あなたの周りで、いくつになっても女の子らしい可愛さを持っている女性はいますか?

大人になれば忘れてしまいがちな可愛らしさを今でも持ち続けている人は、それだけ魅力的で、若々しく見えますよね。

出来ることなら自分もいつまでも女の子らしい可愛さを持っていたいと、そう願う人のために、いくつになっても可愛さを失わない女性の特徴についてご紹介します。

その特徴を身に付けることが出来れば、あなた自身も女の子の可愛さを持ち続けることが出来るかもしれません。

可愛いと大人になってからも言われる女性の12個の特徴

「可愛い」「女の子らしい」という言葉は、子どもの頃や学生の頃には言われることが多いですが、成人して大人の女性になると、言われる機会がどんどん減ってきます。

女の子から女性へと変貌を遂げるため、「可愛い」「女の子らしい」と言われなくなるのも当たり前といえば当たり前ですよね。

けれども、男性がいくつになっても少年の気持ちを忘れないように、女性だっていくつになっても「可愛い」と言われたいものです。

しかし、だからといって年甲斐もなくぶりっ子をしたり、いかにもわざとらしい女の子の仕草をしたりすれば、「年齢を考えろよ・・・」と反対に異性や同性から引かれてしまいます。

そんな「痛い系女子」にはならずに、自然な可愛らしさや女の子らしさを持っている人って、どんな人なのでしょうか?

大人になってからも可愛いと言われたい人は、ぜひ実際に大人の女性で周りから「可愛い」と言われている人を参考にしましょう!

大人になっても「可愛い」と言われる人の特徴を以下に詳しくご紹介していきます。

1、隙はないが抜けている所もある


男性からモテる女性というのは、完璧な人よりもどこか抜けているところがあるものです。

仕事もプライベートも完璧な女性はよく「高嶺の花」に例えられますが、高嶺の花というのはつまり男性がとても手が出せないようなところにいる女性のことを指しています。

完璧な女性は遠巻きに眺める分には素晴らしいですが、実際に男性が付き合いたいと思うかといえば、答えは意外に「NO」が多いです。

何故なら、完璧な女性に対して男性は気後れしてしまったり、自尊心が傷つきやすかったりするためです。

最初の内は素晴らしい女性を手に入れたことで有頂天になっていますが、次第に女性と自分との差を感じてしまい、「自分ではとてもつり合わない・・」と感じてしまうことが多いです。

完璧な女性と同じく完璧な男性であればつり合いがとれるでしょうが、完璧な男性などそこまで多くはありません。

結果として、男性は完璧な女性よりも、どこか抜けていたり、そそっかしいところがあったりする女性の方を好む傾向にあるのです。

男性は女性を「守りたい」と思うため、「隙はないけれど抜けているところがある」女性に対して、「自分が守ってやらなきゃダメだな」と感じます。

そしてその抜けている部分、つまりは自分よりも頼りなくてそそっかしいところを「可愛らしい」と感じるのです。

「隙はないが抜けているところ」というのは、「男性を簡単に受け入れてしまうような軽さはないが、ちょっとしたことでドジをすることがある」ということです。

貞操観念はしっかりしているけれど、時にはどこか抜けている部分もある女性に、男性は惹かれやすいのです。

2、常に笑顔

「笑う門には福来る」ということわざがありますが、いつも笑顔でいる人には自然と幸運が寄ってきやすいです。

何故ならいつも笑顔でいることで、周りの人たちがその笑顔に惹かれて寄ってくることが多いため、結果として幸運に恵まれる機会が増えるのです。

女性の場合は、いつもにこにこ笑顔でいれば、実年齢よりもいくつか若く見えることが多いです。

また、不愛想や仏頂面でいる女性に比べれば、近づきやすさがあるだけでなく、女性らしい可愛らしさを感じさせます。

いつも笑顔でいるように努めると、どんな場面でも自然体の笑顔を作ることができるようになります。

明るく朗らかな笑顔は異性のみならず同性からも好まれやすく、人間関係も上手くいくことが多いです。

仮に自分に対して「いつも笑顔で八方美人だ」と陰口を叩く人がいるとすれば、それは単なる妬みややっかみの感情でしかありません。

人は自分にできないことをやってのけている相手に対してそのようにネガティブな感情を抱きやすいため、陰で何を言われても、変わらずにいつも笑顔で過ごしましょう。

そうすることで、どちらが正しいか自然と周囲には伝わります。

3、新しい文化を取り入れる

常に自分の知らない世界、新しい文化を取り入れることで、女性はいつまでも若々しさと可愛らしさを失わずに済みます。

新しい文化に触れることは、いつだって驚きの連続です。

未知のものに触れる度に、胸がドキドキして、新鮮なリアクションが続き、言動も時には子どもっぽいものになってしまうかもしれません。

しかし、そのちょっとした子どもっぽさやドキドキに翻弄される姿は、女性らしさよりも女の子らしい可愛らしさを感じさせます。

また、常に新しいものを自分の中に取り入れることで、感情のマンネリ化や五感への刺激を失わずに済みますので、表情や言動も生き生きとしたものになりやすいです。

その生き生きとした姿は、男性から見れば可愛らしく映ることが多いです。

4、自慢話をしない

自慢話をする人は、男性でも女性でも周りの人からは疎まれやすいです。

例え本当にすごい武勇伝を持っていても、または優れた知性や容姿を持っていたとしても、それを自分の口から自慢げに言ってしまうとせっかくのすごさが台無しになってしまいます。

また、内容によっては単なるほら吹きと思われてしまうこともあるでしょう。

その人の持つ優れた部分は、あくまでも他の人の口から耳にするからこそ純粋に「すごいなぁ」と感心することができるのです。

誰かに自分の優れたところを知ってもらおうとするのなら、それとなく他の人に気付かせるように立ち回った方が賢いというものです。

しかしそれも、あまりに態度が露骨だと「気付いて欲しいオーラが出ている人」と思われてしまいます。

そしてまた、自慢話をする女性に対して、男性は「可愛い」や「女の子らしい」とはまず思わないでしょう。

自慢話をベラベラと話す女性は、おしゃべりで気位が高く、口だけは達者というイメージが付きやすいです。

そんな女性に可愛らしさを感じる人はあまりいません。

そのため、本当に優れた部分を持っていても、それを隠して振舞う女性こそ男性からは可愛く思われやすいです。

5、落ち着きある話し方


女性らしさは仕草や態度、言葉遣いなどに表れます。

無理にお淑やかさを気取る必要はありませんが、ふとした仕草が丁寧だったり、さりげない心配りができていたりすれば、それだけでも十分に女性らしさをアピールすることはできます。

「女の子らしい可愛らしさ」を、とにかく明るくはしゃぐことや、天真爛漫な仕草をすることだと勘違いしている人もいるかもしれません。

しかし、周囲を気にせずにはしゃいだり、無知な振る舞いをしたりことで可愛らしいと思われるのは、せいぜい学生の間までです。

社会人になれば、それなりの落ち着きや女性らしい振舞いが求められます。

話し方は丁寧過ぎず、けれども落ち着いた柔らかい物腰ができていれば、十分に女性らしい可愛らしさを感じさせることができます。

6、品のある言葉使い

言葉使いにはその人の品格が表れます。

若者言葉のように、一風変わった特徴的な話し方は若者だからこそ似合うものでもあります。

いまどきの流行を追いたいからといって、普段からいい年をした大人が若者言葉で話していると、みっともなく教養がないように思われてしまうでしょう。

ある程度落ち着いた年齢になっているのなら、それにふさわしい品のある言葉使いをした方が、周囲からは好印象で見られます。

女性の場合はとくに、汚い言葉使いをするとそれだけで女性らしさからは除外されてしまいます。

また、言葉使い自体はきれいでも、下ネタや下品な話を積極的にしてしまうと、やはり品がないと思われてしまいやすいです。

そのため、なるべく下品な話題には乗らず、普段から品のある言葉使いを意識していれば、自然と周囲からは女性らしい人だと思われるでしょう。

7、シンプルなファッション

女の子らしい可愛らしさを意識する余り、年甲斐もなくフリフリなスカートや派手な柄のワンピースを着てしまうと、周りからは「痛い女」と見られてしまうことがあります。

もちろん本人が好きでそういった派手なファッションをしているのなら、個人の趣味は尊重すべきですし、自由に振舞えば良いと思います。

しかしもし、周りの人たちから「可愛らしい」と思われたいのであれば、自分の年齢に見合ったシンプルなファッションで勝負した方が、周囲からの印象は良くなるでしょう。

ロリータ系が好きな女性は少なからずいますが、もしそうしたファッションで周りから好印象に見られたいのであれば、服装に見合ったメイクや雰囲気作りも徹底する必要があります。

一方で、シンプルなファッションであれば、そこまでメイクを派手に盛る必要はありません。

落ち着いた色合いのワンピースや、一部のみフリルのついたブラウスなど、シンプルかつ女性らしいファッションを意識している人は、それだけ周りの人からも好印象で見られます。

8、甘え上手

甘え上手な女性は、男性から可愛らしく思われることが多いです。

甘え上手な人は、あからさまにべったりと男性に甘えることはしません。

極端に男性にくっついたりもたれかかったりすると、わざとらしさを感じさせて男性からも女性からも引かれてしまいます。

また、軽いイメージも付いてしまいますので、周囲で悪い噂が広がってしまう可能性もあります。

本当に甘え上手な女性の場合、周りからは分からないように、さりげなく意中の相手にのみ甘える仕草を見せます。

例えば皆で飲んで騒いでいるときに、テーブルの下で隣の男性の服の裾を軽くつかんでみせたり、こっそりと耳元で甘えたことを言ってみたりと、小悪魔的な仕草に大抵の男性は理性をぐらぐらと揺さぶられてしまうでしょう。

また、「自分にだけ甘えてくる」というポイントはとても重要で、女性が自分にのみ見せてくる甘えた仕草に、その気になってしまう男性は多いです。

また、甘えるときに「ごめんね、お世話になりますっ」などと、さりげなく男性を立てるようなことを言える女性も甘え上手と言えるでしょう。

9、自分磨きを怠らない

女の子らしい可愛らしさとは、いくつになっても素で出し続けられるものではありません。

年齢を重ねるごとに人生経験や恋愛経験も増えますので、その都度一生懸命に女性らしさを磨くことで、周りからはいくつになっても可愛らしいと評価されることができるのです。

自分磨きを怠らない人ほど、そうしたたゆまぬ努力の末にいつまで経っても女性らしい美しさや可愛らしさを保つことができています。

また、本当に自分磨きに余念がない人ほど、他人と自分とを比較してネガティブになることがありません。

いちいちネガティブな感情に陥る暇があるのなら、自分よりも上のレベルの女性を目指してさらに努力を重ねるでしょう。

10、大人の余裕を持っている

年齢を感じさせない女の子らしさを持っている女性は、同時に大人としての余裕も持ち合わせています。

年甲斐もなくはしゃぐだけの女性の場合は、「いい年をして子どもっぽい」や「品がなくてみっともない」と周りから思われることは多いですが、それを「女の子らしい」と感じる人はあまりいないでしょう。

一方で、普段は落ち着いた大人の余裕を持っている女性が、ふとしたときに見せる無邪気な笑顔や態度が女の子らしい可愛らしさを存分に演出するため、普段の女性らしい態度とのギャップに惹かれてしまう男性は多いです。

11、自分をコントロール出来ている

いくつになっても、周りから時に可愛らしい女の子扱いをされる女性は、日頃はきちんと自分自身をコントロール出来ている人が多いです。

いつでも自分の感情や欲望に奔放で、周りの迷惑も顧みずにはしゃいだり迷惑をかけたりする女性は異性からも同性からも疎まれやすいですし、「可愛らしい女の子」の対象には決して見られないでしょう。

しかし、普段は落ち着いた上品な物腰で、仕草や言動も丁寧で女性らしい人が、はしゃげる場面でのみ快活さや羽目を外して楽しんでいると、その様子に男性は「楽しむ時と物静かな時とできちんと分別がつけられる女性」だと感じて好意的に感じることが多いです。

子どもならばともかく、成人した女性であれば、TPOに合わせた行動がきちんと取れることが当たり前だと世間には認識されていますので、そうした当たり前の行動を取りながら、場面に合わせて子どものようにはしゃげる女性はとても魅力的に見えるのです。