私たちが普段使っている日本語の中には、簡単な言葉はあれば難しい言葉も存在しています。

簡単な言葉に関しては日常生活で使用する頻度が高かったり、ある程度一般的な授業の中で覚えたりする機会が多く存在している言葉ばかりなので、そこまで問題はないかと思います。

しかし、難しい言葉に関してはなかなか日常生活で使用したりする頻度が高くなく、なおかつ過去に触れたことがあったとしても、記憶として定着しなかったりする可能性が考えられますので、どうしても一般的な知識として結びついていない可能性が高いです。

普段から本などを読んだりするような方であれば、難しい言葉などをある程度理解しているような方が多いかもしれませんが、あまり本などに触れたりする機会が少なく、国語などが苦手な方などは難しい言葉を知らない方や苦手な方は多いはずです。

しかし、学生の方であればまだ問題ないかもしれませんが、社会人になると様々なマナーが必要になりますので、時には正しい言葉遣いを必要以上に求められる可能性もありますし、様々な立場の人間と関わりを持つことになりますので、相手に対して失礼な言葉を使ってしまったりすることは絶対的に避けなければいけません。

それを踏まえて考えると、普段の言葉の使い方や言葉の知識ということに関しては、なるべく早い段階で知識として定着をさせておく必要性があると考えることができます。

そこで、今回は一般的な日本語の中でも難しい言葉とされている、貴殿という言葉についてご紹介していきたいと思います。

貴殿という言葉の基本的な使い方や意味、そして似ている言葉や用法などについてご紹介していきたいと思います。

「貴殿」を使いこなそう!

あなたは貴殿という言葉をこれまでに聞いたことがありますか?
おそらく、一般的な日常生活の中ではなかなか聞いたりすることが少ないような言葉になるかと思います。

しかし、本などを普段から読んだり、場合によっては漫画などが好きな方に関しては、触れたことや見たことがあるような言葉になるかもしれません。

なかなか貴殿という言葉に触れたりするような機会は昔と比べるとかなり減ってしまっているような状況にあるかもしれませんが、それでも現在において全く使われないかと言われればそうではありません。

このようにある程度使用頻度が少なく、認知度が低い言葉でありながら、場面によっては使われる可能性がある言葉が一番注意をしておかなければいけない言葉でもあります。

なぜならば、このような言葉は大体の場合、意味を知らない場合が多く、意味を知っていないと、いざという時に恥ずかしい状況を招いてしまったり、困った状況を誘発してしまう恐れがあるからです。

だからこそ、使われる機会がある難しい言葉などはなるべく早い段階で積極的に理解しておくべき言葉であると考えることができます。

しっかりと貴殿という言葉を使いこなせるようになり、ビジネスの場面や様々な場面で恥をかかないようにしておきましょう。

貴殿とは?


貴殿という言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを持ちますか?

意味を正しく理解している方からすればそこまで難しい言葉には感じないかもしれませんが、まだ貴殿という言葉を実際に聞いたことがないという方であったり、日常生活の中で使ったことがないという方に関してはあまり想像することができない言葉になるかもしれません。

しかしながら、一般的に貴殿という言葉が持っているイメージとしては相手に対して呼びかけたりするときに使う言葉であると考えることができます。

そこで、貴殿という言葉の使い方や使うときの注意を知っていただく前に、まずは貴殿という言葉の基本的な意味を改めてご紹介していきたいと思います。

言葉をマスターするためには、当然ながら言葉の意味を理解し言葉の使い方などもしっかりと理解をする必要性があります。

ただ、意味を理解していないのに使い方を考えたりするのが難しいので、まずは正しい意味をしっかりと記憶に定着をさせて貴殿という言葉をマスターしていきましょう。

相手を敬って呼ぶときに使う

貴殿という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えたときに、貴殿という言葉は「2人称の人代名詞」という意味が存在している言葉として知られています。

2人称とは、「話し手に対して聞き手を指し示すもの」という意味をもっていますので、簡単に言えば相手に対する呼称と考えていただければわかりやすいかと思います。

つまり、貴殿とは相手に対して呼びかけるときに使用される言葉として解釈をすることができます。

一般的に考えて、相手のことを呼びかけるときに使用される言葉としては、あなた、きみ、あいつ、おまえなどが使われることが多いと思います。

しかし、貴殿という言葉を使用することによって全く印象などは変わりますよね。

どちらかといえば丁寧に相手のことを呼んだりする時に貴殿という言葉が使われることが多く、印象としても柔らかい印象を与えられる言葉になるかと思います。

現代においては、なかなか日常生活の中でこのような言葉を使って相手を読んだりする方は多くはないかもしれませんが、場合によっては丁寧な言葉として相手を呼んだりする時に使われる可能性もありますので十分注意をしておかなければいけません。

男性が目上や同等の男性に対して使う

貴殿という言葉には、実は先ほどご紹介した意味以外の言葉の意味が存在しており、どのようで意味が存在するのかと考えると「男性が目上または同等の男性に対して用いる言葉」という意味なども存在しています。

つまり、女性ではなく男性が主体的に使うような言葉として認識されています。

実際に貴殿という言葉をこれまでに周りの人間が使っていた、もしくは使っている場面を見たことがあるという方に関しては、その時の場面を思い出してみてください。

おそらく、女性がこの言葉を使っていたという記憶があまりないと思います。

どちらかといえば、男性が男性に対して使っている場面の方が圧倒的に多いと思いますので、よりこの意味を解釈することができるはずです。

貴殿という言葉には殿という言葉が混じっており、殿という言葉は昔の時代を思い出してみると、人名や職名などにつけて使われていた背景なども想像することができます。

なので、ある程度年代が上の方に関しては、この意味に関しても容易に想像することができるかもしれませんね。

相手の家を敬意をこめて言う時


ちなみに、もともと貴殿という言葉に関しては相手の家を敬意を込めて言う時に使われていた言葉としても知られていました。

例えば、昔の時代を想像していただければわかりやすいと思うのですが、昔は武士などが活躍していた時代に貴殿という言葉をよく用いられていました。

そして、武家という言葉があるように家柄というものは今よりも昔の時代のほうが圧倒的に重要視されていました。

なので、家を重要視していた時代だからこそ、相手の家に対して敬意を込める意味で使われる機会が多く、貴殿という言葉は多様されていたとされています。

同輩に対して親愛の情を込めて使うことも

貴殿という言葉に関しては、同輩に対して親愛の情を込めて使うこともあったとされています。

中には同輩という言葉がよくわからないと感じる方もいるかもしれませんので簡単に意味をご紹介しますと、意味としては「地位や年齢、身分などが同じぐらいの人」という意味が存在しています。

つまり、先ほどお伝えしたように男性が目上や同等の男性に対して使う意味とほぼ同じ解釈が可能になります。

読み方は?

貴殿という言葉ですが、普段日常的に貴殿という言葉を使っている方からしてみれば簡単な読み方に感じるかもしれませんが、あまり日常的に使われるような言葉でもありませんので、読み方がわからない考えても不思議ではないと思います。

特に学生の方などは知らない方なども多く存在すると思いますが、もしも貴殿という言葉を知らなかった場合、ビジネスの場面において貴殿という言葉が用いられた際に、恥ずかしい経験をしてしまったり、もどかしい気持ちになってしまう可能性も十分考えられます。

なので、この機会に正しい読み方を理解し、貴殿という言葉を完全にマスターできるようにしておきましょう。

貴殿という言葉は「きでん」という言葉の読み方になります。

一般的には殿という言葉は「との」と呼ばれたりすることが多いと思いますが、この漢字の場合は別の読み方になりますので、注意してください。

女性に対しては何て呼ぶの?

貴殿という言葉を知っている方の中には、男性のみに対して用いられる言葉であると考えてる方がいると思います。

実際に考えていただければ分かると思うのですが、殿という言葉に関しては、男性に対して用いられる呼称でもありますので、どうしても男性のみに対して使われるような呼び方であると考えられてしまいがちになります。

しかしながら、貴殿という言葉に関しては絶対に男性のみに使われるのかと考えてみるとそうではない場合もあります。

一般的な定義としては男性が男性に対して使う言葉として知られているのですが、場合によっては女性に対して使われるような場合も存在しています。

なぜ男性のみではなく女性に対しても使われる場合があるのかと考えた時に、理由としては男女平等という観点から女性に対しても貴殿という言葉が使われることがあると考えられています。

今の日本においても男女平等という考え方が広く一般的になっており、男女の間で区別されたり差別されたりするような言葉の名は比較的に用いるべきではないという風潮が高まっています。

実際に、昔は看護婦という言葉が存在していましたが、今では看護婦という言葉ではなく看護師という言葉で呼ばれていたりします。

このように考えてみると、貴殿という言葉に関しても男性のみではなく女性に対しても使われる場合があるということは当たり前のことであり、おかしくないと判断することができます。

しかしながら、女性に対して呼びかける時には女性専用の言葉なども存在しており、それらに関しては区別されている場合も存在しています。

具体的に女性に対して丁寧に呼びかける場合はどのような言葉が使われるのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

貴女

男性に対して敬意を込めて呼称するときに使われる貴殿という言葉に対し、女性に対して敬意を込めて呼称するときに使われる言葉としては「貴女」という言葉が存在しています。

貴女という言葉に関しても、一般的な日常生活を過ごしている中ではなかなか聞いたりすることが少ない言葉になるかと思うのですが、昔の時代では比較的多用されていた読み方として存在しています。

では、貴女という言葉はどのような意味が存在し、どのような意味を込められて使われているのかということを考えると、意味としては「身分の高い女性、もしくは2人称の人代名詞として使用されており、女性に対する敬意を表す」という意味で解釈されていた言葉として存在しています。

貴殿という言葉を正しく理解しておけば、女性に対する呼称として貴女という言葉を使うのも、そこまで難しくは感じないと思います。

もしも初めて貴女という言葉を聞いたという方がいるのであれば、貴殿という言葉とセットで覚えていただけるととても覚えやすいと思います。

しかしながら、現実の世界では使わずに、どちらかといえば手紙などで用いられることが多くなっており、現実で相手に対して呼びかける場合は「きじょ」と呼ぶのではなく「あなた」という言葉で使用されることが多くなっていますので、注意をするようにしてください。

貴殿はどういう場面で使われるの?

貴殿という言葉は先ほどもお伝えした通り、今の時代ではあまり日常生活を過ごしていく中で耳にしたりするような機会はとても少ない言葉になります。

昔の時代であれば頻繁に使われていた言葉ではありますが、なかなかこのような言葉を用いる方は少なくなってきているのが現実です。

しかしながら、現実の世界においても貴殿という言葉を用いる機会は少なからず存在しています。

では、どのような場面で貴殿という言葉が使われるのかということを考えた時に、考えられる場面をいくつかご紹介していきたいと思います。

あまり日常生活の中で耳にしたりすることがないと感じている方に関しては、これからご紹介する場面の中で貴殿という言葉が使われる可能性が十分考えられますので、これをきっかけに貴殿という言葉が使われる場面に遭遇した場合は注意するようにしてみてください。

メール

貴殿という言葉が現実の世界で使われる場面はどのような場面があるのかということを考えた時に、考えられる場面としては「メールなどを使用したりする時」に使われる可能性があると言えます。

一般的にメールなどで相手を呼びかけたりする時には、話し言葉が使われることをが多かったりするのですが、ビジネスにおいてのメールに関しては話は別になります。

ビジネスのメールに関しては、相手を呼びかけたりする際には話し言葉で使われるような呼び方ではなく、きちんとした呼び方で呼称する場合がほとんどです。

それを踏まえて考えた時に、相手に対して呼びかける際には、一般的には役職名をつけたり、それ以外には形式的な表現方法を選択する必要性があります。

そのような場合に貴殿という言葉を使用することが多くなっています。

先ほどもお伝えしたように、貴殿という言葉が使われるのは目上や同輩の男性に対して用いる言葉とされています。

なので、もしもビジネスの関係上で相手にメールを差し出す場合には、相手が目上の立場である場合は貴殿という言葉を使ってメールを送付する必要性があるということになります。

もちろん貴殿という言葉以外にも様々な呼び方が存在してはいますが、一般的に考えて相手を立てたりすることも多いと思いますので、ビジネスのメールにおいては貴殿という言葉を使用するほうが間違いが少ない言葉の選択にもつながると思いますので、メールの中では貴殿という言葉を使用するように注意してください。

手紙

貴殿という言葉が現実の世界で使われる場面はどのような場面があるのかということを考えた時に、考えられる場面としては「手紙を書く場面」が該当すると考えることができます。

年齢的にまだ幼い方が手紙を書いたりする際には、そこまで難しい言葉を使ったり形式上に当てはめてその場に適した言葉を使用したりすることは少ないと思うのですが、社会人の方であったり、それなりに立場が存在してる方に関しては話は別です。

相手とかなり信頼関係が厚く、それなりに距離感も近い存在なのであればそこまで使用する可能性は高くないと思いますが、上下関係が存在しそこまで距離感が近くないのであれば、相手に対する呼称などはそれなりに考えて使用しなければいけません。

もしも目上の立場の男性に対して手紙を差し出す場合に関しては、貴殿という言葉を使ってきちんと敬いの気持ちを表現した上で手紙を出す必要性があります。

しかしながら、形式上の中では相手に対して「様」を助けることが最も丁寧で相手との関係性を問わない呼び方になっています。

なので、無理に貴殿という言葉を使って表現するより、無難な呼び方でありながら、最も相手を敬うことができる言葉でもありますので、きちんとその場の状況を理解した上で使い分けるようにしてください。

人によっては貴殿という言葉を目下の人間に使う言葉だと勘違いしてるような方もいる可能性もありますので、その点を踏まえた上で正しい使用方法で貴殿という言葉を使うようにしてください。

同義語をチェック

貴殿という言葉がどのような場面で使用される言葉なのかということについて触れていきましたが、貴殿という言葉を知った方の中には、似たような言葉が存在しているということに気がついた方もいるかもしれませんね。

実際に貴殿という言葉と似たような意味を持っている言葉などが複数存在していますので、ここからは貴殿という言葉の同義語についていくつかご紹介していきたいと思います。

似たような意味を持っている言葉を複数知っておくことによって、具体的な使い分けなどもできるようになりますし、セットで覚えていただくことによって、より言葉の引き出しを多く身につけることができ、より適切な言葉の言い回しができるようになります。

その場に適した言葉のチョイスができるようになることで、自分自身の言葉遣いのセンスなども向上するようになりますので、この機会に貴殿という言葉と同じような意味を持っている言葉を合わせて理解してみましょう。

貴方

まず初めにご紹介する貴殿という言葉の同義語は「貴方」という言葉です。

貴方という言葉は「きほう、あなた」という呼び方が存在している言葉であり、貴殿という言葉とほぼ同じような意味を持っている言葉として知られています。

具体的な意味としては「男性が同等の相手を敬っていう言葉」として知られています。

つまり、貴殿という言葉が相手と同等の関係性か、もしくは上の立場の人間に対して使うのに対して、貴方という言葉は相手と同等の関係性の場合のみ使う言葉として考えることができますので、比較してもかなり似ている言葉であると判断をすることができます。

しかしながら、貴殿という言葉との若干の違いとしては目上の男性に対しても使うことができるかできないかという点にあります。

なので、きちんとその場の状況や相手との関係性などを考えた上で正しく使わなければ、場合によっては間違った使い方に発展する可能性もありますので注意をするようにしてください。

貴兄

次にご紹介する貴殿という言葉の同義語は「貴兄」という言葉です。

貴兄という言葉は「きけい」という呼び方が存在している言葉であり、貴兄という言葉が持っている意味は「男性が手紙などで同輩または先輩に対して軽い敬意や親しみの気持ちを込めて用いる言葉」として知られています。

この言葉に関しては、貴殿という言葉とかなり似ている言葉であると判断をすることができます。

なぜならば、同等の関係性にある人間、もしくは上の立場の人間に対して用いることができる言葉という点においては、貴殿という言葉と全く同じ状況で用いることができると考えることができるからです。

相手に対して敬意を持っている言葉でもあるという点もほぼ同じ点であると解釈をすることができますが、若干の違いとしては貴殿という言葉の方がより敬意を表しているという印象を強めることができますので、相手に対してしっかりとした敬意を表したいと考えているのであれば、貴殿という言葉を選んだほうが間違いは存在しませんので、若干のニュアンスの違いなどを意識した上で使用するようにしてください。

貴殿を使った例文

貴殿という言葉の類義語についていくつかご紹介をしていきましたが、ここからは貴殿という言葉を使った具体的な例文をご紹介していきたいと思います。

意味を正しく理解していても、正しい使い方などを理解していない場合は間違った使い方をしてしまう可能性があります。

なので、これからを紹介する例文を正しく理解し、間違った使い方をしないように注意をしてください。

それでも例文の意味を解釈しながら、具体的な使い方をご紹介していきますので、貴殿という言葉を使う際の参考にしてください。

貴殿のご活躍をお祈り申し上げます

まず初めにご紹介する貴殿という言葉を使った例文は「貴殿のご活躍をお祈り申し上げます。」という例文です。

この例文は「あなたの活躍をお祈りします」という意味として解釈することができる例文です。

一般的にこの例文が用いられる場面としては就職活動などにおいて不採用通知などが送付される場面で用いられる場合がほとんどです。

いわゆるお祈りメールを呼ばれるようなメールに記載されているような例文になると思います。

日常生活の中で送付するメールにおいて使用される場面はなかなかないと思うのですが、就職活動を行っている方や、人事などの仕事に従事している方は用いる場面が比較的多い例文になりますので、正しい使い方ができるように注意をするようにしてください。

貴殿におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます

次にご紹介する貴殿という言葉を使った例文は「貴殿におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」という例文です。

この例文の意味としては「ビジネスのメールにおいて相手の反映を喜ぶ言葉」として使用されています。

一般的に使用される場面としてはビジネスのメールにおける挨拶として使用されたりすることが多い例文になります。

この例文は社会人として活躍している方であれば必ず知っていただきたい例文になりますので、貴殿という言葉の意味とセットで理解するようにしてください。

貴殿を使う時の注意

貴殿という言葉がどのような意味を持っているのかということについて簡単に触れていきました。

ある程度貴殿という言葉がどのような言葉なのかということを理解いただいたところで、ここからは貴殿という言葉を使う際の注意点についていくつかご紹介していきたいと思います。

言葉の意味だけを知っていても、言葉を使う際の注意点などを理解していなければ間違って使ってしまう可能性なども十分考えられます。

間違った言葉を使ってしまうと、相手に対して失礼な印象を与えてしまう可能性もありますし、ビジネスの場面においては相手から信頼関係がなくなってしまう可能性がありますので十分注意するようにしてください。

相手が女性だと確実に分かっている場合は使わないようにする

まずはじめにご紹介する貴殿という言葉を使う時の注意点としては「相手が女性だと確実に分かっている場合は使わないようにする」という点です。

なぜ相手が女性だと確実に向かっている場合は使わないようにしなければいけないのかと考えた時に、先ほどもお伝えしたように貴殿という言葉は男性に対して使う場合が多い言葉になります。

特に今の時代に関しては貴殿という言葉を女性に対して使うような習慣はあまり存在していませんので、場合によっては貴殿という言葉を女性に対して使ってしまった場合失礼に値してしまう可能性も十分考えられます。

たった少しの行き違いで相手に大きな不快感を与える可能性も十分考えられますので、相手が女性である場合に関しては貴女という言葉を使うようにしなければいけません。

場合によっては常識が存在していない人間だと判断されてしまう可能性もありますので、貴殿という言葉を使う際には十分注意をするようにしてください。

目下の人にも使わないようにしよう

次にご紹介する貴殿という言葉を使う際の注意点としては「目下の人に対しては使わないようにしなければいけない」という点です。

なぜ目下の人に対して使ってはいけないのかと考えた時に、貴殿という言葉が持っている意味を改めて考えてみると「目上または同等の男性に対して用いる」という言葉の意味を持っていますので、一般的に考えて貴殿という言葉は目下の人間に対して使うべき言葉ではないと判断することができます。

なので、貴殿という言葉を用いる際には目下の人間に対しては使わないようにしなければいけません。

もしも間違って使ってしまった場合、上下関係などが曖昧になってしまいますので、根本的な言葉の意味を正しく理解した上で貴殿という言葉は用いるように注意をしてください。

一斉メールなど、複数に送る場合は使わない

次にも紹介する貴殿という言葉を使う際の注意点としては「一斉メールなど、複数に送る場合は使わない」という点です。

なぜ一斉メールなど、複数に送る場合は使わないようにしなければいけないのかと考えたときに、貴殿という言葉に関しては主に個人に対して使う敬称として知られています。

つまり、複数の人間に対して使うような言葉ではないのです。

それを踏まえて考えるときに、一斉メールなどに関しては複数の人間に対して同時に送付するメールにあたりますので、個人に対する敬称である貴殿という言葉は適していません。

なので、一斉メールなどを送付する際には必ず貴殿という言葉を用いないように注意をしておいてください。

ビジネスのメールに慣れている人間は、相手に対する敬称を貴殿という言葉で送り慣れている場合がありますので、慣れているからこそ言葉選びを間違ってしまう可能性があります。

なので、必ずメールを送付する前に一度確認をした上で、適切な言葉を使用しているかどうかということを確認してください。

ちなみに、複数人に同時にメールを送付する場合は「各位」という言葉を使用するように注意してください。

まとめ

今回は貴殿という言葉をテーマにして、貴殿という言葉の意味や使い方、そして貴殿という言葉を使う際の注意点について簡単にご紹介していきました。

普段なかなか日常の中で使うことが少ない言葉ではありますが、ビジネスのシーンにおいてはかなり多用される言葉としても知られていますので、社会人の方であったり、これから社会人になろうとしている方などに関してはしっかりと知識として身につけておくようにしてください。

何度もお伝えしますが、言葉に関しては間違った使い方をしてしまうと簡単に信頼をなくしてしまう可能性がありますので、言葉のチョイスであったり、言葉の使い方などは十分に注意をしなければいけません。

早い段階で適切な言葉遣いを使うことができるようになることは、ビジネスにおいても様々なメリットをもたらしてくれるようになりますし、自分自身のスキルにも必ず直結します。

なので、自分自身が理解していないような言葉などがもしあるのであれば、今回ご紹介した貴殿という言葉を知ることを知らない言葉を知るきっかけとして受け止め、今後大切な習慣として継続してみてください。