私たちが普段使ってる言葉の中には、なんとなくの理解で使っているような言葉などがたくさん存在しています。

耳にしたりすることはあるけど、具体的な意味を説明しろと言われた時に説明することができないような言葉などは考えてみるとたくさん存在しています。

しかし、言葉は相手と意思疎通を交わしたりする上で非常に大切な存在です。

たとえ日常的にあまり聞かないような言葉であったり、自分自身が用いないような言葉であったとしても、特にビジネスの場面において相手からそのような言葉を使われた時に正しい理解することができなかった場合を想定してみてください。

場合によっては自分自身が困ってしまう状況になる可能性なども十分考えられますよね。

なので、ある程度言葉の意味は理解しておかないといけませんし、言葉の意味を知るということは自分自身を助けてくれる存在にもなってくれます。

なので、もしもあなたにとって分からない言葉があるのであれば早い段階で正しい知識を身につけておくことをお勧めします。

そこで今回は誰しもが聞いたことがある言葉であり、かつ意味が複雑で人によっては理解をしていないような可能性がある忍びないという言葉をテーマにして、忍びないという言葉はどのような意味なのか、そして忍びないということなの使い方や用例、似たような言葉に関してもご紹介していきたいと思います。

忍びないとは?

普段の日常を想像してみると、忍びないという言葉を使ったりする場面はあまり多くはないと思います。

特に若い年齢の方であったり、あまり社会経験を得ていないような方に関しては聞き慣れない言葉であると思います。

しかしながら、場合によっては相手との会話の中で忍びないという言葉が用いられて表現されたりする可能性もありますし、年齢が上の方が用いたりする可能性なども十分考えられます。

年齢が上の方と喋ったりする機械は基本的に考えてプライベートの場面ではなく、ビジネスなど仕事に関係した場面がほとんどだと思います。

つまり、ビジネスの場面において忍びないという言葉が用いられる可能性は十分に考えられますので、もしも忍びないという言葉を理解していないのであれば、この機会に正しい意味や使い方などを理解できるようなきっかけとして活用してみてください。

様々な言葉を積極的に勉強し、正しい知識と適切な使い方をすることができるようになれば、言葉の引き出しが増えて自分自身の力になってくれるはずです。

なので、自分自身を高めるという意味でも、忍びないという言葉の基本的な知識をマスターしてみてください。

忍びないの意味とは


あなたは忍びないという言葉の基本的な意味を理解していますか?

もしも理解しているのであれば問題はないかもしれませんが、必ずこの言葉の意味を知らないと感じてる方は存在しているはずです。

一般的に考えて忍びないという言葉はビジネスの場面において用いられたりする場合がほとんどです。

特にビジネスにおいてのメールなどで見かけたりすることなども多い言葉になりますので、これから社会人になろうとしている方で、意味を理解していないのであれば、社会人になる前に理解しておく必要があります。

意味を理解し、しっかりとした受け答えを行わないと、自分自身の信頼に関わってくる問題にもなりますので、これからご紹介する忍びないという言葉の意味をしっかりと理解し、一般的な会話の中でぜひ活用してみましょう。

我慢できない

まずはじめにご紹介する忍びないという言葉の意味は「我慢できない」という意味が存在しています。

なぜこのような意味で解釈をすることができるのかどう考えた時に、まず理解していただきたいのは忍びないという言葉に用いられている忍という漢字です。

忍という言葉を考えたときに、考えられる意味としては「がまんする、耐える」という意味が含まれています。

つまり、忍という漢字が使われている忍びないという言葉に関しては、忍の否定刑として考えることができます。

がまんの否定形になるので、結論として先ほどご紹介した我慢できないという言葉を連想することができるということになるのです。

忍びないという言葉はビジネスのシーンにおいてよく用いられたりする言葉なのですが、この意味を踏まえた上でどのような場合に用いられるのかと考えてみると、相手に対して何かしらのお願いをしたりするときに用いられたりする可能性が高いです。

例えば、あなたが誰かに何らかの頼みごとをされた時に「このようなお願いをするのは非常に忍びないのですが、」という風に言われた経験はありませんか?

この例文に関してはそのまま意味を代入していただければすぐに理解できるはずです。

耐えられない

次にご紹介する忍びないという言葉の意味は「耐えられない」という意味が存在しています。

忍びないという言葉に関しては複数の意味が存在しており、先ほどご紹介した「我慢できない」という意味と、今回ご紹介する耐えられないという言葉の二つの意味が存在しています。

しかしながら難しく考える必要性はありません。

基本的な考え方は先ほどご紹介した「我慢できない」という意味とほぼ同じです。

忍という漢字の基本的な意味の中には「がまんする、耐える」という言葉があり、忍びないはこれの否定形になりますので、耐えるという言葉の否定形を考えていただければわかるはずです。

耐えるという言葉の否定形は「耐えられない」という言葉になりますので、結果的に忍びないという言葉の意味は耐えられないという意味になるという考え方です。

また、我慢できないという言葉と耐えられないという言葉に関しては考えていただければすぐにわかると思いますがそこまでかけ離れた意味合いの言葉でもありません。

我慢できないということは、考えてみればその状況に耐えることができないということを意味していますので、言葉が違いますか結果的にはほぼ同じような意味として解釈をすることができるのです。

なので、先ほどご紹介したビジネスのシーンにおいて考えてみても、簡単なお願いものではなく少し面倒臭いようなお願いなどを相手にしたりするときに忍びないという言葉を用いることによって、このようなことも願いするのは耐えられないのですが…という前置きをして物事を頼む場合に用いられたりするのです。

忍びないの類義語とは


ここまでは忍びないという言葉の基本的な意味を簡単にご紹介していきました。

ある程度忍びないという言葉の基本的な意味を理解いただけたところで、ここからは忍びないという言葉と似たような言葉、つまり類義語についてご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介したように忍びないという言葉は「我慢できない、変えられない」という二つの意味を持っている言葉です。

これらの言葉を考えてみると、似たような言葉が複数存在しているということはなんとなく想像できる方が多いと思います。

なので、忍びないという言葉を正しく理解し、その言葉に似た言葉などについてもしっかりと理解をしておく事によって、どのような状況や場面でどのような言葉を使うことが正しい表現になるのか、ということを知識として身に着けることができるようになります。

その場の状況を正しく理解し、適切な言葉で表現することができるという言葉ひとつのスキルであり、センスであり、大切なことでもあります。

それをしっかりと身につけることによって周りからの評価が変わる可能性などもありますので、自分自身を高めるという意味でも、似たような言葉についてしっかりと使い分けができるように理解をしてみてください。

かわいそう

まずはじめにご紹介する忍びないという言葉の類義語は「かわいそう」という言葉が挙げられます。

なぜ忍びないという言葉とかわいそうという言葉が類義語に値するのかと考えた時に、改めて忍びないという言葉の意味を考えてみると「我慢できない、耐えられない」という意味が存在しています。

それに対してかわいそうという言葉が持っている意味としては「弱い立場にある者に対して同時を寄せられその不幸な状況から救ってやりたいと思うさま」を意味しています。

この二つの言葉を比較して考えてみた時に、一見すると違う言葉のように感じてしまいがちですが、意味としてはどちらにしてもその状況を我慢することができないという気持ちが共通していると考えることができます。

なので、忍びないという言葉とかわいそうという言葉はかなり似ている言葉であると考えることができるのです。

また、一つの考え方として忍びないという言葉を用いたりする場合に、場合によっては見るに忍びないという言葉で忍びないという言葉を使ったりするような場合もあります。

見るに忍びないという言葉に関してはそのままの通り「見ることが我慢できない、耐えられない」という意味を持っています。

つまり、このような形に直していただければ、さらに忍びないという言葉がかわいそうという言葉と似ているということがよくお分かりいただけるはずです。

結果的に考えて、同じような使い方ができますので、類義語に当てはまります。

気の毒

次にご紹介する忍びないという言葉の類義語は「気の毒」という言葉が挙げられます。

なぜ気の毒という言葉が忍びないという言葉と似ている言葉になるのか?と考えたときに、気の毒という言葉が持っている基本的な意味としては「他人の不幸役痛などに同情して心を痛めること。またはその様。」を意味している言葉です。

この意味を想像して考えてみると、そもそも気の毒という言葉は先ほどご紹介したかわいそうという言葉にかなり似ている言葉であるということに気がつくはずです。

そして、かわいそうという言葉に関しては忍びないという言葉とほぼ同じような意味として解釈することができますので、結果的に考えて気の毒という言葉と忍びないという言葉がかなり似ている言葉であると判断をすることができるのです。

気の毒という言葉に関しては日常生活の中でも時々聞いたりするような言葉ですし、比較的多様されやすい言葉として認識されています。

例えば、不幸なことが起こった際にはお気の毒に存じます、という言葉を使ったりすることもあると思います。

この世に比較的日常生活で用いられやすい言葉にもなりますので、しっかりと使い分けができるようにしておくことによって言葉の正しい選択をすることができるようになりますので覚えておいてください。

不憫

次にご紹介する忍びないという言葉の類義語は「不憫」という言葉が挙げられます。

なぜ不憫という言葉が忍びないという言葉と似ている言葉になるのか?と考えたときに、不憫という言葉が持っている基本的な意味としては「かわいそうなこと、気の毒なこと、またはそのさま」を意味している言葉です。

この意味を考えていただければすぐに理解いただけるはずですが、忍びないという言葉に似ている言葉として先ほどかわいそうという言葉と気の毒という言葉をご紹介していきました。

つまり、不憫という言葉の基本的な意味としてはかわいそうという言葉と気の毒という言葉が混じっている言葉になりますので、結果的に同じ意味を持っている言葉として解釈することができるのです。

なので、同じような意味を持っている言葉であると判断をすることができるのです。

不憫な状況に立たされるという言葉を使ったりすることがあると思いますが、そのような状況は見るに忍びない状況という言葉に変換してもそこまで違和感を感じたりすることはないはずです。

なので、同じような意味を持っている言葉であると考えることができるので、この機会に覚えておきましょう。

哀れ

次にご紹介する忍びないという言葉の類義語は「哀れ」という言葉が挙げられます。

なぜ哀れという言葉が忍びないという言葉と似ている言葉になるのか?と考えたときに、哀れという言葉が持っている基本的な意味としては「強い心の動き、かわいそうな状態、どうすることもできないような心の動き」を意味している言葉です。

複数の意味が存在している言葉であり、たくさんの意味を想像してみると少し難しく感じるかもしれませんが一般的に考えて哀れという言葉を使ったりする際にはかわいそうという意味で使われたりすることが一般的です。

例えば、自分自身の目の前でかわいそうな状況が起きてしまっているのを見てしまった時に、哀れな状況という言葉で表現したりすることがあります。

つまり、哀れという言葉はかわいそうという言葉とほぼ同義であり、かわいそうという言葉と同じということは結果的に忍びないという言葉ともほぼ同義であると考えることができます。

なので、忍びないという言葉と哀れという言葉は同じような意味である類義語であると判断をすることができるのです。

忍びないと申し訳ないの違いは?

ここまでは忍びないという言葉に似ている言葉を簡単にいくつかご紹介していきましたが、ある程度基本的な似ている言葉を理解いただいたところで、人によっては申し訳ないという言葉と忍びないという言葉がかなり似ている言葉なのでは?と感じる方もいるかもしれませんね。

忍びないという言葉の持っている意味としては「我慢できない、耐えられない」という意味が存在していますし、相手に対して面倒なことをお願いしたりするときに使ったりすることを想像してみれば確かに同じような使い方ができる言葉だと考えてしまいがちです。

そこで、ここからは簡単に忍びないという言葉と申し訳ないという言葉に違いについてご紹介していきます。

よく言葉の意味を理解していないと勘違いしやすい言葉でもありますので、この機会にどちらがどのような意味を持っておりどういう状況で使われるべきなのかということを簡単にご紹介していきます。

申し訳ない

一般的に考えると忍びないという言葉と申し訳ないという言葉が同じような使い方ができる言葉だと考えられがちですが、細かい意味を考えてみると結論としてはまちがっている使い方になってしまいます。

なぜこの二つの言葉は同じように使うことができないのかと考えた時に、まず考えていただきたいのが忍びないという言葉に関しては相手に対して謝罪をしたりする場合に用いたりするような言葉ではないということです。

それに対して申し訳ないという言葉は相手に対して謝罪の気持ちを伝えたりするときに用いる言葉になりますので、そもそも基本的な用法が全く違っているということを理解してください。

確かに相手に対して面倒なことをお願いする時に忍びないという言葉を使ったりするのですが、それは相手に対してその面倒なことをお願いすることに対する謝罪ではなく、あくまで自分の気持ちを言い表している言葉として用いられているのです。

それは忍びないという言葉の基本的な意味を改めて思いだしていただければすぐに理解していただけるはずです。

それに対して申し訳ないという言葉に関しては「相手にすまない気持ちで弁解のしようがない、大変済まない」という意味が込められています。

なので、そもそもの意味がまったく違うということを理解してください。

謝罪する言葉

しっかりと言葉の基本的な意味を理解していれば、忍びないという言葉は申し訳ないという言葉と同じような使い方ができないということは気が付けるはずです。

例えば、逆に考えてあなたが相手に対して嫌な思いをさせられてしまった時に、相手があなたに対して申し訳ないという言葉を使えばあなたの気持ちも少しは治ると思います。

しかしながら、そのような場面で相手が忍びないという言葉を使って来た場合、どのような気持ちになるでしょうか。

なんとなく忍びないという言葉を使われると本当に心から反省していないような印象を受けてしまいませんか?
どこか上から目線のような、心の底から謝っていないような感覚が襲われるはずです。

なぜならば、忍びないという言葉をそのような場面で使った場合「我慢できない、耐えられない」という意味になりますので、謝罪の言葉ではないので違和感を感じる結果になってしまうのです。

よくセットで用いられたりするので、同じような意味だと錯覚してしまいやすい言葉ではありますが、改めて二つの意味を比べてみると全く違う言葉であるということは明白です。

もしも相手に対する謝罪の気持ちを表す時に忍びないという言葉を使っているのであれば、それは完全に間違った使い方になっていますので必ず今後は使わないように注意をしておいてください。

言葉の使い方を間違えてしまうと相手によっては嫌な気分になってしまったり、失礼な印象を与えてしまったりする可能性が生まれてしまい、ビジネスにおいては多大な不利益になってしまう可能性があります。

その点を注意して発言する必要がありますので、言葉の意味があいまいなものに関してはあまり使用することは避けておきましょう。

「忍びない」の用例

忍びないという言葉に関連した言葉をいくつかご紹介していきましたが、ここからは忍びないという言葉実際に使う場合どのような用例で使うことができるのかということをご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を理解しても正しい使い方ができていなければその言葉をマスターしているとは言えません。

正しく言葉を使うためには使い方もしっかりと理解をしておく事が大前提になりますので、正しい言葉遣いができるように例文を交えながら忍びないという言葉の使い方を解説していきます。

一般的な忍びないという言葉の使い方を理解していただければ、様々な日常生活の場面で忍びないという言葉を使って会話をすることが可能になります。

使い方が少し曖昧になっているという方はこれからご紹介する例文をしっかりと確認し、マスターできるようにしてみてください。

このようなお願いごとをするのは忍びないのですが

まずはじめにご紹介する忍びないという言葉の用例として挙げられる例文は「このようなお願いごとをするのは忍びないのですが」という例文です。

この例文に関しては比較的ビジネスの場面においてよく聞いたり用いたりするような言葉でもあります。

一般的に考えてこの例文は相手に対して何かしらのお願いをしたりするときに、面倒なことを押し付けてしまって耐えられないという気持ちを表現したりする際に用いられる言葉です。

誰でも嫌なことや面倒なことなどを頼まれたりすると、嬉しい気持ちになったりはしませんよね。

そのような時にこの例文を一言添えておくことによって、物事を低姿勢でお願いする様子を見せることで相手に承諾してもらえるようにしたりする場合が多いです。

忍びないという言葉の使い方の中でもかなり一般的な使い方になりますし、ビジネスのシーンにおいてはかなり多く用いられる基本的な言葉の一つにもなりますので、必ず忍びないという言葉をマスターする上で覚えておかなければいけない用例になります。

まずはこの基本的な形を覚えていただき、忍びないという言葉をしっかりと正しく使えるように意識しておいてください。

見るに忍びない

次にご紹介する忍びないという言葉の用例として挙げられる例文は「見るに忍びない」という例文です。

この例文に関してはどちらかといえば一般的な日常なので用いられたりする可能性がある言葉でもあるのですが、意味としては「あまりにも気の毒であったり、ひどい状態であったり、見ているのが辛い気持ちを表している」言葉になります。

そのままの意味の通り、一般的に考えてかわいそうな状況であったり悲惨な状況などに立たされている場合にこの言葉を使ったりする場合がほとんどです。

厳粛な場面においてはかわいそうという言葉を使ったりするのではなくこのようなしっかりとした言い回しが求められることもありますので、社会人として活躍している人間であればこれくらいの表現方法は身につけておかなければいけません。

しっかりと基本的な意味を理解しておけば難しい例文にはなりませんので、忍びないという言葉の基本的な使い方も一つということで必ず覚えておくようにしてください。

「忍びない」を使うときに注意することとは

忍びないということを例文を交えて基本的な使い方をご紹介していきましたが、忍びないという言葉に限らずに、世の中に存在している様々な言葉には使う時に必ず注意をしておかなければいけない点が存在しています。

なぜ言葉を使うときに注意をしなければいけないのかと考えた時に、間違った言葉遣いをしてしまうことによって様々なデメリットが発生してしまうからだと言えます。

例えば、間違った使い方をすることによって場合によっては相手が不快な気持ちになってしまう可能性も十分考えられますよね。

あなたのこれまでの人生でちょっとした言葉の掛け違いで相手と好ましくない関係性になってしまったりしたことがありませんか?
たとえ自分はそのような気持ちを思っていなかったとしても、間違った言葉遣いをしてしまうと相手から間違った捉えられ方をしてしまうということは十分に考えられます。

特に忍びないという言葉に関しては分かりづらい言葉ということもありますし、基本的な意味自体が間違って使ってしまうと失礼だと捉えられやすい言葉にもなりますので十分気をつけて取り扱わなければいけない言葉になります。

それを踏まえたので忍びないという言葉を使用する際の注意点についていくつかまとめてご紹介していきたいと思います。

間違った使い方をしない

まずはじめにご紹介する忍びないという言葉を使う際の注意点としては「間違った使い方をしない」ということが挙げられます。

これに関してはわざわざ説明するまでもなく考えてみれば当たり前のことになるのですが、忍びないという言葉を使わずには間違った使い方を絶対にしないように注意をしておかなければいけません。

元々忍びないという言葉は意味が分かりづらかったりもするので間違った使い方になりやすい言葉でもあります。

例えば、一つ例を挙げてご紹介するとすれば誠に忍びないという言葉を相手の会話の中で使ったりすることがあると思うのですが、その言葉をもしも謝罪の場面で使ったりしているのであればそれは間違った使い方になりますので絶対にしないようにしてください。

なぜならば、誠に忍びないという言葉に関しては直訳して考えてみると「本当に我慢できない」という意味になってしまいます。

相手に対して申し訳ないという気持ちを伝えようと思って謝罪の言葉と勘違いして使っている場合がほとんどだと思うのですが、受け取る人によってはきちんと意味を理解していると間違った言葉遣いをしているということにすぐに気がつきます。

また、場合によっては本来は謝らなければいけない立場なのに、その立場の人間が我慢できないという言葉を使ったりしている時点で、人によっては大きく馬鹿にされた気分になってしまう可能性があるのです。

冷静に考えて誠に忍びないという言葉は相手に対する謝罪の言葉ではありませんし、心の底から反省してる人間が用いるような言葉でもありません。

つまり、思いもよらないトラブルを産んでしまう可能性がある使い方になってしまいますので、必ずこのような言葉遣いはしないように注意をしてください。

これから先への場面で使う

次にご紹介する忍びないという言葉を使う際の注意点としては「これから先への場面で使う」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、忍びないという言葉をすでに起きたことに対して使ってしまっている人が存在しているということです。

意味が混同されやすい申し訳ないという言葉に関しては、すでにこれまでに起きてしまったことに対して謝罪をする気持ちを表す言葉として使われたりしていますので、意味が混同してしまっている人は忍びないという言葉に関してもすでに起きてしまったことに対して使っていたりする可能性があります。

しかしながら、忍びないという言葉に関してはすでに起きてしまったことではなくこれから先に起こること、もしくはリアルタイムで今起こっているようなことに対して用いたりするような言葉です。

簡単に言えば現在進行形の感情を表す言葉ということになりますので、必ずしないという言葉を使う際には過去のことに対して使うのではなくリアルタイム、若しくはこれから先のことに対して使うように注意をするようにしてください。

少し難しいかもしれませんが、言葉の意味を理解していればさほど難しい言葉でもありませんので、まずは基本的な意味を正しく理解し、間違った使い方をしないように注意しておいてください。

まとめ

今回は忍びないという言葉をテーマにして、忍びないという言葉の基本的な意味、そして忍びないという言葉と似ている言葉、忍びないという言葉の用例や注意点などをご紹介していきました。

日常会話などでも用いられたりするような言葉ではありますが、意味が少しわかりにくい言葉でもありますので、間違った認識で使ってしまっている人はかなり多い状況です。

しかしながら、何度もお伝えしますが間違って言葉を使ってしまうことによって、様々なトラブルが発生してしまったり、その引き金になってしまう可能性は十分考えられます。

それだけ私たちが使っている言葉というものに関しては相手とのコミュニケーションをとる上でとても重要性の高いものになります。

しっかりと適切な言葉選びができるように、今回ご紹介した内容をしっかりと確認していただき、もしも間違った認識を持っていた方は今後間違った使い方をしないように十分注意をしてみてください。