あなたは今の現状を、自分自身が本当に望んでいる状況であると断言することができますか?

これはとても難しい質問だと思います。

なぜならば、実際に自分が今望んでいる状況であると答えることができる人は、そう多くない可能性が高いからです。

実際に、自分の今生きている状況を細かく考えてみてください。

おそらく満足することができる部分もあるかもしれませんが、それとは反対に満足することができない部分もあると思います。

実際に、今自分のありとあらゆる状況が自分の想像通りに全てうまくいっているという方はそう多くはないはずです。

全ての事に対して満足をしているということは悩みがないという事にもなり、悩みがない人間などあまり多くはいませんよね。

ちょっとした悩みを持っていたり、自分自身の中ではとても大きなコンプレックスなどを持っていたりする可能性が高いと思います。

なので、全てが自分の思い通りになっていると感じている方は少ないはずなのです。

考えてみれば、世の中には自分が想像していないような嫌な経験をしてしまったり、自分が思い描いているようには全くいかなかったりするようなことの方が多く存在すると思います。

だからこそ私たちは努力をしてそれを可能にするために様々な工夫を行ったりしているはずなのです。

今回はそんな状況を一言で表すことができる、不本意という言葉についてご紹介していきたいと思います。

不本意という言葉の持っている意味を改めてご紹介し、不本意という言葉の使い方や、どのような場面で感じるのかということについて触れていきたいと思います。

不本意の意味は?

先ほどもお伝えした通り、世の中には不本意なことがとても多いです。

なぜならば、自分の理想としていることがそのまま起こることは少なく、実際は自分が理想としていないようなことばかり起きてしまったり、想定していないハプニングなどが起こり得てしまったりすることが基本です。

もちろん、自分が理想としていることがそのまま起こることよりも、自分が理想としていないようなことが起こったり、ハプニングが起こったりする方がどちらかといえば印象に残りやすいですよね。

なので、結果的にそう感じるだけなのかもしれませんが、どちらにせよ全ての物事が自分の望み通りに勝手に進んで行くわけではありません。

例えば、社会人として働いている方に関してはよくわかると思いますが、理想と現実はまったく違っていたり、仕事を通して不本意という言葉の意味をより強く認識させられたという方はたくさんいると思います。

しかしながら、まだ社会人としての経験が存在していない方であったり、比較的年齢がまだ幼い方に関しては不本意という言葉の意味や、具体的な状況があまり理解できなかったりする可能性もあるかもしれません。

そこで、まずは基本となる不本意という言葉の意味からご紹介していきたいと思います。

おそらく一般的に考えて知っている方の方が多いと思うのですが、知っている方も改めて再確認してみてください。

自分の望みと違っている事


不本意という言葉に関しては複数の意味が存在しています。

そこで、具体的に不本意という言葉がどのような意味を持っているのか順番にご紹介していきます。

まず初めにご紹介する不本意という言葉の意味は「自分の望みと違っている事」という意味が存在しています。

これはどういうことなのかといいますと、人間であれば誰もが何かしらの物事において自分の理想となるイメージを持っているはずです。

例えば、簡単な事例をひとつあげるとすれば、あなたが恋愛的に誰かのことを好きだったとします。

好きな人が存在するということは、一般的に考えて自分自身の理想を考えてみればその好きな相手と結ばれたりすること、つまり好きな相手と付き合うことができることを自分の最高の理想として考えることができますよね。

つまり、好きな人がいるということは、その人間と付き合うことを自分の望みとして考えているのであり、その理想を叶えるために自分なりに何かしらの努力をしたりするということが一般になります。

しかし、今回ご紹介している不本意という言葉は、自分の望みと違っていることという意味を持っています。

例えば好きな相手から振られてしまったり、好きな相手から嫌われてしまったりすることはあなたの本当の望みではないはずなので、不本意という言葉を使って表現することができると考えることができます。

考えてみれば、自分の周りを取り巻く環境全てに理想を考えることができ、理想考えることができるということは、不本意という言葉を使って表現することができる可能性がとても高いと捉えることができます。

本当の気持ちと違う事

不本意という言葉のもうひとつの意味を考えてみたときに該当する意味としては「本当の気持ちと違う事」という意味が存在しています。

これはどういうことかといいますと、先ほどご紹介した意味とかなり似ている言葉であると考えることができます。

しかしながら、少し違う点としては先ほどご紹介したのはあくまで自分自身の望みということでしたが、今回ご紹介してる意味としては自分の本当の気持ちという意味が存在してます。

つまり、自分自身が考えている本当の気持ちとは全く違う気持ちが表現されたりするような状況を不本意という言葉で表現することができるということです。

例えば具体的に簡単な事例を挙げるとすれば、例えばあなたの日常生活の中で自分よりも立場が上の存在の人間がいたとします。

当然ながら自分よりも立場が上ということは相手の方が優位性があり、相手の発言した内容に対して従わざるを得ないような場合などがあると思います。

一般的に考えて、日常生活の中で上下関係がよく現れる場面としてはビジネスの場面などが考えられると思うのですが、ビジネスの場面において自分よりも立場が上の人間が自分に対して何か意見を聞いてきたりしたとします。

ただ、どうしても立場が下ということもあり、本当に感じていることを素直に相手に伝えることができずに、建前などを考えて本来自分が思っていることではなく、別のことを伝えたりするようなこともあると思います。

まさしく、これが自分の本当の気持ちと違うことを伝えてしまっている場面であると考えることができ、このような状況を不本意という言葉で表現することができるのです。

精神的に弱い人間だったり、もしくは上下関係がしっかりしているような会社に勤めている方はこのような日常経験をしている方がとても多いはずです。

不本意の使い方

ここまでは簡単に不本意という言葉の簡単な意味をご紹介していきました。

ある程度不本意という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは具体的に不本意という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

正しく言葉を使うためには、言葉の意味を正しく理解するだけではなく、その言葉をどのように組み合わせて使ったりしなければいけないのかという使い方を正しく理解する必要性があります。

言葉の意味だけを理解して使い方を知らずにその言葉を使っている場合、場合によっては使い方を間違えてしまったりして、恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

また、場合によっては相手に対して失礼な言動になってしまったりするような可能性もあり、言葉というものはたった一つ使い方を間違えるだけで様々な状況に発展してしまう可能性を持っています。

なので、言葉の意味だけを知るのではなく、正しい使い方などを理解した上で、初めてその言葉をマスターできるようになるため、今回ご紹介する不本意という言葉の使い方もしっかりと確認してみてください。

ここからは具体的に例文を交えて、意味をご紹介しながら、使い方に触れていきたいと思います。

不本意だが彼の意見に賛成する

まずはじめにご紹介する不本意という言葉の使い方としては「不本意だが彼の意見に賛成する」という例文が挙げられます。

この例文の意味としては「自分の本当の気持ちとは違うが、相手の意見に対して賛成をする」という意味で解釈することができます。

まず考えていただきたいのは、不本意という言葉の意味がどちらが当てはまるのかということです。

先程ご紹介したように不本意という言葉の意味は「①自分の望みと違っている事②本当の気持ちと違う事」という意味が存在しています。

そこで、この例文を考えた時にどちらの意味が通じるのかと考えてみると、自分の望みではなく自分の気持ちを意味に込めた方がより文章の意味としては機能するようになります。

結果的に解釈としては、自分の気持ちと違っていることを代入してあげれば意味としてうまく成り立つようになります。

一般的に考えて自分の本当の気持ちとは違う場面であっても、それを証明することなく、不本意ながら別の意見に対して賛成したりするようなことがよくあったりしますよね。

ビジネスの経験がある方ならば、これはよく心得ていることだと思います。

自分の意見を貫くことはとても大切なことではありますが、時には周りのことを考えて協調性を優先させなければいけないことも自分存在しています。

自分の意見を尊重して自分の意見だけを無理に貫いたところで、結果的に物事が良い展開をしない場合もありますので、現実として不本位ながら別の意見に賛成したりすることは存在することだと考えることができます。

試験は不本意な結果に終わった

次にご紹介する不本意という言葉の使い方としては「試験は不本意な結果に終わった」という例文が挙げられます。

この例文の意味としては「試験が自分の望みと違っている結果に終わってしまった」と解釈することができます。

これに関しても考え方は先ほどご紹介した通りであり、不本意という言葉が試験という言葉にかかっています。

試験という事象が不本意という言葉の意味のどちらだとより適用されるのかということを考えていただければ分かりやすいと思います。

なので、この場合は自分の望みと違っていることという意味が、全体的な文章の意味としては機能するようになりますので、自分の望みと違っているということを代入してあげればわかるようになります。

大人になってからはなかなか試験を受けたりするようなことは少ないと思います。

しかし、向上心のある方に関しては資格の試験を受けたりするような方もいるかもしれませんし、場合によっては社内で何かしらのテストを受けたりするようなこともあると思います。

もちろん一般的に考えて学生の方の方が圧倒的に試験を受ける割合は多いと思いますので、比較的若い方でも今回ご紹介している例文のような状況や気持ちを経験したことがある方は多いはずです。

しかし、全ての物事が自分の思い通りにいったり、簡単に結果を出せたりするわけがありませんよね。

簡単に結果を出したりできないからこそ、私たちは努力をして様々な工夫を行ったりするようになるのです。

それを何度も何度も繰り返していくことによっていつか自分自身の力やスキルとなり、魅力的な人間へと成長させてくれる要因に成り得ますので、不本意な状況になりたくないのであれば、努力をすることを忘れないようにしなければいけませんね。

不本意ながら取りやめになった


次にご紹介する不本意という言葉の使い方としては「不本意ながら取りやめになった」という例文が挙げられます。

この例文の意味としては「自分の望みとは違うが取りやめになった」という意味だと解釈することができます。

この例文に関しても考え方を全く同じであり、不本意という言葉の意味を正しく理解していればそれほど難しい例文にはなりません。

どちらかといえば自分の気持ちではなく、自分の望みという意味の方が全体的な文章としてのまとまりが良くなりますので、自分の望みではないという言葉を代入してあげれば意味として成り立つようになります。

この例文の意味の状況に関しても、現実的に起こり得ることだと考えることができます。

例えば、ビジネスの場面で想像してみるとすれば、自分自身が何かしらのプロジェクトを任されていたとします。

当然ながら自分自身の気持ちとしてはプロジェクトを成功させたりすることによって自分自身の評価に繋がるようになりますので、仕事を任せてもらえるという言葉仕事を頑張って成果を上げたいと考えるのが一般的な理想になると思います。

もちろん様々な場合があるとは思いますが、今回は一例として自分が仕事を頑張りたいと思っていた気持ちと仮定してください。

そうなった時、突然会社の都合や、そのほか様々な事によってそのプロジェクトが打ち切りになってしまったりするような事などはあったりすると思います。

そのような場合に関しては、自分自身が望んでいないのに、取りやめになってしまったという状況に該当すると考えることができますので、結果的に今回ご紹介している例文の状況と当てはめて考えることができます。

不本意と似た言葉

ある程度不本意という言葉の意味や使い方が理解いただけたと思いますが、不本意という言葉を理解いただけたところで、人によっては不本意という言葉に似ている言葉がたくさんあると感じた方がいると思います。

そこで、ここからは不本意という言葉に似ている言葉にはどのような言葉があるのか?ということをご紹介していきたいと思います。

たくさん存在していますので、その中から比較的多い意見をピックアップしてご紹介していきたいと思いますので、不本意という言葉とセットで覚えてみてください。

やむなく

まずはじめにご紹介する不本意と似た言葉は「やむなく」という言葉です。

なぜ不本意という言葉とやむなくという言葉が似ているのかと考えたときに、やむなくという言葉は「しかたなく、しょうがなく」という言葉と同義であるといわれています。

では、「しかたなく、しょうがなく」という言葉にはどのような意味があるのかと考えてみると「理不尽な困難や悲劇に見舞われたり避けられない事態に直面したりした際に粛々とその状況を受け入れること」という意味を持っています。

つまり、やむなくという言葉の意味を想像してみると、不本意という言葉の意味とかなり同じような意味であると考えることができます。

なので、やむなくという言葉と不本意という言葉は似ている意味を持っており、似た言葉であると判断することができます。

意図するところではない

次にご紹介する不本意と似た言葉は「意図するところではない」という言葉です。

なぜ不本意という言葉と意図するところではないという言葉が似ているのかと考えたときに、意図するところではないという言葉の意味は「本当に言いたかったこととは違っているさま」という意味が存在しています。

つまり、意図するところではないという言葉は、不本意という言葉の「本当の気持ちと違う事」という意味とかなり似ている言葉であると判断することができます。

なので、結果的に不本意という言葉と意図するところではないという言葉は似た言葉であると判断できます。

心残り

次にご紹介する不本意と似た言葉は「心残り」という言葉です。

なぜ不本意という言葉と心残りという言葉が似ているのかと考えたときに、心残りとは「後に思いが残ってスッキリ思いきれないこと」という意味を持っています。

つまり、心残りという言葉の意味に関しては、根本的な気持ちを考えてみると自分が本来思い描いていたこととは違う結果になってしまったという意味と同じであると考えることができます。

なので、不本意という言葉の持っている意味である、自分の望みと違っている事という意味と似ている言葉であると判断することができます。

だからこそ、心残りという言葉と不本意という言葉は似ている意味であると判断することができます。

「不本意だな」と感じる事は多い

ある程度不本意という言葉に似ている言葉はたくさんの言葉が存在するということがお分かりいただけたと思います。

似たような表現があるからこそ、なかなか日常生活で使用したりしない言葉でもありますが、ここからは改めて不本意という言葉が使える状況、つまり不本意だなぁ…と感じる場面についてご紹介していきたいと思います。

思い返してみれば、あなた自身もおそらく様々な場面で不本意だと感じたりするような出来事はたくさんあると思います。

なので、自分自身のプライベートやビジネスの場面で感じる不本意な出来事想像しながら、これからご紹介する事例を重ねながら想像してみてください。

想像した結果を残せなかった

まずはじめにご紹介する「不本意だな」と感じる出来事は「」という場合です。

これは具体的にどういうことかと言いますと、自分ならばできると思っていたようなことが意外とできなかったりするような場面で感じる気持ちになると思います。

おそらく日常生活の中で感じるような不本意な出来事のうち大半はこのような気持ちによって引き起こされたりすることが多いと思います。

具体的な事例を考えてみれば、学生の方であればテストを受けたりするときに自分ならばできると思っていたようなテストだったとしても、行なってみれば意外と自分が想像した以上にテストの結果が悪かったりした時に感じたりするような気持ちになります。

それ以外にも、ビジネスの場面などを想像してみれば、自分自身が何かしらの仕事を任されたりして、その仕事を取り組んでいた時に気づけば、想像よりも自分の実力が少なくその仕事をこなすことができなかった場合もあります。

そして、最終的な仕事の結果を出した時に、想像よりも低い評価をされてしまったというようなことなどがあると思います。

なので、年齢などは関係なく様々な人間が想像した結果を残せなかったことによって不本意な気持ちを味わったことがあると考えることができます。

日常の中では不本意だと感じるようなことだらけですが、それを一つのエネルギーとして受け止めて、それを逆に活力に変化させるくらいの気持ちでいることが大切だといえます。

断りたいけど断れなかった

次にご紹介する「不本意だな」と感じる出来事は「断りたいけど断れなかった」という場合です。

これは具体的にどういうことなのかと言いますと、自分が本当は相手に対して断りたかったことを、そのまま受け入れるしまったような状況だと考えることができ、これも想像以上に日常生活の中ではとても多かったりする不本意だと感じる状況になります。

例えば、一般的に多い事例としては先ほどお伝えしたように自分よりも目上の立場の人間の言うことを断ることができずに受け入れてしまったという事例だと思います。

相手と同じような立場であったり、相手と距離感が近かったりするような関係性であれば相手が提案してきたことに対して自分が嫌だと感じることは断ることができるはずです。

ただ、自分よりも相手の方が立場が上だった場合、相手の提案に対して素直に異なることができなかったりする方は意外と多く存在しています。

相手が断りやすい人間なのであれば問題ないかもしれませんが、人によっては断られることによって気分を害したりするような人間も存在しています。

特に、ビジネスの関係性においては、本来は乗り気ではなかったにしても、その場では提案に乗らなければ結果的に自分が不利な状況になってしまったりするようなことなどもよく起こり得ます。

なので、最終的に自分が不利な立場にならないようにあえてその時に不本意な選択をしなければいけない人なども多く存在するのです。

なので、断りたいけど断ることができないというような出来事は想像以上に日常生活の中でよく起こり得ると考えることができ、不本意な気持ちにさせる事例だと判断することができます。

まだ続けたいのに諦めさせられた

次にご紹介する「不本意だな」と感じる出来事は「まだ続けたいのに諦めさせられた」という場合です。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味で自分が本来は行いたかったのに、行わせてくれなかったという状況であり、強制的に諦めさせられたというような状況です。

例えば、一つの事例としては自分自身の夢に関する事例を挙げることができます。

具体的には、自分自身はプロのスポーツ選手になりたいと思っていたのに、それを自分自身の両親に打ち明けた時に、自分自身の両親からはプロのスポーツ選手になることを反対されてしまい、最終的に自分の夢をあきらめなければいけなくなったというような事例です。

考えてみれば、このような状況にあてはまる事例などは数えきれないほどあると思いますが、自分の意志を周りの人間が阻止しようとすることなどはたくさんあります。

例えば、プロのスポーツ選手などに関していえば、幼いころからしっかりとプロになるための教育を受けてきたならば話は別ですが、ちょっと思い立ったところでできるわけがないので、現実的な道を歩めと諭されることもあると思います。

それも相手のことを思って言ってくれている気持ちだと思いますが、本人からしてみれば自分の気持ちに反対されているということから、どちらかといえば諦めさせられたという印象が強く残ります。

まさに今回ご紹介している状況に該当すると考えることができます。

なので、続けたいのに諦めさせられたというような出来事は日常生活の中で起こり得たりする事例になります。

不本意な気持ちは大事

日常生活の中で不本意な気持ちにさせられたりするような出来事がたくさんあると思います。

人によっては不本意な気持ちにさせられたりするような出来事はあまり経験したくないと思っている方も多いと思うのですが、それはもしかすると間違った考え方につながっているかもしれません。

一般的に考えると嫌な気持ちになることを経験したりするのは良いことではないと考えられがちですが、少し見方を変えるだけでそれが大きな自分の財産につながる可能性も十分考えられます。

具体的になぜ不本意な気持ちになることが大事なのかということについてここからいくつか理由を交えてご紹介していきたいと思います。

不本意によって人は成長する

なぜ不本意な気持ちは大事なのかと考えた時に、考えられる理由としては「不本意によって人は成長する」というメリットが存在するからです。

なぜ不本意によって人は成長するのかと考えたときに、考えられる理由としては不本意なことが起こり得ることによって、初めて私たち人間はその出来事に対して意識をすることができるようになるからだと考えることができます。

例えば、あなたがパソコンを扱っていてパソコンのキーボードが一部壊れてしまったとします。

キーボードが壊れてしまったことによって、本来簡単に入力できるようなものが出来なくなってしまったという事例が発生して、あなたの気持ちは不本意な気持ちになったとします。

しかし、キーボードが壊れたことによって、今まではキーボードに対してのありがたみを感じることが出来なかったあなたが、キーボードに対してありがたみを感じるようになり、物を大切にできるような気持ちを持つことができるようになります。

また、キーボードが壊れてしまったことによって、初めてあなたはショートカットキーという存在を知ることができたとします。

こうして考えてみれば、自分が不利な状況に立たされることや、自分が不本意な状況に立たされたりすることによって、初めて意識することができるようになったり、初めて気づくことができるようになったりすることがたくさんあります。

なので、不本意な気持ちになることは大事であり、それによって私たち人間は成長していくことができると考えることができます。

自分自身を改めるきっかけになる

次にご紹介する不本意な気持ちが大事だと考えられる理由としては「自分自身を改めるきっかけになる」というメリットが存在します。

なぜ不本意によって自分自身を改めるきっかけになるのかと考えたときに、考えられる理由としては先ほどご紹介した事と同様に、不本意なことが起きて初めて意識し、気がつけるからだといえます。

その気が付ける中の一つに、自分自身のだめな部分が存在することが多いのです。

例えば、先ほどご紹介したキーボードの件については、キーボードが壊れてしまうということは、自分が物の扱い方が雑になっていたからという自分の欠点に気がつくことができるようになります。

つまり、物の扱い方が雑という欠点に気が付けるようになることで、今度は物の扱い方が大切に行える人間へと成長することができるようになります。

なので、不本意な気持ちになることで、結果的には自分自身を改めるきっかけになりますので、不本意な気持ちは大事であると判断することができます。

不本意な場面は自分を変える転機となりうる

今回は不本意という言葉をテーマにして、不本意という言葉の意味や使い方、そして似た言葉などについてご紹介していきました。

たった一つの言葉でも、掘り下げて考えてみると、これだけ考えさせられることがあるということに気が付けたと思います。

一般的に考えると不本意な出来事はあまり良くないことだと考えられがちですが、これをきっかけに不本意な出来事は自分を成長させるチャンスだと前向きに考えていただくきっ賭けにしていただければ幸いです。

常にポジティブで前向きな思考をもって、これからの人生を生きてみてくださいね。

そうすることで、きっと自分の人生は大きく変化していくはずです。