結婚適齢期って、年々あがってきていますよね。

新社会人になった方々やアラサーに片足突っ込みだした男女は「結婚しなくていいや」なんて言い出しているとか・・・。

もう30代前半がそれを言い出すと、結婚を諦めて仕事に生きるタイプと前向きに捉えてもらえるけれど、

30代後半になってくると、「この人、結婚できない原因を何か持っているのではないか」と相手から人間性を不審がられちゃったり。

あまりボヤボヤしていると結婚したいと思った時に、ピンとくる相手は既婚者とか、自分自身どうしていいのか分からなくてなってしまっている可能性大!

気づいたら迷走してしまっているなんてことも。

今、お相手がいる方も、これからお付き合いするお相手を探している方も、

既婚者がどうやって結婚をしていき、結婚後の生活を通してこれは重要な要素だったと思うことをご紹介していこうと思います♪

結婚の決め手って一体なんでしょう

一番の決め手って、実はこれです!っていうのは無かったりします。

よく「タイミングが大切」って言う人がいますよね。

私が、彼氏もいなかった時、「いやいやタイミングって・・・何それ?」なんて思っていましたけど、本当にタイミングってあるんですよね。

ただ、タイミングが良いって言われてもよく分からないですよね。

結婚は自分の人生にとっても、相手の人生にとっても重要な人生のイベント。

最初から離婚する前提で結婚する人なんて少ないですから、慎重になりがち。

ただ夫婦の数だけ、決め手の数はあります。

案外そんなものなの?って思ってしまうようなこともあるんですよ!あまり難しく考えずに、結婚の決め手を見ていきましょう~。

結婚決め手:一目惚れ

一見、少女漫画のような出来事ですよね。

良い年して、一目惚れはちょっと・・・と思っていないですか?でもこれって、案外「有り」な話。

一目惚れというと、どこ中学生みたいなイメージですけど、見た目で魅かれるというより、直感。

この直感に従うって、本当に大事だったりするんです。

潜在意識っていう言葉聞いたことあると思います。

この潜在意識を鈍らすことなく、敏感になるのが大切。

この直感を頭であーだこーだ考えていると、顕在意識が邪魔をして潜在意識が薄れていくので要注意。

運命っていうのは本当にあるんですよね。

出会うべきして出会った相手。

一目惚れに恥ずかしいことなんて、全くありません。

直感がGOサインを出したら、思い切って連絡先を聞くなり一歩踏み出してみてくださいね♡

のちに、惚れたもん負けっていうように、結婚するとなった時、「自分が惚れたんだ。自分の直感を信じるか!」と自分で自分の背中を押すことになりますよ!

「ビビッ」と電撃が走ったかのように

結婚する相手かどうかは置いといて、この「ビビッ」って本当に大事。

それは今後、自分の学びとなる相手に間違いない証拠。

潜在意識からの何かしらのメッセージ。

相手をどうこうするかというより、自分がワンランク成長できる相手だということなので、これを逃すことのないように意識していきましょう!

体験談

私の旦那さん、まさに「ビビッ」です。

とはいえ、最初から見た目がタイプで完全に一目惚れ!とはまた違う「ビビッ」なんですけどね。

旦那さんとの出会いは、会社の同期の紹介。

もとはといえば、この同期がやたら私に友達を紹介して~としつこくて、あまりにもしつこいので、

1回セッティングしてこっぱみじんに自分の友達に振られて諦めてもらおうぐらいに思ってたとてつもなくやる気のない合コン。

合コンも結果、私と同期が会社の同僚の話ばっかりで2人が盛り上がってしまって、反省するような内容で、みんなで盛り上がって意気投合した!とかそういうのはなかったものの、

「何となく、何かありそうだな~」と顔を合わせた瞬間から感じていました。

私と同期だけが盛り上がってしまったので、きっとつまらなかっただろうと勝手に思っていたのですが、

後々聞いてみると旦那さんも「なんかこの人とは合いそうかも」と自然に感情が沸いていたのだそう。

結局、その後はスムーズに毎週のようにデートにいき、当たり前のように付き合い、結婚しました。

一目惚れとか「ビビッ」ときたというと、大げさに聞こえたり、イマドキそれはないわぁ~と感じるかもしれませんが、案外あるものですよ。

結婚決め手:お金


「結婚はお金がすべてじゃない!愛情よ!」という方もいるけれど、経済力はリアルに大切。

今は、女性もバリバリ働く時代。

女性が社長を務めている企業も増えていますもんね。

全て、男性に経済力を委ねるのではなく、夫婦そろって経済力を高めていくという考え方も必要です。

自分の年収はこれぐらいだから、相手には同じくらいか最低でもこれぐらいの稼ぎがあれば、家賃や今後の人生設計など大まかに立てられることができます。

「お金がない」っていう状況は、本当に精神を窮屈にさせるばかり。

それを愛情でカバーだなんて、なかなかできません。

相手の経済力もちゃんと知った上で結婚を考えるのは大切です。

どうしてもお金の話はいやらしく感じるし、相手から「貯金いくら?」と聞かれると、思わず引いてしまうからこそ、私も彼にお金の話はできないわ・・・と思うかもしれません。

でも、ここは結婚前に相手の資産も知っておいた方がいいです。

あと、自分が今現在どれくらいのお金を持っているのかも知っておきましょう!案外、自分の貯金通帳とお財布の合算がどれくらいなのか知らないもんですよね・・・。

それと、お金の使い方も人それぞれ。

いつもカード払いなのか、現金払いなのか。

給料が出た時点で、計画的に使うのか、パーッと使ってしまうのか。

競馬やパチンコ、競輪など、ギャンブルをする傾向にある人はどれぐらいのお金をギャンブルに費やしているのか・・・

などなど、経済力だけでなくお金の使い道も必要。

決して相手がどうのこうのというのではなく、自分のお金の使い方と相手のお金の使い方がバランスがとれるかどうかが重要です。

結婚式をあげるにしても、いつかは子供が欲しいと考えているなら、出産や入院など必ずお金は必要になりますからね!

やっぱり男性はお金でしょ!

お金って何もしなくても、湯水のように沸いてくるわけじゃないです。

まっ、湯水のように沸いて来たらこの上ない幸せですけど。

お金が直結するのって、仕事ですよね。

このお金になるような仕事をこなしているかどうかっていうの大切。

女性が思っているほど、男性は仕事に対して意識が高いです。

「お金=仕事」という風に捉えれば、男性がそもそも持っている力をちゃんと発揮できているかどうかが分かります。

仕事というのも様々なもので、サラリーマンのごとく毎日アクセク働くのが仕事とはいわないです。

実直に働く方もいれば、世界の経済に敏感で株や為替の動きを細かく見て、頭を使ってお金を増やしていく方もいたりしますよね。

色んな仕事の仕方がありますが、その人なりの仕事をして、それがお金に結びついているかが重要。

何もしないで、国から出ている生活保護頼りにしている男性だけとは結婚してはいけません!

体験談

私、お金のやり繰りって本当苦手です。

一人暮らしの経験もあったので、給料以上のお買い物をするなんてことはありませんでしたが、まず貯金額を残すまでお金を取っておくのはなかなかできないタイプ。

だから、結婚するまで貯金はほぼ無しの状態でした。

恥ずかしい話、結婚式の資金は折半だったんですけど、私の分は両親が全額払って、自分の分のご祝儀を全部親に渡したという形。

私は、公共料金も買い物もほとんどがカード払いにしていて、ポイントを貯めるタイプなんですが、

確認を怠っている月はびっくりしちゃうような金額の請求が来てしまうようなタイプなんですよね・・・。

本当、気をつけなければなりません。

自分でも分かってはいるんですが。

ただ、旦那さんは物欲というのが全くなく、「カードは恐い」という意識がある人で、買い物は全て現金払い。

都度都度、銀行に記帳しに行くような、お金に関してはマメなタイプ。

だから、結婚後はお金の管理は旦那さんに任せています。

もしこれが、二人して私のようなタイプだったらと思うとゾッとしますよね。

「カード使いすぎて、今月家賃も払えないんだけど」とか本当笑えませんからね。

確かにお金が全てというわけではないですが、お金に対する意識や経済力、使い方は把握した上で結婚するのにふさわしい相手かどうか見極めるのは大切です。

ちなみに、元カレは完全に生活保護を受給されている人でした。

すごく大好きな人でしたけど、一度生活保護を受けると、仕事しなくなります。

仕事すれば、受給されなくなるので生活ができなくなるからです。

お金に困ると、人って怖いほど変わります・・・。

「金の切れ目が縁の切れ目」っていう言葉がありますよね。

まさにその通り。

頼る人が本当にいなくなって、私にお金を頼ってきたことがありました。

救う気持ちでお金を渡しましたが、お金を渡した瞬間、自分の気持ちが徐々に黒ずんでいったのを今でも思い出せます。

渡して以来、彼を見る目も変わるし、本当良いことなかったです。

結婚決め手:やさしさ

どんなに外見がタイプでも、相手に厳しい人は同じ屋根の下で生活していくのは困難です。

どんなにドMな人でも顔を合わす度に旦那さんから小さいこともでも、いつもダメ出しばかりくらっていたら、

「自分ってこんなにできない人間なの?」ってネガティブなエネルギーばかりため込んで鬱になりますよ。

結婚するにあたって、必要なやさしさっていうのは、全て「いいよ~」という肯定的なものだけではありません。

必要なのは相手を思いやるやさしさがあるかどうか。

女性って、どうしても家事をやるイメージがありますよね。

仕事してても、帰ったら料理しなきゃとか、掃除洗濯をしなくちゃ・・・と考えてしまう方も多いと思います。

でも、仕事しながら主婦もやるって本当に体力的にも精神的にもキツイ。

仕事をせずに主婦になる方もいると思いますが、これもこれでお給料が出ない分、「どんなに頑張っても、労ってくれる人はいないしお金も出ない。

何のためにやってるんだろう」という壁にぶち当たることもあるでしょう。

ここで、必要なのが旦那さんのやさしさ。

ずっと親任せで家事なんてしたことない!という男性もいるとは思いますが、積極的に手伝う姿勢を見せるだけで、女性の気分が少し楽になることってありますからね。

あと、人を許すことができるやさしさがあるかどうか。

誰にでも欠点ってあります。

その欠点が災いとなって、衝突することも、どうも最近噛み合わないなぁとお互いに感じることって何度も出てきます。

でもそういうのもお互いに許していく包容力がないと結婚生活は続きません。

相手を思いやるやさしさと許していくやさしさがあるかどうかを決め手として考えるのも大事ですよね。

家族になるなら優しい人とじゃなきゃ

「結婚すれば無条件で幸せになれる」。

そう思っていませんか?実はこれ、ある意味正解であり、はたまた大間違いでもある複雑な思い込み。