CoCoSiA(ココシア)

男の化粧は意外とあり!理由や男性で...(続き5)

保湿ケア用品は基本的には男性用を使った方が良いでしょう。

上記のように男性と女性には肌質の違いがあるので、女性用を使ってもそんなに効果は得られません。

男性用の保湿ケア用品は、過剰な皮脂分泌を抑え毛穴の開きを防ぐ収れん作用が含まれているので男性の肌トラブルに対応してくれます。

ただ肌が強いこと前提でもあるため、敏感肌や皮膚の薄い人は女性用の低刺激タイプの方が良い場合もあります。

化粧を落とすときはクレンジングオイルで

女性の肌がなんでキレイなんだろうと思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

でもそれはその女性の努力の賜物です。

女性も放ったらかしていると肌はガサガサ、毛穴の開きに黒ずみ、ニキビや赤味も出ます。

むしろ化粧を毎日する分荒れやすくなっているのです。

化粧はしなくていいならしない方が肌へのダメージはありません。

毛穴を隠してくれるファンデーションは、その分毛穴に入り込んで埋めてくれているわけです。

きちんと化粧を落とさないと毛穴に詰まって汚くなってしまうのです。

今まで肌に気を遣っていなかった男性なら、既に頬や小鼻に角栓が詰まっている可能性が大です。

まずそれを解消すべくクレンジングオイルを使って洗顔してみましょう。

オイリー肌なのにオイルは嫌だなと思うかもしれませんが、ちゃんと洗顔すればオイル感は残りません。

それどころかクレンジングオイルには男性の肌にありがたい効果があります。

相性が合わないことを水と油ってよく言いますよね。

言葉通り、水と油は弾きあうのでオイリー肌をどんなに水で洗っても意味がないのです。

油は油で落とすのがベスト。

小鼻につまった角栓も元は油なのでクレンジングオイルでドロドロに溶かしてしまいましょう。

メイク用品も基本的に油成分なのでクレンジングオイルならサッパリ落とせます。

汚れを落とした後の毛穴は詰まっていた汚れの分だけ開いているので、化粧水をしみこませたら保冷剤に布を巻いて冷やすのがおすすめです。

冷やすと毛穴は閉じます。

ただオイルクレンジングによって必要な皮脂も落ちているので乳液などで油分を足します。

肌が荒れてるときは休憩する

ニキビや赤味隠しに便利な化粧ですが、肌がよほど荒れているときはメイクNGです。

余計に悪化してしまう恐れがあります。

化粧品の成分自体はどのメーカーも配慮しているので直接ダメージを及ぼすことはありません。

しかし、問題は毛穴への詰まりです。

本来肌は老廃物の排出機能をもっていますが、化粧をすることでフタをしてしまうので老廃物が溜まっていくことになります。

健康的な肌の場合はメイクをしても問題ありません。

ですが、メイクがのらないほど荒れてしまっていると良くありません。

また、クレンジングオイルなどの化粧を落としによって必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥がひどくなることがあります。

肌が荒れているときは通常の洗顔と保湿ケアに注力して、まずは回復させましょう。

そして、化粧品は開封後から1年程度で使い切るのがベストです。

未開封なら概ね3年はもつようにできています。

しかし、開封後は酸化もしますし、肌に直接触れるものだと雑菌の繁殖も考えられます。

男性でマスカラをつけるのは稀だと思いますが、マスカラは開封後3ヶ月以内とされています。

眉マスカラやリキッドアイライナーも同様です。

パフやブラシは毎日は難しくても週に1度は洗うようにします。

化粧水などの保湿ケア用品は毎日使うのでそれほど長期間余らないはずですが、開封後は半年以内に使い切りましょう。

手が触れている場合雑菌によってむしろ肌荒れを引き起こす原因になりかねません。

男性の化粧はこの人たちを真似よう!

芸能人のお化粧を真似するとなりたいイメージができるので上手くいきます。

また、お化粧上手な男性芸能人のブログや動画をチェックすると、男性の肌ならではのケア方法や見せ方の参考になることが多いです。

こちらでは自分の見せ方が上手なお3方をご紹介します。

りゅうちぇる

ぺこ&りゅうちぇる夫婦で大人気のタレントさんです。

奇抜なメイクが印象的ですが、彼がインスタグラムで彼がメイクをする理由を記載していた言葉は、多くの男性にとって共感できるものでした。

要約しますと、コンプレックスだったヒゲをメイクで隠したところ自信がついた。