難癖を付けてくる人の11個の特徴と、そんな人との距離の置き方のイメージ写真
何かとあなたのやることに難癖を付けてくる人がいませんか?

他の人は指摘してこないのに、あの人はなんだか難癖をつけてくる・・・。

難癖をつけてくる人にはある共通した特徴があります。

そういった人と付き合っていると疲れてしまったり、自分ってダメなのかなと自信を無くしてしまうこともありますよね。

今回は、難癖を付けてくる人の特徴と、難癖をつけてくる人との距離の置き方をご紹介します。

難癖をつけてくれる人と距離を置く方法も一つの手段ですよ。

️難癖をつけてくる人の11個の特徴

難癖を付けてくる人には11個の特徴があります。

どんな特徴があるのでしょうか・・・。

難癖をつけてくる人にもタイプがあるのです。

また、普段から難癖をつけてくる人の特徴に多く当てはまっている人が周囲にいるという場合は、少し気を付けたほうが良いですね。

今後あなたに難癖をつけてくる人に変身するかもしれませんよ。

ネチネチしつこい

ネチネチしつこい難癖をつけてくる人
難癖を付けてくる人はネチネチしつこいという特徴があります。

ネチネチしつこい人は、過去に自分がされたことを忘れずにしつこく覚えているという傾向があります。

自分が嫌だと思うことをされたり、悪口を言われたり、自分に気に食わないことをされたという過去を絶対に忘れません。

かなり根に持って過ごしているのです。

一方で、普通の人は過去に自分にとって嫌な事や悪口を言われたことなどは、時が経てば基本的に大抵の事は忘れて過ごすことが出来ます。

しかし難癖を付けてくる人は、過去の事をネチネチとしつこく心の中でひしひしと思い続けているので、何か気に食わないことがあるとすぐにその過去のことへのモヤモヤに火が付き、難癖をつけてしまうのです。

過去の事を掘り出してくることも多いでしょう。

また過去にされたことの恨みを晴らすかのように難癖をつけ始めたものの、それが自分の快感、クセとなり、やめられずに難癖を付け続けているという人もいるかもしれません。

人の悪い部分ばかり探す

難癖をつけてくる人は、人の悪い部分ばかり探してしまうという特徴があります。

周囲の人の粗探しばかりしてしまう癖が身についてしまっています。

人の悪い部分ばかり探す人は、はじめはいい部分を見つけているのです。

素敵だなと感じる部分があるのです。

しかし、その素敵な部分を素直に感じる一方で、自分にはそういった良い部分が無い、足りていないという不安や恥ずかしさを感じ、ネガティブな気持ちになってしまうことがあります。

そのネガティブな気持ちを落ち着かせるために、人の悪い部分ばかりを探してしまうようになります。

人の悪い部分が見えてくると、他人が自分よりも劣っているということに対して優越感を感じることが出来ます。

嫉妬心などが落ち着き、安心感を感じているのです。

自分で安心感や優越感を感じるだけでは満足がいかなくなり、その人本人に伝えて、より優越感に浸りたいという深層心理が働き、難癖をつけてしまうようになるのでしょう。

おせっかい

難癖を付ける人はお節介であるという特徴もあります。

自分では良いことだと思って他人に指摘していることが、相手にとってはおせっかいであり、難癖にも取れてしまうのでしょう。

このような人は他人の事を信用していません。

職場などで分担して仕事をするとなった時、分担したという事は、各自仕事を一生懸命して達成します。

しかし、他人の事を信用出来ていない為、他人の仕事に対しても不安を勝手に抱き、監視してしまいます。

そして、自分が思っているように他人が行動しないと、結果は同じでも工程が違うだけで、口うるさく指示してしまうのです。

仕事以外でも、自分が思っている一番良い方法以外の方法をしている人を見ると、指摘してしまいます。

自分の中では相手の為を思って、相手がより効率的に動けるようにということを考えて良い事をしていると思っているのですが、他人としてはそれが負担に感じてしまうのです。

自分の事以外が見えなくなってしまうのでしょう。

また自分が周囲の人の中心に居たいというリーダーシップ心が強く、おせっかいで難癖をつけてしまっている場合もあります。

自分勝手な考えが強く、何事も自分が仕切らないと気に食わないのですね。

人それぞれ考えがあるので、人の考えを押し付けられるという状態は他人からすると難癖に感じます。

おせっかいな人の難癖は自分で難癖を言っていると気づいていないことが多いのですね。

自分では良い指摘をしてあげていると思っているのです。

人の行動が気になる

難癖を付ける人は、人の行動が気になってしまうという特徴もあります。

この人が何をするのか、どんな発言をするのかということをアンテナをいつも張り巡らせています。

その為、普段の生活の中でほとんどの人が見落としたり、見逃したりするようなことも見逃すことなく見つけて難癖をつけるのです。

自分に関係のない話をしていたとしても話をよく聞き、あら探しをしています。

自分だけその話を知らなかった、自分だけ会話についていけないということが耐えられないという気持ちがあるのです。

また、自分が周囲の人にどう思われているのかということを気にしている人も、周囲の状態を事細かく把握しようとします。

そして人に見下されるのも嫌うので、知ったかぶりをしてみたり、人に難癖をつけて、自分は良く把握していて人にアドバイス出来るほど素敵な人なんだということをアピールしてきます。

相手が1番傷つくタイミングで責める

相手が1番傷つくタイミングで責める難癖をつける人
相手が嫌いだから、わざと難癖を付けているという場合もあります。

一番相手にダメージを負わせるために、自分がここで難癖をつけられたら一番傷つくだろうなと思うところで難癖をつけるのです。

そうして相手が落ち込み、自分の支配下にはいるような気持ちになるのかもしれません。

難癖をつけられて落ち込んでしまうと、こうした思いで難癖をつけている人の思う壺ということですね。

自分の意見が絶対に正しい

難癖をつけてくる人は、自分が一番正しいと思っています。

自分の考え方や自分の意見、行動が一番正しく、自分よりも正しいことをしている人はいないと思っているのです。

そのため、周囲で自分の考えや意見、行動と反することをしている人を見ていると、気に入らず許すことも見逃すこともできません。

そしてそれを相手に伝えてしまうので、相手にとってはそれが難癖と捉えられます。

また、特徴として、自分の意見が正しいと思っている人は、周囲の人に指摘されたり否定されたりする人を嫌います。

指摘や否定に耐えられません。

それだけ自信に満ち溢れているのにも関わらず、その自信に傷をつけられると相手のことが許せずに、相手のことをより自分の思い通りにさせようと難癖がヒートアップします。

自分に従えない人が嫌い

難癖を付ける人は、自分に従えない人をかなり嫌います。

自分と対等に意見しようとする人も嫌いです。

難癖をつけまくり、相手に自信をなくさせようとすることもあるでしょう。

相手が自信を失ったところで、自分の意見に従わせようとするのですね。

とにかく些細なことまで気にする

難癖をつける人はとにかく些細なことまで気にします。

何事も完璧に出来ていないと許せません。

しかし、その完璧というのは一般的な完璧ではなく、自分の中での完璧です。

自分自身も完璧でなければいけないと思っていますが、周囲の人もその自分が思っている完璧にそぐわないと気になってしまうのですね。

また、プライドが高い人が多いです。

小さなことでも許すこと、妥協することが出来ないので、指摘が多く、難癖が多い人になってしまいます。

また、些細なことまで気にする人は、意外と被害妄想にとらわれやすいタイプなのかもしれません。

人からバカにされたくないという思いが強く、人よりも上に居たい、完璧にできないとダメ、自分が一番正しくいるべき、自分が知らない話を作りたくないと考えているので、普段から並ならぬ緊張感に包まれて生活しているのでしょう。

その考えを満たすために周囲に注意を配っているため、人の行動や言動に敏感です。

敏感になりすぎて時に自分の自信に傷がつき、被害妄想にとらわれます。

その為、悪気が無い人や自分に危害を加えていない人に対しても、自分を守るために難癖を付けてしまうこともあります。

ストレスを溜めている

人に難癖をつけてくる人を見ていると、自分が思っていることを、人の気持ちも気にせずに発言しているように見えるため、ストレスが溜まってなさそうに見えますよね。

しかし、実はストレスがかなり溜まっています。

そのストレス発散のために難癖をつけてしまうのでしょう。

そしてストレスが溜まると難癖がヒートアップしてくる原因となります。

難癖をつけられる人は、黙って聞いていたり落ち込んでしまうでしょう。

反発しないのです。

そのため、自分のいうことを聞いているという感覚や、自分が言った言葉で傷ついている事でストレスが発散できることに気づき、難癖をつけて自分のストレスを発散している場合もあるのでしょう。

固定概念が固まりすぎている

難癖を付ける人は自分だけが正しい、自分は何も間違えていないという固定概念があります。

そのため、相手が自分の固定概念から少しでも外れると、そういう考えもあるんだなと思う事は出来ず、あの人は間違えていると思うのです。

人に影響されて自分の考えを変えるということは絶対にできません。

人の意見や考えは取り入れられないどころか、聞く耳も持てないほどです。

難癖をつけて何か反論されると面白くなく、より難癖をつけ出します。

言い方が嫌味ったらしい

難癖を付ける人は言い方が嫌味ったらしいという特徴もあります。

言い方が嫌味ったらしくなければ、難癖ではなくアドバイスだと感じるのです。

しかし、言い方が嫌味ったらしいからこそ、難癖のように相手に伝わっています。

アドバイスを上手くするのであれば、まずは自分の考えを話す前に相手の気持ちを理解したうえで、アドバイスをすると良いのです。

しかし、難癖をつけてくる人は、人の意見は聞かず、自分が思ったことだけを一方的に話してしまいます。

そのため相手は自分が否定されたと感じ、気分が悪く感じたり難癖をつけてくる嫌味ったらしい人だなと感じてしまうのです。

️難癖をつけてくる人との距離の置き方

難癖を付けてくる人と深く付き合っているとどんどんネガティブな気持ちになってしまいます。

自分は間違っているのか、自分はダメな人間なのかというほどに自分を責めてしまうようにもなります。

そこで、難癖をつけてくる人と無理に付き合っていく必要はありません。

少し距離を置いてみると、自分自身の気持ちが少し晴れます。

ところが急に不自然に距離を開けようとすると、上手くいきません。

上手く難癖をつけてくる人と距離を置くためにはどうしたら良いのでしょうか。

軽くあしらう

自分に難癖をつけてくる人と距離を置くためには、軽くあしらってみてください。

難癖をつける人は、自分の意見に従わない人を見ていると気になり、自分の意見に従わない人の従わない部分を見つけて難癖をつけてきます。

もうそうなるとあなたが何をしていても難癖をつけてきますし、どんなに反抗しても相手にするだけ無駄です。

自分が疲れてしまうだけなので、軽くあしらいましょう。

あなたが本気で聞くとあなたが疲れて相手が良い気分になるだけです。

軽くあしらえば難癖をつけられても、バカだな~くらいにしか感じなくなるので、負担になることがなくなります。

軽くあしらう方法としては、お世辞で持ち上げてみるのもいいかもしれません。

難癖を付ける人は、持論しか信じていないので、周りが見えていません。

そのため、お世辞を言われている事にも気づかずに良い気分になることでしょう。

良い気分になるとあなたに対して難癖をつけるターゲットだったのにも関わらず、満足して難癖を付けてこなくなってきます。

上手に相手をおだてましょう。

「◯◯さんさすがですね!」「なるほど~そうですよね!わかりました、アドバイスありがとうございます」「頼りになります。」などという言葉で軽くおだててあしらいましょう。

イライラするかとは思いますが、相手にしても自分が疲れるだけなので、軽くあしらってやってるんだくらいの気持ちでお世辞を並べておくと良いですよ。

聞き流す

難癖をつけてくる人の会話をすべてにおいて聞き流すようにしましょう。

聞き返したり質問したりするのは避けてください。

この人は自分に興味があるんだ、自分の話が聞きたいんだ、と調子に乗り、難癖を織り交ぜた会話が弾んでしまいます。

何を言われても決まった言葉だけで返し、聞き流していきましょう。

例えば「面白いね。」「すごいね!」「なるほどねーへぇー」「すごいね」などという短文で会話が続かなくなるような言葉がおすすめです。

相手も聞いてもらえているので悪い気にはなりませんが、話がはずまないので話しかけてくることが減り、距離を置くことが出来るでしょう。

聞き役だけに徹して、自分の話や会話に対する質問はしないようにするといいでしょう。

無視をする

徹底的に無視をするのも良いです。

これは最終手段とすると良いでしょう。

相手との関係の修復は一切望まない、これから先一切かかわりたくないと思う人には実行をおすすめする方法です。

受け流しても聞き流しても、相手にしていなくても難癖がやまない、もうこれ以上我慢できないというときは無視してください。

話しかけられても、名前を呼ばれても、一切返事をしません。

呼ばれても顔を向けることもせず、相手の声が聞こえていないかのような態度でいましょう。

そこまですればしつこい人でも話しかけてこなくなります。

難癖をつけてくる人はプライドも高いので、自分が話しかけているのに無視されるという状況は長く耐えられません。

もし仕事上相手に用事があるときも、誰かを間に挟み、連絡事項を伝えると良いですね。

間に入ってくれる人には事情を説明し、信頼できる人に頼むと良いですよ。

忙しそうにする

忙しそうにする方法も良いでしょう。

話しかけられて、難癖が始まりそうだなと思ったときに、「今忙しくて!!ごめん後にして!!」と言い颯爽とその場から立ち去ったり、話しかけていることに気づいても、忙しくて気づいていないふりをするのもおすすめです。

あなたの大切な時間を無駄な難癖のために使っていられませんよね。

理由が仕事で忙しいと、大体の人は仕事だから仕方がないとあきらめます。

おせっかいで自分が難癖に聞こえるようなことを言っていると気が付いていない人への対応としてとてもおすすめです。

仕事が終わるまで待ち構えていたら、本当にしつこい人なので忙しいフリでは諦めません。

そんな時は、はいはいと受け流して聞いていれば満足するでしょう。

あまり関心がなさそうな態度で良いので聞いてあげてください。

冷静に淡々と反論する

黙って聞いていれば調子に乗りやがって!!と思う事もありますよね。

しかし、あなたが感情的に反論したところで話が平行線上になり、今後距離を置くということがうまくいかず、相手と永遠に言い合う仲になってしまいます。

イライラする日が増えてしまうだけです。

相手と距離を置くためには、相手を打ち負かす必要があります。

難癖をつけてくる人には、冷静に淡々と反論することが必勝法です。

まず、相手が難癖をつけてき始めたら、静かに相手の言い分を聞きましょう。

しっかり聞いておきます。

ただ疑問に感じた部分や反論したい部分は口に出さずに黙っておきます。

何も話しません。

すると相手は「なんとか言いなさいよ」と言いだしたり、反応を求めてきます。

しかし、そこでも反応してはいけません。

すると相手はどんどん怒りのボルテージが上がり、感情的にあなたを攻撃してきます。

それでも黙って感情的にぶつけてきている言葉をしっかりと聞いておきます。

感情的になった後は、相手が満足してきて冷静さを取戻し始めます。

ここからがあなたのターンです。

相手に対して冷静に分析した結果を淡々の話します。

冷静に淡々の批判し勝つために、相手の話を聞いているときに見ておくべき、考えておくべきポイントは、矛盾を見つける・例との違いを突く・本音を見破って突くという3点です。

感情的になっている相手の発言には必ず矛盾が生じてきます。

相手は説明できないようなことを質問にして突きつけます。

そして難癖をつけているというのは建前であり、結局はあなたの憂さ晴らしなのではないか、あなたの考えを強制させたいだけなのではないかというような本音を見破ったということを伝えます。

相手の話を徹底的に聞き、そのあとに突っ込むということで、相手のペースを見出し、相手に打ち勝つことが出来ます。

相手の感情的なペースに飲み込まれないことがポイントです。

難癖をつけてくる人はプライドが高いので、その後あなたに難癖をつけてくることは減りますし、距離も取ってくるでしょう。

周りの人に助けを求める

自分では難癖をつけてくる人をどうしようもないというときは、周りの人に助けを求めて距離を置ける環境を手に入れるというのもおすすめの方法です。

例えば会社の上司ですね。

難癖をつけてくる人よりも上の立場の人に相談しましょう。

相談内容としては、絶対に難癖をつけられる必要のない部分について難癖をつけられたということを相談すると良いです。

仕事の効率を上げるためにはこうすべきだと難癖をつけられたとすると、その難癖が間違えていたとしても正解だったとしても、上司は「仕事に一生懸命だからしょうがないよ」「参考にしてみることも大切だよ」というような感覚でとらえられ、逆にあなたが悪者のようになってしまう可能性があります。

そのため、見た目について難癖をつけられた、話し方や普段の食事の仕方などについて難癖をつけられている、行動1つ1つに難癖を付けられているということを相談すると良いです。

また上司だと何も変わらなかったという場合は、大げさに感じるかもしれませんが、人事部に直接相談したり総務部に直接相談するという方法もあります。

攻撃をやめてほしいということを伝えたり、自分でも距離を置こうとしたのにも関わらず、止まないということも一緒に伝えると良いですよ。

人事異動などになれば、あなたは難癖を付けるターゲットから外れて解放されるでしょう。

そもそも難癖ってなに?

難癖とは、非難すべき悪いところという意味があります。

しかし、これは本来非難すべき欠点ではなく、わざわざ見つけなければ非難できないような欠点を指しています。

わざわざ見つけた非難するべき欠点

わざわざ見つけて非難するという状態なので、言いがかり、いちゃもん、などという言葉と類語となります。

実際に起こっていたとしても大きな影響はない、問題ないと判断できる程度のの欠点について批判するということですね。

難癖をつけるって?

難癖をつけるとは、相手のちょっとしたミスでも大げさに表現し、相手を罵倒し攻撃します。

わずかなミスで修正が聞くような場合でも、もう既に遅い、手遅れだというように大げさに指摘してきます。

またこの難癖は言葉だけではなく、表情や態度などでも行われる場合があります。

些細な欠点を見つけて意地悪く非難する

今日はどこを指摘してやろうかな!と考えながら過ごしていると言わんばかりの行動ですね。

要は意地悪ですよね。

意地悪な心が難癖をつける行動になっているのです。

難癖を付ける人にとって大切な人が同じことをしても、難癖を付けることはしないはずです。

自分にとって気に食わない相手、難癖をつけてもいいだろうと感じている人へだからこそ
必要のない難癖をつけているのですね。

️難癖をつけてくる人とは離れるが吉

難癖をつけていくる人に真っ向から立ち向かってもほとんどの場合意味がありません。

むしろ時間や労力の無駄です。

あなたの時間やあなたの間違っていない気持ちを守ることを考えましょう。

難癖をつけてくる人とは離れることが最善の策です。

人と上手く付き合っていくことで、得られるものもありますが、自分がダメになってしまうほど我慢して付き合っていく必要はありません。

自分は悪いことをしていないのに難癖をつけられることを我慢し続け、自分が崩壊してしまう事もあります。

自分が間違えていないということには自信を持ちましょう。

またもし、相手が自分の難癖をつけてしまっていたということに気づいたり、難癖をつけていたことを反省し、関わりを求めてきたときは、あなた次第ですが距離を取りながら付き合っていけばよいでしょう。