酒癖が悪いと周りの人に様々な迷惑をかける上、本人が覚えていないなんてことのある、とても困ったものですよね。

しかし、それなりの人数で飲みに行くと、必ずといってもいいほど、いるものだと思います。

今回はそんな悪酔いしがちな人の特徴や考えられる原因、例などご紹介したうえで、その対処法をまとめていますので、ぜひ最後まで参考にして、巻き込まれてしまわないようにしてください。

タチが悪い!酒癖が悪い人ってどんな人?

酒癖が悪い人というと、どんな人が頭に浮かんできますか?

色々なタイプの酒癖の悪い人がいると思いますが、全員に共通することが性格が変わってしまうことかもしれません。

普段は控えめで大人しい人なのに、お酒を飲んだ途端、大胆で攻撃的な性格になってしまったり、テンションが上がりすぎてしまい、周りがドン引いてしまうなど、驚いてしまうような豹変ぶりをしますよね。

そんな人たちは、飲みすぎて周りに迷惑をかけたり、実際に着ている洋服やバッグなどの持ち物などを汚されてしまった人もいるかもしれません。

そして、悪酔いを繰り返す人の中には、記憶をなくし、迷惑をかけていないことも多いようです。

このようなことを繰り返していれば、飲み会では周りに人が寄らなくなってしまったり、飲み会自体に呼ばれなくなってしまうのも仕方がないでしょう。

悪酔いする人の特徴4つ


人が悪酔いだと感じる人の特徴には、いくつかあります。

しかし、悪酔いをしてしまう人にも、いくつかの特徴があるんです。

その人の性格が関係していることもありますし、単純に悪酔いをしないようにする意識が低いこともあると思います。

中には、あなたにも当てはまってしまうこともあるかもしれません。

悪酔いをしてしまう人の特徴に自分が当てはまっていないかも確認しながら、もし当てはまっていることがあれば、以降悪酔いをして周りに迷惑をかけてしまわないよう、気をつけていくほうがいいかもしれません。

周りを気にせずに行動する

お酒を飲むと一気に人が変わったようになってしまい、手当たり次第に暴言を吐いたり、大胆な行動や迷惑な行動をしてしまうのは、酒癖の悪い人の一番の特徴ともいえます。

そして、その暴言や大胆な行動の矛先は、仲の良い友達や同僚、後輩だけにとどまりません。

相手が先輩であろうと上司であろうと、お構いなしになってしまいます。

相手を下に見るような言動や、息を荒げて怒鳴ってしまうこともありますよね。

また、普段は異性となかなか目を合わすこともできないのに、相手が嫌がっていることも気がつかずに、やたらと話しかけたりボディタッチをしてくるなど、馴れ馴れしい態度をしてくることも多いようです。

常識はずれの行動も!?

飲んでいる仲間内での常識を外れた行動も目に余るものがありますが、中にはお店のスタッフの人や近くで飲んでいる人にまで迷惑をかける人がいます。

こういった悪酔いをする人は、周りの人が嫌がる素振りを見せようと、気が付きもしませんし、気が大きくなっているので、怒鳴り合いの喧嘩になってしまう可能性だって出てきますよね。

また、気が大きくなってしまうので、ボディタッチや馴れ馴れしさも周りの人に向いてしまうことも。

そんなことを繰り返していたら、飲み会に呼ばれないだけでなく、職場や仲間内での立場も危うくなってしまうでしょう。

人からの注目を浴びたがる

酔ってくると、自分の自慢話や武勇伝をズラズラと語り続ける人いますよね。

しかも、それのほとんどが繰り返される話だったりすると、せっかくのお酒も美味しくなくなってしまうかもしれません。

こういった人は、自分の自慢話や武勇伝を語り、その場を自分の話にして自分自身に注目をしようと、必死になってきます。

また、お酒が深くなってきてしまうと、周りの人が話していようとも、一切お構いなしです。

さらに、嫌な顔をしたり席を移動しても、全く気が付く素振りもなく、誰も手に負えなくなってしまうこともあるでしょう。

自分に注目を集めることしか考えずに、自己中心的な行動や話題、振る舞い方をすると、周りの人は面白くない飲み会と感じ、その場は白けてしまうかも。

しかし、酒癖が悪い人は、自分のそういった言動から避けられたり、シカトやスルーをされると、とても怒りだして暴力的な行動に走ってしまうことさえあります。

こういったタイプの人は、自分が注目されればされるほど、快感を覚えて、美味しいお酒だと感じ、さらに深酒になってしまう傾向にあるんだそうです。

普段ストレスを感じやすい

普段は大人しく目立つタイプではないのに、お酒が入ると人が変わったようになってしまう酒癖の悪い人は、普段からストレスを感じやすく、様々なことを溜め込んでいることが考えられます。

人には、ストレスを感じやすい人と感じにくい人がいますよね。

その中でもストレスを感じやすい人は、お酒を飲むことで日常生活の中で溜め込んだストレスが爆発し、抑えが効かなくなり、結果飲みすぎてしまったり、悪酔いになってしまったりするようです。

断れなくて飲み過ぎてしまう


普段から押しに弱いタイプや、意見を強く言えない人は、断れずにどんどんお酒が進み、気がついたら飲みすぎてしまっていることがあります。

先輩や上司に勧められると断れず、ついつい飲み進め、気がついたときに深酒になってしまっているという人もいるんだとか。

人によって、酔うまでの量って違いますよね。

それなのに、勧められるままに飲んでいたら、飲みすぎてしまったりするのも仕方ないのかもしれません。

こういったタイプの人は、上手く飲む量を調節したり、お酒に強くなったり考えないと、いつか取り返しのつかないようなことになりかねません。

また、このタイプの人が悪酔いすると、一番タチの悪い酔っ払いになってしまうこともあるため、注意が必要です。

悪酔いするのはなぜ?考えられる原因3つ

悪酔いする人に見られる特徴や、どんな酔い方のことを指すのかを紹介してきましたが、ではなぜ悪酔いに陥ってしまうのでしょうか。

様々な原因が考えられると思いますが、意外な人が悪酔いをしてしまうのには、3つの原因が考えられるようです。

周りにこんなタイプの人がいたら、注意しなくてはいけないかもしれません。

また、自分がこんなタイプだと感じたら、悪酔いして迷惑をかけてしまったり、失態を犯してしまわないように気をつけましょう。

ストレスのためすぎ

普段は目立つタイプだったり、強く物事を言えない人が豹変してしまうのには、ストレスの溜めすぎが原因かもしれません。

毎日自分の言いたいことや気持ちを我慢し続け、ただひたすら耐える日々を送っている人や、趣味などの好きなことに費やす時間もお金もなく、気の休まらない生活をしている人っていませんか?

また、上司に逆らえなかったり、理不尽な扱いをされたりしていると、どんどんストレスは溜まっていってしまうでしょう。

そんな人は、お酒の力で普段押さえ込んでいるストレスが一気に吹き出し、抑えが効かなくなってしまうことがあります。

このような行動をしてしまう人は、お酒を飲むことにより、暴言を吐いたり胸の内につっかえていたストレスの多くを表に吐き出し、ストレスを発散させているのだといえます。

そのため、次の日などの後日、後悔してしまって更にストレスを溜め込む方向に進んでいってしまうこともあるので、お酒以外でストレスを発散できる方法を作っておく必要があるでしょう。

本当は気が小さくてシャイ

お酒を飲まないと大きく出られない人というのは、根は気が小さくシャイであったり、引っ込み思案な性格の人が多いはずです。

普段は人前に出ることや自分の意見を発信することを避け、自分にも自信が持てなかったりコンプレックスを持っている人が、お酒が入ることによって普段の分も大きな気持ちになってしまい、胸の内の隠している思いを、勢いのまま吐き出してしまいます。

また、お酒が入らないと異性と目を合わせたり普通に会話をしたりすることが難しい人、同僚や上司に向けて自分の意見を伝えられない人の悪酔いの仕方は、その人が本当は気が小さくシャイであることが原因になっていることがあります。

そういった人が、大きな言動になるからこそ、普段との差で余計大きな気持ちになっているように見えることもあるでしょう。

こういった行動をとってしまいそうな人は、普段から自分に自信が持てるように努力し、なるべくいろんな人と交流して気の小ささやシャイの部分を治していくと、改善される可能性があります。

アルコールに弱い

もともとアルコールに弱い人は、あまりお酒を摂取しなくとも、酔っ払ってしまうので、それだけ悪酔いしやすくなります。

お酒のまわりが早く、始まってすぐに酔っ払ってしまうと、周りがまだまだこれからというときには、もう呂律がまわらないなんて状態になることも。

そうなると、周りの人とのコミュニケーションも上手く取れなくなってしまいますし、まともな会話もできないでしょう。

また、そのまま周りに合わせてさらに飲み進めようとする人が多く、その結果アルコールを身体が受け付けずに、吐いてしまったり、最悪救急車を呼んだりすることになってしまうので、周りには多大な迷惑をかけてしまいかねません。

アルコールに弱いのであれば、無理に飲み進める必要はありません。

また、自分が酔いつぶれずに、程よい程度の酔い方ができる量を早めに見極めることが大切になってくるでしょう。

悪酔い例がこれ!こんな人には気をつけて

さて、ここからは具体的な悪酔いの例をご紹介していきます。

きっと多くの人がこういった悪酔いの現場を目の当たりにしたり、実際に迷惑をかけられたりしていると思います。

また、知らないうちにあなたが悪酔いの当事者になってしまっているかもしれません。

こういった悪酔いをする人が周りにいないか、自分がこうなってしまいがちなところはないか思い出しながら、読みすすめてみてください。

また、これ以外にも悪酔いの例はあると思います。

あなたや周りが嫌な気持ちになるような言動は、悪酔いだといえるかもしれません。

ボディタッチが激しくなる

酒癖が悪い人の代表的な例として、ボディタッチが激しくなるということが挙げられるかもしれません。

飲み会に参加すると、よく見られる困った行為でしょう。

酔っ払って肩や背中に手を回したり、周りの人の腕にしがみつくなど、様々な迷惑行為に困った人も多いと思います。

中でも多いのが、男性から女性へのボディタッチが激しくなるパターンではないでしょうか。

男性はお酒が入ると、理性が緩んでしまい、つい女性に接触してしまうようです。

しかし、もちろん女性のほうから酔っ払って、ベタベタと身体に触れたり、よろけた拍子に抱きつく、腕を絡ませたり、手を握るなどといった行動に出ることもあります。

また、上司や先輩など断ったり手を払ったりしにくい場面もあると思いますが、それはセクハラに当てはまる行為であるといえると思います。

さらに、ボディタッチはなかったとしても、下ネタや嫌な目つきになる人もいますよね。

そういったことも、お酒のせいで理性が緩んでしまった結果といえるでしょう。

キスしてきたり体を触ることも

中にはキスを迫ってきたり、太ももなどの際どい部分を触ってくるなど、重度のセクハラに発展してしまうこともあるようです。

仮に下ネタや肩などへのボディタッチは、我慢できたとしても、太ももやお腹などへのボディタッチや、ましてキスを迫ってくるなど言語道断ですよね。

そういったひどいボディタッチをしてくる人もいるようなので、ボディタッチをするようになってきたなと感じたら、注意が必要です。

声が大きくなる

酔いが回ってきている兆候として、声が大きくなるということは、代表的な変化としても言ってもいいかもしれません。

適度にお酒を摂取して、気分がリラックスすれば、心が落ち着くことから自然と声も大きくなりがちです。

また、アルコールが入ってくることで、耳の働きも鈍くなってしまうので、周りの音だけでなく、自分の声まで聞こえづらくなってしまうんだとか。

そのため、声が大きくなる傾向にあるようです。

また、酒癖が悪い人は声が大きくなるだけでなく、口調もきつめになってきたりしてくるので、声が大きくなってきたら酔いが回ってきたと考えていいかもしれませんね。

顔が赤くなる

お酒を飲むとすぐ顔が赤くなる人っていますよね。

それはアセトアルデヒドという有害物質が原因で、それを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素がもともと体内に少ない人は、アセトアルデヒドを分解しきれず血管を通って体内に巡るので、顔が赤くなるんだそうです。

顔が赤くなると、吐き気や動悸がしてくることってありませんか?
もしかしたら、それもアセトアルデヒドの影響かもしれません。

こういった人たちは、アセトアルデヒドの影響をもろに受けてしまうので、お酒に弱いということです。

なので、顔が赤くなっても強い、自分は平気という人もいますが、本当か分からないので、注意が必要になってきます。

記憶がなくなる

悪酔いをするほど飲んでしまう人の多くが、失態や迷惑をかけたときの記憶がありません。

お酒が入ることにより、記憶を脳に定着させるシステムが働くなってしまうことが原因のようです。

お酒が入ると、何度も同じ話を繰り返す人っていますよね。

そんな人は、お酒の影響で前頭前野の働きが鈍くなってしまい、短期記憶、つまり少し前に自分で話していたことを覚えておけないのです。

さらに、お酒が進んでいくことによって、海馬も鈍くなってしまいます。

この海馬が働かなくなってしまうことにより、短期記憶として覚えていたものが、長期記憶を覚えておく海馬に送られない、あるいは送られても海馬が鈍くなってしまっていると、翌日には忘れてしまうといった現象が起きるんだそうです。

そのため、同じ話を何度も繰り返してきたら、お酒が回ってきて記憶を脳に定着させるシステムが麻痺し始めているかもしれませんので、記憶が残らなくなるほどひどくなる前に、注意しておくことが必要かもしれませんね。

飲むペースが早い

ダメなお酒の飲み方としてよく言われることですが、飲むペースが速いと血液の中のアルコール濃度がどんどん高くなってしまい、早く酔ってしまいます。

そのため、仲間と話しながらゆっくり長時間飲んでいる人より、短時間にどんどんお酒を飲み進めてしまう人のほうが、早く酔っ払ってしまうのです。

しかし、飲むペースを早められる人はよくお酒を飲む人のほうが多いでしょう。

なので、今までは悪酔いしなかったのに、急に悪酔いをするようになった人がいたら、この飲むペースが関係している可能性があります。

最近飲むペースが速いなと感じたら、悪酔いをしていないか確認しながら飲むことがおすすめです。

情緒不安定になる

泣き上戸、笑い上戸などとはいいますが、お酒を飲むと情緒不安定になる人も一定数いると思います。

程よい笑い上戸などはまだ楽しいお酒の場にするのにはいいかもしれませんが、コロコロと感情が入れ替わり、話もできないようになったら、それは悪酔いをしてしまっているといえるかもしれません。

理性が緩み、普段隠していることや日常の中では我慢できる感情の起伏を我慢することができなくなってしまうことにより、情緒不安定な状態は引き起こります。

そして、その情緒不安定が飲み会の席で出てくることによって、酔いが回って理性が緩んだ人同士で喧嘩が起こったり、暴力に発展してしまったりするのです。

そのため、酔うと情緒不安定になりがちな人にも、気をつけておくほうがいいでしょう。

怒ったり、泣いたりすることも

泣き上戸や怒り上戸は情緒不安定の中でも、とくに困る感情ですよね。

飲み会自体がめちゃくちゃになることもあるでしょうし、楽しい飲み会でなくなってしまうこともでてきてしまうと思います。

こういった人は、飲み会に呼ばれなくなってしまうこともあるかもしれません。

また、飲み会に呼ばれたとしてもあまりお酒を勧められなかったり、周りが人にいなくなってしまうこともあるようです。

口調が荒くなる

お酒で理性が緩み、気が大きくなることから、口調が荒く喧嘩のようになってしまう人も多いと思います。

普段は大人しいのに、いきなり口調が荒くなってしまうと、周囲からの目が変わってしまったり、上司からの印象も変わってしまったりするでしょう。

そして、ひどいときには一緒に飲んでいる人以外と言い合いになったり、暴力に発展してしまったりもします。

週末の終電近くの電車の中やホームなどで、サラリーマンが口論になってしまったりする姿を見たことある人も多いのではないでしょうか。

ああいった人たちは、普段は喧嘩などしない物静かな人ということも有り得ます。

もちろん中には元々の性格という人もいるとは思いますが、大人しい人を変えてしまうほどお酒の飲みすぎは多くの失態につながります。

人にお酒を飲ませる

また自分一人が飲みすぎてしまうだけならまだしも、周りの人にまでやたらとお酒を飲ませてくる人もいますよね。

そういった人の心の中は“もっと心を開いてほしい”“仲良くなりたい”という思いから、そういった行動に出てしまうことがあるんだそうです。

また、ただただ寂しがり屋で一緒に飲んで、楽しい気持ちを共有したいという思いからくることも。

しかし、あまりに強引に無理やりお酒を勧めてくる場合、普段は理性で隠している“周囲への攻撃本能”が外に出てしまったり、普段から我慢していることを発散している可能性もあるため、標的になってしまわないような注意も必要です。

道や居酒屋で寝る

これも酒癖の悪い人の代表的な例ともいえるかもしれません。

お酒を飲むと、自宅に帰るまでいかず道路で寝てしまったり、飲んでいた居酒屋で寝てしまう人たちは、完全に飲みすぎだといえるはずです。

しかし、寝るまではいかなくてもお酒を飲むと睡魔が襲ってきたり、する人もいると思います。

寝酒という言葉もあるほどですから、お酒によって眠くなるというのは嘘ではないようです。

まず、お酒にはリラックス効果があります。

とはいってもいいものだけではなく、脳や神経の働きを抑制することによって起きるため、あくまで適量を飲んだ場合です。

また、アルコールには体温を下げる効果もあります。

お酒を飲み始めたばかりは体温が上昇し、暑くなる人も多いでしょう。

しかし、暑くなるのは血管が拡張することによるものです。

この拡張した血管からは、体内の熱が逃げやすく、今度は逆に体温は低下していきます。

そして、人の体温が低下するときは、眠りにつくときです。

そのため、アルコールによって体温が低下したのを、働きが鈍った脳は、眠りにつくタイミングと勘違いし、眠る準備を始めてしまうんだとか。

そういったことから、お酒を飲みすぎてしまった人は、道端や駐車場、居酒屋など場所をわきまえず寝てしまうと、科学的にも証明されています。

とはいえ、正常の状態で帰れないほど飲んでしまうのは、周りに迷惑をかけてしまいますし、警察のお世話になることもあるので、なるべく関わらないほうが正解かもしれません。

いつまで経っても帰してくれない

たとえ次の日が早かったり、どうしても早く帰らないといけないのに、お酒を飲むとなかなか帰らせてくれない人も迷惑に思われることが多いですよね。

その中の多くの人が寂しかったり、少しでもたくさんの人に自分の話を聞いてもらいたいなど、周りのことが考えられなくなってしまった状態からそういった行動にでてしまうのかもしれません。

とはいえ、飲み会に来る人が全員お開きになるまでいるとも限りませんし、少しだけ顔を出したら帰ろうと思っている人だっているはずです。

そんなときは、事前に周りの人に伝えておいて、なるべく席を離してもらったり、出入り口の近くに座るなど配慮が必要になってくるでしょう。

店や道路で吐く

悪酔いをしてしまった人に多い症状としてあげられることとして、吐いてしまうこともあげられると思います。

これは、お酒を飲んでいる人なら少なからず経験してきたことかもしれません。

また、吐くことを必死で我慢してしまう人もいるでしょう。

しかし、お酒の飲みすぎで気持ちが悪く、吐いてしまいそうなときは、一刻も早くトイレや自宅に帰り、楽になるまで吐いてしまうことが必要になってきます。

お酒を多量に摂取してしまい、血液中のアセトアルデヒドの濃度が限界を越えると、体中の様々な器官に吐く準備の指令が送られます。

それは、アルコールを分解できる量を超えてしまっているということであり、“身体が緊急事態を叫んでいる”ということなのです。

なので、逆に我慢してしまうことで不調を引きずってしまったり、アルコールが体内に長時間残り、次の日もアルコールが分解できず、自動車の運転ができないことも考えられます。

ただ、一番大切なこととしていえるのは、そこまで飲まないことです。

悪酔いする人の対処方法

悪酔いをしてしまう人の特徴や原因や、悪酔いをしている人やこれからしそうな人の症状の例などは分かりましたが、そんな人に対してどう対応したらいいのでしょうか。

また、どうしたら悪酔いを防げるのか分かったら、いいですよね。

一番大事なのは、悪酔いをする本人が飲みすぎてしまわないよう、悪酔いしてしまわないように気をつけることですが、周りができることはどんなことがあるのでしょう。

水とお酒を一緒に飲ませる

お酒をよく飲む人には知られた方法ですが、お酒だけでなく水を挟みながら飲むことで、酔いを軽くする方法です。

チェイサーという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

酔ってしまうのは、血液の中にアルコールの成分が入り込み、体内にどんどん回っていってしまうからです。

なので、間に水を挟むことで血液中のアルコールの成分濃度を薄め、酔いにくくする効果があります。

もし酔いが回ってきているなと感じたら、お酒よりも水を近くに置いてみてください。

もしかしたらそれで悪酔いが防げるかもしれません。

酔いが回ってくると、味もあまり分からなくなってくるので、ちょっとおかしいなと思いながらも、多少は飲んでくれることもあるようです。

一緒にお酒を飲まない

残念ですが、一番手っ取り早く自分が迷惑を被らない方法は、一緒に飲みにいかないことです。

悪酔いをしてしまう人は、自分自身が悪酔いするまで飲むのをやめようと思ったり、変わりたいと思わなければ変えることは難しいです。

もし、悪酔いをする人がその飲み方をあまり悪いと思っていなかったり、仕方ないと思っているようであれば、あなたがどんなに理解をして改善を促しても変わらないでしょう。

そしたら、しばらくは一緒に飲むのを控えたほうがいいかもしれません。

もしかしたら、周りが離れていくことを感じて改善しようとするかもしれませんし、良い方向にいくこともあります。

上司や仕事仲間だと言いにくいかもしれませんが、もし大事な友達なのであれば、変わってほしいことを伝えたほうが相手のためにも良いかもしれません。

悪酔いする人に巻き込まれないように泣!(まとめ)

今回は悪酔いをする人についてご紹介してきました。

読んでいる間にも色々なことを思い出したり、迷惑をかけられたこと、逆にかけてしまったことなど、人それぞれだと思います。

女性でも男性でも、悪酔いで迷惑な行為に走る人は、多く目にしますよね。

そのどれもが異性を幻滅させてしまうものでしょう。

もしかしたら、好きな人や恋人の酒癖が悪いところを目の当たりにして、気持ちが冷めてしまった経験がる人もいるかもしれません。

それほど多くの人にとって悪酔いとは迷惑なものですよね。

仕事をしていれば毎日色々なことがありますし、言いたいことを我慢する機会やストレスが溜まる機会も多い人がほとんどでしょう。

しかし、それを飲み会などで発散して周りに迷惑をかけてしまっては、普段の我慢も台無しになってしまいますよね。

また、悪酔いによって上司に暴言を吐いてしまったり、道端に寝て荷物をなくしてしまったり、代償も大きくなりかねません。

なので、悪酔いをしている人を見たら、巻き込まれてしまわないように注意するとともに、自分もそうなってしまわないように気を付ける必要があると思います。

適切な量のお酒はリラックス効果やストレス発散の効果があるため、お酒が必ずしも身体に害しかないわけではありません。

しかし、悪酔いしてしまうほどのお酒は身体にとって毒となり、健康被害にも繋がりますので、上手にお酒と付き合い、周りに迷惑をかけてしまわないよう、お酒を飲むことがおすすめです。