社会人になると様々な難しい言葉を日常的に使いこなすなければいけない可能性が生まれてきます。

学生の方であったり、まだ年齢的に幼い方に関しては難しい言葉を日常生活の中で用いたりすることは少ないかもしれませんが、社会人になるとそうはいきません。

その場の状況にあった適切な言葉を使いこなさなければいけませんし、難しい表現方法の言葉で物事を言い表したりしなければいけない可能性なども十分考えられます。

なぜならば、プライベートではありませんのでビジネスの場に適した言い方などが求められ、それが出来ていないと自分自身の評価が下がってしまうだけではなく、自分自身が所属している会社の評価まで落としてしまう可能性があるからです。

また、適切な言葉遣いができないと単純に恥ずかしい場面に遭遇してしまう可能性などもあります。

それを踏まえて考えてみると、適切な言葉遣いができるのは社会人としては当たり前ですし、日常会話で用いる可能性がある難しい言葉に関しては早い段階で自発的に調べておく必要性があります。

そこで、今回は社会人になると比較的多くの場面で用いる可能性がある私事という言葉をテーマにして、私事という言葉はどのような意味を持っている言葉なのか、そして退職の連絡をする際に用いる場合にその言葉に隠れた理由にはどのような理由が存在しているのか?ということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

退職届を出す前にチェック!


私事という言葉をビジネスの場面で用いたりすることを想像してみると、使われる場面は様々な場面がありますが、時に多い場面として仕事を退職したりする際に用いられたりすることがあります。

具体的にどういうことかと言いますと、仕事を退職する際は当然ながら退職をするに何かしらの理由が存在しているはずです。

自分自身の都合によって仕事を退職するという決断をした場合であったり、場合によっては自分の意思とは関係なく会社の都合で仕事を辞めなければいけない可能性なども十分考えられますよね。

その中で、もしも自分自身の都合によって仕事を退職しなければいけないということが起きたのであれば、それを表現する言葉としては私事という言葉が使われるはずです。

そして、その際には私事により退職を決断いたしましたという風に言葉で表現することができるようになるのです。

一般的に考えて会社の都合で退職をしたりするよりも自分の都合で会社を退職したりすることの方が圧倒的に多いので、このような言い回しなどはある程度理解しておくとその場に適した言葉遣いができるようになりますので、必ず知っておいてほしい言葉でもあるのです。

人によっては初めて就職した会社にずっと定年まで働き続ける方もいるかもしれませんが、今の時代は同じ会社でずっと働くのではなく、自分のキャリアアップを考えて様々な会社に転職をしたり、もっと雇用条件のいい会社に働きたいと思い仕事辞めたりするような方などもたくさん存在しています。

なので、退職をするということはどのような方にでも当てはまる可能性がある行為になりますので、知っておいて損になるようなことはありません。

もしも具体的な使い方や意味などが分からなければ、今回をきっかけに私事という言葉をマスターできるようなきっかけとして受け止めてください。

私事とは?

私事という言葉がビジネスの場面で用いられたりする可能性があるということは理解いただけたと思いますが、具体的にあなたは私事という言葉の意味を知っていますか?

それなりにビジネスの経験がある方であったり、社会人経験が長い方に関しては理解頂いてるかもしれませんが、場合によってはわからないという方もいると思います。

先ほどもお伝えした通り、ビジネスで用いる可能性がある一般的な言葉などに関しては早い段階で理解をしておくに越したことがありません。

適切な言葉遣いができる人間はそれなりに相手から信頼されるようになりますし、年齢が若いのにしっかりとした言葉遣いができるような人間はさらに魅力的に感じられやすい傾向にあります。

自分自身を魅力的な人間に見せるためということも含め、正しい言葉遣いを身につけることは自分自身のスキルアップに繋がるようになりますので、この機会に難しい言葉などを積極的に知る姿勢を身に着けてみてください。

私事という言葉の基本的な意味を理解していなければ、ビジネスの場面で私事という言葉をうまく使いこなすこともできないと思いますので、まずは基本的な意味からご紹介していきます。

個人的な事柄

私事という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時には「個人的な事柄」という意味が存在しています。

これに関しては私事という言葉の漢字を考えてみればそこまで難しい意味合いにはならないと思うのですが、先ほどもお伝えした通り私事という言葉はビジネスの場面において会社を退職したりするときによく用いられたりする言葉です。

会社を退職したらする際には当然自分の都合によるものと会社の都合によるものが存在しています。

つまり、私事で会社を退職するという例文を考えてみると、個人的な事柄により会社を退職するという意味として解釈することができます。

例えば、自分のキャリアアップを考えた上で会社を退職したいという決断を下した場合行ったり、自分が今立たされている状況により会社での業務活動を行っていくことが困難であるなど、自分自身の個人的な事柄が理由で会社を退職したりするときに用いられたりするということになります。

それ以外にも、よくビジネスの場面で適切な言い回しの言葉の中に、私事で恐縮なのですが…というような言葉を聞いたりすることがあると思います。

これに関しても、私事という言葉の意味を考えてみればそこまで難しい言い回しではないということが理解いただけるんでするはずです。

このように、私事という言葉を個人的な事柄という意味で様々な言い回しで使うことができるということを理解しておいてください。

秘密にしていること

次にご紹介する私事という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時には「秘密にしていること」という意味が存在しています。

私事という言葉に関しては二つの意味が存在していることになっており、先ほどご紹介した個人的な事柄という意味合いのほかに「秘密にしていること」という意味が存在しています。

人間ならば誰しも秘密にしていることであったり、周りの人に知られたくないようなことなどがひとつくらいは存在していますよね。

そのような隠し事であったり秘密にしているようなことなどを私事という言葉で表現したりすることができるということです。

具体的にどのような方法で使ったりするのかと考えてみると、私事を暴かれたというような言葉で表現したりすることができるということです。

この例文に関して考えてみると、意味をそのまま代入していただければ良いだけなのですが、秘密を暴かれたという言葉と全く同じ意味合いとして使うことができるようになりますので、時と場合によってはこの二つの意味を使い分けで私事という言葉で表現することができるということを覚えてください。

この基本的な意味を知っていれば様々な場面で私事という言葉を適切に使うことができるようになりますので、非常に利便性が高い言葉であると判断をすることもできます。

読み方は?

私事という言葉を考えた時に、多くの方が困ってしまうこととして私事という言葉の読み方が存在してます。

なぜならば、私事という言葉は人によって読み方が違ったりする場合が多く存在しており、どちらの読み方で読めば良いのか分からなくなってしまいやすい言葉でもあるからです。

では、私事という言葉はどのような読み方が存在しているのかを考えた時に、簡単にふたつのパターンをご紹介していきます。

まず一つ目は「わたくしごと」と読む場合、そして二つ目は「しじ」と読む場合があります。

この読み方の違いとしては、まず「わたくしごと」と読む場合は訓読みになります。

そして「しじ」と読む場合は音読みになります。

なので、単純に音読みなのか訓読みなのかということの違いになり、一般的に考えてどちらの読み方をしたとしても意味合いが異なったり変化したりするようなことはありません。

なので、どちらの読み方が正しい言葉なのか?と悩んでしまったりすることがあると思いますが、基本的にはどちらの言葉でも間違いなく使うことができるということを理解しておいてください。

ただ、一般的に耳にしたりする場合はわたくしごとという言葉で聞いたりする場面のほうが多いはずです。

その逆に書物などで読んだりする場合などではしじという言葉で表現されたりする事が多いということは覚えておいてください。

「一身上の都合」と同じ

会社を退職したりするときに自分自身の都合によって会社を退職した場合、私事という言葉で表現したりする以外にも様々な言葉で表現することができると感じている方は多いと思います。

例えば、一つの例を挙げるとするならば履歴書などを書いたりするときにこれまでの職務経歴を書いたりすることがあると思います。

その際に、過去に退職をした企業の情報なども記載しなければいけないのですが、その時にその会社を退職したことを示す言葉として「一身上の都合により退職」という言葉を用いたりすることがあると思います。

これに関してはまちがっている言葉ではありません。

むしろ考えていただきたいのは一身上の都合という言葉と今回ご紹介している私事という言葉に関してはほぼ同じ意味を持っている言葉であると解釈をすることができるのです。

一身上の都合という言葉を用いる際には、基本的に自分自身の都合によって会社を退職したという言葉と全く同じ意味として扱われるようになります。

例えば家族の人間が病気になってしまって介護をしなければいけないので会社を退職したということに関しても、一般的に考えてみればそれは私事と全く同じであり、同じ使い方で意味を表現することができるということになります。

なので、私事という言葉は一身上の都合という言葉と全く同じ意味で扱うことができる言葉であると判断することができるのです。

【一身上の都合の意味については、こちらの記事もチェック!】

私事ではないのに私事と書かされてはいけない


会社を退職する際に注意していただきたいこととして、例えば会社の都合によって自分自身が仕事を退職しなければいけない状況になってしまった際に、会社を退職した理由が私事で退職をしてしまったというふうに書かされてしまうということです。

先ほどもお伝えした通り会社を退職したりする際には一般的に考えて会社の都合によって退職をしなければいけない場合と、自分自身の都合によって退職しなければいけない私事の都合によるものが存在しています。

一見すると会社を退職するという行為自体は同じなので、どちらでも全く変わらないのではないかと感じる方がいるかもしれませんがそれは大きく間違っています。

なぜかと言いますと、例えば会社による都合で退職しなければいけなくなった場合と自分の都合によって会社を退職した場合では失業給付金の支給開始日や休符の日数などが大きく違ってくる可能性があるからと言えます。

会社で就職して勤務をしている場合毎月差し引かれる金額の中には雇用保険が存在しているのが一般的ですよね。

この雇用保険に関してはそもそも失業者への給付を行うための保険も考えられており、一般的には会社を退職して新しく就職先が見つからまでの間は収入がない状況になります。

そうなってしまいますと基本的な生活を送ることすら困難になってしまう方がいますので、そのような形が再就職するまでの生活を安定させるために、厚生労働省が給付金を支給してくれ、お金を払ってくれるようになるのです。

しかし、この給付金には支給されるまでの間が存在しており、それは会社都合による退職なのかそれとも自己都合による退職なのかということで大きく変化をしているのです。

簡単にお伝えすると会社都合による退職なのであれば早い段階で支給され、自己都合によるものであると一定期間を置いた後に支給されるようになるのです。

つまり、自己都合による退職なのか会社都合による退職なのかということで大きくお金を受け取るまでの間が変化しますので、必ず会社都合による退職なのであれば会社都合と書くようにしてください。

次の就職先を決める際の履歴書などにも記載しておく必要性がありますし、そう書く事によって退職という行為が比較的受け入れられやすいものに変化するはずです。

失業保険の金額や支給期間

直近で会社を退職した方であったり、会社都合によって仕事を退職しなければいけなくなってしまった方に関してはかなり気になる点だと思いますので、詳しくご紹介していきますが、失業保険を受け取る際はそれなりに手続きが存在しています。

行い方としてはまずハローワークに足を運び、今後就職する意思と能力があることを担当者に伝え、積極的に就職活動を行い、離職日以前の2年間に被保険者期間が12ヶ月以上あるかどうかということか正式な判断要素になっています。

また、申し込む際には本人確認書類やマイナンバー、預金通帳や写真や印鑑といった様々なものが必要になります。

その後に雇用保険受給説明会が行われ出席し、あとは失業認定日にハローワークに足を運んで失業中だと認定をされることができれば失業給付金が振り込まれ、第2回第3回と同じように失業認定日にハローワークに足を運ぶということの繰り返しになります。

そして、気になる自己都合による退職と会社都合による退職の差になるのですが、もしも自己都合による退職であった場合、自分が雇用保険にどれぐらい加入していたのかということが大きな判断要素になります。

ある程度簡単に説明すると、1年~10年未満の場合が90日の支給となり、つまり3か月間は支給されるようになります。

ところが、これが会社都合による退職であった場合はさらに年齢などの要素を踏まえて、年齢が30歳を超えるとこの日数が120日、もしくは150日や180日になる可能性などがあるのです。

もちろんさらに雇用保険の加入年数などによって大きく変動する場合があり、まったく支給される金額は変わってきます。

ちなみに支給されるまでの日数なども大きく変化しており、自己都合退職による退職なのであれば失業保険が給付されるのは3か月あとになります。

しかし、会社都合による退職に関してはこの給付制限が存在しておらず、初回の失業認定日からすぐに失業保険の給付が始まるようになっています。

なので、失業保険が給付されるまでの日数、そして失業保険がどれぐらいまで給付され続けるのかという日数が大きく変化するということになるので、必ずこの点は理解してどちらの都合なのかということを正しく判断できるようにしておいてください。

税金面

自己都合による退職と会社都合による退職によって、場合によっては私たちが支払っている税金にも大きく影響を受ける可能性があります。

どういうことかと言いますと、一般的に仕事を行って収入を得ている人間であれば必ず支払っているのが住民税です。

毎年6月になると住民税の支払いの明細が自営業者ならば届いたりすることもありますし、会社からの給与天引きなどであれば毎月住民税を分割で支払っていると思います。

この住民税に関しては自己都合による退職、そして会社都合による退職によって大きく変動する可能性があるのです。

具体的な審査基準に関してはそれぞれの市町村によって大きく異なったりする可能性があるのですが、例えばひとつの事例を考えてみると前年の合計所得金額が400万円以下、そして雇用保険受給資格者証の交付を受けている人間に関しては住民税の減免などが認められています。

つまり、会社都合によって会社を退職させられてしまった場合は申請をすることによって住民税が減免されて支払い過ぎた住民税が場合によっては戻ってくる可能性などもあるのです。

住民税に関しては比較的まとまった大きな金額を支払っている可能性もありますので、想像以上に大きな金額が手元に戻ってくる可能性は十分考えられます。

場合によっては10万円を越すような金額になる可能性も十分存在していますので、必ずこの点を理解しておいてください。

次の転職に響く場合も

この点に関しては先ほども触れましたが、自己都合による退職と会社都合による退職では全く印象が変わってしまいます。

例えば、会社を退職した後に新しい会社に就職をするために面接を受けたとします。

当然ながら面接を受ける際には履歴書を持参して面接官の人間に対して渡すことになると思うのですが、自分が面接官の立場だったと考えて履歴書を見たときに自己都合による退職と会社都合による退職だった場合大きく印象が変わりませんか?

自己都合による退職なのであれば、当然ながらどのような理由なのか確認をしますし、内容によってはあまり良い印象を受けない可能性もありますよね。

しかしながら、会社都合による退職なのであれば仕方がない退職であったと印象を受けますので、会社を辞めるという行為に対してあまりネガティブなイメージを連想したりすることはなくなります。

もちろん退職が悪いことではなくしっかりとした理由があるのであれば特に問題がないことにはなるのですが、理由もなく会社を退職したり、理由としては不十分な理由だと考えられるようなものに関してはネガティブなイメージにしか繋がりませんので、場合によっては次の転職活動に大きく響いてしまう可能性があるということを理解しておいてください。

必ず会社を退職する際に会社都合なのであれば会社都合であるということを証明することができるような状況にしておいてください。

私事での退職の理由例

ここまでは会社を退職する際に会社都合により退職をするのか、それとも私事による退職なのかということで、大きく変化する事柄についてまとめてご紹介していました。

ある程度会社都合による退職と私事による退職の違いについて理解いただけたところで、ここからは私事で会社を退職する際に該当する理由について簡単にご紹介していきたいと思います。

私事という言葉を知らなかった方に関しては、どのような理由が私事での退職の理由になるのかということがよく理解できていないような方もいるかもしれません。

なので、私事による退職にはどのような理由が含まれるのかということを簡単にまとめてご紹介していきますので、これから会社を退職しようと思っている方、もしくは私事という言葉の範囲内がよく理解できていない方は参考にしてください。

病気になり働くのが困難になった

まずはじめにご紹介する私事での退職の理由としては「病気になり働くのが困難になった」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、会社で勤務をしている方の中には場合によって自分自身の健康状態が悪くなってしまったりするようなことなどが考えられますよね。

例えば、もともと持病を持っており、その持病が悪化してしまって最終的に就業することが困難になってしまったというようなこともあると思います。

それ以外にも、今までは健康だったのに突然何らかの病気になってしまって、その病気の内容によっては会社で業務を行うことが困難になってしまったというような状況などが該当するパターンになると思います。

時間が経つことによって回復するような見込みがある病気なのであれば、まだ問題はないのかもしれませんが、そもそもその病気が治ったりすることがない、もしくはかなり長期的に業務を行うことができないとなってしまった場合は業務に支障が出ますし、働くことが困難になってしまうようなことはよくあります。

このような病気が理由による退職に関しては自分自身の健康状態による都合の退職になりますので、明らかに自己都合による退職になってしまうと考えることができるのです。

会社の休職制度を使えるかも?

人によっては病気になってしまったことで働きたくても働けなくなってしまったというような方はかなり多いと思います。

当然ながら業務を行うことができないということは会社に足を運んでも何の役にも立つことができないという状況になってしまいがちなので、それならば会社を退職してなるべく迷惑をかけないようにしようと思う方も多いと思います。

しかしながら、その決断を下すにはまだ早いかもしれません。

なぜならば会社によっては休職制度というものが存在しており、休職期間に関しては法律によっては特に定義は存在しておらず、場合によってはこれが認められるのであれば会社に籍を置いた状態にすることができるようになるのです。

なので、病気がまだ治る見込みがあったりするのであれば休職制度を使い、いつでも復帰できるような状態にしておくという選択肢も存在しているのです。

ただ、会社を休職した場合、賃金の支払い義務に関しては特に企業には存在しておらず、給料を支払うかどうかということに関しては会社の任意になっています。

当然ながら長期間の休職をし、その間ずっと賃金を支払ってくれるような会社はあまり存在しないですよね。

しかしながら、その点においても全く相談しないよりかは相談をしたほうがまだ良い環境に居続けられる可能性はあります。

なので、すぐに退職という決断をせずに、場合によっては休職期間を設けて会社に籍を残したままにするという選択肢もあるということを理解しておいてください。

親の看病や介護のため

次にご紹介する私事での退職の理由としては「親の看病や介護のため」ということが挙げられます。

会社を退職する際に起こり得る理由の中には、たとえ私事であったとしても、必ずしも自分自身が起因した理由ではない場合も存在しています。

どういうことかと言いますと、会社を退職する理由としては確かに自分自身の理由になるのかもしれませんが、その理由の起因は自分自身ではなく自分の家族による理由であるということもあるのです。

例えば、それなりの年齢で社会人を行っている人間であれば自分の両親がある程度高齢になっていることなどは十分考えられますよね。

それを踏まえて考えてみると、自分の両親がかなり高齢になってしまい、様々な病気によって看病してあげなくてはいけなくなってしまう状況が生まれる可能性は当然誰しもが考えらることなのです。

両親二人が健在なのであれば問題ないのかもしれませんが、もしも自分の両親のどちらかが亡くなっており、面倒を見てくれる人が周りに誰もいない状況になってしまうと、親が困ってしまうのは目に見えていますので、仕方がなく会社を退職するような人も世の中には大勢存在しています。

介護してくれる施設に入れられれば問題ないかもしれませんが、それができない方もいますし、難しい場合などもありますので、もしも仕事をしながら介護という生活を送ることを考えてみると、かなり時間的にも厳しい方がほとんどで、余裕がない方ばかりです。

なので、会社を退職して介護を行うという方が多く、それも個人的な理由として扱われるようになり、明らかに会社による理由だとは認められません。

なので、自分の親の看病や介護などは私事による退職理由に該当すると考えることができるのです。

結婚による退職

次にご紹介する私事での退職の理由としては「結婚による退職」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、それなりに社会人としての経験がある方は一度くらいはその状況に立ち会ったことがあると思うのですが、同僚が結婚して会社を退職するというようなことがあると思います。

いわゆる寿退社という存在になるのですが、これに関しても立派な個人的な理由による退職であると考えることができます。

結婚しても会社を継続するような方も中には存在していますが、一般的に考えて結婚をすると専業主婦として活動するような方も多く存在していたりしますし、将来的に子供を作りたいと思っている方は先読みをして退職するという方なども存在しています。

なので、結婚による退職は個人的な退職であると考えることができ、私事の範囲に該当すると考えることができます。

まとめ

今回は私事という言葉をテーマにして、私事という言葉の基本的な意味、そして私ごとによる退職や会社による退職の違い、私事による退職に該当する理由などについてご紹介していきました。

学生の方に関してはなかなか日常生活の中で使ったりする機会が少ない言葉になりますが、社会人になることによって普段の日常的な会話の中で用いたりすることが格段に多くなる言葉でもあります。

なので、私事という言葉の意味を知らなかった方については、この機会に正しい意味を知り、間違った使い方をしないようにしてみてください。

また、退職理由などに関する基本的な社会人としての知識などもしっかりと確認していただき、退職という決断をした際に自分に不利にならないような知識なども併せて知識として吸収し、今後活用してみてくださいね。