何となく過ごしているうちに、30歳になり、あれっと思ったら40歳の大台に乗っていた、なんて男性も多いはずです。

50歳で23%という未婚率に押し上げた日本男性たちには、面倒を避けていたら、独身のままだった、という思いが強いのではないでしょうか。

でも自分は「結婚できないんじゃなくて、しないだけなんです!」という人も、案外多いのかもしれませんね。

今回はそんな結婚しない男の理由や、結婚したくない男の特徴、結婚したくない男を好きにならない方がいい理由についてご紹介していきます。

結婚しない、ではなく結婚できない男!

この23%の中には、強い意志で独身を貫いた人もいるでしょう。

その人たちの比率とは、実際には何パーセントくらいなのでしょうか。

誰も本当のことを申告などしないでしょうから、想像するしかありません。

それは10%前後ではないかと思います。

その理由は、昭和の昔には、ほぼ90%の人が結婚する、と言われていたからです。

結婚して男女が役割分担を担わなければ、生きていくのが難しかった時代でも、結婚しなかった連中の割合といってよいでしょう。

これがコアな結婚を拒否する層であって、このパーセンテージは、時代に左右されないような気がします。

それ以上のパーセンテージ部分には、時代と社会の影響が大きく作用しています。

したくても結婚できなかった男性たちは、こちらの部分に入ります。

結婚しない男の理由14選


結婚しない男性は、数えきれないほどの理由を挙げ、他人を納得させるというより、むしろ自分を納得させているのかもしれませんね。

今回は、そんな男性たちが挙げる理由を14個ご紹介していきます。

1.キャリア優先

結婚しない男性は、恋愛や結婚よりも仕事の方が大切だと考えている人が多いかもしれません。

仕事のキャリアを優先したいから、彼女を作っている暇などないという人もいるでしょう。

また、転勤を機に疎遠になり、結婚まで至らなかったという人もいるのかもしれませんね。

ですが、転勤を機に結婚に踏み切った人は、たくさんいます。

それに、結婚や恋愛をしていても、仕事でキャリアアップしている男性は大勢いますよね。

もしかしたら結婚できない理由を、仕事のせいにしているだけなのかもしれません。

2.多くの女性と遊びたい


結婚しない男性には、仕事一途とは対極のタイプもいます。

いわゆるプレイボーイの割合も、時代にかかわりなく一定のような気がします。

このようなタイプの男性は、独身なら好きなだけ女性と遊ぶことができると考えていて、結婚にメリットを感じないのかもしれませんね。

若いころはそう感じていても、年齢とともに落ち着いてくる人も多いのです。

ですが、いつまでたってもこのような考え方をしている男性は、結婚しないというより、できないのかもしれません。

3.自分一人の時間が大切

結婚しない男性には、自分の時間を大切にするタイプが多いです。

自分の世界を持ち、集中を乱されることを嫌います。

もし彼女ができたとしても、休日は趣味の時間に使いたいと言ったり、連休があったとしても一緒に旅行へ行くことは嫌がります。

そのため、彼女との時間が極端に少なく、連絡もマメではないので結婚まで至らないケースがほとんどなのでしょう。

彼女も同じようなタイプなら良いのかもしれませんが、なかなかそういう女性に出会えず、今も結婚しないでいるのです。

4.結婚はお金がかかる

ダブルインカムかどうかにもよりますが、結婚すれば、基本的にこれまでのように自由な金の使い方はできなくなります。

2人になれば、公共交通機関なら交通費は2倍かかります。

独身生活が長いと、こんな当たり前のことでハッとしたりします。

こんなことで行動をセーブしなければならないのかという思いが湧き上がってくるのです。

男性が、結婚生活において一番感じる不自由さなのかもしれません。

5.そこまで責任を負いたくない

結婚すれば、女性は豹変すると言います。

突然一家の実質的な家長となり、主導権を掌握します。

そのくせ社会的、世間的な責任は、男に押し付けてきます。

この姿勢は次第にエスカレートしていきます。

子どもが生まれれば、それはマックスに達します。

貴方は父親の責任を果たしていない、という見方に凝り固まってしまうのことが多いのです。

典型的な夫婦喧嘩ネタです。

これがいやで逃げ出すというか、仕事に逃避します。

友人のそういう姿を見て、結婚しようというテンションが大きく下がっている男性も少なくないのかもしれませんね。

6.他人と暮らすのがストレス

結婚すれば他人と暮らすことになります。

他人と一緒に暮らすということは、お互いの価値観や文化をすり合わせていかなければなりません。

ほんの小さなことでも、イライラしたり、喧嘩になることもあるでしょう。

その分楽しいこともたくさんあるのですが、それよりもストレスが勝ってしまえば辛いだけになってしまいます。

うまくいかなければ、お互いの存在そのものがストレスとなってしまうかもしれません。

そう考えると、結婚に踏み切ることができない男性が多いのかもしれませんね。

7.何かと面倒

結婚すれば、今後の人生を2人で歩んでいくことになります。

まずはお互いの両親に挨拶をしたり、新居を探して引っ越したり、色々な書類の手続きも必要になります。

こういったことを面倒だと感じる男性もいて、結婚すること自体を面倒だと思ってしまうのです。

こういう人の場合、女性が上手くサポートして「この子となら大丈夫かもしれない」と思わせることができれば、結婚に踏み切れるのかもしれませんね。

8.恋愛と結婚は別物

彼女がいるにも関わらず、いつまでも結婚しない男性は多いですよね。

そんな男性とお付き合いしている女性は、なぜプロポーズしてくれないのだろうと悩んでいるでしょう。

そういう男性は、恋愛するのは良いけれど、結婚は別の物だと考えているのかもしれません。

結婚するとなれば生涯を共に生きていくことになるのです。

家族となり、同じ家で暮らし、子供を授かることもあるでしょう。

恋愛に比べると、結婚をとてつもなく重大なものと捉えているため、例え彼女のことが好きであろうとなかなか結婚しようとは思えないのです。

9.結婚にメリットが見いだせない

結婚のメリット、デメリットを数値化して差し引きすると、独身生活が長いほどデメリットの点数が高くなってしまうものでしょう。

結婚は冷静に考えすぎては成就しないものです。

こういう人は、恋愛の炎にもう一度点火するしかありません。

理屈抜きで好き、という状況にならないかぎり、もう結婚は無理と断言してもよいかもしれませんね。

10.女性の扱いが大変

結婚したら女性に何かと気を遣って生きていかなければならないと思い、結婚をためらう男性も多いでしょう。

すぐに機嫌を損ねてしまうし、一緒に暮らしていれば、些細なことでイライラして八つ当たりされてしまうかもしれません。

今まで付き合ってきた女性の扱いが大変だった男性は、なかなか結婚したいとは思えないのです。

11.法律に縛られるから

夫婦という関係は、法律上の関係でもあり、主に民法の支配を受けます。

事実婚である内縁関係でもそれに拘束されます。

これにより誰もが不当な扱いから、逃れること、または訴え出ることができることが保証されます。

しかし、それに縛られる場面もあります。

要は自由がなくなってしまうと感じ、結婚しない男性も多いのです。

12.理想とする結婚相手がいないから

今まで理想の結婚相手と出会えないという理由で、結婚をしない男性もいます。

もしかしたら理想が高いだけなのかもしれませんし、本当に今まで良い女性に出会えてないのかもしれません。

どちらにせよこのようなタイプは、理想の女性と出会うことができれば結婚へ踏み切ることができます。

13.子供はいらないから

子どもはいらない、だから結婚したくない、という男性も間違いなく存在します。

とくに自分の育った環境に問題があった人は、そう考えてしまうのかもしれません。

14.実は男が好き

結婚しない男性の中には、女性ではなく男性が好きという人もいるでしょう。

そういう人は、もしかしたら公表していないだけで、彼氏がいるかもしれませんね。

結婚という枠にとらわれることなく、2人で生活することを選ぶ人も多いのです。

結婚したくない男の特徴

では、結婚したくない男性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.夢や目標がある

夢や目標のために、早めに結婚して落ち着いた方がよい、という考え方もあります。

結婚生活に身を置いた方が、かえって悩みから開放される、という面もなきにしもあらずです。

女の現実的なペースに引きずり込まれることで、安心することができます。

スポーツ選手などは明らかに、早婚の方がよさそうです。

しかし一般人の場合は、家族が成長していく、節目、節目で、思い描いている夢や目標に制約がかかってきます。

家族の未来も夢や目標に加われば、問題ありません。

しかし自分の夢と相殺されてしまうようだと、結婚の魅力は半減でしょう。

2.自分に自信がない

自分に自信がない男性は、結婚したいけどできないという人がほとんどかもしれませんね。

自信がない人は、今の給料で家族を持つなんてとんでもないと考えている人もいます。

容姿や性格に自信がない人は、積極的になれず結婚のチャンスを逃してしまっているのでしょう。

【自信がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

3.自由人

自由人な人は、結婚をして自分の時間とお金を使えなくなるのが嫌なのでしょう。

結婚しなくても、自分の好きなことをして生きていれば幸せを感じられるので、人や恋愛に依存することはまずありません。

とにかく自由に暮らすことが一番大切と考えています。

結婚したくない男を好きにならない方がいい理由

結婚したくない男は、その気になって観察すれば、かなりの確率でわかるはずです。

しかし見たいものしか見ようとしない態度では、まったくわからなくなってしまいます。

女性側は、自分の希望する姿を、思い描きがちだからです。

その時点ですでに深みにハマっているのかもしれません。

だらだらした惰性のような関係を感じたのなら、すっぱり終わらせましょう。

厄介

生産性のない男性は、本当に厄介者です。

へたをするとヒモを養うようなことになりかねません。

男に頼られるとイヤと言えない女性も確かに存在しているようです。

それがいろいろと滑稽な物語を生む元になっています。

男性にはハンターの遺伝子が伝えられていて、普通であれば、狩りの判断ができるはずです。

そういう男性の本質部分がどれくらい残っているか、見極めましょう。

価値観が異なる

家庭への価値観は、自らの育った環境に大きく左右されます。

これをすり合わせるには、時間もエネルギーも相当消費するでしょう。

仲の良い両親を見て育った人には、この作業は、ほとんど必要ありません。

ここで、いちいち苦しんだり、戸惑ったりする時間が不要です。

これは大きなアドバンテージなのです。

もし複数の候補から選ぶ余裕のあるときには、普通の家庭環境で育った男を優先しましょう。

間違いない選択と思います。

子供を大事にしてくれない

増加する児童虐待の原因は、力の加減できないということを除けば、やはり望んでいなかった子ども、という深層心理が底流にあるのではないでしょうか。

生い立ちの複雑な男性の、子どもに対するスタンスには、とくに注意を払う必要があります。

結婚したい男性はたくさん!出会いの場所

男女の出会いの場所は、実はどこにでもあります。

何をどのように認識するかで、景色はまったく違ってきます。

ときには視点を変えてみましょう。

現状を見直しをするのです。

婚活アプリ

ネット上で婚活アプリランキングという記事を見つけました。

以下紹介してみます。

8位、タップル誕生(サイバーエージェント) 
7位、ユーブライド(ミクシィグループ) 
6位、婚活WITH(イグニス) 
5位、Omiai(ネットマーケティング) 
4位、ペア―ズ(エウレカ)
3位、ゼクシィ縁結び(リクルートグループ) 
2位、ヤフーパートナー(ヤフー)
1位、マッチ・ドット・コム

マッチ・ドット・コムは世界中で展開している世界最大級の婚活サービスで、25カ国に1500万人の会員をもっているそうです。

日本は180万人ということですから、大きな勢力ですね。

これなら国際結婚も可能です。

またランク入りアプリの中には、Facebookを利用したものも多いようです。

職場

職場には、取引先や業者を含めたくさんの人が交差しています。

そしてたいていの場合、お互いの身元や大まかな背景は分かっています。

性格や評判など、情報も十分あります。

お似合いと認められれば、周囲の後押しも得られます。

伝統的に、カップル成立の確率が高い環境です。

一度視点を改めて、見直してみましょう。

思いがけず、熱い視線と遭遇するかもしれません。

婚活パーティーや婚活BAR

婚活パーティーは、結婚を目的とした男女が集まる場所です。

そのため、結婚願望のある男性と出会うことができます。

他にも婚活BARというものがあります。

シングルズ・バーとも呼ばれ、人気が高まっているそうです。

合コンのように企画したり、人数を集めたりといった苦労はありません。

身元確認をしっかり行っていること、自然な出会い感が得られるなどの点が好評ということです。

ネットを見ていると、地方都市でも盛んなところは、たくさんあります。

取引先

同じ職場に良さそうな人がいないのなら、取引先に目を光らせてみるのも良いかもしれません。

もし良い人がいるのなら、誰かに飲み会をセッティングしてもらったり、紹介してもらったりと積極的に行動しましょう。

その際に、独身かだけはチェックしておきましょうね。

結婚しない男はムシムシ!結婚したい男を好きになろう

結婚する気のない男は、しっかり見極めて、早めにゴミ出しをしてしまいましょう。

いつか結婚する気になってくれるのではないかと期待していても、そのいつかは訪れない可能性があります。

そんな男性と付き合っているのなら、女性は時間の無駄です。

結婚しない男にこだわるのはやめて、結婚願望がある男性を見つけ、明るい未来を2人で想像していきましょう。