「几帳面な人」と聞くと、「時間に正確できっちりしている人」や「細かいことが気になる人」という印象があると思います。

しっかりしていて頼りになる反面、些細なことが気になったり、神経質だったりと、長所もあれば、短所もあるのが几帳面な人です。

では、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

几帳面な人が持つ、21個の特徴をご紹介していきます。

几帳面な人の20個の特徴

1. 綺麗好き

几帳面な人には、綺麗好きな人が多いです。

その理由は、几帳面な人の多くが埃やゴミのような細かいものが気になる、あれこれと室内で散らかっている見栄えの悪さが気になるなどの性格をしているからです。

元々部屋が綺麗だった場合、そこに少しでもゴミが落ちていたり、机の隅に埃が落ちているのを一度見つけてしまうと、それがどうしても気になって仕方なくなるのです。

捨てるのが少々面倒だとしても、捨てた後の自身の満足感や、再び綺麗な室内に戻ったことへの安堵感を得るために、几帳面な人はつい自ら動いて周りを綺麗にするのです。

しかし反面、最初から物凄く汚れた空間内では、意外に片づけをしない人もいます。

そういう人は几帳面の中でも、「元々綺麗なものがちょっとでも汚れるのは嫌だが、元から汚ければもう手を付ける気になれない人」のタイプです。

また、神経質「過ぎる」と称される人の場合には、机の向きやティッシュ箱の位置などが、ほんの数センチでもずれるのを異常に気にして、何度も位置を直すことがあります。

一口に「綺麗好き」と言っても、実は几帳面な人のタイプによっては、行動が少しずつ違ってくるのです。

2.神経質である

几帳面な人は、一般的な人よりも細かいことが目につきやすいです。

また、些細なことが気になって仕方がないという人も少なくありません。

細かいことが気になるということは、他の人に比べて何かを考える時間が増え、それだけ周囲の出来事に対して神経質になります。

神経質になるとますます人よりもあれこれと気を配ることが多いため、気持ちに余裕がなくなって、イライラしやすくなる人もいます。

典型的な神経質のタイプでは、周囲のさまざまな出来事に一々自分の感情を巻き込んでしまい、結果的に自爆してしまいます。

それは周りの人から見ると「一人で勝手にあれこれと考え込んで、一人でイライラして怒り出す迷惑な人」と思えてしまうのです。

普通に考えれば、「もっと心に余裕を持てばいいのに」と思いますよね?しかし、几帳面な人はその性質ゆえに、どうしても神経質になってしまいがちなのです。

3.準備が念入り

几帳面な人は、何かをする時に予め念入りに準備を行うことが多いです。

その理由は、几帳面な人の多くが不慮の事態やぶっつけ本番に弱いためです。

例えば会社でプレゼンを行う場合、几帳面な人はプレゼン内容を事前に何度も確認します。

また人によっては、本番までに鏡の前や一人の空間で何度も話すリハーサルを行います。

そして本番でされるであろう質問項目も予め想定し、それに対する資料や解答まで用意していることもあります。

そうして準備が万全に整った状態でプレゼンを迎えるのです。

このように、几帳面な人ほど事前の準備が非常に念入りです。

しかしそれは裏を返せば不慮の事態に弱いということになります。

例えばプレゼン中に急にパソコンが停止してしまった際に、機転の利く人であれば画面がなくても話が出来ます。

しかし、最初から最後までマニュアルのように準備をしてしまっていると、咄嗟の時にはパニックに陥り、おろおろと慌ててしまいます。

トラブルやピンチの時にこそ人間性は見えてきます。

几帳面な人は一見「しっかりしている人」と見られていますが、突然のイレギュラーな出来事には意外と弱いのです。

しかし、不慮の事態がなければ、最初から最後まで念入りに行った準備通りにきちっとプレゼンが出来ますので、

表面上は「そつなく何でもこなせる人」というイメージが付きやすいです。

4. 時間がきっちりしている

時間をきっちり守る人は何も几帳面な人に限りません。

しかし、几帳面な人はその中でもとくに時間の管理を徹底しています。

人によっては朝起きてから就寝までの一日の計画を、凡そ時間で割り振っている人もいることでしょう。

几帳面な人は、自分の行動に対し、時間を基準にして計画することがあります。

つまり、「今日は〇〇をやりたいから、なにとなにの間にそれを入れよう」ではなく、「今日は何時~何時まで〇〇をしたい。

だとすると、今日のスケジュールの中で何時~何時に時間が取れるからそこで行おう」といった具合に、とにかく時間で細かくやることを分けています。

そのため、少しでも予定が狂うと神経質になることがあります。

また、約束の時間などはしっかり守り、遅刻もしませんが、人にもそれを強要する場合があります。

時間にルーズな人や、計画性のない人に対しては厳しい態度を取ることもあるため、人によってはトラブルの原因ともなります。

5. 計画性がある

几帳面な人は、何かをする際に最初から最後まですべてを計画しておくことで、内容をしっかり把握しておきたい(安心したい)という気持ちがあります。

そのため、何かを行うことが決まれば、自然と頭の中ではそれを行う段取りが計画されます。

これはほぼ無意識に近い行動で、几帳面な人にとって計画を立てるのはもはや癖になっています。

自分一人だけの場合には、イレギュラーが起きない限りは大きな問題はありません。

集団で行動する際には、計画性がしっかりしているため、周囲からリーダーやまとめ役、進行役などを頼まれやすいです。

しかし、一度任されると張り切って計画を立てますが、いざ本番でそれが上手く進まないと、

非常に神経質になり、周囲を急かしたり、自分の計画した通りに流れを持って行こうとします。

その結果トラブルになることもあるのです。

どこまでも緻密な計画性は大変頼もしくもありますが、計画した当人はそのスケジュールのままに進めないと気が済まない一面もありますので、

集団で何かを計画する際にはどちらもある程度の柔軟性が必要です。

6. 小さなことも手を抜かない

几帳面な人は、その計画性ゆえにどんな小さなことにも手を抜きません。

それは、もし手を抜いてそれが後でトラブルになったら、という不安や、不慮の事態を避けたいという気持ちからきています。

几帳面な人は、計画性がある反面、イレギュラーな出来事に弱いです。

突然何かでトラブルが起きたり、予想していなかったことが起こると、どうしていいのか分からずにパニックになってしまいます。

ひとまずそれが落ち着いても、一人でどこかで気持ちを落ち着けて、想定外の出来事からこれからの流れをもう一度計画し直したいと思うことでしょう。

そういった性格から、どんな些細なこともこまかくチェックして、決して手を抜くことはしないのです。

例えば明日までにやらなければならない仕事を受けて、あらかたそれを終えた時。

残りの作業の中で、少しくらい手を抜いても良さそうな箇所があれば、手を抜く人ももちろんいるでしょう。

しかし、几帳面な人はこう考えます。

「もしここで手を抜いて、明日それを指摘されたら・・」と。

指摘をされる、というのは、その人にとっては十分にパニックになる不安要素です。

仮に手を抜いて翌日にそれを指摘された場合にも、「手を抜けると思ったから抜いてしまった」では言い訳になりませんし、本人の評価にも繋がります。

そういったあらゆるデメリットになりそうな要素は、考えられる限り消そうとします。

その結果、几帳面な人はどんな小さなことにも手を抜くことはないのです。

万一手を抜いた場合にも、後にそれで痛い目を見れば、二度と同じことは繰り返さないでしょう。

7. 仕事などで人からの評価を得やすい

几帳面な人は、仕事などで周りの人からの評価を得やすいです。

それは几帳面な人の時間の管理の徹底や仕事の計画性、またあらゆることに対応出来るよう、

予めさまざまなケースを想定し、対処法を用意しておく、などの行動からです。

例えば誰かに1のことをお願いした場合、通常ならば言われたように1のことを行うでしょう。

しかし、几帳面な人に1をお願いすると、10ぐらいまでを想定した行動を取ります。

それは誰かに頼まれたわけではなく、几帳面な人が自分の不安要素を取り除くために行動した結果、10にまでなったことです。

しかし、それは頼んだ人からすると、「こんなことまでやってくれたのか!」と高評価の対象となるのです。

もちろんやり過ぎた場合や、頼まれてもいないのにあれこれとしてきた場合に、反対に不評を買うこともあります。

しかし、大抵の場合は、周囲の人は「この人は仕事がよく出来る人だ」と几帳面な人を評価することが多いです。

それゆえ、几帳面な人は仕事で頼りにされることも多く、人からの評価も得やすいのです。

8. 自分にも他人にも厳しい

几帳面な人は、周囲から高く評価されることが多いです。

そのため、周囲の期待に応えようと思うあまり、どんどん自分の几帳面さに拍車をかけていってしまいます。

元々、他の人よりも時間や計画性といった面においてしっかりしている部分が多いのです。

そこに他者からの評価や頼まれごとなどが加わると、責任感が異常に強くなってしまいます。

自分一人であれば、その責任感も心地よいものかもしれません。

しかし、集団になった場合に、几帳面な人はその自分に対する厳しさを、他人にも求める傾向があります。

「これは何時までに終わらせなければならない」と思ったら、なんとかしてそれを終わらせようとします。

集団であれば、当然周囲も巻き込んでどんどん急かして動かそうとします。

しかし、集団ともなれば、人間関係はさまざまです。

サボりたがる人もいれば、「時間に間に合いそうにないのなら、ある程度で終わらせてしまえばいい」と適当に切り上げようとする人もいます。

しかし、几帳面な人の考え方は、あくまでも「何時までに、完璧に終わらせなければならない」です。

誰かからそれを頼まれていれば、より期待に応えようとして、その内容までも完璧に仕上げようとします。

つまり、融通が利かせられないのです。

その結果、厳しくされた周りの人たちは「何だあの人は一人で焦って」「なんか忙しなくて嫌だなぁ」などと不満を抱いてしまうことになります。

9. 礼儀や倫理観にこだわる

几帳面な人には、マナーがあり常識を持っている人が多いです。

人に対する礼儀はしっかりしていて、挨拶やお礼なども欠かしません。

また、倫理観も強いため、「公共の場では騒がない」「お年寄りには席を譲る」などの心構えが日頃から出来ています。

そのため当然、自身は一人の理性ある人間としてきちっと行動しています。

しかし、同じように他人にもそれを求める傾向が見られます。

「挨拶をしたら挨拶を返すべきだ」「障害物がある車の方が道を譲るべきだ」など、

ごく当たり前のありふれた内容ですが、「それしか許されない」という固定観念も強いです。

もし職場で同僚に挨拶をして、同僚が無視をしたら(偶然聞こえていなかったとしても)、

「挨拶を無視するなんて非常識なやつだ、大人としてなってない!」と腹立たしく思えてしまいます。

同じように、車を運転していて、こちらが道を譲っても、対向車が当たり前に通り過ぎていってしまえば、「なんて礼儀知らずのやつなんだ」と憤慨します。

そして、一度「礼儀知らず」や「常識がない」と相手を判断してしまうと、それ以降相手と接する際にも、「そういう人間」として接することが多いです。

相手に対してどこか態度が素っ気なかったり、厳しかったりすることがあります。

大抵の場合相手は何のことだか分かっていないため、何故自分に対して態度が悪いのか分からず困惑するか、もしくは関係が悪くなってしまう恐れがあります。

10. 貯金や節約が得意

几帳面な人は、真面目にコツコツと行うことが得意です。

飛び抜けて行ってしまうと、途中で何か抜けている部分がないか不安になることがあるため、一つずつ積み重ねていく方を好みます。

貯金や節約に関しても、比較的得意な人が多いです。

例えば貯金箱を購入したら、毎日コツコツと同じだけの額を入れていきます。

500円玉貯金の場合には、わざわざお札を崩して、500円玉を作って貯金をするほどにマメです。

それが少しずつたまっていく過程が、几帳面な人にとっては見ていて楽しいのです。

通帳に額を入れる場合も同じです。

貯まれば貯まるほど、嬉しくなって貯金を続けます。

節約も同じように、マメに行います。

食費を出来るだけ安く抑えたり、欲しいものを我慢したりします。

自分の欲望を抑えてでも、「節約している」という事実はそれだけ当人にとっては満足で、嬉しいものなのです。

しかし、いったんそれらが崩れてしまうと、いっそすべてが嫌になって貯金も節約も止めてしまう、という極端な考え方の持ち主も中にはいます。

11. 思い通りにいかないとストレスが溜まり易い

几帳面な人は、何事も計画を立てて行います。

そして自分の計画した通りにすべてのことが進むと、それに大変な満足感を覚えます。

しかし、物事が自分の思う通りに中々進まない時には、ストレスが溜まりやすく不機嫌になることも多いです。

例えば朝は7時に起き、8時半には出社。

その後18時には終業し、20時には家に帰って映画を観るという計画を立てていたとします。

自分の計画通りに起床して出社し、仕事をしていると、思わぬ仕事の依頼が飛び込んできて、18時には到底退社出来なさそうな雰囲気になってきます。

その時点で「予定と狂っている」と神経質になり、些細なことでイライラしやすくなります。

そうなると無駄なミスが出てしまう恐れもあります。

ストレスを大いに抱えたままやっと仕事を終え、家に帰る時には精神的な疲れから、とても映画を観る気になどなれず、そのまま一日を終えてしまうのです。

このように、本来の自分との計画が少しでも狂ってくると、その時点で非常に神経質になり、イライラしやすくなります。

また些細なことがストレスとなり、通常以上に精神的に疲労してしまうのです。

13. 約束は必ず守る

几帳面な人は、時間や約束を必ず守ります。

万一やむを得ず約束に遅れそうになった場合には、しっかりと連絡を入れ、またフォローもします。

几帳面な人は、礼儀や倫理観にこだわるため、それと反対のことは行おうとはしません。

「約束を破ることは良くないことだ」と分かっていて、かつ自分がそれをされたら不快に思うことを良く理解しているためです。

だからこそ、約束に関しては、「あの人はすっぽかしたりしない」と周囲からの信頼は厚いです。

また、本人も信頼されていることを分かっているからこそ、それを裏切るような真似は決してしません。

大切な約束事などの際には、率先して誘われる機会も多いです。

14. メモや日記をつけている

几帳面な人は、メモや日記をつけていることが多いです。

メモを取る理由としては、仕事の際などで気になったことを後で忘れないためです。

メモを取るのは、何も几帳面な人だけに限りません。

しかし、几帳面な人ほど何かとメモを取ることが多いのです。

良く職場で新入社員が仕事を覚える際にメモを取っていますよね?

几帳面な人は、例え仕事に慣れてもメモを取る習慣が身についているため、何かあれば直ぐにメモが取れるよう、常にメモとペンを持ち歩いていることが多いです。

また、メモだけでなく日記をつけている人も少なくありません。

その日にあった出来事を、「もしかしたら今後何かの機会で必要になるかもしれない」と思い、予め書き留めておくのです。

詳細に出来事やその時の心情を書き綴る人もいれば、出来事だけを一言にまとめて書く人もいます。

マメな作業ですが、これも几帳面な人にとっては習慣のようなものなので、特別大変でも面倒でもありません。

15. マニュアル通りにする

几帳面な人は計画性があります。

裏を返せば「何かにつけて計画を立てないと不安で仕方がない」ということです。

そのため、立てた計画は几帳面な人にとってのマニュアルでもあります。

今日一日の計画から、仕事に関する計画まで、自分で決めたマニュアル通りに行います。

マニュアルがなければ、どうしていいのか分からなくなったり、優先順位や時間配分などもごちゃごちゃになってしまいます。

また、マニュアルが途中で狂ったリ、いきなり変更になることも許せません。

自分の立てた計画以外でも、仕事の際にマニュアルがあれば、頑なにその通りに進めようとします。

そのため作業途中でマニュアルにないことが出てくれば、当然焦ります。

そんな時には上司や先輩に聞きますが、周りに誰も頼れる人がいないとどうしていいか分からず、

作業を途中で滞らせたり、その部分のみを抜かして他の作業に移ります。

柔軟性のある人ならそこで考え方を変えて行動出来ますが、マニュアル通りに貫こうとすると苦労する場面も見られます。

16. 責任感が強い


几帳面な人は、その計画性や時間の管理の仕方から、自然と人から頼られることが多いです。

頼りにされるということは、それだけ周りから期待されているということです。

几帳面な人は、その事実を真剣に、また重く受け止めるため、「周囲や上司の期待を裏切ってはいけない」と過剰に頑張ってしまいます。

それが責任感の強さに繋がるのです。

責任感が強いのはとても良いことです。

しかし、先にも挙げたように、几帳面な人は集団行動などでスムーズに進まなくなると、責任感の強さから、「なんとかして仕上げなければ」と躍起になります。

そして周囲の人の気持ちを十分に考えることが出来ず、結果のみを出そうとして強引に行動してしまうことがあるため、トラブルも起きやすいです。

それを除けば、頼めば必ず結果を出してくれることから、周囲や上司からは大変信頼が厚いです。

17. 字を書くのが上手

几帳面と達筆さとでは、一見関係がないように思えます。

しかし、几帳面な人は、文字を書く際にも適当には書かないため、字が上手なことが多いです。

特に習字を習っていた経験がない人でも、一画一画をきちっと揃えて書くため、誰が見ても上手な字になります。

無意識に上手な字を書く人もいれば、後述する「プライドが高い人」の場合は、誰から見ても上手な字になるよう意識して書く人もいます。

どちらにせよ、字は人柄を表すとも考えられているため、世間体は良いでしょう。

18. プライドが高い

几帳面な人は、礼儀や倫理観をきちんと持ち合わせている一方で、プライドが高い面も目立ちます。

計画性があり、その計画の通りに事が進めば自分のやり方に対して自信が生まれます。

また、周囲から頼られることで、「自分はそれだけ周りから見て優れた人間なんだ」と思えます。

いつでも「何事もそつなくこなせる自分像」を頭の中で作っており、その像に近づくために懸命に努力を重ねます。

そうして、努力して結果を出せる自分に対して自信を持ちます。

また、自分のように努力をしない人間を見ると、下に見てしまうこともしばしばです。

几帳面な人は、例え表面上は隠していても、どこかでプライドの高さがにじみ出てしまっています。

そのため、周囲からは認められつつも、反面「あの人はプライドが高そうだよね」と思われていることも実は多いです。

19. 身だしなみがいつも整っている

几帳面な人は、掃除や仕事、プライベートなどさまざまな面でその性格を表します。

それは身だしなみにおいても同じことです。

いつも服装や髪型、持ち物に気を使い、きちっとした格好を心掛けます。

周囲から見た自分の姿を想像し、周りの人からどう思われているかも細かく頭の中で考えます。

それは几帳面な人が、他人の自分に対する視線や評価を気にするためです。

頼りにされることが多く、責任感が強いほど、いつも「頼りにされる存在」であろうと努力します。

またそこからくるプライドの高さで、自分が周りから一目置かれるような存在でありたいと願います。

そのためには、服装が整っていなければならない、と考えているのです。

また、周囲から見た自分を気にしていない場合にも、単純に綺麗好きな性格から身だしなみを整えていることもあります。

20. こだわりが強い


几帳面な人は、自分の中の常識や倫理観から、「こういう時にはこうするべき」や「この場合はこうであるべきだ」といったこだわりが強いです。

そのこだわりは中々誰かの意見で変えることが難しく、自分が一度こうだと思ったら、そこから考え方を変えることは少ないです。

「電車ではお年寄りに席を譲るべきだ」と思ったら、自分の場合には必ずサッと席を譲ります。

そして席を譲った自分に対し満足感を覚えます。

お年寄りから感謝されれば、なお自分の行動に自信が付きます。

それは自分が当事者でなかった場合にも考えは変わりません。

優先席ではない場所で、自分は最初から席を立っていて、他の人がお年寄りに席を譲らない姿を見たら、「普通は譲るものだろう!」と非常にイライラします。

直接声をかけて「席を譲ってあげて下さい」と言えればまだ良いのですが、その場で声をかける勇気がない場合には、ただ黙って苛立ちだけが溜まっていきます。

他者の行動に対して、自分のストレスが一気に膨れ上がるのです。

電車の例では倫理観として間違ってはいませんが、他にも些細なことで、周囲が自分のこだわりと異なった行動をすれば、自分は直接関係なくともストレスが溜まることが多いです。

そのため、精神的な疲労が大きいといえるでしょう。

21. 融通がきかない

几帳面な人は、悪く言えばマニュアル通りでしか動けず、また自身のこだわりも非常に強いです。

そのため、あらゆる場面で融通がきかないことがあります。

プライベートの面でも仕事の面でも、予定が狂えば神経質になり、時間が遅くなってでもどうにかして予定通りに事を終らせようとします。

柔軟性のある人であれば、「予定とは違ったけど、こことここを省けば時間内に終わるし、今日省いた部分は明日やっても大丈夫」

とすんなり予定を変更出来ますが、それは几帳面な人にはかなり難易度が高いです。

几帳面な人は、あくまでも「今日中に終わらせたい」「でも内容は一切妥協したくない」という気持ちが強いです。

そのため、融通をきかせて別のことに切り替えることが出来ないのです。

ある意味で不器用ともいえます。

どうしてそこまで神経質になるのかと問われても、それが几帳面な人の特徴なので、何とも出来ないのです。

几帳面でもある程度の柔軟性のある人であれば問題はありません。

しかしがちがちに考えが凝り固まっている人の場合は、不器用ゆえに苦労も多いです。

几帳面は良し悪しがある

几帳面には良し悪しがあります。

例えば「綺麗好き」な特徴は、いつでも清潔な状態を保つことが出来て、美しい環境で日々を生活することが出来ます。

しかし細か過ぎる人の場合には、ほんの些細な位置のずれも許せず、何度もやり直しをします。

そんなこだわりの強い人とは、一緒にいても相手が疲れてしまいます。

また、「時間に正確」なのは人同士の約束や社会のルールにおいて重要なことです。

いつでも時間を守れる人は周囲からの信頼も集まります。

しかし、それを自分だけでなく周りの人にも強要すると、周りからは嫌がられてしまいます。

さらには、「計画性がある」部分はしっかりしていて大変頼もしいですが、

少しでもそれがずれると文句を言ったリイライラしたりと、相手が困惑してしまうこともしばしばです。

このように、几帳面な人はメリットとデメリットがはっきりと分かれています。

どちらか一方のみということは決してありえないのです。

几帳面過ぎるのを治すためには?

適度な几帳面であれば、デメリットよりもメリットの方が大きいです。

しかし、あまりに几帳面過ぎると、デメリットの方が目立ってしまいます。

そうなると、「しっかりしていて計画性がある人」も「融通が利かないし直ぐ神経質になる人」というイメージが定着してしまいます。

そうならないためにも、几帳面過ぎる部分を少しずつでも治していきましょう。

具体的な方法として、以下の2つが挙げられます。

1. 気持ちを楽にする


几帳面な人は、周りのあらゆることが一々気になります。

そしてそれに対し常に心を配るため、他の人よりも神経質になりがちです。

周りが気になってしまうのは仕方ありません。

しかし、周りのことをすべて自分と関係があるように考えることは一旦止めましょう。

例えばあなたが挨拶をして、相手がそれを無視した場合、「無視された、常識のない人だな!」と憤慨するのではなく、「ああ、聞こえなかったのかな」程度に思いましょう。

またもし意図的に無視をしているのが分かった場合にも、「この人はこういう人なんだな」と思い、諦めましょう。

自分の価値観を相手に当てはめるからストレスになることが多いのです。

「自分はこういう考え方だが、人は違うんだな」ということを常に頭に入れておきます。

そうすることで、人の行動と自分の考えとをすべて繋げる必要がなくなるため、これまでよりも気持ちが楽になります。

最初は難しいかもしれませんが、慣れるまでは自分に言い聞かせるようにして行いましょう。

2. 完璧よりも心地よさを追求する

完璧さは確かに理想ですよね。

「プライベートも完璧」「仕事でも完璧」など、つい自分の理想を追って無理をしてしまうことがあります。

しかし、時には完璧さにこだわり過ぎることで、大切なものを忘れている、ということにも気づきましょう。

例えば仕事の場合、自分一人で行うときには完璧さを追求しても良いでしょう。

しかし、それを集団で行う場合には、仕事の完璧さよりも、周りの人たちの居心地の良い空間づくりをすることに心を配りましょう。

人は誰しも頼りにされれば頑張りますし、褒められれば嬉しくてもっと成長します。

それを利用して、時にはあなたが率先して周りを持ち上げて、楽しい空間を作りましょう。

そうすることで、結果的に早く仕事が終わることもあります。

「急がば回れ」の精神で、気持ちに余裕がない時こそ、周りの人の様子や全体の雰囲気に目を向けてみましょう。