薄情という言葉をご存知でしょうか?

薄情な人というのは多くいますよね。

薄情な人というのは簡単に言うと思いやりの気持ちがなかったり人情が薄い人のことを言います。

よく冷めているといわれるという人はまさに薄情な人なのではないかと思います。

友達にその様な人がいるという人や、嫌いな人はこの様な感じだと思う人もいるかもしれません。

そんな薄情な人と時には行動を共にしたり、職場が一緒であったりするというような人もいるでしょう。

人の意見を否定したり、利用するときにだけ連絡をしたり、酷い状態になってしまうと平気で約束などを破って自分では悪いと思っていなかったり、理屈ばかりで自分は正しいと正当化をしてしまうなんていう事もあると思います。

この様な人と関わるのであれば、まずはその対処法などを知っておく必要がありますよね。

精神的にもストレスなどが貯まってしまい大嫌いになるというような事もあると思います。

そういう時にはときには割り切ったり、もう近寄らないということをしたり、適度に距離をとってこういう人だと認めることも必要です。

許さないというような事もあると思いますが、考えることでこちらが疲れてしまうだけです。

相手にしないというのが何よりも大事ですが、仮に会社の上司であったり、会社で同じグループにいるとなれば厄介ですよね。

直ぐに変えたりすることができなくなってしまったり、ストレスなども貯まってしまう一方になってしまいます。

そんな時の対処法方をいくつかお教えしたいと思います。

まず薄情な人というのはどの様な人なのか、自分自身が思っている以上にもっと悪いイメージを持ってしまうかもしれません。

また、その様な人というのはどの様な特徴があるのでしょうか?薄情な人の特徴を10個ほどお教えしたいと思います。

心当たりがあるというような人は薄情な人ではありませんか?

その様な人と関わる際にはまずはその対処法方と様々な特徴を知る必要がありますよね。

嫌な思いをしたという人も多いはずです。

今回はその様な人のためにも是非この対処法方を読んで、ストレスなどになってしまっている場合は少しでも削減をすることができ、スッキリさせることができたらと思います。

薄情とは

人というのは個性があります。

その個性というのはどれも良いものではなりません。

中には酷いようなものもあるでしょう。

薄情な人というのはどの様な個性を持っているかご存知でしょうか?

例えば人情が薄いことであったり思いやりの気持ちがないことであったり、冷たいことも薄情な人と言えるのではないでしょうか?そんな薄情な人の特徴について詳しく見てみたいと思います。

人情が薄いこと


人情が薄いことでもあります。

人情というのは簡単に言うと自然な感情という事です。

例えば何かをするにしても人というのは感情というものがありますよね。

それが薄いとなるとどの様なことがおこるのでしょうか?感情というものは喜怒哀楽や思いやりというものがありますよね。

人に対してこの様なことをする、一緒に喜んだり悲しんだりするというような事もありますが、それが薄いということは、平気で酷いことをしていたり中傷などをしてしまったりというような事をしてしまいます。

よくゲームなどをしている子も酷い言葉を言ってしまったりしていますよね。

その様なことを他の人に対しても使ったりしてしまうような人のことを言います。

周りから見ると酷いと思われてしまうような人ですが、本人はその様なことはなく自分は正しいと思ってしまったり、他人には無関心な状態で接するということになってしまうのです。

思いやりの気持ちがないこと

思いやりの気持ちがないことも言います。

人というのはそれぞれ感情というものがありますが薄情な人というのは思いやりの気持ちがありません。

なので平気で酷いことを言ってしまったりしてしまうということなのです。

また、自分主義でもあります。

自己愛が強すぎるせいか、何をしても周りのことを考えずに行動をすることが多いので、他の人に迷惑をかけても動じないという事もあるでしょう。

思いやりの気持ちというのは様々なところで必要になりますが、それが無いとなると人間らしい感情というものを持っていないことにも繋がるのではないでしょうか?思いやりというのは人にとって大事なものですよね。

冷たいこと

冷たいことでもあります。

人の感情というのはとても喜怒哀楽で満ちていますが薄情な人というのは冷たいことでもあるのです。

よく冷たい人だねというような言葉を聞いたりしたことがるのではないでしょうか?冷たいということは例えば誰かが失敗をした際に声をかけてあげたりするという様なことが無いという事。

失敗を責めてしまう人というのはいますよね。

何も言わないという人もいるでしょう。

冷たいというのは人情などもなく、態度として出る場合は直ぐに解るようなものです。

薄情な人の10個の特徴

では薄情な人というのはどの様な特徴があると思いますか?薄情というのは冷たいことであったり思いやりの気持ちがないことでもありましたが、他にはどの様なことがあるのでしょう?例えば他人のことに無関心な状態も特徴だと思います。

常に自分のことばかりを考えていて他のことには関心などを持ちません。

またその傾向で自己愛が強すぎるというのもあると思います。

時には無責任に責任転嫁をするなんていう事もあるのです。

薄情な人というのはあまり良いイメージはなく、どちらかというと距離をとってしまっても仕方ないですよね。

直ぐに薄情な人かどうか見極めるのは難しいですが、ほとんどの薄情な人がこの10個の特徴を持っているので直ぐに見極めることができるのではないかと思います。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

1.他人のことには無関心


他人のことには無関心なのが特徴でもあります。

例えば人というのは関心などを持っているので他の人のことを気にしたり、目標にしたりというような感情が出てくるのです。

ですが薄情な人は他人のことは無関心なので、どの様な人であっても「ふーん」というような態度でしか現すことができません。

本当に無関心な人というのはその事に関しては「どうでもいい」という気持ちでいっぱいになりますが、薄情な人は常にこの気持ちを表しているのです。

また、気になるような人がそもそもいないというような事にもなるかもしれません。

とにかく自分のことばかりを考えてしまうような人なので、他人には無関心という事が多いのです。

無関心なことを態度に出す

例えば無関心な人であれば気にしないで終わりますが、それを態度に現すというのも薄情な人の特徴です。

例えば本人に向かって礼儀知らずな態度をしてしまったり、時には横暴な態度を取ってしまうこともあるでしょう。

自分さえ良ければというような考えをしてしまうため、他の人のことを気にせずに自分勝手に行動をして、その行動に対して悪気は無い、当然だというようなことを取ってしまうことも特徴です。

よく子供が喧嘩をする際に「謝るのが嫌だ」というような子もいたりしましたよね。

それと近いです。

無関心なことを態度に出すというのはそれほど興味がない、関心がないという表れでもあるのでしょう。

2.自己愛が強すぎる

自己愛が強すぎるというのも薄情な人の特徴です。

例えば自分のことを好きな人というのはいっぱいいますよね。

いわゆるナルシスト的な人もいますし、自分のことが普通に好きだという人もいます。

しかしながら薄情な人というのはとにかく自分のことしか考えることができなくなってしまうのです。

例えばどんな事があっても自分を優先的に考えたり、自分が正しいとも考えたりするような勢いで自分自身のことを愛してしまいます。

自己愛が強すぎると他の人にも無関心になってしまいますよね。

とにかく自分はこうでなければいけない、というような使命感にも狭まれたりするので、他の人のことより自分自身を優先に行動をし、どんな事があっても自分が大事だと思うようになってしまうのです。

悪いことではありませんが、自己愛が強すぎて周りに気がいかないような事にならないように注意をすることが必要になるでしょう。

【自己愛が強すぎる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

自分のことばかりで周りに気がいかない

自分のことばかりで周りに気がいかないと言いましたが、これはいわゆる自分の世界によく入り込んでしまうというような事になるという事です。

団体で行動をするにしてもそうですが、よく自分勝手に動いて周りがそれに合わせるというような事があったと思います。

小学生や低学年の頃にはあったのではないでしょうか?誰でもその様なことをしてしまったりすることもあるかもしれません。

ですが成長をするにつれて団体で行動をするというようなことを学ぶと思います。

その様になるのではなく、周りを気にせずに自分勝手に行動をしてしまうので迷惑をかけてしまうというような事が多くなるのではないかと思います。

またこの様な人は基本的に自分がしている事が常に正しいと思うようになってしまうこともあります。

周りがおかしい、私があっている、というような考えになってしまうので、意思疎通などがあまり取れなくなってしまうという事もあるのではないでしょうか。

3.利用するときだけ連絡する

他の人に無関心なのと同時に、何か困ったことがあるとその時だけ人に頼るというような事をするのも薄情な人の特徴です。

自分だけではどうしてもできない事があると思います。

ですがその時に利用するときだけ連絡をして、終わったらそのまま離れるというような事が多いです。

酷い言い方をするのであれば「使い捨て」というような感覚ですよね。

物としてしか人のことを見ないです。

利用するときだけ連絡をして自分の都合の良いように働きかけて後は無視をするというような人です。

周りにその様な人はいませんか?注意をするようにしましょう。

都合のいいときだけ擦り寄る

利用するときだけ連絡をするというのは都合のいいときだけ擦り寄るという意味にも捉えられます。

例えばこの人に頼めばとりあえず大丈夫だろうという安易的な考えであったり、また自分のことを好くしてくれる人だけを集めてとりあえず仲間を作るというような考え方です。

人というのは頼ったり頼られる存在ですが、薄情な人というのは基本的に頼られるというような事がありません。

都合のいいときだけ頼り、自分にきたものはしないというような考えを持っているのです。

4.打算的で利己的である

打算的で利己的でもあります。

この意味というのは簡単に言うと自分のために利益となるものかどうかという事です。

仕事でもありますよね。

例えばセールスなどを仕事にしている人というのは基本的に評価を上げるためには売り上げを伸ばすしかありません。

そこで自分にとって利益になるものは何かを考えて売り込みなどをして評価を伸ばすのではないかと思います。

打算的でもあり利己的でもあるという薄情な人というのは、とにかく自分の利益になることさえあれば何でもしてしまうような人でもあり、損になることは一切しないでしょう。

例を出すのであれば自分自身が選挙に出ます。

ですが自分自身以外にもライバルというものはいますよね。

そのライバルの悪い評判や嘘などを交えて自分のところに来るように誘導をするといったような事をするという事です。

「あのライバルはこういう事をしている!これはやってはいけないことだ!」というような、嘘の情報などを交えて味方などを作り、自分が勝つというような事をするのです。

戦略の1つかもしれませんが、自分の利益となることであれば平然と嘘をついたり、自分が上に上がるというようなことしか考えなくなってしまうのです。

利益ばかり追求する

利益ばかりを追求するためにこの様な結果になることが多いです。

どんな事でも利益というのは基本的に自分の損得を考えて動いてしまいがちですが、それを人などを使ってするというような人も中にはいるという事です。

先ほども言ったように人に無関心であるからこそ、この様な事ができるのです。

人というのは損得を考える際に人を利用するというような事は無いと思います。

仮にその様なことをした場合は、相手が損をしてしまうような事が多いからです。

なので取引というものは基本的にこちらが条件を出す変わりに向こうからも条件というものが出るのです。

その両方の条件が合致した上で取引というものは成立することになりますよね。

ドラマなどでもその様なやり取りが多いと思います。

しかしながら、一方的な考えなどをしてしまい利用をするというような事は基本的にないですよね。

薄情な人であるからこそできてしまうことなのです。

5.埋め合わせを考えない

埋め合わせというものを考えないのも特徴でしょう。

例えば自分のミスを素直に認めない人というのは多くいると思います。

ですがその際には必ず迷惑をかけたと思いますよね。

その時は罪悪感というものが普通は出ると思うのですが、薄情な人というのは基本的にその様な意識を持ちません。

なので迷惑をかけても謝らないというような事もあるのです。

埋め合わせというのは日常にあることだと思いますが、迷惑をかけたのであれば謝るというのは常識なことですよね。

仮に会社でその様なことをしないのであれば、直ぐに問題にもなるのではないでしょうか?

迷惑をかけたお礼をしない

迷惑をかけたお礼をしないというのはマナーとしては問題です。

自分が迷惑をかけたのにも関わらず何も言わないというのはおかしいですよね。

そして薄情な人は、迷惑をかけても「あなたが悪い、これが悪い」というように自分は一切悪くないというような意識を持っているのです。

迷惑をかけるという行為をしていても自分自身に罪悪感が無いというような思考になってしまっているので、他人のことは気にせずに自分のことしか考えず行動をしてしまう人もいるのではないでしょうか?

6.相談されにくい

相談されにくいというのがあります。

人というのは信頼できる人に相談をしたりすることも多く、また家族や友人、先生や上司というように、相談をする人というのは必ずいるものだと思います。

どんなに親との仲が悪くても他の人に相談をするというような事はありますよね。

その際に薄情な人に相談をするのかと言われるとしないと思うのです。

薄情な人に相談というものはきついですよね。

何故なら自分のことしか考えていない人に相談をすると、相手の意見を一切に聞かず、自分の見解と意見を押し付けてしまうからです。

この様な人は相談をされるというような事が少ないのは、それともう1つに理由があるのです。

それは信頼の問題です。

薄情な人に相談をするというような事があると思いますか?決してないと思います。

相談されにくいというのは相手のことを考えないからでもあり、信頼の問題にもなるのです。

人の意見を否定する

人の意見を直ぐに否定をしたりするのも特徴でしょう。

人の意見というのは必ずしも正解というものはありません。

ですが薄情な人は自分自身が正しいと思うようなことが多いので、基本的に人の意見を否定します。

まるで自分が正しいと言っているかのように誘導をしたりするものなのです。

第三者から見てしまうと、ただの押し付けにしか見えないものだとも思います。

相手のことを考えるふりをして自分の意見を押し付けるというような人は薄情な人である可能性が高いです。

自分自身しか考えていないので、他の人はどんな事でも否定的になってしまいます。

仮に意見が一致するのであれば賛同をしたりするかもしれませんが、「自分はこうだと思う」というような意見を必ず言う人は薄情な人かもしれません。

7.無責任に責任転嫁をする

無責任に責任転嫁をするというような事もあると思います。

無責任に責任転嫁というのはどの様なことを言うのかというと、例として仕事を任されたとします。

グループでしているとして、そのグループでミスをしてしまいました。

ですが他の人は成功をしているのに自分だけミスをしてしまっている状態とします。

その時に素直に「ごめんなさい」と言えることができれば助け合いなどもあるのでしょうが、責任転嫁をするということは自分に責任があるにも関わらず相手に押し付けてしまうというような事を言うのです。

なので「こんなにミスをするのは君たちのせいだ!」というような事を言ってしまう人です。

言うのであれば「自分は悪くない」と意地を張っている人に多いです。

自分が危うくなれば平気で他人に押し付ける

責任転嫁をする時というのは自分が危うくなれば平気で他人に押し付けてしまうというのも薄情な人の特徴でしょう。

上手くいけば何ともないのですが、自分が好きで自己愛が強いせいか、自分のミスを素直に受け止めることができなかったり、自分の納得いくような事ができなかったら直ぐに人のせいにしてしまうのです。

そしてその人はずっとその事を押し付けてしまうことでしょう。

その様な時に第三者から見たらどのように思うのでしょうか?勝手に押し付けられた人はとてもかわいそうですよね。

薄情な人は他の人はどうでもいいと思ってしまっているので、平然とした態度をしながらも他人を責めたりするのです。

責任というのは基本的に自分自身が悪いのであればそれをする事が重要です。

しかしながら自分が危うくなれば平気で他人に押し付けるというのはとても面倒な人だと思われても仕方ありませんよね。

相手にされないというような事もあるのではないかと思います。

特に薄情な人というのは自分のことをその様に思っているという事が少ないです。

原因が解らず自然と離れていく人に直ぐに文句を言ったりすることでしょう。

8.外面がいい

外面がいいというのも薄情な人の特徴です。

例えば外面はとても普通に見えていたり、優しいのかなとも思ったりするかもしれませんが、内面はその全く反対というような事が多いです。

特に初対面の人に対してはその様なところを見せないという事が多く、どんどん仲がよくなっていくと本心を表してしまうのです。

それを知って友達として離れたとしたら、その友達を粘着するかのように責めることも多く、周りから距離を取られてしまうというような事があると思います。

大切な人ほど雑に扱う

大切な人ほど雑に扱ってしまうという事もあるでしょう。

大切に思えば思うほど、その様な人に対してはいろいろな注文をしたり、頼みごとをしたりするというような事が増えます。

相手は好くしてくれているかもしれませんが、本心的には物として見るような雑な扱いで見てしまう傾向があるのです。

特にこの様な人というのは基本的に自分の言うことに付いてきてくれる人を好む傾向があります。

ですが仮にその様な人もいるのであれば、またその人も薄情な人である可能性が高いです。

人が集まるところというのは基本的に、皆が似たりよったりするというような傾向がありますよね。

薄情な人は大切な人ができれば大切に扱うのではなく雑に扱ってしまうのです。

9.理屈ばかりである

薄情な人に多い傾向がある特徴として理屈ばかりであるという事があるでしょう。

感情的なものがなく、感情に考えても怒りやその様な感情が多く、相手のことを酷く言ったり、理屈で物事を考えてしまう人が多いのです。

なのでその人に「こうだから」というような説得であったり相談をしたとしても「でもこうだから」というようなあたかも自分が正しいように言ってしまうことが多いのです。

なので他の人から相談などがこなかったり、また他の人から嫌がられるというような事もあるのです。

理屈ばかりな男性というのは嫌われたりすることがあると思います。

よく恋愛などでも理屈ばかり言う人は嫌いだというような女性もいるのではないでしょうか?

基本的にどの層からも理屈ばかりで動くという人は嫌われるような傾向があるという事なのです。

自分を正当化する

何より薄情な人というのは自分を正当化する傾向があります。

様々な特徴を言いましたがこの自分を正当化をするというのは共通して言えることです。

自分は正しい、自分がしている事は正しいと周りにアピールをするも何も見られないというような事が多いのです。

何故ならその人が正しいことをしていないからです。

自分は正しいと思っていても第三者、周りから見るとそれは正しいことではありません。

それに気付けないような人達も多く、自分を正当化して周りを批判したりするというような事が多いのが特徴でしょう。

薄情な人の特徴というのはその事を自分で理解をしていないところも多いです。

自己愛が強い傾向もあるからだと思いますが、自分を正当化しようとして仲間を集めるにも関わらず、周りから批判も多いというのもあるでしょう。

自分を正当化した所で何も良いことはないですよね。

薄情な人というのは特にこの傾向が強いので気をつけるようにしましょう。

10.約束を平気で破る

そして約束を平気で破ります。

例えばこの様にすると言っても直ぐに約束を破ったりすることが多いです。

薄情な人はどんな事でも約束などを言ったりしますが、それを平然と破っているのです。

例えばどんなに大事なことでも平気で破って後々で「こうだったから」というような事を言い、謝るというような事をしません。

約束を平気で破る際に「相手が破った」と言い相手を責めたりするような人もいますが、基本的に相手が破る前に自分で破ったことに気付いていない人が多いのです。

悪いと思わない

その事に関して悪いと思わないのも特徴的だと思います。

相手に悪いと思うという事は謝るという事に繋がります。

自分は正しい、正当化しているというような人にとって謝るという行為はとても辛いことなのです。

それほどプライドというようなものがあるのではないかと思います。

また上下関係を意識する人にとってはこの様な行為が恥ずかしいと思う人も多いです。

ですが薄情な人というのは基本的に悪いと思わないので、平然と様々なことを破ってしまうのです。

薄情な人と付き合う対処法

様々な特徴を話しましたが薄情な人と接するというのは避けたいですよね。

そこで薄情な人とどうしても付き合う際の対処法方をお教えしたいと思います。

仕事の関係上関わるという人も多いですよね。

ですがその中でも対処法方はいくつもあります。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

こういう人だからと割り切る

こういう人だからと割り切るという方法があります。

相手がどんな事を言ってもこういう人なんだと割り切って接することでストレスなどに感じる負担を無くすことができるでしょう。

またしつこいという様なことであれば適当に流すというのも1つの方法です。

自ら近づかない

会社内などでも部署が違う、違うところにいるという人であるのであれば自ら近づかないという事をオススメします。

大事なことでない限り極力近付かないようにすることが大事になるでしょう。

また薄情な人というのは基本的に周りからも嫌われていることが多く、近付かない人も多いはずです。

自ら近付かないようにして、その人と距離を取ってみてはいかがでしょうか?

常に距離を保つ

常に距離を保つことも大切になるでしょう。

距離を保つことで薄情な人と接することを失くすというような事もできます。

例えば関わってしまうと巻き込まれるというような事がありますよね。

仕事でも同じです。

もしかすると被害を受けてしまうかもしれないですよね。

その様にならないように距離を保つというのはとても大事なことなのです。

上手く話を受け流す

仮に何かその人が言っていたとしても上手く話を受け流すことが重要です。

その事に気を取られたり、話を聞き入れてしまうと何がおこるか解りません。

なので上手く話しを受け流すというような事が良いでしょう。

また一番は無視をするというような事です。

例えば何か言っていたけれど関わらないように無視をするというようなことをすることで、より距離を保つことができると思います。

考えを認めてあげる

相手の考えを逆に認めてあげるというような方法もあるでしょう。

相手は自分を正当化してしまうので相手の考えというのは受け入れない限り、どの様なことでも反論をされたり文句を言ったりするような事になると思います。

その際にはまずは認めてあげることでその様な事も収まるという傾向があるのです。

まとめ

いかがでしたか?薄情な人についてお話をしました。

薄情な人というのは基本的に自分を正当化してしまったり、相手のことを考えないというような事が多く、また約束を平気で破るというような事もあり、人として接しにくいのが特徴です。

嫌がる人も多いはずでしょう。

ですがそんな時は、関わらない、距離をとるなどをして接することを失くすという事も大事なことなのです。

その人と付き合うという事は少なからずストレスになるというような事が多いはずです。

問題を押し付けられたり、文句などが多かったりなど様々あるでしょう。

その際には一度上司に相談をしたり、周りに相談をするという事も大事です。

薄情な人と接する際には十分に気をつけるように生活をしましょう。

もしかすると外面はよくても内面はというような人もいるかもしれません。