CoCoSiA(ココシア)

アプローチの意味とは?外堀を埋めな...(続き5)

相手の好みを知る関係になり、初めて相手のためにアプローチすることができるのです。

相手が求める理想像をアプローチで見せると、相手は貴方のことが気になって仕方ない。

むしろ理想の相手と出会ったと思い恋愛環境が芽生えてきます。

相手の理想像や好みを知ったら、アプローチをしなきゃ意味がありません。

笑顔や目線を意識する

アプローチで大事なことは、言葉で伝えること意外に表情も重要です。

表情の中でも目線や何気ない笑顔は特に意識しましょう。

会話をしてなくても相手は、貴方と目線が度々合うことに気になるのです。

例えば飲み会の日に席が離れてアプローチできないと思うのは早いです。

席が離れて会話ができなくても、目線を送ることで「やたら目が合うなぁ」と気になるのです。

目線を度々送り、笑顔で返すことは「話しかけて」という意味にもなるのです。

極端な話、目線が度々合い、笑顔を見せられて気にならない人はいません。

仮に相手が貴方と話したい、近づきたいと思っていても目線さえ合わずに他の相手と盛り上がっていたら、接近するタイミングがないのです。

目線を合わせ、笑顔を見せることは相手にタイミングを送っていることと一緒です。

好きな異性のタイプを話す

アプローチで好きな異性のタイプを話すことはおすすめです。

二人っきりで話せるときに、恋愛話になることもあります。

自分の好きなタイプをさりげなく意中の相手に伝えることで「あれ、もしかしてオレのことが好きなタイプ?」と思わせることができるのです。

意中の相手が読書家で物静かな相手であれば、「私の好きな相手は、一緒にいて落ち着けるタイプ、一緒に本の話題とかできる人が好きです」と言えば、相手は「じゃあ、自分みたいなタイプだね」と言うことができます。

意中の相手に「あなたのこと」さりげなく教えてあげるのもアピールのヒトツです。

意中の相手も自分のことがタイプと分ると大胆になることができます。

アプローチすることは、相手の心に近づき仕掛けることです。

意中の相手が貴方のアプローチをキッカケに何かしら反応できるようにすることが最高のアプローチと言えるのです。

相手と同じ趣味を始める

相手にアプローチをするときに、一番簡単に近づける方法は相手と同じ趣味を始めることです。

そのためには相手の趣味を知ることが大事です。

アプローチと言っても相手に目線を合わせたり、その気にさせる言葉が見つからないときに相手と同じ趣味を始めることでアプローチする内容が出来るのです。

「最近、ゴルフを始めたんですが・・・」と切り出せば、意中の相手から話を盛り上げてくれます。

趣味や特技の話は、得意分野の話ですから思わずヒートアップすることがあります。

「どうしたら、上手くなりますかね?」などアドバイスを求めるとより、相手は夢中になって説明してくれるでしょう。

話が盛り上がったところで「○○さんに実際に教えてもらえれば一番良いのに」と言えば、相手は「じゃあ、来週の日曜日に打ちっぱなし行こうか?」なんて展開になる可能性も高くなります。

何を話せば良いか、相手に目線を送ることができないアプローチ馴れしていない人こそ、相手と同じ趣味を始めることが一番ナチュラルに相手に近づくことができる方法です。

もっと身近な存在になる

アプローチをする意味は、相手との距離を近づくためにしているのです。

アプローチをして、もっと身近な存在になることで意中の相手は、貴方に共感を持ち、もっと知りたいという欲望を抱きます。

最初のアプローチの課題は、まず意中の相手の友達と言える存在になること。

次は、意中の相手にとってもっと身近な存在になることです。

友達よりも身近な存在は、遊んだ後も記憶に残ることです。

アプローチの言葉が心に残り、貴方のことを思い出すことで友達以上の存在になるのです。

身近な存在になることは、意中の相手から思わず電話やメールをしてしまう存在です。

意中の相手にとって失いたくない、大事な存在になることです。

もっと身近な存在になることができれば、アプローチは成功と言えます。

もっと身近な存在になるためには、記憶に残る言葉や態度をすることが必要です。

会えるときだけアプローチしていることでは、身近な存在になれません。

率先して自分からアプローチすることが必要になります。

連絡する頻度は週一程度に

記憶というものは、会わない期間が長いと相手の心から記憶が薄れて行きます。

例えば楽しい飲み会の出来事も、せいぜい一週間が限度です。

一週間過ぎると相手のことを「良い感じの子だな」と思っていても熱は冷めてしまいます。

だからといって毎日のように連絡をとることは、少しウザイと思われてしまうことも。