CoCoSiA(ココシア)

元カノと復縁したいなら男がとるべき...(続き4)

ここは、思い切って元カノの周りの友人たちや知人たちに協力を得てみてはいかがでしょうか?

自分にはどうにもできない事は、うまく人を使い頼ることも大切です。

元カノが、今どのような心境で、どのように過ごしているのか聞きたいですよね。

そんな時には、ある程度冷却期間を置いて後、元カノの周りの人たちに協力してもらいましょう。

元カノの周りの人たちを味方につけ、協力してもらえるかきちんと相談してみましょう。

もし、協力を得られないようなら、また別の方法を探すようにしてみてくださいね。

自分の良い噂を流してもらう

もし、元カノの周りの人たちに協力を得られそうであれば、自分の良い噂を流してもらうようにしましょう。

SNSなどでリア充している姿を投稿しつつ、自分の良い噂を流してもらうことで、元カノによりを戻したい気持ちにしてもらうことがポイントです。

そんなに簡単にはいかない…。だと思いがちですよね。

しかし、周りの協力で、なんとか元カノにあなたのことを思い出してもらうことも大切なのです。

たとえ別れた原因があなたが悪かったとしても、いい噂を聞くことで、別れてから変わったことをアピールすることもできます。

元カノもあなたのことを見直すようになるかもしれません。

自分の良いところや魅力を語ってもらう

自分の良いところや魅力を語ってもらうことで、元カノに対しても別れて後悔させるように誘導してもらいましょう。

これまで、元カノに対し良い思いをさせてあげられなかった男性は、これを機に心を入れ替えましょう。

そして、元カノの周りの協力も得て、自分の良いところや魅力などを語ってもらいましょう。

自分の良いところや魅力を語ってもらうことで、元カノもあなたと付き合っていた頃を思い出し、切ない気持ちになるかもしれません。

もし、元カノにあなたへの気持ちが少しでも残っているなら、あなたの良いところや魅力を聞いてしまった時点で、あなたのことを恋しく思うのかもしれません。

元カノの気持ちを探ってもらう

周りの協力を得て、元カノの気持ちを探ってもらいましょう。

当然、仲の良い共通の友達が、元カノにあなたの気持ちを尋ねる場合、少なからず元カノはピンっと勘付くところがあります。

そのことを覚悟で、元カノの気持ちを探ってもらいましょう。

もしかしたら、元カノが本音を言わないこともあります。

また、元カレに対して、今でも許せない気持ちがあるかもしれません。

しかし、今でも許せない気持ちがある場合、あなたの事はちゃんと視野に入っているということになります。

そこから、あなたがどのように謝罪の気持ちを伝えることができるのかがポイントになってきます。

このように、気持ちを探ってもらうことで、2人の関係性が少しずつ変化してくることも考えられるのです。

何事もなかったかのように連絡をとる

ある程度冷却期間を置いたら、あなたから何事もなかったように連絡を取ってみてはいかがでしょうか?

突然の連絡に、元カノも驚いてしまうと思います。

でも、何事もなかったようにあなたが連絡してくることで、その様子が懐かしく感じられるのかもしれません。

また、突然連絡が来ることで、案外嬉しい気持ちになるかもしれません。

逆に、何事もなかったかのように連絡されることで、不快な気持ちになることも考えられます。

しかし、しばらく話をするうちに付き合っていた頃のことを思い出し、どこか懐かしく感じるようになるかもしれません。

このように、元カノも突然の連絡に戸惑いと喜びを感じるようになるかもしれません。

冷却期間を置いたあとにコンタクトをとる

必ず、冷却期間を置いて後にコンタクトを取るようにしましょう。

冷却期間を置いている間に元カノから連絡があった場合、今はどのような心境なのか尋ねてみることも大切です。

あなたに連絡をしてきたという事は、冷却期間を置ききちんと反省し、あなたに会いたいと思ってるのかもしれません。

また、あなたの声を聞くことで安心してることも考えられるのです。

このように、冷却期間を置いているときに元カノから連絡があった場合、何らかの形であなたとよりを戻したいと考えているのかもしれません。

久々にご飯でもどう?と軽く誘う

もし、冷却期間を置いて、何事もなかったかのように連絡を取りたい場合、「久しぶりにご飯でも行かない?」などと、軽い感じで誘ってみましょう。

例えば、「冷却期間を置いている間、君のことばかり考えていたよ。一緒にご飯に行ってくれると嬉しいです。」

などとちょっと重い内容が入ってしまうだけで、元カノもあなたの気持ちを受け入れてあげたい反面、もう終わったことだと断られることも考えられます。

このように、詳しい内容を伝えずに、久しぶりのご飯を楽しみたいと言うような内容で相手に連絡を取るようにしてみてくださいね。

しんみりしすぎることで、別れたときのことを思い出してしまいます。

できるだけドライに対応していくことがポイントです。

仲の良い友達ポジションを目指す