いきなりですが、みなさんは”旅人”というワードを聞いて何を連想するでしょうか?

「自分の好きな場所を自由気ままに渡り歩いているイメージ」とか「何にも縛られず悠々自適な日々を過ごしているイメージ」など、色々な意見がありそうですね。

そんな旅人にロマンや憧れを抱き、「自分も旅人になりたいな」と思う人も多いかもしれません。

しかし、旅人になったらなったで、様々な苦労があるみたいですよ?

そこで今回は、本気で旅人になりたい人の為に、”旅人になる前に見て欲しい5つの注意点”をまとめてみました。

旅人を目指している方は是非読んでみて下さい!

旅人になる前に、一度立ち止まって考えてみよう

ところでみなさん、旅行は好きですか?

「最低でも月に1回は旅行する」「国内だけじゃなく海外旅行も沢山している」という人も多いかもしれませんね。

色んな景色を見て美味しいものを食べ、その土地の文化に触れる…そんな観光や慰安目的の旅行は楽しいです。

そんな旅行好きの延長で、「旅人になりたい!」と考える人もいるのではないでしょうか?

…ですが、考えてもみて下さい。

”旅”は旅行と全く違うものです。

旅行はあらかじめ決めていた予定をこなすもので、行先はもちろん移動手段も宿泊先も事前にある程度決めてから行動します。

旅行の場合はその旅自体を目的としているからこそ、予定調和な旅が楽しめるのです。

一方、”旅”は大体の行き先だけは決めますが、その後の予定は基本決まっていません。

移動手段も宿泊先もその場の状況に合わせて決める場合が殆どとなります。

旅は別の目的を達成する為に行うものなのです。

…例えるならRPG(ロールプレイングゲーム)に出てくる冒険と似た様なものかもしれません。

ゲームの主人公は世界を救う為(=別の目的)に、様々な困難を乗り越えながら”旅”をしますが、実際の旅もいつどんなトラブルに見舞われるか分からない過酷なものです。

つまり旅人がしている”旅”とは、ガイドブックに載っている観光名所やリゾート地を巡る旅行と違うので、娯楽という意味での楽しみとは程遠いものだと言えます。

そもそも、”旅に出る”とは自分の知らない新しい土地に向かう事を指すのです。

旅人は常に臨機応変な行動が求められます。

その為、自分の思い通りに旅が進む事はなかなかありません。

先の事が分からない分、不安や恐怖もあると思います。

それに、いくら万全な対策をしていても、知らない土地を長い事旅していれば大きなトラブルに巻き込まれてもおかしくはありません。

最悪の場合、旅を続けるのが難しくなってしまう可能性だってあるでしょう。

…それでも旅人になる覚悟はありますか?

旅に出てから後悔しない為にも、行動を起こす前にもう一度だけ、「何故旅人になりたいのか」「旅に出て何がしたいのか」「旅人として生きていく覚悟が本当にあるのか」を考えてみて下さい。

旅人になるということは?

”旅人”の定義もかなり曖昧なので説明が難しいのですが、ここで話している”旅人になる”という事は、今住んでいる家や就いている仕事を捨て、地元を離れ国内外問わず様々な土地を転々としながら生計を立て長年(※無期限)過ごしていく事を指します。

もちろん旅が終われば元居た場所に戻ってOKです。

旅人=バックパッカーというイメージを持っている人も多いと思いますが、バックパッカーはあくまで旅をする事自体を目的としていますよね?

一般的なバックパッカーの定義も「低予算で個人旅行をする”旅行者”」となっているので、ここでの旅人からは除外します。

ところで話は少し変わりますが、旅や旅行をする理由って人それぞれですよね?

「旅の雰囲気を楽しむ為」「好きな場所に行きたい」という理由もあれば、「自分を見つめ直したい」「世界を知って視野を広げる為」といった理由もあるでしょう。

どちらかと言えば、旅人は後者の様な理由で旅をしている人が多いかもしれません。

もちろん、中には「旅が好きだから旅人になった」という人もいるでしょう。

でもその人が言う旅が、旅行の様なものとは限りませんよね?

それこそ”自分探しをする為の旅”の事を言っているのかもしれません。

もし、「(旅行的な意味の)旅を楽しむ為に旅人になった」と言う人がいたなら、それは旅人ではなく厳密には旅行者と言えるのではないでしょうか?(※あくまでこの記事内で話している旅人の定義と照らし合わせた場合の話です。)

しつこいようですが、旅人の優先順位は旅そのものではなく、あくまで”旅をする事で達成される目的”が1番である事をお忘れなく。

さらに、旅人になるという事は次の様な現実を受け入れなければいけません。

仕事を辞める


サラリーマンやOLといった会社勤めをしている人の場合、旅と仕事を両立するのはまず不可能ですよね?

「旅に出たいので、無期限で休みを下さい!」と申請したところで、承諾してくれる会社はまずないでしょう。

つまり、いつ終わるとも分からない旅に出る以上、今就いている仕事を辞めなければならないという事なのです。

もし、娯楽として旅を楽しみたいだけであれば旅人にならずとも、アルバイト・パート・派遣として旅行資金を貯めた後長期旅行する期間を設けた方が、旅人になるよりも安定で現実的ですし、その欲求自体も十分に満たせると思います。

家族や友人にしばらく会えなくなる

仮に”自分探し”が目的で旅人を目指す場合、その旅には明確なゴールは存在しませんよね?

本人がその旅を通して「目標は達成された!」と実感して満足するか、何らかの事情で旅が続けられなくなるまで、旅は終わらないという事になります。

そんな旅に出れば家族や友達にもしばらく会えません。

もし恋人がいるなら、旅が終わるまでは遠距離恋愛決定です。

「電話や手紙でやりとりすれば寂しくない!」なんて思っていませんか?
長期の一人旅は想像以上に孤独で過酷なものです。

電話や手紙で寂しさを紛らわせられる程、甘くはないかもしれません。

例えば一人暮らしを始めた時にホームシックになった経験がある人もいると思うのですが、恐らくその非にならない位辛く寂しい思いをすると思います。

まさか旅の途中でしょっちゅう帰って来る訳にもいきませんし(それだと旅人になった意味がありませんよね…)、最低でも数年は家族や友人に会えない覚悟をしておいた方がいいでしょう。

収入が激減する可能性がある


今就いている仕事を辞めるというのは、安定した収入が得られなくなるという事です。

さらに旅先で仕事を探すにも、十分な収入が得られる働き口があるとも限りませんし、そもそも雇ってもらえる保証すらありません。

運良く旅と両立出来る様な稼ぎ口が見つかったとしても、よっぽど上手く稼がないと、会社員をしていた時の収入と比べたらかなり激減してしまうと思います。

旅人になる場合の5個の注意点

「平凡な生活に縛られるのは嫌だ。もっと自由になりたい!」という思いから旅人を目指す人もいるかもしれませんね。

確かに旅人になれば金銭的・時間的・行動的な自由が得られるでしょう。

ただし自由を手に入れるには、同時に何かを失ったり犠牲にする必要があります。

欲しいものだけ簡単に手に入る程、世の中甘くは出来てはいません。

つまり、旅人になったら自由にはなれるかもしれませんが、その一方で発生する問題もあるという話なのです。

そこで、旅人になる場合の5個の注意点を確認してみましょう!

収入が不安定になる覚悟はあるか?

旅をしながら生計を立てるというのはなかなか難しいものです。

旅をしながらの稼ぐ方法はいくつかありますが、収入は安定しないと思っておいた方がいいでしょう。

ですが、旅をするにも交通費や生活費の他にも諸々の費用がかかります。

それを不安定な収入の中で遣り繰りしなければいけません。

旅の途中で資金が尽きてしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

もしそんな様な状況に陥った場合はどうしていくのか、も考えておかなくてはいけませんね。

どちらにしろ、相当の覚悟を持って旅に臨む必要があると言えます。

定職に就けない

旅人は各地を転々とするものなので定職には就けません。

旅先で資金稼ぎの為に一時的に定住する事はあるかもしれませんが、長くて数か月程度だと思います。

そんな状況で現地で就ける仕事と言えば、日雇いや短期のバイトがいいところでしょう。

しかもそれが海外となれば、その土地の言語が話せないと雇ってもらうのも正直難しいかもしれません。

なので、旅人は他の方法で資金調達をしている人も多いみたいです。

YouTubeなどで旅をリアルタイム配信して稼ぐ

ネットの普及に伴い、近年はYouTubeで収入を得るYouTuberという職業形式が話題になっていますよね。

トップレベルの人気YouTuberともなると、月に数十万円…年収にすると1000万円超えの収入を得ている人もいるそうです。

では、YouTuberと呼ばれる人達は、どの様にして収入を得ているのでしょうか?

基本的には、動画サイトであるYouTubeに自分で撮った動画をアップロードし、その動画にアドセンスと呼ばれる広告(ネット広告の一種)を貼ります。

すると、その広告を動画の閲覧者がクリックする度に、広告掲載の報酬が支払われるという仕組みです。

動画はYouTubeのアカウントがあれば誰でもアップ可能で、アドセンスとの関連付けはYouTubeの機能から設定可能(この場合はGoogleアカウントも必要)です。

因みに、1再生につき0.1円なので、月に数十万円を稼ぐにはかなりの再生回数が必要になります。

ここで本題に戻りますが、旅人として稼ぐのにもYouTubeの利用は方法としてはアリだと思います。

もちろん、月に何十万もの収入は難しいかもしれませんが、再生数が増えればそれだって不可能ではないですし、動画をアップするだけで少なからずは収入を得られる可能性があるならやってみる価値はあるでしょう。

それにせっかく旅人をしているのだから、その旅をリアルタイムで配信すれば面白い動画が撮れそうですよね。

スポンサーに付いてもらう

旅の資金調達の方法として、企業などにスポンサーに付いてもらうというやり方もあります。

しかし、「個人旅にスポンサーなんて、どうやって付いてもらうの?」と思う人が殆どではないでしょうか?

基本的にはスポンサーを依頼する企業を探し、「自分のスポンサーになってくれたら、御社の商品をブログや動画などを使ってネットで宣伝しますよ」といった主旨の企画書を送ります。

企業のHPに記載されているお問い合わせセンターなどからコンタクトをとるのが無難でしょう。

企業に送る企画書(協賛提案書)には、自分のプロフィール・旅の目的・プラン・予算・プロモーション内容・協賛のメリットなどを記載します。

企業がスポンサーに付いてくれるかはプロモーション内容によるので、自分の旅がその企業にどの様な利益をもたらすかを良く考えてアピールしましょう。

大企業を狙いだと、企画が通るまで時間がかかったり、担当本部にまで話が届かない事もあるので、融通の効く中小企業狙いの方がいいかもしれません。

この他にも、企業ではなく不特定多数の人からの支援になりますが、クラウドファンディングという方法が資金調達のやり方として近年注目されています。

これはクラウドファンディングサイトに、プロジェクトとして旅の目的や必要資金などの情報を載せ、そのプロジェクトに共感した支援者達から資金を出資してもらうという方法です。

一定期間内に目的額に到達した時点でプロジェクト実行となりますが、資金を効率的に集める為にも支援者には見返り(リターン)があった方がいいかもしれませんね。

例えばですが、旅先の写真や動画の提供やお土産などが挙げられると思います。

クラウドソーシングで仕事をしながら旅を進める

クラウドソーシングとは、ネットを使って不特定多数の人に業務の発注や受注が出来るサービスの事です。

サービスを利用するにはクラウドソーシングサイト(いくつかあります)に登録した後、企業または個人の間でやり取りを行ない、契約が成立した時点で業務開始となります。

受注側は指定された納期までに業務を終了させる必要があり、納品後の検収が完了した時点で報酬が支払われる仕組みです。

因みに、報酬額の一部はシステム料としてクラウドソーシングサイトに支払われる事になります。

業務内容はアンケートやデータ入力、コンペ式のものやモニター募集など他にも色々なものがあるので、自分に合った業務を探して取り組む事が出来るでしょう。

報酬額は業務内容によって違いますが、基本的には出来高制でその他に固定報酬制や時間単価制などがとられます。

そして、旅人にクラウドソーシングをオススメする一番の理由は、自分の好きな時間に好きな場所で業務を進められるからです。

納期にさえ間に合えば、昼でも夜でも自分の好きな時間に好きなペースで業務を進められますし、ネットが繋がる環境であればどこでも作業が出来ます。

因みに、大抵の作業はPC1つで進められるでしょう。

さらに仕事量も自分で調節可能なので、旅の状況に応じで稼げるのも旅人向けと言えるのではないでしょうか。

ただし、クラウドソーシングだけで生計を立てるのは、思った以上に厳しいので他の資金調達方法と併用して利用した方がいいかもしれませんね。