CoCoSiA(ココシア)

結婚の決め手は?女性が決断した【この男性となら!】

結婚は人生の一大イベントです。

婚活中の方も、彼氏がいる方も「本当にこの人と結婚していいのかな」と、なかなか結婚を決意できなかったり、いまいち結婚の決め手がわからない人も多いかもしれません。

そこで今回は、女性が「この男性となら!」と決断した結婚の決め手をご紹介します。

既婚者がどうやって結婚をしていき、結婚後の生活を通してこれは重要な要素だったと思うことなどを体験談と共にお話ししていこうと思います♪

この記事の目次

結婚の決め手って一体なんでしょう

結婚は自分の人生にとっても、相手の人生にとっても重要な人生のイベント。

最初から離婚する前提で結婚する人なんて少ないですから、慎重になりがちです。

ただ夫婦の数だけ、決め手の数はあります。

案外そんなものなの?って思ってしまうようなこともあるんです。

あまり難しく考えずに、結婚の決め手を見ていきましょう。

結婚決め手:一目惚れ

一目ぼれして結婚の決め手にしている
一目惚れというのは、見た目で魅かれるというより、直感的に「この人だ」と思ったということです。

この直感に従うことは、本当に大事だったりするんです。

実際に最初の出会いは女性からの一目惚れだったという夫婦も多くいます。

運命というのは本当にあるのかもしれません。

出会うべくして出会った相手と感じますよね。

直感がGOサインを出したら、一歩踏み出してみてください。

のちに、惚れたもん負けというように、結婚するとなった時、「自分が惚れたんだ。自分の直感を信じるか!」と自分で自分の背中を押すことができます。

「ビビッ」と電撃が走ったかのように

結婚する相手かどうかは置いといて、この「ビビッ」という直感は本当に大事です。

それは今後、自分の学びとなる相手に間違いない証拠となるかもしれません。

潜在意識からの何かしらのメッセージ。

相手をどうこうするかというより、自分がワンランク成長できる相手だということなので、これを逃すことのないように意識していきましょう!

体験談

私の旦那さんは、まさに「ビビッ」が結婚の決め手です。

とはいえ、最初から見た目がタイプで完全に一目惚れ!とはまた違う「ビビッ」なんです。

旦那さんとの出会いは、会社の同期の紹介でした。

もとはといえば、この同期がやたら私に友達を紹介して~としつこくて、あまりにもしつこいので、「1回セッティングしてこっぱみじんに自分の友達に振られて諦めてもらおう」ぐらいに思っていた、あまりやる気のない合コンでした。

結果、私と同期が会社の同僚の話ばっかりで2人が盛り上がってしまって、反省するような内容でした。

みんなで盛り上がって意気投合したというのはなかったものの、旦那さんとは「何となく、何かありそうだな~」と顔を合わせた瞬間から感じていました。

私と同期だけが盛り上がってしまったので、きっとつまらなかっただろうと勝手に思っていたのですが、後々聞いてみると旦那さんも「なんかこの人とは合いそうかも」という感情が自然に沸いていたのだそうです。

結局、その後はスムーズに毎週のようにデートにいき、当たり前のように付き合い、結婚しました。

一目惚れとか「ビビッ」ときたというと、大げさに聞こえたりするかもしれませんが、案外あるものですよ。

結婚決め手:お金

お金があって結婚の決め手にしている
「結婚はお金がすべてじゃない!愛情よ!」という方もいるけれど、経済力は大切なもののひとつです。

今は、女性もバリバリ働く時代です。

女性が社長を務めている企業も増えています。

全て男性に経済的負担を委ねるのではなく、時には夫婦そろって経済力を高めていくという考え方も必要です。

自分の年収はこれぐらいだから、相手には同じくらいか最低でもこれぐらいの稼ぎがあれば、家賃や今後の人生設計など大まかに立てられることができます。

「お金がない」という状況は、本当に精神を窮屈にさせるばかりです。

それを愛情でカバーだなんて、なかなかできません。

相手の経済力もちゃんと知った上で結婚を考えるのは大切です。

どうしてもお金の話はいやらしく感じますし、相手から「貯金いくら?」と聞かれると、思わず引いてしまうからこそ、私も彼にお金の話はできないわ・・・と思うかもしれません。

でも、ここは結婚前に相手の資産も知っておいた方がいいです。

あと、自分が今現在どれくらいのお金を持っているのかも知っておきましょう!

案外、自分の貯金通帳とお財布の合算がどれくらいなのか知らない人も多いです。

また、お金の使い方も人それぞれです。

いつもカード払いなのか、現金払いなのか。