辛い恋人との別れにはどのようなものがあるのでしょうか。

別れを経験して立ち直ることが難しいという方もいれば、別れを決意してすっきりしたという方もいます。

恋人との破局の原因としては、いったいどのようなものが考えらえれるのでしょうか。

辛い別れを経験した方は、そう簡単に元恋人のことを諦められるわけではありませんよね。

恋人との別れを乗り越える方法についてもご紹介します。

出会いがあれば別れがある…

人間の出会いは素敵なものではありますが、そこには必ず別れも存在します。

別れは人間関係の絶縁から、疎遠、そして死別に至るまで様々なものがありますが、必ず訪れる別れには覚悟をしなければなりません。

出会いがあれば必ず別れがあるのです。

それは、もちろん恋人同士で会っても友人同士で会っても関係ありません。

どうなるか不透明なのが恋愛

出会いがあれば分かれもあるのは当たり前の話ですが、その中でも恋愛関係と言うのは不透明なものです。

例えば、家族の縁を切るのは非常に難しいと言われています。

絶縁状を叩きつけても、遺産やその他の相続の問題で完全に縁を切ることができない場合もあります。

ですが、恋人同士は一種の契約関係にあるとはいえ、そこまで強いつながりを持っているわけではありません。

例えば、結婚している夫婦の場合には、やはり恋人同士よりも切りにくいつながりがあります。

どんなにひどい相手でも、離婚までに時間がかかってしまうことがあるのは、夫婦が強い契約関係にあるからです。

ですが、ただの恋人同士の場合には、そのような契約関係もなく、砲に縛られていることもありません。

別れようと思えば簡単に別れられる関係にあるのです。

言ってみれば、今はラブラブでも、一寸先は闇と言うこともあるということなのです。

将来的に一緒にいることが保証されているわけでもなく、血のつながりもない恋人同士の関係は、将来が非常に不透明で曖昧なものです。

いつ、別れが来てもおかしくない関係なのです。

また、恋人同士の行き着く先が、結婚、もしくは別れと言う二択であることも、恋人同士の関係が不透明な原因の一つでしょう。

今、ラブラブで愛し合っている二人には突き付けるのが酷な事実ですが、結婚しない限りは、恋人同士の行き着く先としては別れのみです。

そういった意味では、恋愛関係になってしまうと、その先には終わりか結婚しかない状態になるということでしょう。

あなたと恋人は大丈夫ですか?

恋人同士の契約は脆くて弱いものです。

方に縛られているわけでもないので、好きな時に、いくらでも関係を切ることができます。

友人同士に戻って友情を続けることは可能ですが、やはり恋愛関係に終わりは訪れるでしょう。

いつまでも仲良くラブラブで、と言うことは口にするのは簡単ですが、実行するのは難しいですね。

行き着く先に結婚を考えている人なら、今の恋人と結婚したいと淡く考えていることもあるかもしれません。

ですが、そこに行きつくまでには、いくつかの試練も乗り越えなければいけないのです。

恋人同士の関係は、契約としては口約束のみであるという脆い関係でありながら、行き着く先が不透明であるという、継続するのが非常に困難な関係です。

あなたと恋人は、今、どのような関係でしょうか。

本当に別れが頭をよぎることもないような幸せな関係を築くことができているでしょうか。

よくある別れの原因

恋人同士の別れの原因となるものには何があるのでしょうか。

自分たちは大丈夫だと思っていても、恋愛では何が起こるか分かりません。

「こんな理由では別れない」と思っているようなラブラブのカップルであっても、意外と別れの原因は「よくあるもの」であることも珍しくありません。

恋人との別れの原因に何があるのかを知っておけば、事前に別れが来ることがないように気を付けることもできますよね。

別れの原因になりそうなものを避ければ、恋人とそう簡単に別れてしまうようなこともないでしょう。

また、恋人に別れを告げられた原因が分からないという方も、ぜひ下記の11個の理由を見て、自分の生活を振り返ってみてください。

どのようなものが別れの原因になるのかが分かれば、自分の悪かったところ、恋人が別れを決意した理由を理解することができるのではないでしょうか。

1、ウソをつかれた

嘘をつかれたというのはとても小さな理由のように思えるかもしれませんが、恋人同士の間では重要なことです。

嘘は相手への信頼を失ってしまう原因になります。

それが大きな嘘なら、特にダメでしょう。

例えば、借金や家のこと、自分の経歴などは十分に相手への信頼を失う原因になる大きな嘘です。

小さな嘘であっても、それが積み重なれば、相手への信頼を失うに十分なものになってしまいます。

相手に対して正直であるというのは、恋人同士の間ではとても大切なことです。

恋人同士なら、相手に正直に生きることにしましょう。

相手に嘘をつかれていたというのはとてもショックなことです。

嘘は「あなたのことを信用していなかった」「あなたのことをだましたかった」と言うサインだからです。

騙されていたのに、愛情を持ち続けるのは難しいのではないでしょうか。

2、浮気された

浮気されたときには、絶対に別れると決めている人が多いでしょう。

浮気はモラルとしても、感情としても受け入れることができないものです。

恋人がいるのに他の人に気持ちを移すのは人間として、してはいけないことです。

それが夫婦なら、完全に不法行為になってしまっているほどのことです。

浮気を一度されると、相手への信頼も愛情も一気に失ってしまう人が少なくありません。

浮気くらいで、と思う方もいるかもしれませんが、浮気は別れの原因として誰もが認める「最低な原因」です。

軽はずみな行動が取り返しつかなくなる

浮気をした人が言い訳として「気持ちはあなたのものだった」「軽い気持ちで遊んだだけ」という言葉を使うことがあります。

ですが、それは通用しません。

軽はずみな行動だったとしても、それは相手に対する明確な裏切り行為です。

人間は、裏切った人間を再び信用することは難しいものなのです。

3、将来が見えないと思った

若者ではなく、20代半ば以降のカップルは特にこう考える人がいるでしょう。

特に、女性は結婚にタイムリミットもありますから、将来が見えないことは別れの原因の大きなものとして挙げられます。

「この人とは結婚してもうまくやっていくことができるのだろうか」「生活をすることができるのだろうか」「そもそも、プロポーズしてくれるのだろうか」

と言うことを考えると、もう無理だという結論に至るということがあるのです。

恋人としては楽しくやることができても、相手のことを人生の伴侶として見たときには受け入れられないと言うこともあります。

結婚は、恋愛よりも現実的なのです。

若いころから長く付き合った恋人に別れを告げられた人は、「結婚相手としては失格」と思われてしまったと言ことなのかもしれませんね。

4、マンネリ化してしまった

マンネリ化したカップルが、もうマンネリ化を乗り越えることができずに別れを決めることがあります。

お互いに気持ちをなくしかかっている状態なので、それほど揉めることもなく別れることができるでしょう。

マンネリ化を乗り越えるためには、お互いに努力をしなければいけません。

最初のころの気持ちを取り戻せるように努力できないカップルは、別れを選ぶしかなくなってしまうのです。

最も、お互いへの気持ちが冷めた状態での別れになるので、お互いに別れてせいせいしたというようなこともあるかもしれません。

5、ケンカした

喧嘩別れをするカップルもいます。

お互いに怒っているので、「別れてやる!」という言葉が別れの原因になるのです。

最も、喧嘩が原因で別れてしまったカップルの場合には、数日後には後悔してよりを戻すということもあるようですね。

思いやる心を忘れてしまった

喧嘩別れのまま、戻ることがないカップルと言うのは、普段からお互いを思いやる心を忘れてしまっていた可能性があります。

お互いに普段から不満を積み重ねていたので、喧嘩の勢いで別れてしまったのだとしても、全く後悔が生まれないのです。

喧嘩の後に冷静になっても復縁をする気になれないという場合には、とっくの昔に相手への気持ちを忘れてしまっていたということなのかもしれませんね。

6、価値観の違い

価値観の違いも恋人同士としての別れの原因となります。

お互いに違う環境で育ってきた人間が恋人同士として舌支度するわけですから、お互いに妥協しなければいけないことは多くあります。

ですが、どうしても許せない価値観もありますよね。

例えば、お金のこと、マナーのことに関しては、価値観をなかなか変えられないということもあります。

そうした価値観の違いは、付き合っていくうちに分かるということもあるでしょう。

恋人との価値観の違いがあまりに大きすぎると、付き合っていても衝突することばかりになってしまいます。

お互い受け入れられない

価値観の違いをお互いに受け入られないと、恋人として長く続けていくことができません。

お互いにお互いの価値観を不快なものだと思うようになってしまう可能性もあるのです。

どちらかだけが我慢しているということもあるかもしれませんが、お互いに価値観の違いに気づき、

お互いに受け入れることができないのなら、比較的、円満に別れることができるのではないでしょうか。

7、別の人を好きになった

自分が別の人を好きになってしまった場合にも、恋人同士としての関係が終わるということがあるでしょう。

他の人のことを好きになってしまったのですから、他の人と恋愛関係を続けられるわけがありません。

この場合には、自分から別れを告げて、次の人に行くというのが正しい方法ですね。

間違っても浮気はしないようにしなければいけません。

交際期間が被ってしまっているというのは、最低な人がすることです。

相手に「他に好きな人ができた」と言って別れると、浮気を疑われることもあるでしょう。

二股をしていた場合には、相手から復讐されることもありますので注意してくださいね。

変な噂を流されないためにも、他に好きな人ができたとしても、浮気をする前に別れを告げて恋愛関係を終わらせるようにしてください。

相手を幸せにする努力をしない

ほかに好きな人ができてしまうと、相手を幸せにする努力をできなくなってしまいます。

相手のことが好きではなくなってしまうので、その努力をする必要がないように思ってしまうのです。

そうした恋人の態度は、相手の態度も自然と変えることになってしまいます。

他に好きな人ができたからと言って、わざと恋人に素っ気なくして、恋人から愛想尽かしをされるように心がける人もいます。

自分が悪者になりたくないので、相手から別れを告げてもらえるようにするということです。

ですが、この方法では、相手が真相を知ったときに酷く傷つきますし、周囲に噂を流されてしまうこともありますので、あまりお勧めできません。

せめて、最後くらいは誠実に相手に別れを告げるのが、一番さっぱりした方法だと言えるでしょう。

8、恋人からの暴力、いわゆるDV

恋人からの暴力やDVは別れる大きな原因の一つです。

最近では夫婦ではなくてもデートDVと言い、恋人からの暴力が問題になっています。

夫婦ではなくても、恋人同士の間での暴力も問題になるのです。

暴力をするような相手と付き合っている人の中には共依存に陥ってしまい、なかなかそこから抜け出せない人もいます。

ですが、現代の若者は、DVにも敏感です。

「恋人に暴力をふるってはいけない」という一般常識が頭の中にしみついているので、恋人からの暴力に黙って耐えようと思う人は少なくなってきているのではないでしょうか。

恋人から一度でも暴力を振るわれた段階で、「この人はダメだ」と頭を切り替えることができる人が増えているのです。

どんな理由があっても、暴力をふるってしまった段階で、それが別れの原因となります。

言葉の暴力も尊厳を失わさせる

言葉の暴力もいけません。

言葉の暴力はモラハラとなります。

モラハラも、別れの原因です。

モラハラを受けて長い人は共依存になりますが、少しでも相手に言葉の暴力をふるってしまった段階で、「ダメな相手」という扱いをされるでしょう。

恋人同士として長く付き合っていきたいのなら、相手の尊厳を尊重するようなお付き合いをしなければいけません。

相手に言うことを聞かせるために肉体的な暴力、精神的な暴力をふるってしまうと、それは別れの原因として誰もが納得するものになってしまいます。

9、一緒にいれる時間がなくすれ違いが増えた

一緒にいられる時間が無くなったということも別れの原因になります。

仕事や学校生活などで忙しくなり、恋人であってもそう簡単に会える時間が取れなくなってしまったというようなこともあるでしょう。

一緒にいられない時間が恋を育てるとも言いますが、現実はそう簡単ではありません。

一緒にいられない時間が長ければ長いほど、恋心は冷めていきます。

一緒にいるときでも、恋心を持続させるには多大な努力が必要なのです。

一緒にいられないすれ違いの時間が長ければ長いほど、相手への気持ちを失ってしまう可能性が高くなるのです。

お互いに離れている時間が長くなり、すれ違いが増えると寂しさよりも虚しさの方を多く感じてしまうようになるでしょう。

そうなると、別れを決意するようになってしまいます。

10、友達から辞めるように言われた

友達に別れた方が良いと忠告され、それを受け入れて別れを決めたという人もいるでしょう。

これはとても一方的なものなので、いきなり言われて、相手側は受け要られらないでしょう。

友人の忠告を受け入れたことが別れの現認になったのだとしたら、忠告した友人のことを恨めしく思うかもしれません。

女性は人の意見に流される

友人から辞めるように言われて、流されるように別れを決めるのは、女性の方が多い傾向にあるようです。

女友達の忠告を大事にする人は多いからです。

特に、女性には「女性の勘」というものがあり、女友達に「何となくやめておいた方が良い気がする」と言われると、その気になってしまう女性も少なくありません。

女性の繋がりは横のつながりが密なものですから、女性同士のネットワークの中で人気のない男性と付き合っていることは、その世界の中での評判を落とす結果になってしまいます。

女性同士の友人の付き合い方には怖いところもあるので、恋人が女性同士の世界の中で付き合いにくくなる原因になるのなら、別れようと思う人もいるでしょう。

11、相手への気持ちが冷めた

単純に、相手への気持ちが冷めたということが別れの原因になることもあります。

マンネリ化と言うだけではなく、相手への気持ちがすっと冷めてしまって戻らなくなるのです。

これは、「飽き」にも近いですね。

急にすっと冷めてしまう人もいれば、時間が経つにつれて、徐々に相手への気持ちを失ってしまう傾向にある人もいます。

この「冷めた」というのは、恋人同士で同時に怒ることがあります。

お互いに冷めてしまったので別れるというパターンです。

この場合には、お互いに利害関係が一致しているので、特に揉めることもなく別れることができるでしょう。

ただし、どちらか片方だけが「冷めた」ことが原因で別れる場合には、「冷めていなかった」方が別れた後に苦しんでしまうのは明らかですね。

辛い別れ…どうすれば良い??

恋人との別れがつらいものであった場合には、そう簡単に相手への気持ちが消えるわけではないでしょう。

なかなか次に行くことができずに、元恋人に対して未練がましい態度を取ってしまう人もいるでしょう。

また、元恋人に対して諦めの気持ちはできても、次の恋をするような気分に離れない人もいるのではないでしょうか。

そんなどうしようもない時には、いったいどのようにして辛い失恋を乗り越えれば良いのでしょうか。

乗り越える?諦めて次にいく?

恋人との別れを経験した人は、二種類に分かれます。

恋人との別れを喜ぶ人と、悲しむ人です。

恋人と別れたことで喜んでいる人は、何の心配も要りません。

自由に過ごすことができるので、人生の楽しみを謳歌したうえで、次の恋に進むこともできるようになるでしょう。

ですが、恋人との辛い別れを経験した方は、しばらく立ち直ることができないのではないでしょうか。

恋人との別れの後に待っているのは、「元の恋人との恋を乗り越えて次に行く」か、もしくは「元の恋人との恋にしがみついて復縁を目指す」という道だけです。

そのどちらに行くかは、別れ方や自分の気持ち次第ですね。

恋が終わった後にどうするかは、なかなか決められるものではありません。

どちらにせよ自分を追い込んではダメ

恋人との別れを乗り越えて復縁するにしても、諦めて次の恋を探すにしても、破局直後には冷静になって考えられないでしょう。

本当は復縁することも可能だったのに、その後の自分の行動の所為で復縁することができなかったということもあります。

また、復縁する見込みがないのに元の恋人にしがみついてしまい、時間と労力の無駄になってしまったということもあります。

恋人と別れたばかりで心が傷ついてしまっている状態の時には、冷静な判断をすることができません。

自分を追い込んで、「とにかく諦めるか、復縁を目指すか決めなくては」と極端な考え方をしないようにしましょう。

ただでも心が傷ついている状態なのに、自分を追い込むと間違った判断をしてしまうことが多くなります。

別ればかりの時には、極論として考えるのではなく、まずは失恋から立ち直ることを心がけた方が良いでしょう。

心の痛みが治まってから、次のことを考えれば良いのです。

別れを乗り越える正しい方法

別れを乗り越え、失恋から立ち直るには、まず、別れを正しい方法で乗り越えるようにしてください。

自分の心を癒して、まずは冷静に考えることができるようにするのです。

それからのことは、冷静な頭で考えた方が良いでしょう。

まずは、自分の心を大切にするようにしてください。

一緒に過ごした事に少しでも感謝する

別れた直後は、「どうしてこうなったのか」「どうしたら良かったのか」と言う想いでいっぱいになってしまっているでしょう。

それが恨みの方向に行かないためにも、まずは相手に感謝してみることが良いかもしれません。

特に、自分が原因で別れることになってしまった方は、少しでも相手と過ごすことができたことに感謝しましょう。

フラれたことに自棄になってしまいそうなときには、相手と過ごした時間のことを感謝することで、恨みの気持ちが減っていくでしょう。

一方的にフラれてしまった場合には、そのような気持ちになるのは難しいかもしれません。

ですが、自分が一方的に悪いと分かっているときには、あまり恨みの気持ちを持たずに、そのエネルギーを感謝の方向に変換しましょう。

そうして少しでも感謝することで、すっきりと諦めることができるかもしれません。

運命の人じゃなかったと信じ込むのも一つの手

相手が悪くて別れてしまったときでも、完全に気持ちが離れた訳ではない時には、相手との別れが悲しくて仕方ないでしょう。

自分が耐えていればまだ付き合っていることができたのにと言う想いもあるかもしれません。

そんなときには、思いきり別れた恋人の悪口を言ってみるのも一つの方法でしょう。

運命の人ではなかったということを自分に信じ込ませることができれば、別れがそれほど辛くなくなります。

別れてからしばらくして冷静になると、自然と相手と別れたことが当たり前のように思えますが、最初の内は無理なので、わざと相手の悪かったところを探すようにするのです。

これは、友人と一緒に行っても良いかもしれません。

信用できる友人と一緒に、愚痴大会のようなものを開くと良いでしょう。

「○○のこういうところが駄目だと思ってた」「幸せそうだったから言わなかったけれど、元恋人のこういうところが○○には合わないと思っていた」など、ぶっちゃけた話を聞くこともできるのではないでしょうか。

元恋人と距離をとる

別れた後にも、友人同士として付き合い続けている人もいますよね。

元恋人の姿が近くにある状態では、なかなか相手のことを吹っ切ることができません。

相手が普通に接してくると、余計に未練が消えないままになってしまいますよね。

そんなときには、意図的に元恋人と距離を取るようにしてください。

もう既に別れたのですから、無理をして友人付き合いをしている必要はありません。

そのことで元恋人から何かを言われたら「別れたのだから無関係」だというようなことを伝えると良いでしょう。

相手と距離を置くことで自分の頭を冷静にすることもできるのではないでしょうか。

友達との友情を深める

恋人がいるときには、なかなか友人とも深く付き合えないということがありますよね。

恋人との時間を優先してしまうので、友達との遊びが後回しになってしまっているということもあります。

ですが、別れたのなら、その時間は自由に使うことができるのです。

そんな時こそ、友人との友情を深めるために使ってみてはどうでしょうか。

誰かと一緒にいれば寂しさを感じずに済みますし、その友人関係の中から、また新しい恋ができるようになるかもしれません。

1人で出来る趣味を始める

恋が終わってしまったのなら、自分の趣味に駆ける時間もお金もあるでしょう。

その時間を逃さずに、一人でできる趣味を始めるのも良いかもしれません。

趣味を楽しいと思えるようになれば、恋の痛みも簡単に忘れることができるでしょう。

また、何か没頭できるような趣味があれば、頭の中で考えすぎてしまうというようなこともなくなります。

『やりたかった事リスト』を作る

フリーの状態に戻ったということは、たくさんしたいことができるということになりますね。

彼氏や彼女中心の生活の時にはなかった自由、そして金銭的な余裕があるでしょう。

それは寂しいことに思えるかもしれませんが、ずっとしたかったことができるのだと思えば、楽しくも思えてきませんか?

恋人がいて余裕がないからと諦めていたことがある方は、まずはそれらのリストを作ってみましょう。

別れた直後で、すぐには思吐かないかもしれませんが、作ったリストを見ていれば、「これだけしたいことがあったんだ」と少し前向きな気持ちになれるかもしれません。

また、実際にやりたかったことリストを利用すれば、別れた後にすることにも困らないでしょう。

とにかく、別れた後に時間を持て余しているのが危険なのです。

時間を持て余していると考えることしかできなくなってしまうので、まずは、したかったことを見つけることから始めましょう。

SNSを見るのをしばらくやめる

別れた直後にはSNSを見るのはやめましょう。

自分が不幸せのどん底にいるときに、幸せな人たちの投稿を見る必要はありません。

また、元恋人のSNSは特に見ないようにしましょう。

元恋人が自分なしの人生を楽しんでいる様子など、見ていても傷つくだけです。

SNSは幸せなときには、人生を彩るツールになるかもしれませんが、不幸な時には人をねたむ材料になってしまいます。

また、自分の不幸を浮き立たせることになってしまいます。

しばらくはSNSを休んで、自分の心を癒すことに専念してください。

どうしても誰かとつながりたい時には、友人に連絡して直接会って話をした方が良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?

出会いがあれば、いつしか別れが訪れることもあります。

もちろん、恋人とうまくいって結婚に至るということもありますが、その結婚が必ずしも死ぬまでうまく続くというわけではないのです。

恋人との別れは辛いものではありますが、いつまでもその別れにこだわっていてはいけません。

もちろん、誰かとの別れを無駄にすることなく、次の恋愛に生かすことができれば良いですよね。

別れの原因となったのが相手の方なら、次にそのような相手を選ぶことがないように、しっかりと見る目を鍛えるようにしましょう。

恋人との別れがつらかったからと言って、同じタイプを選んでしまっては、なくした恋を無駄にしているだけでしょう。

また、自分が原因となって別れることになってしまったという方は、自分の恋愛を振り返って反省点を考えてみてください。

同じ間違いを恋愛で犯すことがないように、同じ理由でフラれてしまうようなことがないように、気を付けなければいけませんね。

復縁を目指すのも良いですが、自分がどうしたいのか、本当に相手との恋愛が幸せなものだったのかも考えなければいけません。

別れることになり、衝撃やショックが一度落ち着いた後には、考えるべきことがたくさんあるのではないでしょうか。