CoCoSiA(ココシア)

アプローチの意味とは?外堀を埋めながらアプローチするための14個のやり方も教えます


アプローチは苦手と思う男女は多いと思います。

特に日本人は気持ちの表現方法が欧米人に比べると下手と言われています。

アプローチは、距離を近づけるために行うことが一般的です。

恋愛で意中の人がいたときに、目線を頻繁に送ったり、声をかけたりすることで相手の記憶に残るためにアプローチを送り試行錯誤するものです。

ですがアプローチ方法がわからない、大胆になることができないと思う人もいます。

普段から恋愛に対して受身で奥手な人は特にアプローチが難しいと感じるものです。

しかしながら、アプローチは大胆にする必要はありません。

アプローチで大事なことは、外堀を埋めることです。

丁寧に慎重に焦らずに行うことでアプローチは成功するのです。

この記事ではアプローチの意味や、アプローチをするための方法を紹介していきます。

みんなが思うアプローチって何?

アプローチと聞くと、「男性にアプローチしてみる」「女性にアプローチしてみる」など、恋愛感情で使うことが多いかと思います。

ただゴルフが趣味の方は「アプローチと言えば、ゴルフ用語でしょ?」と思うかもしれません。

どちらにしても、アプローチの意味は簡単に言えば「近寄る」という意味。

異性に近づく意味でも使えますし、ゴルフでピンにボールを近づける意味でも使えます。

ゴルフ用語としてアプローチを使うことに関しては、頭脳戦になるでしょう。

恋愛感情でアプローチを使うときは心理戦と言えます。

恋愛感情では、アプローチ方法を間違えると人間性を疑われてしまう可能性も出てきます。

アプローチは失敗してはいけないもの。

アプローチをするからには、成功しないといけないのです。

アプローチとは?

アプローチの意味を教えてくれる女性
アプローチは3通りの場面で使うことができます。

1つ目は、男女問題や恋愛感情のとき「アプローチをする」または「アプローチされた」と言うことがあります。

2つ目は、建物に対して「入り口からのアプローチ」と距離感を伝えるとき。

3つ目は、スポーツのときの用語として「アプローチショット」を使うことがあります。

使う場面によってアプローチの意味は変わってきますが、根本的な意味は同じ。

自分では気づかないうちにアプローチという言葉を使っているかも知れません。

アプローチ方法を上手に使うことは、アプローチの意味を知ることです。

間違ったアプローチをしないように、アプローチの意味を知りましょう。

辞書的な意味

辞書的な意味では、プローチは「近づくこと」を言います。

アプローチはヒトツのことだけではなく、様々な意味で使われています。

一番ポピュラーに使われているのは、好きな相手に近づくときです。

「○○さんにアプローチしようと思う」「○○くんからアプローチされちゃって」など、
恋愛のシーンにおいて使われることが一般的に多いです。

恋愛シーンだけじゃなく、例えば「玄関前のアプローチ」と通路を意味することでも使われることがあります。

ゴルフ用語では、「アプローチショット」と使うこともあります。

同じ「近づく」という意味ですが、心理的に近づくのか、物理的に近づくのか、頭脳的に近づくのかで変化してきます。

使い方

アプローチの使い方として、恋愛シーンの「近づくこと」は、相手に自分の気持ちに近づいてほしいというときに使います。

好意を寄せている相手が全く自分の気持ちに気づいてなく、二人の関係が進展しないときに「○○さんにアプローチしてみる」と考えます。

アプローチは意味ありげな言葉で相手の気を惹くこともできますし、ボディタッチやスキンシップを多くして相手の気を惹く方法もあります。

逆に相手からアプローチされることもあります。

毎日のように「好きだ」「付き合ってほしい」とメールや電話で言われることもアプローチの使い方のヒトツです。

相手が好きか、どうかと言うよりも自分自身の気持ちに気づいてほしいからアプローチというカタチをとります。

もうヒトツ、別の意味でアプローチは「玄関からのアプローチは鉢植えを起きたい」と言うときの使い方です。

玄関からのアプローチ、それは玄関までの通路という意味です。

玄関までの通路と言っても良いことですが、アプローチということで曲線などをイメージでき、より鮮明に伝えることが出来ます。

ゴルフでの意味も