CoCoSiA(ココシア)

不本意とはどういう意味?分かりやすく使い方や似た言葉や例を紹介


あなたは今の現状を、自分自身が本当に望んでいる状況であると断言することができますか?

これはとても難しい質問だと思います。

なぜならば、実際に自分が今望んでいる状況であると答えることができる人は、そう多くない可能性が高いからです。

実際に、自分の今生きている状況を細かく考えてみてください。

おそらく満足することができる部分もあるかもしれませんが、それとは反対に満足することができない部分もあると思います。

実際に、今自分のありとあらゆる状況が自分の想像通りに全てうまくいっているという方はそう多くはないはずです。

全ての事に対して満足をしているということは悩みがないという事にもなり、悩みがない人間などあまり多くはいませんよね。

ちょっとした悩みを持っていたり、自分自身の中ではとても大きなコンプレックスなどを持っていたりする可能性が高いと思います。

なので、全てが自分の思い通りになっていると感じている方は少ないはずなのです。

考えてみれば、世の中には自分が想像していないような嫌な経験をしてしまったり、自分が思い描いているようには全くいかなかったりするようなことの方が多く存在すると思います。

だからこそ私たちは努力をしてそれを可能にするために様々な工夫を行ったりしているはずなのです。

今回はそんな状況を一言で表すことができる、不本意という言葉についてご紹介していきたいと思います。

不本意という言葉の持っている意味を改めてご紹介し、不本意という言葉の使い方や、どのような場面で感じるのかということについて触れていきたいと思います。

不本意の意味は?

先ほどもお伝えした通り、世の中には不本意なことがとても多いです。

なぜならば、自分の理想としていることがそのまま起こることは少なく、実際は自分が理想としていないようなことばかり起きてしまったり、想定していないハプニングなどが起こり得てしまったりすることが基本です。

もちろん、自分が理想としていることがそのまま起こることよりも、自分が理想としていないようなことが起こったり、ハプニングが起こったりする方がどちらかといえば印象に残りやすいですよね。

なので、結果的にそう感じるだけなのかもしれませんが、どちらにせよ全ての物事が自分の望み通りに勝手に進んで行くわけではありません。

例えば、社会人として働いている方に関してはよくわかると思いますが、理想と現実はまったく違っていたり、仕事を通して不本意という言葉の意味をより強く認識させられたという方はたくさんいると思います。

しかしながら、まだ社会人としての経験が存在していない方であったり、比較的年齢がまだ幼い方に関しては不本意という言葉の意味や、具体的な状況があまり理解できなかったりする可能性もあるかもしれません。

そこで、まずは基本となる不本意という言葉の意味からご紹介していきたいと思います。

おそらく一般的に考えて知っている方の方が多いと思うのですが、知っている方も改めて再確認してみてください。

自分の望みと違っている事


不本意という言葉に関しては複数の意味が存在しています。

そこで、具体的に不本意という言葉がどのような意味を持っているのか順番にご紹介していきます。

まず初めにご紹介する不本意という言葉の意味は「自分の望みと違っている事」という意味が存在しています。

これはどういうことなのかといいますと、人間であれば誰もが何かしらの物事において自分の理想となるイメージを持っているはずです。

例えば、簡単な事例をひとつあげるとすれば、あなたが恋愛的に誰かのことを好きだったとします。

好きな人が存在するということは、一般的に考えて自分自身の理想を考えてみればその好きな相手と結ばれたりすること、つまり好きな相手と付き合うことができることを自分の最高の理想として考えることができますよね。

つまり、好きな人がいるということは、その人間と付き合うことを自分の望みとして考えているのであり、その理想を叶えるために自分なりに何かしらの努力をしたりするということが一般になります。

しかし、今回ご紹介している不本意という言葉は、自分の望みと違っていることという意味を持っています。

例えば好きな相手から振られてしまったり、好きな相手から嫌われてしまったりすることはあなたの本当の望みではないはずなので、不本意という言葉を使って表現することができると考えることができます。

考えてみれば、自分の周りを取り巻く環境全てに理想を考えることができ、理想考えることができるということは、不本意という言葉を使って表現することができる可能性がとても高いと捉えることができます。

本当の気持ちと違う事

不本意という言葉のもうひとつの意味を考えてみたときに該当する意味としては「本当の気持ちと違う事」という意味が存在しています。

これはどういうことかといいますと、先ほどご紹介した意味とかなり似ている言葉であると考えることができます。

しかしながら、少し違う点としては先ほどご紹介したのはあくまで自分自身の望みということでしたが、今回ご紹介してる意味としては自分の本当の気持ちという意味が存在してます。

つまり、自分自身が考えている本当の気持ちとは全く違う気持ちが表現されたりするような状況を不本意という言葉で表現することができるということです。

例えば具体的に簡単な事例を挙げるとすれば、例えばあなたの日常生活の中で自分よりも立場が上の存在の人間がいたとします。

当然ながら自分よりも立場が上ということは相手の方が優位性があり、相手の発言した内容に対して従わざるを得ないような場合などがあると思います。

一般的に考えて、日常生活の中で上下関係がよく現れる場面としてはビジネスの場面などが考えられると思うのですが、ビジネスの場面において自分よりも立場が上の人間が自分に対して何か意見を聞いてきたりしたとします。

ただ、どうしても立場が下ということもあり、本当に感じていることを素直に相手に伝えることができずに、建前などを考えて本来自分が思っていることではなく、別のことを伝えたりするようなこともあると思います。

まさしく、これが自分の本当の気持ちと違うことを伝えてしまっている場面であると考えることができ、このような状況を不本意という言葉で表現することができるのです。

精神的に弱い人間だったり、もしくは上下関係がしっかりしているような会社に勤めている方はこのような日常経験をしている方がとても多いはずです。

不本意の使い方

ここまでは簡単に不本意という言葉の簡単な意味をご紹介していきました。

ある程度不本意という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは具体的に不本意という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

正しく言葉を使うためには、言葉の意味を正しく理解するだけではなく、その言葉をどのように組み合わせて使ったりしなければいけないのかという使い方を正しく理解する必要性があります。

言葉の意味だけを理解して使い方を知らずにその言葉を使っている場合、場合によっては使い方を間違えてしまったりして、恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。