いきなりですが、みなさんは”旅人”というワードを聞いて何を連想するでしょうか?

「自分の好きな場所を自由気ままに渡り歩いているイメージ」とか「何にも縛られず悠々自適な日々を過ごしているイメージ」など、色々な意見がありそうですね。

そんな旅人にロマンや憧れを抱き、「自分も旅人になりたいな」と思う人も多いかもしれません。

しかし、旅人になったらなったで、様々な苦労があるみたいですよ?

そこで今回は、本気で旅人になりたい人の為に、”旅人になる前に見て欲しい5つの注意点”をまとめてみました。

旅人を目指している方は是非読んでみて下さい!

この記事の目次

旅人になる前に、一度立ち止まって考えてみよう

ところでみなさん、旅行は好きですか?

「最低でも月に1回は旅行する」「国内だけじゃなく海外旅行も沢山している」という人も多いかもしれませんね。

色んな景色を見て美味しいものを食べ、その土地の文化に触れる…そんな観光や慰安目的の旅行は楽しいです。

そんな旅行好きの延長で、「旅人になりたい!」と考える人もいるのではないでしょうか?

…ですが、考えてもみて下さい。

”旅”は旅行と全く違うものです。

旅行はあらかじめ決めていた予定をこなすもので、行先はもちろん移動手段も宿泊先も事前にある程度決めてから行動します。

旅行の場合はその旅自体を目的としているからこそ、予定調和な旅が楽しめるのです。

一方、”旅”は大体の行き先だけは決めますが、その後の予定は基本決まっていません。

移動手段も宿泊先もその場の状況に合わせて決める場合が殆どとなります。

旅は別の目的を達成する為に行うものなのです。

…例えるならRPG(ロールプレイングゲーム)に出てくる冒険と似た様なものかもしれません。

ゲームの主人公は世界を救う為(=別の目的)に、様々な困難を乗り越えながら”旅”をしますが、実際の旅もいつどんなトラブルに見舞われるか分からない過酷なものです。

つまり旅人がしている”旅”とは、ガイドブックに載っている観光名所やリゾート地を巡る旅行と違うので、娯楽という意味での楽しみとは程遠いものだと言えます。

そもそも、”旅に出る”とは自分の知らない新しい土地に向かう事を指すのです。

旅人は常に臨機応変な行動が求められます。

その為、自分の思い通りに旅が進む事はなかなかありません。

先の事が分からない分、不安や恐怖もあると思います。

それに、いくら万全な対策をしていても、知らない土地を長い事旅していれば大きなトラブルに巻き込まれてもおかしくはありません。

最悪の場合、旅を続けるのが難しくなってしまう可能性だってあるでしょう。

…それでも旅人になる覚悟はありますか?

旅に出てから後悔しない為にも、行動を起こす前にもう一度だけ、「何故旅人になりたいのか」「旅に出て何がしたいのか」「旅人として生きていく覚悟が本当にあるのか」を考えてみて下さい。

旅人になるということは?

”旅人”の定義もかなり曖昧なので説明が難しいのですが、ここで話している”旅人になる”という事は、今住んでいる家や就いている仕事を捨て、地元を離れ国内外問わず様々な土地を転々としながら生計を立て長年(※無期限)過ごしていく事を指します。

もちろん旅が終われば元居た場所に戻ってOKです。

旅人=バックパッカーというイメージを持っている人も多いと思いますが、バックパッカーはあくまで旅をする事自体を目的としていますよね?

一般的なバックパッカーの定義も「低予算で個人旅行をする”旅行者”」となっているので、ここでの旅人からは除外します。

ところで話は少し変わりますが、旅や旅行をする理由って人それぞれですよね?

「旅の雰囲気を楽しむ為」「好きな場所に行きたい」という理由もあれば、「自分を見つめ直したい」「世界を知って視野を広げる為」といった理由もあるでしょう。

どちらかと言えば、旅人は後者の様な理由で旅をしている人が多いかもしれません。

もちろん、中には「旅が好きだから旅人になった」という人もいるでしょう。

でもその人が言う旅が、旅行の様なものとは限りませんよね?

それこそ”自分探しをする為の旅”の事を言っているのかもしれません。

もし、「(旅行的な意味の)旅を楽しむ為に旅人になった」と言う人がいたなら、それは旅人ではなく厳密には旅行者と言えるのではないでしょうか?(※あくまでこの記事内で話している旅人の定義と照らし合わせた場合の話です。)

しつこいようですが、旅人の優先順位は旅そのものではなく、あくまで”旅をする事で達成される目的”が1番である事をお忘れなく。

さらに、旅人になるという事は次の様な現実を受け入れなければいけません。

仕事を辞める


サラリーマンやOLといった会社勤めをしている人の場合、旅と仕事を両立するのはまず不可能ですよね?

「旅に出たいので、無期限で休みを下さい!」と申請したところで、承諾してくれる会社はまずないでしょう。

つまり、いつ終わるとも分からない旅に出る以上、今就いている仕事を辞めなければならないという事なのです。

もし、娯楽として旅を楽しみたいだけであれば旅人にならずとも、アルバイト・パート・派遣として旅行資金を貯めた後長期旅行する期間を設けた方が、旅人になるよりも安定で現実的ですし、その欲求自体も十分に満たせると思います。

家族や友人にしばらく会えなくなる

仮に”自分探し”が目的で旅人を目指す場合、その旅には明確なゴールは存在しませんよね?

本人がその旅を通して「目標は達成された!」と実感して満足するか、何らかの事情で旅が続けられなくなるまで、旅は終わらないという事になります。

そんな旅に出れば家族や友達にもしばらく会えません。

もし恋人がいるなら、旅が終わるまでは遠距離恋愛決定です。

「電話や手紙でやりとりすれば寂しくない!」なんて思っていませんか?
長期の一人旅は想像以上に孤独で過酷なものです。

電話や手紙で寂しさを紛らわせられる程、甘くはないかもしれません。

例えば一人暮らしを始めた時にホームシックになった経験がある人もいると思うのですが、恐らくその非にならない位辛く寂しい思いをすると思います。

まさか旅の途中でしょっちゅう帰って来る訳にもいきませんし(それだと旅人になった意味がありませんよね…)、最低でも数年は家族や友人に会えない覚悟をしておいた方がいいでしょう。

収入が激減する可能性がある


今就いている仕事を辞めるというのは、安定した収入が得られなくなるという事です。

さらに旅先で仕事を探すにも、十分な収入が得られる働き口があるとも限りませんし、そもそも雇ってもらえる保証すらありません。

運良く旅と両立出来る様な稼ぎ口が見つかったとしても、よっぽど上手く稼がないと、会社員をしていた時の収入と比べたらかなり激減してしまうと思います。

旅人になる場合の5個の注意点

「平凡な生活に縛られるのは嫌だ。もっと自由になりたい!」という思いから旅人を目指す人もいるかもしれませんね。

確かに旅人になれば金銭的・時間的・行動的な自由が得られるでしょう。

ただし自由を手に入れるには、同時に何かを失ったり犠牲にする必要があります。

欲しいものだけ簡単に手に入る程、世の中甘くは出来てはいません。

つまり、旅人になったら自由にはなれるかもしれませんが、その一方で発生する問題もあるという話なのです。

そこで、旅人になる場合の5個の注意点を確認してみましょう!

収入が不安定になる覚悟はあるか?

旅をしながら生計を立てるというのはなかなか難しいものです。

旅をしながらの稼ぐ方法はいくつかありますが、収入は安定しないと思っておいた方がいいでしょう。

ですが、旅をするにも交通費や生活費の他にも諸々の費用がかかります。

それを不安定な収入の中で遣り繰りしなければいけません。

旅の途中で資金が尽きてしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

もしそんな様な状況に陥った場合はどうしていくのか、も考えておかなくてはいけませんね。

どちらにしろ、相当の覚悟を持って旅に臨む必要があると言えます。

定職に就けない

旅人は各地を転々とするものなので定職には就けません。

旅先で資金稼ぎの為に一時的に定住する事はあるかもしれませんが、長くて数か月程度だと思います。

そんな状況で現地で就ける仕事と言えば、日雇いや短期のバイトがいいところでしょう。

しかもそれが海外となれば、その土地の言語が話せないと雇ってもらうのも正直難しいかもしれません。

なので、旅人は他の方法で資金調達をしている人も多いみたいです。

YouTubeなどで旅をリアルタイム配信して稼ぐ

ネットの普及に伴い、近年はYouTubeで収入を得るYouTuberという職業形式が話題になっていますよね。

トップレベルの人気YouTuberともなると、月に数十万円…年収にすると1000万円超えの収入を得ている人もいるそうです。

では、YouTuberと呼ばれる人達は、どの様にして収入を得ているのでしょうか?

基本的には、動画サイトであるYouTubeに自分で撮った動画をアップロードし、その動画にアドセンスと呼ばれる広告(ネット広告の一種)を貼ります。

すると、その広告を動画の閲覧者がクリックする度に、広告掲載の報酬が支払われるという仕組みです。

動画はYouTubeのアカウントがあれば誰でもアップ可能で、アドセンスとの関連付けはYouTubeの機能から設定可能(この場合はGoogleアカウントも必要)です。

因みに、1再生につき0.1円なので、月に数十万円を稼ぐにはかなりの再生回数が必要になります。

ここで本題に戻りますが、旅人として稼ぐのにもYouTubeの利用は方法としてはアリだと思います。

もちろん、月に何十万もの収入は難しいかもしれませんが、再生数が増えればそれだって不可能ではないですし、動画をアップするだけで少なからずは収入を得られる可能性があるならやってみる価値はあるでしょう。

それにせっかく旅人をしているのだから、その旅をリアルタイムで配信すれば面白い動画が撮れそうですよね。

スポンサーに付いてもらう

旅の資金調達の方法として、企業などにスポンサーに付いてもらうというやり方もあります。

しかし、「個人旅にスポンサーなんて、どうやって付いてもらうの?」と思う人が殆どではないでしょうか?

基本的にはスポンサーを依頼する企業を探し、「自分のスポンサーになってくれたら、御社の商品をブログや動画などを使ってネットで宣伝しますよ」といった主旨の企画書を送ります。

企業のHPに記載されているお問い合わせセンターなどからコンタクトをとるのが無難でしょう。

企業に送る企画書(協賛提案書)には、自分のプロフィール・旅の目的・プラン・予算・プロモーション内容・協賛のメリットなどを記載します。

企業がスポンサーに付いてくれるかはプロモーション内容によるので、自分の旅がその企業にどの様な利益をもたらすかを良く考えてアピールしましょう。

大企業を狙いだと、企画が通るまで時間がかかったり、担当本部にまで話が届かない事もあるので、融通の効く中小企業狙いの方がいいかもしれません。

この他にも、企業ではなく不特定多数の人からの支援になりますが、クラウドファンディングという方法が資金調達のやり方として近年注目されています。

これはクラウドファンディングサイトに、プロジェクトとして旅の目的や必要資金などの情報を載せ、そのプロジェクトに共感した支援者達から資金を出資してもらうという方法です。

一定期間内に目的額に到達した時点でプロジェクト実行となりますが、資金を効率的に集める為にも支援者には見返り(リターン)があった方がいいかもしれませんね。

例えばですが、旅先の写真や動画の提供やお土産などが挙げられると思います。

クラウドソーシングで仕事をしながら旅を進める

クラウドソーシングとは、ネットを使って不特定多数の人に業務の発注や受注が出来るサービスの事です。

サービスを利用するにはクラウドソーシングサイト(いくつかあります)に登録した後、企業または個人の間でやり取りを行ない、契約が成立した時点で業務開始となります。

受注側は指定された納期までに業務を終了させる必要があり、納品後の検収が完了した時点で報酬が支払われる仕組みです。

因みに、報酬額の一部はシステム料としてクラウドソーシングサイトに支払われる事になります。

業務内容はアンケートやデータ入力、コンペ式のものやモニター募集など他にも色々なものがあるので、自分に合った業務を探して取り組む事が出来るでしょう。

報酬額は業務内容によって違いますが、基本的には出来高制でその他に固定報酬制や時間単価制などがとられます。

そして、旅人にクラウドソーシングをオススメする一番の理由は、自分の好きな時間に好きな場所で業務を進められるからです。

納期にさえ間に合えば、昼でも夜でも自分の好きな時間に好きなペースで業務を進められますし、ネットが繋がる環境であればどこでも作業が出来ます。

因みに、大抵の作業はPC1つで進められるでしょう。

さらに仕事量も自分で調節可能なので、旅の状況に応じで稼げるのも旅人向けと言えるのではないでしょうか。

ただし、クラウドソーシングだけで生計を立てるのは、思った以上に厳しいので他の資金調達方法と併用して利用した方がいいかもしれませんね。

家族や周囲の人に頼らないで自分の力でできるのか?

「旅人になろう!」と自分で決めたのなら家族や周囲の人の力を借りず、自力で実行しなければ意味がないと思いませんか?

旅の道中は人に頼りたくても頼る事が出来ない状況が沢山待ち構えています。

旅に出るという事は、そういった状況でも一人で耐え抜く覚悟が必要である事を覚えておいて下さい。

人に頼ることを考えているなら、やめたほうがいい

上でも旅は旅行とは違うものだと話しましたが、実際一人旅では困った時や危険な目に遭った時でも誰かを頼る事は出来ませんし、何事も自分で考えて対処しなければいけません。

最初から誰かを頼る事を期待している様では、旅の序盤で絶対に行き詰まったり、途中で挫折する可能性があります。

家族や周囲の人に迷惑はかからないのか?

本人は自分の願いが叶うのでそれで満足かもしれませんが、旅人になる事で家や周囲の人に迷惑をかけるのはちょっと違いますよね?

当たり前ですが、出来れば周りに迷惑のかからない様にすべきです。

どうしても迷惑がかかりそうなら、「そんな迷惑をかけてまでする旅に価値があるのか?」「迷惑をかけてでも旅人にならなくてはいけない理由とは何なのか?」をもう一度よく考えてみましょう。

家族や友人に会えなくなって良いのか?

家族や友達に会えなくなるというのは、心の拠り所がなくなる訳ですから精神的に辛くなることもあるでしょう。

「自分は実家や地元に何年も帰っていないし、一人でも全然大丈夫」なんて言う人がいますが、それは”帰ろうと思えばいつでも帰れる=会おうと思えばいつでも会える”状況にいるからそう思うのです。

一度旅に出てしまえば、地元に帰ろうと思って帰れる状況にいるとは限りませんし、電話やメールだって場所や状況によってはしょっちゅう出来るとも限りません。

そばで支えてくれる存在がいない分、旅の最中で辛い思いをしても根性でだたひたすら耐え抜くしかないのです。

家族や友達にしばらく会えなくなっても旅を続けられる覚悟が本当にあるのか、家族や友達に余計な心配をかけない為にもよく考えてみて下さい。

病気などにならないだけの体力はあるのか?

長旅には体力が必須です。

国内外に限らず、電車・バス・タクシーの利用は基本的には長距離移動の時だけで、中距離程度の移動なら資金節約の為にも歩くのが普通です。

また、宿泊先が決まらず頻繁に野宿をする事も珍しくありません。

そんな時、風邪を引かないだけの体力はありますか?

旅人は体が資本になります。

もし途中で病気やケガをしてしまえば、途中で旅を中断せざるを得ないなんて事にもなりかねません。

体の弱い人や体力のない人は旅のプランを立てるよりも、まずは長旅に耐えられるだけの体力作りが必要になります。

旅を終えたあとのことも考えているか?

目標が達成されて旅も終了!となった時、その後の事はどうするか考えていますか?

特に人生の全てを旅に捧げる覚悟を持っている人なんかは、旅が終わった時の状況なんてそこまで深くは考えていないと思います。

しかし、”いつ終わるかが分からない無期限の旅”というのは逆に言えば、急に終わってしまう可能性だってあるという事です。

「旅が終わって何もなくなってしまった…」なんて事にならない為にも、旅を終えた後の事もある程度考えておく事をオススメします。

仕事の有無

旅が終わっても生きていく為には稼ぐ必要がありますよね。

定職に就くか別の方法で稼ぐのかは自分次第ですが、旅で得た事をビジネスにするのもいいかもしれません。

それが成功するかは別ですが…例えば、旅での出来事をエッセイ本にして出版してみたり、旅先で見つけた名産品を売る商売を始めてみたり、旅先で撮った写真を企業に提供したり、旅道具の開発してみたり、旅行会社を設立したり…。

せっかくなら、旅で得た貴重な経験をその後の人生に活かせたらいいですよね。

住む場所

実家暮らしなら別ですが、旅に出る前に住んでいた家を出てしまった人は、旅が終わった後の住処をどうするか決めておく必要があります。

長旅を終えて戻ってきた時に、元住んでいた家が空いている保証はないですし、その後の生活次第では住む場所も変わってくるはずなので、具体的な場所を事前に決めておくのは難しいでしょう。

なので、次の住処が決まるまで一時的に身を置く場所だけは決めておいた方がいいかもしれません。

ビジネスホテルなどを利用するのもいいかもしれませんが、可能であれば実家に戻ったり、知り合いの家に居候させてもらうのもアリです。

旅人になる人の特徴

「旅人になりたい」と思う人は多いかもしれませんが、その中から実際に旅人になる人はほんの一部だと思います。

では、旅人になる人は他の人と何が違うのでしょうか?

そこで、“旅人になる人の特徴”をまとめてみました!

大きな挫折を味わって人生をやり直したくなった

人生において1度も挫折を経験した事がない人は少ないと思います。

それだけ人生に挫折はつきものです。

特に才能や自分に自信を持っている人程、挫折した時のショックは大きいでしょう。

「挫折や失敗は人生の財産になる」とも言いますが、多くの人は「出来れば挫折や失敗はしたくない」と思うはずです。

もし大きな挫折を味わったら、「もう嫌だ」「現実から逃げたい」「人生やり直したい」と考える人が殆どではないでしょうか?

そうして大きな挫折を味わった人の中には、思い悩み考え抜いた末に「何もかも捨てて旅に出よう」「旅に出て自分を見つめ直そう」という結論にたどりつく人がいます。

確かに旅は、現実=日常を離れ自己を見つめ直すものでもあります。

当人は挫折により人生のどん底を味わっている最中のなので、旅人になる事への不安や恐怖、今後の人生などは、本人の中で些細な事となっているのかもしれません。

だから、すんなりと旅人になってしまうのでしょう。

自分だけの人生を謳歌したい

一般的には、旅人=自由人のイメージも強いですよね。

やはり、旅人を目指す人はその”自由”な面に憧れる人が多いと思います。

人生は一度きりですし、「自分の好きに生きたい!」と考えるのは当然と言えば当然でしょう。

しかし、大抵の人はそういう願望があっても、周りへの迷惑や失敗などを恐れ、自分の為だけに生きる事を諦めてしまいます。

「自分だけの人生を謳歌したい」という考え方は、素敵だし他の人からすれば羨ましいと感じる価値観だと思いますが、別の見方をすれば”自分勝手な考え方”とも捉えられるのではないでしょうか?

”自分だけの人生”というのが、周囲への影響などもしっかり考えられた内容であれば別ですが、周りに迷惑をかける前提で好き勝手な人生を送るのはダメですよね。

しかし、こういう考えの下で旅人になる人達の中には、周囲の事をきちんと考えている人もいれば、考えていない人がいるのも事実です。

自分だけの人生を謳歌するのは良いですが、好き勝手やる以上はちゃんと周りの事もきちんと考えられる旅人になりたいものですよね。

家族よりも自分

旅人になるという事は、大事なものを(一時的にですが)失う事と同じです。

大事な物の中には家や仕事の他に、家族も含まれます。

そして、旅人になる様な人は「家族よりも自分」という考えを持っている特徴があります。

そもそも旅人が旅に出る理由の根本は自分の為でしょうし、家族の事が一番の人は旅人になるという発想すら思い浮かばないはずです。

ただしこれは、家族を大切にしないという訳ではないので誤解しない様に。

それに、家族を信頼しているからこそ旅人になれる、とも言えるかもしれませんね。

夢や目標が大きい

人生において常に大きな夢や目標を持っている人は、凡人にはない行動力があります。

そして、旅人になる人もそういう特徴を持った人が多いです。

その夢や目標を実現出来る人だけが、真の旅人として成功するのです。

夢や目標が大きい分だけ、苦労や努力も必要になります。

大抵の人はその辛さに耐えられずに諦めてしまいますが、旅人となって成功する様な人は、それを乗り越えるだけの強い動機や信念を持っているのです。

お金よりも時間のほうが大切

旅をしている間は十分な収入はなかなか得られません。

しかし時間ならある意味十分にありますし、自分の好きな事に当てられます。

旅人になるならないに関わらず、「お金よりも時間の方が大切」という考えの人もいるのではないでしょうか?

「生活するのに必要最低限のお金があれば困らない、それよりも自分の時間を有意義に過ごしたい」という考えで普段から生活している人は、旅先で貧乏生活をする事になってもそこまで苦にならないかもしれませんね。

自分に自信がある

自分に自信がある、あるいはある程度成功のビジョンが見えていないと、「旅人になろう」とは思わないのではないでしょうか?

失敗するのが分かっていて挑戦する人はあまりいませんよね。

しかも、それが自分の人生を左右する様な事なら尚更です。

旅に出るという行動を起こす時点で、成功へ向かおうとしている事には変わりありません。

つまり、例え本人にそのつもりがなくても、心の奥底では「絶対に成功してやる!」という強い気持ちがあると言えるのではないでしょうか?

自己顕示欲が強い

旅人になる様な人の中には、自己顕示欲が強いという特徴もあります。

因みに自己顕示欲とは、社会の中で自分の存在をアピールしたいという欲の事で、言い方を変えるなら「目立ちたがり屋」とも言えますね。

そういう人の中には「旅という他の人がなかなかやらない事を成し遂げて、自分の存在を世にアピールしたい」という考えがあるのかもしれません。

行き当たりばったりの思考回路

行き当たりばったりの思考回路の人は、基本的に先の事はあまり考えていません。

それは、今までもその考え方で何とかなってきたからでしょう。

ですがその思考は、ある意味旅人向きと言えます。

旅人は常に臨機応変な対応が求められますし、困難な状況に陥った時もそれを乗り越えるだけのメンタルが必要です。

その点、行き当たりばったりな思考の持ち主なら、今までもその場の状況に合わせて上手く生きてきただろうし(=スキルが身についている)、困難な状況にも慣れていそう(そういう考え方の人ってトラブルにも巻き込まれやすいのではないでしょうか?)ですよね。

今の人間関係に嫌気がさしてしまった

人間関係を断ち切るには、その人達から離れるのが一番手っ取り早い方法でもあります。

しかし、いくら連絡を絶とうがその人達がそばにいる以上は、全く関わらないというのは難しいですよね。

そこで今の人間関係から解放される為に、旅人になるという選択肢を選ぶ人がいるのです。

ですが旅は色んな人との出会いがあるので、自分の人間関係を見つめ直したり新たな人脈を築く方法としてはピッタリかもしれませんね。