CoCoSiA(ココシア)

私事とはどういう意味?退職の連絡でよくあるその隠れた理由にはどんなものがある?


社会人になると様々な難しい言葉を日常的に使いこなすなければいけない可能性が生まれてきます。

学生の方であったり、まだ年齢的に幼い方に関しては難しい言葉を日常生活の中で用いたりすることは少ないかもしれませんが、社会人になるとそうはいきません。

その場の状況にあった適切な言葉を使いこなさなければいけませんし、難しい表現方法の言葉で物事を言い表したりしなければいけない可能性なども十分考えられます。

なぜならば、プライベートではありませんのでビジネスの場に適した言い方などが求められ、それが出来ていないと自分自身の評価が下がってしまうだけではなく、自分自身が所属している会社の評価まで落としてしまう可能性があるからです。

また、適切な言葉遣いができないと単純に恥ずかしい場面に遭遇してしまう可能性などもあります。

それを踏まえて考えてみると、適切な言葉遣いができるのは社会人としては当たり前ですし、日常会話で用いる可能性がある難しい言葉に関しては早い段階で自発的に調べておく必要性があります。

そこで、今回は社会人になると比較的多くの場面で用いる可能性がある私事という言葉をテーマにして、私事という言葉はどのような意味を持っている言葉なのか、そして退職の連絡をする際に用いる場合にその言葉に隠れた理由にはどのような理由が存在しているのか?ということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

退職届を出す前にチェック!


私事という言葉をビジネスの場面で用いたりすることを想像してみると、使われる場面は様々な場面がありますが、時に多い場面として仕事を退職したりする際に用いられたりすることがあります。

具体的にどういうことかと言いますと、仕事を退職する際は当然ながら退職をするに何かしらの理由が存在しているはずです。

自分自身の都合によって仕事を退職するという決断をした場合であったり、場合によっては自分の意思とは関係なく会社の都合で仕事を辞めなければいけない可能性なども十分考えられますよね。

その中で、もしも自分自身の都合によって仕事を退職しなければいけないということが起きたのであれば、それを表現する言葉としては私事という言葉が使われるはずです。

そして、その際には私事により退職を決断いたしましたという風に言葉で表現することができるようになるのです。

一般的に考えて会社の都合で退職をしたりするよりも自分の都合で会社を退職したりすることの方が圧倒的に多いので、このような言い回しなどはある程度理解しておくとその場に適した言葉遣いができるようになりますので、必ず知っておいてほしい言葉でもあるのです。

人によっては初めて就職した会社にずっと定年まで働き続ける方もいるかもしれませんが、今の時代は同じ会社でずっと働くのではなく、自分のキャリアアップを考えて様々な会社に転職をしたり、もっと雇用条件のいい会社に働きたいと思い仕事辞めたりするような方などもたくさん存在しています。

なので、退職をするということはどのような方にでも当てはまる可能性がある行為になりますので、知っておいて損になるようなことはありません。

もしも具体的な使い方や意味などが分からなければ、今回をきっかけに私事という言葉をマスターできるようなきっかけとして受け止めてください。

私事とは?

私事という言葉がビジネスの場面で用いられたりする可能性があるということは理解いただけたと思いますが、具体的にあなたは私事という言葉の意味を知っていますか?

それなりにビジネスの経験がある方であったり、社会人経験が長い方に関しては理解頂いてるかもしれませんが、場合によってはわからないという方もいると思います。

先ほどもお伝えした通り、ビジネスで用いる可能性がある一般的な言葉などに関しては早い段階で理解をしておくに越したことがありません。

適切な言葉遣いができる人間はそれなりに相手から信頼されるようになりますし、年齢が若いのにしっかりとした言葉遣いができるような人間はさらに魅力的に感じられやすい傾向にあります。

自分自身を魅力的な人間に見せるためということも含め、正しい言葉遣いを身につけることは自分自身のスキルアップに繋がるようになりますので、この機会に難しい言葉などを積極的に知る姿勢を身に着けてみてください。

私事という言葉の基本的な意味を理解していなければ、ビジネスの場面で私事という言葉をうまく使いこなすこともできないと思いますので、まずは基本的な意味からご紹介していきます。

個人的な事柄

私事という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時には「個人的な事柄」という意味が存在しています。

これに関しては私事という言葉の漢字を考えてみればそこまで難しい意味合いにはならないと思うのですが、先ほどもお伝えした通り私事という言葉はビジネスの場面において会社を退職したりするときによく用いられたりする言葉です。

会社を退職したらする際には当然自分の都合によるものと会社の都合によるものが存在しています。

つまり、私事で会社を退職するという例文を考えてみると、個人的な事柄により会社を退職するという意味として解釈することができます。

例えば、自分のキャリアアップを考えた上で会社を退職したいという決断を下した場合行ったり、自分が今立たされている状況により会社での業務活動を行っていくことが困難であるなど、自分自身の個人的な事柄が理由で会社を退職したりするときに用いられたりするということになります。

それ以外にも、よくビジネスの場面で適切な言い回しの言葉の中に、私事で恐縮なのですが…というような言葉を聞いたりすることがあると思います。

これに関しても、私事という言葉の意味を考えてみればそこまで難しい言い回しではないということが理解いただけるんでするはずです。

このように、私事という言葉を個人的な事柄という意味で様々な言い回しで使うことができるということを理解しておいてください。

秘密にしていること

次にご紹介する私事という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時には「秘密にしていること」という意味が存在しています。

私事という言葉に関しては二つの意味が存在していることになっており、先ほどご紹介した個人的な事柄という意味合いのほかに「秘密にしていること」という意味が存在しています。

人間ならば誰しも秘密にしていることであったり、周りの人に知られたくないようなことなどがひとつくらいは存在していますよね。

そのような隠し事であったり秘密にしているようなことなどを私事という言葉で表現したりすることができるということです。

具体的にどのような方法で使ったりするのかと考えてみると、私事を暴かれたというような言葉で表現したりすることができるということです。

この例文に関して考えてみると、意味をそのまま代入していただければ良いだけなのですが、秘密を暴かれたという言葉と全く同じ意味合いとして使うことができるようになりますので、時と場合によってはこの二つの意味を使い分けで私事という言葉で表現することができるということを覚えてください。

この基本的な意味を知っていれば様々な場面で私事という言葉を適切に使うことができるようになりますので、非常に利便性が高い言葉であると判断をすることもできます。

読み方は?

私事という言葉を考えた時に、多くの方が困ってしまうこととして私事という言葉の読み方が存在してます。

なぜならば、私事という言葉は人によって読み方が違ったりする場合が多く存在しており、どちらの読み方で読めば良いのか分からなくなってしまいやすい言葉でもあるからです。

では、私事という言葉はどのような読み方が存在しているのかを考えた時に、簡単にふたつのパターンをご紹介していきます。

まず一つ目は「わたくしごと」と読む場合、そして二つ目は「しじ」と読む場合があります。

この読み方の違いとしては、まず「わたくしごと」と読む場合は訓読みになります。

そして「しじ」と読む場合は音読みになります。

なので、単純に音読みなのか訓読みなのかということの違いになり、一般的に考えてどちらの読み方をしたとしても意味合いが異なったり変化したりするようなことはありません。