CoCoSiA(ココシア)

もう嫌だ…と思った時に気持ちをリセットさせてくれる8個のアドバイス


誰にでも、「もう嫌だ…」とすべてを投げ出してしまいたくなる時があるでしょう。

そう思った時、一人ではどうすることもできず立ち止まってしまうかもしれません。

今回は、そんなもう嫌だ…となったとき、気持ちをリセットさせてくれるアドバイスをご紹介します。

もし一人で悩んでいるなら、一度この記事を読んでみてくださいね。

誰にだってもう嫌だ…となるときはある

きっかけは違うにしろ、誰にだって「もう嫌だ…」と思ってしまうことはあります。

きっと今までの人生で何度か経験してきたのではないでしょうか。

例えば、仕事が忙しすぎてろくに休みもとれず、疲れはMAX…なのに仕事を投げ出すことはできない…こんな状況ならもう嫌だ!となりますよね。

毎日家事や育児に追われている主婦の方も、「もう嫌だ…」と逃げ出したくなることがあるでしょう。

また、何もかも上手くいかない人生に対して「もう嫌だ…」となっている人もいるかもしれません。

理由はひとそれぞれですが、「もう嫌だ」と思うことは誰だってあるのです。

そんな時は一旦リセットしてみて!

もう嫌だ、と思ったときは、一旦リセットしてみるのが正しい対処法です。

これは勝負事でも、恋愛でも、ほとんどあらゆる場面で当てはまります。

恋人と別れて、せいせいした顔をしている女性を見かけたことがあれば、それを思い出して、参考としてください。

男性にはちょっとそこまではできそうにない、見事なリセットぶりです。

鮮やかの一語に尽きす。

未練たらたらの男たちとは、とても同じ人間とは思えません。

もう嫌だ…と思った時の気持ちをリセットさせてくれる8個のアドバイス

それでは、もう少し具体的に考察していくことにしましょう。

どのようなリセット方法を取れば、より効果的なのでしょうか。

1.原因を考えるより解決方法を考えよう

もう嫌だ、となってしまったときは、その原因を追求するより、問題を解決することに努めましょう。

行き詰まっていたナンプレ(数独)の問題や、間違い探しの最後の1つを見つけると、それまでのモヤモヤは一気に解消され、身も心もスッキリするでしょう。

いやな問題が解決できれば、これと同じスッキリ感覚を味わうことができます。

そのほうがずっと時間が有効になる

落ち着きを欠いたまま、原因の追求を行うと、感情的な結論となってしまいがちです。

客観的な分析とはほど遠いものになりそうです。

特定の個人や、世間のせいにして何ら反省せずという結果に陥りやすくなります。

これでは、時間の浪費にしかなっていません。

時間は有効に使いましょう。

2.くよくよ考えずにまずはゆっくり休もう

もう嫌だ、となってしまったら、くよくよ考えず、一旦思考停止するもの有力な方法です。

疲労回復やリフレッシュするに当たっても、何をするか、どこへ行くか、考えを巡らせる必要があります。

それすら停止してしまうのです。

長時間寝てしまうのも良い方法

休みの日には誰にも邪魔されず長時間寝てしまいましょう。

寝ることによって体力は回復し、暗い気持ちがなくなるかもしれません。

長時間寝たら、一旦部屋の空気を入れ替えて深呼吸しましょう。

心のモヤモヤはどこかに消えてしまうはずです。

3.前向きになれる映画を観よう

アクション映画や、ファンタジー映画など、非現実の世界へ連れていってくれる、前向きな映画を観るのも効果的です。

コメディ映画も悪くありません。

人間の本質を見つめるようなシリアスな作品は避けましょう。

失敗続きから逆転人生になる内容のもの

人生逆転の映画を見るなら、洋画の方がよいでしょう。

セリフの細かいニュアンスがわかってしまうより、字幕だけでは足りない部分を想像でおぎなう方が、脳の活性化にもつながります。

4.気持ちを外に吐き出そう!

内にこもったもやもやは、ため込まないようにしましょう。