CoCoSiA(ココシア)

別れの原因によくある11の理由。乗り越えるべき?諦めて次にいくべき?

辛い恋人との別れにはどのようなものがあるのでしょうか。

別れを経験して立ち直ることが難しいという方もいれば、別れを決意してすっきりしたという方もいます。

恋人との破局の原因としては、いったいどのようなものが考えらえれるのでしょうか。

辛い別れを経験した方は、そう簡単に元恋人のことを諦められるわけではありませんよね。

恋人との別れを乗り越える方法についてもご紹介します。

この記事の目次

出会いがあれば別れがある…

人間の出会いは素敵なものではありますが、そこには必ず別れも存在します。

別れは人間関係の絶縁から、疎遠、そして死別に至るまで様々なものがありますが、必ず訪れる別れには覚悟をしなければなりません。

出会いがあれば必ず別れがあるのです。

それは、もちろん恋人同士で会っても友人同士で会っても関係ありません。

どうなるか不透明なのが恋愛

出会いがあれば分かれもあるのは当たり前の話ですが、その中でも恋愛関係と言うのは不透明なものです。

例えば、家族の縁を切るのは非常に難しいと言われています。

絶縁状を叩きつけても、遺産やその他の相続の問題で完全に縁を切ることができない場合もあります。

ですが、恋人同士は一種の契約関係にあるとはいえ、そこまで強いつながりを持っているわけではありません。

例えば、結婚している夫婦の場合には、やはり恋人同士よりも切りにくいつながりがあります。

どんなにひどい相手でも、離婚までに時間がかかってしまうことがあるのは、夫婦が強い契約関係にあるからです。

ですが、ただの恋人同士の場合には、そのような契約関係もなく、砲に縛られていることもありません。

別れようと思えば簡単に別れられる関係にあるのです。

言ってみれば、今はラブラブでも、一寸先は闇と言うこともあるということなのです。

将来的に一緒にいることが保証されているわけでもなく、血のつながりもない恋人同士の関係は、将来が非常に不透明で曖昧なものです。

いつ、別れが来てもおかしくない関係なのです。

また、恋人同士の行き着く先が、結婚、もしくは別れと言う二択であることも、恋人同士の関係が不透明な原因の一つでしょう。

今、ラブラブで愛し合っている二人には突き付けるのが酷な事実ですが、結婚しない限りは、恋人同士の行き着く先としては別れのみです。

そういった意味では、恋愛関係になってしまうと、その先には終わりか結婚しかない状態になるということでしょう。

あなたと恋人は大丈夫ですか?

恋人同士の契約は脆くて弱いものです。

方に縛られているわけでもないので、好きな時に、いくらでも関係を切ることができます。

友人同士に戻って友情を続けることは可能ですが、やはり恋愛関係に終わりは訪れるでしょう。

いつまでも仲良くラブラブで、と言うことは口にするのは簡単ですが、実行するのは難しいですね。

行き着く先に結婚を考えている人なら、今の恋人と結婚したいと淡く考えていることもあるかもしれません。

ですが、そこに行きつくまでには、いくつかの試練も乗り越えなければいけないのです。

恋人同士の関係は、契約としては口約束のみであるという脆い関係でありながら、行き着く先が不透明であるという、継続するのが非常に困難な関係です。

あなたと恋人は、今、どのような関係でしょうか。

本当に別れが頭をよぎることもないような幸せな関係を築くことができているでしょうか。

よくある別れの原因

恋人同士の別れの原因となるものには何があるのでしょうか。

自分たちは大丈夫だと思っていても、恋愛では何が起こるか分かりません。

「こんな理由では別れない」と思っているようなラブラブのカップルであっても、意外と別れの原因は「よくあるもの」であることも珍しくありません。

恋人との別れの原因に何があるのかを知っておけば、事前に別れが来ることがないように気を付けることもできますよね。

別れの原因になりそうなものを避ければ、恋人とそう簡単に別れてしまうようなこともないでしょう。

また、恋人に別れを告げられた原因が分からないという方も、ぜひ下記の11個の理由を見て、自分の生活を振り返ってみてください。

どのようなものが別れの原因になるのかが分かれば、自分の悪かったところ、恋人が別れを決意した理由を理解することができるのではないでしょうか。

1、ウソをつかれた

嘘をつかれたというのはとても小さな理由のように思えるかもしれませんが、恋人同士の間では重要なことです。

嘘は相手への信頼を失ってしまう原因になります。

それが大きな嘘なら、特にダメでしょう。

例えば、借金や家のこと、自分の経歴などは十分に相手への信頼を失う原因になる大きな嘘です。