな結婚を拒否する層であって、このパーセンテージは、時代に左右されないような気がします。

それ以上のパーセンテージ部分には、時代と社会の影響が大きく作用しています。

したくても結婚できなかった男性たちは、こちらの部分に入ります。

結婚しない男の理由14選


結婚しない男性は、数えきれないほどの理由を挙げ、他人を納得させるというより、むしろ自分を納得させているのかもしれませんね。

今回は、そんな男性たちが挙げる理由を14個ご紹介していきます。

1.キャリア優先

結婚しない男性は、恋愛や結婚よりも仕事の方が大切だと考えている人が多いかもしれません。

仕事のキャリアを優先したいから、彼女を作っている暇などないという人もいるでしょう。

また、転勤を機に疎遠になり、結婚まで至らなかったという人もいるのかもしれませんね。

ですが、転勤を機に結婚に踏み切った人は、たくさんいます。

それに、結婚や恋愛をしていても、仕事でキャリアアップしている男性は大勢いますよね。

もしかしたら結婚できない理由を、仕事のせいにしているだけなのかもしれません。

2.多くの女性と遊びたい


結婚しない男性には、仕事一途とは対極のタイプもいます。

いわゆるプレイボーイの割合も、時代にかかわりなく一定のような気がします。

このようなタイプの男性は、独身なら好きなだけ女性と遊ぶことができると考えていて、結婚にメリットを感じないのかもしれませんね。

若いころはそう感じていても、年齢とともに落ち着いてくる人も多いのです。

ですが、いつまでたってもこのような考え方をしている男性は、結婚しないというより、できないのかもしれません。

3.自分一人の時間が大切

結婚しない男性には、自分の時間を大切にするタイプが多いです。

自分の世界を持ち、集中を乱されることを嫌います。

もし彼女ができたとしても、休日は趣味の時間に使いたいと言ったり、連休があったとしても一緒に旅行へ行くことは嫌がります。

そのため、彼女との時間が極端に少なく、連絡もマメではないので結婚まで至らないケースがほとんどなのでしょう。

彼女も同じようなタイプなら良いのかもしれませんが、なかなかそういう女性に出会えず、今も結婚しないでいるのです。

4.結婚はお金がかかる

ダブルインカムかどうかにもよりますが、結婚すれば、基本的にこれまでのように自由な金の使い方はできなくなります。

2人になれば、公共交通機関なら交通費は2倍かかります。

独身生活が長いと、こんな当たり前のことでハッとしたりします。

こんなことで行動をセーブしなければならないのかという思いが湧き上がってくるのです。

男性が、結婚生活において一番感じる不自由さなのかもしれません。

5.そこまで責任を負いたくない

結婚すれば、女性は豹変すると言います。

突然一家の実質的な家長となり、主導権を掌握します。

そのくせ社会的、世間的な責任は、男に押し付けてきます。

この姿勢は次第にエスカレートしていきます。

子どもが生まれれば、それはマックスに達します。

貴方は父親の責任を果たしていない、という見方に凝り固まってしまうのことが多いのです。

ページトップ