気が利くという言葉をご存知でしょうか?

気が利く人というのは細かい所まで見るような人のことを言いますよね。

例えば飲み物を用意しておいたり「他のこともしておいたよ」と言うような人がいますよね。

1つのことを頼んでいただけなのに他のことも一緒にしてくれたり、細かいところまで行き届いているというような人がいると思います。

その様な人のことを気が利く人ということになりますよね。

ですが気が利くという人の特徴というのはどの様なものがあるか考えたことがありますか?

相手のことを思っていたり、常に周りを見てその変化に気付くような人なのではないでしょうか?

また何よりも相手の立場になって考えるという人はとても気が利くという人なのではないかと思います。

人のことを考えるというのはとても難しいことですよね。

誰しも気遣うということがあっても気が利く行動というのは難しいと思うのです。

でも気が利く人になりたいと思う時も多くあるのではないでしょうか?相手のことを気遣いながらも他のことに気を配れる人に憧れたりもしますよね。

その様な人は他の人の信頼からも厚い人なのではないかと思います。

今回はそんな気が利く人の10個の特徴というものについてお教えしたいと思います。

例えば真面目な人とはまた少し違ったような感覚というのもあるでしょう。

他の人達の気配りも常にしており、他人の良いところを一番に探すこともできるような特徴もあるのです。

マナーなどを第一にも考えているので、挨拶やお礼などは欠かさないという人も多いのではないかと思います。

今回はそんな気が利くような人になるにはどの様なことをすれば良いのかについてもお話をしようと思います。

目標となる人がいるというのは良いことですが、その人は気が利くような人なのではありませんか?

よく目標にされたり後輩から慕われるような人というのは気が利くというような特徴があります。

特徴を知りつつ、それに近付くための方法を是非試してみてはいかがでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

気が利くとは?

気が利くというのはそもそもどういう事を言うのでしょうか?

例えば細かいところまで見ているというのは1つの理由ですが、他にも思いつくことはありますか?

粋であるといような事を言う人もいれば心がゆきとどくことという意味だという人もいます。

このどちらも正解ですが、一般的には細かいところまで注意が及ぶことを指すと思います。

気が利くような人というのは少ない印象がありますよね。

その中でもこの様なことをしているという人は極めて目立つ傾向があるのです。

それは皆がみな意識をしているにも関わらず実際に行動をしないという人が多いからなのです。

行動をしているという事は、その結果が残るということになりますよね。

意識をするのと行動をするというのは大きな差が出ると思います。

その差を出して行動をしているという人が気が利く人なのではないかと思うのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

細かいところにまで注意が及ぶこと


気が利くというのは細かいところまで注意が及ぶという意味もあります。

例えば掃除をするとなった時に軽い掃除をする人と、「ここもしておいたよ」というような掃除をする人と2つに分かれることが多いですよね。

この頼まれたことだけをするのではなく、他のところもしておいたという所が気が利くという人の特徴になるのではないかと思います。

この様な人というのはよくいるようで実は少ないということがあるのです。

最近では良いと思っていてした事が余計だと思われるような事も多いので、言われたことをその通りにするというような人が多いですよね。

それは仕事でも同じことだと思います。

しかしながら相手が喜ぶようなことをすると「ありがとう」と言われ、とても気が利く人だなと思われるような人もいると思うのです。

少し複雑なような考えですが、細かいところまで注意が及ぶというのは簡単なようで難しいことだということを覚えておくようにしましょう。

粋であること

粋であるという意味をご存知でしょうか?

粋であるというのはスッキリとしているイメージであったり垢抜けているというような意味でもあるのです。

垢抜けというのは簡単に言うと洗練されているというような事です。

「服装が粋」だというような表現があればとても洗練されていて着こなしているというような意味になります。

「垢抜けているな」と言われたこともありませんか?その場合は褒められているということになるのです。

ですが気が利くという人は粋でもあるということは、それほどスッキリとしているイメージを持っている、もしくは洗練されているという事になるのではないでしょうか。

この様な意味もあるので覚えておくと良いでしょう。

よく心がゆきとどくこと

よく心がゆきとどくことを意味することもあります。

例えば人というのは考える時に自分のことを第一に考えてしまいがちですよね。

ですが相手のことを考えると相手を第一になってしまうというような両極端になってしまいがちです。

ですが心がゆきとどくという事は、そのどちらも見ることができるという意味になり、相手に気にしていることや自分はこういう事ができるのではないかというような判断をすることができる様な人のことを言うのです。

なので気が利くというのは、この様な心がゆきとどくことでもあるということ、相手のことを考えて動くことができるという事でもあるのです。

気が利く人の10個の特徴


ではそんな気が利く人の特徴というのはどの様なものがありますか?

例えば人間関係が良好であるというのは1つの特徴にあがるでしょう。

気が利く人の近くにいると気持ちがいいと感じたり、親切な人だと思ったりするのではないかと思います。

人のことを考えて行動ができるような人も特徴の1つになるかもしれません。

何より相手のことを気遣うというのは難しいことですが、気が利く人はこの様なこともこなすのです。

また自分はこういう事をしたい、と思っていてもついでに他の人の手助けもしてあげよう、というような気持ちも起こしてしまうので、他人のことを考えて率先して動くというような事も多くあるのです。

この様な人は常識というものがちゃんと備わっているような人であり、また常にまわりをよく見ているような人なのではないかとも思います。

気が利くということは普段では難しいようなことだと思いますが、少しの変化でも気付き、相手のことを考えて動いてるような人のことを言うのです。

この様な人になりたいと思う時はあるのではないでしょうか?

人の手助けなどをサラッとできるような人になって自分も相手も快く過ごすことができたらいいですよね。

ではどの様な特徴があるのかその10個のことについて見てみたいと思います。

あなたが思う気が利く人の特徴というのはどの様なものがありますか?

1.人間関係が良好である

人間関係が良好であるというのも1つの特徴なのではないかと思います。

よくその人の周りには様々な人がいたり、とても楽しく話しをしているというような人はいませんか?

誰とでも隔たりなく接することができるという人も多くいると思います。

基本的に人というのは必ず好き嫌いというものがあるので、それは人でも同じような事が言えるのです。

好きな人や苦手な人というのは必ずいますよね。

ですが気が利くという人は、その様なことも少なく人間関係が良好なのです。

誰からでも好かれるような性格というのもありますよね。

男女関係なく好かれる人というのは基本的にどの様な人なのかと考えると気が利く人の特徴というものが解るようになるかもしれません。

まわりが一緒にいると気持ちがいい

まわりが一緒にいると気持ちがいいということもあります。

気が利く人ということは常にまわりのことを意識してその人と接しているということにもなります。

気配りというのはどの状況でもとても必要なことですよね。

人間関係が良好であるからこそ、まわりの人も一緒にいると気持ちがいいという環境になるのです。

2.常にまわりを観察している

気が利く人の特徴の中には常にまわりを観察しているという人もいるでしょう。

いつも通りな日常を見ることもあれば、トラブルや友達同士の喧嘩、少しの変化など様々なことを気付くという人もいると思います。

それは常にまわりを見て観察をしているからなのです。

よく周りを重視してみるのか、自分を中心的に考えているのか、何も考えていないという人もいるでしょう。

その中でも常に周りを重視してみるのが気が利く人の特徴なのです。

困っている人をいち早く発見する

特に困っている人をいち早く発見して、大丈夫かなと直ぐにかけつけたり、手助けをしてくれるような人が多いです。

自分のことよりも先に相手のことを考えて動くという人も多いですが、困ったことなどは特に力になってくれることも多いでしょう。

3.相手の少しの変化にも気づく

相手の少しの変化にも気付きます。

例えばよくあるのが髪を切ったかどうかという所です。

女の子に「髪切ったね」と言うと気付いてくれたと思い嬉しくなるような子もいるでしょう。

相手の少しの変化というのは相手がその変化に気付いて欲しいという事の表れでもあります。

例えば好きな人に気付いて欲しいという所はどんな所でも気付いて欲しいと思いますよね。

ちょっとした愚痴や悩みなどもあり上手く話をすることができないという人もいると思います。

そんな少しの変化にも気付けるような人が恋人であれば嬉しいと思う人も多いでしょう。

気が利く人というのはまさにその少しの変化にも気付くことができるのです。

いつも見ている証拠

これはいつも見ているという証拠にも繋がると思います。

どんな時でも、相手のことを気にしていなければ気付くという事はできないからです。

人のことを気にかけるというのは一見良いようにも見えますが、実はデメリットになることもあるのです。

それは変化にも気付くのと同時に相手の事を心配するということもあります。

大丈夫と思えば良いのですが、大丈夫かな?と心配になってしまうとずっと考えてしまうというような事もあるのです。

4.日常的に感謝の気持ちを伝えている

日常的に感謝の気持ちを伝えているという人も気が利く人の特徴なのではないでしょうか。

例えばご飯を食べる際にも「いただきます」「ごちそうさま」と言えるような人はとても礼儀正しいと思いますよね。

どんな時でもその様に言う人はいると思います。

日常的に感謝の気持ちを伝えるというのは、少しのことでも「ありがとう」という気持ちを忘れないということにもなります。

小さな親切も見逃さない

小さな親切も見逃さないでしょう。

例えば道を譲ってもらったということや、何か貰いものをした時など、その様なときでも見逃さないというのが特徴だと思います。

毎日「ありがとう」という機会はありますか?ご飯を食べる時以外でも言うという機会は滅多にないと思います。

ですが気が利く人というのはその様な言う機会を自分で呼んでいるということになるのです。

本人からするとあまり意識をしていなくても、その様な人には必ず1日1回は言う機会というものがあるのではないかと思います。

5.相手を気遣う言葉がすっと出る

相手を気遣う言葉がすっと出たりもします。

例えば相手が困っていたり、落ち込んでいたりとする事もあるでしょう。

相手を気遣う言葉をすっと出すというのはとても難しいですよね。

悩みを聞いてあげてアドバイスにのったり、相手のためにと思って行動をするという人は少ないと思います。

ですが気が利く人にとっては相手を気遣うことで、どうすれば良いのかと考えるようになります。

相手を気遣うことができるからこそ直ぐに行動を起こすことができるというのはとても素晴らしい特徴なのです。

相手の状況を考慮することができる

相手の状況を考えることができるのも特徴的でしょう。

相手のために動くという事はそれほど相手のことを考えているということになります。

言葉がすっと出るというのも相手のことを思って言っている言葉になりますよね。

相手の状況を考えて言えるような言葉とうのは、よく考えなければ出ない言葉でもあります。

6.相手の立場になって考えられる

相手の立場になって考えられるというのもあるでしょう。

基本的に自分のことを考えるだけでなく相手のことも考えることができるのが気が利く人の特徴でもあります。

声をかけてあげたり、少しの変化にも気付いたり、相手の変化を気付くことができるというのは相手の立場になって考えているからこそなのです。

またこの様な特徴があるということは様々な行動を先読みすることもできるでしょう。

行動を先読みする

行動を先読みするというような事もできます。

行動を先読みするというのは簡単ではないですよね。

相手のことをよく観察しているからこそだと思います。

気が利く人というのは相手がどの様に思っているのか、どの様にして欲しいのかというのを相手の立場になって考えることができます。

なので自分の損や得というような感情で動くということも少なく、行動をする際には先読みをして行動をすることが多いのです。

なので「先にしておいたよ」というような言葉なども出るようになるのです。

7.自分のついでに他人のこともやっておく

気が利く人の特徴の中には自分のことを先に済ませておいて他の人のことを手伝うというような事もあります。

例えば仕事などでもそうですが、グループ等でする時に「先に終わったから手伝うよ」というような事はありませんか?手伝ってくれるというのはとても嬉しいですよね。

ですが気が利く人というのは「先に終わったから手伝う」というような事を言わずに、率先して行動をすることができるのです。

なので相手がまだ時間がかかりそうだと思った時には相手の手助けもしておこうと予め行動にしているのが特徴的でもあります。

自分のついでにというのは他人を助けるということにも繋がりますが、気が利く人というのはその事を直ぐに感づくこともでき、行動が早いのも特徴的でしょう。

率先して他人のためにも行動できる

率先して他人のためにも行動ができます。

先ほども言ったように直ぐに行動を移すことができるというのが特徴的です。

なので自分のが終わったら終わり、というような考えではなく、自分のが終わったら他の人の様子を見て行動をしよう、というような考え方になるのです。

どんな時でも相手のことを考えて行動をするというのはとても難しいことですよね。

ですが気が利くという人はこの様なところにも視線を広く持っていて、相手のために行動をすることが多いのです。

8.他人のいいところ探しをしている

他人のいいところを探すというのは難しいと思いませんか?よくないところは真っ先に見つかるのに良いところが思い浮かばないなんていう事もあるでしょう。

ですが気が利く人というのは相手の悪いところだけでなく、いいところも探します。

いいところを見つけると他人を好きになる

いいところを見つけると他人のことを好きになる傾向があります。

ですがこれは逆のことを言うといいところが見つからなければ好きになるという事が無いということになりますよね。

これはとても難しいことにもなると思います。

誰に対しても人間関係は良好ですが、まずいいところを見つけるまでが大変になるからです。

9.誕生日や記念日を忘れない

気が利く人というのは家族の誕生日や恋人、友達の誕生日などを忘れないという人が多いのではないかと思います。

特に記念日などはよく覚えているという人が多いのではないかと思います。

誕生日や記念日というのは年に1回あるような大事な日ですよね。

友達や家族からお祝いをされたりすると思いますが、気が利く人というのはその喜びを一番に知っているからこそ忘れないのです。

仮にこの様なことが無い場合は、普通の人であれば「今日だったの?おめでとう!」という様なことで終わると思います。

ですが気が利く人というのは予め知っているのでプレゼントなども用意をしていたりとしているのです。

自分のことのように喜びお祝いできる

また気が利く人の特徴で自分のことのように喜びお祝いできるというようなものもあります。

例えば友達や恋人が誕生日となっていても自分のことのように喜ぶことができるような人なのです。

これは先ほど言った相手のことになって考えるといったことと少し似ているのもあるでしょう。

自分のことのように喜びお祝いをすることができるというのはとても素晴らしいことですよね。

それほど相手のことを大事に思い、お互いに喜びを分け合うということもできる人なのです。

10.挨拶、感謝、お礼を大切にする

マナーというものがあります。

挨拶やお礼、感謝など様々あると思いますが、気が利くという人はこのマナーを大切にする特徴もあります。

例えば挨拶の場合は必ず「おはよう」「こんにちは」などと言った挨拶を今日初めて話す人に対してはするでしょうし、何かお礼を貰った際には「ありがとう」と言うことができる人が多いです。

最近ではマナーを気にせずに行動をする人も多く、挨拶ができていない人やお礼などをしないという人が多いです。

ですが気が利くという人はこの様な当たり前のことをきちんとできる人が多いのです。

当たり前のことがきちんとできる

当たり前のことがきちんとできるというのは実は難しいものだと思います。

誰しも全てを完璧にこなしているという人はいないでしょう。

例えば何かあればその日は挨拶もしないというような人もいると思います。

休みだからと言って家に引き篭もっているというような状況にもなるとその様なこともあるでしょう。

ですが気が利くという人はその様なことにはならず、どんな時でも挨拶などを忘れたりしません。

一人暮らしでも「おはよう」というような事を言うこともあるでしょう。

当たり前のことというのは難しいですが、これをできてからこそ大事な1日を過ごすことができるようになるのです。

気が利くという人はこの様なこともできる特徴があるのです。

気が利く人になる方法

気が利く人の特徴についてお教えしましたが、自分の周りにその様な人がいると思った人は多くいるのではないかと思います。

気が利く人というのは少ないですが、友人に1人はいるといった人もいるでしょう。

ではそんな気が利く人になる方法というのはどの様なものがあると思いますか?例えばいつも内気な性格なのであればそれを表に出す必要がありますよね。

さりげない声かけから始めて積極的に話に行くというような事もできるでしょう。

相手に興味を持つようにして相手のことを考えるようにすれば気が利く人になれるのではないでしょうか?様々な方法があるので詳しく見て見たいと思います。

さりげない声かけから始める

さりげない声かけから始めるというのは大事なことです。

気が利く人というのは人間関係がとても良好的な人が多いですよね。

それはまず話をしなければ意味がないからです。

話をしてお互いがどの様に思うかで相手のことを考えれるようになります。

なのでさりげない声かけから始めてみるというのは気が利く人になる方法としては重要なことになるのです。

相手と話すということが苦手だという人はまずはここから克服をしてみてはいかがでしょうか?

相手の代わりに表現する

相手の代わりに表現をするというような事もあると思います。

例えばお互いが喋りたいと思っていても相手から来ないと話かけるのが難しいという人もいますよね。

そんな時に相手からではなく、自分から話しかけにいくということが大事になると思います。

相手も同じ気持ちであればと思うのであれば、相手の代わりに自分から行動、表現をすることで相手もそれに応えてくれるのではないでしょうか。

地道な積み重ねというものが大事になるので覚えておくようにしましょう。

少し早めの行動を心がける

少し早めの行動を心がけるというのも大事になります。

例えば考えて行動をするというのは多くありますよね。

ですがその時に少し早めに行動をしてみてはいかがでしょうか?「この時間までにする」という様な行動ではなく「直ぐにこれに取り掛かろう」というような前向きな考えで行動を心がけるということも大事になります。

こうする事で気が利く人の特徴でもあった相手のことにも気遣って行動をするというような事ができるようにもなるのです。

習慣にすると苦にならない

これは直ぐにできると言うような事は絶対にありません。

習慣にすると苦にはなりませんが、最初は厳しいと思う人も多いでしょう。

習慣にすることで人というのはどんどん覚えていったり生活のサイクルというものが決まってきますよね。

なので習慣にすることで苦にならないようにし、早めの行動を心がけることができるようになるのです。

広い視野をもつ

広い視野を持つというのも気が利く人になる方法の大事なことだと思います。

広い視野を持つことで自主的な考えだけでなく、相手のことも考えて行動をする事ができるようになるからです。

広い視野というのは、簡単に言えば客観的な視点を持ち、周りを広く見渡すということです。

よく自分の事しか考えていないような人というのは自分の損得で動くことが多いです。

なので自分の視野でしか見ないというような事が多いですが、広い視野を持つという人は先に相手のことを考えてから自分のことを考えるというようになるのです。

先の行動を見通している

広い視野を持つことで先の行動を見通すこともできるようになるでしょう。

相手がどの様に考えていてどうしたいのかという事が解れば相手の手助けなどをする事ができるようになりますよね。

先の行動を見通すというのも長い月日をかけることにはなると思いますが、これができるようになると相手が何を考えているのか、どうしたいのかなどが解るようになり、相手の手助けや相手のためにできるような行動というものができるようになるでしょう。

まず相手に興味をもつ

気が利く人は相手に興味を持つからこそ様々な行動ができるようになります。

なので相手に興味を持つというのはとても大事なことなのです。

相手に興味を持たないということは、相手のことを「考えない」という事になりますよね。

そこで興味を持つことで「考える」というような知識が出るので、相手に興味を持つというようなことを重点的に意識をすると良いでしょう。

相手の立場に立つ

相手の立場に立つというような事が重要です。

自分の事ではなく相手のことを考えて言うことで、自分がどの様に行動をする事ができるのかを行動に移すことができるようになるでしょう。

相手の立場というのは自分の考えを推すのではなく、相手の考えを推すという事にもなります。

なのでいかに相手のことを考えれるかという事が重要になるでしょう。

情報収集をする

情報収集をするというような事も大事なことです。

情報というものが無ければ相手がどの様な人なのかというのが解りませんよね。

先ほど「興味を持つ」の項目で相手のことを考えるというような事を言いましたが、これは情報収集をするというのにも繋がるのです。

相手のことを解っていないと手助けとは言えないですよね。

事情などを知らずに相手のために良いことをするというのは難しいものなのです。

小さな情報の積み重ねが相手への配慮に繋がる

小さな情報の積み重ねにより相手への配慮にも繋がることができるのです。

相手が何を苦手として何に困っているのかということの情報の積み重ねがある事で、相手への配慮というものができるようになります。

また、少しの情報だけでも相手への配慮ができるのではないかと思いがちですが、その様なことはありません。

相手のことをどれだけ理解をしているかで、最適な配慮に繋がるようになるので、直ぐに行動をしたりするという事が無いように気をつけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?気が利くという人は少ないと言いましたが、この様な人というのはまず、相手のことを考えて行動ができる、手助けができるというような人なのです。

気が利く人になりたいと思うのであれば、まずは相手に興味を持つようにしましょう。

そして相手の立場になって考えて、自分ならどうするかを行動に移してみてください。

そうする事で、気が利く人になれるのではないでしょうか?是非皆さんも、相手のことを考えてから発言をしたりするようにしましょう!