恋愛は、駆け引きによって盛り上がりを見せます。

若い頃は、誰しも真っすぐ一直線に好きな人を追いかけてきた時代がある物です。

ですが、人は様々な経験を経て大人になって行きます。

幼い頃は『◯◯君好き』と単純に言えた事が、大人になる事によって様々な余計な邪念がプラスされ、素直になる事が出来なくなってしまう場合もあるのです。

結果、人は駆け引きを覚えます。

駆け引きと言うと、なんだかとても悪い事をしているような印象を与えてしまうかもしれません。

ですが、駆け引きをする事が出来るのもまた才能の一種です。

誰もが簡単に出来る事では無いらこそ、高い効果を発揮するのです。

女の世界はシビアな物です。

もしかしたら、駆け引きをする女性に対して周りの人々からのバッシングがあるかもしれません。

そのせいで、仲間に入る事が出来なくなってしまう場合もあるでしょう。

ですが、それで止める程度のものであれば本当にその相手の事を好きでは無いのかもしれません。

もし、嫌われる結果になったとしても好きな人を射止めたいという強きの姿勢があるかどうかによって、そのテクニックを身に付ける事が出来るかどうかが変わって来ます。

女性には嫌われがちな思わせぶりな女子ですが、大抵そういった人は男性からの人気が高いのです。

女性は同じ同性だからこそ、その裏にある魂胆を見抜く力をもっています。

ですが、男性は女性の表面しか見ないので作りこまれた作戦であったとしても『可愛い』『自分の事が好きなのかもしれない』と過ぎに舞い上がってしまうのです。

そう思わせる事が出来れば、あなたのテクニックが高いという証なのでしょう。

そうする事によって、より生きやすい場所を確保するのも女の生き方の方法です。

人によって賛否両論あるでしょう。

しかし、気にしないメンタルさえ持ち合わせていれば駆け引き上手になる事は悪い事では無いのです。

そこで今回は、思わせぶりな女のテクニックをいくつかご紹介させて頂きます。

他人が行う思わせぶりな行動にイライラしている方も、それだけその行動に効果を感じているからこそイライラしてしまうのかもしれません。

そのテクニックを自分のものにする事によって、実際に効果を体験する事が出来れば見方もまた変わってくることもあるでしょう。

まずはその極意を自分のものにしてみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、思わせぶりな行動をする人の心理をより深く知る事が出来るかもしれません。

思わせぶり女の14個のテクニック

思わせぶりな行動とは、基本的に恋愛のテクニックの1つとして使われる場合がほとんどです。

つまりは、同性では無く異性に対して行う行動なのです。

思わせぶりな行動をする事によって、相手の興味を自分に向ける事ができます。

『もしかしたら自分の事が好きなのかもしれない』なんて勘違いをさせる事がこっちのものです。

相手からの好意を勝ち取る事が出来るでしょう。

ですが、それにはいくつかのポイントがあります。

ただ闇雲に相手にアピールしてしまっては、単なる軽い人間になってしまいます。

相手の興味を引きつつあからさまな態度を出さないところが大事なポイントなのです。

その為にも、思わせぶりな女のテクニックを自分の物にすることはとても大切です。

【思わせぶりな女】というと、どうしてもいい印象は持たれにくい事でしょう。

ですが、それは同時に多くの女性がそれだけ効果を感じていることの表れでもあるのです。

効果を感じない事に対して僻む人はいません。

実際に思わせぶりな行動をとり、男性からの指示を集めているからこそ多くの女性がそれに反発しているのです。

だからこそ、それを身につける事が出来れば思わせぶりな方法をマスターする事が出来、自分の武器として使う事が出来るでしょう。

1.頻繁にチラチラ見てくる


思わせぶりな行動のなかでもっとも簡単な方法が、相手の事をよくやる事です。

何も接点がなかったとしても、自分の事をチラチラとみてくる人がいれば、誰だって気になってしまうはずです。

思わせぶりな行動とは、『自分の事を好きなのかもしれない』と相手にいかに思わせる事が出来るかが大事なポイントなのです。

だからこそ、それをするためにはチラチラと相手に視線を送る事が一番分かりやすく、誰に出来る効果的な方法なのです。

ですが、ここで大事なポイントがあります。

それは、相手を凝視しては行けないと言う事です。

大事なのはチラチラ見る事です。

チラチラとはちょっと見ると言う事であり、ずっと見ていては行けません。

ずっと見る事の何が悪いのかと聞かれれば、ズバリ怖いからです。

自分が好きな相手がずっと自分を見てくれて居るのであれば嬉しいと感じる人も居るかもしれません。

ですが、そうでなかった場合なんとも思ていない人にずっと見つめられる事はなかなか怖い物があります。

ましてや全く知らない相手であるのであれば、その怖さは更に倍増する事でしょう。

誰もが一度見るだけで好きになる程の、絶世の美女であるならジッと見つめてもいいかもしれません。

ですが、そうでないのであれば、チラチラ見つめる程度にしておきましょう。

そうする事によって、相手の気持ちを効果的にこちらに向けさせることが出来るようになります。

2.目が合うととびきりの笑顔を見せてくれる

なんとも思っていない相手であったとしてま、目が頻繁に合えばどきりとするものです。

まして、その時にとびきりの笑顔を向けられたらどうでしょうか。

思わずときめいてしまう事でしょう。

人間には様々な表情があります。

その中でも、笑顔は特に素晴らしい表情です。

笑顔があるだけで、その人の魅了が3倍にも4倍にも大きくなることがあります。

その表情を自分に向けてくれていると感じれば彼女に対して好意を感じる事もそう珍しい事では無いでしょう。

一人よって、好意を感じるポイントは様々です。

もしかしたら、優しさくれてせれるよりも冷たくされた方が嬉しいと言う変わった人もいるかもしれません。

ですが、不意に見せる笑顔は別物です。

意識していなかったとしても、笑顔を見れば心ときめく事でしょう。

だからこそ、目があった時は笑顔を作る事を心掛けて下さい。

そこに気持ちが無かったとしても、笑顔を向けるだけで相手の気持ちをこちらに向かせることは出来るはずです。

それこそが、思わせぶりな行動なのでしょう。

3.ボディタッチをしてくる


ボディータッチは女性の特権です。

男性が、交際をしていない相手に触る事はとても危険です。

相手が少しでもその人に興味があれば、笑って許してくれるでしょう。

もしかしたら底から恋が発展する事だってあるかもしれません。

ですが、そうでなかった場合。

セクハラと言われてしまう可能性も大いにあります。

今の時代は、セクハラなどに対してとても厳しい世の中になって期待ます。

自分には全くその気が無かったとしても相手にセクハラだと言われてしまえばそれでおしまいなのです。

セクハラによって人生を棒に降ってしまう事も十分に考えられます。

その為、出来るだけそうならないようにする為にも、女性にはむやみに触らない事が懸命です。

しかし、女性の場合はそのボディータッチを武器にする事が出来ます。

相手の気持ちをこちらに向けることができるだけでは無く、勘違いまで起こさせることも可能でしょう。

ですが、これもやりすぎには注意が必要です。

だれかれ構わずいつでもベタベタと触って居ては、男の人も流石に思いをする事もあるかもしれません。

そうならない為にも、触るポイントをしっかりと抑えて起きましょう。

また、それをする事によって起こる女子からの批判は避けて通れない部分もあるでしょう。

基本的に思わせぶりな女性に対して同性の意見は冷たい物です。

嫌われる可能性をきちんと理解しておかないと、後から自分が困る事にもなるでしょう。

4.頻繁にLINEやメールを送ってくる

こまめに連絡を取る事は、思わせぶりな態度をする上で意外と盲点となりやすい部分です。

思わせぶりと言うくらいですから、直接的に相手にアピールをしないと効果が無いように感じてしまう方も居る事でしょう。

ですが、実際はそんな事はありません。

例え、頻繁に会う事が出来なかったとしても自分の存在をアピールする為にもこまめに連絡を取る事はとても重要なポイントです。

それをする事によって、相手に自分の事を考えて貰う時間を確保する事が出来ます。

大勢の中の一人では、なかなか相手に自分の気持ちを届けることが難し部分もある事でしょう。

ですが、こまめに連絡を取る事によって一対一の関係を作りだす事が出来ます。

それが出来れば、今まで以上にゆっくりと自分の事を考えて貰う事ができる様になる事でしょう。

自分の事を考えて貰う時間が増えれば増える程、気持ちをこちらに向かせることが簡単になります。

もし、そこに気持ちが無かったとしても相手から好意を抱かれる事に悪い気分はしないはずです。

男の人の中には、連絡をマメに返さないタイプの人も多く居ます。

しかしその一方で連絡を頻繁に返さないからと言って連絡が来ることを嫌がっているかどうかは分りません。

もしかしたら喜んでいる可能性だってあるのです。

だからこそ、思った事は積極的に行動してみましょう。

5.遊びに行こうと誘ってくる

異性と二人っきりになる事に対して、全く抵抗が無い人も居ます。

ですが、それと反対に物凄く意識してしまうと言う事もあるでしょう。

その為、二人で出掛ける=デートだと考えている方も多く居ます。

そう言うタイプの人からしたら、遊びに行こうと誘われる事に対して特別な感情を持ったとしてもおかしくは無いのです。

きっとそこには、嫌いな相手に対して遊びに行こうとは言って来ないという安心感もあるのかもしれません。

実際、嫌いな相手に対して遊びに行こうと誘う事はまず無いからです。

ですが、その中にも互いの気持ちにずれがある場合もあります。

自分はデートだと思っていても、相手は本当に遊びに行こうと思っている場合もあるでしょう。

そこの変化は当人にしか分からない部分です。

だからこそ、多くの男性は女性の思わせぶりな態度に一喜一憂したりドキドキしてしまうのでしょう。

6.相談事をしてくる

相談をすると言う事は、それだけ相手に心を開いているとう事になります。

どうでもいいと思っている相手に対して、何か大きな相談をする事など無いだろうという考えからです。

ですが、一方でそういう心理を逆手に取り相談事をしていると言う事もあります。

男性は「あなただけが頼りなの」と言われると、嬉しくなってしまう性質があります。

相手を守ってあげよう。

自分しかいないのだと責任を感じてしまうのです。

よって、女性の思惑にまんまとはまってしまうのです。

ですが、その相談は果たして本物なのでしょうか。

勿論、嘘をついてるわけではないとは思います。

ですが、深刻の度合で考えればなかなか怪しい部分もあるでしょう。

本当は対して悩んでいないのにも関わらず、男性の気を引きたいが為に相手に対してそういった言葉を言っている可能性もあるからです。

女はしたたかな生き物です。

本当に親しい訳でも無い相手に対して、自分の弱みをそう簡単に見せる物ではありません。

もし見せていると感じるのであれば、それはきっとどこか作られた部分があるからなのかもしれません。

この技を使う事ができるようになれば、本格的に思わせぶり女子になる事も可能でしょう。

7.プレゼントをくれる

女性は本来、プレゼントを欲しいいと思っているタイプです。

だからこそ、そんな女性が自分にくれるのだから、何か特別な意味があるのだと感じてしまうでしょう。

バレンタインなど、分かりやすいイベントの際にはプレゼントを貰う事によって男性の気持ちが浮足立つ事も用意に想像が付きます。

確かに、相手に好意を示す際にもプレゼントは大変有効な方法です。

自分の気持ちを相手にアピールしたいと言う方は、是非行って欲しい方法です。

ですが、この方法はもし気持ちが全く無かったとしても簡単に行う事が出来ます。

その為、ある意味では思わせぶりな行動が簡単にできる方法とも言えるでしょう。

ボディータッチや笑顔などは、やり慣れていないと不自然になってしまうものです。

ですが、プレゼントであれば比較的簡単に実践する事が出来ます。

相手の気持ちをこちらに向かせる事もできるので、正に一石二鳥でしょう。

ですが、プレゼントの中身が余りにもセンスの無いものの場合にはかえって自分の評価を下げてしまう事にもなりかねません。

そうならないようにする為にも、自分の考えだけでは無くインターネットなども活用して多くの方に喜ばれるような物を目指して購入しましょう。

8.彼氏募集中をアピールしてくる

どんなに素敵な相手でも、交際相手が居ると分れば一歩引いてしまうものです。

中には逆に燃え上がると言う人も居るかもしれませんが、戦う前に土俵から降りてしまう方も居るでしょう。

そんな方にとって、相手に交際相手が居るかどうかを確認する事はとても大事な部分です。

そんな中、自分に彼氏募集中のアピールをしてくる子が居たらどうでしょうか。

自分の事を誘っているのでは無いか。

自分の事が好きなのかな。

などと気持ちをときめかせることもあるでしょう。

女性陣からすれば、単なる会話の一つなのかもしれません。

特定の相手に向けた気持ちでは無く、現状をただ話しているだけに過ぎない事もあるでしょう。

ですが一方で、そのアピールによって心ときめく男性が居る事も覚えて起きましょう。

自分が意図しない形で相手をその気にさせてしまう事事、正におもわせぶりな行動なのかもしれません。

9.やたらと褒めてくる

人は誰でも褒められれば嬉しいものです。

ましてやそれが異性だった場合、自分には多くの魅力があるのでは無いかと感じ自信にも繋がるかもしれません。

だからこそ、褒めてくれる人に対して好意を抱く事は自然の流れです。

もし、その相手と恋愛関係を作る事が無かったとしても何か関係がある人なのであれば褒めておいて損はありません。

例えばずっと年上の上司だったとしても、嫌われるよりは好かれている方がずっと日々の生活が過ごしやすくなります。

だからこそ、相手を気持ちよくさるように褒める事は大事なポイントです。

ですが、これはあまりやり過ぎては行けません。

と言うのも、ほめ過ぎるとかえってわざとらしくなってしまうからです。

わざとらしく褒められれば、喜ぶ処かばかにされていると感じ怒り出す人も居るかもしれません。

何を褒めるかは、あなたのセンスにかかって居ます。

分かりやすい所ばかりを褒めて居ては、すぐにネタ切れとなってしまう事でしょう。

他の方はそれほど気にしていないけれど、実は本人が意識している部分。

そんな所を探す事が大事なポイントです。

10.甘えてくる

女性から甘えられる事にたして、嫌な気持ちになる人はあまりいません。

ここに先ほど五所かいさせて頂いたボディータッチを加えれば、最高のおもわせぶりな行動の完成す。

女性ならではの行動は、男性の気持ちを必ずやときめかせることができるでしょう。

甘えることが苦手な人も、普段見せない表情がそのまま魅力として相手に伝わる事もあるでしょう。

慣れていないからこその良さと言うものもあります。

作りこんだ魅力より、素朴さが残るものの方が男性受けが良いというデータもある程です。

だからこそ、自然な行動が一番相手の気持ちを動かすのでしょう。

自分の気持ちだけでは無く、相手の気持ちも考えつつ行動してみてはいかがでしょうか

11.好きなタイプを聞いてくる

これも受け取り方次第です。

男性からすれば、好きなタイプを聞いてくる事に対して自分の興味があるのかとドキドキする事があるのかもしれません。

ですが、女性からしたら単なる会話の一つと言う場合もあります。

その為、全くこちらが意図していないのにも関わらず相手をその気にさせてしまう事もあるかもしれません。

自分に意思が無い時に相手に勝手に盛り上がられても面倒になる事もあるでしょう。

ですが、それによって自分に何かしらのメリットがある場合もあります。

だからこそ、館チアイしている人は、そのままにして自分の為に動いてくれる人として確保しておく事もお勧めです。

あまりやり過ぎると反感を受ける場合もありますが、多少であれば問題無くお互いにとって役立つ関係性となる事もあるでしょう。

12.手作り弁当や手作りお菓子を持ってくる

手作りの品物を相手に渡すという行為は、大変ハードルが高い物があります。

それをしてくる位ですから、自分に好意があると勘違いしてもおかしくないでしょう。

むしろ、そこで何も感じなければ相当な鈍感と言う事になります。

しかし一方で、鈍感な女性が居る事もまた事実です。

自分では全くその気が無かったとしても、ただ作ったからという理由で相手にプレゼントする可能性だって無くは無いのです。

それがいいことなのかどうかは分かりません。

もしかすると、相手の心をもてあそんでしまう事なにかも。

ですが、本人にその行為に対して全く悪気が無い次点でどうする事も出来ないのです。

13.間接キスをする

昔は「間接キス」という概念がありました。

ですが今の若い子立ちにとっては、回し飲みは普通の行動であり、そこにイチイチ注目する事はありません。

だからこそ、その部分をあまり意識する必要は無いのです。

年齢差があると、このような捉え方に違いが出てくる場合もあります。

今の時代の子供立ちは、ずっとフランクに異性と交流を測っています。

だからこそ、その行為にたいしてイチイチ反応していては思わせぶりな行動だらけになってしまう事でしょう。

14.男性の言う通りにする

「全てあなたの言う通り」「あなたについて行きます」などと言う女性は、今の日本にはとても少なくなりました。

昔は、男性の方が強い場合も少なく無く一家の主としての威厳を持っていると同時に、亭主関白な面も多々ありました。

ですが、今の時代では亭主関白ははやりません。

女性も男性と同じようにキャリアを積み男性と同じかそれ以上に社会的立場を確保し、自分の力で生活しています。

生活力が上がる事により、男性と対等に話をする事ができるようになるのです。

その為、昔のようなおしとやかな女性はぐっと減りました。

ですが、そんな時代なのにも関わらず男性の中には未だに亭主関白に憧れている人も居ます。

自分を陰で支えてくれて、意見を尊重してくれる。

そんな母親のような相手を求めている事もあるのです。

そんな男性からすれば、自分の言う通りに動いてくれる相手は理想の相手なのかもしれませ。

だからこそ、すぐに好意を持つ事もあります。

しかし、言う事を聞く=従順だとは限りません。

それは、本当の姿では無くどこかを隠して居るのかも。

相手の気持ちを自分に向けさせる為の作戦なのかもしれません。

例え作戦出会ったとしても、相手の気持ちを得る事ができるのであればそれはそれで良いのでは無いでしょうか。

思わせぶりな態度は駆け引きの一種

恋には駆け引きが必要です。

それをする事によって、より簡単に相手を振り向かせることができる可能性があるからです。

真っすぐに気持ちを伝えることも悪い事ではありません。

そのまっすぐさが相手の心の刺さる事もあるでしょう。

ですが、それにはとてつもない労力が必要となります。

年齢によって、なかなか出来なくなる事もあるでしょう。

ですが、駆け引きを覚える事によって、より簡単に相手の気持ちを自分の方に向けることができるのです。

その技を手にする事が出来れば、恋愛をより楽しむ事ができるようになります。

自分が好意を寄せている相手以外の人に対してもそのような行動を取る事によってより自分が行動しやすい環境を作る事だって可能なのです。

駆け引き上手な女性は、大抵女性には嫌われてしまうものです。

ですが、嫌われてしまうとしても、それによって男性の注目を集めることができるのであればそれで良いと思う方も居る事でしょう。

どこに価値を感じるかは人それぞれです。

駆け引き上手になる事によって、メリットを感じる事もあればデメリットを感じる事もあるでしょう。

100%のメリットなどこの世には存在しません。

それぞれの内容をよく理解し、自分が良いと思う方を選べば良いのです。

1.思わせぶりな態度をとる理由とは?

思わせぶりな行動を取る一番の目的は「目立ちたい」という事でしょう。

本来であれば、自分が好意を寄せている相手ただ一人の気持ちを持てばそれで済むはずです。

ですが、より多くの人から注目されたい。

ちやほやして欲しいなどという気持ちがある人は、より思わせぶりな行動を取る事がります。

思わせぶりな行動をすればする程、確かに多くの人の気を引く事ができるでしょう。

自分が物事の中心になったような気持ちになる事ができる事だってあるでしょう。

ですが、それもやり過ぎてしまえば、周りを引かせる行為となります。

何事もやりすぎは厳禁です。

節操の無い行動は、流石に男性を引かせる可能性もあるでしょう。

2.思わせぶりな態度は誠実さに欠ける

思わせぶりな行動と言う事は、それだけ相手の気持ちをもてあそんでいると言う事になります。

それは、余る褒められた行動ではありません。

誠実さにかけると思われても仕方がない行動です。

自分がした事は、必ずいつかかえって来ます。

あなたがおもしろ半分で、他人の気持ちを弄んだのだとしたら、いつの日かあなたが弄ばれる日がやってくるでしょう。

そういう風にで居ているのです。

その時に後悔しても、もう時は遅しです。

自分が人に対してした酷い事は自分にかえってきて初めて気が付くと言う事もあるでしょう。

だからこそ、人の気持ちを弄ぶよな行動をとっては行けません。

勿論、そこに全くの悪意が無いのであれば仕方がない部分もあるでしょう。

ですが、思わせぶりな堂々を全くの無意識でしている人などどれほど居るのでしょうか。

きっと多くの人は、心のどこかでその無意識な行動を作りだしているのです。

その全ての行動は悪いと言うわけではありません。

思わせぶりな行動を取る事ができるのも一つの才能だからです。

ですが、その才能の使い方は考えながら行わなければなりません。

その事をしっかりと意識しておきましょう。

3.思わせぶりがバレた時、どうなる?

1.相手に嫌われる

思わせぶりな行動が相手にばれれば、間違いなく怒らせることになるでしょう。

結果的に嫌われても仕方ありません。

人の気持ちを弄ぶと言う事は、それだけ罪深い好意なのです。

単に面白半分にそんな事をすれば、後から大きな問題が発生する事も考えられます。

恋に駆け引きはつきものですが、必要の無い駆け引きまでする必要はありません。

2.周囲の人間関係が崩壊することも

思わせぶりな行動を取る事によって、異性からの評価を得ることはできるでしょう。

ですが、その評価が上がれば上がる程同性からの支持は少なくなっていくものです。

女性は思わせぶりな行動を取る人が嫌われる傾向がとても強いのです。

それを、ヒガミだといわれてしまえばその通りなのかもしれません。

ですが、それによって周囲の人間関係が破たんしてしまう事もあるのでないがしろにする事葉できません。

人間関係が破たんすれば、自分の生活にも影響が出ます。

人は、多くの人と関わって生きています。

そんな中で、周りから批判されるような行動ばかりとって居れば、仲間に入る事が出来なかったり浮いていしまう事は確実です。

例え異性からの評価があったとしても、同性に全く相手にされない事は辛い事もあるでしょう。

3.たくさんの人に不快な思いをさせる

思わせぶりな行動を取る人の中には、誰彼構わずに行う人が居ます。

もし、その行為でその気になっている人が居たとしても、蓋を開けてみれば自分以外にも多くの人に対して同じような行動をとっているという事に気が付けば気持ちは一気に冷めて行く事でしょう。

気持ちが冷めるだけならまだしも、怒りを感じる事だってあるかもしれません。

「交際しましょう」と言う言葉が無い限り、どんな相手とどのように付き合ったとしても個人の自由です。

もっと言ってしまえば、結婚もしてない二人なのであれば例え他に何人もの交際相手が居たとしても問題ありません。

だからこそ、思わせぶりな行動を取る事も、その人の自由です。

ですが、それによって嫌な思いをする人が居ると言う事をわすれてはいけません。

最初は、小悪魔として許して貰える事も、段々と許して貰えない時がやってきます。

その時に後悔しても遅いのです。

だからこそ、思わせぶりな行動はほどほどにしておきましょう。