あなたの周りで、いくつになっても女の子らしい可愛さを持っている女性はいますか?

大人になれば忘れてしまいがちな可愛らしさを今でも持ち続けている人は、それだけ魅力的で、若々しく見えますよね。

出来ることなら自分もいつまでも女の子らしい可愛さを持っていたいと、そう願う人のために、いくつになっても可愛さを失わない女性の特徴についてご紹介します。

その特徴を身に付けることが出来れば、あなた自身も女の子の可愛さを持ち続けることが出来るかもしれません。

可愛いと大人になってからも言われる女性の12個の特徴

「可愛い」「女の子らしい」という言葉は、子どもの頃や学生の頃には言われることが多いですが、成人して大人の女性になると、言われる機会がどんどん減ってきます。

女の子から女性へと変貌を遂げるため、「可愛い」「女の子らしい」と言われなくなるのも当たり前といえば当たり前ですよね。

けれども、男性がいくつになっても少年の気持ちを忘れないように、女性だっていくつになっても「可愛い」と言われたいものです。

しかし、だからといって年甲斐もなくぶりっ子をしたり、いかにもわざとらしい女の子の仕草をしたりすれば、「年齢を考えろよ・・・」と反対に異性や同性から引かれてしまいます。

そんな「痛い系女子」にはならずに、自然な可愛らしさや女の子らしさを持っている人って、どんな人なのでしょうか?

大人になってからも可愛いと言われたい人は、ぜひ実際に大人の女性で周りから「可愛い」と言われている人を参考にしましょう!

大人になっても「可愛い」と言われる人の特徴を以下に詳しくご紹介していきます。

1、隙はないが抜けている所もある


男性からモテる女性というのは、完璧な人よりもどこか抜けているところがあるものです。

仕事もプライベートも完璧な女性はよく「高嶺の花」に例えられますが、高嶺の花というのはつまり男性がとても手が出せないようなところにいる女性のことを指しています。

完璧な女性は遠巻きに眺める分には素晴らしいですが、実際に男性が付き合いたいと思うかといえば、答えは意外に「NO」が多いです。

何故なら、完璧な女性に対して男性は気後れしてしまったり、自尊心が傷つきやすかったりするためです。

最初の内は素晴らしい女性を手に入れたことで有頂天になっていますが、次第に女性と自分との差を感じてしまい、「自分ではとてもつり合わない・・」と感じてしまうことが多いです。

完璧な女性と同じく完璧な男性であればつり合いがとれるでしょうが、完璧な男性などそこまで多くはありません。

結果として、男性は完璧な女性よりも、どこか抜けていたり、そそっかしいところがあったりする女性の方を好む傾向にあるのです。

男性は女性を「守りたい」と思うため、「隙はないけれど抜けているところがある」女性に対して、「自分が守ってやらなきゃダメだな」と感じます。

そしてその抜けている部分、つまりは自分よりも頼りなくてそそっかしいところを「可愛らしい」と感じるのです。

「隙はないが抜けているところ」というのは、「男性を簡単に受け入れてしまうような軽さはないが、ちょっとしたことでドジをすることがある」ということです。

貞操観念はしっかりしているけれど、時にはどこか抜けている部分もある女性に、男性は惹かれやすいのです。

2、常に笑顔

「笑う門には福来る」ということわざがありますが、いつも笑顔でいる人には自然と幸運が寄ってきやすいです。

何故ならいつも笑顔でいることで、周りの人たちがその笑顔に惹かれて寄ってくることが多いため、結果として幸運に恵まれる機会が増えるのです。

女性の場合は、いつもにこにこ笑顔でいれば、実年齢よりもいくつか若く見えることが多いです。

また、不愛想や仏頂面でいる女性に比べれば、近づきやすさがあるだけでなく、女性らしい可愛らしさを感じさせます。

いつも笑顔でいるように努めると、どんな場面でも自然体の笑顔を作ることができるようになります。

明るく朗らかな笑顔は異性のみならず同性からも好まれやすく、人間関係も上手くいくことが多いです。

仮に自分に対して「いつも笑顔で八方美人だ」と陰口を叩く人がいるとすれば、それは単なる妬みややっかみの感情でしかありません。

人は自分にできないことをやってのけている相手に対してそのようにネガティブな感情を抱きやすいため、陰で何を言われても、変わらずにいつも笑顔で過ごしましょう。

そうすることで、どちらが正しいか自然と周囲には伝わります。

3、新しい文化を取り入れる

常に自分の知らない世界、新しい文化を取り入れることで、女性はいつまでも若々しさと可愛らしさを失わずに済みます。

新しい文化に触れることは、いつだって驚きの連続です。

未知のものに触れる度に、胸がドキドキして、新鮮なリアクションが続き、言動も時には子どもっぽいものになってしまうかもしれません。

しかし、そのちょっとした子どもっぽさやドキドキに翻弄される姿は、女性らしさよりも女の子らしい可愛らしさを感じさせます。

また、常に新しいものを自分の中に取り入れることで、感情のマンネリ化や五感への刺激を失わずに済みますので、表情や言動も生き生きとしたものになりやすいです。

その生き生きとした姿は、男性から見れば可愛らしく映ることが多いです。

4、自慢話をしない

自慢話をする人は、男性でも女性でも周りの人からは疎まれやすいです。

例え本当にすごい武勇伝を持っていても、または優れた知性や容姿を持っていたとしても、それを自分の口から自慢げに言ってしまうとせっかくのすごさが台無しになってしまいます。

また、内容によっては単なるほら吹きと思われてしまうこともあるでしょう。

その人の持つ優れた部分は、あくまでも他の人の口から耳にするからこそ純粋に「すごいなぁ」と感心することができるのです。

誰かに自分の優れたところを知ってもらおうとするのなら、それとなく他の人に気付かせるように立ち回った方が賢いというものです。

しかしそれも、あまりに態度が露骨だと「気付いて欲しいオーラが出ている人」と思われてしまいます。

そしてまた、自慢話をする女性に対して、男性は「可愛い」や「女の子らしい」とはまず思わないでしょう。

自慢話をベラベラと話す女性は、おしゃべりで気位が高く、口だけは達者というイメージが付きやすいです。

そんな女性に可愛らしさを感じる人はあまりいません。

そのため、本当に優れた部分を持っていても、それを隠して振舞う女性こそ男性からは可愛く思われやすいです。

5、落ち着きある話し方


女性らしさは仕草や態度、言葉遣いなどに表れます。

無理にお淑やかさを気取る必要はありませんが、ふとした仕草が丁寧だったり、さりげない心配りができていたりすれば、それだけでも十分に女性らしさをアピールすることはできます。

「女の子らしい可愛らしさ」を、とにかく明るくはしゃぐことや、天真爛漫な仕草をすることだと勘違いしている人もいるかもしれません。

しかし、周囲を気にせずにはしゃいだり、無知な振る舞いをしたりことで可愛らしいと思われるのは、せいぜい学生の間までです。

社会人になれば、それなりの落ち着きや女性らしい振舞いが求められます。

話し方は丁寧過ぎず、けれども落ち着いた柔らかい物腰ができていれば、十分に女性らしい可愛らしさを感じさせることができます。

6、品のある言葉使い

言葉使いにはその人の品格が表れます。

若者言葉のように、一風変わった特徴的な話し方は若者だからこそ似合うものでもあります。

いまどきの流行を追いたいからといって、普段からいい年をした大人が若者言葉で話していると、みっともなく教養がないように思われてしまうでしょう。

ある程度落ち着いた年齢になっているのなら、それにふさわしい品のある言葉使いをした方が、周囲からは好印象で見られます。

女性の場合はとくに、汚い言葉使いをするとそれだけで女性らしさからは除外されてしまいます。

また、言葉使い自体はきれいでも、下ネタや下品な話を積極的にしてしまうと、やはり品がないと思われてしまいやすいです。

そのため、なるべく下品な話題には乗らず、普段から品のある言葉使いを意識していれば、自然と周囲からは女性らしい人だと思われるでしょう。

7、シンプルなファッション

女の子らしい可愛らしさを意識する余り、年甲斐もなくフリフリなスカートや派手な柄のワンピースを着てしまうと、周りからは「痛い女」と見られてしまうことがあります。

もちろん本人が好きでそういった派手なファッションをしているのなら、個人の趣味は尊重すべきですし、自由に振舞えば良いと思います。

しかしもし、周りの人たちから「可愛らしい」と思われたいのであれば、自分の年齢に見合ったシンプルなファッションで勝負した方が、周囲からの印象は良くなるでしょう。

ロリータ系が好きな女性は少なからずいますが、もしそうしたファッションで周りから好印象に見られたいのであれば、服装に見合ったメイクや雰囲気作りも徹底する必要があります。

一方で、シンプルなファッションであれば、そこまでメイクを派手に盛る必要はありません。

落ち着いた色合いのワンピースや、一部のみフリルのついたブラウスなど、シンプルかつ女性らしいファッションを意識している人は、それだけ周りの人からも好印象で見られます。

8、甘え上手

甘え上手な女性は、男性から可愛らしく思われることが多いです。

甘え上手な人は、あからさまにべったりと男性に甘えることはしません。

極端に男性にくっついたりもたれかかったりすると、わざとらしさを感じさせて男性からも女性からも引かれてしまいます。

また、軽いイメージも付いてしまいますので、周囲で悪い噂が広がってしまう可能性もあります。

本当に甘え上手な女性の場合、周りからは分からないように、さりげなく意中の相手にのみ甘える仕草を見せます。

例えば皆で飲んで騒いでいるときに、テーブルの下で隣の男性の服の裾を軽くつかんでみせたり、こっそりと耳元で甘えたことを言ってみたりと、小悪魔的な仕草に大抵の男性は理性をぐらぐらと揺さぶられてしまうでしょう。

また、「自分にだけ甘えてくる」というポイントはとても重要で、女性が自分にのみ見せてくる甘えた仕草に、その気になってしまう男性は多いです。

また、甘えるときに「ごめんね、お世話になりますっ」などと、さりげなく男性を立てるようなことを言える女性も甘え上手と言えるでしょう。

9、自分磨きを怠らない

女の子らしい可愛らしさとは、いくつになっても素で出し続けられるものではありません。

年齢を重ねるごとに人生経験や恋愛経験も増えますので、その都度一生懸命に女性らしさを磨くことで、周りからはいくつになっても可愛らしいと評価されることができるのです。

自分磨きを怠らない人ほど、そうしたたゆまぬ努力の末にいつまで経っても女性らしい美しさや可愛らしさを保つことができています。

また、本当に自分磨きに余念がない人ほど、他人と自分とを比較してネガティブになることがありません。

いちいちネガティブな感情に陥る暇があるのなら、自分よりも上のレベルの女性を目指してさらに努力を重ねるでしょう。

10、大人の余裕を持っている

年齢を感じさせない女の子らしさを持っている女性は、同時に大人としての余裕も持ち合わせています。

年甲斐もなくはしゃぐだけの女性の場合は、「いい年をして子どもっぽい」や「品がなくてみっともない」と周りから思われることは多いですが、それを「女の子らしい」と感じる人はあまりいないでしょう。

一方で、普段は落ち着いた大人の余裕を持っている女性が、ふとしたときに見せる無邪気な笑顔や態度が女の子らしい可愛らしさを存分に演出するため、普段の女性らしい態度とのギャップに惹かれてしまう男性は多いです。

11、自分をコントロール出来ている

いくつになっても、周りから時に可愛らしい女の子扱いをされる女性は、日頃はきちんと自分自身をコントロール出来ている人が多いです。

いつでも自分の感情や欲望に奔放で、周りの迷惑も顧みずにはしゃいだり迷惑をかけたりする女性は異性からも同性からも疎まれやすいですし、「可愛らしい女の子」の対象には決して見られないでしょう。

しかし、普段は落ち着いた上品な物腰で、仕草や言動も丁寧で女性らしい人が、はしゃげる場面でのみ快活さや羽目を外して楽しんでいると、その様子に男性は「楽しむ時と物静かな時とできちんと分別がつけられる女性」だと感じて好意的に感じることが多いです。

子どもならばともかく、成人した女性であれば、TPOに合わせた行動がきちんと取れることが当たり前だと世間には認識されていますので、そうした当たり前の行動を取りながら、場面に合わせて子どものようにはしゃげる女性はとても魅力的に見えるのです。

12、男性を立てられる

日本人女性は昔から、男性を立てるようにと社会の中で教育されてきました。

ひと昔前まではそれが当たり前でしたが、現代では女性も男性の横に並んで歩くのが当たり前のスタイルに変化してきています。

それは、女性の社会進出が大きな要因となっていますが、女性が男性と平等の立場になった現代でも、やはり男性を立てることのできる女性は男性から好まれる傾向にあります。

昔のように、「男性の後ろを三歩下がって歩く」わけではありませんが、さりげない男性への心配りができる女性は、まったく何の気配りもしない女性よりもモテます。

例えば男性と食事に行き、会計時は男性に支払ってもらうとします。

しかし店を出て誰も見ていない場所でさりげなく自分の分の支払いを男性に手渡したり、ポケットに入れたりできる女性は、男性から「気遣いのできる女性だ」と好意的に思われることが多いです。

このようなささいな場面で男性を立てられる女性は、男性からすればとても魅力的な女性に思えるでしょう。

いくつになっても「可愛い」と言われたい

女性は「結婚して子どもを産み、母親になると女を忘れてしまう」と言う人が時々います。

しかし、女性は何も自分から女を忘れたいなどと思っているわけではありません。

それどころか、本心ではいくつになっても女扱いされたい、「可愛い」と言われたいと思っている女性も決して少なくはありません。

そんな女性の本心を理解出来る男性は、パートナーの女性をいつまでも可愛らしい女性のままでいさせることが出来るでしょう。

しかし、女心をまったく理解できない男性では、女性がいつしか女を忘れてしまったとしたら、そんな女性のことを責めて、自分にはまったく何の原因も無いと思い込んでいるのです。

女性は自分を見てくれる男性によって、どんどん美しく開花していきます。

女性がいつまでも可愛らしい女の子でい続けるためには、男性の協力が必要不可欠なのかもしれませんね。

大人になると言われなくなる

「可愛い」という言葉は、まだ年若い少女に用いられることの多い言葉です。

成人して大人の女性になると、段々と「可愛い」と言われる回数や機会が減っていきます。

それは何もおかしなことではなく、むしろ成人した女性に対して「可愛い」と表現するのは、言われた側にとっては馬鹿にされたり嫌味を言われたりしたと屈辱に感じることもあるため、言わない方が無難でしょう。

また、「可愛い」という表現をしなくなった代わりに、「女性らしい」といった表現をするようにもなるため、大人の女性に対しては「可愛い」と言わないのは当然と言えば当然のことです。

しかし、女性によってはいくつになっても「可愛い」と言われたいと思っている人も中にはいます。

ただそれを口にする人がほとんどいないために、例え成人女性のことを「可愛い」と思う男性がいたとしても、気を遣って口にはしない人が多いのです。

学生と大人では可愛いのタイプが違う

学生の頃と、大人になってからとでは、女性の「可愛い」のタイプは違ってきます。

学生の頃の「可愛い」は、子どもらしい無邪気な振る舞いや背伸びしようとする仕草などに対して、愛くるしさを覚えて可愛く感じられる部分が多いです。

また、年上から年下へ対する慈愛の感情から可愛らしく思えることも多いです。

一方で、成人した女性に対して感じる「可愛らしさ」は、子どもに対するものとも、年下に対する慈愛のものとも違っています。

大人になった女性が時折見せる可愛らしさには、何とも言えずに男心をくすぐるものがあります。

また、大人の女性が見せる可愛らしさは、愛や恋といった要素を含んだ好印象になることも多いです。

可愛い大人の女性になる方法

大人の女性が持つ可愛らしさは、子どもに対する可愛らしさとは違い、愛や恋といった感情に発展することが多いです。

そのため、女性に対して可愛らしさを覚えた男性は、その女性に恋心を抱くことも少なくはありません。

男性にモテたい女性や、恋人を作りたい女性は、可愛らしさを身につけることで恋愛に有利になると言っても良いでしょう。

しかし、わざとらしく振舞っている内は、反対に周囲が引いてしまいますので、自然な可愛さを身につける必要があります。

ではどうすれば、可愛い大人の女性になれるのでしょうか?可愛い大人の女性になるための秘訣を以下にご紹介していきます。

笑顔で過ごす

可愛らしさを磨く一番の秘訣は、常に笑顔で過ごすことです。

笑顔は単に幸運を呼び込むだけでなく、その人自身をとても魅力的に見せてくれます。

どんなに容姿に自信がない人でも、いつもにこにこと明るい笑顔を絶やさなければ、周りの人からの印象はかなり良くなります。

「笑顔は七難隠す」と言うように、常に笑顔でいることで、その人の容姿の欠点もカバーしてくれるほどに笑顔とは素晴らしいパワーを持っています。

一方で、どんなに容姿が優れている女性でも、いつも暗い表情をして笑顔が少なければ、魅力は半減してしまいますし、いかにも幸薄そうな印象になってしまいます。

ミステリアスに見えるならばまだしも、根暗な印象になってしまうとどんなに美人でも男性は近寄ることはないでしょう。

さらには、容姿に自信がない人がその自信のなさからネガティブで笑顔がなく過ごしていると、余計に男性の方から寄ってくることはありません。

そのため、自分に自信がないという人ほど、そのネガティブさを振り払うように日頃から笑顔で過ごすことで、自然と魅力がアップしていきます。

言葉使いを気にする

女性らしい可愛らしさは、言葉使いによっても大きく左右されます。

どんなに顔が美人でスタイルが良い女性でも、乱暴な言葉使いや下品な言葉使い、汚い言葉使いをしている人は、とても「女性らしい」とも「可愛らしい」とも思えないでしょう。

見た目が美しい分も、より中身が醜悪に思えてしまって、男性はおろか同性ですらもそこまでお近づきになりたいとは思わないでしょう。

容姿が美しい女性であってもそうなのですから、容姿に自信がない女性ではより可愛らしさなど感じられないでしょう。

しかし、例え容姿に自信がなくとも、丁寧で美しい言葉使いをしている女性は、それだけで女性らしい魅力を感じさせます。

言葉使いはその人の容姿よりも、むしろ教養や性格、品性といった内面を表わすものですので、言葉使いがきちんとしている人ほど、より女性的な人であると周囲からは思われやすいです。

流行をチェックする

女性としての魅力を磨きたいのなら、ある程度は流行をチェックすることも大切です。

自分なりのこだわりがある人の場合は、無理してそこまで流行を追い求める必要はありません。

しかし、流行を取り入れないことと、流行を知らないこととはまた別物です。

流行はチェックした上で、自分に必要ないと思えば取り入れなければいいですし、必要があるときには少し流行りのものを取り入れるようにすると良いでしょう。

ファッションも臨機応変に対応出来る女性は、異性だけでなく同性からの評価も高くなります。

お礼と謝罪はしっかり言う

笑顔でいることや、言葉使いを丁寧にすること以外にも、お礼と謝罪をしっかりと言えることも女性らしさを磨く上では必要なことです。

女性のみならず、男性でも時々お礼や謝罪がきちんと言えない人っていますよね。

子どもならばまだしも、いい大人で素直にお礼や謝罪が言えない人って、実は意外と少なくないのです。

お礼や謝罪が言えない人は、自尊心が高く、また捻くれたものの考え方をする人が大半です。

「自分は簡単にお礼や謝罪をするような人間ではない」と思い込んでいる人は当然自らお礼や謝罪の言葉を口にしようとはしません。

また、捻くれた考え方をしがちな人は、自分が何かしてもらってもそれを「当たり前で礼を言う必要などない」と考えていたり、「自分だけが悪いわけではないのだから謝る必要はない」などと考えていたりします。

そうして謝罪を求められても子どものように口を尖らせてぶすっとした態度になることが多いのです。

傍から見ればいい年をしてみっともない姿ですが、本人はそれに気づいていないことが大半です。

このように大人でもお礼や謝罪を素直に口に出来ない人がいる中で、きちんと言い訳や驕った考えをせずにお礼や謝罪を言える人は、少なくとも「性格ブス」にはならないため、周囲からは好意的に見られやすいです。

甘え上手になる

しっかり者の女性や自尊心の強い女性ほど、人に甘えるのが苦手です。

同性からは頼りにされることが多いですが、男性にとっては、少しくらい不出来で自分に甘えてくる女性の方が可愛らしく思えるものです。

そのため、甘え下手な女性は、本当ならば自分で出来ることも、時には出来ない振りをして男性に甘えてみるようにしましょう。

そうすることで、男性は女性に対して可愛らしさを覚えると同時に、「自分が守ってあげたい」と思えるようになるのです。

聞き上手になる

聞き上手な人は男女問わず誰からも好かれやすいです。

とはいえ、人の話を聞いてばかりで一切自分の話をしようとしないのは、相手からすれば印象が悪いときもあります。

そのため、基本的には相手の話を聞く役に徹しますが、適度に相槌を打ったり、アドバイスを求められれば可能な範囲で答えるなど、きちんと会話のキャッチボールも出来るようになると、人からは頼りにされますし、また好印象に思われやすいです。

とくに女性はお話好きなタイプの人が多いですが、その分男性の話をじっくりと聞いてあげられる女性は、男性からの受けはかなりいいです。

男性は無口な人や、あまり自分の本心を語ろうとしない人も多いですが、だからといって自分の話を聞いて欲しくないわけではないのです。

時には静かに聞き役に徹して欲しいという男性の本心を汲み取れる女性は、間違いなく男性から好かれるでしょう。

【聞き上手になるには、こちらの記事もチェック!】

悪口を言わない様にする

どんなに毎日笑顔で過ごそうと思っていても、時には心無いことを言われて傷ついたり、腹が立ったりする日もあります。

思わず喉元まで出かかった罵声を飲み込む日もあるでしょう。

自分にとってのストレスとなる出来事は、思わずため息と共に愚痴ってしまいたくなるものです。

しかしそれがもしも誰かの悪口に繋がるような場合には、グッと我慢して人の悪口を言わないように心がけましょう。

愚痴を吐けないことでストレスが溜ることもあるでしょう。

しかし、人の悪口を言わない人は、必ず周囲の人から好かれますし、また信頼もされやすいです。

結果として周囲からの好感度を上げるためにも、極力悪口は言わないように気をつけましょう。

素直になる

人によっては、また時と場合によっては素直になれないことってありますよね。

本心とは違うことをつい言ってしまったり、本当は寂しいのに強がって見せたりと、素直になれないことってよくあります。

しかし、素直になれない時にこそ、素直になる努力をしましょう。

強がったり、本心とは反対の言葉を言ってしまいそうな時ほど、それをこらえて強がるのをやめたり、本心を告げたりしましょう。

皮肉屋や素直になれない性格も、男性によっては可愛いと思えるかもしれません。

しかし大抵の男性は、素直になれない女性よりも、自分に対して素直でいてくれる女性を好みます。

素直になることは、それだけ女性らしさの魅力を上げることにも繋がりますので、日頃から自分の気持ちに対して素直になるよう努力しましょう。

気配り上手になる

気配り上手な女性は、女性らしい魅力を持っています。

自ら努力して気配り上手になった女性もいれば、育ってきた環境のために自然と気配りが身についた女性もいます。

もしあなたが気配り上手になりたいと思ったら、まずはあれこれと手を出す前に、周囲をよく観察するようにしましょう。

今は誰がどんなことをしているのか、また何を欲しているのか、どうして欲しいのかなどを注意深く観察して想像するようにしましょう。

その自分の想像と現実が合ってきたら、そこでようやく行動に移すようにしていきましょう。

まずはつぶさに人間観察をすることから始めましょう。

自分磨きをする

自分が周りから「女の子らしくて可愛い」と思われたいのなら、まずは何はともあれ自分磨きから始めましょう。

容姿を磨くこともそうですが、言葉使いや立ち振舞い、周囲への気配りなど、内面もしっかりと磨くことが重要です。

もし容姿に自信が持てなくても、内面さえしっかりと磨かれていれば、十分に「女の子らしい可愛さ」は手にすることができます。

可愛さと聞くとつい容姿ばかり想像しがちですが、実際には内面の方をより重視して磨くことが大切です。

裏表を作らない

どんなに外見や言葉使い、立ち振る舞いなどを磨いても、性格に裏表があると、「可愛らしい」とは思えないでしょう。

それどころか、「見た目に反して内面は酷い」と悪い噂が立ってしまう可能性もあります。

男性は女性の性格を理解していないようでいて、案外女性の言動や裏表の態度はよく見ているものです。

うっかり裏表を作ってしまい男性に引かれてしまわないためにも、日頃から性格に裏表を作らないように気をつけましょう。

ポジティブ思考になる

常に笑顔でいることは、ある程度自分に自信がなければ難しいです。

自分に自信を付けるには、ポジティブな思考を身につけるのが重要です。

例え悪いことがあっても、「もっと悪くならずに済んで良かった」と思う癖を付けたり、人から傷つくことを言われても、「人からそんな風に思われていたと知ることが出来て良かった」と気持ちを切り替える癖を付けたりすることで、少しずつ前向きな思考を身につけることが出来るようになっていきます。

元がネガティブな人ほど、ポジティブ思考になるには時間がかかります。

しかし、長い時間をかけてでもポジティブ思考になることで、前向きな行動が取れるようになっていきます。

まずは1つ意識して行動しよう

女の子らしい可愛さを身につけるのは、一朝一夕では難しいです。

毎日意識して行動し続けることで、自然な女の子らしい可愛さを身につけることが出来るようになります。

一日の内でいくつも同時に行動しようとすると大変ですので、まずは1つのことを意識して行動するようにしましょう。

その1つが自然に出来るようになったら次に行動していくようにすれば、いずれはきっと女の子らしい可愛さを身に付けられるでしょう。