辛い恋人との別れにはどのようなものがあるのでしょうか。

別れを経験して立ち直ることが難しいという方もいれば、別れを決意してすっきりしたという方もいます。

恋人との破局の原因としては、いったいどのようなものが考えらえれるのでしょうか。

辛い別れを経験した方は、そう簡単に元恋人のことを諦められるわけではありませんよね。

恋人との別れを乗り越える方法についてもご紹介します。

出会いがあれば別れがある…

人間の出会いは素敵なものではありますが、そこには必ず別れも存在します。

別れは人間関係の絶縁から、疎遠、そして死別に至るまで様々なものがありますが、必ず訪れる別れには覚悟をしなければなりません。

出会いがあれば必ず別れがあるのです。

それは、もちろん恋人同士で会っても友人同士で会っても関係ありません。

どうなるか不透明なのが恋愛

出会いがあれば分かれもあるのは当たり前の話ですが、その中でも恋愛関係と言うのは不透明なものです。

例えば、家族の縁を切るのは非常に難しいと言われています。

絶縁状を叩きつけても、遺産やその他の相続の問題で完全に縁を切ることができない場合もあります。

ですが、恋人同士は一種の契約関係にあるとはいえ、そこまで強いつながりを持っているわけではありません。

例えば、結婚している夫婦の場合には、やはり恋人同士よりも切りにくいつながりがあります。

どんなにひどい相手でも、離婚までに時間がかかってしまうことがあるのは、夫婦が強い契約関係にあるからです。

ですが、ただの恋人同士の場合には、そのような契約関係もなく、砲に縛られていることもありません。

別れようと思えば簡単に別れられる関係にあるのです。

言ってみれば、今はラブラブでも、一寸先は闇と言うこともあるということなのです。

将来的に一緒にいることが保証されているわけでもなく、血のつながりもない恋人同士の関係は、将来が非常に不透明で曖昧なものです。

いつ、別れが来てもおかしくない関係なのです。

また、恋人同士の行き着く先が、結婚、もしくは別れと言う二択であることも、恋人同士の関係が不透明な原因の一つでしょう。

今、ラブラブで愛し合っている二人には突き付けるのが酷な事実ですが、結婚しない限りは、恋人同士の行き着く先としては別れのみです。

そういった意味では、恋愛関係になってしまうと、その先には終わりか結婚しかない状態になるということでしょう。

あなたと恋人は大丈夫ですか?

恋人同士の契約は脆くて弱いものです。

方に縛られているわけでもないので、好きな時に、いくらでも関係を切ることができます。

友人同士に戻って友情を続けることは可能ですが、やはり恋愛関係に終わりは訪れるでしょう。

いつまでも仲良くラブラブで、と言うことは口にするのは簡単ですが、実行するのは難しいですね。

行き着く先に結婚を考えている人なら、今の恋人と結婚したいと淡く考えていることもあるかもしれません。

ですが、そこに行きつくまでには、いくつかの試練も乗り越えなければいけないのです。

恋人同士の関係は、契約としては口約束のみであるという脆い関係でありながら、行き着く先が不透明であるという、継続するのが非常に困難な関係です。

あなたと恋人は、今、どのような関係でしょうか。

本当に別れが頭をよぎることもないような幸せな関係を築くことができているでしょうか。

よくある別れの原因

恋人同士の別れの原因となるものには何があるのでしょうか。

自分たちは大丈夫だと思っていても、恋愛では何が起こるか分かりません。

「こんな理由では別れない」と思っているようなラブラブのカップルであっても、意外と別れの原因は「よくあるもの」であることも珍しくありません。

恋人との別れの原因に何があるのかを知っておけば、事前に別れが来ることがないように気を付けることもできますよね。

別れの原因になりそうなものを避ければ、恋人とそう簡単に別れてしまうようなこともないでしょう。

また、恋人に別れを告げられた原因が分からないという方も、ぜひ下記の11個の理由を見て、自分の生活を振り返ってみてください。

どのようなものが別れの原因になるのかが分かれば、自分の悪かったところ、恋人が別れを決意した理由を理解することができるのではないでしょうか。

1、ウソをつかれた

嘘をつかれたというのはとても小さな理由のように思えるかもしれませんが、恋人同士の間では重要なことです。

嘘は相手への信頼を失ってしまう原因になります。

それが大きな嘘なら、特にダメでしょう。

例えば、借金や家のこと、自分の経歴などは十分に相手への信頼を失う原因になる大きな嘘です。

小さな嘘であっても、それが積み重なれば、相手への信頼を失うに十分なものになってしまいます。

相手に対して正直であるというのは、恋人同士の間ではとても大切なことです。

恋人同士なら、相手に正直に生きることにしましょう。

相手に嘘をつかれていたというのはとてもショックなことです。

嘘は「あなたのことを信用していなかった」「あなたのことをだましたかった」と言うサインだからです。

騙されていたのに、愛情を持ち続けるのは難しいのではないでしょうか。

2、浮気された

浮気されたときには、絶対に別れると決めている人が多いでしょう。

浮気はモラルとしても、感情としても受け入れることができないものです。

恋人がいるのに他の人に気持ちを移すのは人間として、してはいけないことです。

それが夫婦なら、完全に不法行為になってしまっているほどのことです。

浮気を一度されると、相手への信頼も愛情も一気に失ってしまう人が少なくありません。

浮気くらいで、と思う方もいるかもしれませんが、浮気は別れの原因として誰もが認める「最低な原因」です。

軽はずみな行動が取り返しつかなくなる

浮気をした人が言い訳として「気持ちはあなたのものだった」「軽い気持ちで遊んだだけ」という言葉を使うことがあります。

ですが、それは通用しません。

軽はずみな行動だったとしても、それは相手に対する明確な裏切り行為です。

人間は、裏切った人間を再び信用することは難しいものなのです。

3、将来が見えないと思った

若者ではなく、20代半ば以降のカップルは特にこう考える人がいるでしょう。

特に、女性は結婚にタイムリミットもありますから、将来が見えないことは別れの原因の大きなものとして挙げられます。

「この人とは結婚してもうまくやっていくことができるのだろうか」「生活をすることができるのだろうか」「そもそも、プロポーズしてくれるのだろうか」

と言うことを考えると、もう無理だという結論に至るということがあるのです。

恋人としては楽しくやることができても、相手のことを人生の伴侶として見たときには受け入れられないと言うこともあります。

結婚は、恋愛よりも現実的なのです。

若いころから長く付き合った恋人に別れを告げられた人は、「結婚相手としては失格」と思われてしまったと言ことなのかもしれませんね。

4、マンネリ化してしまった

マンネリ化したカップルが、もうマンネリ化を乗り越えることができずに別れを決めることがあります。

お互いに気持ちをなくしかかっている状態なので、それほど揉めることもなく別れることができるでしょう。

マンネリ化を乗り越えるためには、お互いに努力をしなければいけません。

最初のころの気持ちを取り戻せるように努力できないカップルは、別れを選ぶしかなくなってしまうのです。

最も、お互いへの気持ちが冷めた状態での別れになるので、お互いに別れてせいせいしたというようなこともあるかもしれません。

5、ケンカした

喧嘩別れをするカップルもいます。

お互いに怒っているので、「別れてやる!」という言葉が別れの原因になるのです。

最も、喧嘩が原因で別れてしまったカップルの場合には、数日後には後悔してよりを戻すということもあるようですね。

思いやる心を忘れてしまった

喧嘩別れのまま、戻ることがないカップルと言うのは、普段からお互いを思いやる心を忘れてしまっていた可能性があります。

お互いに普段から不満を積み重ねていたので、喧嘩の勢いで別れてしまったのだとしても、全く後悔が生まれないのです。

喧嘩の後に冷静になっても復縁をする気になれないという場合には、とっくの昔に相手への気持ちを忘れてしまっていたということなのかもしれませんね。

6、価値観の違い

価値観の違いも恋人同士としての別れの原因となります。

お互いに違う環境で育ってきた人間が恋人同士として舌支度するわけですから、お互いに妥協しなければいけないことは多くあります。

ですが、どうしても許せない価値観もありますよね。

例えば、お金のこと、マナーのことに関しては、価値観をなかなか変えられないということもあります。

そうした価値観の違いは、付き合っていくうちに分かるということもあるでしょう。

恋人との価値観の違いがあまりに大きすぎると、付き合っていても衝突することばかりになってしまいます。

お互い受け入れられない

価値観の違いをお互いに受け入られないと、恋人として長く続けていくことができません。

お互いにお互いの価値観を不快なものだと思うようになってしまう可能性もあるのです。

どちらかだけが我慢しているということもあるかもしれませんが、お互いに価値観の違いに気づき、

お互いに受け入れることができないのなら、比較的、円満に別れることができるのではないでしょうか。

7、別の人を好きになった

自分が別の人を好きになってしまった場合にも、恋人同士としての関係が終わるということがあるでしょう。

他の人のことを好きになってしまったのですから、他の人と恋愛関係を続けられるわけがありません。

この場合には、自分から別れを告げて、次の人に行くというのが正しい方法ですね。

間違っても浮気はしないようにしなければいけません。

交際期間が被ってしまっているというのは、最低な人がすることです。

相手に「他に好きな人ができた」と言って別れると、浮気を疑われることもあるでしょう。

二股をしていた場合には、相手から復讐されることもありますので注意してくださいね。

変な噂を流されないためにも、他に好きな人ができたとしても、浮気をする前に別れを告げて恋愛関係を終わらせるようにしてください。

相手を幸せにする努力をしない

ほかに好きな人ができてしまうと、相手を幸せにする努力をできなくなってしまいます。

相手のことが好きではなくなってしまうので、その努力をする必要がないように思ってしまうのです。

そうした恋人の態度は、相手の態度も自然と変えることになってしまいます。

他に好きな人ができたからと言って、わざと恋人に素っ気なくして、恋人から愛想尽かしをされるように心がける人もいます。

自分が悪者になりたくないので、相手から別れを告げてもらえるようにするということです。

ですが、この方法では、相手が真相を知ったときに酷く傷つきますし、周囲に噂を流されてしまうこともありますので、あまりお勧めできません。

せめて、最後くらいは誠実に相手に別れを告げるのが、一番さっぱりした方法だと言えるでしょう。

8、恋人からの暴力、いわゆるDV

恋人からの暴力やDVは別れる大きな原因の一つです。

最近では夫婦ではなくてもデートDVと言い、恋人からの暴力が問題になっています。

夫婦ではなくても、恋人同士の間での暴力も問題になるのです。

暴力をするような相手と付き合っている人の中には共依存に陥ってしまい、なかなかそこから抜け出せない人もいます。

ですが、現代の若者は、DVにも敏感です。

「恋人に暴力をふるってはいけない」という一般常識が頭の中にしみついているので、恋人からの暴力に黙って耐えようと思う人は少なくなってきているのではないでしょうか。

恋人から一度でも暴力を振るわれた段階で、「この人はダメだ」と頭を切り替えることができる人が増えているのです。

どんな理由があっても、暴力をふるってしまった段階で、それが別れの原因となります。

言葉の暴力も尊厳を失わさせる

言葉の暴力もいけません。

言葉の暴力はモラハラとなります。