CoCoSiA(ココシア)

新鮮だなと思う事の6個の特徴


一度きりしかない人生は思い切り楽しむことが大切だと言われていますが、いつでも楽しむことはできるのでしょうか。

まず、人生はどれくらいの長さだと思いますか?

人によってもちろん違うことは確かですが、平均すると日本人では80歳くらいと想定しておくと間違いないでしょう。

80年もあるということを考えると、長いようで短いと思われるかもしれません。

それは確かにそうでしょう。

一秒一秒が取り戻すことのできないものですから、大切に生きなければいけませんし、後悔の内容に生きなければいけないことは確かです。

ですが、その一方で、80年と言う時間がとても長いものに思われるのも確かでしょう。

大体成人するまでには毎日に変化があると考えると、そのうちの20年は新鮮な驚きに晒されている時間だということもできます。

ですが、その後の60年間はどうでしょうか。

どこか新鮮さのなくなってしまうような状態になってもおかしくはありません。

もちろん、人によってはたくさんの新鮮な驚きに満ちている人生を送ることができます。

そういった驚きを探すことが上手い人もいるのです。

ところが、平坦な毎日を送っている人も珍しくはありません。

そんな人にとっては、人生はどこか楽しみを感じないものに思えてしまうこともあるでしょう。

人生における「新鮮さ」の大切なところはそこにあるのではないでしょうか。

ここでは人生における様々な「新鮮さ」や、新鮮味の持つメリットについて見てみることにしましょう。

最近、「新鮮だな」と感じた事ありますか?

最近、あなたは人生の中で新鮮だと感じたことはどれくらいあるでしょうか。

毎日を楽しく過ごしているつもりであったとしても、新鮮だと感じることは少なくなっているということもあるかもしれませんね。

新鮮と言うのは、長く生きていくとどんどん失われていく感情だということもできます。

何でも経験したことがあるからこそ、それに対しての戸惑いがなくなっていきますが、同時に新鮮さも失っていくのです。

だからこそ、ふと気づくと、最近「新鮮だ」と思うことがなくなってしまっているのではないでしょうか。

新鮮というものは、「新鮮に感じよう」と思って意識しているところで、新鮮には感じないのが難しいところです。

ところが、人生においては新鮮に感じるのはとても大切なことです。

新鮮だと感じることができなくなっては、人生のすべてがマンネリ化しているように思えてしまいますよね。

小さくてもいつもと違う事が起こると感じる

そうはいっても、人生の中で経験しているものが多いほど新鮮と言う感情は失われてしまいます。

赤ん坊とは違って、色々なものが初めてではないのですから、新鮮だと感じると言っても無理があるように感じてしまうことも多いはずです。

ですが、それは本当のことではありません。

何でも大きな新鮮に思わなくても良いのです。

どんな小さなことであったとしても、いつもと違うことが起こるだけでそれは「新鮮」というジャンルに入るでしょう。

そういった「新鮮に感じるもの」が何であるのかを忘れていなければ、きちんと「新鮮」と言う感覚を忘れずに生きていくことができるはずです。

どんな小さなことでも良いというのなら自分の周りでも新鮮に感じることができるものがあるのではないでしょうか。

新鮮と言っても大袈裟なことばかりではありませんから、そう思うと気が楽になりますよね。

新鮮だなと思う事の6個の特徴


人生の中で新鮮だと思うことが少なくなっていくとしても、新鮮さと言う感覚を失うのは何となくんもったいないないですよね。

新鮮さと感じることのメリットももちろんたくさんあるのです。

ですが、そう言った初々しい感覚を失ってしまう人がいるのも事実です。

忙しい日常の中で、何を新鮮だと思ってよいのかを忘れてしまっている人もいるのではないでしょうか。

新鮮だという感覚を失ってしまうと、何でもすべてがマンネリ化のように思えてしまうのです。

これでは生きていても楽しさが減ってしまいますよね。

ここでは、どのような物事に対して新鮮だと思うことができるのかについてまとめてみました。

新鮮だと感じることの6個の特徴について見てみることにしましょう。

1、初めて出会う事・知る事

新鮮だと思うことの一つとしては、初めて出会うことや知ることがあるでしょう。

それが何であったとしても「初めてのこと」は新鮮に感じるのが普通です。

人生は長いとはいっても、今では技術も進んでいますし、世界はとても広くなっています。

初めて見るものがたくさんあるということも珍しくはないでしょう。

そう言ったときに感じるのが「新鮮」と言う感覚です。