CoCoSiA(ココシア)

雨デートは何が正解?女子が嫌がるN...(続き5)

出来れば、駅と繋がってるデパート内だったり、待ち合わせ場所まで行くときも濡れることがないような所だと、彼女も安心してデートに出掛けることができるでしょう。

オシャレ

雨だからといって、雨に濡れないようにレインコートを着て、レインブーツなんていう、完全防備していくなんてことは止めましょう。

雨でちょっと濡れても色変わりがあまり目立たないような服を着たりしながらも、ちゃんとオシャレをして行きましょう。

グレーの服は、水に濡れたらわかりやすいので、避けたい色ですね。

雨に濡れたり汚れたりしても平気だからと、間違ってもヨレヨレの服を着たりするのは止めてくださいね。

女性も流行りだからといって、レインブーツを履いてくるのは避けたいですね。

レインブーツは男性から見ると、あまり好評ではありません。

また、サンダルや高いヒールの靴は、足が濡れてしまったり、滑りやすいので雨の日デートに向いているとは言えないでしょう。

しかし、女性で一番注意して欲しいのは、白色の洋服を着ていかないということです。

白色は雨に濡れると透けやすく、下着が見えてしまう可能性があります。

また、雨の日は泥はねなどでいつも以上に汚れやすいため、見ている彼氏はあなたを心配してヒヤヒヤしてしまいデートを楽しめなくなってしまいます。

大きい傘で濡れない様にしてあげる

デートだから出来れば移動するときは、仲良く相合傘で移動したいものです。

別々の傘だと、傘が邪魔していつも以上に2人の間に距離が出来てしまいます。

場所によっては、お互い傘を持っていると横に並んで歩くことが出来ず、会話のないちょっと寂しい移動になってしまいます。

また、横に並べないからとリードしようと先陣を切って彼女の前を歩いても、彼女の姿が見えないため彼女にちょっとしたアクシデントがあっても気が付きにくくなってしまいます。

かといって、彼女に前を歩いてもらうのも違いますよね。

だから雨の日デートでは、大きい傘を是非準備して行きましょう。

いつもの普通のサイズじゃダメなの?と思うかもしれませんが、普通のサイズの傘だといくら気を使っても彼女は濡れてしまうのです。

彼女を絶対に濡らさないつもりで彼女ばかりに気を取られてしまうと、彼氏がずぶ濡れになってしまい彼女が申し訳ない気持ちになってしまいますし、その後のデートでずぶ濡れの彼氏と一緒に歩かないといけなくなってしまいます。

大きい傘だと彼女を守りつつ、濡れたとしても少しですみます。

かといって、大きい傘でもお互い寄り添わないと濡れてしまうので、密着度はいつも以上にアップしています。

大きい傘だと、雨のことをあまり気にせず、楽しく会話しながらデートをすることができます。

雨の日デートの定番である相合傘も、傘の大きなによっては悲惨なデートになるので注意しましょう。

一番大切なのは雨を楽しむ雰囲気を作る事!

いかがでしたか?天気が雨でも、ちょっと女性に気を使ってあげることさえ忘れなければ、楽しくデート出来るのです。

天気予報で雨だった場合、「明日雨だから、いつもなかなか行かない◯◯に行ってみない?行きたかったんだよね!」なんて、前向きに楽しむ雰囲気を作ることで、雨デートの印象もまったく変わったものになります。

雨によって相合傘で2人の距離がぐっと縮まったり、彼女を雨から守るようなシチュエーションが多くなることで紳士的な面を見せることが出来たりと、雨ならではの良い面が沢山あります。

むしろ、雨でラッキーぐらいに思ってデートを楽しむと好きな人と良い思い出が作れるのではないのでしょうか?