CoCoSiA(ココシア)

内示とはどういう意味?使い方や用例、似た言葉も解説


私たちはある程度の年齢になると生きるためにお金を稼がなければいけません。

なぜならば、お金がなければ、日常生活の様々なことを行う際に支障が出てしまう可能性がありますし、そもそも生きていくことすらままならない状況になってしまう可能性があるからです。

なので、私たちは一般的には高校や大学などを卒業したと同時に会社に就職して、会社員として仕事を始めたりするようになりますし、人によっては自分自身で事業を行って、個人事業主は社長という立場でビジネスを展開していくようになると思います。

しかしながら、一般的には社会人としてのスキルを身につけていない状態でビジネスを始めたりするのは大きなリスクを背負った状態で仕事を始めることになりますので、大体の場合は会社に就職して仕事とはどういうものなのか、そして仕事に関する様々な知識を身につけた上でビジネスを展開していくようになる場合が圧倒的に多いと言えます。

なぜならば、人は誰しもが社会人としての経験がないところから社会人としてのスタートを切るようになりますので、圧倒的に必要な知識が不足している状態からスタートしなければいけないからです。

人によってはアルバイトなどを行ったりして、様々なビジネスに関するマナーや知識を身につけた状態で社会人デビューを行っている方もいるかもしれませんが、中にはそのような知識や経験を身につけていない状態で社会人デビューする方もいるでしょう。

しかし、想像以上に社会人としてデビューをするということは難しいことであり、様々な知識を身につけたりしなければいけません。

おそらく多くの方が一番最初にぶつかるのは社会人としての礼儀やマナーの部分になると思います。

社会人としてどのような行動を行わなければいけないのかということだったり、社会人としての基礎的な知識や言葉の意味を理解していないことで大きな壁にぶつかると思います。

そこで、今回は社会人になると聞くような言葉の中でも、比較的難しい言葉である内示という言葉をテーマにして、内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、そして使い方や用例などに関してもご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

内示とは?

社会人になると一気に今まで自分が過ごしていた環境とは一変するようになると思います。

すでに社会人としてデビューしている方に関しては、よくご存知だと思うのですが、学生の時に過ごしてきた環境と社会人になってからの環境を比べてみると全く別物であると考えることができます。

もちろん学生の方の中にはしっかりとした考えを持って自分自身に厳しい環境の中で生きてきたような方もいるかもしれませんが、一般的に考えて学生の立場の人間と社会人としての立場の人間では考え方が大きく違い、学生の方の方が圧倒的に未熟で幼稚な考え方をしている場合が多いです。

これは学生が悪いというわけではなく、仕方がないことではあります。

どうしても社会人になると嫌でも厳しい環境の中で生きていかなければいけないため、自然と自分自身に責任が常に存在するという考え方になりますので、物事に対する考え方なども厳しい考え方になります。

なので、学生の方が社会人になった時は大きなギャップを感じながらの生活が続くと思いますので、相当な負担がのしかかる時期になると言えます。

その中でも、一番大きく自分自身にのしかかってくる問題としては社会人としての礼儀やマナー、そして様々な難しい言葉や難しいことを理解しなければいけない知識の面での気苦労になると思います。

今回ご紹介する内示という言葉も学生の立場の人間であればなかなか聞いたりする機会がない言葉になると思います。

しかし、社会人になれば知っておいて当たり前の言葉でもありますし、いずれ知っておかなければいけない言葉です。

なので、内示という言葉を知らない方であったり、初めて聞いたという方は、内示という言葉がどういう意味を持っている言葉なのか、そしてどういう場合に使われるのかということをしっかりと知るきっかけにしていただければ幸いです。

内示の意味とは


内示という言葉について知る場合、まずは内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということから知っていただく必要性があります。

なぜならば、内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということをまず知っておかないと、基本的な使い方なども把握しづらくなってしまうからです。

なので、まずは正しい意味や基礎知識を知り、そのあとに正しい使い方や用例などに関してご紹介していきたいと思います。

漢字ではかなり単純な感じが用いられていますが、意味に関しては意外と難しい意味を持っている言葉でもありますので、意外と度忘れしてしまいがちな言葉でもあります。

社会人になると、かなり重要な意味合いを持っているような言葉でもありますので、必ず忘れないようにこの機会に正しい意味をマスターしておきましょう。

内々で示すこと

内示という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、考えられる意味としては「内々で示すこと。」という意味が挙げられます。

これはどういう意味があるのかと考えた時に、内々で示すことということは、意味としては公式ではないが、示されることと解釈することができます。

つまり、表立って決めるようなものではないにしても、ある程度それが確実性のあることとして示されるという感触を持っていただければわかりやすいと思います。

世の中に存在するすべての物事の中には、公式に発表する必要性がないようなものなどもありますよね。

例えば、公式に発表する必要性はないにしてもその物事に携わる人間本人に対してのみ伝えるべきことなどは探してみれば存在するはずです。

そのようなことなどに関しては内々で示すというような言葉で表現することができるようになります。

つまり、その場合は内示という言葉に変換して文章に直すことができるということです。

表立って外に示すようなことではないということから、外ではなく内に示すという漢字が用いられていますので、この機会に意味と考え方をセットで覚えておいてください。

非公式で個人に伝えるもの

次にご紹介する内示という言葉の意味としては「非公式で個人に伝えるもの。」という意味が挙げられます。

この意味に関しても先ほどご紹介した意味合いとかなり似ている部分があると思いますが、非公式で個人に対してのみ伝えるべき場合に内示という言葉が用いられるということになります。

例えば、具体的にどのような状況で用いられるのかと考えた時に、会社に所属している人間が会社の指示で何かしらの行動を行わなくてはいけなくなったということがあると思います。

そのような場合に、同じ会社の人間だったとしても本人以外の人間に対して伝えるべきではないような内容がある場合もありますので、そのような場合にはその物事に携わる本人のみに伝えられる内容ということで内示という形でその事実が伝えられたりするということになります。

このように、ビジネスの場面で用いられがちな言葉であるということを理解してください。

また、内示という言葉に関しては、非常に密接な関係性にある辞令という言葉と絡めた意味なども存在しています。

辞令という言葉の意味などに関しては、後程ご紹介していきますので、まずは内示という言葉の特徴について正しく理解してください。

内示の持つ効力とは


内示という言葉の意味としては、内々で示すものという意味をご紹介しましたが、どのような場合に用いられるのかということを考えると、先ほどお伝えしたようにビジネスの場面において用いられることが圧倒的に多いと言えます。

そして、基本的に内示ということに関しては、会社から辞令が出る前の段階で出るようになり、辞令ほどではないにしても、それなりに確定していることを示しているような存在になっているのです。

なので、簡単にお伝えするとすれば会社から辞令が出される前に、内示が出て、事例が出るということを事前に伝えてくれていると考えていただくとわかりやすいと思います。

それなりにビジネスの経験が豊富な方に関しては内示であったり、辞令がどのような存在であり、どのような効力を持っているのかということなどがある程度把握できているかもしれませんが、まだビジネス経験が乏しい方などはわからないかと思いますので、ここからは簡単に内示という言葉が持っている効力などについてご紹介していきたいと思います。