ある日、急に予定が変更になったり、遊ぶ予定がなくなってしまったりして、突然ひとりで暇になってしまう日があったりしませんか?

そんな時は、急にひとりで遊ぶといっても何をして良いかわからないことが多いかと思います。

今回はそんな、ひとを誘うこともしにくい、ひとりの休日や自由な時間に、「ひとりでできる暇つぶし」をメインとして、できることをいろいろとご紹介していこうと思います。

暇つぶし面白遊び32選

暇つぶしがすぐに思い付かない人の多くは、あまり趣味が多くない場合がおおいですよね。

趣味があるひとならば、暇が出来ようものならば直ぐにその趣味を行おうとする人がおおいでしょう。

そこで、まずは「暇つぶし面白遊び35選」と題しまして、暇つぶしがすぐに思い付かない人にもぴったりな、ぱっとできる暇つぶしをさまざまなパターンからご紹介していきます。

基本は「暇つぶし」ですが、ものによっては趣味にもできることもありますので、もしも気に入る暇つぶしがありましたら、趣味にしてみるのも今後の急な休暇に利用が出来て良いかも知れませんよ。

ぶらぶら散策する

「さんぽ」というのは、ある意味いちばん身近な「暇つぶし」のひとつかもしれません。

見慣れた近所のみちをふらふら当てもなく歩く。

それだけでも、「こんなところにこんなお店があったんだ」などの新しい発見があったりと、楽しいですよね。

そうでなくても、思い付くままに歩き回ったり、目的地も考えずにバスや電車に乗ってみるというのも良いでしょう。

ちょっとした冒険のようで、だんだんとワクワクしてくるのではないでしょうか。

童心に返ることができ、気持ちもリフレッシュできること間違いなしですよ。

あえて地元の観光

あえて地元の観光というのは、普段おこなっているようて行っていない事である場合が多いですよね。

多くの人は、地元の観光というのはせいぜいかなり遠方からの友人が来たときなどしか、行ったことはないのではないでしょうか。

とはいえ、地元だからこそ何となく「今さら観光なんて…」と、躊躇してしまひとが多いでしょう。

しかし、だからこそ「暇つぶし」として、軽い気持ちで観光をしてみるというのも良いのではないでしょうか?

こちらも、散策と同様に、いまさらに知らなかった良いお店を見つけたり、新しいお店を見つけたりして、改めて地元の良さを再確認できるかも知れませんよ。

カフェでのんびり


急に決まったことだとして、せっかくのんびりと過ごす出来ることになった時間、どうせならば、オシャレなカフェでのんびりと過ごすというのも良いものですね。

オシャレなカフェごはんのあとは、丁寧に入れられたコーヒーと自家製スイーツ。

外の喧噪を鏡越しに眺めながらのんびりと過ごす時間というのは、シンプルですが贅沢な時間ですよね。

さらに、気になっていた本や、小さなタブレットなどを持って行っても、ゆったりとしつつも有意義な休日が楽しめることになるかも知れませんね。

新しいお店開拓

散策とも似ていますが、目的を「お店開拓」と決めることで、さまざまなことを知ることができます。

「こんなところにこんなお店があったんだ」という驚きは勿論、そのお店に実際に入ってみることで新たな自分を知ることもあるでしょう。

例えば、見つけたお店が珍しい輸入雑貨のお店だったならば、新たな雑貨と出会えたり、ちょっとしたプレゼントや手みやげを持っていくときに利用できる便利なお店となるかもしれません。

他にも、普段だったらちょっと入りにくそうなお店でも入ってみたら、とても美味しい食事のできる店だったということもあるでしょう。

お店の開拓というのは、ひとりだからこそ気楽に、おもいのままできる「暇つぶし」でとても良いのだと思いますよ。

ひとり飲み


これは、大人ならではの特権ですね。

しかも、ひとりでとなるとなにも夜に限定させる必要は無いのです。

最近では、「朝飲み」や「昼飲み」ができるお店も増えています。

そういった、お店で陽が上っている時間帯から、ちびちびと一人でじっくりと飲むというのも、背徳感もあり、「いつもと違う」感がつよくて新鮮ですよ。

特に、それが平日ならば忙しなく歩いていくサラリーマンやOL風の人達を見ながらお酒をのむというのも、普段はなかなか出来ないことで楽しいかもしれませんね。

もちろん、夜にひとり飲みを楽しむのも良いでしょう。

特に夜のひとり飲みは、場所によっては同じように一人でのお酒を楽しんでいる人が沢山います。

そういった人達の中で、気兼ねなく飲むというのも楽しく飲む為には良いでしょう。

他にも、家でひとりで飲むのことにしたって良いのです。

まずは、自分に合った「ひとり飲み」の方法を探して、楽しんでみてはいかがでしょうか?

温泉へ行く

「温泉」というと、「一日の急な休みには無理」と、遠い場所にある温泉を想像して思ってしまう人も多いかも知れません。

しかし、実は、都内や都市部の中にも「温泉」というのは沢山あるのです。

特に、都内には20箇所以上の温泉施設があり、どの温泉もイヤされること間違いなしの施設なのです。

その他にも、スーパー銭湯や、リゾートスパのなかにも温泉が引かれている施設は沢山あります。

ぜひ、近くの温泉を探して、入りに行ってみてはいかがでしょうか?

場所によっては、スーパー銭湯などと同じように、エステやマッサージを行ってくれる場所もあります。

暇つぶしと言うにはもったいないくらい、贅沢な時間が過ごせるかも知れませんよ。

神社・お寺巡り

最近、「寺社ガール」や「御朱印ガール」という、お寺や神社をめぐるのが趣味となっている女性が増えているようですね。

そういった女性だけでなく、神社やお寺というのは、その場所に行くとその澄んだ空気や厳かな雰囲気から、「気持ちが落ち着く」「リラックスできる」「気持ちがスッキリする」といった気持ちになる人が多いようです。

なので、暇つぶしというのはやや不謹慎ですが、せっかく急な暇ができたのならば、こういった場所に足を運んでみるというのも良いのではないでしょうか。

神社や大きなお寺の多くは、特に予約などは必要ありません。

ふらりと行って、ふらりとお参りをして帰ってくるだけでも良いのです。

とはいえ、有名な神社やお寺の周りにはその場ならではの和菓子や食事が楽しめるところが多いです。

そう言ったものがあるときは、是非グルメの方も一緒に楽しんでみるのも良いですよね。

ドライブ

せっかく一人で暇なのだから、ドライブというのもたまには良いですよね。

とくに、一人でドライブとなったら、相手のことを気にせずに行動が出来ます。

恋人にはウケの悪い音楽をガンガンに掛けながら走ったり、ちょっと遠いけど行ってみたかったパーキングエリアのグルメを食べに行ったり、夜景を楽しみながらひとりのんびりとドライブをしたり…。

ひとりでのドライブというのは、意外と気楽でかつ好きなことを楽しめて楽しいようですよ。

ただし、行きも帰りも一人で運転をしなくてはならないので、体力的に無理のない範囲の場所にしておくことをおすすめします。

カラオケ

最近は、「ひとりカラオケ」というのも人気ですよね。

実際に、一人カラオケ専用のカラオケルームというのも、最近ではたくさん出てきています。

もちろん、大人数でも楽しいですが、歌声を友達や恋人に聞かれる気恥ずかしさや、相手が歌う曲を考慮したり、うたっているときの待ち時間を気にすることなく、ひたすたに好きな曲を入れて、誰にも気兼ねすることなく歌って楽しめるというのは、ストレス解消にもなり良いようですよ。

特に、カラオケならば数時間だけの短時間の暇つぶしにも持ってこいなので、「ちょっとだけ時間が空いちゃったけど、どうしよう?」というときに、使うと良いかもしれませんね。

ダーツ

ダーツというと、大人数や、少数でも複数であつまって行うイメージがありますが、よく考えてみればひとりでも楽しめるゲームですよね。

とくに、人が少ない時間帯や、場所でならば、ひとりでも気兼ねなくダーツを楽しむことができます。

さらに、ダーツバーなどに行けば、ひとりでもあまり気にせずダーツを楽しめることが多く、それどころか、もしかしたら新たな素敵な出会いが見つかるかも知れませんよ。

ビリヤード

ビリヤードも、ダーツと同じように、複数の人数で行うイメージの強いゲームです。

しかし、必ずしも大人数で行わなくてはならないものではありません。

むしろ、ビリヤードは基本はひとり、もしくは二人でおこなうゲームです。

せっかくの空いた時間です。

たまには、じっくりとひとりきりでビリヤードをたのしむというのも良いかも知れませんね。

ひとりきりというのは、集中もしやすくなるので、今まで以上に上達することも出来るかも知れませんよ。

ネカフェ

ネットカフェや漫画喫茶でひたすら籠もってゲームや漫画に没頭をするというのも、たまには良いのではないでしょうか?

もちろん、それが頻繁となれば、少々不健康な気がしますが、たまにはハメをはずして、数時間じっくり籠もって一つのことに集中するというのも楽しくて、ストレス解消にもなります。

さらにいえば、いつもと違う場所でのんびりするというのは、脳にとっても刺激となり、よいリフレッシュになります。

普段、あまりネットカフェや漫画喫茶には行かないと言う人は、こういう場所を体験して、非日常を楽しむのも良いと思いますよ。

サイクリング

ここ数年、サイクリングや自転車もブームとなっており、さまざまな自転車が売られていますよね。

さすがに購入してサイクリングとなると、趣味の領域に入ってしまいますが、最近では自転車ブームも手伝って、レンタル自転車もたくさん出てきています。

特に、観光地でのレンタサイクルが多いので、飽きることなく楽しめると思いますよ。

場所によっては、この自転車ブームに乗っかって高級自転車をレンタルしてくれる場所もあります。

ぜひ、一度いろいろ調べてサイクリングを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

自転車がメインでも良いですし、場所がメインでも、どちらでも良い収穫はきっとあるはずです。

動物園に行く

見出しを見た途端、「ひとりで動物園は、ちょっと寂し過ぎる気が…」と思った人も多いかもしれません。

しかし、晴れて天気の良い休日の動物園は確かに親子連れやカップルが多いですが、平日や天気が悪い日の休日は、そんなに人が多くないことが多いです。

それに、たとえ混雑していても、すべての場所が混雑していると言うことは少ないため、ひとりきりの身軽さを生かして、空いている場合をのんびり巡るというのも良いのではないでしょうか?

案外、自分のペースでみると今まで気づかなかった発見があったりして楽しいかもしれませんよ。

博物館に行く

博物館というのは、案外いろいろな種類があります。

一般的にイメージがしやすい、学術的なものを多く扱った都営や県営の博物館から、歴史にまつわる博物館、車にまつわる博物館、電車にまつわる博物館、魚にまつわる博物館など、その種類は様々です。

動物園に比べると天候に左右される部分もすくないので、気になった人は、自分が興味があるタイプの博物館があるかどうかを探して、もし見つかったら、訪れてみてはいかがでしょうか?

もちろん、とりあえずあまり興味は無いけど、近いから行ってみたなどというのも、新たな発見があり良いかもしれませんね。

美術館に行く

博物館と似たところがある美術館。

こちらも、一人でのんびりと暇つぶしにいくのには、いろいろと条件が良い場所ですね。

雨風の天候にもあまり左右されず、基本的には静かな場所なので、一人で居ても何も不自然がない施設のひとつです。

とはいえ、「ちょっと敷居が高い…」や「美術品の良さがわからない」など、美術館というものに抵抗がある人も居るでしょう。

しかし、美術館も今は様々な種類があります。

昔からの美術品メインの美術館もあれば、参加が出来るタイプの美術館や、現代アートの美術館。

まずは「このくらいなら、いけるかな?」という美術館を見つけて、訪れてみてはいかがでしょうか?

行ってしまえば、意外と、さほど敷居も高くなく、楽しかったということもありますよ。

水族館に行く

水族館に行くというのも、博物館や美術館と同じようにどちらかと言えば静かな場所となるので、ひとりで行くのもさほど抵抗がないのではないでしょうか?

とはいえ、土日などの休日の場合は、博物館や美術館に比べるとカップルや家族連れが多いイメージもありますよね。

実際に、水族館では休日限定でイルカショーや体験イベントなどを催している場合が多いので、どうしてもカップルや家族連れが多くなりやすいです。

そのため、「土日などで暇つぶしをしたい」となったときは、やや水族館へ行くのは迷う人もいるでしょう。

そういった場合は、水族館へいくのはあきらめ、後日、平日に行くことにしてみてはどうでしょうか?

平日の水族館は意外と空いているので、ひとりでゆっくりと回ってみても、誰かと行く時とは違う楽しい時間が作れると思いますよ。

スケッチをする

「スケッチをする」と言われると、ごくたまに公園や古い街並みで見かける、年配の人が座って絵を描いている光景が浮かぶ人も多いかと思います。

確かに、年配の人がスケッチを楽しんでいることが多いですが、決して若い人がやってはいけないことではありません。

むしろ、紙とえんぴつさえあれば、どこでも時間がつぶせるということで、やってみたら案外ハマるかもしれませんよ。

とくに、「絵を描く」という行為は、思いの外やりはじめると集中する行為です。

気が付けば、数時間はあっという間に過ぎていたということも多々あるので、長時間の暇つぶしとしてはもってこいですね。

それでも、まだ外でスケッチをすることには抵抗があるという人もいるでしょう。

その場合は、家の中で行ってみても良いのです。

まずは騙されたと思って一度描いてみてはいかがですか?

映画館で映画鑑賞

なかには、「一人で映画館に入るのはちょっと…」とためらってしまうひとも居るようですが、意外と暇つぶしとしても趣味としても、快適なのが「一人で映画館で映画鑑賞」です。

最初は少し戸惑うかも知れませんが、自分の見たい映画を好きなように選び、ポップコーンやジュースを手に持ちながら隣を気にせずに映画に集中できるというのは、案外気楽で楽しいものです。

特に、普段だったら一緒に行く相手の目を気にして選ぶことをちゅうちょしてしまうようなタイトルの映画だったり、普段一緒に映画に行く人ととは趣味の合わない映画などを楽しめるというのは、思いの外気持ちよかったりしますよ。

さすがに土日の映画館にひとりで行くのは抵抗があるという場合は、まずは平日やレイトショーなどの空いていそうな時間帯に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ウィンドウショッピング

こちらも、暇つぶしの定番といえば定番の行動ですね。

とはいえ、ひとりで買い物をし慣れていない人には、やや戸惑いがあるのも事実です。

しかし、一回やってみてしまうと、好きなときに好きなものを見ていられるというのはとても、気楽で楽しいものです。

もちろん、「自分に似合うのはどっちか?」といった相談が出来ないという難点はありますが、そう言った場合はひとまず店員さんに相談をしたり、今ならばメールやラインなどのSNSで相談も出来ます。

そう考えれば、もし気になる商品が見つかった場合も安心できるので、特に問題なくウィンドウショッピングをひとりで楽しめますね。

図書館で読書

たまには、じっくりと読書というのも良いでしょう。

とくに、図書館ならば多くの本が置いてあるので、「探す」「読む」を繰り返せばいくら時間があっても足りません。

とはいえ、普段本を読まないタイプの人にとっては、何が面白い本で何が面白くない本なのかも判らないかも知れません。

そう言うときは、図書館の司書(職員)さんに相談をしてみましょう。

「普段本を読まない人でも読める恋愛小説が読みたい」や「歴史小説でオススメはないか」など、自分の希望を伝えれば、多くの司書さんは答えてくれます。

それも、抵抗があるというひとは、雑誌コーナーでいろいろな雑誌を物色するのも良いかも知れませんね。

図書館の雑誌コーナーはその図書館にも寄りますが、とても品揃えが豊富です。

読んでみたかった雑誌もきっとあると思いますよ。

ゲームセンター

昔はゲームセンターというとタバコ臭く、あまり良い印象がなかった場所ですが、今のゲームセンターの多くは、清潔で分煙や禁煙とされています。

場所によってはリズムゲームやクレーンゲームなどの人気により、女性や家族連れが居ることも増えました。

なので、ふらりと立ち寄り、ゲーム機で遊んで帰るという暇つぶしもたまには良いのではないでしょうか?

とはいえ、人によっては、熱中してしまうとついお金を使いすぎてしまうのもゲームセンターの側面です。

特に、のめり込むとお金の感覚が薄くなってしまうタイプの人は、あえて手持ちのお金があまり無いときに行くことをおすすめします。

フリーマーケットに行く

土日などの休日の場合は、フリーマーケットなどが各地で催されていることが多いですね。

そういった場所に足を向けてみるのも、新たな刺激となって良いのではないでしょうか?
フリーマーケットは、案外ひとりで来ている人も多いイベントです。

のんびりと様々なお店を散策して、掘り出し物を見つけてみるというのも楽しいかも知れませんよ。

イベントを検索して行ってみる

フリーマーケットもそうですが、休日はもちろんのこと、案外平日の昼間でも「朝市」などのイベントは行われていたりします。

そういった場所では、新鮮でお安い野菜や果物。

ここでしか食べられないお菓子やおもちゃ、食事など様々なものが売られています。

一度も行ったことが無いという人は、試しに、一度行ってみてはいかがでしょうか?

平日となるとどうしても若い人は少なくなりますが、思いの外活気に溢れたお祭りのような世界で、一度行くとハマってしまうかも知れませんよ。

知り合いにばったり会うまで帰れないゲーム

地味なゲームなうえに、口に出して言って行うのはちょっと恥ずかしいひとも居るかも知れませんが、誰にも言わずひっそりと自分のなかだけで行うのなら、楽しそうだと思いませんか?

とはいえ、ある程度「ここならきっと誰か居る」という目星を付けて行わないと意外と難易度が高くなってしまうのが、このゲームでもあります。

不思議なもので「誰かに会うまで帰れない」とか「きっと今日は誰かに遭遇する」とおもっていると、なかなか誰にも会えないことが多くないですか?

そのため、ちゃんと「保険」をかけておかないと、いつまで経っても帰れなくて、暇つぶしの時間を大きく過ぎてしまうかも知れませんので、注意をしましょう。

街中しりとり

これも、口で言ってしまうと少し恥ずかしいゲームですが、ひとりでこっそりと楽しむ分には楽しいゲームです。

町中の看板や、広告でしりとりをしながら歩いたり、しりとりの次の言葉を探して町を散策したり。

意外とやりはじめると夢中になってしまうかも知れません。

とはいえ、周りの人は、そんなゲームをしている最中だとは知りません。

あまり不審に思われないように素知らぬ顔で楽しむことをオススメします。

ポケモンGOでレアポケモンを探す

一時期は社会現象にもなったスマートフォン用ゲームです。

最近は、そこまで騒がれていませんが、まだまだ楽しんでいる人はたくさん居ます。

是非、暇になったこのタイミングでポケモンGOでレアポケモンを探してみてはいかがですか?

一時期ニュースになったように、ゲームのおかげで思いがけない場所に行くことができるかもしれませんよ。

献血しに行く

カフェよりもお金がかからなくて、くつろげると一時期話題にもなった献血ルーム。

実際に、献血ルームは漫画や雑誌が読み放題だったり、お菓子や飲み物が食べ放題だったり、場合によっては記念品が貰えたりするようです。

お金を掛けずに、ソファでゆったりとしながらお菓子や本を楽しめるならば、ちょっといってみたくなりませんか?

ただし、献血が出来る人にはある程度の条件が決まっています。

健康な人ならばほとんど問題はありませんが、必ず献血が出来るとは限らないことだけは頭に入れておきましょう。

日帰り旅行に行く

丸一日ひとりで暇になってしまったりした場合は、思い切って日帰り旅行をしてみるというのもどうでしょうか?

車でドライブがてら行くのも良いですが、一人で行くならばおすすめは「バス」や「電車」です。

急にお休みができてしまった場合は、特別な電車でちょっと遠くに行ってみるのはどうでしょう?

美味しそうな駅弁を片手に数時間の旅に出てみるのも良いかと思いますし、少し前から休みが決まっていたのならば日帰りバスツアーなどを申し込んでみるのも良いのではないでしょうか?

「ひとりでバスツアーなんて」と抵抗がある人も居るかも知れませんが、案外ひとりで来ているお客さんも居たりするので、気兼ねなく旅行も楽しめると思いますよ。

釣りをする

何も考えずにじっくりとひたすら、魚が来るのを待つ。

そんな時間もたまには良いですよね。

特に、忙しさに終われる人が多い昨今です。

たまには川や、海辺でのんびりと魚が来るのを待つ一日も良いリフレッシュになると思いますよ。

もちろん、何時間もじっと魚を待つのは苦手だというひともいるでしょう。

そう言った場合は、割と早く釣ることが出来やすい釣り堀がおすすめです。

川や海となると水害などの危険も伴いますし、道具を買いそろえたりしなくてはならない手間もありますからね。

初めて挑戦するひとも、釣り堀がおすすめですね。

何でもない景色をオシャレにとる

流行語大賞にも「インスタ栄え」という言葉がでてきたくらい、最近は多くの素敵な写真をSNSに乗せてみんなに見てもらう文化が発達していますよね。

そんな流行に乗る訳ではありませんが、特に特別でもない風景もオシャレにとれたら嬉しくなりますよね。

そんな写真を撮ることを、あえて暇つぶしとして行う日を作っても、たまには良いのではないでしょうか?

そして、そうして取れた素敵な写真をSNSに乗せたり、携帯電話の待ち受け画面にしてみたりしたら、より気持ちが上がるかも知れませんね。

人間観察をする

地味な行動ですが、外のをぼんやり見ながらひたすら人間観察をしてみるというのも、たまにはどうでしょうか?

場所は、カフェやファミレスの窓越しなど。

どこでもかまいません。

自分が長居しやすい落ち着く場所で、こっそりと周りと見てみれば、意外な人間模様が見えたり、今まで気づかなかった発見があったりするかもしれませんよ。

とはいえ、あまりじろじろと人を見ては不審です。

あくまでも、「それとなく」こっそりと人間観察を楽しみましょう。

あなたがやりたい暇つぶしはどれ?

ここまでの、ところで色々な「暇つぶし」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一言で「暇つぶし」と言っても、多くのパターンがあることが判った科と思います。

アウトドア派なひとに行いやすい温泉や散策、サイクリングなどの旅行系から、インドア派にも行いやすい図書館や美術館などの静かな場所をめぐる暇つぶし。

お金をかける暇つぶしから、お金を掛けない暇つぶしまで、貴方のその状況に合った暇つぶしが一つくらいは見つかったのではないでしょうか?

今回紹介した暇つぶしの中から、一つでも「試してみたい」と思って貰えたら、嬉しいです。