私たちはある程度の年齢になると生きるためにお金を稼がなければいけません。

なぜならば、お金がなければ、日常生活の様々なことを行う際に支障が出てしまう可能性がありますし、そもそも生きていくことすらままならない状況になってしまう可能性があるからです。

なので、私たちは一般的には高校や大学などを卒業したと同時に会社に就職して、会社員として仕事を始めたりするようになりますし、人によっては自分自身で事業を行って、個人事業主は社長という立場でビジネスを展開していくようになると思います。

しかしながら、一般的には社会人としてのスキルを身につけていない状態でビジネスを始めたりするのは大きなリスクを背負った状態で仕事を始めることになりますので、大体の場合は会社に就職して仕事とはどういうものなのか、そして仕事に関する様々な知識を身につけた上でビジネスを展開していくようになる場合が圧倒的に多いと言えます。

なぜならば、人は誰しもが社会人としての経験がないところから社会人としてのスタートを切るようになりますので、圧倒的に必要な知識が不足している状態からスタートしなければいけないからです。

人によってはアルバイトなどを行ったりして、様々なビジネスに関するマナーや知識を身につけた状態で社会人デビューを行っている方もいるかもしれませんが、中にはそのような知識や経験を身につけていない状態で社会人デビューする方もいるでしょう。

しかし、想像以上に社会人としてデビューをするということは難しいことであり、様々な知識を身につけたりしなければいけません。

おそらく多くの方が一番最初にぶつかるのは社会人としての礼儀やマナーの部分になると思います。

社会人としてどのような行動を行わなければいけないのかということだったり、社会人としての基礎的な知識や言葉の意味を理解していないことで大きな壁にぶつかると思います。

そこで、今回は社会人になると聞くような言葉の中でも、比較的難しい言葉である内示という言葉をテーマにして、内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、そして使い方や用例などに関してもご紹介していきたいと思います。

内示とは?

社会人になると一気に今まで自分が過ごしていた環境とは一変するようになると思います。

すでに社会人としてデビューしている方に関しては、よくご存知だと思うのですが、学生の時に過ごしてきた環境と社会人になってからの環境を比べてみると全く別物であると考えることができます。

もちろん学生の方の中にはしっかりとした考えを持って自分自身に厳しい環境の中で生きてきたような方もいるかもしれませんが、一般的に考えて学生の立場の人間と社会人としての立場の人間では考え方が大きく違い、学生の方の方が圧倒的に未熟で幼稚な考え方をしている場合が多いです。

これは学生が悪いというわけではなく、仕方がないことではあります。

どうしても社会人になると嫌でも厳しい環境の中で生きていかなければいけないため、自然と自分自身に責任が常に存在するという考え方になりますので、物事に対する考え方なども厳しい考え方になります。

なので、学生の方が社会人になった時は大きなギャップを感じながらの生活が続くと思いますので、相当な負担がのしかかる時期になると言えます。

その中でも、一番大きく自分自身にのしかかってくる問題としては社会人としての礼儀やマナー、そして様々な難しい言葉や難しいことを理解しなければいけない知識の面での気苦労になると思います。

今回ご紹介する内示という言葉も学生の立場の人間であればなかなか聞いたりする機会がない言葉になると思います。

しかし、社会人になれば知っておいて当たり前の言葉でもありますし、いずれ知っておかなければいけない言葉です。

なので、内示という言葉を知らない方であったり、初めて聞いたという方は、内示という言葉がどういう意味を持っている言葉なのか、そしてどういう場合に使われるのかということをしっかりと知るきっかけにしていただければ幸いです。

内示の意味とは


内示という言葉について知る場合、まずは内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということから知っていただく必要性があります。

なぜならば、内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということをまず知っておかないと、基本的な使い方なども把握しづらくなってしまうからです。

なので、まずは正しい意味や基礎知識を知り、そのあとに正しい使い方や用例などに関してご紹介していきたいと思います。

漢字ではかなり単純な感じが用いられていますが、意味に関しては意外と難しい意味を持っている言葉でもありますので、意外と度忘れしてしまいがちな言葉でもあります。

社会人になると、かなり重要な意味合いを持っているような言葉でもありますので、必ず忘れないようにこの機会に正しい意味をマスターしておきましょう。

内々で示すこと

内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、考えられる意味としては「内々で示すこと。」という意味が挙げられます。

これはどういう意味があるのかと考えた時に、内々で示すことということは、意味としては公式ではないが、示されることと解釈することができます。

つまり、表立って決めるようなものではないにしても、ある程度それが確実性のあることとして示されるという感触を持っていただければわかりやすいと思います。

世の中に存在するすべての物事の中には、公式に発表する必要性がないようなものなどもありますよね。

例えば、公式に発表する必要性はないにしてもその物事に携わる人間本人に対してのみ伝えるべきことなどは探してみれば存在するはずです。

そのようなことなどに関しては内々で示すというような言葉で表現することができるようになります。

つまり、その場合は内示という言葉に変換して文章に直すことができるということです。

表立って外に示すようなことではないということから、外ではなく内に示すという漢字が用いられていますので、この機会に意味と考え方をセットで覚えておいてください。

非公式で個人に伝えるもの

次にご紹介する内示という言葉の意味としては「非公式で個人に伝えるもの。」という意味が挙げられます。

この意味に関しても先ほどご紹介した意味合いとかなり似ている部分があると思いますが、非公式で個人に対してのみ伝えるべき場合に内示という言葉が用いられるということになります。

例えば、具体的にどのような状況で用いられるのかと考えた時に、会社に所属している人間が会社の指示で何かしらの行動を行わなくてはいけなくなったということがあると思います。

そのような場合に、同じ会社の人間だったとしても本人以外の人間に対して伝えるべきではないような内容がある場合もありますので、そのような場合にはその物事に携わる本人のみに伝えられる内容ということで内示という形でその事実が伝えられたりするということになります。

このように、ビジネスの場面で用いられがちな言葉であるということを理解してください。

また、内示という言葉に関しては、非常に密接な関係性にある辞令という言葉と絡めた意味なども存在しています。

辞令という言葉の意味などに関しては、後程ご紹介していきますので、まずは内示という言葉の特徴について正しく理解してください。

内示の持つ効力とは


内示という言葉の意味としては、内々で示すものという意味をご紹介しましたが、どのような場合に用いられるのかということを考えると、先ほどお伝えしたようにビジネスの場面において用いられることが圧倒的に多いと言えます。

そして、基本的に内示ということに関しては、会社から辞令が出る前の段階で出るようになり、辞令ほどではないにしても、それなりに確定していることを示しているような存在になっているのです。

なので、簡単にお伝えするとすれば会社から辞令が出される前に、内示が出て、事例が出るということを事前に伝えてくれていると考えていただくとわかりやすいと思います。

それなりにビジネスの経験が豊富な方に関しては内示であったり、辞令がどのような存在であり、どのような効力を持っているのかということなどがある程度把握できているかもしれませんが、まだビジネス経験が乏しい方などはわからないかと思いますので、ここからは簡単に内示という言葉が持っている効力などについてご紹介していきたいと思います。

内示書の段階ではまだ確定ではない

内示の持っている効力について考えていただく際には、基本的に内示書の段階ではまだ確定ではないということを理解しておいてください。

この部分を人によって勘違いしてしまうやすくなってしまうのですが、内示書の段階では確定にはならずに、まだ変更などが効く可能性などは存在するということになります。

ただ、すべて自分の考えで変更してもよいのかと考えると残念ながらそうではないのです。

確定ではないにしても、そもそも内示書が出される段階で、辞令が出されるということなどが確定していることは判明しています。

なので、内示書が出るということは、いずれ辞令が出されますよということは暗示しているようになるのです。

一般的には、よっぽどの理由がなかったり、それなりに認められるような場合などではない限り、これを覆すようなことなどは難しいと言われていますので、内示書が出た段階でも、それなりに変更は難しいということを理解しておいてください。

内示は口外できない

ビジネス経験があまり豊富ではない方に関してはわかっていない方も多いと思うのですが、基本的に内示が出た場合は内示が出たということも周りの人間に対して使えないするということはルール違反になります。

なぜ内示が出たということを周りの人間に対して伝えてはいけないのかと考えた時に、そもそも先ほどお伝えした内示という言葉の基本的な意味を思い出していただければわかりやすいと思います。

内示という言葉はそもそも周りの人間に対して知らせる必要がないことを本人のみに知らせたりする場合に用いたりする言葉になりますので、あえて周りに知らせようとしていないのに自分自身が周りに知らせたりするということはよくよく考えてみるとおかしいな行為になってしまうからです。

なので、内示が出たということなどは基本的に周りに対して口外したりするようなことではなく、会社からの極秘の任務が出たようなイメージを持っていただけるとわかりやすいと思いますよ。

内示と辞令の違いとは?

内示という言葉が基本的にどのような意味を持っている言葉なのかということかおわかりいただけたところで、ここからは内示という言葉と辞令という言葉の違いについてご紹介していきたいと思います。

ビジネスの経験が豊富な方などは分かると思いますが、人によっては正しい意味を理解していなかったり、それぞれの意味がややこしくて理解することができなかったりしている方もいると思いますので、簡単に内示と辞令という言葉の違いをご紹介していきたいと思います。

いずれ必ずビジネスの場面で聞いたりするような絶対に必要な言葉になりますので、もしも理解していないという方はこの機会に正しい知識として身につけられるようにしておいてください。

辞令とは

そもそも辞令とはいったい何なのかと考えたときに、辞令とは「官職・役職などの任免の際にその旨を書いて本人に渡す文書」という意味が存在している言葉になります。

これだけの意味を聞いてもちょっと難しくて分かりづらいと感じる方がいるかもしれませんので、さらに簡単にお伝えするとすれば、会社から何かしらの命令があったりするときに事前に連絡をしたりするようなことを意味して考えていただければわかりやすいと思います。

例えば、どのような場合に辞令が会社から出されるのかと考えるに、当然ながら会社はたくさんの人間を雇って同じ目的の集団として業務を行っていますので、人を雇ったりする際には雇用契約を結びますので、その際に辞令が出されたるする場合があります。

知らない人からしてみると驚きかもしれませんが、入社式などの際には辞令が発令されたりするのが一般的です。

そのほかにも、先ほどお伝えした通り役職などの任免の際に渡される文書という意味を持っていますので、これまでの頑張りが認められて一つ上の役職に昇格したりするような時などに発令したりするような存在になってます。

などで、様々な節目節目で会社から辞令が出されるということを理解しておくと、辞令とはどういうものなのかということがよくお分かりいただけるようになるはずです。

辞令は会社や雇用者からの命令

辞令は会社からの命令という風にお伝えいたしました。

なので、ビジネスのルールなどをよくご存知の方からしてみると当たり前かもしれませんが、会社からの命令というものは基本的に絶対の存在であると考えることができます。

つまり、内示が出されるということは基本的には会社からの命令なので、先ほどお伝えした通り会社からの命令に背くということは一般的に選択肢としては存在していません。

確かにあまりにも理不尽な命令が下されているということなのであれば、それに対して反発したりすることなどは可能になったりすると思いますが、それでも正当な理由がなかったりそれなりの理由だと認められたりするような理由でなければ、基本的にはない子が覆されたり、辞令が取り消されたりするようなことなどはあり得ません。

しかしながら、辞令が出されてしまうとどうしようもありませんが、内示の時点ではそれなりに認められるような理由であればまだ変更などは効きます。

辞令は絶対、内示はまだ場合によっては変更可能という存在になりますので、その点を理解した上で、状況によって自分自身の対応などを変えるようにすると、なるべく自分の理想通りの未来を歩めるようになるはずです。

もしも本当に嫌なことを会社から提案されるのであれば、必ず早い段階でそれを断るようにしておかなければいけません。

基本的に会社から何の相談もなく理不尽な命令を出されたりするようなことはありませんし、それなりに前もって相談してくれる場合がほとんどであり、その時点であいまいな返答をすると内示が出ますので、その部分を必ず気を付けるようにしておいてください。

内示の使い方や用例

内示という言葉と、辞令という言葉の使い分けなどができるようになったところで、ここからは内示という言葉を実際に話し言葉や会話の中で用いる場合には、どのように用いるべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

ビジネスの経験が長い方はある程度使い慣れていたり、これまで過去に話し言葉として会話の中で内示という言葉を用いたりしたことがある方がたくさんだと思うのですが、内示という言葉を知らない方はどのように使えばいいのかということや、用例などがわからなかったりする可能性などがあると思います。

意味を正しく知っているだけでは、正しい言葉遣いができるとは言えませんので、ここからはさらに内示という言葉をマスターしていただくために、正しい使い方をご紹介していきますので、参考にしてください。

内示を受けたときはショックだった

まずはじめにご紹介する内示という言葉を用いた例文は「内示を受けたときはショックだった。」です。

この例文はどのような意味を持っているのかと考えた時に、内示を受けた際の心境を表している例文であると考えることができます。

内示の言葉の意味を正しく理解することができていれば、そこまで難しい使い方や意味にはならないと思いますが、内示は先ほどもお伝えした通り会社からの命令になりますので、基本的に内示の内容に関しては従わなければいけません。

なので、時には自分自身が望んでいないようなことであったり、あまり受け入れたくないようなことを命令されたりするようなことがよくあります。

例えば、会社によっては急に呼び出されて海外に行ってもらう必要性があると言われたりするような場合もあります。

一般的に考えて日本に住み慣れている方が海外に長期出張したりするようなことは大きな負担が伴いますし、もしもその時交際相手がいるのであれば離れ離れになってしまったり、単純に住み慣れた環境という意味でも大きなストレスを抱えてしまう可能性があることになります。

なので、様々な細い点を考えてみると、基本的には内示はあまりうれしいものではない場合が多いのです。

なので、今回ご紹介した例文が内示という言葉を使った例文の中で比較的よく用いられる可能性がある例文であるといえます。

内示書の作成を頼まれた

次にご紹介する内示という言葉を用いた例文は「内示書の作成を頼まれた。」です。

これはどのような意味を持っている例文なのかと考えた時に、内示に関する書類の作成を頼まれたという意味なので、内示に関する書類の作成を会社から命じられた場合に用いられる例文です。

ちなみに、内示書がどのような書類なのかわかっていない方がいるかもしれませんので、簡単に意味をご紹介すると、内示に関する内容が書かれた書類であると考えてください。

つまり、人事異動に関する内示書だった場合は、どこの部署に異動になるのかということなどが記載されているような書類になるということです。

あまり人に口外してはいけない内容だったとしても、当然ながら社長自らがその内示書をすべて作成するわけにはいきませんので、当然内示書を作成する人間が存在していると考えることができます。

なので、内示書の作成を頼まれるということなどは実際に事務で働いている経験をしている人ならば存在するので、このような内示という言葉を用いた例文が存在すると考えられます。

取引先と内示の契約をした

次にご紹介する内示という言葉を用いた例文は「取引先と内示の契約をした。」です。

これはどういうことかと言いますと、取引先と公式には発表されていないような内々な契約を行ったという意味として解釈することができます。

先ほどもお伝えした通りですが、世の中の物事に関しては全て公式に発表する必要があるかと言われるとそうではありません。

中には水面下であまり大々的にならないようにしながら話を進めたりしていく必要性がある物事なども多く存在しています。

それを踏まえて考えてみると、会社同士の取引などに関しても公式に発表せずに内示で契約をするほうが圧倒的に良い場合などはありますので、そのような場合に用いられるべき例文であると考えることができます。

内示が出たらすること

内示というものは基本的にあまりうれしいものではない場合が多いとお伝えいたしました。

なぜならば、基本的には会社の命令になりますので、正当な理由がなければ覆すことができないということを踏まえて考えてみると、自分自身に決定権がないことでありながらなおかつ一方的に命令をされるような形になりますので、あまり嬉しいものでもありません。

また、基本的にそれなりに大きな内容である場合多かったりするので、昔から慣れ親しんだ場所から異動しなければいけなくなってしまったということであったり、海外に出張しなければいけなくなったということなど、大掛かりな内容を命令されるような場合などが多かったりします。

それを踏まえると、残念ながらあまりうれしいものにはなり得にくい存在になります。

なので、内示が出た場合多くの方は嫌な気持ちが増幅してしまったり、不意に会社から言われたりして気が動転してしまいやすくなってしまいます。

そこで、ここからはもしも会社から内示が出た場合に、あなた自身が何をするべきなのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

まだこれまでの社会人経験の中で会社から内示が出された経験がないという方であったり、内示という存在を知らなかった方は、必ず内示が出た場合にどのようにしなければいけないのかということを理解しておいてください。

ここで判断や行動などを誤ってしまいますと、結果的に後から後悔してしまう可能性がありますので、注意してください。

冷静になろう

もしも会社から内示が出た場合、あなたは何をするべきなのかということを考えたときにまず一番大切なのは冷静になることです。

なぜ冷静になることが大切なのかと考えた時に、そもそも内示が出るということはそれなりに大掛かりな命令が出るということになる場合が多いです。

そうなってしまうと、事前に相談されていたのであればそこまで気が動転したりすることはないのですが、いきなり大掛かりなことを会社から突然命令されたとなると、気が動転してしまったり冷静でいられなくなってしまったりするようなことは多々あります。

冷静でいることができなくなってしまいますと、私たち人間は落ち着くことができずに、何も考えずに相手に対して物事の返答してしまったり、冷静に考えたらわかるようなことを見落としてしまった状態で返事をしてしまったりするようなことなどが起きてしまいます。

つまり、興奮してしまうことによって冷静に物事を考えることができない状態で返答してしまうというミスになりやすくなりますので、後から後悔してしまう可能性がとてつもなく高くなってしまうと言えるのです。

だからこそ、会社から内示が出た場合には、きちんとどのような内示なのかということを正しく理解し、それを受けた場合どうなるのか、今の自分の環境を踏まえて本当にその命令を受けてもよいのだろうかということなどを考える必要性があります。

しかし、先ほどもお伝えしたようにそれなりの理由がなければ変更などは難しいので、やはり、より冷静になって物事を考える必要性があるということに結び付くのです。

動転するものだが浮き足立たないようにしよう

実際に会社から内示が出される場面に遭遇したことがある方はそれなりに落ち着いて対処することができるかもしれませんが、初めて内示を出された人間は気が動転してしまいやすくなり、浮足立ってしまう可能性などもあります。

しかし、興奮してしまうのはわかりますが浮き足立ってしまいますと、会社からしてみるとどこか信頼できないような人物であると判断されてしまいやすく、会社からの評価が落とされてしまう可能性なども考えられます。

そうなってしまいますと相手からの評価なども悪くなりますし、自分自身の印象軽いものだと見られてしまいやすくなりますので、気が動転しやすくなる場面ではあると思いますがしっかり強い気持ちを持って内示の話を聞くようにしてください。

それなりに大掛かりな命令が下される場合もありますので、ひょうひょうとした気持ちで聞くのではなく、場合によっては自分の人生が変わるくらいの大きなことを受け止める覚悟で話を聞くようにしてください。

内示の時点では相談ができることを理解しておこう

内示が出たらしなければいけないこととしては、全ての方にあてはまるものではないと思いますが、内示の内容によっては自分自身が引き受けることができない、もしくは難しいと考えられるようなものなども複数存在しています。

そのような場合に関しては、ギリギリまで溜め込んでおくのではなく、内示として自分自身に何らかの命令を下すということを事前に言い渡された時点で相談をするようにしてください。

そもそも、辞令ではなく、内示として少し早めに連絡が来る理由としては、辞令が出る前に必要な準備をしておいてくださいという意味を持っていることもありますが、基本的には辞令が出される場合に断る猶予を持たすためなども含まれています。

勘違いしてる方がいるかもしれませんが、あくまで早めに連絡をしているというのはどちらかといえば断る猶予を持たせるための意味合いの方がはるかに大きな意味として存在しています。

なので、会社からの命令を断ってはいけないというような固定観念を持つのではなく、正当な理由があれば変更することは可能であるということをよく理解した上で物事を受け取れるようにしてください。

辞令の段階では難しいですが、内示の時点では正当な理由であればまだ変更などが認められますので、必ず難しいのであれば内示の時点で上司などに相談をするようにしてください。

そこで我慢をしてしまって自分が働きにくくなってしまうのでは会社にとっても不利益ですし、自分自身にとってもあまり良いことではありませんので必ず素直な行動をするようにしてください。

まとめ

今回は内示をテーマにして、内示とはどういう意味なのかということや、内示の使い方、用例、似た言葉などをご紹介していきました。

ビジネスの経験が多くなってくると必ず聞いたりすることが多くなるような言葉でもありますので、まだ内示という言葉を聞いたことがない方や、知らなかったという方に関しては、正しい知識として内示という言葉を理解しておいてください。

また、内示と辞令に関してはビジネスの面において非常に重要な意味を持った言葉でもあり、場合によっては需要さを理解していなかったために、大きなミスにつながってしまうことなどもありますので、非常に注意すべき存在であるということを改めて理解しておきましょう。